2018-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

台北の林さんとお喋り

 台北の林さんが出張で東京にお見えになるので、会えますかと一昨日連絡を頂きました。
 昨日は都内で仕事。そして今日の昼に柏まで来て下さいました。
 変わらぬお人柄。誠実な方です。昼食を摂りながらお喋りをしました。
 ご家族の近況。台湾の様子。家族で行った旅行先の話。家庭を大事になさっております。
 先だって起きた花蓮の地震のこと。日月潭のこと。太魯閣渓谷のこと。
 ご長男の明大での経験。明大の最近の様子。
 台北市長のユニークな発言。これは面白かったですね。台湾大学の所有する土地が台湾全土の100分の一だと言う話。
 面白く楽しく、何時まで迄も喋っていたかったですね。
 お土産も頂きました。

            台湾土産

 話している途中 私は中国語の王老師の息子さんと連絡を取りました。老師とご子息は台湾旅行で林さんにお世話になっていますし、連絡も取り和えるようになっていますから、きっと喜ばれると思ったのです。
 小王から王老師夫妻と一緒の写真が送られて来ました。
 折り返し私は林さんの写真を小王に送りました。LINEは便利ですね。

 話は色々と出て来ます。林さんが出張なさるベトナムのことは可成り詳しくお聞きできました。
 
 ご子息二人は台湾大学で学んでいると前に書きましたが、お二人とも卒業後は留学なさる予定だそうです。

 林さんの従姉の息子さんが中国蘇州でラーメン屋をなさっているそうです。
 中々繁盛しているとのことです。
 蘇州に行かれる方もいましょうから、画像を掲載して置きます。

      林さん親戚1  林さん親戚2

 ラーメンは手打ちだそうです。焼き鶏もお好み焼きもなさっているそうです。
 蘇州には日本の企業が多く、日本から見える方の接待には日本料理が無難らしく、良く使われているそうです。

 林さんは明日は岡山 そして明後日関空からお帰りになるそうです。
 お会いすると毎回のことですが、台北に来て下さいと誘って下さいます。
 ご自宅は松山空港から歩いて15分程の所です。

entry_header

そら豆のこと

 すぐ下の妹からそら豆が届きました。
 娘たちにも連絡して持って行って貰いました。
 先の池田農園の走りの物と比べ実も大きくなっています。
 莢のまま焼き食べると言うことも良く聞きます。焼いて見ようかなと思うこともありますが、量が多いので毎年茹でています。

       そら豆茹で

 今年も茹でました。塩味ですが塩の量はいい加減です。茹で上がたそら豆を笊に取りお湯を切ります。
 それを鍋に戻し、塩を振りかけ鍋を振り煽ります。

 目の前にあるとつい食べ過ぎますから、気を付けています。
 この季節筍とそら豆でお腹にガスが溜まり困ります。「今のは?」「何でしょう?」なんて澄ましています。

 子ども頃 田舎ではそら豆の干した物を炒って食べたものです。それがどう言う訳か虫が入っていることが良くありました。
 虫と言いましても豆の中で乾燥しているのです。少し茶色なんですね。
 当時は農薬の散布があまりされてなっかったからかも知れません。

 夫も佐賀県に疎開していたのでそこでそら豆の炒ったのを食べたそうです。矢張り虫が入っていたと話しております。
 夫の場合は有明海の側を開墾して作ったと言うのです。
 中学1年生の頃ですね。
 戦中戦後の苦労話は良く合います。
 
entry_header

莢豌豆の煮物と雑談

 池田農園から送って来た莢豌豆を食べるのには卵とじが美味しいのですが、ついつい煮て仕舞います。
 何回も朝 煮ました。夫はこの煮た莢豌豆が好きらしく、良く食べます。

      筍と莢  莢・筍・竹輪

      莢と水戸の揚げ  莢と生揚げ

 地味ですね。緑と茶色 自分では老人の食事っていう感じが出ているなと思うのですね。
 出汁が効いておりますから、薄味ですが美味しく食べられます。
 自画自賛ですよ。

 先だって失くしたと思って作って頂いた義歯ですが、軽くて噛むのも自然に出来、中国語の発音にも問題なく使っておりました。
 それがどうしたのか緩んで来たのです。付ける時も楽にはなったのですが、それが外れ易くなってもいたのです。
 歯医者さんに行こうと思いながら、その内とグズグズしておりました。
 それが先日生田先生と食事中、サンドイッチをぱくついていましたら、ガクっと音がしたのです。
 音だけではなく、確かに硬い物を噛んだのです。
 そっと口の中で何か当たるのかも知れないと、サンドイッチを噛み続けていました。
 当たる物にぶつかりません。目の前にいる方のその場で口から出すのも失礼だと飲み込みました。
 帰宅後 外して見ましたら、2mmほど欠けて鋭角な場所があるのです。
 早速翌日先生の所に駆けつけました。
 「先生!先日の入れ歯変になって仕舞いました。直して下さい」 
 先生は補綴をご自分でなさいますから直ぐに直して下さいました。
 「先生!飲んじゃったのは大丈夫でしょうか」「大丈夫出て来るよ」と仰るので安心しました。

 長女が幼児の時、入浴中にスポンジの小さなアヒルの嘴を噛んで飲みこんで仕舞いました。
 病院に駆けつけましたよ。先生は「出て来ますよ。注射針を飲んだ子どももいましたがね。出て来ましたよ」と安心させて下さいました。
 それでも心配で毎日便を調べて確認をしたものです。見つけた時はホットしました。今書きながら突然思い出しました。
 先日先生にお聞きする時に思い出せばよかったですね。

entry_header

女三人寄れば

 チャイナドレスを一緒に習った友人二人が柏まで来て下さいました。
 正午に落ち合いお鮨を食べました。
 前回も前々回も同じ物です。次回もきっと同じ物になるでしょう。

    4月22日鮨1  4月22日鮨2

   お酒も少し飲みました。飛魚と鯒の握りを追加しました。

 数か月ごとにお喋りタイムを持ちます。今日は話が弾みましたよ。
 最近の世相 最近の政治家 最近の教育界 もう話が盛り上がりましたよ。
 特に男尊女卑に係る問題では3人の意見は一致しました。
 日頃思うこと多き問題ですからね。

 食事の後は場所を移してお茶です。ここも毎回同じ店です。
 3人とも同じコーヒーゼリーにしました。

             4月22日デザート

 此処でも話は続きましたよ。
 今日この頃感じ見える様々な不合理についてですね。
 とても良い意見も出て来ました。面白かったですね。4時間良く喋りました。
 カシマシではなくチョッと賢かったかしら

entry_header

送迎付きでお喋り

 我孫子にお住いの生田保夫先生 時どきお会いしお喋りをします。
 非常に丁寧な方ですから、時間の約束をしてありましても必ず当日電話を頂きます。
 そして時間に合わせて迎えに来て下さいます。私が歩くのが辛いのではとお考えのようです。
 何時も近くのデニーズでお昼をとりながら時間が過ぎて行きます。
 帰宅も必ず家まで送って下さいます。
 
 先生が私の前に現れたのは50年程前になりましょう。入学して下宿探しで私の前に立ったのです。
 それから学生時代、院生時代、そして流経大の教授時代と長く交流が続いています。
 そして定年後も変わらず色々と教えて下さっています。

 昨日は日差しも強く夏のような空が広がっていました。
 先生は気象や天文が趣味ですから、これらに関連する話題は何時も面白く拝聴します。
 昨日の話題は明治大学のことも出ましたが、最近のこの地域の人口に付いて話しました。
 柏の葉方面の人口が増えていますが、人口が増えると言うことの現象や経済効果などですね。
 将来人口が減少して行く日本。そこで起きる問題。ロボットの活用など、話題はあちこちに飛びます。
 
 ご実家は豊橋ですが、時々お帰りになります。家の中の空気を入れ替えたりし、その帰省中はテレビもご覧になるのだそうです。
 我孫子ではテレビは置いてなく、豊橋でご覧になったテレビ番組のこともあれこれ話しました。
 あっても無くても良いような事が多いと言うことでは意見が一致しました。
 
 私のブログの緑豆の話になりました。先生は私の質問に答えられないと言うことはありません。
 それなのに緑豆のことはご存知なく、私に質問です。
 私は緑豆のことや中国龍口の春雨のこと等色々と話しました。珍しいことです。

 昼は何を食べたかですが、何時も同じです。私はクラブハウスサンドです。

       デニーズサンド

 先生は和定食と決まっています。変わらない食事ですが話題は豊富です。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog