2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

色々起きます

 夫も私も杖を使っております。
 家の中では使う必要はありませんが、外出する時には持って出かけます。
 病院の先生には転ばないようにと毎回のように注意されております。
 運動不足を補うのに階段踏みなどの運動もしてはいますが、しょっちゅう忘れて仕舞います。
 タイマーを5分にセットし、階段踏みをしたり、30分にセットして30分毎に立ち上がったりもしますが、絶対量は不足ですね。

 今日は眼科の定期健診の日でした。視力検査、眼圧検査、断層検査とあり、白内障が少し進んでいると言うことでした。
 手術をしたくなく、何時も逃れたいと思いながら先生の前に座ります。
 今日は直ぐに手術とは話が行かずホットしました。次回の健診は6月です。
 
 帰宅後友人と電話。このところ連絡がないので気になっておりました。何と右下肢の筋を痛めて大変だったと言うのです。
 でもレントゲンで診て頂いたところ骨には問題ないと言うことで安心しました。

 夫は踵の角質を軟らかくするのに、病院で頂いた軟膏を塗り、大きなバンドエイドを貼っておりました。
 それも中々角質が頑固でスムーズに回復して来ません。
 気が付きましたら、私の踵も硬くなっています。お風呂の時に踵すりのヤスリで擦っていましたがさっぱりしません。
 そこで何か良い物はないかな~とアマゾンで探して見ました。
 電動のがありましたよ。自分のこととなると熱心です。

      角質削り

 これは良かったですね。角質が良く削れてツルツルして来ました。夫にも使って貰いました。
 夫には手伝いましたがね。夫が私にやって上げましょうかと言いましたが、大丈夫自分で出来ると言って仕舞いました。
 ところが、言いはしたものの、削るのが問題です。 
 足の爪切りも大変ですが、この角質削りも大変なんですよ。足を色々と持ち上げて見たり、台に載せて見たり、腰をかごめて見たり。息を止めて必死に角質の所にこれを当てて見たりするのですよ。やっと何とか出来ました。
 たかが爪切りや踵削りと言っても体が都合よく動いて呉れません。
 こうしてまた一つと老化が進むのでしょう。歳はとりたくないと良く聞きますが、言っても歳が止まる訳ではありませんから、こんなもんだわと思うのが良いのではと自分に言い聞かせています。

entry_header

老人らしく

 今日の昼間の風は猛烈で、風の音が窓の外から刺すようにヒューヒューと聞えて来ます。
 春一番でしょうね。
 気温が上がって暖かくなって来ましたので、髪のカットに出掛けて来ました。
 道行く人は腰を沈めて前のめりにして歩いております。風に抵抗しながら歩くのって力が要りますね。

 カットが済み近くのパン屋で昼食のパンを買って来ました。

     サンドイッチ1  サンドイッチ2

 野菜を練り込んだ食パンのサンドイッチです。それと餡パンを買って来ました。サンドイッチは優しい食感と味で気に入りました。

 昨夜の食事はおでんですよ。滅多に作りませんが、大根が美味しく出来ました。

             おでん

 最近とみに小食になっています。おでんは半分も食べられず、長女と孫が寄りましたので、持って行って貰いました。
 二人は昨日は銀座に行ったと言うのですね。随分様変わりしている銀座。聞くだけでもお上りさんになりそうです。

 夫と話すのですが、二人とも老人性~~?やることが似ているのですね。やることばかりでなく、身体のあちこちの弱った状態もですね。
 例えば爪の先が割れやすかったり、腰が痛くなったり、言い方を間違えたり、取りに行ったのに何を取りに行ったのか分からなくなったり、お互い相手のことを笑ってチョッと優越感を抱いたりね。
 先日病院で先生が聴診器を胸に当てウンウンと言いながら大丈夫と言うような表情をしております。
 「先生 どういう風に聞こえるんですか」とお聞きしましたら「鼓動の音ですね」と仰ったような気がしました。
 「チョッと聞かせて欲しいのですが」と言いたかったのです。それを夫に言いましたら、「まさか買いたいなんて言わないだろうね」と言うのですね。「アマゾンで?大丈夫ですよ。買いませんよ」
 「だって知りたいじゃないの」と言いましたよ。
 知りたがり屋は何時もこうなんですよ。
 
entry_header

漢方

 段々体調に乱れが出て来ております。多くの同年の友人、知人もそれぞれ問題を抱えている方が多く、元気矍鑠としている方って先ずおりません。杖を使っていたり、デーケアに行ったり、訪問看護を受けている方もおります。
 何とか衰えを足踏みしたいと、病院に行ったり、食べ物に注意をしたりと過ごしております。

 このところチョッと胃の調子が悪いので、昨日は近所のハート鍼灸接骨院で鍼治療を受けて来ました。
 普通ですと多分歩いて5分でしょうね。私は杖を使っておりますから10分とみて行きました。
 院長さんが鴨川出身だとお聞きし、治療を受けながら鴨川話も色々としました。
 私が自分で合谷にお灸を据えると話しましたら、それは万能灸だと仰ったので何だか凄く嬉しくなりました。

    お灸3  お灸を据える

 お天気の良い冬はベランダで日向ぼっこをしながら据えます。流れて行く艾の香りも良い物です。

 偶然昨夜のテレビ朝日の「みんなの家庭の医学」と言う漢方の紹介を見ることが出来ました。
 千葉大学医学部付属病院の和漢診療科の並木隆雄科長さんが出演されて漢方治療の今を専門の知識を分かり易く説明、実際の診察風景や、診断の説明など色々と事例を交えて紹介されました。
 私が初めて漢方に出会ったのは随分昔のことでした。
 お亡くなりになった伊沢凡人先生に診て頂いたことからです。
 そのご長く故谷美智士先生に診て頂いていましたので、私にとって漢方は身近なことなんです。

 昨日の説明によりますと、身体にはツボが361あるそうですが、左右にある物を含めると合計で670にもなるそうです。
 合谷はここでも万能ツボと紹介されました。

 並木先生は漢方治療を受けに来た方の診断はどうされるかと、実際を見せながら説明をなさいました。
 診断には先ず問診、舌診、脈診、触診で総合して状況を見つけるのだそうです。
 例えば冷え症でも同じように見えても原因が一人一人違うのですね。そして薬も違うのです。昔から言われていた匙加減と言う言葉が浮かんで来ます。

 私は漢方を経験しておりますから、意味は良く理解出来ました。漢方と言うと何か抵抗感がある方が多いようですね。
 鍼もお灸もマッサージも漢方の中なんですね。鍼やお灸のことも専門の方が出演して実際を見せて頂きました。
 
 漢方薬も今は294種類もあるそうです。
 ツムラの葛根湯は可成り知られていますね。効能も多いのですよ。私も風邪かなと思ったらすぐ飲みます。
 風邪を引かないように、転ばないようにと何時も病院で先生に言われていますから、用心しております。

 昨日のテレビを見た方が千葉大に早速申し込まれるかも知れませんね。

entry_header

肥らない食事

 昨日の体操の後 月一回の内科の受診に二人で行きました。
 今は薬は一か月分貰えますが、以前は二週間分でした。一回ですと楽です。
 先生は必ず「この一か月体調は如何でしたか」とお聞きになります。
 そう大きな変化はありませんから、普通は「特にありません。大丈夫でした」と返事をします。
 血圧は毎回計りますが体重は時々ですね。
 昨日は体重を量りました。
 「先生 少し減っていません?」 「う~ん そうですね。少し下がっていますね」 
 「先日お腹の調子が悪く、どうもあぶら物が悪いのではと思い、出来るだけフライや天ぷらなどを控えているのです。それと頭の左上の所が時々チョッと痛いことがあるのです」と申し上げました。
 
 先生は先ず紙を出して、頭部のスタンプを二個押しました。
 「頭のこの線は神経が通っているのです。この線は血管の線です。そこの場所は神経の道ですから、心配ないです。脳と肺と肝臓は痛みがないのです」と。そして危険な頭痛ことを説明して下さいました。
 
 次に取り出したのは食品成分表です。それを捲り食品の比較をしながら説明をして下さいました。

         食品成分表

 「脂肪は肉や魚だけでなく、他の物にもあるのですよ。魚好きな人はブリやサバとか秋刀魚などが好きなんですね。マグロもトロが好きでしょ。脂肪はカロリーが高いのです。ですからイワシのフライなんて更にカロリーが高くなると言うことですね。ドレッシングも高いですよ」

 先生の説明をお聞きし。そうだもっと食品成分表を利用しなければと思って成分表を探しまわりました。

 この病院のドアはとても重いのです。押すも引くも力が要ります。
 患者は高齢者が多いので、楽に動かせると良いな~と毎回思うのですね。

 待合室には家庭画報のような自宅では買わない本があります。私は必ず週刊新潮を手に取り眺めます。
 それは色々な方の一週間の食事が出ているのです。自己申告のような内容ですが中々面白いものです。
 昨日のは何だか忙しい方でしたね。出先でのあてがい弁当が多いのですね。
 
 待合室の造花が変わっておりました。良くバラなんですが、昨日のは秋らしいものです。

        天竜堂待合室

 夫が診察を受けている間に写しました。とても綺麗でセンスが良いと感じ何方が作るのかしらと思いました。 
 来月お聞きして見ようと思っています。
 
entry_header

参加して良かった

 かねがね運動不足を感じておりましたが、スポーツクラブに行くほどは頑張れそうもなく、日々頭をよぎるのは運動をしなければと言う気持ちです。
 今日は先だって親しい方から誘われた会に出掛けました。
 会場がこのマンションの二階のホールです。エレベーターで降りて行けば5分です。近いので心が動きました。
 その会は我孫子北地区社会福祉協議会が主催したものです。
 今日の13:30~15:30です。

 呼びかけの言葉は「貯筋体操とお茶会でコミュニケーション」です。コミュニティーサロン“きた”に集まりましょうと言うことですね。

               きた1

 私は初めての参加ですが、友人が傍にいますので、何となく気楽で過ごすことが出来ました。

 主催者の挨拶と簡単な会の趣旨の説明がありました。この体操の会を利用して、皆さんが色々な方との交流をして下さいとの希望を述べました。 体操の講師の方は背の高い女性です。

     きた2  きた3

 参加者は40名程に見えました。内男性は10人位でしょうか。講師の方がとても柔らかな言葉で指導をして下さいました。
 
 椅子に座ったまま動く体操が多く、老人向きです。激しい動きはせず、ゆっくりゆっくり体を動かします。
 講師の方が時々「私は優しいから」と仰りながらの説明はとても気分を和ませて下さいます。
 知らず知らず体の凝りが取れて行くような感じになって来ました。
 
 体操が終わり、お茶会になりました。テーブルは数人ずつ座れるように部屋全体に並べられました。
 参加の男性方が力を合わせて並べて下さいました。
 私は友人と並び、そこには女性が二人、男性が一人、そして講師の方と6人がテーブルを囲みました。
 特に自己紹介らしきものもなく、自然に打ち解けて話が弾みました。
 
              きた4

 このテーブルの方は皆さんパソコンを使っています。今やパソコンは必需品のような物ですね。
 共通の話題の一つになりました。私も良かったです。

 聞くところによりますと、この会は未だ日が浅いらしく、今回は5回目だとか。次回は10月12日です。
 特別なことがない限り次回も出席したいものです。
 帰宅後気が付いたのですが、キツイ右の肩こりが消えているのです。効果ありだと納得したことです。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog