FC2ブログ

2018-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

今日のお昼と妹の見舞い

 夫の入院から食事は娘達と一緒にとることが増えて来ました。
 それでも朝食は一人ですね。今日は一人でお昼です。

       9月29日昼

 小さなアンパンは二女が昨日高島屋で買って来て呉れた物です。
 小さくても美味しかったです。トマトジュースは夫の飲みかけのペットボトルにありましたので、飲みました。
 未だ買い置きがありますから、暫くはバナナとこのジュースが付くでしょう。

 今日の午後2時 妹二人が見舞いに来て呉れました。
 ところが何を勘違いしたのか、二人は今日が退院だと思って散し寿司のお重を持って来たのです。
 妹二人と一緒は滅多にありませんから、一緒に我が家に来て貰いました。久々のお喋りです。
 もう一人の妹に電話を入れて3人で代わるがわる話をし、夫の様子を伝え、またそれぞれの近況報告ですね。

 ところで夫のことですが面会時間に傍に行きましたら、何とベットに腰かけて足を下ろしていたのです。
 今日のリハビリは午前、午後と2回でした。それでも腰かけている姿には驚きましたね。
 リハビリの係りの男性が夫を横たえて呉れました。そして腰をマッサージしている様子です。
 丁寧に夫を助けて呉れています。プロは流石です。
 夫の様子は強い痛さを感じていなさそうです。血色も良く見えます。
 このような姿に接しますと、徐々に良くなって呉れそうで、とても嬉しくなり帰宅しました。

entry_header

MRIを受けた夫

 今日の夫の様子は心なし気分が好転しているように見えました。
 午後6時 主治医の先生から説明がありました。
 「MRIを撮ったのは圧迫骨折を心配したのですが、それはありませんでした。唯仙骨にひびが入っています。若い人と違い、治りが遅いです。安静が必要でしたね」と言うことで今後の方針を詳しく説明をして下さいました。
もう治らなかったらと心配していましたので、安心しました。 
安心と言いましても、高齢だということで、手放しの安心とは違います。

 夕方の病院では色いろな方の姿が目に付きます。眺めていますと廊下を歩く位の方は特に辛そうな表情をしておりません。

 夫は早く退院出来ると思っているようですが、そう簡単ではありません。
 それなりの努力もしなければね。

     夕方の駐車場

 病院に駐車場は広く、可成りの車が並んでいます。
 先生の説明を長女と一緒にお聞きしました。
 長女も二女も良く動いて呉れます。

entry_header

夫の痛み

 先週 私の留守の時、夫は密かに?足腰を鍛えようと思ったようです。
 ストレッチを少しやったそうです。それが良くなかったのか、腰から足へと痛みが出て来て、しかも段々痛みが強くなって来たのです。
 昨日は余りに痛いというので、私が診て頂いている鍼灸の先生に診て頂きに行きました。
 夫の説明に先生は整形外科の診断をお薦めになりました。一応鍼を打って頂き、帰宅しました。
 ところが昨夜から痛みが酷くなり、病院に二女の付き添いで行く予定の日まで待てないと言うのです。
 そこで今日の朝タクシーで病院に行くことにしました。二女は業者が来ることが決まっており、一緒に行けないと分かりました。
 長女はパートの日です。仕方なく私一人が付き添って行くことにしました。
 病院に電話をし、以前に掛かった所ですから、診察券は持っていますが、紹介状は要りましょうかと尋ねましたら、午前10時までに受け付けを済ませば紹介状無しでも大丈夫ですよと言われ、そうすることにしました。
 今朝起きたら夫の痛みは更に酷くなり、タクシーで私だけではとてもささえ切れないと思い、松戸の妹に直ぐ来て欲しいと電話。
 そうしましたら長女の夫が休みで早い時間だと送って呉れると言うので、一緒に行って貰うことにしました。
 病院に着き、長女の夫と妹で車から夫を抱えて下ろしました。
 そこにいた病院の案内の方が車椅子を直ぐに持って来て下さいました。

 診察券を出して手続きをし始めましたら、今までに掛かった診療科のデーターが出て来ません。
 改めて手続きすることになりました。最後の受診から5年以上経過していると言うことで、データーが消滅したことが分かり、新患扱いになりました。診察券はそのまま使えました。
 待合室で待つこと約2時間 それから診察・更にレントゲン検査。
 最終的には坐骨神経痛と言う診断でした。
 夫と妹、私の3人の前の壁に掛かっていたポスターを暫く眺めていました。

       取手院内

 診察が始まる直前 娘二人が駆けつけて来ました。二女は洗面所の工事が終わり、長女は突然パートが休みになったのです。

 私は耳が遠いので、診察室には夫の付き添いでは長女に入って貰いました。
 レントゲン室には娘二人がさっさと連れて行き、戻って来ました。

 今日は夫は私以外の4人のサポートで、無事に受診して来ることが出来ました。
 何とか痛みが早く取れて欲しいものです。

entry_header

眼科受診

 先だって夫の右目の充血で眼科に行き、その時に序に予約の受診もして頂けるかとお聞きしましたが、予約日にお出で下さいと言われ、今日はその予約日でしたので、バスで出掛けました。
 老人は早め早めにと行動をします。
 バス停に着きましたが、チョッと間がありそうです。
 目の前に夏空が広がっています。
 
       8月10日」空

 風は少し感じましたが暑さは厳しく停留所では日影がありません。
 老人二人はベンチに座ってじっと待っておりました。
 ほぼ定刻のバスで我孫子駅側に到着。
 駅側の眼科に行きましたら、待合室は一杯です。
 私は眼圧と視力の検査。それと眼底の検査。
 そして先生の診察。 特に大きな変化もなく、投薬だけのことで終了。

 混んでいたとは言え、ほぼ1時間で済みました。

 今日気が付いたのですが、昔眼医者に行きますと、目を洗われました。
 何で洗って下さったのか、良く覚えていませんが、手に持たされた容器を確りとほほに付けたものです。

        洗顔受水器

 これですね。液がこぼれない様に一所懸命ほほに縁を押しつけていました。

 私が小学生の頃、千葉の田舎ではトラホームと言う眼の伝染病に掛かった人を良く見かけたものです。
 当時は家族が別々にタオルや手拭いを使っている家庭は数少なかったですね。
 皆で使うタオルや手拭いでトラホームは一家中にうつっていたのです。
 当時タオルは滅多に目にしませんでしたね。普通は手拭いです。
 日本は貧乏でしたね。

entry_header

何?これ

 暑さが続きうんざりしています。外出は殆どしませんから日焼けはしていません。
 母が生きていた時 私のお化粧をした顔を見て「拭きたての黒板だね」と言ったのです。
 ですからそもそも日焼けは関係ない肌なんですね。地黒なんです。 
 上の孫が小さい時「ばーばの顔は普通の所が何処もないね。シミやほくろでしょ」
 「あ! あった普通の所。耳」と言って呉れました。
 
 そんな色黒の私 今日はペインクリニック内科の受診日でした。
 12時が予約時間。11時50分に車で出掛けることになっていました。
 それがどう言うことか、部屋から出掛けようとしましたら、何だか普通に歩けないのです。
 眩暈ではないし、ふらつき倒れそうでもないのですね。それでも駐車場に行き、病院に到着。
 受付の方に「お水を下さい。何だかフラフラするのですよ」と言いましたら、麦茶と飴を一つ下さいました。
 直ぐに飴を口に入れ、夫と一緒に診察室に入りました。夫の診察が終わり、私の番になりました。
 先生は何時もの通り血圧を測り、聴診器をあてました。
 先生が「何だかふらつくとか」と仰るのですね。受付の方が報告したのですね。
 そこで私はかくかくしかじかと説明しました。先生は「熱を測りましょう」と熱を測りましたが平熱です。
 すると今度は「血糖値を調べて見ましょう」と言うことで、血糖値を調べそして「今92ですが、飴を食べたからで、来た時は70位だったと思いますね。これはお腹が空いているからです。食事をすれば回復しますよ」となりました。

 この先生の受診日は鰻の日なんですね。夫の奢りです。今日は二女に鰻は嫌と言われ、お鮨とソバのある店に行きました。
 そこで私は今まで頼んだこともない物を頼みました。

        7月26日昼

 三人が「食べられるの? 大丈夫? お腹が痛くならない?」と心配して呉れました。
 それは不思議ではないのですよ。普段の食事の量が少ないことを知っているからです。
 ところが先生の言葉が効いたのでしょうか。ローストビーフとデザート以外は全部食べられたのです。
 きっと普段ももっと食べられるのかも知れません。何だか期待しちゃいます。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog