FC2ブログ

2008-02

« 1234567891011121314151617181920212223242526272829»
entry_header

北京の春節

 中国語講座の老師は今年は奥様が体調の関係で北京に行かれなく、代表で奥様の母上に会いに行かれました。中国の中南地方は大雪で、故郷に向かう人々が駅などで足止めされているとニュースになりましたが、北京での大雪は、春の水がたっぷり、空気が綺麗になり、病菌がなくなると言われているそうです。
 今年の北京の春節は気温は零下でも天気がよく、花火も賑やかに揚がり、爆竹も許可され、大型の爆竹には老師も驚いたそうです。黒板の右の赤字、双喜の字に作られた爆竹は字の上部から点火され20分も続いたそうです。

            北京の春節

 春節や寺の縁日(廟会)は日本と違い市政府が場所割をし、地方風の食べ物が並び、地方の特産物などが売られているそうです。聞いておりますと今の中国のエネルギーを感じます。
 縁日の屋台では内モンゴルの羊の串焼き、蚕のさなぎの串刺し、サソリの串刺し、イナゴの串刺しなど、皆串焼にして売られているそうです。(この風景は以前王府井でも見ましたが)

            北京の春節

                   (これは青島の風景です)
 子供達の遊びの場もあり、射的もあるそうです。黒板の丸い輪の中に書かれている四角は投げ輪のように、それに上手く落ちると賞品が貰えるそうです。四角が小さいほど良いものが貰えるそうです。

            北京の春節

  (射的は中国で流行しているのでしょうか。これは青島の射的場です)
 爆竹が無いと北京っ子は淋しいそうです。今は時間が決められ、春節のほかに元宵節の晩にも揚げることが出来るそうです。
 授業では毎年春節の説明は過年、除夕の様子が話されますが、今年の春節の話は賑やかな街の様子が中心でした。



人気blogランキングに参加しております。ここをポチッと押してください。
スポンサーサイト



side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog