FC2ブログ

2018-12

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

楽しい集まり

 既に正式には終わった会なんですが、完全に止めてしまって会えないなんて嫌だと言うことで、集まれる方だけは集まりましょうと、声を掛けて下さる方が、今年も呼び掛けて下さいました。
 昨日の午後 新橋の新橋亭で青島羊会の会がありました。
 昨年より人数が減り、18名 出て来られると言うだけでも元気なんですね。
 
     お料理は中華ですよ。

     羊会1  羊会1の2

 皆さん食べるよりはお喋りですよ。
 何しろ高齢ですから耳の聞こえの悪い方が揃っています。
 お互い顔を寄せ合い、聞こえる方に耳を向けております。
 昔話も出ますが、昨日は健康話が多かったですね。それと毎回お見えになっていた方々の消息をお聞きし、歳だなと感じましたね。
 会の途中で皆さんで「青島行進曲」や「青島小唄」を歌いましたよ。YouTubeをスマホで曲を出しましてね。
 お聞きになりたい方は曲の赤字をクリックして下さい。青島行進曲は変更になっていましたYouTube青島行進曲動画で検索して頂くと出て参ります。
 皆さん耳も遠いし、声も低音になっていますが、誰もが知っている歌ですから、盛り上がりましたよ。

 毎回バイオリンを下げて来る石井さんの弾く曲にも合わせて歌いましたよ。
 彼が前日練習したと言うみかんの花咲く丘や夏の思い出などです。

             羊会2

 石井浩さんは千葉の鴨川に住んでおります。8月には油彩の個展を地元で開くそうです。
 菅野和子さんは近々発売される著書を皆さんにと贈って下さいました。

 松戸で鎌倉彫りを教えている塩路広さんから力作の素敵な物をそれぞれ頂きました。

 記念写真は皆勤賞の権藤蔚さんがカメラを担いで福岡からお見えになり、写して下しました。

             羊会3

 こうして楽しく過ごすことが出来るのも宮崎豊茂さんはじめ世話人のお蔭です。

 蛇足ですが、昨日帰宅後からパソコンのことで困っていました。
 引っ越しされた助っ人さんにSOS 今日の午後来宅して下さり解決しました。
 婆さんはこれですよ。

  変更された青島行進曲 ここに入れて見ますのでお試しになって見て下さい。

スポンサーサイト
entry_header

懐かしい学校 その7

 青島羊会の今年の集まりが6月13日に新橋の新橋亭で開催されます。
 会は形としては解散してはいるのですがね。
 集まりたいと言う方の要望に添い宮崎豊茂さんが連絡所として動いて下さっています。

 青島第一小学校の仲間も出席されると思いますが、皆さんにこのイラストを持って行きお見せしたいなと思っております。
 その6 までのもプリントして持って行くことが出来れば良いなと思うのですね。
 齢をとると何事もよっこらさですからね。どうなりますか。
 
 イラストはずーと前に小学校の2年、3年で一緒だったいさむちゃんが送って下さったのです。
 書いた方の記憶が凄いなと思うのですね。

      青島第一スケッチ018  青島第一小学校026

 左は正面入り口側からのものです。 右は校庭側からのものです。 
 プールらしきものが見えますが、若しかしたらスケート場かも知れません。
 私が帰国後スケート場が出来たと言うようなことを聞いておりましたからね。
 第一の方にお聞きしましたら、なかったと言う方もおりますが、校内の場所は覚えていないがスケート場で滑った記憶があると言う方もおります。
 6月にこれを見た一小出身の方がどう反応なさるでしょう。

entry_header

懐かしい学校 その6

 私が戦時中通っていた中国青島第一日本小学校の教育レベルが高かったと言うことはその5で触れていますが、実際にこの小学校で行われていたことに気づいたのは、転入して直ぐの運動会の時でした。

 運動会では当時の日本の小学校では競技に勝つとノート等が貰えました。
 それが青島の第一では入賞者へは胸に付けるリボンでした。
 一等は赤色 二等は青色 三等は黄色です。生徒はそのリボンを運動会後一週間胸に付けて登校出来ました。
 勉強嫌いのがき大将の〇〇君の姿を見て感心したものでした。
 運動会が終わると生徒は教室で全員ノートを頂きました。

    青島昭和14年運動会  第一運動会

 生徒はグランドで競技をしていますが、家族はスタンドで応援しています。
 昼食は生徒は教室で普通のお弁当を食べます。私の田舎の学校では親の席に行き家族一緒に食べたのです。

 何か違うのですね。生徒に誇りを持たせ啓発をしたのでしょうか。

 授業のことですが、私にとって特に強く印象に残っており、そして今も我ながら良く覚えられたものだと思うことは5年生の時の地理の授業のことです。
 先生は赤崎畩吉先生です。鹿児島出身の赤崎先生は日本の地理を教えるのに、生徒が白地図を書くことから始めました。 当時白地図は文具店でも売られていませんでした。
 本州の北から書き始めます。最初は地図の上に薄い紙を置き、それをなぞって書き写したのです。 
 それを何回も書くうちに下敷きの地図を使わなくても書けるようになりました。 
 これは今も役に立っております。何かを説明する時に直ぐ書けるのです。
 その白地図に様々なことを書き込みます。
 それと先生は黒板に世界地図を手書きで一気に書きます。

             地図

 これは今日私が書いたのですが、先生はこの地図を差して世界のことを教えて下さいました。
 日本に帰国し、女学校に入ってから地理の問題では私は先生に驚かれました。
 女学校で習う世界の気候など既に教えて頂いていたのです。

 赤崎先生は私の帰国に反対されたのです。何故先生が反対なさったかは帰国して私は分かったのです。

entry_header

懐かしい学校 その5

 中國青島で過ごした期間は人生の中で見れば数年にしか過ぎません。
 ですがそこで過ごしたことがどれ程私の心を豊かにして呉れたことか。計り知れない程の思いを持ち続けています。
 その数年 学んだ青島第一日本小学校のことは「その4」でも記していますが、何と言いましても教育水準の高さだったと思っております。
 例えば決まった授業だけではなく、今で言えば課外授業や特別な指導ですね。
 それも特別な費用は要らなかったように記憶しております。
 私は理科が好きで、毎年昆虫採集に出掛け、標本を作っておりました。
 理科室には実験用具が所狭しと並んでおります。
 そこで先生の指導で展翅板に蝶を並べて綺麗にします。
 また海浜公園にあった博物館で夜の月の観測に出かけたりし、望遠鏡を覗く面白さも覚えました。

      青島第一観察池

 これは校内に作られた花壇と観察池を前にした先生方と関係者?でしょうね。
 私はこの花壇のバラの写生や観察池の蓮の花の写生に夢中でした。
 
 図画の授業は、写生が多く、学校に備え付けられていた画板を首に掛けてアカシヤと赤い屋根の写生をしたものです。
 先生はそれぞれ得意科目があったのでしょうか。
 中村忠之校長先生は九州全域の師範の付属小学校の先生をスカウトして来たと仰ったのを直接お聞きしております。

 戦後引き揚げて来た先生方の多くは高校の管理職や大学の教師になられたり、名誉市民となられたような活動をされた先生もおります。
 粒よりの先生方でしたね。

entry_header

懐かしい学校 その4

 中國青島の旧日本人小学校の様子はかって在学したことのある人にとっては忘れられぬ存在だと思います。
 第一、第二、第三は市内。少し離れた所に四方、滄口と五校ありました。
 私の在f学した第一日本小学校の校庭の広さは「その3」で紹介しましたが、校舎は重厚な作りの立派な建物でした。
 教師は日本から派遣されて来ていたようですが、立派な先生ばかりと言っても良いでしょう。
 教育のレベルも高く、当時東京が100とすると青島は105などと言う言葉も耳にしておりました。

 教室は靴のまま入って行きます。日本の小学校で教室には下足ではダメでしたから、私は何か外国に行ったような気分になったものです。
 校舎には暖房設備が施されており、教室の中では冬でも寒さを感じることはありませんでした、
 スチームの上にお弁当を載せて置き、温かいお弁当を食べることが出来ました。
 お弁当を持って来てない生徒は正面入り口に近い所に設けられたパン売り場でパンを買っていました。
 その場所では時々運動靴の販売もされたのです。

 校舎に囲まれた中庭では朝礼が行われたものです。その中庭には生徒が日射で倒れないようにと、アカシヤが植えられ、夏は日陰になっておりました。
 
 昭和15年 紀元2600年と言うことで日本では様々な祝賀行事がありました。
 そのことからでしょうか。校庭に立派な遊具が設置されました。

        
         昭和15年運動具

 私はこの校庭方向から帰宅するのですが、毎日のように此処でランドセルを放りだして遊んだものでした。

 中村校長先生は、日本人社会に信頼されていたのでしょう。
 この遊具の設置の内容までは知りませんが、日本人社会も寄付をされたのだと思います。
 
 この昭和15年に校内放送の設備も出来ました。お昼になりますと音楽が流れたり、生徒の朗読の声が聞こえたりしました。
 先進的な学校と言えましょう。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。