2017-02

« 12345678910111213141516171819202122232425262728»
entry_header

謹賀新年

 新年を迎え皆々様のご健勝を心から願っております
     
     鳥達

 我が家二人と長女の家族も、二女の家族も皆恙なく年越しが出来ました。
 今年も転ばないように注意し、穏やかな日々を送りたいと思っております。

entry_header

昨日今日

 昨日は余りに寒く、大腿部が痛みます。ズボンも冬物にしたのですがね。
 ま~仕方がないかですよ。
 一階のスーパーで雪にも関係なく濡れずに買い物が出来るのですが、それも億劫です。
 朝食は普通に済ませましたが、昼食は冷凍野菜と冷凍エビを使い餡かけラーメンにしました。

       餡かけ冷凍ラーメン

 ま~ま~美味しかったのですが、お肉は入っていませんから、何となく物足りない気分です。夕食は残り物でお終い。
 
 午前の中國書法は老師の風邪気味と言う連絡でお休み。
 この際だからと、ゆっくり調べものに取り掛かりました。そこで思い出したのがタイマーを傍に置いて30分置きに立ち上がることです。セットをして置き、繰り返すだけです。

       タニタタイマー

 これは先ごろNHKのためしてガッテンと言う番組で見たのですよ。
 これは良いな~と実行です。今も傍に置いています。

 今日は憂国忌と言われている日です。三島由紀夫が割腹した日です。 
 ウィキペディアでこのことを読みましたら、初回追悼会の発起人の一人に武田繁太郎さんの名前が見えて驚きました。
 何回もお会いし、長話もしましたのに、全く少しも口にされなかったのですよ。

 盾の会の制服に係わったのは、友人の西部博之さんです。時々盾の会制服と言うのでブログを覗きに見える方がおります。
 それはこれです。

entry_header

穏やかな日

 日がな一日穏やかに過ごせることって有難いことだと思ます。
 特に71年前の今日と言う日に思い致せば、それが如何に有難いことか。
 あの日 日本中が天気晴朗と言われたような気がしています。
 午前中は艦載機が飛んで来ておりましたが、12時以降は全ての音が遮断されたような、空気が変わっていました。
 今の中学2年生だった私。 一体これからどうして行けば良いのか。
 祖父母は学費はまだあるからと言って呉れましたが、両親や弟妹は日本に帰って来るのか、不安は増すばかり。

 ポツダム宣言受諾の放送の後の静寂な不思議な空間。放送を聞いていなかった兵隊が供出の野菜を受け取りに来ました。
 皆の言葉を聞き、何も持たず帰って行きました。
 沿岸警備のためと言うことでしょうか、町に兵隊が駐留しておりました。装備は子どもながら見てお粗末さが分かりました。

 戦中戦後と色々とありました。食べ物に困り、お金にも困り、良く今の生活にたどり着いているものよと感無量になります。

 今日の午前は中国語の老師がお見えになりました。老後の問題は中国でも大きな問題だと。それは想像しただけでもそうだろうと思いますね。
 格差は人々の考えにも大きく問題を齎し、結婚観にも大きな変化が起きているようです。

 午後は夫と内科受診に行きました。午後の待合室には老人ばかり。今直ぐと言う大きな問題は抱えていませんが、こうして決まって毎月受診出来ることも有難いことです。

 戦時中は米軍の飛行機に追われる日が続き、学校に行くときには、救急用具を入れた袋を肩に掛け、もう一方の肩には非常食の袋を掛けて行きます。三角巾の使い方を教えられ、止血法なども習いました。非常食の作り方も勉強しました。

 色々思いますととに角これからも穏やかな日が続いて欲しいと思うのです。

     朝食8月12日  朝食8月13日

       左は8月12日の朝食    右は8月13日の朝食

     朝食8月14日  朝食8月15日

       左は8月14日の朝食    右は8月15日の朝食

 戦時中の女学校の寄宿舎の朝食は丼のご飯、それに味噌汁、お新香が少し、煮物が一皿そんな物です。
 ご飯は丼七分目か八分目位。麦は必ず入っています。
 戦争が厳しくなって来ますと大根や海藻入り。さつま芋も入ります。
 今こうして栄養を考えながら準備をすると言う穏やかな朝を有難く思いますね。

 夕方 長女母娘が見えました。孫が私にブラウスを縫って欲しいと言うのです。
 先ず寸法がないと出来ませんから、採寸に寄ったのです。
 若い女性の服装 今は求めれば際限なくありますね。
 
 戦時中はブラジャーがなく、授業で作ったものです。鍛えられましたね。
 何しろ航空隊の兵士に嫁がせるのが教師の大きな希望だったからです。

 夕方下のスーパーで偶然中国青島羊会の友人と会いました。彼女は敗戦近い頃、青島から当時の朝鮮に向かい、日本へ帰国の途中で敗戦を迎えたのです。長女の彼女の苦労は並大抵なことではありませんでした。
 戦争は不幸を齎します。

entry_header

記念すべき日

 1945年のこの日 広島にアメリカによる原爆が投下されたのです。
 朝早くから原爆の日を迎えた多くの方が平和記念公園での式典に参列しておりました。
 松井市長の平和宣言は世界に向けての核なき世界を強く訴えておりました。

         広島平和の灯067

 戦争末期 日本人はマッチ箱一個くらいの爆弾が作られているから、それで敵をやっつけると言う噂に耳をそばだてておりました。それは世界のどこからか流れて来たことかも知れませんね。

 地球の反対側ではオリンピックが開催されました。私は長時間開会式を見続けました。
 テレビは余り見ませんが、今日は自分でも驚くほどでした。
 開会式ハイライトを見まして無事に開催できたことを改めて感激しました。

entry_header

房総に行く 続き

 9日の夜 長女と孫はホテルの3階にある大浴場に行きました。
 私は夜の入浴はしませんので、部屋で待ちながら窓から外を眺めていましたが、暗くて何も見えません。
 二人が戻って来ましたが、部屋は暑くて汗をかくほど。
 眠りから覚めて来て目を薄っすらと開けますと、娘もこちらを眺めております。何となく睨み合いのような感じです。
 それでもどうも娘は本当に起きてはいないようです。
 雨は既に上がっている様子。一人3階に行き、久し振りの入浴。子供用の椅子や補助椅子型の椅子に感心しました。
 成る程、今時のホテルはこう言うことかと一人頷き眺めました。
 雨が止み、浴場の窓から東京湾を行くタンカーが見えます。
 部屋に戻り、ベランダの窓を開けますと旧富崎村の布良っぱな(鼻)が見えます。富崎村は戦前から戦中までは千葉県一の人口稠密な村でした。また青木繁が海の幸を書いた地としても有名です。

             ホテルの窓から

 あの右奥に見える突き出た岬はカーブがきつく、事故の起きやすい場所です。

 朝食に行きました。昨夜と同じく、娘が選び運んで来て呉れました。

            ホテル朝食

 朝食は余程のことでもなければ、今時はブフェ形式が多いですね。此処もそうでした。
 周りにそれとなく目をやりますと、高齢者が多く、三世代の家族も見られます。
 お料理は品数も多く、子供用にフライドポテトなどもあるようです。
 私はこの他に少し食べ昨夜よりは多く食べられました。

 売店で綺麗な天草がありましたので、買いました。かき氷の前、梅雨時から初夏の食べ物です。
 天草から自分で作ると美味しい心太になるのです。

 時間になりチェックーアウト。周囲をちょっとカメラに収めました。

     ホテルテラス  IMG_3207.jpg

 雨はすっかり上がりましたが、未だ雲は流れて行きません。ホテルの方に見送られて出発。
 行き先は白浜町の妹と弟への訪問です。
 直ぐ下の妹は一人暮らしです。部落にお店が一軒もなく、買い物難民状態の生活です。
 
 タクシーも町に一台もありませんから、タクシーでとも行きません。過疎地と言えそうです。
 久し振りの歓談 お喋りの後一緒に弟の家に向かいました。

 弟の家の前は磯笛公園と名付けられた公園があり、また駐車も出来ます。

     磯笛公園2  磯笛公園3

 この公園は以前テレビドラマの舞台になっていたので、そのドラマのロケ地を記した看板が立てられております。

     ロケ地マップ  磯笛公園4

 看板を眺め、弟夫婦と皆でお喋り。丁度見えていた弟と同級生の方とも久し振りに声を交わすことが出来ました。
 色々と町の様子を聞いたり、誰彼の消息に驚いたりしました。
 
 弟夫婦の見送りを受けて車は出発。妹をスーパーに連れて行き、妹の買い物に付き合い。それから再度妹の家に行き妹を下ろし、3人で家に向かいました。
 道中 弟の息子が開業する建築中の病院を眺め、木村ピーナッツのソフトクリームを食べ、館山を後にし車は我孫子に向かいました。
 途中道の駅富楽里で買い物。その後は娘の運転で車は快適に走り、市原のSAで休憩。道路は全く混んでなく、我孫子に到着しました。

続きを読む ▽

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog