2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

朝食と健康寿命

 後期高齢者と言う言葉を我が家では二人で高貴高齢者などと洒落て言ったりしています。
 後期ではなく末期ではないかとも言えそうな年齢になっている訳ですからね。
 
 昨日集まった仲間は85歳と86歳の高齢者ですね。

 2013年に発表された平均寿命は男性 80.21年 女性は86.61年だそうですから、全員平均寿命と言って良いでしょうね。
 ですがお見えになった方々の多くは健康に何か問題を抱えていても、普通に立ち居振る舞いが出来ています。
 この自分で動け自立した生活が出来るのが健康寿命と言われています。
 2013年の数字を見て見ましょう。 男性は71.19歳 女性は74.21歳となっています。
 この健康年齢の数値には疑問を感じる方もあるようです。
 実際はもっと高いと言う指摘です。確かに周囲を見回すと元気な高齢者が多いように見えます。

 ですが時には大変だろうなと思われるような方も目に入ります。

 2013年の統計からすると、私はほぼ平均寿命に達している訳ですね。そうかそうなんだと頷いています。

 朝食は健康寿命を少しでも延ばすための自分に課したものだと、少し気合を入れて作っています。

     朝食5月22日  朝食5月23日

     左は5月22日の朝食です。  右は5月23日の朝食です。

     朝食5月24日  朝食5月25日

     左は5月24日の朝食です。  右は5月25日の朝食です。

 味噌汁の具は3種類にします。味噌汁にはまた粉ゼラチンを入れます。
 毎度言っておりますが、五色の食材を取りいれるようにします。出来ない時も偶にありますが、それは気にしないでおります。
 何かとストレスの多い時代?年齢?環境?人間関係?逃げられるわけではありません。
 偶にはグチも出ますし、テレビに向かって怒りもしますよ。ストレスがないとは思っておりません。
 先日も生徒さんから「ストレスがあった方が良いですよ。なかったらボケますよ」と励まされました。
 頑張って健康寿命を延ばすように過ごして参りましょう。

entry_header

会うだけでも楽しい

 昨日予告しましたように今日の昼 青島羊会の仲間と集まりました。
 正式には昨年終わりにしたのですが、それでも何とか会う機会が欲しいと言う声を寄せて来た方が多く、世話人の宮崎豊茂さんと出口純さんで呼びかけて下さいました。
 新橋駅近くの新橋亭と言う中華料理の老舗です。昔久留米市名誉市民になられた藤田貞雄先生をお迎えして集まったことがありました。
 今日はは17名の方がお見えになりました。九州から権藤蔚さんはカメラマンは休めませんとばかりにお見えになりました。
 千葉縣鴨川市にすむ石井 浩さんはバイオリンを抱えてお見えになりました。 
 横田泰子さんはご主人と一緒にお見えになり、安永弘子さんは横浜からお嬢さんが送迎です。
 宮崎さんは松葉杖です。杖を持つ方が何人かおりました。それぞれ健康に問題を抱えていますよ。
 ですが会えるうちは会いましょうと、今日も何回も言い合いましたよ。

 皆さん会えばすぐにあの時は それでそうだったのよ。へ~そんな事あったの?

 前置きは要りません。話は直ぐに通じます。

 写真は撮りましたが、ダメって仰る方もいられるかも知れませんね。
 
 お料理を半分色どりに載せましょう。こんな物です。

      新橋1  新橋2

      新橋3  新橋4

 会もそろそろ終わりになる頃、石井さんのバイオリン演奏がありました。「エデンの東」などです。

               新橋8

 女性には今回も塩路広さんから木彫りのペンダントのプレゼントがありました。

  ハワイで過ごしている方の写真には皆さんが感心そして驚いていました。そこで彼女と親しい方の写真を直ぐに送りました。
 それが既読になったのは直ぐで、これにはまた皆さんに感心されましたよ。

 次回は未定ですが、呼びかけがあれば参加したいと思っております。

entry_header

優しい簡単な惣菜と雑談

 夫も私もですが、刺激の強い食べ物は段々食べられなくなって来ております。
 以前は偶には作った麻婆豆腐もこのところ全く作っておりません。
 胡椒の効いたスープなどもいけませんね。激辛なんて全く無理な話です。
 毎日煮物を食べますが、濃い味の物ばかりではなく、薄味のあっさりとした野菜中心の煮物は食べ易く、時々煮ます。
 醤油をごく少なくして煮ます。勿論出汁は良く取ったものです。

     白菜・人参・さや  野菜と豚肉

 器は何時も同じもので変わり映えしません。食と言うものは料理を作れば良いと言うものではなく、内容も大事ですし、盛り付けも大事ですよね。それなのに段々ものぐさになってきて、出し入れを考えるとま~良いかとなっています。
 食器の重いものは敬遠。食器棚の高いところのは背伸びしても取れません。
 下の方のはこれまた腰を落とすのが辛く、これも中々出せません。
 食器棚は妹が年に2回ほど整理に来て呉れますので、助かります。

明日は中国青島時代の小学校の仲間が集まります。元気者は僅かです。私は杖を使っていますし、お世話役の方は松葉杖で出て来ることになっております。
 そんな高齢者の中で気炎を上げている女性がおります。目下ハワイで自由を謳歌しております。
 今朝彼女に明日あなたの様子を皆さんに知らせたいので、写真を送って下さいとLINEでメールを送りました。
 彼女はこれから出掛けるので、ワイキキの写真は無理だけけれど、44階からの景色を送るわね。と今日のハワイの風景を送って呉れました。

               5月23日のハワイ

 彼女が住んでいるマンションの44階と言うのはコンドミニアムだそうで、毎年4月から6月まで滞在しています。
 フラの先生をしておりますが、ハワイでの特訓で得て来たものは帰国後教師レベルの方に教えています。
 ま~その元気さはとてもとても足元にも寄れません。Facebookを見ますと、連日出掛け、踊り、食べそしてハワイの工芸品を習ったりしております。明日は彼女の姿も皆さんにお見せしようと思っています。
 LINEの良いとところは画像をスマホに保存出来ると言うことですね。彼女とのやり取りはお見せする必要はありませんから画像だけをお見せ出来ますね。きっと参加者の方が驚くことでしょう。

entry_header

岡山ばらすし

 ご近所の友人 私が感ずるに生まれてからず~と良いものを口にし、過ごして来た方だと思っております。
 時々美味しい物や良い物を教えて下さり、時には珍しい物を届けて下さいます。
 岡山のばらすしですが、今年は少し前にも頂きましたのに、昨日もまたお持ちになって下さいました。
 「ばらすしを作っているのですが、食べて頂けますか」と電話がありました。「勿論頂きま~す」と嬉しく返事をしました。
 「じゃ夕方お届けしますわ」と言うことでもう夕食の準備は何もせずお待ちしておりました。何だか良い気分です。

         岡山の鮨

 玄関にお見えになった時、直ぐに蓋を開けて見せて頂きました。具は数えきれないほど載せてあります。
 「嬉しいわ。とても豪華で美味しそう」と遠慮どころか喜んで頂きました。

 以前頂いた時、長女がお米が良いねと言いましたのでお伝えしましたら、分かって下さり嬉しいわと仰っていました。
 
 このパックは手に持ちましたら、どっしりと重いのです。二人では食べ切れませんので昨日も長女と半分ずつにしました。

 具はそれぞれ個別に味が付けられております。丁寧なもので、時間も掛かったことだろうと思っております。
 岡山ばらすしに必ず使われるサワラは岡山から届いた物だそうです。 酢〆になっていますが、酢はほんのりと感じる程度の品の良いものです。
 エビも口の中で当たらず、そのまま自然に噛むことが出来ます。
 色々な具を楽しみ山椒の香りと一緒に美味しく頂きました。

 岡山のばらすしは生の物を使わないのが特徴だそうです。
 ちらしすしは家庭では煮た物も載せますが、鮨屋では生ものが載せてありますね。この違いは余り知られていません。
 私は前に岡山の祭り寿司のことを調べたことがあり、その時にばらすしとちらしすしの違いを知ったのです。
 それまでは区別していませんでした。上に何か載せてあればちらしと言っておりましたね。

entry_header

冷やし中華とイジメのこと

 取手駅の駅ビル?そこに成城・石井の店があります。
 先ごろリニューアルをしておりましたが、既に完成していると聞いておりました。
 下の孫が好きだと言うお煎餅を二女が買いに行くと言うので、長女の運転で私も同乗。3人で行って来ました。
 成城・石井は生田校舎勤務時代は成城で下車をして、良く買い物をしたものです。
 こだわりの商品と言いますか、消費者が安心するような商品構成です。
 並んでいる物の種類は多いのですが、一品一品は数は多くなく、少ないと何故か買いたくなります。
 冷やし中華のパックが目に入りました。ワンパックしかありません。買いました。
 冷やし中華は夫が好きなんですね。私も好きですよ。

     冷やし中華石井1  冷やし中華石井2

 上に載せているピラピラの豚肉は煮物の中に入れた残り。お湯に酒を入れてさっと茹でただけです。
 下のスーパーでは薄切りの豚肉ロースが出ています。とても安く助かります。老人向きです。

 最近イジメのことが良くニュースになりますね。そして幼い中学生や小学生が自ら命を絶っています。
 とても切ないことです。つい最近のことですが、教師が殴ったと言うケースもありました。

 私が教師のイジメにあったのは昭和19年の5月頃が最初でした。
 国語の教師は当時の東京女子高等師範学校(現在お茶の水大学)の国文科出身でした。
 女高師卒と言えば女学校の教師のエリートです。
 その教師の時間 枕草子の初めのところを読み始めました。春は曙と言う出だしですね。
 全員で一段を読みました。
 教師は「春が好きな人」と言いましたので私は手を上げました。次に教師は「秋が好きな人」と言いました。
 正確には覚えていませんが、春に手を上げたのは多分私だけだったのでしょうね。
 教師は「日本人は秋が好きです。あなたは日本人ではない」と私に向かってはっきりと言うのです。
 それが最初でした。
 それからどういう訳か、何かに付けて私を否定する言葉が出るのです。
 引き揚げて来たと言うことが何か関係していたのだと思いますね。
 青島の優秀な教師に指導された私の行動や言葉に違和感を持たれたのかも知れません。
 その教師以外にも私には当時親が中国に居りましたから、用意も出来なく、持ってもなくどうしようもないことで、責められたこともありました。
 
 大学に入学後 暫く経ったある時日本人じゃないと言った教師から手紙を受け取りました。
 その内容ですが「甥からの話であなたの演説が立派だと聞きました。頑張って下さい」と言うような言葉です。
 私は驚きました。雄弁部に入っている訳でもなく、人前で大きな声で意見を述べたこともなく、思い当たることは何もありません。
 
 戦争をしていた日本 当時の人間の一つの姿だと思っております。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog