2011-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

再び寿司話

 前々回寿司話をアップしました。日本人にとってはお寿司は昔は晴れの食べ物だたっと言えましょう。
 勿論江戸前の寿司談義になりますと、屋台だとかチョッと抓むとか出て来ますね。
 日本中様々なお寿司に出会い、そして味わうことが出来る時代です。以前は家庭でも作られ、またもの日には作りお配りをするのも田舎での楽しみな食事情でした。初午の時親戚から届く野菜の五目寿司も思い出します。それは日本が負けてからは食糧事情も悪くなり、段々届かなくなりました。今は多分そのようなことは途絶えていましょう。
 田舎のスーパーでもお寿司はパックで買えますしね。我が家でもこのところ良く買います。
 先日のは1000円でしたが昨日の昼 娘たちが出先から連絡があり、昼食を一緒にと買って来ました。夫の分は980円の握りです。一人前半という分量です。この握りを買ったのはこの辺では品物も良く値段もそれなりのスーパと言うことで、高齢者の方に人気があります。カツドンとか豚ショウガ焼き弁当なども小ぶりです。

         京北のすし

 丁度昼食を食べ終わった頃 一階の魚屋から電話が入りました。「奥さん良いマグロが来ているよ。塩イクラも上等なのが来ているよ。見に来て」と
 暫らく経ち見に行きました。マグロも間違いなく良い物です。「でもね。今日はお昼にお寿司を食べちゃったんでね。マグロは要らないわね。スルメ烏賊を貰うは」と話序でに「ね~おじさんこのお寿司見て」と先日の1000円のと昼の980円のお寿司を見て貰いました。
 「これは何処のかね」「1000円のはエスパ。980円のは京北のよ。結構良いでしょ」
 「そのエスパって何処にあるんかね」「ほら6号の傍にあるでしょ」
 「分かんないね~で京北ってのは} 
 「京北は手賀沼の通りよ」
 「手賀沼?それは分かんないな~」
 「手賀沼分からないの」 これは困りますね。周辺の店を知らず、売っているってとても凄いことではありませんか。それでもおじさん何かを感じたらしく、店内から数人の従業員を手招きし、私の携帯の写真を覗かせました。画像を広げて見せますと彼は即言いました。
 「これから俺見に行って来るよ」きっと気になるお寿司でしょう。
 それにしても手賀沼も分からない人がやみくもに出掛けても、まごつくかも知れないと思い、レジを済ませてから地図を書き、渡して上げました。
 「行って来るからね。勉強になったよ」と素直な態度です。魚を見せた時の威勢はどこかに行って仕舞いショックを与えたようです。
 でもね。折角出来た魚屋ですから、近隣の品物も良く調べ良い物を提供して欲しいのです。大事なお店は守ってあげたいですよね。
entry_header

どう展開するのでしょう

 老人とは言え 生活はして行かなければなりません。日毎日毎のニュースも気になります。
 長く続いた自民党による政治から、民主党へと舵が切られましたが、災害が大きな問題となって、それをきっかけにして国民が政治とは何か?政府とはなにか?そして政治家とは何か?と疑問を感じて過ごすようになって来ますた。地震や津波による被災地の方の発言には実に心を揺さぶられます。原発事故による福島の方々の声も大きく耳に入って来ます。
 昨日は大阪でのダブル選挙の結果が報じられました。様々な意見も報道されております。歯切れの良い方。何だかどうも歯切れの悪い方。いろいろです。
 解説は概ね同じ様な言葉でくくられております。いずれも多くの庶民が言えるような内容です。
 さあ~監視して行きましょう。
 高齢者も人ごとのように思わず目を向けて参ります。

      朝食11月28日

 この選挙の結果が今後の日本の政治や行政にどう関わって来るのかは、よく見ていたいと思っております。
entry_header

寿司話

 何が好きかと聞かれたとしますね。即返事の出来るのは「お寿司」ですね。極端なことを言いますと毎日でも飽きないと言えそうです。でもそうは言っても毎日続けて食べたことはありません。ま~2日に一回位は良くあります。
 自分で握るのも好きですが、最近は滅多には握ることはありません。近所に寿司店は一軒ありますが、昼は開いておりませんし、夜行くには気乗りがしません。何となくつまらないような気がします。都心に出ることもなくなりましたから、結局食べるとなりますと近くのショッピングセンターの食品売り場に並ぶ物となります。
 昨夜は長女が買い物序でに買って来て呉れました。
 1000円のが750円になっていたと言うのです。

        1000円寿司

 数日前開店した一階の魚屋のお寿司も買って見ましたので、元気者のおじさんに見せて上げようと携帯で写しました。何だか綺麗で1000円にしては安く感じます。おじさんの反応はどうなりましょうか。きっと魚が違うよと言いそうです。

 良く耳にすることですが。寿司と天ぷらは日本の代表的な料理と外国人には思われているようですね。長女がシドニーに住んでいた時、現地の方は日本人の家に招待されると必ず寿司と天ぷらが出ると思っているらしいと話しておりました。海外に出かける前に寿司と天ぷらは出来るようにして置くと良いでしょうね。出来ると株が上がることでしょう。
 
 昔々私はたった一泊のロンドンでの夕食なのに和食の店で寿司を頼みました。その寿司職人は若い日本の男性でした。その時のことは思いだしては話題にして仕舞います。 その夜の店内は私たち夫婦と外人の一組だけです。外人は日本酒を好きだと言いながら若い女性や仲間らしい方とチョと騒がしくしておりました。
 お寿司はなかなか出て来ません。それもそのはず寿司を握る様子を見ますと、種を手にし、彼方此方眺めまわしております。やっとご飯を握りながらまた何だか眺めており、手が動いておりません。
 「何をしているの~こら~魚が腐ってしまうよ~」と怒鳴りたくイライラしておりました。日本では考えられないようなノロさです。こんな職人では雇われないでしょう。だからロンドンでしょうか
 今は世界でも多くの都市に回転すしがある時代ですから、このような職人は通用しないと思いますね。

 あの~スパーのお寿司を食べるのだから贅沢は言えませんが、お寿司のご飯はほんのりと温かいのが好きです。自分で握るとそれはそう出来ますよね。大きい声では言えませんが、一番良い種を自分用に握れると言うのもまた良いですよ。
entry_header

連絡を頂きました

 去る7月28日 私は皆さまから寄せられた浜岡原発廃炉を目指す署名簿を「原発震災を防ぐ全国署名連絡会」に送りました。多くの方から署名を頂き、またカンパも預かりました。カンパは連絡会にお送りし、預かった方には領収書を添付でお送りしてあります。
 集めた人数がまとまっていたのでしようか。署名が1,001,726筆に達し、「署名集めを終了します」ということを知らせて下さいました。
 浜岡第一原発は停止しておりますが、今後は廃炉まで運動がすすめられて行くと思います。さらに浜岡原発の永久停止を求める運動が進められます。
 高齢者の方が原発反対のデモに行かれているニュースも眼にします。歩けない私はせめて出来ることをと私なりに何かしらしなければと思っております。

         連絡会ニュース

 会計報告も掲載されております。署名簿を送っていますので、皆さまのお名前は把握できません。そのようなことで皆さま一人一人にご報告出来ませんが、有難うございました。
 私の他に纏めて送って下さった方々 有難うございました。
entry_header

お気にいりの物

 何かと歳を枕にしたもの言いになりますが、高齢になりますと洋食を食べに行くことは滅多にありません。
 私宅では朝は和食 昼は麺類などいろいろ 夜は魚と肉の簡単な物が一品それに野菜の煮物や酢の物など。
 代わり映えがしませんが、二人はそれなりに満足しております。それでも偶には力の入った物も作りますよ。

 30年程前から取り寄せが増えて来ております。2006年からは富山の瀬戸さんから味噌を送って頂いております。削り節や大豆、出し昆布などは御徒町の星野商店 お茶は静岡から。
 夫の好きな有明海で獲れる海茸とホタテの粕漬けは高橋商店から まあ~いろいろとありますが、最近はそれに一つ加わったのが九州からの肥後なす 肥後なすには秩父の観音味噌を取り合わせて頂いております。柚子味噌も20年ほどになりましょうか。

 肥後なすは毎週送って呉れます九州の稲田青果店の野菜の中に入っております。野菜は孫の為に、福島原発事故のあとから取り寄せております。私は我孫子産の物も出来るだけ買うようにしております。

 この肥後なす 今がシーズンなのか分かりませんが、今のところ取り寄せることが出来ますので、毎週我が家の為に一本だけ注文します。このなす実に美味しいのです。なすは油と合いますので、一回に半分を油を少し引いて焼きます。そしてそれに柚子味噌を掛けて食べます。
 一緒に頼む他のなすも美味しいのです。ですが肥後なすは別格のような気がしております。

       肥後なす  ゆずみそ

                朝食11月26日

 今朝も肥後なすの柚子味噌添えは出て来ました。(出したのです)観音味噌はふろふき大根や蒟蒻、里芋などの田楽味噌にも利用できます。年中切らさないように取り寄せております。
entry_header

パンフレットが額に収まる

 昨年は2回中国青島に出掛けました。4月は一人でしたが9月には四人で楽しく過ごして来ました。 
 私には9月は4月のおさらいをするようなことでしたが、他の人には初めての経験となったことでそれなりの勉強にもなったことと思います。
 先日9月に同行した生徒さんが是非見て下さいと額を抱えて見えました。
 それは青島の楊夫人の処のパンフレットを額にしたものでした。
 パンフレットは頂いた物です。楊さんとはホテルでお目に掛かり、お店にも行きました。素敵な渋い高級感一杯のお店です。
 パンフレットは手書きのような味わいを持っており、紙の質も良く楊夫人の姿勢を感じさせております。

           パンフの額

 この額は柏の「いしど」と言う専門店で作って頂いたそうです。私も「補子」はこのいしどで仕立てて貰っております。額の価格は可なり掛かっておりますが、パンフレットは頂きものです。生徒のセンスがこれを額に仕立てさせたのです。元々のパンフレットも掲載致しましょう。

           楊さんパンフレット

 楊夫人のお店に飾られている旗袍(チャイナドレス)品が良く、日本で紹介したい位です。

      楊夫人の店内1  楊夫人店内2

 昨年お会いしたの旗袍はとてもシックで大人の寛容さを感じさせられました。物静かな楊夫人とウェイウェイさんに今年もお会いしたいと思っておりましたが、実現出来ませんでした。
entry_header

オープニングは“白雲なびく”

 10月29日に開催しました明治大学校友会柏地域支部、我孫子地域支部主催 流山地域支部後援の第6回明治大学マンドリン倶楽部演奏会のDVDが出来あがりました。

               DVDマンクラ

 初めてのことです。リハーサルからの収録は商業ベースの物とは違いますね。面白いです。私はあの日リハーサルは曹さんと上手く合うかどうかが気になり見ておりました。
 当日のことは先にブログにアップしましたが、盛況でした。プログラムの1部と2部は会場で見ましたが、3部はロビーで見ただけでしたので、このDVDで見ることが出来ました。3部はとても盛り上がりましたよ。お客さんと一体になっての熱気が良く分かりました。曹雪晶さんの二胡演奏は力強く、改めて感動しました。

      マンクラ1  マンクラ2

      マンクラ3  マンクラ4

 私はどれほどマンクラを聞いたことでしょう。毎回何時も何処でもオープニングは校歌です。
 先日NHKで古賀政男特集を放映しておりましたが、矢張りオープニングは明治大学マンドリン倶楽部の学生による校歌演奏でした。学生服の襟のバッチは今何処で買うのでしょうか。明大マート?
 今回の指揮者は女性でした。私には初めてです。とても華奢なように見えますが、心は骨太かも知れませんね。
 花束贈呈の可愛い子ども その仕草は会場を思わず湧かせました。
 DVDを見ながら夫との会話「家の子も可愛かったね」そう我が家の長女の娘 第1回と第2回の演奏会で花束贈呈をさせて頂いたのです。
 DVDのラベル 当日の記念写真です。前列の小さなおばーさん見えますか 右三人目は曹さん 左隣はバスケットボールで活躍しオリンピック2回出場をされた今泉健一さんです。
entry_header

何時も応援気分

 昨日は風雨が強く中国語の講座が終わり柏駅に行きましたのが6時10分頃 電車が風の影響であちこちで遅延しております。家に着くなり何となく疲れた気分で、食事の用意がしたくなく、冷凍食品を出して凌ぎました。
 
 昼食は親しい大学の先生と一緒 先生は何時もランチ 私は麺類 そして追加にコヒーと決まっております。
 12時からほぼ3時20分までお喋りが続きます。情報交換と一緒に時事問題や話題になっている様々な問題をお尋ねします。昨日もいろいろと勉強させて頂きました。
 柏そごうの14階の桃園は廻るレストランですが、先ず満席になっていたことはありません。ファミリーレストランとは比べられませんが、時間が長くても嫌な様子を感じさせません。
 廻りながら見下ろすと周辺の様子もその都度変化があると知ります。昨日は今まで一度もなかった雨の風景。
 柏駅東口のダブルデッキの工事がされているようです。雨ですから工事の様子は見られませんが「こうして見ますと傘の風景が良いですね。ところで何時かでしたか、デッキに人が集まりましたね面白かったですね」「そうでしたね。阿部晋三さんが見えてね。あの時は選挙だったのですね」
 これを見たからって選挙の応援気分ではありません。何時も二人は明治大学の応援気分です。
 
 雨で灰色になっている風景は上手く写るでしょうか。試して見ました。

      柏駅デッキ  雨の柏駅

 雰囲気は何となくでていますね。少し小降りになって来ておりました。これでは全体が暗くなって仕舞いますので、焼きそばの写真を載せましょう。

               季節の野菜焼きそば

 これがこうして見ますとチョッと青梗菜が多いですね。初冬の野菜と言いますと何が代表的なものでしょうかね。キノコ類?大根?これは合わないでしょうね。人参は色どりにも良いですね。白菜も中華料理には良く合いますね。
 ま~何でも良いでしょ。美味しければね。

entry_header

リニューアルではなかった魚屋

 マンションの1階は極小さなスーパーです。
 肉屋、魚屋、八百屋と一般的な食品 それでもとても役に立ちます。まして我が家は雨でも雪でも傘要らず。
 このスーパ―の魚屋 数日前リニューアル中と掲示を出して、品物を片付け、ケースは空になっておりました。それが一日程過ぎましたら、何だか見たことのない男性数人が調理室で何やら話しております。
 私にとっては魚屋があるとないとでは生活が大違いです。気になってなりません。
 「リニューアルするんですか」「そうだよ~明日は並べるよ~」
 一昨日の夕方見に行きましたら、僅かですが魚が並んでいます。形の良い鯵を3尾買いました。
 「腸を出して頂けますか」「今夜食べんのかい」「そうよ」「塩振ってあるからね。そのまま焼けるよ」
  
 こうして一日目が過ぎました。昨日はお寿司も出すと言うので、昼に買いに行き一人前買って来ました。
 夕方また見に行きますと「タイラギ」が二枚あり、これはこれはと一枚買いました。
 「身を出して頂けますか」「刺身かね」「そう珍しいわね。ホタテより美味しいわね」「そうだよ。好きかね」
 「好きだけれど滅多に見ないわね」「殆んど出ていないよ」
 「お寿司ね昼に買って見たんだけれど、家の好みだと酢がもうちょっと効いた方が良いんだけど」「甘い方が良いっていうお客さんもいるんだよ」
 何だかなかなかタイラギが出て来ません。覗きますとレモンを切ったりしております。
 「何だか立派にして呉れているのね」「折角だろ。綺麗なのが良いだろ」
 言葉は少し乱暴と言いますか、ぶっきらぼうです。タオルを頭に巻き、如何にも魚屋っと言う感じのおっさんです。
 「あの~家はサーモンの握りは好きじゃないんだけれど」「そうかい。そんなら今度さ~来たらサーモン抜きって言ってくれれば、そのように作るよ。米はうまかったろ。朝から団扇であおいでいるんだよ」
 「私ね真鱈の真子が好きなんだけれど、入荷したら教えてね」「電話をしてやるよ」
 と早速話が通じました。
 魚屋はリニューアルではないのです。店内の一部として見れば確かにリニューアルと言っても良いのかも知れませんが、店舗の入れ替えでした。広告をみて分かりましたが事際の開店は明日です。この数日は良く言うプレオープンと言うのでしょうか。

           タイラギ刺身

 魚屋のおじさん一所懸命に作って呉れました。「そのままだせるよ~」と言われましたので、別皿に移さずに頂きました。
 さ~問題はこれからです。これからもこんなに丁寧に作って呉れるのでしょうか。そして活きの良い魚が並ぶのでしょうか。
entry_header

何を作っても多すぎる

 79歳と80歳の二人 毎日三食を食べなくても苦痛に感じなくなっております。
 病院での検査日 食事抜きで出かけますが、以前は帰り道チョッと何か口にしたくて、スーパーのタコ焼きを食べたりしました。それが今はどうでしょう。食べますと夕食にすぐ応えます。
 煮物をするのも好きですし、保存食を何かと作って仕舞います。全て作り過ぎになります。
 で朝食の中身は出したり仕舞ったり。毎日見たようなものが並びます。
 それが不思議なんですね。若い時そう60歳位までは珍しい物が欲しかったり、食べたかったりしましてね。外出先でも買って来ました。今はそのよなこともなくなり、僅かな残り物でも食べ切りたいのです。
 食事中に娘が寄りますと、少しは残りも減りますが、毎日とは行きません。

 寒くなりますと夕食に鍋物を用意します。鍋の中身はその時の私の気分次第 さっぱりしたもの、少し濃いもの、野菜多めのもの。 味もいろいろです。分量は出来るだけ少なくとは思いますが、そうそう少なくは出来ません。
 である程度の分量を作りますから、必ず、間違いなく残ります。
 その残りは麺を入れて食べたりしますが、おじやも良いじゃないと。今日もおじやにしました。
 味は醤油 中身は昨夜の野菜や肉団子それに豆腐等をお玉で少し、切り分けました。
 二人分ですからご飯もお椀に軽く二杯 仕上げは食卓に全てが揃ってから。
 割卵二個を流して出来上がり。

     溶き卵を掛ける  チョと蒸す

 溶き卵の流し込みって結構気を使います。溶き卵を鍋の中心から掛け始めます。鍋の中心は温度が低いのです。そこで先に卵を入れませんと、周囲の方では卵が固まってしまい、美味しくなくなって仕舞います。
 よーく眺めていますと、ある程度になったと思いましたら、火を止め鍋の蓋をして、チョッと蒸します。そして蓋を取り食卓に持って行きます。

              朝食11月14日

 今日は朝刊は来ません。どうして新聞社はカルテルのように一緒に休むんでしょうね。
 こうしておじやにしますと、無駄がなくなりますね。少しは主婦の心の痛みも薄らぎます。これからはこの手で行きましょう。

       
entry_header

タイの洪水は?

 タイでは毎年モンスーンの時期があるようです。今年は7月から雨が降り続き、北の方から南へと水が広がって、既にバンコクでも生活が脅かされているようです。
 今朝の報道によりますと、特に衛生の面での心配も大きくなっている様子
 それでも段々ニュースの量が少なくなって来ておりますが、被害は広がっていないのでしょうか。
 
 1997年10月 私と夫はタイ、シンガポールと廻って来ました。自分が足を運び知った土地のことはとても気になります。
 小学校のクラスメートのいさむちゃんの息子さんがタイに出張したと聞きましたので、そのごどうされたか気になっておりました。
 今回の出張は10月4日に日本を発ち、19日に帰国されております。カシオに勤務 カシオ山形がタイで時計を作っているので、応援に行ったそうですが、今回の大洪水の影響で仕事が出来ずに帰国されました。
 出張中と言う時に、写真を見せて欲しいわと伝えてありましたが、今回のでは無く、9月11日にアユタヤ方面を旅したものが送られて来ました。
 沢山画像がありますので、特に順を追わず先ず掲載しましょう。(仕分けが難しい?そうでもないんですがね)

     タイの風景写真-1  タイの風景写真-2

     タイの風景写真-3  タイの風景写真-4

     タイの風景写真-5  タイの風景写真-6

     タイの風景写真-7  タイの風景写真-8

     タイの風景写真-9  タイの風景写真-10

     タイの風景写真-11  タイの風景写真-13

      タイの風景写真-14  タイの風景写真-15

      タイの風景写真-16  タイの風景写真-17

               タイ(象に乗って)-2

 私たちが行きました時、物価の安さに驚かされました。仏教国と言うだけに、幾つかの寺院を見学しました。
 仏像にひらひらと沢山の金箔が貼られております。上へ上へと重ねられ貼られております。貼る余地がなくなったらどうずるのかと、ガイドに訊ねましたら、全部剥がして金箔はまた貼られるのそうです。
 何だか以前聞いたことのある北京の毛沢東の安置してある場所での献花に似ておりますね。溜まると綺麗にして、またそれを使う? 寝釈迦も見ましたがこれには貼られておりませんでしたね。
 アユタヤへ向かう途中日本人街の跡地へ寄りました。写真でも見られますね。そこで私は突然小学校で習った「山田長政」の歌を思い出したのです。思わず声に出して歌いましたが、知る人は一人もおりませんでした。
 でアユタヤですが、私たちが行きました時には見学者は少なく、階段を上りゆっくりと眺めることが出来ました。
 いさむちゃんの息子さんは象に乗ったそうですが、とても揺れて驚かれていたそうです。
 私もアユタヤからの帰り道、小さな公園で象に乗りました。何だか夫はチョッと怖かったようで、乗りませんでした。バンコクに戻り、夕食に向かいましたが、その渋滞ブリが酷く、今も思い出します。
 
 今回のご子息のアユタヤコースは下記の通りです。
 アユタヤ日本人村跡地→ワット・ヤイチャイモンコン→ワット・マハタート→象に乗って散歩(約10分)→ワット・プラシーサンペット→チャオプラ川の川下りクルージング

 今起きている洪水の規模の広さには想像も出来ません。ヤフーでの画像はアユタヤだけでも88600件もあります。タイに住む方や旅行者、また報道機関の物も沢山あるのでしょう。
 
entry_header

筋肉痛でした

 3月11日の地震でマンションのエレベーターが止まりました。
 我が家は4階 それでも何回か上がり降りするのはきつかったのでしょう。確かにフウフウ言いながらでした。
 どうもそれ以来下肢がおかしいのです。こんなはずではなかったと、あれこれ思いを巡らします。
 オパール・ネットワークの佐橋さんが何時も口に出す「人生には登り坂、下り坂、まさかの三つの坂があるのよ」そのまさか?おかしいんですよ。地震の前にNHKの講座では座っていることもありますが、教室内を歩きますし、往復の乗り物でも特に問題なく過ぎていたのです。
 痛みは一向に取れません。毎日毎日何だろうと。
 ところが先月10月5日 病院に行きましたら「悪玉コレストロールが多くなっていますよ。これ以上数値が高くなりますと、このような症状が起きます」「先生どうすればいいのですか」「運動と体重を落とすことです」
 成る程そうでしょうね。体重が重いのですから、そう言われますと納得
 そして下肢の痛みは体重の所為かと、それまでに歩いていた夕方の散歩にも精を出しました。食事のコントロールも始めました。体重は少し落ち、歩きもしております。
 それでも痛みは続き、特に一昨日の夜は腿が痛く、気分も落ち込みました。ワインも何時ものように欲しくはありません。
 夫に医学書で調べて貰いましたが、何も分かりません。
 昨日は夫の診察日でしたので、一緒に行こうと思っておりました。
 ですが “そうだ整体に行ってみよう” と夕方予約が取れましたので、出かけました。
 症状のことと思い当ることを伝えました。
 「筋肉痛だよ。外側が張っているでしょ」
 「ええ筋肉痛?」
 「80でしょ。長いんだよ。直ぐには治らないね。そんなことで~す」
 「体重が重いからかと思っていたのよ」
 「歩く時は大股で歩くこと。体重も減ります」と大きな声で言われました。私の難聴をご存じですから、この大股でを特に大きな声で言われました。早速帰り道大股で確りと土を踏みしめて歩きました。
 
 確かに私は80歳 ですがまさか3月のが尾を引いているとは思いもしませんでした。
 治療が済みましたら痛みは消えておりました。この数カ月立ったまま10分も動かないと、辛くなって仕舞いました。杖も買いました。それが一回で痛みが消えているのです。
 夫は病院で先生に聞いて来て呉れました。先生は「両足ですから問題ないと思いますよ。片方だと問題があるかも知れません。気になるようでしたら、ご本人がお出で下さい」とのことでしたがその必要もなくなりました。
 
 この治療をして下さる方は中国人です。将来は青島で開業したいと聞いております。
 治療の後痛みが治りますと現金な物です。気分も良くなり最近の中国のことや、中国語の新聞のことなどお喋りをしました。「この間銀座の全聚徳で北京ダックを食べて来たよ。高いね。今度青島で食べて比較してみたいね」と言います。

        北京ダック

 全聚徳の北京ダック 青島のも北京のも美味しかったですね。上のお皿のは台北で食べた物です。
 北京ダックに付き物のネギと薄餅 銀座店ではネギは有料、薄餅はお代りは有料だったそうです。
 調べて見ましたら、銀座店の北京ダックは国産とカナダ産とあるようです。北京からではないのでしょうか。
 
entry_header

チビ孫発表会

 小学校3年生と言いますと、仲間との遊びも凝って来ております。
 チビ孫の最近はとても忙しい日が続いております。
 6日の日曜日には取手のガス展でダブルダッチの演技を披露して来ました。地震後の避難者への慰問に時々ボランティアで出掛けたりしておりました。
 
 ダブルダッチと言う競技と言いますか、運動と言いますか全く知りませんでしたが、孫が習いに行き初めて知りました。
 縄を使い体と縄が一体になっての競技です。
 所属している教室の高校生チームは昨年米国で優勝しました。日本での歴史は浅いようです。
 この孫は運動神経が抜群、しかも一時も静かに出来ない位に体を動かすのが好きです。

 クラスの女の子に自分が習っているダブルダッチの縄の回し方や、跳び方、ステップの踏み方などを教えているらしいのです。
 先月26日 二女と一緒にクラスの発表会だと言うので、小学校に出掛けました。
 午後の1時に始まると言います。校門の前で時間を待ちました。その間に蝶を写しました。

 午後1時にチャイムが鳴り、お昼休みになりました。孫と仲間が現れました。
 何と発表会の場所は校舎の裏の狭い空間です。そこで女の子たちは縄を回し、一所懸命に跳びはねます。
 僅かな期間で練習したようです。ビックリしました。

 そして昨日 同じ様に発表会をすると言われ、学校に出掛けました。12日しか経っておりませんのに、子ども達は一段と上手になっております。

      えりかダブルダッチ  先月のえりか

 子どもは可愛いんです。恰も発表会の気分らしく、私たちを前にして一所懸命に縄を回します。代わる代わる縄を持ち、それぞれが縄の動きに合わせて飛び、跳ね、足を上げ、ステップを踏みます。
 孫はリーダーの心算でしょうか。手で合図をし縄を持つのをサポートします。
 昼休みは20分です。ベルがなり教室に戻って行きました。

 写真で見る並んだ子ども達、合図でヒップを振り振り始めるのです。可愛さ一杯です。
 ところがこの左端の孫 公園などで仲間とダブルダッチをする時 一列に並び準備良しとなると手を挙げ、親に合図をするのだそうです。すると娘はアカペラで「じゃーんチャチャチャ」とハミングで音を流すのだそうです。そうなりますと子ども達は腰を振り、飛び、跳ね、足を上げ、前向き、回転し、腰をかがめ、動き廻るのだそうです。
 とても良い遊びですね。発表会の舞台が学校の隅っこ。時間は20分 見学者は数人 これは何だか本邦最初ではないでしょうか。ばーばは楽しんで来ました。
 とても可愛く、動きも素晴らしいので動画にして見て頂きたいくらいです。
entry_header

コロッケとフライ

 1948年4月 上京して来ました。山手線の内側は米軍の空襲ですっかりやられて、焼け野原に近いような風景でした。
 4月に入学式が済むと直ぐに休みになりました。理由は食糧難です。授業が始またのが6月 直ぐに夏休みになり、次に登校したのが10月という今では信じられないようなことでした。
 学校は神田駿河台 学校の食堂はお粗末ですし、御茶ノ水駅の近くにある外食券食堂は男性で一杯です。
 お弁当を持って行きますが、ご飯は何とか詰めてありますが、おかずはコウナゴの佃煮と卵焼き程度のノリ弁でしょうか。お粗末なものです。
 駿河台下のスズラン通りに二軒の揚物屋が並んでおりました。今の三省堂を50mほど西に行き、その向かいの辺りになりましょう。間口も広く中では50名位は楽に座れましょうか。
 大きな店です。表では魚フライとコロッケを揚げております。カツは無かったですね。
 お弁当時間になりますと、学生はそこに自分の弁当を持ち出掛けます。入口でフライやコロッケを買い、中に入ります。長机と長椅子の並んだ店の中。仲間を見つけるとそれぞれ相図を送り、陣取りをします。

 安かったですね。揚げ物は経木の皿に載せてあります。ソースは自由に掛けることが出来ます。揚げ物を一枚とか一個としか買わず、ソースをタップリ掛けて食べる学生もおりました。
 でもそこで試験の情報も入りますし、いち早く休講のことも分かります。どの学部の学生も見えますから、徐々に知りあう学生が増えます。一種のニュースセンターのような感じでしょうか。
 毎日行く訳ではありませんが、無視できない場所でした。揚げ物が取り持つ仲とでも言いましょうか。
 先日ゴルッテリアさんがコロッケを作られたので、そうだといろいろ思い出したのです。
 コロッケは美味しいですね。ところが当時のコロッケの中にはジャガイモの皮を入れて、あたかもひき肉のように見せて売る店もありました。
 知り合いに学生に鞄はコロッケの匂いが滲みている人もおりました。昔「今日もコロッケ、明日もコロッケ」と言う言葉の入った歌を耳にしたもです。庶民の味でしょうね。

 今はピン切りですね。
 近所のパン屋さんでレジの脇に昼になると置かれるコロッケがあります。レジの脇ですし、揚げたての良い匂いが気を引きます。時々買って来ます。パンの材料も吟味して作っている様子。良心的な商売だなーと感じております。

           コロッケ

 このコロッケを店の女性の方が上手に勧めます。その勧め方が上手なんです。いやみや押しつけがましくなくってね。
entry_header

チョコンの今

 二女の娘は誕生日にサルを欲しいと言いました。親は勿論私も断固として断りました。
 そこで孫はサンタクロースにお願いすると言っているそうです。
 親はどう言っているかと言いますと「お店でも買う時にいろいろと聞かれて、サインをするでしょう。それでないと飼うことが出来ないのよ」
 何とか諦めている様子

 昨夜突然見に来てと電話がありました。ま~部屋一杯にオモチャの小判が散りばめてあり、その中でチョコンは着飾っております。「お金持ちチョコンを写して」と待っておりました。そこで数枚パチリ
 孫とチョコンはメガネを掛け、腰にベルトを締めたり、ブレスレッドを付けたり、満艦飾です。
 二か月前と比べますと大きくなっています。
 観念したかのように大人しくしております。先日はお腹をすかし過ぎて大変だったようです。
 孫たちもチョコンも夕食は済んでいました。

       チョコンと仲良し     金持ちチョコン

     オシャレなチョコン  二ケ月前のチョコン

 可愛いでしょと言います。可愛いと答えます。するとカナヘビを連れて来ました。私の一番嫌いなのはヘビです。ですがこれはトカゲでカナヘビ科に所属するものだそうです。尾が細くて長いのです。本当のヘビではありませんが触りたくありません。早々に引き揚げて来ました。
entry_header

文化祭展示

 11月3日 昔明治節 今は文化の日 この日は何かで見たことがありますが、お天気の特異日 晴れが多いのだそうです。
 昨日も晴れました。住むマンションには市のコミュニティーホールがあります。また同じフロアーに我孫子北近隣センターつくし野館があります。この施設はいづれも1号棟2階になります。チョッと宣伝させて頂きますと、マンションと直結した別棟には規模の小さなスーパー、郵便局、市役所の支所。一階には酒屋、電気屋、ATMコーナー、理髪店、貸し倉庫などもあり、二階には自治会事務室(憩)美容院、歯科医院、接骨院と管理事務所。管理組合の運営する和室やホールなどもあります。マンションの傍には消防署があり、救急車のピポーピポーが良く聞こえます。
 管理は24時間体制で、夜間でも必ず技術者の方が一人はおり、緊急な問題にも直ぐ対応して呉れます。
 
 このマンション群は20棟 近隣の自治会を含めて大きな街を構成しております。
 市民文化祭は日頃の研鑚を発表する展示会と芸能祭とに分かれて開催されます。
 元オパール・ネットワークの仲間の作品も展示されております。
 昨日昼は会場に行き、多くの方の作品を拝見して来ました。内容は毎年少しづつ変化があります。
 今年はつくし野館に子ども達の作品が並んでおりました。なかなか力作揃いです。 
 中学生の俳句には興味もあり、目を近付けて読んで来ました。京都修学旅行がテーマ―になっております。
 素直な言葉に若さが見える様でした。小学生の習字(書)も立派な作品揃いでした。子どもの展示は初めてです。三世代共同体として考えますととても良い企画だったと思っております。

      文化祭案内  文化祭

       仲間のはがき画  仲間のビーズ織り

 盆栽は以前は鉢の数が少なかったのです。街の高齢化が進んでいるのでしょうか、今年はその数が多くなっており、ビックリさせられました。

 晴れたマンションから僅かに紅葉し始めた中央公園が眺められました。秋は徐々に深まって行くのでしょう。
 放射能を心配してかマンションの砂場の砂は入れ替えられています。管理の良いことが知られているこのマンションは好きです。

           011年11月3日ビレジ

  入居1977年 右は3号棟 向かいは2号棟 文化祭会場は1号棟 
entry_header

老いの3点セット+杖

 既に手元には補聴器(実際は収音器)老眼鏡それに入れ歯と3点は揃っており、毎日使っております。鬘は多分どうなろうと求めることはしないと思います。
 その上の3点に最近杖を合わせて老いの4点セットとなりました。2009年11月香嵐渓で歩けなくなった夫は杖を買いました。ところがその杖はあの好奇心の強いチビ孫が松葉杖代りに持って行きました。
 チビ孫が何故欲しがったかと言いますと、長女の夫が足の骨折をして松葉杖を使っていたのです。そこでその歩き方を真似したく、脇の下に杖の持ち手(グリップと言うのでしょうかね)を当てて歩くのです。どうしたことか、その杖の取っ手が割れているのです。
 夫も私も最近頓に歩行に自信がなくなり、新しく杖(ステッキ)を買いましょとなりました。
 転ばぬ先の杖 ところが使うとなりますと、以外に持ち方や杖の運びが難しいのです。少し練習が要りますね。

            杖

 最近はデパートやスーパーでもステッキが売り場を大きくしております。以前は靴売り場のような処で秘かに置かれているような感じでした。今は堂々と場を持ち、その種類も多く素敵な物も沢山見られます。
 私たちは目立たない物にしようと地味な杖を選びました。
 この先さらに老いのセットに何が加わるのでしょうか。手押しカート?この手押しカートを使っている方は圧倒的に女性ですね。男性は目にしません。女性の方が長寿だとは知っておりますが、男性は買い物に出掛けないのかも知れませんね。

 今日は戦争終結前は明治節と言う日でした。学校では壇上に菊の鉢が置かれ、校長先生が教育勅語を読み上げます。(これは学校では良く読まれたものです)私たちは暗唱しておりました。
 子どもは勅語を聞く時は頭を下げて聞きます。そこで足元では悪戯が始まります。傍の子どもの足まで自分の足を伸ばし、くすぐったり、いろいろとしましたね。元旦では鼻水を垂らす子どもも見られ、それを足でひろげたりこすったりする男の子。
 校長先生は白い手袋を付けて勅語の書かれている巻き物を広げながら読み続けます。御名御璽と最後に言い、校長先生が読み終わります。頭を上げと聞きますと、何か全体にやれやれと言った空気が漂います。
 
 今のこの日は文化の日 相応しい行事があちこちで開催されます。チョッと出掛けて知人友人の作品観賞をしましょ。

 私ね 御名御璽の意味が大きくなるまで分からなく、人に聞くのも不敬罪になりそうでなかなか聞くことが出来ませんでした。今でしたら知りたいことはいろいろな方法で分かりますよね。子どもの頃辞書を持つ子どもも余りいなく、私は持っていたのですが、勅語を見たことがなく、どんな字かも分からなかったのです。
entry_header

とんちんかんです

 先だって来 近くのショッピングセンター(通称エスパ)に行きますと、レジの方々がオレンジ色のキャップを被っております。
 娘に「ね~エスパでハロウィンの宣伝をしているけれど」と言いますと
 娘「ええ?何?あのキャップのこと?ハロウィンなんかではないわよ。ジャイアンツの応援よ。音楽が流れているでしょ!」
 私「え!ジャイアンツ?そう言われれば音は流れていたわね」
 娘「あれはジャイアンツの応援のよ。聞いたことないの」
 私「そう言われれば聞いたことあるような気がするわね」
 娘「まー80おばーさんがハロウィンを知っているのは偉いわよ」
 
 夫「そんなこと聞いても無理、無理おばーさんは野球のことは何にも知らないんだから」
 私「知っているわよ。一塁も三塁も分からない先生よりましだと思っているけど」

 新聞を見て夫に聞きました。「“クライマックスシリーズ”ってどういうこと」
 夫「それは~~~~~~~~で一位が決まるって言うこと」
 私「フーンそういうものですか。随分ややこしいことをするのですね」
 聞きましたがもう忘れました。 昨日巨人が負けました。夫は秋山・土井以来横浜のファンです。ですから野球放送を良く見ますし、夜には必ず結果を見るためかどうか知りませんが見ております。
 傍で画面を眺めている私 何も頭に入っておりません。
 ですからジャイアンツの歌や色なんて他所事です。

 それにしましても商売をする人は良く調べてあるのですね。巨人が昨晩負けましたが、店内の応援看板は昨日までになっていたのです。勝てばまた応援セールになるのでしょうね。
 どのチームを応援するかは私には関係がありませんが、セールで良いものを安く買えるって言うのは嬉しいですね。

      応援旗  南瓜

         オレンジは ハロウィンたり 巨人たり 

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog