2018-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

私的明大昔話  34

 大学から季刊明治が送られて来ました。年間4回送られて来ます。
 中を読むたびに大学の変貌と社会の動きを知ることが出来ます。新聞などと違う情報ですね。
 今回の特集は「進む学生支援の取り組み」です。

        学生支援1

 此処で言う学生支援とは学生の課外活動・経済支援・福利・厚生・健康管理を中心に紹介。
 具体的にはそれぞれの詳しい内容が掲載されております。

 78・79ページには目で見る明治大学の歩み #71として学生支援の歴史が紹介されていました。
 グラビヤ部分を掲載致します。

         学生支援2

 右下は1959年・昭和34年の和泉校舎の学生相談室です。これは全体が雪に覆われておりますが、校舎から離れた場所に建って おりました。「その21」で書きましたように、私はこの建物の左平屋部分で仕事を始めました。
 当時の関係者の熱意で発足した相談室でしたが、常駐は私一人。午後に相談員を引き受けられた先生がお見えになります。
 未だカウンセリングと言う言葉も知られていなく、学生相談室の船出は厳しいものでした。
 開設後の数年は学生部委員が兼務。それに心理学専門の教員が加わり、如何にこれを学生に利用して貰い、学業への援助になるのかと、顔が合えば話し合いの時間が続きました。教員はボランティアですね。
 様々な問題にぶつかりましたが、関係者の熱意の後押しを頂き、頑張った時間が思い出されます。

 左下の旧山中寮ですが、これはまた記憶にのこる建物です。
 駿河台校舎の北西にあった三輪邸と呼ばれた立派な建物でした。この建物は玄関から入って行きますと左は2階部分になる部屋です。右は管理人の住む部屋になっておりますが、お茶などは管理人さんが用意して下さいました。
 一階には外から入って行きますと、洋室のホールがあり、教職員の懇親会なども開催されたものです。クリスマスパーティーやダンスパーティーが開かれたこともありました。
 ある時 二部学生の学寮の入寮式に使ったことがありました。

 二階部分の和室は大広間ですね。この広間では大学役員や学生部関係者と、二部学生自治会執行部との話し合いに使われたことが強く印象に残っております。
話し合いは深夜に及び、私は帰宅できず、此処で泊めて頂き、管理人の方にお世話になりました。

entry_header

嬉しい話

 台北に住む林偉烈さんとの交流は長く、32年ほど経っていると思います。
 林さんが明大の農学部の院生で、また実験助手だった時に知り合いました。
 院生を終えて日本企業で仕事をしており台北駐在員となっておりました。
 バブルが弾けて会社が倒産。以来台湾企業で働いております。
 日本への出張も多く、日本にお見えになると、連絡を頂きお会いしておりました。
 我孫子にも何回も来て下さっております。

 17日の日にLINEで連絡を頂きました。12日から16日まで東京に行っておりましたと何枚も写真を送って下さいました。
 それが何とご長男の永正さんと一緒に見えたのです。しかも明大で開催された「明治大学・国立台湾大学 第4回研究交流会」に永正さんが、この会合で研究者の一人として出席なさったのです。

               日台研究会

 研究交流会のプログラムを見ましたら、第一セッションで発表されているのです。

 明大で写した写真も送られて来ました。交流会会場の写真やアカデミーコモンの写真です。
 また会場のある場所の案内ですね。これは私は知りませんでした。

           明治6  明治1

   明治9  明治2

 明大ブランドの飲み物の写真も送って下さいました。これも初めて目にしました。

           明治4  明治12

 交流会終了後はお二人は都内見学をされてお帰りになったそうです。

 私が台北に行きますと、林さん一家で必ず食事に呼んで下さいます。2008年には圓山大飯店でした。

    林さん1  林さん2

 左の写真の黄色のシャツを着ているのは、ご二男の永平さん。横に奥様です。
 右の写真の黒いシャツが今回発表なさった永正さんです。横は林さんです。

 ご長男は台湾大学法学部卒で研究者となっております。ご二男は同じく台湾大学の理学部です。
 奥様も台湾大学法学部卒で、公務員です。

 数年前 林さんと奥さまは柏にまで来て下さっております。良い方との交流は大切にて行きたいです。
 今回の研究交流会に永正さんが、発表者の一人になれたこと。林さんも勿論喜ばれていると思いますが、私も身内の一人のように嬉しく思っております。

entry_header

何時ものお喋り

 生田先生とのお喋りは何十回もしておりますが、毎回新しい話題で楽しんで来ます。
 今日もそうでした。
 律儀な先生は迎えに来て下さり、また送って来て下さいました。ドアも必ず開けて下さいます。
 
 歩いて行けば行ける所ですが、大変でしょうと仰って送迎付きです。
 学生として初めて私の前にお見えになって53年。真面目さは変わりません。先日放送された倉田さん同様良い方です。
 明大での講師時代のゼミ生の集まりを毎年開催されているそうですが、懇親会の前に必ずレクチャーをなさるそうです。
 その原稿作りにはとてもエネルギーを注いでいるようです。その席ではその講義のプリントを参加者が少しづつ読むのだそうです。読むと理解が高まると言うことで、それを実行なさっているそうです。卒業生も真面目ですね。
 毎年のように大学にゼミOBとして寄付をされているのです。

 今日の話題で面白かったことの一つはアメリカにおける女性の離婚の話で、実態は知りませんでした。
 離婚を重ねると資産と言いますか、経済的に豊かになると言うことで、その歴史的背景は米国の成り立ちに関係すると言うのですね。アメリカのウーマンリブの話は意外な感じでお聞きしました。
 
 現在の世界の動きの一つ 中國の一帯一路を交通論の立場で解説して下さいました。
 交通論は経済を勉強するには絶対必要なことで、そのことを抜きで論じる学者もいると仰っていました。
 交通論のことからアメリカの南北戦争で、何故北軍が勝てたかと言う話も出て成程と理解出来ましたね。
 
 今の経済事情ですが、日本は非常に豊かになっては来ているそうですが、未だ未だ問題は多いと言うのですね。
 政党のこともでましたよ。小泉政権時代の話から始まりますから、そうでしたねとお聞きしました。

 私は相変わらず。身辺のことを報告のようなことですね。質問専門ですよ。

 今日は良いお天気でした。中央公園も冬枯れそのものですが、すっきりとしています。

         1月21日中央公園

 スマホで写した先だっての倉田さんの画像をお見せしました。懐かしく昔の方々のことも話しました。
 祖父江孝男先生のことや、山田雄一先生のこと等、懐かしかったですね。

entry_header

テレビでお会いするとは

 昨夜 NHKBSプレミアム「美の壺スペシャル」を見ていました。
 明治150年 文明開化がテーマの中心で日本の伝統工芸や様々な見事な物が紹介されていました。
 日本家屋にガラス窓が使われた和洋風の家の紹介に合わせて、ガラス工芸の紹介が始まりました。
 私は咄嗟にこれは倉田さんの工場だわと思って見ておりました。
 そしましたら倉田さんがガラスの説明をなさるので大きく写ったのです。

            倉田さん

 倉田善弘さんは1966年に明治大学経営学部を卒業 以来「上越クリスタル硝子」の家業に励んで来ました。
 学生時代 学生相談研究会(カウンセリング研究会)の幹事長として私の勤務する学生相談室の行事に協力して頂きました。
 真面目だと言うことは勿論ですが、人柄も良く、私はとても信頼しておりました。
 時々お会いする生田保夫先生は倉田さんの1年後輩の部員です。

 2009年5月20日 明大校友会我孫子地域支部で谷川岳に行く途中、倉田さんの会社を訪問しました。
 倉田さんは沼田地域支部の方々に声を掛けて下さり、支部同士で昼食を摂りながら歓談をしました。
 その時に見学した工場の様子や吹きガラスの行程も思い出しております。

    倉田さん2  倉田さん3

 倉田さんとは随分お会いしておりませんが、何回か会社を訪問し、お目に掛かっております。
 上の孫が小学生の時 夏の宿題にガラスを取り上げることになり、連れて行き孫は吹きガラスに挑戦しました。

             倉田さん4

 吹きガラスは丁寧に息を静かに吹きます。工場の方が優しく手を取り教えて下さいます。
 その後孫の友達家族と一緒に行きました。その時は地ビールも美味しく頂いて来ました。
 またオパールネットワークの「佐橋慶女さん」をご案内したこともあります。佐橋さんも吹きガラスに挑戦しました。

 随分昔 二女が小さい時。倉田さんのお宅にまとまった数の物が欲しくて行きました。
 ご両親はお留守で、おばさまが手打ちそばで歓待して下さいました。
 その時 二女が茹で卵が好きだと言いましたら、おばさまが茹で卵を何個も茹でてくださったことも思い出になっております。

 個人的にも良くして頂きましたが、私が倉田さんを尊敬していることは経営者としての姿勢です。
 景気が低迷している時、リストラで失業する方もおりましたね。
 その時 倉田さんはシフト制にして、誰をも辞めさせず乗り切ったのです。

 私が長女と孫、そしてその友人と一緒に行きました時 食堂が混雑して来ましたら、倉田さんはエプロンを掛けてさっさと動き回っているのです。
 昨日は番組も良かったですが、倉田さんにお目に掛かれて良かったです。

entry_header

トマトらーめんとは

 今日は10月にお会いした時に話に出ました、明治大学の木谷光宏先生から袋が届きました。
 中に二個のカップラーメンと言って良いのかしら、即席らーめんの大きめなカップが入っておりました。
 
        トマトラーメン

 この「トマトらーめん」を企画したのは明治大学政経学部の木谷光宏ゼミナール/Colorsと言うグループなのですね。
 その木谷ゼミナールのグループと渡辺製麺の産学連携で共同開発されたのだそうです。

 丁度お昼時に受け取りましたので、早速頂きました。
 上のシールの裏面に作り方が書かれております。その通りに作りましたよ。

        トマトラーメン2

 右のは特製スープを掛けたところです。左は掛ける直前ですね。
 スープにはトマトが濃縮されて入っています。
 麺はノンフライですから、さっぱりとしておりますが、塩加減も強くなく身体に良いと思いましたね。
 美味しく頂きました。
 木谷先生!ゼミの皆さんも頑張って下さ~い。有難うございました。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog