2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

友人とのひと時

 昨日は女学校の同級生と霞ヶ関ビル35階の東海大学校友会館でのランチバイキングで食事をとりました。
 都心の昼は気温は37度を示していたようです。
 日向を歩くのは無理だと考え、新お茶の水駅で下車し、地上に出ましたら、何か不安を感じます。
 余りの熱気に眩暈がしそうです。
 タクシーを使い霞ヶ関ビルまで行きました。既に皆さんはお見えになってお喋りをしておりました。
 早速会場に入りました。部屋はビルの北西の角になり、久しぶりに皇居をまじかに見ることが出来ました。

             バイキング皇居

 予定では8人集まる筈でした。それが6人となりました。一人はご身内のことで、田舎に。
 もう一人は医師から駄目と言われて参加を諦めました。
 高齢になりますと、決めていたことでも時にはスームズに行かなくなることが良く起きます。

 ランチバイキングは1600円です。入り口で各自払い部屋に行きます。
 バイキングと言いましても食べることより、会うことが一番ですから、二皿位で皆さんお終いです。

    バイキング1  バイキング2

    バイキング3  バイキング4

    バイキング5  バイキング6

 ランチタイムが終わるとレストランの方に席を移し、そこで暫くお喋り。右下の写真の桃のシャーベットを頂きました。
 話しは女学校時代の事が多く出ました。今回は特に終戦まじかの事が話題なりました。
 皆苦労をしましたね。話は尽きませんが次回を約束し解散をしました。

 霞ヶ関周辺はソ連参戦の日だと言うことで、街宣車が次々現れて来ました。
 警備の警官が大勢出て外務省や議事堂方向に近づけないように、誘導しておりました。

 月曜日からパソコンの不調で、ブログのアップが出来ませんでした。
 
 助っ人さんに応援をお願いし、今日の20時に回復しました。良かったです。

entry_header

台湾からの便り その2

 林さんの実家は嘉義だとは前々からお聞きしておりました。
 奥様も嘉義の方です。
 そう言った面では新しい家は生活に馴染んだ場所でしょう。
 嘉義は台北から250㌔
 嘉義県の人口は52万人、嘉義市の人口は27万人 県と市と合わせて79万人だそうです。

       林さんの住所は嘉義県民雄郷豊収村と言う所 
       村が最小行政単位だそうです。

                林さん

 地図を見ますと、台南に近いですね。隔週とは言え往復500㌔走るって言うのは若いからでしょう。
 仕事でも毎日可成りの距離を走っているそうですから、苦にはならないのかも知れません。
 常に健康管理に気を付けており、毎朝のジョギングは欠かさないようです。
 
 今日は早々と台北を発ち大阪に見えています。精神力も強いのだと思います。

 嘉義県は農業が主要産業で、民雄郷周辺も稲作は勿論、パインナップルの有名な産地だそうです。

    林さん13  林さん19

 嘉義の街の様子も送って下さいました。順不同ですが並べて見ましょう。

    林さん16  林さん17

    林さん15  林さん18

 台湾の村にある住民が共同でお祭りをする場所や、また祭りの風景も送って下しました。

    林さん20  林さん21

 私達が初めて台湾旅行に行ったのは随分前になりますが、一日目のホテルと、最後のホテルは台北の来来シエラトンでした。
 林さんは一日目に早速会いに来て下さり、最後の夜は奥様と二人でお越しくださいました。
 懐かしく思い出しております。

 林さんは金曜日に台北にお帰りになるそうです。今回は大阪ですが時には日帰りで日本に来るときもあるのです。
 健康でなければ出来ませんね。

       「KANO~海の向こうの甲子園」をご覧ください。

       「八田與一」此方もどうぞご覧ください。

entry_header

台湾からの便り その1

 台湾の台北市に住む林偉烈さんからLINEで沢山写真が送られて来ました。
 林さんは明治大学を卒業 大学院に進んだころ実験助手をしておりました。
 私との交流はその頃からで、既に30年余りにもなっております。
 信義誠実を体現しているように感じるその人柄に私はとても信頼しております。
 日本には毎月のように出張して来ますが、東京にお見えになると、時には時間をやりくりし私に会いに来て下さいます。
 何時ぞやは奥様も一緒に柏まで来て下さいました。
 私は彼の仕事は多忙なんだろうと感じております。
 忙しい彼の台北の住まいは桃園空港に近い閑静な住宅街にあります。出張には便利なようです。
 
 何かと計画的で、実行力のある林さん なんと1年がかりでご実家に近い嘉義県に家を建てたと言う知らせを頂いたのです。
 台湾各地は35度前後の暑い日が続いているそうです。農村地帯のようで家も家の周りも広々としております。

     林さん1  林さん2

 部屋も広く、落ち着いた設えで感じよく、既に2週毎に台北から行かれているそうです。

     林さん8  林さん11

 家の周りは農村らしく畑も見られます。周囲に高い建物もなく、昇る旭日も良く見えるそうです。

     林さん3  林さん7

     林さん5  林さん6

 彼の家族は公務員の奥様とご子息2人 4人家族ですが、家族は皆さん優秀で、それぞれそれなりの立派に過ごしております。
 台北に行きますと必ず家族で食事に招待して下さいました。良い家庭ですね。

 嘉義の家に遊びに来て下さいと嬉しいお言葉を掛けて下さっていますが、とても無理ですね。
 こうして写真を見せて頂き、彼の生活の一部に触れることが出来て嬉しく思っております。

entry_header

歳は違っても

 昨日の昼は楽しく、何時の間にか時間は過ぎて行きました。

 私は86歳 次は75歳 そして下は65歳です。

 65歳の彼女が主婦の友文化センターにチャイナドレスを習いに来た時、結婚を控えていたのです。
 
 それで彼女はウエディングドレスを自分で縫って着たいと先生に申し出ました。
 先生は快く制作に協力なさり、未だ裏付きのを習っていなかった彼女は裏地と表地を合わせて一枚の布にして縫ったのです。
 翌年生まれたお嬢さんは40歳 付き合いも長いですね。

 昨日は近況報告も勿論ありましたが、前日の私の打撲のことから老いて行く話に随分時間を使ったことでした。
 
 福島から出て来た方が持って来た下さった川柳。地元の会合で頂いたのだそうです。
 これは眺めただけでも心が和みます。川柳には3人3様に受け止めたことです。歳なりですね。

         川柳1

 一句一句に笑いましたね。、笑うことが健康に良いと言いながらです。
 わが身にピタリの句もあります。

         川柳2

 私たちの先生は教え初めてから暫く経った時、病に倒れ志半ばでお亡くなりになられて仕舞いました。
 昨日は教室で一緒だった方のことも色々と懐かしく思い出したことでした。

 話しは変わりますが、マンションのスーパーの傍に土曜日七夕の笹飾りが立てられました。

          笹飾り

 このマンションの窓枠は頑丈な物に数年前取り変えられたのです。
 一昨日ベランダから部屋に戻ろうとした私
 突然足の先に激痛が走り、~んとなり、痛くて堪りません。
 暫くは声もう~んだけで、痛いも出ません。やっと部屋に入り、どうしたかと心配した夫に「ぶつけたのよ」と言うのが精いっぱいでした。
 夕食後ソックスを脱ぎ眺めましたら、見事な内出血で腫れています。明日は大丈夫かしらと思っていたのですが、何とか出掛けることが出来ました。
 お喋りに夢中な時 全く痛みも忘れていました。今日は腫れも引き楽になりました。良かったです。

 画像の上でクリックしますと大きくなります。川柳楽しんで下さい。

entry_header

お喋りで元気に

 久しぶりのお喋り。とに角喋ると言うことは心のリフレッシュと言う程の大げさなことではありませんが、良いものですね。
 歩けるうちは出来るだけ会いたいと思っています。
 柏の鮨屋で昼食。お鮨は良いですね。

       玉寿司

 帰宅後急用が出来て、先ほど夕食を済ませました。

 明日はちゃんとアップします。お休みなさい。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog