2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

岡山ばらすし

 ご近所の友人 私が感ずるに生まれてからず~と良いものを口にし、過ごして来た方だと思っております。
 時々美味しい物や良い物を教えて下さり、時には珍しい物を届けて下さいます。
 岡山のばらすしですが、今年は少し前にも頂きましたのに、昨日もまたお持ちになって下さいました。
 「ばらすしを作っているのですが、食べて頂けますか」と電話がありました。「勿論頂きま~す」と嬉しく返事をしました。
 「じゃ夕方お届けしますわ」と言うことでもう夕食の準備は何もせずお待ちしておりました。何だか良い気分です。

         岡山の鮨

 玄関にお見えになった時、直ぐに蓋を開けて見せて頂きました。具は数えきれないほど載せてあります。
 「嬉しいわ。とても豪華で美味しそう」と遠慮どころか喜んで頂きました。

 以前頂いた時、長女がお米が良いねと言いましたのでお伝えしましたら、分かって下さり嬉しいわと仰っていました。
 
 このパックは手に持ちましたら、どっしりと重いのです。二人では食べ切れませんので昨日も長女と半分ずつにしました。

 具はそれぞれ個別に味が付けられております。丁寧なもので、時間も掛かったことだろうと思っております。
 岡山ばらすしに必ず使われるサワラは岡山から届いた物だそうです。 酢〆になっていますが、酢はほんのりと感じる程度の品の良いものです。
 エビも口の中で当たらず、そのまま自然に噛むことが出来ます。
 色々な具を楽しみ山椒の香りと一緒に美味しく頂きました。

 岡山のばらすしは生の物を使わないのが特徴だそうです。
 ちらしすしは家庭では煮た物も載せますが、鮨屋では生ものが載せてありますね。この違いは余り知られていません。
 私は前に岡山の祭り寿司のことを調べたことがあり、その時にばらすしとちらしすしの違いを知ったのです。
 それまでは区別していませんでした。上に何か載せてあればちらしと言っておりましたね。

entry_header

焼きそば

 一昨日の昼はファミレス。昨日はパンと牛乳。 
 昼は簡単ですが、意外に簡単ではないのですよ。それは同じものを続けたくないと言う気持ちなんですね。
 ま~そんな毎日ですから、今日は焼きそばにしました。

          焼きそば紫蘇入り

 信州のEGUTIさんから頂いた魚肉ソーセージがありましたので、それを使って作りました。
 油は鶏油を使います。具はソーセージ、キャベツ、新玉ねぎ、人参、木耳です。
 蒸そばをほぐすための水分は出汁を使いました。
 出来上りに青シソの細切りを載せました。さっぱりとした焼きそばになりました。

entry_header

そら豆

 実家のある町は昔からそら豆の産地で、多くの家で作っています。
 築地に近いと言うことで昔から「房州物」と呼ばれ高く買われていたと聞いております。
 ですが今は輸送手段も格段に進歩しており、品質の面ではそう大きな違いはないでしょうね。
 下のスーパーでは熊本産の物が並んでいますが、鮮度は違うでしょう。
 毎年時期になると何回も箱が届きます。今年は5回届きました。
 以前は茹でて冷凍にもしましたが、結局食べず仕舞いになるので、娘たちや知人に食べて頂いております。
 食べ方も段々面倒になって来て、この頃は掻き揚げなどもしなくなり、茹でが殆どですね。
 先だってポタージュを作りましたが、カメラのトラブルで画像が消えて仕舞い、残念に思っておりました。
 でその後届いた物を使い、再度作って見ました。

      そら豆ポタージュ  そら豆茹で

 美味しく出来たのですが、ブレンダーがたりなかったのか滑らかさがどうも気に入りません。
 再々挑戦したいと思っているのですよ。
 そろそろ我孫子の地物が出て来るでしょうから、ワクワク広場で買って来ましょう。
 茹でたのは夕食に毎日のように食べています。昨日で全部食べ終わりました。

        友人からの物の外に届いた箱 このような物です。

      そら豆新  そら豆・スナップエンドウ

 右は妹からの物で2回目です。作るのは義弟が中心ですが、最近は妹も大分協力しているようです。
 サヤエンドウやスナップエンドウを入れて呉れるのでとても有難いです。
 サヤエンドウやスナップエンドウは箱から出したら、直ぐに筋を取り洗ったらポリ袋などに入れて冷蔵庫に仕舞います。
 一週間位は新鮮なままになっています。無駄なく頂いています。

entry_header

沖縄豚ソーセージ

 中國青島で食べたソーセージの味 未だに出会っておりません。数回訪問した青島のホテルでも出て来ませんでした。
 もうこれは望んでも無理なことだと思っております。どう言うソーセージかと言いますと、ナツメグの効いた物なんです。
 高級店のや有名な方の物を買えばあるのかも知れません。
 
 時々昼食のパンを食べる時にはソーセージやハムを食べます。菓子パンよりトーストですね。
 
 先日見つけた沖縄豚のソーセージですが、普通の薄切りでなく、厚さが1cmほどあります。
 ペラペラに切った味の分からないような物ではなく、実にはっきりとしています。
            それを使い炒め物を作りました。

    沖縄豚とジャガ  沖縄ソーセージとスナップエンドウ

塩分が強いので、塩を控えめにした方が良いです。美味しく食べました。

 沖縄豚のブランドでアグー豚と言うのを見ますが、他にはどう言う豚があるのかしらと調べていましたら、全く知らなかったことに出会いました。
 とても良いブログですので、此処に印して置きます。
 そこから知らない沖縄のことに触れることが出来ました。旅行に行く前にこれを読んでいたら、もっと有意義な旅を送って来たろうにと思っております。
 興味と関心がございましたら、是非赤字から入ってご覧になって下さい。

entry_header

中華風おこわ

 上の孫からのリクエストで久しぶりに相子風中華おこわを炊きました。
 炊くと言いましても、おこわですから蒸すのですよ。

        作り方は毎回同じです。レシピはここで→

      おこわ1  おこわ2

 今回の具は干し貝柱・焼き豚・干し椎茸・筍・木耳・松の実 そしてクコの実
 
 今日はガラスープのないのに気が付きました。そこで急きょ鶏手羽端と昆布でスープをとり使いました。

               手羽端

 これは国産若どり手羽端で265g 税無しで74円ですよ。利尻昆布の切ったのと一緒に良く煮ました。
 灰汁を良く取り、出来たスープの半分をおこわに使いました。簡単ですが昆布を一緒にするのでコクも出ますよ。
 市販のガラスープの素も便利でしょうが、私はこれが好きです。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog