FC2ブログ

2012-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

かつお

 かつお船の映像を見ますと実に勇壮な感じを受けます。一本釣りで釣りあげたかつおを後ろに投げ飛ばします。
 力がないと出来ない仕事です。当り前でしょうと漁師の方に言われそうですね。
 昔々と言いますと随分古い話になりますが、60年以上も前ですから昔でしょう。
 食糧難と言うこともありましたが、引き揚げて来た我が家出来るだけ現金を使わない生活に工夫をしておりました。母が本物志向で、鰹節も自家製です。
 自家製のかつおの材料は宗田かつおと言うかつおです。普通のかつおより品質が劣ります。
 秋から冬に向けて作ります。
 ハラワタを取り綺麗にしたかつおを蒸して、その蒸したかつおの身をそっと中骨から剥がします。出来るだけ綺麗にし、大きな網に並べて干します。干している内に姿がどんどん小さくなって来ます。
 確りと渇きますと最初の姿から考えられないほど小さくなって仕舞います。
 削るのも大変です。普通のかつお節と大違い。形も悪いので手に当てるのも苦労なんです。ですが今のような出汁の素なんてありませんから、長女の私の仕事です。
 
 先日下の魚屋でかつおの背の方が半値になっておりました。こう言う物を目にしますと買って仕舞います。
 少し刺身にして食べ、後は佃煮にしました。

      鰹佃煮

      佃煮の作り方
 
     かつお  300g 
     酒    100cc
     醤油    70cc
     味醂    50cc
     砂糖   300g
     根生姜   親指大 

 かつおを2㎝角位に切り分けます。鍋に調味料を全部合わせて入れ、火にかけます。弱火にして切ったかつおと刻んだ生姜をいれます。ゆっくりと煮ます。少し調味料が減ったら火を止めて冷まします。
 冷めたら再度弱火でゆっくり煮ます。また少し調味料が減りましたら、また火を止めて冷まします。
 三度目にまた弱火で煮詰めて行きます。出来上がり。上のパックの量が300gのかつおです。
スポンサーサイト



side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog