2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

胃にも心にも優しく

 毎日が日曜日と言うのは真実でしょうか?その真髄は自由と言うことですね。
 健康管理はとても大切な関心事です。
 
 美味しくて・安くて安全な物を手に入れることは出来るだけのことをします。

 良い物を見つけ、手に入れています。長くお付き合いのある富山の瀬戸さんからの物もその一つです。
 その他ゆず味噌や静岡の産直のお茶。アメ横の星野さんからの乾物類など。
 お米も二箇所から取り寄せています。信頼が大切です。
 
 その一箇所が熊本のあかちんさんからの物です。あかちんさんには柑橘類もお願いします。

 今年は特に尾崎という種類のミカンをお願いしました。

       熊本尾崎ミカン

 皮が薄く小ぶりですが、ミカンの特徴を持ち、味が濃厚。旨味はかなり良いものです。
 あかちんさんはご自分で確かめ、納得ゆく物を送って下さいます。このミカンもそうでした。
 富山の瀬戸さんと同じです。

 出歩き美味しい物を食べることも楽しいですが、家で美味しい物を頂くと言うことは別の良さがあります。
 時間や交通費などを考えますと、決して贅沢なことではないと思っております。
entry_header

鶏もも燻製と昆布じめヤガラ

 富山の瀬戸さん 常に挑戦している方です。私は瀬戸さんから色々と学ばせて頂いております。
 ブログ開始も同じ頃 以来お付き合いさせて頂いております。

 極々最近 鶏もも燻製昆布じめヤガラのことをアップさせております。
 ヤガラは昨年12月25日にクリスマスプレゼントのように贈って下さいました。
 ヤガラの美味しさも、鶏ももの燻製も美味しいと思い送って頂きました。

            ヤガラと鶏

 ヤガラはねっとりと昆布じめ特有の食感です。綺麗な白身です。
 鶏は瀬戸さんの自信作の燻製です。

   ヤガラの昆布締  鶏腿燻製

 私が瀬戸さんから求めている理由は本物と言って差し支えない物だからです。
 多忙な商売の毎日でしょうに、食へのこだわりと改善改良の中から恥ずかしくない物を作り出しております。

続きを読む ▽

entry_header

歴史手帳

 アマゾンって便利ですね。
 最近は外出しませんので、何かと利用しております。
 欲しい物を探しますと大抵ありますね。
 先だっては整体の先生からのお薦めの田七人参もありました。健康第一と思い取り寄せ、毎日夫と二人で蜂蜜に混ぜて舐めています。

 この数年銀座に行く機会が無く、歴史手帳を買いに行けませんでした。数年に一回伊東屋で買っていましたのでね。
 クリスマス頃は伊東屋は楽しくてね。
 最近は近所の本屋や柏で探していましたが見かけませんので、仕方なく古い物を使っていました。
 若しかしたらとアマゾンで検索しましたところ、予約受け付けであるのです。
 よこれは良かったですね。直ぐに予約購入を申し込んで置きました。
 
 ところアマゾンでなくても本屋に注文すれば買えると分かりました。長女が気にしていて本屋で聞いて呉れたのです。電話があり要れば予約して置くけれどと言うのです。アマゾンに注文出してありましたから、大丈夫アマゾンで予約したからと返事をして置きました。
 
 
         予定通りに届きましたよ。

      歴史手帳  歴史手帳付録

 これを手にしますとね。何時も文筆業の方や研究者には必需品なんだろうな~と思うのです。
 私はこれを何時も見る訳ではないのです。偶にね。それでも字が余りに小さく、大きなルーペを使ってね。
 
entry_header

包丁を新調

 東京に出て来てから65年 ず~と食事は自分で作って来ました。その間何本包丁を使い料理を作って来たでしょうか。
 思い出しますと、菜切りが一番多く使い、次は鯵切りでしょう。今はいろいろと持ち使っています。
 日常の中では矢張り私は菜切り包丁が一番ですね。
 以前にも書きましたが、菜切りと一口に言いましても、自分に合った物でないと何だか気になります。
 昨年夫が買って呉れた菜切りは取っ手の太さも切れ味も気に入っておりました。
 
 それが私のうっかりが刃を曲げて仕舞うようなことになって仕舞いました。未だそう経っていませんし、切れ味も悪くはありませんので、何とか使っておりました。
 この季節になりますと、ママレードや胡瓜の佃煮等を作るには包丁は大事なんですね。そこで思いきって菜切りを新調しました。

     包丁  包丁ケース

 この包丁は国産です。研ぎも一緒に買いました。売り場はアマゾンです。自分で出掛けられませんから、生活用品や消耗品などは最近は専らアマゾンです。早いんですね。
 昨日も墨汁と浮粉が届きました。

 一昨日 これもうっかりですが右手親指の筋を痛めて仕舞いました。食材を切るのにこの菜切りを人差し指と中指で持ち、何とか作っております。
 昨日大腿部の治療で病院に行き、親指も診て頂きました。塗り薬と痛み止めを頂きましたが、痛み止めは飲まず、塗り薬で大分回復して来ました。キーボードは親指を使わなくても用が足ります。
 たった一本の指でも時にはとても困りますね。詳しくは書けませんが、いろいろと起きますよ。
 昔 仕事で大量の資料を書くのにボールペンを使いました。今のような多様な物はありません。職場のお仕着せのペンです。固かったせいか、右親指のけんしょう炎になりまして、2か月ほど指を固定して過ごしました。
 これは本当に困りましたね。
entry_header

太秋柿と熊本赤なす

 熊本と言いますと昔我が家に下宿していた若い男性は熊本出身でした。
 父の勤めていた華北電電に入社し、青島支局に配属された方です。実家が熊本で朝鮮飴と言うお菓子の製造をされていると言うことで、時々日本から送られて来ました。
 勿論我が家も頂きます。白い求肥のようなお菓子でした。
 また青島羊会の会員で今は亡き日野猷子さんが水前寺から会合の時にお持ち下さる陣太鼓というお菓子を思い出します。
 先日熊本のあかちんさんのブログで太秋柿という柿を紹介しておりました。そこで口にしたことない柿でしたので、直ぐに買いに行きました。
 私は毎週九州から野菜を取り寄せており、熊本赤なすが好きだとコメントをしました。
 丁度赤なすがありましたので、並べてカメラに収めました。

        熊本の茄子と柿

 コメントの内容に間違いございませんよ~と言うメッセージを込めた写真です。
 
 この大きな柿はあかちんさんので見る値段と余り変わりません。剥いて食べみますと思ったより軽い味です。柿にしては品が良いのですね。柿ってもっと濃い土着の香りのする味が特徴のように思っていましたので、以外でした。

 赤なすは一本を三回で食べます。いろいろな食べ方もあるでしょうが、我が家では輪切りにして少しの油で両面を焼き、柚子味噌で食べるか、卵とじで食べるかが定番です。
 毎週必ずこの赤なすを注文します。業者は福岡ですが熊本産の野菜も入っています。小国のホウレン草も時々一緒に送られて来ます。友人の一人が小国の出身ですので、スーパ―でお会いすると小国から野菜が来たわよ~と報告します。
 またブロトモのBOO子さんも熊本ご出身だそうで、熊のキャラが最後に出て来ます。
 このところ熊本がとても身近に感じます。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog