FC2ブログ

2011-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

昭和通りのことから

 今回の東日本大震災からと言うもの何かといろいろなことを整理しております。
 夫と写真も眺め、昔を語り合い、アルバムの中の誰彼を偲んでおります。姑は東京生まれでしたので、関東大震災も経験しております。と言うこととは直接関係はないと思いますが、古い昭和通りの写真がありました。
 恐らく昭和一桁台の物ではないかと思っております。

             昔の昭和通り

 この昭和通りを作ることについては関東大震災を経験した当時の東京市長の後藤新平の決断に依るものだと聞いております。
 確かに私が東京に出て来た頃の昭和通りは広く感じたものです。今はそれはそれは物凄い交通量で驚くばかりです。地震の後だけに改めてこの歴史を読んでみました。この写真を見てから数日後TVで後藤新平のことが取り上げられておりました。

      関東大震災から学ぶ  関東大震災から学ぶ

 関東大震災からの教訓は生きていたのでしょうか。決してそうではなかったと思って仕舞いました。
 広い道路も今のような東京の実態から見ますと、決して広すぎるようなものではありません。
 私が若いころ、名古屋の道路が立派だと聞いておりました。名古屋の道路が第二次大戦後に作られた経緯を見てみますと、信念を貫いた田淵寿郎さんと言う方がいてこそできたのだと知りました。
 地震とは限りませんが国や大都市が災害を被った時、後藤新平や田淵寿郎といったような人が出て呉れるのでしょうか。大変気になります。

 日本は地震の国と言われております。これは返上することは出来ません。このような国に住む私たちは何を知り、何を考えなければならないのでしょうか。昭和通りの写真から調べて行くうちに福和伸夫さんと言う方の講演の記録を見つけました。読むうちに恐ろしさに身が震えました。
 このような資料が示すような事柄を国の指導者の方々は知っていたのでしょうか。
 
 国は人あってこそ国です。今こそ国民の安全と保護を第一に政府は困難を克服して取り組んで行って欲しいと願っております。
スポンサーサイト



side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog