2017-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

ブログ本

 ブログを書き始めてから、ブログを本に仕立てています。
 今回で20冊となりました。
 最初の2年間は年に一冊にしましたが、それからは一年を前期と後期とに分けて作ったので、20冊になりました。

      IMG_20170317_0001.jpg   bunko相子老婆ブログ本

 左は昨年後期の物です。右はブログ本の見本に載っているものです。
 何だか嬉しくなっております。

 分量は318頁 一冊の価格は送料込みで12877円です。
 世界で一冊の本です。

 昨日は突然パソコンがおかしくなりアップ出来ませんでした。

entry_header

もやしのこと

 今日 ネットで下記のような記事を読みました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 もやし業界 窮状を訴え 度を超す特売 早急に歯止め
 日本農業新聞 3/17(金) 7:00配信
 全国のもやし生産者でつくる工業組合もやし生産者協会は、販売価格低迷に加え原料種子価格と人件費が上昇し「経費削減の 努力が限界を超え、健全な経営ができない」との声明を発表した。納品価格より安く特売するスーパーもあり「消費者に窮状を知ってもらい、スーパーは適正価格で売ってほしい」と訴える。

 原料の緑豆は、中国産の輸入価格が現地の天候不良などから2005年に比べ約3倍に高騰(1月時点)。さらに、種子の発芽率の悪さや生育不良で歩留まりが悪く、人件費も上昇し経営を圧迫している。販売価格の低下も深刻だ。

 09年に全国で230社以上あった製造会社・生産者は100社以上が廃業、現時点では130を切っている。もやし製造会社を経営する同協会の林正二理事長は、小売業者に対し「度を超えた値下げ競争をやめ、せめて1袋40円で売ってほしい」と訴えている。
.
 日本農業新聞

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 もやしは安く店頭に出ています。今日も買って来ました。下のスーパーでも並んでいます。

    もやし1  もやし28円

 左は一袋39円です。右は一袋28円です。普段余り考えずにその日の気分で買っておりました。
 左と右とは分量が違うと言うことを初めて知りました。左の方が多く入っていたのです。迂闊でした。
 もやしの原料は緑豆ですが、多くは中国からの輸入ですね。ですが製品の説明は国産となっております。
 
 もやしは庶民の見方だと思いますね。もやしの食べ方は色々とありますね。毎日は食べませんが良く食べますよ。

 今は大量生産で大掛かりな設備が稼働しているのでしょうね。
 50年程前に知り合った女性は母親と二人暮らしでした。母親はもやしを作り、それを売って家計を保っておりました。
 その時、もやしの製造の大変さを知りました。
 零細稼業だったのでしょう。一部屋にもやしを作る設備をし、豆に熱いお湯を絶えずかけるのだと話しておりました。
 もうそのようなことはないでしょうが、今日のこの記事に思い出しました。

   PS もやしの製造過程

entry_header

謹賀新年

 新年を迎え皆々様のご健勝を心から願っております
     
     鳥達

 我が家二人と長女の家族も、二女の家族も皆恙なく年越しが出来ました。
 今年も転ばないように注意し、穏やかな日々を送りたいと思っております。

entry_header

昨日今日

 昨日は余りに寒く、大腿部が痛みます。ズボンも冬物にしたのですがね。
 ま~仕方がないかですよ。
 一階のスーパーで雪にも関係なく濡れずに買い物が出来るのですが、それも億劫です。
 朝食は普通に済ませましたが、昼食は冷凍野菜と冷凍エビを使い餡かけラーメンにしました。

       餡かけ冷凍ラーメン

 ま~ま~美味しかったのですが、お肉は入っていませんから、何となく物足りない気分です。夕食は残り物でお終い。
 
 午前の中國書法は老師の風邪気味と言う連絡でお休み。
 この際だからと、ゆっくり調べものに取り掛かりました。そこで思い出したのがタイマーを傍に置いて30分置きに立ち上がることです。セットをして置き、繰り返すだけです。

       タニタタイマー

 これは先ごろNHKのためしてガッテンと言う番組で見たのですよ。
 これは良いな~と実行です。今も傍に置いています。

 今日は憂国忌と言われている日です。三島由紀夫が割腹した日です。 
 ウィキペディアでこのことを読みましたら、初回追悼会の発起人の一人に武田繁太郎さんの名前が見えて驚きました。
 何回もお会いし、長話もしましたのに、全く少しも口にされなかったのですよ。

 盾の会の制服に係わったのは、友人の西部博之さんです。時々盾の会制服と言うのでブログを覗きに見える方がおります。
 それはこれです。

entry_header

穏やかな日

 日がな一日穏やかに過ごせることって有難いことだと思ます。
 特に71年前の今日と言う日に思い致せば、それが如何に有難いことか。
 あの日 日本中が天気晴朗と言われたような気がしています。
 午前中は艦載機が飛んで来ておりましたが、12時以降は全ての音が遮断されたような、空気が変わっていました。
 今の中学2年生だった私。 一体これからどうして行けば良いのか。
 祖父母は学費はまだあるからと言って呉れましたが、両親や弟妹は日本に帰って来るのか、不安は増すばかり。

 ポツダム宣言受諾の放送の後の静寂な不思議な空間。放送を聞いていなかった兵隊が供出の野菜を受け取りに来ました。
 皆の言葉を聞き、何も持たず帰って行きました。
 沿岸警備のためと言うことでしょうか、町に兵隊が駐留しておりました。装備は子どもながら見てお粗末さが分かりました。

 戦中戦後と色々とありました。食べ物に困り、お金にも困り、良く今の生活にたどり着いているものよと感無量になります。

 今日の午前は中国語の老師がお見えになりました。老後の問題は中国でも大きな問題だと。それは想像しただけでもそうだろうと思いますね。
 格差は人々の考えにも大きく問題を齎し、結婚観にも大きな変化が起きているようです。

 午後は夫と内科受診に行きました。午後の待合室には老人ばかり。今直ぐと言う大きな問題は抱えていませんが、こうして決まって毎月受診出来ることも有難いことです。

 戦時中は米軍の飛行機に追われる日が続き、学校に行くときには、救急用具を入れた袋を肩に掛け、もう一方の肩には非常食の袋を掛けて行きます。三角巾の使い方を教えられ、止血法なども習いました。非常食の作り方も勉強しました。

 色々思いますととに角これからも穏やかな日が続いて欲しいと思うのです。

     朝食8月12日  朝食8月13日

       左は8月12日の朝食    右は8月13日の朝食

     朝食8月14日  朝食8月15日

       左は8月14日の朝食    右は8月15日の朝食

 戦時中の女学校の寄宿舎の朝食は丼のご飯、それに味噌汁、お新香が少し、煮物が一皿そんな物です。
 ご飯は丼七分目か八分目位。麦は必ず入っています。
 戦争が厳しくなって来ますと大根や海藻入り。さつま芋も入ります。
 今こうして栄養を考えながら準備をすると言う穏やかな朝を有難く思いますね。

 夕方 長女母娘が見えました。孫が私にブラウスを縫って欲しいと言うのです。
 先ず寸法がないと出来ませんから、採寸に寄ったのです。
 若い女性の服装 今は求めれば際限なくありますね。
 
 戦時中はブラジャーがなく、授業で作ったものです。鍛えられましたね。
 何しろ航空隊の兵士に嫁がせるのが教師の大きな希望だったからです。

 夕方下のスーパーで偶然中国青島羊会の友人と会いました。彼女は敗戦近い頃、青島から当時の朝鮮に向かい、日本へ帰国の途中で敗戦を迎えたのです。長女の彼女の苦労は並大抵なことではありませんでした。
 戦争は不幸を齎します。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog