2010-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

乗って走って食べて

 先日 我孫子始発の観光バスに乗り、都内に出掛け、良く走り良く食べて来ました。順を追って見ます。
 
 先ず築地での朝食 店頭にマグロの丸が飾られております。これが築地らしいと言えましょうか。

     築地寿司  マグロ

 昔の場外は午前11時には殆んど閉店しておりましたが、最近は買い物客や見学客も増えていることでどの小道も人で溢れております。バスの遅れで遅い朝食となりました。文句を言う訳ではありませんが、サーモン等より私はハマグリとかアオヤギの舌何て言うのが一貫でもあったら築地ーと言う気分になれたと思いますね。寿司飯も特に美味しいとは思えませんでした。

 築地を出発してバスはサントリー工場に向かいました。「これからビール工場に行きます」「何処の工場ですか」と聞きますと府中だと言います。ガイドブックによれば確かにビール工場見学とあります。ですが順序からいえば吾妻橋かと思っていました。府中はまーそう長く乗りはしませんが、不思議な順序です。多分吾妻橋は何かの都合で難しかったのでしょう。サントリービール工場では素敵な女性が案内をして下さいました。試飲は出来たてのビール
 これは本当に美味しかったです。ただここでは飲み物はビールだけが売られております。お寿司の後ですから水が欲しくてなりませんでした。試飲の席でやっと水を飲むことが出来ました。

             ビール試飲

 既に昼食のお弁当が配られております。神田明神下のウナギ弁当とありましたが、まー神田川とは思いませんでしたが美味しかったですよ。バスの中で半分づつ食べて一人前は持ち帰りました。これは正解

             うなぎ弁当

 サントリー工場からバスは浅草へと向かいました。東京スカイツリ―を近くに行き眺めると言うことで、皆さん下車しましたが、私たちはそのまま降りずにバスから堤防付近を眺めて、皆さんが乗車する所まで横着をしました。
 バスはお台場に向かいました。何回も行ったことがありますが、フジテレビの建物の展望台に上がってみました。広場にはキャラクターのグッズなどもあり、3Dテレビの体験コーナーあります。手品をする男性がお客がなくてトランプをいろいろと動かしておりましたが、何だか可哀そうになり、何とか出来そうな物を一個買いました。

             フジテレビ

 お台場からバスは日の出桟橋に向かい、そこからお台場までの夜景を楽しむクルーズとなりました。これも私たちは何回も体験しておりますから パス
 二人を載せた貸し切りのようなバスは再度お台場に戻りました。そこで皆さんを載せて新東京国際空港に向かいました。グルグル回りバスがどの方向を向いているのか全く分かりません。夕食の時間が決まっているそうで僅かな時間でしたが、4階5階の商業施設を覗きました。メディアが大きく取り上げていた割には大した感動はありませんでしたね。これは外国人と若者には良いかも知れませんね。
 昨日はワイシャツのメーカーの方がこの羽田を拠点に海外にも日本の技術の素晴らしさを推進すると話しておりました。チョッと良いお話でしたね。

      新国際空港  新国際空港2

 夕食は従来の空港ビルの中での「キハチ プロデュース」のブフェと言うのですが、時間は45分間
 何だか慌しく頂きました。飲み物は夫はビール 私はワインと何時もの通り 後は水だけ
 美味しかったのは魚フライに掛けられたタルタルソースでした。後はそこそこ

              キハチブフェ

 キハチの本店は昔南青山にありましたが、今はどうなっていましょうか。友人の長男がレストランウェディングを挙げましたが、創作フレンチと言いましょうか、斬新で目にも珍しく、美味しかったですよ。

 午後10時過ぎに出発点に到着 聊か疲れました。人の降りた場所でも降りずでこのありさま。
entry_header

南瓜と餃子

 5月1日に始まった上海万博も明日で終わります。地上最高の来場者があったそうですが、人口が違いますから当然のようにも思いますがね。

 10月31日はハロウイーンの日だそうです。時々通るショッピングセンターの前にも、店内にもカボチャをくり抜いた楽しい風景を目にします。

        南瓜1

 日本ではそう昔から多くの人に知られている行事ではありませんでしたね。聞くところ英語を習いに行きますと必ずこのカボチャのくり抜きをするそうですね。で大の大人は恥ずかしい感じになるようです。風習が違いますから、その国の風習を知るということも大事だとは思っても、高齢者は戸惑うようですね。

 同じ様なことは中国語を習いますと、これ餃子ですね。私の先生も初期の頃は良く作りました。餃子を作る先生は北方の方だと思います。餃子は美味しいですし、もはや日本の食の一部になっておりますから、習うには抵抗がないと思います。
 教室で作る時 男性生徒のことを思うと可笑しくなります。「何で皮を丸くしないの。餃子を食べたことは無いの」と呟いて仕舞います。「皮はアメ―バーのように足が伸びてないでしょ。丸くないと」と
 中国本場での物ですから先ず水餃子です。
 水餃子をグーグル画像で見ますと73万8千件もあります。また餃子ですと1200万件もあると出て来ます。
 凄いことですね。
 
 最近青島満帆さんは焼餃子を買い楽しんだようです。廉いのです。驚きます。20個が日本円で100円チョッとだそうです。
 カボチャならぬ餃子を検索。その画像を使わせて頂きます。

         グーグル餃子

         ぐるなび水餃子

         瀋陽で食べた蒸し餃子

         青島満帆の焼き餃子

 私は子どもの頃 家のアマと競走で包みましたね。母は挽き肉は使いませんから、肉を細かくして根気よくたたきます。時間がかかりますから、これは私の役目。 その間母は他の用をしています。アマは皮の準備をしております。材料が整いますと皮を伸ばし、具を包みます。鍛えられましたね。お陰で餃子については年期が入っております。と言うことでカボチャより餃子に愛着を感じますよ。
entry_header

頭の中がゴチャゴチャします

 このところ毎日と言いますか、何時もと言いますか、とに角TVを見ては、新聞を読んではプンプンしております。
 だって自民にうんざりした国民が民主に投票したのでしょ。民主党は政権党でしょ。それが何だか段々おかしく感じられて来ているのです。私は困っているのですよ。訳が分からなくてね。
 公約と言いますか、あれってマニフェストとやら言いましたね。それがどうなったのか知りませんが、何やら訳が分からない事ばかりが出ておりますね。
 私はね歯がゆくてなりません。もう少し国民に分かる話にして頂けないものかと頭がゴチャゴチャして困るのです。政治って昔からそうなんですかね。

        総理官邸

 あのーですね。鳩山さんは総理官邸の閣議席の真ん中に座りたいんですかね。出たり入ったりはどんなもんでしょうかね。私はやると言ったらやる。止めると言ったら止める。行くと言ったら行く。思慮深くて行動がすっきりとしている、そういう人間が好きです。私はそそかしくダメですがね。
 今は女性でも気骨のある方が多いですね。それに比べて何でしょうか。政治家は。きっと頑張っていると言うでしょうね。でもねー 国民を惑わすと言うのはどんなもんでしょうかね。問題山積の日本社会 良い政治家が欲しいですね。怒っても始まらないって?でも怒っております。
 
 企業献金も引き受けるそうですね。受けないと聞いたような気がしますが。私の思い違いかしら。

       朝食10月27日

 国民は政治が迷走していると思っているのです。何とかなりませんかね菅総理。 頼りにならないと思う人が多いのですからね。
entry_header

10屯トラック

 物流の大手やまとの宅急便を良く利用します。歩いて5分程の所に集配の基地のような店舗があります。
 そこに荷物を出しに行きますとカードにポイントの判を貰うことが出来ます。これは普通の取り次ぎ店では出来ないようです。
 ポイントが溜まりますとカードに書いてある品物の中で選び貰うことが出来ます。
 既に保冷車と10屯トラック 全てミニカ―ですが頂いてあります。
 前の10屯トラックは貰って来ましたが、二女の娘チビ孫に持って行かれて仕舞いました。長女の娘のCDと同じです。 触らせても呉れませんので、ヨシ!今度は自分のにしようと決めておりました。
 先だってとうとう2台目の10屯トラックが貰えました。
 ミニカ―ですが市販されておりません。手で持ちますと大きさに比べ予想を超えた重量感があります。
 後部扉も開けることが出来ます。凄いですよ。

      10トン車右向き 10トン車左向き

      10トン車後ろから やまと便トラック

 夫は「やまとの宣伝か」と笑っております。でも何となく嬉しくてね。下の右の写真は荷物を出しに行く度に眺めて来ます。
 大きなトラックが走っておりますとその運転の上手な事には感心して仕舞いますね。狭いところ等で出くわすと思わずため息がでますし、通過する時には息が止まります。
entry_header

嵐は我が家にも

 我が家には本来あまりどころか殆んど関係がないことですが、嵐と言う若い男性のグループのことではいろいろな形で巻き込まれております。
 長女の娘はそのグループのフアンクラブに入っております。このグループの公演はフアンクラブに入っていないと申し込めないそうです。と言うことで二女もその孫のためにフアンクラブに入っております。
 流石私には入れとは言いませんが、大人も大勢公演に見えているそうですから、その内入れと言ってくるかも知れませんね。
 
 先ごろ「嵐ジェット」と言うCDが発売されると言う予告を見た孫、それを買いたくて母親に頼んで学校に出かけたのですが丁度母親も私も発売日は家におりません。思案の末(私も甘いですね)何時も何かとお世話になっているお兄さんにお願いしました。このCDは一刻を争うようなことで、お兄さんは辛抱強く繰り返しPCの操作をして下さいました。
 「購入が出来ました」と連絡を頂き待つこと暫らく日時がかかりました。待ちに待ったCDですが、お兄さんの所に届いた日 これまた母親も私も行けません。大甘の夫が受け取りに行きました。

 夜孫は受け取りに来ました。私も見せて欲しいのでパッケージを開けて取り出しました。何と「ばーば下に置かないで」と言います。写真を撮りましたら「ばーば下手」と言います。
 「それじゃPCに送ってよ」と言いました。本人はもう嬉しくてなりません。

     嵐ジェット1  嵐ジェット2


 画像は来ましたが音楽は耳にしておりません。どんなものかとJALの嵐ジェットで検索しましたら、驚きましたね。このグループが機体に描かれており、就航便の時間も掲載されているのです。
 JALはこんな事でも頑張っているのですね。再建や解雇の問題で大変なJAL 嵐は貢献しているのでしょうね。
 好奇心はチョッと疼きますね。
entry_header

自覚のない転倒

 先だっての明治大学マンドリンOB倶楽部の演奏会は少し気分が高揚していたのでしょうか。
 百瀬先生にご挨拶をしたいと、一部と二部の幕間にキョロキョロと眺めまわしておりました。何となく記憶にあるような方々が一人の方に挨拶をしております。「百瀬先生ではないかしら」「行って挨拶しておいで。だけど時間が無さそうだから終わってからにしたら」と「でも先生が直ぐお帰りになって仕舞うかも」と足早に挨拶に行きました。
 文京シビック大ホールの一階の座席は、二段に区切られており、前と後ろの間は段差があり広く廊下のように出来ております。
 
        シビック大ホール一階座席

 この日聴きに見えている方は高齢者ばかりのように見えます。
 先生に挨拶を済ませて自分の席に引き返そうとしました。突然体が横倒しに落ちて行きます。頭が体より遅く落ちて行く瞬間 あ!脳梗塞かと頭の中で考えて仕舞いました。瞬間の筈ですのに、自分の頭がスローモーションに落ちて行くのです。実に不思議な瞬間でした。
 体は大きな音を出すでもなく、自然に転げたような気がします。左脇が下になった体を急いで起し、立ち上がりました。
 一階後部の最前列に座っていた方々が一斉に身を乗り出し「大丈夫ですか」と声をかけて下さいました。
 皆さん心から声を掛けて下っております。有難いですね。
 
 「大丈夫です」と何だかにこやかに何事もなかったように自分の席に戻りました。

 自分でどう考えても転んだ理由や事情が分かりませんし、これは不覚だと言う何か思い当たることは頭に浮かんで来ません。
 悟ったとまでは行きませんが、今は素直に足腰が弱ったと言う自然な事だったと思っております。
 要注意!ですね。これからは浮かれないように気を付けなければと思っております。
 
 翌日義姉が亡くなり、何を置いてもそれに関わらなくてはなりません。転んだこと等忘れているような緊張感が続きました。ところが一昨日足が棒のように突っ張り、歩くのも重くてなりません。思いだしたかのように自然に整体治療を受けに行きました。
 メンテナンスの心算で偶にそこで全身整体の治療を受けます。私が受ける方は中国人ですが、少し中国語でお喋りをしながら治療を受けておりますと、心身共に痛みも凝りもほぐれたかのようになって来ました。
 転倒はしましたが、床が柔らかかった所為だと思います。軽い打撲だったようです。
 今日はもう足も問題なく、娘と野菜を買いに行くことが出来ました。
entry_header

ネットスーパーを利用

 10月10日に1階のスーパーが閉店しましたが、以前からネットスーパーを将来利用しようと考えておりましたので、閉店が決まった時点で申し込みました。
 近くのショッピングセンターエスパにスラックスを買いに行きましたら店員さんから「富士ガーデンが閉まるんですってね」と聞かれました。
 「そうなんですよ。それでネットスーパーの申し込みをしようと思っているんですけど」
 「ぜひなさると良いですよ。品物は専門家が選んでいますし、新鮮な物が買えますよ」とそこでカウンターに行き申し込みをしようとしますとPCからでしか申し込めないと言うことです。
 早速PCで申し込みました。
 全く知らないスーパーの品物ではありませんから時には眺めに行くことも出来ます。見当も付けることが出来ます。

 イトーヨーカドーのネットスーパーですが、住まいの場所で配送地域が決まっているようで、申し込みますとエスパ我孫子店からの配送だと分かりした。時々は店内を通過しますので、品物も決め易いことです。

 一昨日と昨日は重い物や買い替えず気になっていた物も頼みました。時間も正確ですし、品物の包装や冷蔵品にはそれなりの処置もされております。お寿司も一貫の値段が付いておりました。試しに好きな物を二種類二貫ずつも頼みました。
 這ってでもPCに辿りつけば買い物が出来るのではと思っていたことが現実になって来そうです。本当はそれも嫌ですね。元気でなければと思いますよ。
 昔 ドイツ語の菅藤高徳先生の奥さまが「歳をとることは大事業ですよ」と話された言葉が改めて思い出されます。

 ネットスーパーは便利だとは思いますが、今のところ野菜だけは娘と一緒に生産者直販の店に出かけます。ですが車でないと行けません。夫は既に免許証を返上しておりますから、娘の都合でしか行くことが出来ません。

 先週の野菜は17日の朝買いに行きました。新鮮ですのでついつい買い過ぎになります。

         野菜今年の秋

 キャベツを買いませんでしたので、キャベツは一昨日ネットスーパーに頼みました。スーパーですから品物は揃っておりますね。そういった意味では我が家なりの利用法を考えて行きたいと思っております。
entry_header

血糖値が下がるとは

 この夏の猛暑には参りましたね。8月最後の土曜日 NHK文化センター柏教室で中国語の受講を済ませて柏駅に向かいました。
 柏駅の駅舎の通路は猛烈な暑さです。天井が低くそれに若者が屯しておりますからでしょうか、一際蒸すのです。
 駅へ上るエスカレーターに足を載せますと、何故か気分がおかしくなって来ました。このまま通路へと向かったならば、きっと倒れるような少々パニック状況になって来ました。
 駅に向かわず自然に体は高島屋へと入って行きました。3階の入口に案内カウンターがあり、その横に椅子があります。そこへ行き座らせて貰いました。机の前の男性は心配して「医務室にご案内しましょうか」と言葉を掛けて下さいました。何とか気分が収まりそうですので「大丈夫ですが少しここで休ませて下さい」と座っておりました。
 携帯で状況と居場所を知らせますと、長女と夫が急いで駆けつけて来ました。長女は1階で水羊羹を2個買い、戻って来ました。車に乗り直ぐ水羊羹を口にし2個とも食べて仕舞いました。少し様子が変わり、気分も落ち着きました。
 翌々日病院に行き、土曜日の状況を説明しました。先生は血糖値が急に下がったからですと仰います。今まで自分の血糖値なるものを気にもしておりませんでしたし、定期の検査の後も全ての数値は正常範囲で、血圧が高いこと以外に何も気にしておりませんでした。
 先生に「急に下がるとはどう言うことなんですか。大丈夫ですか」とお聞きしました。
 先生は「チョッとした環境の変化などでも起きる事があります。今までの結果から特に問題があるとは考えられないので大丈夫ですよ」と
 ホットしましたが、家族は甘い物を携帯しなさいと言います。何を持とうかと考えましたがチョコレートは溶けやすいですからね。今は米屋の一口羊羹を持っております。
 このことがあってから夫は今までよりも優しくなりましたね。私だって何か起きる歳なんですよ。

 甘い物と言えば先日のマンクラ演奏会に行くのに御徒町で時間つぶしをしました。ゆとりを持って出かけたのです。
 時間つぶしと言いましてもデパートはいやですしコーヒーは飲みたくありません。座りたいのです。そこで風月堂に入りました。
 風月堂で二人とも白玉小豆を頼みました。小豆が良いですね。甘さも程良く、お茶もこれまた程良く実に良かったです。

         上野風月堂白玉小豆

 風月堂で友人と待ち合わせをしようと、電話で話している内にこの風月堂と言う名前が出なくなって仕舞いました。
 「ねーホラホラあそこよ。松坂屋の前の」「何だたっけ清月堂?」「違うそれは銀座」「何だったけ」
 どうして二人とも頭に浮かんでこないんでしょう。
 「とに角松坂屋の前の道を挟んで向かいね。そこの入口ね」「分かったわ。大丈夫」なんてことでしょう。そんなやり取りがあったせいか今は間違えたり、名前が出て来なくなったりはしません。
entry_header

親族で葬送

 先月から危篤状態が続いておりました義姉(夫の姉)が17日に亡くなりました。1年半ほど有料老人ホームにお世話になっておりましたが、先月半ばに肺炎となり、緊急入院をし、数日後には危篤状態となったのです。
 高齢者にとっては肺炎は将に鬼門ですね。生来蒲柳の質で両親から大事に育てられていたそうですが、戦時中から戦後にかけては一家の柱となり、頑張られたのです。
 夫も随分優しくされたそうですし、義弟もまた義姉に可愛がられておりました。
 
 義姉が亡くなり私たちと義弟夫婦は直ぐに駆けつけました。義兄夫婦には子どもがおりませんので、義兄は先ず葬儀をどうするかを決めました。
 ある葬儀社のチラシが数日前にポストに入っていたそうです。「家族葬の説明会開催」と言うことだったそうです。家族葬はとも角その葬儀社に連絡をし、義姉は病院から自宅に戻りました。
 義兄の方針は「家族葬」で執り行いましょうとなりました。義姉は静かな生活が好きで、家でのんびり過ごすのが日常でした。その点からも親族で送るのが一番相応しいと言うことです。

 義兄は会社のオーナーですから私たちは一番最初にどうするのかを心配しました。義兄は会長職にあり、会社には一週間やそこら出社しなくても、誰も不思議には思われないと言うことで、会社にも連絡をしなかったそうです。若し会社に知らせましたら、会葬者は会社の方ばかりではなく、同業者の方もお見えになり大変なことになった筈です。義兄の決断で私たちも右往左往することも無く済みました。
 葬儀は佐賀市出身の義兄の弟3人、妹2人 義弟夫婦、そして夫と私とで見送ることにしました。
 通夜と告別式には私の娘2人、義弟の子どもと本当に亡き人が良く知っている人だけです。

 家族葬と言う言葉は最近良く耳にし、またマスコミでも取り上げられております。義姉の葬儀に参列して、とても参考になりました。
 まず故人を偲ぶ時間を多く取ることが出来ました。佐賀から出て来た方々と戦中戦後の佐賀での義姉の生活もお聞き出来ましたし、また親戚同士の飾らない話に打ち解け、時には笑いも出ました。

 義兄の心を知る人ばかりですから、本当にこの数日は義姉の思い出に私も参加出来ました。
 
 葬儀には佐賀から僧侶もお見えになりました。葬儀の際し参列者への気配りも必要はなく、私たちは読経の間ざわめくことも無く、最後まで全員でお聞きしました。
 義兄の喪主としての気配りと事の大変さを考えますと親族で送り本当に良かったと思っております。

 心温まる本当に良い葬儀となりました。義姉の望みも叶えられたことでしょう。

         ハイビスカス

 義姉は毎日この花の咲く庭をゆっくりと眺めていたことと思います。大らかでゆったりとしており、そして贅沢を望まなく、本を読み外出は犬の散歩に出る位でした。
 義兄も良い妻だったと感謝をしておりました。

 家族葬とわざわざ葬儀社がパンフレットで説明会を呼び掛けると言うことから、今後は家族葬が広まって行くように感じましたね。特別社会的地位の意味のある方はとも角、普通は家族の単位が縮小していくことは時勢の流れですから、故人も送る人も形式を重んじるよりも、心温まる葬儀を望む方向は間違いなく広まることと思いますね。
entry_header

マンクラOBは素晴らしい

      明治大学マンドリンOB倶楽部
          第30回定期演奏会

 
 昨日は文京シビック大ホールでの演奏会を聴きに行きました。夫と一緒に都心に出かけることは滅多にありませんが、この演奏会は楽しみにしており時間に余裕を持ち出掛けました。
 都営大江戸線は空いていますね。シビックホールは駅から直接入ることが出来ますので、行き易くて良い場所です。
 
         30回マンクラOBポスター

 今回は第30回と言うことですが、ゲストは島倉千代子さん  
 30回出演と言う方が8名 80歳と言う方が3名 素晴らしですね。
 何と言いましても長い歴史を持つ明治大学マンドリン倶楽部のOBですから力量は立派なものです。
 昔 学生の倶楽部の定期演奏会はあの古い記念館講堂で開催されておりました。古賀政男先生の指揮でしたね。
 記念館講堂はそう大勢入れませんから、後ろの方から背伸びして眺め聴いたものです。 
 シビック大ホールは傾斜がなだらかで見易くなっております。

 オープニング演奏は ビギン ザ ビギン 心地よいリズムですね。
 島倉千代子さんは72歳だそうですが、可愛いですね。一部で3曲 2部で3曲歌われましたが、一部で舞台に見えた途端 ア!紫紺の着物だ と嬉しさを感じました。後で司会者がその着物のことをお聞きしますと矢張りそのような心遣いをされたそうです。2部ではOBに合わせて白い着物で歌われました。

 来場者は見事なばかりの高齢者 そして男性も多いのです。背の高い男性がM字のバッチを付けたキャップを被っておりました。平均年齢は恐らく60歳位になるのではと思ったことです。
 
 時間一杯楽しみました。 プログラムの中に演奏曲目が掲載されております。ご覧ください。

        マンクラ演奏曲名

 薄いのですが拡大してご覧になって見て下さい。曲の進む中でその曲に合わせて心の中に様々なことが思いだされます。歌手の姿、時代の風景、良いですね。 
 来年は10月15日に同じシビック大ホールで開催されることが決まっております。
 今回もOB倶楽部の顧問をされております百瀬恵夫先生からお招き頂きました。
 先生有難うございます。
 
entry_header

何時もの仲間

 チャイナドレスを習い始めて36年目になっております。台湾出身の呉秋信先生が教えた生徒は「三回で作るチャイナドレス」と言う講座の受講者を含め、その人数は3000人と聞きました。
 主婦の友の講座は当時盛況で、料理、洋裁、絵画、文学など多くの講座に生徒も集まり、盛況でした。
 未だ朝日カルチャー等も開講されていなく、カルチャースクールの元祖のようなものでした。

 その主婦の友でもチャイナドレスは珍しい講座で、受講生は全国から集まって来ました。私が受講し始めたのは初期のことで、その時のクラスの生徒は80人位もいたでしょうか。先生は一人ですから何処をどうするのか、何が何やら無我夢中で過ごしました。着たい一心で通いましたが、なかなか私は上達しません。その内プロの方や洋裁の知識のある方が徐々に止めて行きました。
 数年後先生が病を得て講座が取りやめになりました。私たち数人は先生が復帰されることを期待し、費用を出して教室をお借りし、講座が何時でも再開できるようにと、毎週集まり繰り返し作っておりました。
 先生の病は重くついにお亡くなられてしまいました。私たちの期待は潰えて仕舞いました。以来研究会と称し未だに交流を持っております。
 
 私の講座のパーティーに呉先生のご主人さまがご出席された時大変喜ばれ、私たちもとても嬉しく思ったことです。
 
 最後の受講生は7人でしたが、今は4人で集まっております。

 昨日も同じメンバーで集まりました。場所は毎回霞が関ビルの中です。先月私の急用で代講をお願いしたのもこの仲間の方で、安心してお願いが出来ます。

 3人は何時も私たちの☆☆☆☆☆と言っているランチ 私は大好きなクラブハウスサンドを頼みました。

         クラブハウスサンド

 お土産にちりめん山椒を前夜作り、包装紙もチャイナドレスのをプリントしました。今までですと富士ガーデンの二階でパックを買い、それに入れておりましたが、今回はビニール袋に入れ包みました。

         ちりめん山椒包装

 昨日は呆けないようにこれからも頑張りましょうとなりましたが、面白かったのは「ねー足腰を鍛えろと言うけれど、若し呆けて徘徊すようになった時、足腰が強くて勝手にどんどん歩いて行ってしまったら、困るのではないかしら」「そんな話は今まで聞いたことないわねー」「でもあるかも知れないわね」
 ほぼ二カ月に一回の集まりですが、これからも元気で集まりたいと思います。
 
entry_header

ショボショボ眉毛

 母も下から二番目の妹も共に眉毛が薄いのです。ですが私も薄いとは考えもしませんでしたし、気にもしておりませんでした。
 最近どうももやもやとした眉毛になって、顔の造作に影響が出ているように感じ始めておりました。
 
 美容院と言うのはリラックスしますが、また思いがけないことも分からせて呉れます。
 白髪は50代に入ってからボツボツ出始めましたが、ほんの数本で時々気がついたのを抜く程度でした。それが最近は洗髪が済み鏡の前に案内されますと、白髪一杯です。
 
 美容院の鏡は特別に綺麗になっていますし、大きくて他の景色も目に入りますね。顔を近づけますと、滲み、そばかす、ほくろ、それに何だか分からない汚れ もうしげしげと眺める勇気がありません。
 
 私は服飾のことを勉強したり、本を買い読むことは好きですが、どうもオシャレではないことを自覚しております。
 そんな私ですが、先日美容院に行きましたが、やけに眉毛が薄く黒い皮膚との境がハッキリとしておりません。
 若い男性の美容師さんですが、とても彼は優しいのです。「この眉毛見て 何だかハッキリとしないでしょ」と言いましたら「お手入れします」と言います。「だってそれは駄目なのではないの」と聞き返しますと「お客さんのご希望があればやって上げております」と 
 そこで綺麗に揃えて貰いました。カミソリを当てれば一剃りで落として仕舞う程の量です。それでもそれなりに揃えて貰い、気分は浮き浮きです。
 所でその剃る道具ですが、可愛い可愛い電動カミソリなんですね。初めてお目に掛かりました。

        電動眉毛剃り

 彼の話によりますとマツキヨ等でも買えるようです。知る人は知っており、特に珍しい物ではないそうです。
 買おうか買うまいか
 でも剃って貰うのが一番安全、しかも綺麗に出来ると思います。買うのは止めました。
entry_header

流れは早い

 何やらあれこれと老を生きていると言う生活ですが、時の流れは否応なし
 先週は国会議事堂を修理している風景を眺めて来ましたが、この国はどうなることでしょう。私めごときが心配することではないのでしょうか。いや 矢張り心配するのが国民として当たり前でしょうね。
 
          修理中の議事堂

 今年の夏の酷暑の後遺症はいろいろと出て来ておりますし、また様々な業種が夏の総括をしておりますね。悔しかった業種、笑った業種 本当にこういうことを見ますと世間は広いなーと感じますね。そして世界もね。

 毎朝 朝食が揃いますと新聞を並べてカメラに収めます。

 どの日の物を載せようかと眺めますと、その記事のことで騒がれたことは既に遠のいているような気がします。流れが実に早く恐ろしい位です。
 忘れ去られないようにと願うことも、当事者でないと自然に遠のいていって仕舞うのでしょうね。

     朝食10月2日  朝食10月7日

     朝食10月13日  朝食10月14日

 野菜が高騰しているとマスコミ各社が大きく取り上げておりましたが、少し涼しくなったと思いましたら、す―と消えてしまったような気がします。ことの流れが早いのか、ことに飽きるのが早いのか 何でしょうね。多分流れが速く、一つの問題に長く関わってはいられないと言うのが今日の社会ではないでしょうか。
 老人は息が切れますね。一階のスーパーが無くなり、僅か数日経っただけですのに不便を感じること
 高齢化と言う時代の流れはこの街にも影響を及ぼして来ました。
 
entry_header

私の壁紙

 京都へ出かけた初日の最初の見学場所 金閣寺でデジカメを使い始めたところ数枚しか撮ってないのに電池切れ電池の交換をしようとしましたら電池の上部が外れて仕舞い、それ以来電池が取り出せなくなりました。
 何回も出そうと試みましたが、全くダメ 仕方なく数回しか使ったことのない携帯で撮りながらも、困ったな―と思っておりました。
 夫は「もう古いので壊れたんじゃないかね。買い替えれば」と言います。
 次の週にカメラが必要だった私は旅の帰り道カメラ屋に寄り新しいデジカメを買いました。

 翌日 何時もPCのことでお世話になっている若い親切な男性に初期設定をして頂きました。その時2台のデジカメを持って行き「こんななのよ」と電池の入っている前のカメラを出しました。
 彼はわけもなく電池を取り出し「多分カメラは大丈夫ですよ」と言います。
 で今は2台のデジカメを持つことになりました。それがお婆さん 新しいカメラに慣れず苦労をしております。
 夫に「説明書に書いてあるだろ」と言われておりますが、ついついお兄さんの所に走って仕舞います。

 新しいカメラで壁紙を写して見ました。前のカメラで何回も写したことがあるのですが、なかなか綺麗に写せませんでした。今回はとても綺麗に写っています。他の方のブログの画像を見ますともう素晴らしい物ばかりです。
 そして私は「まー仕方がないわ 私のはお話だから」と下手なことの言いわけを自分で言っております。

        老婆の壁紙

 この画像は青島満帆さんの生徒のお父様の撮った中国青島の迎賓館です。この壁紙の前は孫の好きなディズニーのキャラクターのものでした。
 毎日 朝 PCを立ち上げますと青島です。良いですね― 迎賓館の風格 

 下のは9月に行きました時の迎賓館です。古い方のカメラで写したものです。

        目で見た迎賓館
entry_header

素敵な私たちのシェフ

 11月4日に3回目となるオパール・ネットワーク我孫子支部の料理教室の内容が決まりました。

 今回のメニュー
 
 海の幸サラダ 秋の野山風 才巻き飾り
 シャンピ二オンのスープ
 牛ヒレ肉ステーキ ポテトグラタン添え
 タピオカ入りフルーツ オレンジソース
 パン、コーヒー

 
 指導は明治大学校友会我孫子支部の佐藤秀一さん 元東京プリンスホテル フランス料理総料理長です。
 この佐藤さん 支部の会合で初めてお会いした時私に向かって「良くお使いになって下さり、有難うございました」と挨拶されました。驚きました。
 私は明大の合同クラス会とか、青島羊会などいろいろとプリンスホテルで会合を持ちました。当時は佐藤さんのことは全く知りませんでした。
 佐藤さんはパーティーなどの料理を準備される時に、出席者とか会の趣旨など勘案してメニューを決めていられたのではと思ったことです。その中で申し込み者のこともあったのかしらとも思い、一流になる方はそれなりの気配りもされているのだなーと感心しました。

 今回の料理を沢山画像で載せたいと思っております。と言いますのは画像を二枚並べることを今までやっておりませんでしたが、昨日偶然それが可能だと分かり、それならこれからは流れに添って多くの画像を貼り付けることが出来ます。4日の会の後の紹介が楽しみです。

 メニューの連絡と一緒に佐藤さんの写真が一枚送られて来ました。こういう方の指導で作るのですから、有難いことですね。滅多にないことでしょ。下の説明はメールから貼りつけました。PCって便利ですね。

         我らがシェフ佐藤さん

 先日のバザーで室内整理していたら20年前(昭和62年初夏)のコンクールの
準優勝写真が出てきました。『フランス食材を使ったプロの為の全国料理コンクール』でジョエル・ロビション氏(仏蘭西で高名な料理人)が審査員長、当時全国から予選で選ばれた100人余の選抜メンバー相手に準決勝、決勝と苦戦した事や賞品の30日間の仏国内研修旅行など当時の状況が懐かしく思い起こされました。

entry_header

初めての梨

 先日と言っても先週の金曜日のことですが、前々から約束をしていた若き男性二人の方とお喋りをして帰宅しました。
 「変な梨が来ているぞ。食べ頃は11月11日だそうだよ。取り敢えず箱を開けて置いたけどね」見ますと確かに11月11日頃が食べ頃とあります。不思議に思い生産者の方に電話を入れました。
 「済みません。単なる間違いです。10月11日です」と

 この梨は新興と言う梨だと知りました。今まで全く知りませんでしたし、勿論食べたこともありません。
 千葉県の鎌ヶ谷で生産されているそうです。今頃から年末クリスマス頃まで食べることが出来るそうです。

         
      梨のパンフレット  鎌ヶ谷の梨

 大きな梨です。生産者の説明によりますと、箱を開けて北側の部屋に置いておき、赤みが強くなった物から順に食べるのが良いそうです。11月は10月に書き直しました。
 昨日は長女も「おかしいんじゃない。いくらなんでも11月11日が食べ頃の物を今採るのかしら」と私の言葉を信用しません。夫がパンフレットを箱に入れておけと言います。
 そこで私が梨の由来と一緒に確認したと言う訳です。
 この梨の誕生については今日のところ私は見つけることは出来ませんでした。生産者の方はもうずーとまえから売っているけどと、どうも私の聞きたがりは通用しませんでした。

 この梨と同じ様な大きな梨「新高」と言うのがありますね。随分前のこと お歳暮に頂きました。
 なんて可笑しな物を送って来る人もあるものだと、暫らくそのままにしておりました。新聞で冬に食べる梨として紹介されております。急いで食べましたら美味しいのですね。

 昨日生徒が見え上高地に行きましたのでとリンゴをお土産に下さいました。そこで新興の話をし新高へと話が移りました。生徒の説明によりますと新潟県の梨と高知県の梨との交配で出来たのが新高だと言うことです。
 そういうことをこの新興にもあるはず。それを知りたかったのです。

entry_header

閉店も開店も大安

 マンションの一階には先ず東急ストア―が出店しました。それは1977年の8月のことです。
 私はこの店舗のお陰で助かりました。住まいの棟と続いているのです。ですから雨も雪も気にせずに用が足せました。当時は三菱銀行、市役所の支所、郵便局、歯医者、酒屋、電気屋、おもちゃ屋、本屋、喫茶店、美容院などなどあり、誠に住みよい場所でした。 今はおもちゃ屋、喫茶店、本屋等は無くなっております。
 店舗に変わりが起き始めてからストアも撤収しその後に出来たのが富士ガーデンでした。
 その富士ガーデンが今日で閉店しました。
 富士ガーデンの精肉は近くのスーパーと比べ品物も良く、廉くて良かったのです。また鮮魚店は新鮮な魚が廉く、私にとって一番の店でした。

 8月に入るますとどうも店内の様子がおかしいのです。品物の量も、品数も少なくなり、空間が目立って来ました。胸騒ぎを消せません。店員さんに聞きますと、本社からの指示で売れないものは並べないと言うことです。また消防署の指導で店内の空間を多く取っているとも言うのです。
 おかしいのですね。30年以上も経つのに突然消防署から指導を受けるなんてと。それはやがて閉店へと繋がっていたのです。

 昨日から今日へと何回も店内を彷徨いました。買い物もしますが名残惜しいのです。
 あれこれ写して来ました。後日懐かしく眺めることもあるでしょう。我が家にチャイナドレスの勉強に来ていた生徒さんも必ずここで買い物を済ませて帰宅しておりました。

       富士ガーデン閉店1

         富士ガーデン閉店2

 昨日の昼の鮮魚店は未だ閉店など関係がないような程品物が並んでおりました。お寿司も沢山並んでおります。
 私はこの店は毎日眺めに行き、そして珍しい物を廉く買うと嬉しく、良く自慢をしました。

       富士ガーデン閉店3

 この弁当のコーナーでは若い人が良く買っておりました。総菜は忙しい人にも大いに利用されておりました。

         富士ガーデン閉店4

 富士ガーデンの中心はニュークイックです。昨日は肉の日ですので、いつもと変わらないサービスの品物を並べております。写っている女性の方に記念にと思い写真を差し上げました。そしましたらチビ孫によろしくと言われるではないですか。驚きました。家族構成が知られているんですね。ニュークイックは中国青島では新快と言う名で邦人に親しまれております。

        富士ガーデン閉店6

 八百屋は今朝も品物を大量に並べております。皆さんが最後の買い物に見えるので、沢山並べております。
 最近は野菜高騰の所為かモヤシが直ぐ売り切れておりました。
 住人に高齢者が増えて来たせいか、変わった調味料や野菜は余り置いてはありませんでしたね。

        富士ガーデン閉店7

 今日は多くの棚の品物は少なくなり、閉店近しという雰囲気へと変わっております。寂しくなりますね。

        富士ガーデン閉店直前

 夕方はすっかり整理が進み、ショ―ケースには品物が僅かに残る程度でした。
 支配人の上条さんに挨拶をしますと、出た言葉は淋しくなりますね―となりました。

           上条さん

 この支配人は実におかしな方でした。富士ガーデンは11年5カ月前に開店したそうですが、初めてのクリスマス売り出し サンタクロースの赤い服を着て髭も付け、帽子を被りお出ましになりました。表にサンタのプレゼントが配られるとありましたので、子どもたちが大勢集まって来ました。ところがサンタの姿が見えません。
 支配人扮するサンタはお菓子の積まれた箱の蔭に隠れていて出て来ません。演技ではないのです。恥ずかしげにおどおどしております。ミスキャストですね。
 「これからどうなさるのですか」とお聞きしましたら「野菜作りとゴルフをやりますよ」と。牛久に住んでいると初めて知りました。

 今日は大安ですね。店じまいも大安が良いですね。近くに新しくパン屋が開店しました。これから食パンを買いに行くことになる店です。これも大安開店繁盛して欲しいです。

         パン屋開店

 富士ガーデンが閉店しますと一階の通路の両側も人通りが少なくなるかも知れません。それを新しい店がカバーして呉れるかもと期待します。10月5日 傍に理髪店が開店しました。高齢者には近くで便利かも知れません。

         新しい店舗

 流行って欲しいと思い、通るたびにさりげなく店内を見て仕舞います。
 
 これをアップする前 午後8時 完全に富士ガーデンは閉店しました。

entry_header

難しい問題

 時代は様々な様相を呈しております。危険も多くなり、駅や公共の場での危険なことや危惧を感じた時の人々がどうすればよいかと言う掲示や案内も見ます。ですが具体的にどうすれば良いかが分かりません。その場で自分が判断をしそして連絡すると言うことでしょうね。難しい問題ですね。
 
 昔々 毎日危険運転をする車を見て、大事故にならないように警察に連絡しました。ところが警察は運転者は誰かとか、それを証明できるかとかと言います。
 私はその交差点に「悪質な運転を見かけたら警察に通報してください」とありましたので、連絡をしたのです。
 私はそれは証明出来ませんが、毎日のことでと時間と車の種類を伝え、それは現場に来てご覧になって下さいと伝えました。それから暫らく経ち警察から「車のことは分かりました。注意しましたのでよろしですか。勘弁して呉れますか」と電話がありました。
 私は「どうして私の許可が要るのですか。その車の運転手や会社と知り合いですか。おかしいではないですか」と返事をしました。その車はワゴン車で人を何人も載せており、信号無視で毎日決まった時間に通るのです。
 次に警察の上層部の人らしい方から電話がありました。
 「申し訳ございません。厳重に対処します」とお詫びを兼ねて対応の姿勢を見せて呉れました。
 所がそのバイパスの交差点に立てられていた看板が無くなっているのです。
 危険なことを見たら連絡をしなさいと、それが連絡しましたら、あーだこーだとなりました。挙句の果てに看板を下ろしたのです。私は憤慨しましたね。今でも思い出しますと腹が立ちます。
 これは随分昔の話ですが、最近綾瀬の駅で乗り換えた時にホームで見た看板はその点とても良いことだと思ったことです。

          呼び出しインターホン

 自分のことで何か起きたと言う時は助かりますね。ですが何かを見つけておかしいと言うレベルでしたらとも角、それが人に関していて傍にその危険な人が立っていたら人はどういう態度を取れば良いのでしょうか。
entry_header

ピアノの後

 9月初旬に急に仕事場を移すことになりました。二女の娘の誕生日に合わせて部屋を孫に譲り、私は自分の家で旗袍の仕事のことをすることに決めました。
 孫も成長し、長女の娘が自分の城を持っていますので、自分も欲しいと思っていたようです。
 私も家から段々出かけるのが億劫になって来ておりましたので、この際二女の家から移りいろいろと整理をするのもこれまた悪くはないなーとも思っておりました。
 丁度校友会支部がフリーバザールに出店するとなりましたので、これもお役に立つ物を探す機会にもなりました。
 NHKや柏の葉で教えていた数人の方が家に習いに来ておりましたので、暫らく休んで頂き引っ越しをしました。
 もう呆れるほどの生地の山 惜しいとは思いますがそれを全部保管する場所もありませんから、思い切りよく整理をしました。それでも流石に書籍は捨てられませんね。30数年の間に集めたものですから。
 これは正解でしたね。年齢からすれば何時何か起きても不思議のない歳です。この整理する品物を眺めて心が落ち着きました。
 娘たちの負担も少し軽くなるのではと思ったことです。今は整理屋などと言う業者もいるそうですが、元気な内に整理をすれば場合に依っては捨てる羽目にならないで済む品物も生きることが出来ましょうね。

 9月には中国行きも、また京都行きも既に決まっておりましたので、移動はその間を縫ってすることにしました。
 出来るだけ外出を止め、妹と運びました。まーマンションで一戸置いての部屋からですので、運ぶのは妹が力を出して頑張りました。

 一番大変だったのは整理棚の解体です。翌日は流石に疲れて朝は起きたくありませんでしたね。

 資料も整理し、必要な物を分類することが出来ました。昨日どうにか教える場所も出来、第3週から部屋を使うことが出来ます。

         ピアノの後

 
 移動を始める前に先ずピアノを整理しなければなりません。それが済みましたので部屋の中を順次片付けて一安心しました。

 チビ孫の期待はどうなるのでしょうか。部屋の様子はどうなるのでしょうか。親はいろいろと考えているようです。エリカの反応が楽しみです。

          エリカ

 今年の夏も虫取りに励んでおりましたが、部屋が出来ましたら虫籠を積み上げるのではないでしょうか。なんて言いますと私の見当は外れて怒られて仕舞うかも知れません。
 
entry_header

天栄村から舞茸届く

 10日程前の暑さを忘れたかのように日中でも涼しくなり、楽になりましたね。バザールの日も陽が当たらない内は少し冷えるような位でした。テントから体が出ましても暑さよりも温かさを感じた程です。

 福島に住む仲良し方から舞茸が届きました。
 住む所は天栄村と言いますが大字小字の付く番地に毎度今時に?と眺めております。
 所がこの村 頑張っているのですね。今回段ボールを開けてビックリしたのです。

        天栄村の舞茸

 舞茸が初めて届いた時の箱は見てくれなぞまるで関係ないような物で、おまけに箱にぎゅうぎゅうに収まった舞茸でした。それを見て何て素朴なと思い、これをもっと見栄え良くしたらば良いのに―なんて思ったものでした。
 それが徐々に箱も綺麗になり、ゴミも取り除かれて進物らしく見えるような物へと変わって来ました。
 今年の箱を開けた途端にワ―と思わず声が出ました。
 
 天栄村の四季の紹介が書かれておりました。以前からスキーにいらっしゃいとお誘いを頂いておりましたが、大字小字のところでしたし、庭に狸が出て来ると言いますので、食事のこと等で迷惑をおかけしそうで実現をしておりませんでした。
 この箱を見まして急ぎ検索して見ました。
 村の中でいろいろな方が様々な形で頑張っていることを知りました。地震もあったようでそれも知らずお見舞いのメールもしてありませんでした。ご免なさいね。

 野菜高騰と今日も朝からTVはいろいろ放映しております。何処かのお店でキノコだけの鍋料理を紹介しておりました。天栄村の舞茸は使われているのでしょうか。
entry_header

さよならピアノ

 職場の女性で声楽を勉強している方がおりました。1969年のある日 彼女からピアノを買うので一緒に見に行って欲しいと頼まれました。
 駿河台下のスズラン通りの真中辺に福山ピアノという可なり広い楽器屋がありました。ピアノが主で他の楽器はオルガン位ではなかったかと思います。
 店内に入りあーだこーだと眺め店員さんに質問などをし、彼女は自分のピアノを決めました。彼女がやり取りしている間 店内を眺めていますとマホガニー色の素敵なピアノが目に入りました。 
 お宝拝見!じゃない 何でも鑑定団ですね。良く聞く言葉 「中で壺が私を呼んでいるんです」「あの軸が私を呼んでいるのです」
 そんなことはありませんが突然欲しくなり、そう思い出しますと欲しいし買いたいしで、とうとう買って仕舞いました。
 家に帰り「ピアノを買っちゃったわ」と夫に言いますと唖然としております。
 それから大工さんに頼み押し入れの中段を取り払い、床をはがして根太をしっかりと組み直し、待ちました。
 
 そんなピアノですが、二人の娘とその二人の娘の子ども二人 そして私と全部で5人がこのピアノの前に座りました。
 二女の娘の時には鍵盤の上に印をし、汚しもしました。
 
        4歳のエリカ

 この5年ほどはロンドンに住みピアノの構造を勉強している方が帰国しますと調律に来て下さいました。
 
 9月初旬急に訳ありでこのピアノを処分することになりました。誰かに差し上げるにしても古いし、どうすればいいのか思案しておりました。
 夫が「最近新聞に引き取りの広告が良く出ているぞ」と言います。そこでそこに聞いてみようとなりました。
 引き取る前に査定に行きますと言うことで、連絡を待ちました。
 長く見て来たピアノですので記念にとカメラに収めましたら その日の昼間業者の方が見え、査定をしました。
 結果を了承しました。なんと直ぐに運び出すと言います。驚きましたね。

        ピアノ

 今年の調律も夏前に済んでおります。最近は誰も弾かなくなり埃も付いておりました。急に優しくしてあげたくなり柔らかい布で拭いて置きました。
 業者の方は事務的にですがそれでも持ち主の気持ちを汲んでか「解体はしませんよ。中国では古い物はダメですが他の国では使えますからね」と話しておりました。何処の国に行くのでしょうね。
 この日このピアノは1969年製造のものだと初めて知りました。

entry_header

バザールで協力

 10月2日(土曜日) あびこ地区市民まつり 我と孫と子、親子三代楽しめる夢・イベント

          市民まつりポスター
 
 この日 明治大学校友会我孫子地域支部はフリーバザールに参加 出店しました。 今回3回目
 マンドリン演奏会を開催しない年にはバザールに参加します。品物は支部校友の方々から提供されました。
 フリーバザールには業者の出店も多く、眺めますと近くにもそういった方の品物も並んでおります。
 
 支部では実行委員会のような担当者を決め、夏から準備を始めておりました。品物の値付けの日 私は中国から帰国の日で、お手伝いには間に合いませんでした。
 バザールが近くなって来ましたが、我が家の事情でお手伝いは無理ではと思っておりました。何とか状況が少し変わりましたので、早朝からお手伝いをすることが出来ました。

 お天気は晴れ 前回は途中で雨に遭いテントが無くて大変なことになりましたが、今年は格安のテントが用意され日よけになり助かりました。

 係は午前8時半に集合 早速品物を出したり、また値付けの済んでいない品物に値段を付けたりと忙しく動きまわります。

        バザール1

 開店前のセレモニー 全員でカメラにおさまりました。前支部長、幹事長などご覧頂きますとお分かりのように後期高齢者も混じり、平均年齢は? 私は一番高齢?でも一日頑張りました。

        バザール2

 品物が並びますと買い手が控えめに寄って来ます。開店前に欲しい物を選んでおります。今日は売れそうだなーと予感がします。

      バザール3 バザール4

      バザール5 バザール6

 販売開始  先ずタオルのような日用品から売れ始めます。どうしたら目に留まるかと品物をあれこれと並べ変えたり、移したりと知恵を使います。
 3回目となりましたが、何といっても素人集団ですから、時々どうしましょとなります。
 それでも何とか品物は捌けて行きます。高い値の物でも5000円ですが、この値段ではどう頑張っても無理でしたね。少しづつ下げ、おまけも付けてようやく男性の方が買って下さいました。
 品物が少なくなりますと買う方が興味を持ちません。そこで値段を下げ、皆さんで声を上げ客引きをします。
 これって結構面白いですね。可笑しいことに自分が出した物が売れないとヤキモキします。私の出した重い物が売れた時にはホットしました。
 お昼は副支部長の植崎さんのお店 弥生軒さんのお蕎麦を食べました。弥生軒さんも店員さんが何人も見えて売っております。TVで有名になった鶏の唐揚げも山積みされております。
 昭和22年入学したと言う方が奥さんと一緒にお寄りになりました。柏からお出でになったそうで紫紺の旗が見えたのでと、何点かお買い上げ下さいました。
 係の方の知人や友人の方々もお見えになり、それぞれ何かしら求めて下さいました。
 
 時間一杯頑張ったお陰で品物は殆んど売れて、本当に良かったし、また楽しい一日となりました。
entry_header

老人二人旅 その6

 9月25日 夫の誕生日です。 家で何もしなくて済み横着者の私も助かりました。多分夫は「今さら何を」と呆れてしまうでしょう。

 私たちが有馬グランドホテルを出発すると、宿の方々が上の方で手を振って見送って呉れておりました。その中に東條さんの姿も見えました。帰宅後調べて見ましたら客室係として研鑽していることが良く分かりました。

 最後の日は先ず神戸の生田神社へと車は向かいました。生田神社は以前でしたら官幣中社と言う社格の神社です。唯これは昔のことです。今は旧官幣中社と言われます。
 私たちは官幣大社とか中社とか良く耳にしました。女学生の時毎月1日は安房神社と言う官幣大社に日本軍人の武運長久を祈るために片道12キロ程歩いて参拝に行きました。
 
     178生田神社1 181生田神社2

     182生田神社で仲良く 185生田神社

        188官幣中社生田神社

 ゆっくり歩く時間はありません。次に向かったのは神戸港です。メリケン波止場から湾内一周の観光船に乗り、湾内を一廻りしました。観光船の乗船客は可なりおりましたね。港の後ろの山並みも興を添えて呉れます。

     1198神戸港 200神戸港2

     203神戸港3 208神戸港4

 神戸港湾内観光も済み、近くの神戸ホテルオオクラでの昼食となりました。ほぼ5分ほどで到着
 テーブルにつきますとジュースなどをお盆に載せて女性が廻って来ました。「何になさいますか」と言いますのでオレンジジュースを選びました。これは食事後有料と知り、何と失礼なと思ったことです。サービスかのように勧めましたからね。有名なホテルとしてはどうでしょうか。ランチのメインだけ掲載します。

        116神戸ホテルオークラランチ

 昼食後は最後の観光地 京都の東寺です。五重の塔は国宝です。公開しているとガイドの方は説明しましたが、それは違っておりました。打ち解けた女性お二人の方と一緒にカメラに収まり、せっせと歩きました。

      1213東寺 216東寺国宝

         212東寺五重塔

 金堂では真言密教の説明があり一同静かにお聞きしました。どうぞ東寺をクリックしてご覧になって下さいませ。
 東寺を最後に京都駅に到着 時間にゆとりもあり駅構内でお茶を飲み、時間を過ごし「ひかり478号」で無事に東京に到着しました。仲好になったお二人は横浜で下車して行きました。伊勢原にお住まいと。何時か何処かでまたご一緒出来たら楽しい旅になるようなお二人でした。僅かな時間でしたが今回は実に良い旅となりました。
entry_header

老人二人旅 その5

 有馬グランドホテル その2

 夫の78歳の誕生日前夜祭のような夜 ここは神戸有馬温泉の有馬グランドホテルで迎えました。
 大広間には11組のお客の為に席が設けられております。広間は大きくて各テーブルは離れておりますので、お互いの会話は聞こえて来ません。ゆっくり安心してお喋りが出来ますし、気遣いも要りません。ツアーではなかなか難しい所でしょうね。

 9月生まれの人を対象にしたツアーですから、どの席も祝い膳となっております。昨夜知り合った女性の方は一人の方が9月生まれだと話しておりました。
 
 席のお膳の上に大きなクロスが掛けられており、夫も姿勢よく座っております。料理は順に運ばれて来ます。
 何かありチョッと合図をしますと係の方が直ぐ近づき、言葉を受けて呉れます。東條さんは膝を折り丁寧に希望を聞いて呉れます。良い感じですね。夫はアルコールは左程飲みませんので、ビールを少し。
 私は地ワインを頼みました。

     祝い膳1 祝い膳2

         
     祝い膳5 祝い膳6

     祝い膳7 祝い膳8

     祝い膳9 25日朝食

 席に夫のカメラは持って行かず私の携帯で写しました。チョと見ずらいこともありますので、少し慣れなければと思っております。
 24日の料理だけだでなく、25日の朝食も掲載しました。



entry_header

老人二人旅 その4

 明治大学政経学部で長く国語を担当されていた故松山亮次郎先生は一世代とは人が前世代から引き継ぎ次世代へと繋ぐ間のことで、ほぼ30年と常々話しておりました。世と言う字は十が三つでしょ とそれも良く言葉にしておりました。
 私共は次世代に繋ぎ隠居するには今少し若いように思ってはおりますが、体力は確実に衰えて来ております。
 80歳近くになって見ますと生きているのを不思議に思うこともしばしばです。子どもの頃田舎で見る老人は60歳を超えている人は少なく、長生きだね―と言われる人でも70歳台そこそこでした。ですから高齢になった姿を写し見せて呉れている人は殆んどいないと言っても差し支えないことでした。
 
 それがこうして二人でツアーであっても旅が出来ると言うことを喜び、感謝をしております。

 有馬グランドホテル その1
 今回の旅の二日目の宿は神戸の奥の有馬グランドホテルです。
 夫も私も今まで泊まった旅館とは異なった満足感を味わいました。設備、サービス、館内の気配りなどなど
 通された部屋の広さや設備に先ず目を瞠りました。贅沢なだけでなくセットされている部屋の様子
 ご覧ください。

      162有馬グランドホテル1 170有馬グランドホテル5

      173有馬グランドホテル6 165有馬グランドホテル3

      4166有馬グランドホテル 168有馬グランドホテル4

      164有馬グランドホテル2 7111有馬グランドホテル

            7110有馬グランドホテル

 フロントで迎えの男性に荷物を持って頂き、部屋に入りますとその男性は丁寧な態度で部屋の説明をします。
そしてお茶を入れて呉れました。
 戦時中女学校で教えられたお作法の様式通りの立ち居振る舞いです。退室する際の正座での御辞儀 後ろへと下がる拳の置き方。もう感激しましたね。どちらで勉強されたのですかと思わず訊ねて仕舞いました。
 これはこのホテルの中で訓練されているようですね。この男性は東條隆正さんと言う方です。

 話が前後しましたが、部屋は数人で泊まれるようです。布団をお敷きしますかと聞かれましたが、ベットにしました。トイレも洗面台も二か所 ベットルームのTVは見易いように高い位置で少し下へと向けてあります。
 セーフティボックスと浴衣の置き具合から4人が基準ではないかと思いました。

 このような大きさが普通ですかとお聞きしますと、このホテルは家族連れの方が多く、このように大きくしているのだそうです。

 下から二番目の写真をご覧ください。黒い塊が壁に付いておりますね。これは靴を履くとき、また出かけるときに左手で掴み、よろけるのを防いでいるのです。勿論上がる時は右手で支えるのでしょうね。
entry_header

老人二人旅 その3

 京都花見小路の花郷までは車は入れません。食事を終えて私たちはバス乗り場まで行き、直ぐにそこを出発
 23日の宿はアランベールホテル京都 大きくはありません。
 部屋に入りますと猛烈な煙草の匂いが充満しているような感じです。一階に水を買いに行き、そのことをフロントの方に伝えました。対応は素早くすぐ別の部屋に移ることが出来ました。
 翌朝食事を摂りに行きましたら、外人で一杯です。若い人は短パンやラフな姿で座っております。空いているテーブルの席を探しましたが、何処にも日本人だけのテーブルはありません。そこでとに角座りました。
 ドイツ語らしき言葉が聞こえて来ます。「グーテンモルゲン」と挨拶しますと若い女性がにこやかに此方を見ました。「やっぱりドイツ人かしら」「そうかも」と言いながらブフェの和食を摂りましたが、外人は和食ではなく外人らしい食事です。見たがり屋はさりげなく見ます。量が凄いのです。それに食べる物の順番など無いようで、次々といろいろと食べます。私はため息が出そうです。
 
 旅の二日目 最初は平安神宮 その後は神戸へと向かい南京街散策と各自で食事 その後は北野地区異人館街散策ということになっておりました。
 二日間で彼方此方廻ろうと言うのですから、忙しいような気もしますがまあまあゆっくりと歩きました。
 旅のことを早く載せたいので急ぎます。写真を見て頂き想像して下さいませ。

       104平安神宮1  119平安神宮2

       045平安神宮電車  120平安神宮3

       046平安神宮鯉を写す  123平安神宮4

              130平安神宮5

 平安神宮には中国人は全くおりませんでした。外人は中高年の方が殆んどですね。庭園は聞くところによりますと一番花が見られない時期だそうで、確かに萩の花をチョッと眺める程度でした。社殿の前で記念写真を撮りましたが、何時も通りの位置になって仕舞いました。

 バスは神戸南京街の入り口まで進み、私たちはそこで下車  一昨年行きましたので道筋の様子は分かっております。アルパカのベストを買った店もあり、店頭で店員さんとお喋り
 広場の中では仲秋節の催事が26日までと言うことで、皆さんが寄っております。数日前中国青島の五四広場で見たような姿をした男性が人を呼んでおります。
 食べるのは何でもそう変わり映えはしないと、飲茶のセットを頼みましたが、それでも食べ切れず残して仕舞いました。
 旗袍の店は少しも変わっておりません。やはり欲しくはない物ですね。

       1136神戸南京街  058神戸南京街食べ物屋

       053南京街飲茶  144神戸南京街広場

          142神戸南京街旗袍

 中華街を出発しこの日の最後の観光は神戸北野地区 駐車は北野工房のまちの駐車場です。そこから異人館を目指して歩き始めました。予想外の長い坂道で心臓の悪い夫は息使いが粗くなり、可哀そうな位でした。異人館広場で暫らく休みやっと二館に入り見学することが出来ました。

       065萌黄の館  068風見鶏の館

                トイレ中国語での注意

 中国では落とし紙を流すことはホテル以外では先ずありませんので、親切な注意書きが貼ってありました。写しちゃいましたよ。
 夫はへばってベンチに暫らく座り、息を整えて駐車場へと向かいました。途中でタクシーを見つけてやっと駐車場に辿りつきました。

               休憩する夫

 昨夜は余りのことに夫をよけて仕舞いましたが、今回は彼を尊重してこ場で見て頂きます。

 二日目の宿は有馬グランドホテルです。 ホテルまでの道中殆んど居眠りをして仕舞いました。
entry_header

老人二人旅 その2

 今回のツアー 売り言葉は~舞妓踊りと京料理に舌鼓~9月生まれの方に贈るハッピーバースデーお祝い旅 
 夫は9月25日生まれ このツアーの最後の日が丁度誕生日に当たります。
 私の青島旅行中 夫の心配は全くしませんでした。今は生活様式は昔と違いますしね。僅か三日位でしたら食べ物は冷蔵庫の中を覗くだけで何かしらありますし、洗濯だって洗濯機がやって呉れますしね。
 私は結婚した時から夫の身の廻りのことは全くしておりませんし、夫も全て自分でやっておりましたから、一人家に残って過ごすことは気にしてはおりません。(これは私が勝手に想像しているんですがね。本当はどうでしょうか)
 ゆったりとゆったりとが良いですね。金閣寺を後にして一行は祇園に向かいました。食事は花郷です。
 
          017花郷入口

 時間は充分にありました。それぞれのペアーは向い合って座りました。何だか良いね―とキョロキョロしている私たち夫婦と同じ様に周りの方も気分よさそうにしております。
 料理が並び始め、飲み物も運ばれて来ました。頃合い良しとばかりに舞妓さんが入って来ました。
 お客の間に座り、挨拶をしながらお酌をしております。座が和んできましたね。勿論私の傍にも座り、祇園言葉と言うのでしょうかね。柔らかい言葉で話してきました。
 沖縄から此方に来たと言います。理由を聞きましたら沖縄へ見えた舞妓さんを見て同じ様な仕事に就きたいと思ったそうです。
 着物は豪華ですし、帯止めも凝っております。知りたがり屋は聞きました。「着物は季節に合わせ、それに全て合わせるのでしょうから大変ですね」「ええそうです。でも私はお茶屋さんからお借りしています」
 正直で良いですね。曖昧な返事でしたら他のいろいろと想像して仕舞いそうですからね。

 料理は何れも凝っておりますし、丁寧です。隣の方はこの11組の中で唯一の女性二人です。直ぐに話が弾みました。お二人はクラシック歌曲を勉強していると。先だって発表会があり、それぞれ独唱をなさったそうです。
 私たちの会話はいろいろと広がりました。料理が運ばれて来ますと、またその材料や味に話が行きます。
 そこで私の携帯が出て来ました。撮りましたのがこれらの料理です。

     019料理1 021料理2

     027料理3 028料理4

     029料理5 032料理6

          038料理7

 私は今まで料理のブログで画像が斜めになっているのを良く目にし、それは何と素敵な写し方だと感心しておりましたが、こうして自分で写して見まして発見したのです。皆さん携帯の使い方が上手なのではと言うことです。
 料理は残念ながら全部は食べることは出来ませんでした。美味しいのにね。

 食事が終わりになり、舞妓さんの踊りを見せて頂くことになりました。角度が悪いので夫のカメラで撮って貰いました。

         祇園舞妓の踊り

 踊りの中で手を打つところがありますが、手を打つがのように合わせて音を出しません。良く見ますと袂に上げをしてあります。何だか可愛く感じましたね。髪は結い手入れは大変だそうです。知りませんでしたが舞妓さんは自分の髪ですが、一本立ちすると鬘を使うのだそうです。それにしても枕も慣れないと大変でしょうね。
 食事も終わり、舞妓さんの踊りも済みホテルへ向かうことになりました。

 外に出ますと中国人の方が大勢花見小路を歩いており、珍しいものを見たそうにしております。そこへ舞妓さんが出て来ました。中国人は一斉に傍に掛け寄って来ます。

          外に出て来た舞妓さん

 この左側は夫ですが、余りに色が違いすぎて可笑しいのでカットしました。失礼します。





 
entry_header

老人二人旅 その1

 最近夫も私も頓に体力の衰えを感じております。ボの字とまでは行きませんが二人で一人前の様なものです。
 旅もハードスケジュールには付いて行けなくなくなりましたね。
 バスで行くのも便利で良いかなと何回も試しておりますが、どうも疲れて仕舞います。特にバスから降りるときの姿勢は腰が伸びず、足もスムーズに前に出て行きません。旅の楽しさに食事もありますが、どうも頑張れません。食が細くなり「カニ食べ放題」とか「バイキングで満足」なんて敬遠して仕舞います。
 そんな訳でツアーでそれも「夫婦二人旅」をメインにした旅に段々移って来ております。
 今回は京都、神戸と廻って来ました。

 金閣寺
 
 9月23日 東京駅11時40分集合 この集合時間は楽ですが、集合場所を何回も確認して仕舞いました。初めてではないのですが、東京駅の風景が変わっているのですね。 昔 私は自慢する程ではありませんが、都心でまごまごするなどとは経験したことも無く、すーすーと行くことが出来ました。まー仕方がないかと言うところです。
 
 東京駅12:03発 ひかり471号車 参加者は11組 22名のツアーです。
 京都駅14:48着 小田原辺りで停電がありましたが定刻に京都に到着
 昨年瀋陽の駅で出発が1時間以上も遅れたのが思い出されました。日本の鉄道は凄いですね。

 京都駅から大型バスで鹿苑寺へと向かいました。 有名な金閣の舎利殿が寺の中にあり、通称金閣寺で通用しますね。1950年に焼失しましたが1955年10月10日には復興の落慶法要が営まれております。
 金閣寺は皆さまご存じですが風景を並べて見ます。とに角中国人の観光客には驚きましたね。全体を見回すと半数以上は中国人のツアーの方々に見えます。中国人のガイドが説明をしております。私たちはバスの中でガイドさんから寺院内の説明をお聞きしておりましたが、時間があれば矢張り一緒に歩き説明をお聞きしたいところでしたね。
 今朝のTVでは中国からのツアーでの一番人気「黄金路線」は成田から入国 東京から富士山そして京都、関空から出国。ですから京都の街には中国の方が多く見られました。

      065金閣寺案内板  066金閣寺入り口

      金閣寺お札・案内  067世界遺産金閣

      071金閣寺  073書院

      076陸舟の松  080売店の外人

      084龍門の瀧  086白蛇塚

      087金閣寺  088夕佳亭

               090石不動

 私のデジカメの電池の一個は劣化しておりました。金閣を写している内に電池切れとなり、交換しようとしましたら電池の上の金具のような部分が壊れて仕舞い、どうしても電池の交換が出来ません。ツアーで一緒の親切な方がいろいろと試してみて下さいました。結局仕方なく以後携帯で写すことになりました。
 今まで使ったことは数枚しかなく、一体何枚撮れるものかと心配しましたが、以外にも沢山写せることを知りました。
 ここでの画像は夫の写したものです。 

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog