2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

柏でマンクラ演奏会

 明治大学校友会柏地域支部と我孫子地域支部主催のマンドリン演奏会が11月11日に開催されます。
 流山地域支部も協力しております。

     マンクラパンフ  マンクラパンフ2

 今回は9回目になります。毎回多くの方にご来場頂き、我孫子地域支部の一員として感謝を致しております。
 今回も是非お越し下さり一所懸命に演奏する学生への応援をお願い申し上げます。

 チケットの販売所はお手数をお掛けしますが、画像を大きくしてご覧になって下さいませ。

 明治大学マンドリン倶楽部の演奏する「丘を越えて」を載せて置きます。
 赤字をクリックされますとお聞きになれます。

entry_header

鈴木石花さんからの便り

 桐生に住む鈴木石花さんから久しぶりの手紙を頂きました。
 お元気で毎日変わらずお過ごしの様子を伝えて下さいました。偶に私のブログも見て下さっているとのことです。
 ご主人様共々85歳になられ、桐生のマンションに住まわれております。
 同じ桐生のご自宅の石花庵には毎週行かれて空気を入れ変え、水撒き等されているとのことです。
 また月一回は俳句の会に都内までお出かけになっているそうです。ご立派です。
 前から参加されている芦野宏さん亡きあとも渋川シャンソン館にも毎月通っているそうです。
 今は俳句とシャンソンだけに絞った生活をなさっているとのことでした。
 手紙に添えられた写真は昨年のクリスマスで「ロマンス」を歌った時の物です。
 一緒に並んでいる方は芦野宏さんの専属伴奏をなさってた方です。

          石花さん写真

 輝いています。精神力強い方です。久し振りに石花さんから送って頂いた写真を探しました。
 10年前の写真ですが、気力の漲っている姿です。

            民子さん07年473
 
 シャンソンの発表会に着て頂いた写真も懐かしく眺めて見ました。その写真は石花さんのホームページ「潮音社」の潮騒からご覧頂けます。それは石花さんのことをアップした私のブログに飛びます。是非ご覧になって下さい。
 俳句の崇禅寺投句箱の夏には青島羊会の菅野和子さんの句も取り上げられています。

entry_header

4時間時を楽しむ

 久し振りに明治大学学生相談室でご一緒した方とお会いして来ました。
 先ず何時もの通り霞ヶ関ビル35階から国会議事堂と総理官邸にご挨拶。

             10月3日国会

     今日の東京は曇りから晴、のち薄曇りでした。

 午後1時から食事をとりながら皆さんとお喋り。中島公子先生・木谷光宏先生・辻祥子先生・島田栄子さんそれと私。

 話題は多岐にわたり、感心したり、驚いたり、色々な問題に興味が尽きませんでした。

    お料理は何時もの通りレディースランチ。

     10月3日スープとサラダ  10月3日メイン

    レストランケヤキから見た東 行く度にビルが増えています。

             10月3日東

      そしてデザートとティータイムで食べたマロンアイス。

     19月3日デザート  10月3日マロンアイス

 気が付けば5時 ビックリして解散しました。次回は来年春です。

 今日はレディースランチのメニューを書いて頂いたので、メモして置きます。

 牛蒡のスープ カモロースト(ハンガリー) 目鯛のポアレ レアチーズケーキです。
 サラダ・パン・コーヒーも付いていますよ。

entry_header

私的明大昔話 32

 去る日 NHK歴史秘話ヒストリアと言う番組を見ていましたら宝永の火山についてのことでした。
 そこで気が付いたのですが、私が生田校舎の相談室にいた時のことです。
 学生相談室ではその存在を知って欲しいと、学生に情報提供もしますし、パンフレットを作って学内の所どころに置いたり、個人では扉が叩きにくい面もあるのではと、茶話会を時々開催したりと、工夫と試行錯誤を重ねておりました。
 相談員の佐藤純先生は工学部で地質学のような授業をなさっていたでしょうか。地震のことや火山のこと等良くお聞きしたものです。 
 サバイバルナイフを何時も持ち歩いておりました。どこかに噴火があると直ぐにお出かけになられていました。
 その佐藤先生の提案で相談室行事の一つ バスハイクですが、行き先は宝永の火口までに決まりました。
 学生には「宝永火山活動跡見学」とポスターを掲示。
 実施は1989年10月2日 バス一台に教職員を含めて34名 
 生田校舎から御殿場に向かい、登山となりました。
 行きは良い良いと歌の文句のような感じで火口まで辿り着きました。
 そこで各自昼食となりました。
 ふと目をやりますと、学生達は火口の縁に腰かけて食べています。
 私は高所恐怖症ではありませんが、とても怖くてそのような所に座って食べるなんて出来ません。
 火口を覗いただけでも身が竦み、火口から出来るだけ離れ食事をしました。
 食事後当然ですが下山となりました。今度は御殿場方向に目をやりますと、目の下から先は急こう配の瓦礫のような感じに見えます。
 足をどう踏み出すか心臓がどきどきします。学生はさっさと下って行きます。私はやっとバスに辿り着きました。
 この時のことを思い出しますと、これは相談室の記録と言うよりは私の記録になって仕舞います。
 
 山から下り帰路に付きました。バスは途中で遥か昔、姶良山噴火の時に飛んで来たと言う、地層を見学のために停車。
 佐藤先生から解説をお聞きしました。
 行事の企画や、準備など忙しい面もありますが、私は何時も学生と一緒に勉強させて頂いたものです。

     main1195.jpg

entry_header

霞ヶ関ビルまで行って来ました

 明治大学の学生相談室で一緒に協力し、過ごした方々と半年ぶりにお会いして来ました。
 霞ヶ関ビル35階の東海大学校友会館に行きますと先ず議事堂と総理官邸にご挨拶をします。
 
 確り国政をやって下さいね。上から失礼をば致しますってね。
 
 これは私の決まり事なんですよ。何十年も上から挨拶をしています。私の勝手ですよ。

    5月30日議事堂  5月30日総理官邸

 私は一番早く退職し、既に27年目に入っています。皆さんとお会いしますと、話題の中に心の問題や教育問題や様々な社会制度の在り方などが出て来ます。
 刺激を受け勉強になります。
 明治の昔話しも出ます。私の話には皆さんが驚いたり、感動したり、懐かしがったりもします。
 
 昨日はランチを一緒に頂きました。レディースランチです。お肉と魚がワンプレートで出てきます。
 それとスープ・サラダ・パン・デザート・コーヒーとで、1750円ですよ。レストランけやきは何方でも利用できます。

             レディースランチ

 とても珍しいものが載っています。左のローストの上の細いグリーンのアスパラソバージュです。私は初めてです。
 右の下にはマコモを焼いた細いのですが一本 載っています。
 
  食後も暫く近況報告や家族のことなどで感心したり、健康のことでは励ましあったり、少し高齢者らしい話になって来ました。
  現役の先生も後3年後は定年になりますからね。
  
  私と一緒に残ってお喋りをした方と二人はサクランボのシャーベットをお願いしました。

             サクランボシャーベット

 これも初めてです。けやきのシャーベットは季節の果物で美味しいのですよ。
 二人の座った外に虎ノ門ヒルズと東京タワーが見えます。時々羽田に向かう飛行機が下りて行きます。

             5月30日タワー

 東京タワーも綺麗になっていますね。良く見ますと東京湾も見えますよ。

 昨日の私 地図やスマホの充電器など一式入れたづた袋とバックを襷掛けにして杖を持ち出掛けました。
 天気情報では熱中症に気を付けてと出ていましたので、帽子を被り注意をしながら行きました。
 出来るだけ外を歩かないようにしました。

 帰宅ですが、地下鉄銀座線の虎ノ門駅に降りて行きましたら、駅員さんが大勢でお客さんを守るように動いております。
 最近の事件のせいでしょうかね。上野に着き電車から降りましたら、またホームに駅員さんが以前より大勢おり、改札へと誘導しているのですね。
 地下鉄上野駅のホームの浅草寄り一番前の方に2,3人乗りのエレベータがあります。
 駅員さんはそちらには誘導しません。勝手知ったる私 一人そちらに行き、改札口まで辿り着きました。
 それからは全てエスカレーターを使い、常磐線で我孫子まで戻って来ました。

 久しぶりですと、自ずとキョロキョロします。地下鉄の車内のドアの上の広告ですが、若者向けのものばかりです。
 旅行・食事・エクササイズ・ファッション・美容等々。私にはどれも用がありません。

 それが常磐線に乗りましたら広告の地味なこと。その違いに気が付き何だか凄い発見をした気分です。

 銀座線の中の若い方の服装も違いますね。目の前に立った若い男性のワイシャツですが、ボタン穴のかがり黒糸なんです。
 そしてボタン付けの糸も黒なんです。生地も良い生地です。これは最新のものかしらと見たのですね。
 ところが常磐線に乗り座った私の前に立った中年の男性(おじさん)生地はチョッと若い方と比べ安そうなんですが、ボタン穴のかがりも付け方も全く同じなんです。流行かも知れませんね。
 私は都内に出掛ける時「東京に行って来ます」と言います。30㌔近く離れていると違うのですね。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog