2017-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

カワハギ・鯖の子

 昨日は長女とアリオ柏に買い物に行きました。贈答用の食品と自家用の食品ですね。
 魚売り場に活きの良いカワハギと滅多に見られない鯖の真子が一皿でておりました。
 カワハギは一尾付けにはチョッと大きいと思ったのですが安いのですね。
 鯖の真子は私は好きですが、長女が口にしたことがないので、食べさせてやりたいと思い買いました。

        カワハギ

 このカワハギは一尾税込みで314円です。皮は剥いで貰いました。肝が大きく得した気分になりました。

        鯖っ子

 鯖の真子は下ろしてある鯖一尾より高く税込みで419円です。

 カワハギと真子を一緒に煮ましたので、カワハギの上に真子の粒が見えます。

 カワハギも真子も美味しかったですよ。

entry_header

変わった物を頂いた

 昨日は私の都合で中国語のレッスンを休みにして頂いたのですが、老師は心配して下さってお昼に二哥(二番目のお兄様)の作られた中國の物を届けに来て下さいました。

      揚げ肉1  揚げ肉2

 小麦粉を使った物ではなく、油揚げを使った物です。中にはひき肉を良く練ったものが詰まっています。
 味は塩味です。食べる時にお酢を少し付けて食べました。癖がなく食べ易く美味しかったですよ。
 初めての物です。ネットで揚げのレシピを見ましたら、揚げを使って詰め物をする物が色々ありましたが、これは目に入らなかったですね。
 簡単に作れそうです。今度のレッスンの時にお聞きしようと思っております。

entry_header

海タナゴ

  海ブドウを買った時、目に入った魚のパック 何年振りかで目にした海タナゴ
  安いのでびっくりしました。これは買わずにはいられません。

      海タナゴ

 四尾で税抜きとは言え580円ですよ。一尾145円です。こんな大きなのは初めてです。
 海タナゴは煮魚が好きですから昨日は煮ました。小さいとから揚げも美味しいですよ。

      海タナゴ2

 平鍋に牛蒡を敷いて、その上にタナゴを載せ、お酒をたっぷり注ぎ先ず火をつけて煮立てます。
 お酒が煮立ち、魚が白くなって来ましたら砂糖と醤油を入れて、強火のまま煮て行きます。
 蓋は開けたまま、火傷に注意し煮汁を大きなスプーンで魚全体に掛けながら煮詰めて行きました。
 
 ま~うまい具合に魚好きの長女が来ました。早速食べて見ました。「う~ん美味しい」と嬉しそうにしました。
 大きいので三人で一尾しか食べられませんでした。残りは冷蔵庫にしまってありますので明日の夕食で食べましょう。

 今日は残りの二尾を叩きさんが焼きにしました。先だっての鯵が美味しかったので、再度作りました。
 
      海タナゴ3

 また丁度長女が焼く前に来ました。
 「先に写真を撮って置けば」と言われて写しました。
 良かったですよ。焼いたら焦げがしっかりと写っていますので、此処には載せられません。パスです。
 三人でお喋りしながら食べました。鯵より身がチョッと軟らかかったですが美味しかったです。
 
 海タナゴは卵胎生で知られています。見たことはないですがね。
 お腹から出て来る時に小さな形になって出て来るのだそうです。

entry_header

海ブドウと自家製ジュース

 昨日は長女とアリオ柏に買い物に出掛けました。
 タカマル鮮魚店で海ブドウが出ていました。久しぶりでしたので買って来ました。
 冷蔵庫に仕舞っては駄目なんですよ。

      昨日と今日の夕食とで二回に分けて食べました。

    海ブドウ1   海ブドウと長芋

 海ブドウは生で食べるのですが、味はポン酢を付けて食べました。右は長芋を一緒に盛り付けてあります。

 先日送って来た甘夏 一部はママレードを作り、少しは果汁にしました。
 それを炭酸水で割って飲みますと、苦みが少しありますが、自然の味で嫌味はありません。美味しいですよ。

              甘夏ジュース

 先ほど上の孫が来ていました。写真を見られると下手~と言われそうです。
 恥ずかしいので、帰りましたので安心して載せて書いております。

 海ブドウもこのジュースも夫は拒否するのではと思っていましたら、意外にも気に入って呉れました。良かったです。

entry_header

海苔佃煮を作る

 焼き海苔を頂くことが多く、そうなると普通の板海苔はついつい置いてけぼりになって仕舞います。
 毎日焼き海苔を一人一枚ほど食べます。
 板海苔が二帖 賞味期限は全く分かりませんが冷蔵庫の中にあり、捨てようかどうかと迷いました。
 焼くのもこれまた面倒なんですね。焼き海苔が主流でなかった時には食べる前に焼いたものです。
 迷った末 佃煮にしました。佃煮は買ったことはありません。
 調味料は醤油・味醂・出汁です。 海苔は手でちぎり合わせ調味料に入れて煮て行きます。
 焦がさないように丁寧にかき混ぜながら仕上げました。

       海苔佃煮

 容器の大きさですが、一辺が6cmほどです。
 容器一個で板海苔1帖(10枚)です。

 新海苔の時期には山本の美味しい初摘み海苔佃煮を頂きますが、それと比べますと味は落ちます。
 それでも自家製を食べると言うことは何となく気分は良いものですね。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog