2013-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

やっぱりお鮨は美味しい

 秋は実りの時 そして美味しい物が次々目の前に出て来ます。
 他の方のブログを拝見しますと、本当に素晴らしい食べ物や飲み物等が目に入ります。
 食欲も秋は盛んになり、知らず知らずに身体に脂肪も付いて来る。と人は言いますね。
 それは若い時の話で、悔しいことですが沢山食べられません。
 それでもお鮨は何時でも飽きずに箸が出ます。

     スモークサーモン・自家製イクラ丼550円  鯵握り200円

     鮪・鯛・カンパチ握り500円  バチ切り落とし丼398円

減塩と減量を初めてから大分薄味になれて来ました。自分で加減が出来るようにと、煮物も汁物も注意しております。鮨も勿論です。醤油はほんのチョコっと付けて食べていますし、醤油無しで済む物には醤油は使いません。
 踏み台運動も続けておりますから、その内何か変化が起きるのではないかと、期待しております。
entry_header

知らなかったですね

 時たまレトルトカレーを昼食で食べます。また夫も私も一人で昼食と言う時にはこれが一番多く出るでしょうね。他にはパンですね。
 二人で昼食と言う時は殆んど麺類です。昨年は我孫子駅の南側に行くことがあり、その時には気に入っている蕎麦屋に行き、蕎麦を食べたり、鍋焼きうどんを食べたりしておりました。
 今年に入ってからはその方面へ行くことが無くなりましたので、蕎麦屋に行かなくなっています。

 先週初め 下のスーパーでレトルトのカレーが山積みにされていました。
 99円ですよ。これは買わなくてはと思い、三種類ありましたがニ種類を3箱づつ買って来ました。
 妹に買って置いてやりたいと思いましたが、来た時に自分で見て決めれば良いな~と思い買わずにおりました。
 食べて見ましたら美味しいのですよ。それで買い足しをしましょうと見に行きました。
 所が買わなかった一種類の箱が4箱あるだけです。

 店員さんに聞きました。
 「お聞きしますが、先だって99円で出ていたカレーはもうないのですか」
 「99円?どのカレーですか?」
 「何だか夏のどうとやらというのです」
 「夏の?ああ~AKBのね。もう売り切れですよ」
 「99円って安いですよね」
 「あれは400円位から始まったのですよ」

       99円カレー

 AKBって時々テレビで何だか若い女の子が沢山出て来て、踊ったりか?何だかしているのは目にしておりました。
 このカレーにAKB48と言う字が見えます。
 普段全く興味がありませんから、どう言うグル―プなのかも知りませんでした。
 調べて見ましたら、大層なことなんですね。嵐は知っておりますよ。孫がチケットを取るので大変だと聞いておりますし、カレーのバーコードを集め、夫まで動員して用紙に貼って送ったことがありますからね。
 でもAKB48にはビックリしましたね。
 
 最近「「今でしょ」とか「じぇじぇじぇ」とか聞きますと、あれ!私は知らなかったわ となっております。見るテレビが偏っているのかも知れませんね。
 
 AKB48のカレーが高い物だったと言う事情が分かりました。流石にそれでも夏という一字が安くしなければならなかったのですね。今でしょでも売りきれなかったのですかね。
entry_header

夫の誕生日に茸

 1932年生まれの夫 今日は81歳になりました。
 毎日の生活では特に取り上げるようなことをしてはいませんが、無理をしてはいけないのです。
 病気のお大尽ですからね。飲む薬の数を間違えないようにと時々確認をしたりします。
 
 夫の食生活も私と同じ様な注意が必要です。最近は薄味 腹八分ではなく腹六分位でしょうか。
 朝食が一番多く食べるのかも知れませんね。
 
 夕食はおかしい位少ないのです。残り物や頂き物 チョッとした蛋白質の物などですね。

 今日は信州松本の EGUTI YOUSUKEさんから珍しい秋の味覚 雑茸を頂きました。
 今まで口にしたことのない茸です。

      コムソウ  リコボ

 EGUTIさんから調理の方法はたんぽぽさんに聞いて下さい。そちらから電話が入ることを連絡して置きますからと連絡を頂いておりましたので、午後2時過ぎに電話をしました。爽やかな声のご主人から茸の下処理の方法と食べ方を教えて頂きました。
 コムソウ(ショウゲンジ)はすき焼きが良いですよと勧めて下さいました。
 
 丁度今日は夫の誕生日 これはご馳走になるわいなとすき焼きにしました。良い日に頂きましたよ。
 EGUTIさん 有難うございました。

               すき焼き

 リコボ(ハナイグチ)はナメコの大型のような茸です。大根下ろしに醤油を掛けて頂くのが一番合うそうです。
 で今夜はすき焼きで一杯となりました。

 下処理の方法ですが、届いた茸はそのまま熱湯で1分ほど湯がき、冷水に取り、冷めたら汚れを除きます。
 これはお聞きしなければ大失敗をしたことでしょう。先に洗っては形も崩れて駄目になって仕舞うのですね。
 勉強させて頂きました。たんぽぽさん有難うございました。
entry_header

おおまさり

 今日は秋分 言葉の通りすっかり風が秋の風に変わっています。先週と大違い
 
 秋の味覚が沢山出て来ました。店頭には果物や栗なども並び、下のスーパーでは焼き芋が売られ初めております。焼き芋の味は今一つって言う感じですが、栗はどうでしょう。
 成田の栗むし羊羹もこれからの美味しいお菓子ですね。
 先日頂いた福島の桃は秋の走りの果物のようです。その香りのよさに驚かされました。今日の昼のデザートで全部食べ切りました。

 妹の夫は母親の面倒を見ながら畑に色々な物を植えて育て、楽しんでいるかのようです。楽しむと言うよりは健康のためにかもしれません。妹も手伝っているようです。二人揃った時に収穫もするようです。

 収穫の時には二人の方が良いでしょうね。昨日は昨年送って呉れたのと同じ大きな落花生が沢山届きました。

            生

 これは「おおまさり」と言う大粒の落花生です。この落花生の上にもう一袋普通の落花生が入っていました。

 落花生は泥も落とし洗ってありますが、昨日と今朝と「おおまさり」を再度洗い大鍋で二回茹でました。

            茹でる

 茹で時間は40分 茹で終わりましたら、暫らく冷めるまでそのまま鍋に置いたまま冷まします。
 冷めて来たら湯を切り、皮を剥き食べます。

    茹でた物  剥きました

  昨年も美味しく食べましたが、今年も勿論充分に時間を掛けて茹で、早速頂きました。
entry_header

チャイナドレスは素敵だ 78

 自宅で教える時は基本的には個人教授にしております。
 時間は一回2時間 生徒さんは時間に合わせてキチンとお見えになります。
 狭い所で向かい合いで教える訳ですから、手元が良く見えます。
 今までに何回も書きましたが、基本を確り覚えますと、枚数を重ねる毎に綺麗に仕上げることが出来ます。
 多分他のことでも同じ様ではないでしょうか。基本でどこか間違って仕舞いますと後々になっても何処かで何かが起きて仕舞います。
 これは教える側にも問題があるわけで、気が付いた時点でお詫びをして、改めて説明をします。

 基本の物を作る間 材料は綿素材で、細かい模様の布 そして柄の方向に上下のないもの。
 それで作り始めます。無地は駄目です。布はご自分で持って来て頂きます。
 
 一枚目はノスリーブのワンピース型の物です。二枚目は半そでのワンピース型の物となります。
 基本で体型に合わせて製図が決ります。襟の高さは普通ですと6cm それも個人に合わせて少し高くしたり低くしたりします。裾幅はご本人のご希望を入れるようにし、スリット位置も品の良いチャイナドレスとなるように決めています。

 二枚目の袖付きのが出来た生徒さんの上半身をご覧下さい。

       半そで

 この襟はとても綺麗に出来ています。襟もとのカーブも首にピチット合っておりましょ。
 背筋が伸びますよ。歩く姿勢も良くなりますよ。
 
 私の方針は最初の一枚から必ず着られるものを教えると言うことです
 無駄な出費は出来るだけと言うよりは絶対させないと言うことです。

 何かチャイナドレスについてお聞きになりたいこと。また問い合わせのある方は内容とメールアドレスを鍵コメでお願い致します。但し内容が不適当と思いましたら返事は致しません。
entry_header

ウオーミングアップ

 昨日 2011年2月15日以来久し振りに霞が関まで出掛けました。
 3月11日の地震でエレベーターが止まり、それがきっかけだったのか、歩行がスムーズに行かなくなりました。それでも12月末まではNHKの中国語教室には行くことが出来ていました。
 その12月前辺りから太腿が腫れあがり、歩行が辛くなっていました。
 今年に入りペインクリニック内科で診て頂き、脊椎に損傷とまでは行きませんが、神経が圧迫されていると分かり、薬を頂きまして、痛みが随分和らいで来ました。

 そこで台北に行くことを決心。国立台北博物館で開催されている旗袍の展示を見に行こうと言う気分がたかまって来たのです。
 それには先ず少し遠くまで歩いて行くことをしなければ駄目だと思ったのです。
 千代田線は我孫子は始発 一本で霞ヶ関まで座って行けます。
 友人に連絡をし、ランチを一緒にして下さるようにお願いしました。友人も喜んで来て下さいました。
 霞ヶ関駅は地下が深いのですね。それでも上への昇りは思っていたよりは足が上手く動きました。
 ですが下りは可なりハードな感じでした。やや疲れたようで、電車で座りましたら、直ぐに眠って仕舞いました。
 昨日の空はよく晴れて、空気も乾燥しており、日差しはまだ強く感じましたが、35階からの景色はとても良く見ることが出来ました。

    霞が関西  霞が関東

    議事堂周辺  総理官邸

 霞ヶ関ビルの東側はビルがまた増えているようです。虎ノ門ヒルズと言うビルが目の前で建築中です。
 昔は東京湾から遠く房総半島まで見えたものです。ビルに囲まれて増上寺も肩をすぼめているかのように見えます。
 東海倶楽部の皆さんにご無沙汰の挨拶をし、私お決まりのレディースランチをお願いしました。1600円 
 日替わりのランチで特に私が気に入っているのはサラダです。昨日もとても美味しいサラダでした。
 食事は写して来ましたよ。何時もここで開いていた中国服研究会(と称するお喋り会)の仲間に見て頂き、元気をアッピールしましょう。

    レディースランチ1  レディースランチ2

    レディースランチ3  朝食9月20日

 霞ヶ関ビルに行きますと、必ず総理官邸を眺めます。昨日は留守だったのですね。今朝の新聞はトップで書いております。福島への視察?です。

 昨夜は旧暦8月15日十五夜の月が実に綺麗でした。昼に会った友人から、そちらから月が見えますか。と聞いて来ました。今時計の11時辺りの角度に昇っているわよ。と返事。満月と15日がピタリと合う夜 次は2021年になるそうです。
 足を鍛えて台北に行く演習をしようと言う私 丁度足に問題が出て寝たきりの経験を持つ生徒さんから、踏み台運動を勧められました。筋肉を強くするということですね。早速踏み台を買いました。序でですから紹介致しましょう。

    踏み台1  踏み台2

 調べて見ましたら、筋肉を鍛えると言うこともですが、ダイエット効果もあると分かりました。
 踏み台運動の方法は沢山ありました。赤い☆を二つ記して置きます。興味がございましたらクリックしてご覧になって下さい。  
 デメリットは持続性の問題だそうです。さて私はどうなりましょうか。先ほど生徒さんから「先生頑張って下さい」と励ましのメールが届きました。頑張って行こうと思っております。台北に行くわよ~~~~
entry_header

湯島花月のかりんとう

 久し振りに東京は湯島の花月のかりんとうを頂きました。
 このかりんとうは品が良く、男性の方にも喜ばれます。
 
 30年ほど前 友人からこのかりんとうを買いたいので、店を探して欲しいと頼まれました。
 そう言うことは訳ないことで、直ぐに見つけました。と言うことは通勤途上の駅で降りれば良いだけのことでした。
 湯島の丸赤に時々寄りましたが、10mも歩けば花月があったのです。調べるまで知らずにおりました。 
 この花月 間口は一間 店の中に入るとお客の立つスペースは2人で一杯。それも何だか身体を斜にしないと申し訳ないようなのです。
 湯島通りから脇に入って行きますから、普段は人通りがありません。この数年行っておりませんから変っているかも知れませんね。
 この店の凄い所は店を拡張しない。品物が変らない。それがこの数年どうも変ったような面があるようです。
 少し前紙の小風呂敷を使い始めたのにチョッと驚いていたのです。頂いた小風呂敷は夏限定の金魚の模様が描かれているのですね。

       花月のかりんとう

 手提げ袋は一貫しております。この小風呂敷に驚きましたが、HPを見まして更に驚いて仕舞いました。
 昔は丸赤はデパ地下にも早くに出ておりましたが、この花月も催事などで売るようになっていたのですね。

 昔のことを言いますとまたかとなりますがね。このかりんとうをお歳暮に贈る人が多くて、冬歳末に向かいますと立派な紳士が次々やって来るのですよ。そして注文して行くのです。
 店の中の見える所は畳3枚位でしょうか。そこで何人もの方が無言で黙々とかりんとうを包んでいましたね。

entry_header

食生活の見直し

 高齢になり、食が細くなっております。どうも思い切って沢山食べることが出来ません。それはそれで良いのだと思いながら、過ごしております。偶に頑張りますと調子が狂います。
 
 先日病院で減塩をするようにと指導をされました。減塩と言うことになりますとお鮨も見直しませんといけませんね。
 たまたま夫が老人だからと言って肉を食べないと言うのは良くないらしいよと言います。
 我が家の食事は和食中心ですし、それに私の魚好きがどうしても肉料理を少なくしておりました。
 等などから減塩と肉を増やすと言う食事内容に換えようと思い、鮨も毎日から時々に減らそうと言うことに決めました。
 ですから鮨シリーズと言う程にこれからは行きません。
 自家製は安くできますし、安心でもあります。それでも今は養殖物が出回り、どうも気になっています。
 毎日天然ものに拘りますと、チョッと悩むとも言えますね。その点でも換えるということは良かったな~と思いますね。
 最近の鮨をアップしましょう。もうアップは滅多にしか出来ないかも知れませんね。
 数えて見ましたら、今まで202皿 今回の4皿と合わせて206皿となっていました。
 いその爺さまに触発されて握り初めて殆んど同じ物はない位でしたが、さすがに鮪は無理ですね。
      
      イナダ握り198円  甘エビとイクラ丼548円

      鯵握り・タマゴ398円  鮪・養殖の鯛とカンパチ598円

 鮪と養殖の鯛とカンパチ 二品も養殖を使ったのは初めてです。デパートなどやスーパでも鮨の折を買いますから、養殖も入れてありましょうね。ですが自分で握るのには出来るだけ天然の物が良いと思っております。

 考えて見ますと、魚でも肉でも、また野菜でも調理の仕方で、自分の好きな調味料を自分で加減して使うことが出来ますね。
 それで行きましょう。出来るだけシンプルに。味の濃い物は少しにしてね。
 金曜日の夕食から実行していますが、とても上手く行っているように思っております。要は覚悟ですかね。
entry_header

風の又三郎

 台風18号が近づいています。早暁強い雨が降っていましたが、今は月も出ていますし、雨も止んでいます。
 天気情報では関東地方は明日に上陸するようです。

         台風18号

 台風が来る 昔はそれは9月1日(にひゃくとうか)9月10日(にひゃくはつか)と言う日が台風の来る日だと半ば当り前に考えておりました。そしてその日か少しずれてかで台風が来たものです。

 台風が来ますと必ず思い出すのが風の又三郎という映画です。
 小学校の4年生だったと思います。中国青島の日本人小学校で見に行った映画です。 
 前年に生徒は多くなり、分割がありましたから、全校で600人位になっていたかも知れません。ですが全校で行ったかどうかは記憶にありません。
 もうその映画館はなくなって仕舞いましたが、取り壊し寸前の写真があります。
 青島電気館です。当時邦画専門の映画館でした。山東路という目抜き通りには洋画専門の映画館もありました。
 

        青島電気館

 風の又三郎は宮沢賢治の作品でしたが、詳しくは知りませんでした。台風と関係があると言うことで子どもの頃から印象に残っていました。
 その映画を見た後からです。小学4年生ともなりますと、生意気な男の子も出て来ます。
 校内の廊下を歩きながら映画の中で歌われた歌を口ずさみ歩くのです。
 どっどど どどうど どどうど どどう青いくるみも吹きとばせすっぱいかりんも吹きとばせどっどど どどうど どどうど どどう

 特に美少年だった◎◎君 彼は傍に来ると業と声を低くして歌うのです。そして男の子の中で流行りましたね。
 暫らくは どっどど どどうど どどうど とね。
 その歌を聞くと確かに何か神でも宿ったかのような、何かが起きそうな怪しげな空気を感じるのです。
 興味がございましたら赤字をクリックしてお聞きになって下さい。
 
 映画風の又三郎は昭和15年10月10日封切りの映画で、又三郎役は片山明彦でした。当時子役と言えば片山明彦でしたね。 

entry_header

気を使い送って下さった

 福島に住む友人 1975年からの付き合いです。人柄の良さに何時も感心させられております。
 自然主義と言いますか、その生活ぶりも昔から一貫しております。
 先だって福島県知事にあてた総理大臣の指示の中に彼女の住む村も出ています。
 あの事故以来 山菜は頂けずにおります。栽培ものと違い、彼女の送って下さるタラの芽の美味しさと姿に感動しておりました。しておりましたではなく、したものでしたと言う言い方になって仕舞いましたね。
 
 彼女から送られて来ましたメール 桃をお送りしたいのですが、構わないでしょうか。と言うのです。
 即 頂きますよ。送って下さいと返事をしました。
 
 その桃が届きました。産地は会津若松と言う所です。彼女は私が原発のことをブログで時々書いておりますから遠慮がちになっていたのだと思いますね。

 素晴らしい立派な桃です。生産者の説明によりますと名前は「黄貴妃」
 9月上旬から中旬に掛けて出荷されるマンゴーと桃のミックスのような芳香と記されております。私は初めてです。

        黄貴妃桃

 昨夜久し振りにお喋りをしました。彼女は老人ホームに行きボランティアをしております。色々と話しましたが矢張り原発問題については強い不安と怒りを感じております。福島は捨てれているのよ~と嘆いております。
 福島の人の叫びは政治家に届いていないんでしょうかと、言います。
 
 今朝の新聞を見ますと、事態は深刻です。一体国はどう言う形で収束させることが出来るのでしょうか。

        朝食9月14日

 状況は様々な形で知らされますね。テレビもですがネット上でも見ることが出来ますね。
 東電の不誠実なこと、国の言葉のあやふやさ 怒ってもどうしようも無いと思って仕舞うのですが、でも何とか生きて行かなければなりません。「東京は福島から250キロ離れていますから」って言うような言葉。これを聞いた彼女は怒っております。私も同感です。
entry_header

イクラを作って

 昔と異なり、農産物や海産物が目の前に現れるのが早くなっております。
 季節の味も今は関係なく食卓にのぼります。
 秋刀魚は秋の味 なのに最近は秋も未だ先のこと。未だ未だ夏でしょと言っている内に市場に出て来ます。
 今年は海流の関係か少し遅く水揚げのニュースが流れて来ました。鰤などは養殖物が一年中食べることができますね。でも私は旬の物はその時期に食べたいな~と思っております。
 8月末になりますと鮭の筋子も赤ちゃんのような細い小さいものが並び始めますと、順に大きいのへと変って来ます。
 水揚げは8月末からだそうです。
 少し大きくなって来ますと醤油漬けが作りたくなります。私のレシピはこのをどうぞ
 
 未だ時期は早いようで、再来週あたりから良いものが並ぶのではないかと思っております。
 たまたま夕方のスーパーで値を下げた筋子を見ましたので買いました。チョッと私の気分と違いますね。
 私の作るイクラは10月に入ってからです。

 イクラ作りは何時も夕食の後に作るのです。眠いのと老眼で目をしょぼしょぼさせながら仕込みます。
 これでイクラ丼を作ることが出仕ます。
 今回は筋子一袋で二回の鮨 ニ回の朝食で食べました。
 イクラは一見高そうに見えますが、自家製は安く出来ますよ。ご覧ください。

      自家製イクラ丼400円  バチ細切りとイクラ丼598円

 和食中心の生活ですから特に朝食は味噌汁、海苔それに煮物や卵。また干物や野菜と毎日決ったような物です。
 姪がブログを見て、伯母さんちって何時も同じだねと言うのも頷けます。

 イクラは大根おろしに添えますと醤油を掛けずに食べることが出来ますので、朝食に少し付けます。

      朝食9月4日  朝食9月5日

 こうして見ながらふと考えたのです。塩分は多いですね。でイクラの栄養はどうかしらと調べて見ました。
 何だか都合の良いような感じがします。少し安心しますね。後大事なことは塩分を摂り過ぎないことです。
 塩分を控えると体重も落ちそうな気がして来ました。
 さ~明日から頑張りますよ。あっ!今夜からで~す。
entry_header

げんのしょうこ

 今日日本の健保は全国民が加入することになっております。
 その昔 健保は未整備の状態だったため、健康保険に未加入の人も多かったようです。
 健保の歴史を見ますと、早くに踏み出しておりますが、戦争やその他の条件で継続するにはなかなか無理だったようです。1958年から適用された方もいるようですし、その後1962年頃には全国民がその適用を受けるようになったようです。
 私は1953年に就職しましたが、職場には健保組合があり、それでとても助かりました。

 母が生きていた時の夏 夜が明け始め、東の空が白むころ朝の空気が広がって来ます。私は母と一緒に背負い籠を背負い、鎌を持ち山の方へと向かいます。田圃の稲穂は露に濡れております。
 田圃の畔をまたぎ、少し土手のような場所に足を踏み入れます。そこに広がっている「げんのしょうこ」の可憐な花
 蔓が延びて雑草と混じり土に僅かに細い根を這わせております。この蔓の元から鎌で蔓を持ちあげ、力を入れて引っ張ります。一気に蔓が土から剥がすことが出来るとやったと言った気分になります。
 足元の藁草履は露に濡れ、素足も露で濡れています。心地よい瞬間です。
 
 ブロ友のEGUTI YOUSUKEさんのブログにげんのしょうこの写真が載っていました。その画像は蔓が良く見えて、私が母と刈りに行ったげんのしょうこを思い出させて呉れました。

        EGUTIさんのげんのしょうこ

 戦争に負けた後の日本は多くの人が貧乏でしたね。勿論禁製品を売買して大きく儲けたり、先の読める人は焼跡を買ったりと。そう言う一部の裕福な方は別として、戦争末期に都内から疎開し、職もなくして仕舞った人も沢山おりました。疎開先で苦労はよく聞いたものです。我が家は引き揚げ者ですから勿論貧乏です。

 でそのげんのしょうこは家に戻りますとムシロの上に広げたり、樹に掛けたりして干します。
 乾燥したげんのしょうこはお腹を壊したときや、調子の悪いときに煎じて飲みます。私はそう飲んだことはありませんが、母が時々煎じるのを目にしておりました。

 転んで膝にかすり傷を負いますと、つわ蕗の葉を揉んで貼ったりしましたね。民間療法と言うのでしょうね。
 母方の祖父は楠の木の枝を干して、それを細く切り、囲炉裏に僅かに置いた炭の上に組み立て、蚊遣りにしておりましたね。父方の祖父のお灸の痕は見るのも恐ろしく感じたものです。
 今は都会に住んでいますから、野草を集めるとか、利用するとかしませんが、何か見ますと思い出しますね。
 
entry_header

複雑な心境

 9月7日(日本の8日)ブエノスアイレスで開催されたIOC総会で2020年のオリンピック・パラリンピックは東京で開催されることに決りましたね。総会での日本のプレゼンテーションを見ながら、堂々と東京を紹介する方がたに拍手を送りながら、あれこれ考えましたね。
 先の東京オリンピックの時 甲州街道を駆けるアベべの姿にはとても興奮したものです。
 今回のオリンピックの時 私は89歳 さ~どうなっていましょうか。

 オリンピック開催が決まり、テレビは多くの時間をこの報道に時間を割いております。
 ですが私はどうも手放しに喜んでいない自分を見ております。なんでしょう。
 それは多分 原発、福島、復興 そして総理の言葉への疑義でしょうか。

    朝食9月11日  朝食9月10日

    朝食9月9日読売号外  朝食9月8日

 2020年東京オリンピック構想を見ますと、規模も大きく、また物凄い費用が掛かることだと思います。
 実際猪瀬都知事は既に4000億円を準備していると明言しましたね。
 そうなりますと東京へ人も仕事も集中しますでしょ。そうしますと福島はどうなるのと思うのですよ。
 お婆さんが心配することではないよと言われるかも知れませんね。確かにこの構想には被災地支援も取り上げられております。ですから東京都も政府も無視しているとは思わないのですがね。それでも気になります。
 
 物事がオリンピックへと向かって行きますと、福島 原発 被災者 放射能という活字が段々少なくなって来やしないか。言葉が段々弱く細くなって来やしないかとか。考えますと気分が塞ぎます。これって特殊なんでしょうか。
 未だ29万人もの方が避難していると言うことです。
 平成25年7月30日に福島県知事佐藤雄平氏に原子力災害対策本部長内閣総理大臣安倍晋三名で指示書が渡されております。ネット上で私は知ったのですが、言うなれば福島の産物の一部は出荷を当分の間見合わせるようにと言う内容です。
 読んで見ますと友人の村の名前も出ています。出荷見合わせと言うことは住人も食べてはいけないと言う事でしょ。
 これは何時になれば解除されるのでしょうか。
 汚染水が海水に入り込んでいるかも知れませんね。すると魚も心配ですね。
 
entry_header

頂き物

 ブログを書き始めてから、全く予想外のことが身に起り、驚きと感謝の念を抱いております。
 先だっては富山の瀬戸さんから呉羽梨と言う梨を頂きました。

    呉羽なし  梨パンフ

 初めて目にしました。富山県で広く栽培されている梨のようです。瀬戸さんは食品に対して厳しい姿勢の方です。何かと勉強させて頂いております。

 今日はまたブログを通じて知り合いました、まときちさんから喜多方ラーメンを頂きました。これで2回ものプレゼントです。これは驚きました。まときちさんは静岡にお住みで会社の傍ら畑で野菜作りをされている方です。
 毎日此方を訪問して下さっています。
 
             喜多方ラーメン

 実はこのラーメンをまときちさんと仲良しのノリ―ダヨさんのブログで拝見していたのです。それには私もコメントを入れましてね。探そうと思っていたのです。そしましたら今日の朝 ヤマトのクール便で私にも届いたのです。
 中には麺とスープの元、チャーシューとメンマ(支那竹)と揃っています。
 ノリ―ダヨさんのブログに綺麗に紹介されていますので、チョッと此方をご覧になって下さい。ノリ―ダヨさん利用させて頂き済みません。
 まときちさん 有難うございます。
entry_header

ベトナムニンビン風景その2

 ベトナムと言う国は私が小学校の地理で習いました時は仏領インドシナと呼ばれていました。
 仏領インドシナは現在のベトナム、カンボジア、ラオスを含むフランスの保護領だったのですね。ベトナムの風景を見ますと、かの地の長~い苦しみの時代を思い出します。
 特にベトナム戦争の米軍の使った枯葉剤や背中に火が付いて逃げ回った裸の女の子の姿が重なって来ます。
 今はその苦しみから立ち上がり、産業も盛んになっているようですね。
 旅行会社の店頭に沢山ベトナムへのツアー案内も並んでおります。
 林さんの会社は人工水晶を作っている会社です。ベトナムは人件費が安いのでしょうか。ニンビンで水晶の研磨をしているようですね。
 
 ニンビンの風景その2をご覧ください。以下は林さんの写真と説明です。
 
 工場近辺に毎日通勤する時必ずわたる大きい河があります
    
    4-1.jpg  4-2.jpg

    4-3.jpg  4-4.jpg

 綺麗だと思うから河下りでもしたいと言いました。
 そうすると、ある日曜日ローカール社員が約6キロ離れている上流に案内してくれました。
 「KENH GA」 というところから乗り合いボートに乗って「クルーズ」をスタートすることになりました。
 約70分程回って一人あたりの料金は約250円でした。
 ボート乗り場です。
 このような魚を捕る風景もよく見られます。
 途中にある村に到着します。 きっと由緒のある村だと感じています。


 途中でローカル社員と出逢いました。 合流することになりました。
 観光地ではないため、庶民生活の様子もなまで 見られます。

    5-1.jpg  5-2.jpg

    5-3.jpg  5-4.jpg

     懐かしいです。昔台湾の農村でも よくあった風景です。


    6-1.jpg  6-2.jpg

    6-3.jpg  6-4.jpg

 「クルーズ」が終わった後、帰りに 「VAN LONG」というところを案内して くれました。
 工場の近辺にこのような ところがあったか驚きました。

 これもニンビンでよく見る風景です。
 車の運転は要注意です。牛が道路を 横断することもよくあるからです。

 もう昼過ぎですので、昼食するところを さがしましょう。

 本日は会社が持ちますので、 思い切って食べて飲みましょう。
 テーブルの真ん中に置いてある 「ハノイビール」を36本も飲みました。

 林さんはビール党ですから、ビールを沢山飲むことは私も良く知っております。ですがね36本とはどう言うことでしょうね。ベトナムではビールにロックアイスを入れて飲むと聞いたような気がします。良くお腹を壊さないものですね。
entry_header

ベトナムニンビン風景その1

台湾台北に住む林さん 明治大学を卒業し日本の企業に就職 台湾駐在が続いていましたが、会社が倒産 
 それから台湾の会社で仕事をしております。日本に時々出張でお出でになりますが、時には日帰りなんてこともあるそうです。
 以前はお見えになりますと都内で一献となりましたが、この数年はそうは出来ず、今年は我孫子まで会いに来て下さいました。
 ベトナムに出張することもあると聞いておりましたが、そこはニンビン市と言う所です。
 調べて見ましたら人口は130.517人(2007年)と言うことですから中都市でしょうか。
 このニンビン市に取引先があるのです。写真を沢山送って下しました。
 初めて見る風景や人々の姿は素朴でもあり、あの激しい時代から既にその影は消えているように感じられます。
 写真に説明が記されておりましたので、下に入れましょう。

    1-1.jpg  1-2.jpg

 左は出張先の工場です。此処で水晶の研磨を行っています。

 右は7月にいた時ちょうど田植えの時期でした。 まだ人力にばかり頼っています。
 農繁期、ローカル社員が農作業を手伝うため 会社を休むのは珍しいことではありません。

    1-3.jpg  1-4.jpg

左は日曜日の朝、泊まっていたホテルの近辺の雑貨店。 子供達は将棋をやっていました。

右 此処も日曜日の朝、村の先生の家で英語の授業を 受けている子供達。
女子達は懸命に聞いていましたが、ボーヤだけが 外の私を見て笑っていました。

    2-1.jpg  2-2.jpg

左 日曜日の昼、此処でビールを飲みます。 言葉は通じませんが、現地流に飲めばいいです。 ビールをロックで飲みます。
右 昼だからかな~、おつまみもピーナツと揚げ豆腐しかありませんでした。
塩にライム汁をかけたドレッシング及び葉っぱのようなものはどこの店に行っても必ず出るものです。

    2-3.jpg  2-4.jpg

左 本屋、このような雰囲気はさすがに50年代生まれの 私さえ記憶にないものです。 
右 市場にある果物売り。

    3-1.jpg  3-2.jpg

左 ニンビン駅です。ハノイとサイゴン間の列車が通って ます。時刻表を確認したらのぼりとくだり合計で一日12本 しかありませんでした。 乗車時間帯以外はほとんど誰もいません。
ちなみに、サイゴンは南北統一後ホーチミンに名が変わりましたが、 駅名は昔のままでサイゴン駅です。
このような社会主義を象徴するものはまだよく 見られます。
社会主義大国の中国ではもう見るのは難しいでしょう。

    3-3.jpg  3-4.jpg

左 ベトナム人の友人の家に夕食を招待してもらいました。 隣の子供達もお客さんを見に来て賑わっていまた。
右 食事は床でするとのことです。

 残りの画像はその2でアップ致します。
entry_header

凄い我孫子人

我孫子市にあるのプライベートミュージアム世界の人形館のオーナー 高さんからメールを頂きました。
 「私の冒険家同志の我孫子市に住むアニマル石川さんの写真展を見に行かれて下さい」とのことです。
 粗忽者の私「アニマル石川」と言う字に目が行き、「おや プロレスラーの方の趣味の写真かしら」と思ったのです。でもチョと調べて見ましょうと検索しましたら、それこそ良く人が言う「とんでもない人間だ」という表現をしたくなるような、凄い方だと分かりました。
 
 写真展が開催されているのは我孫子市民プラザです。写真展は今日までです。
 昨日長女と一緒に見に行きました。そこにご本人の石川さんが立っておりました。
 「今日は 高さんからお知らせを頂き参りました。拝見させて頂きます」とその言葉が終わると同時に大きな声で「ここ 此方へ」と手を差し伸べています。その手に大きな手袋が見えます。
 「この手袋に手を入れて。 私入れました どうですか。これは南極 私若しかしたら北極だったか? に行った時に付けたものですよ。ビーバーの毛ですよ。今は捕まえてはいけないのですが、これはその時のです」
 高さんの著書を指さし「持っていますか」とお聞きなります。「持っていますよ」と返事をしましたが、実は高さんのお話によりますと70冊もお買い上げになり、来場した高齢者の方に差し上げていたそうです。
 「さあさ一緒に」と並んで写真を撮りました。「娘さんとこう言う所に来られるって良いこと。これから一緒にチャレンジできますよ」と励まされました。

 写真はどれも素晴らしいのです。世界中至る所と言えそうな写真 ご本人は勿論ですが、風景と人物が一体となっている写真 その写真の素人離れの腕に驚かされました。
 私が一枚スマホで石川さんの写真を撮りました。傍に来た石川さん「写っている?見せて 私お見せしました おお写っているね」
 その写真と写真展の案内を貼りました。ご覧ください。

       石川さん1  写真展案内

 このアニマル石川さんと言うのはニックネームなんです。冒険家アニマル石川で検索し、この中で知ったのですが石川さんは多面的な活動をなさっている事を知りました。
 冒険家でありますが、会社経営者、教育者、また社会文化活動の実践者でもあります。 
 一方スキ―やゴルフでもレベルが高く、ヨットも操り、自転車にも乗り、茶道や小唄も嗜む。こう言う方をマルチ人間と呼ぶのでしょうね。
 
 私が驚き眺めた赤字をクリックし、是非ぜひご覧になって下さい。我孫子生まれ 我孫子育ち 我孫子在住「我孫子新原人」とお呼びしたくなります。 
entry_header

竜巻は恐ろしい

 昨日埼玉県越谷市から千葉県北西部へと掛けて大きな被害を齎した竜巻
 その映像がテレビで流れたのを見た夫は越谷の義兄の携帯に直ぐ電話をしました。義兄の住む所より南の方で発生し、義兄宅は特に被害も無くて良かったです。
 天災は相手を選びませんね。その場に居合わせた人に災難が降り掛かります。ですから災害時にぶつかった場合のことを考えて置くと言うことは大事なことだと思いますね。
 咄嗟に自分を守ると言うことが先ず最初です。そのことを直ぐに判断することはどうすれば良いのでしょうか。
 多分些細なことのように思わず、良く口にすることではないかしらと私は思っております。
 と言うことは分かっているのですがね。果して目の前で起きたらどうなるのか自信はありません。
 ですから情報を自分なりに消化咀嚼して置くことが大事でしょう。

           朝食9月3日

惨状は酷いものです。朝日新聞に掲載されている通過後の越谷の風景を見ますと、これは本当に大変なことです。

           竜巻被害朝日9月3日

 一体このような状況になる前に自分を守るには知って置くことがありますね。それも今日の新聞にも掲載されています。

              竜巻の注意

 1990年12月千葉県でも大きな竜巻が発生し、甚大な被害を齎しました。
 その竜巻の後 房総西線に乗り多くの被害家屋を列車から眺めて来ました。その後聞くところによりますと、全国から屋根職人が集まって修復に励んでいると言うことでした。
 被害の修復には大きな力が必要ですね。今回の竜巻はどれ位で修復が出来るのでしょうか。
 昨夜は停電で多くの方が公的な場所に避難しておりました。

 話は変りますが 関東大震災が起きた数日後母は14歳?位だったでしょうか。
 海辺の田舎町ですが小学校は高台にあります。
 多分高等科に通っていたのでしょうね。
 校舎から海の方を眺めますと、丸い水平線に数え切れないほど竜巻が降り、それを眺めた子ども達はこの世の終わりだと皆で抱き合い泣いたそうです。
 でこのことを永い間調べているのですが、まだPCで発見できずにおります。
 その恐ろしさは如何ばかりかと、竜巻の発生報道を聞く度に思い出します。
entry_header

夏過ぎゆく

 ことの他暑い暑い夏 昨日は台風の影響で一層蒸し暑い日でした。
 午後1時から1号棟集会が開催されることで、午前11時 マンション2階にあるホールで集会の準備をしました。
 棟の防災委員、管理組合棟理事、自治会棟委員、自治会階段委員 は11時に集合。会場の設定をしました。我が家も階段委員ですので行きました。
 出席者は60名 今回は席を男女別々に座るようにしました。昨年は概ね部屋順でしたが、懇親会を考慮したそうです。

     棟1  棟2

 午後1時 棟集会が始まりました。この棟の防災委員から、最近の様子の報告 そして統括防災管理者の方から防災に臨む私達の対処について、詳しい説明があり、棟は棟の人で守るという姿勢が大事だと言うことを強調されました。
 そして災害発生に際し援助を必要としている問題については詳しく説明がありました。
 個人の問題ですから、援助が必要かどうかを自己申告をしたのですが、援助を申告した人は162名になったそうです。その申告に基づき状況を把握するために、現在訪問して実際をお聞きしていると報告がありました。
 マンション全体での防災対策委員は125名  この棟の委員の紹介がありました。
 
 集会での報告、質疑応答など終わり、後は午後4時まで懇親会となりました。和やかな女性の席から眺めますと男性方は盛り上がっております。良いことですよ。
 
     懇親会  ビヤパーティー

 この日の午後5時からは恒例のビヤパーティー
 5時前にチビ孫とビヤパティーに行きました。5時からと言うのに会場の席は殆んど埋まっており、はみ出している場所のテーブルを確保しました。飲み物やお摘み等のチケットは前売りで買ってありました。風が強く風の通り道のような場所で、二女夫婦と4人で暫らく過ごしました。それからチビ孫が出演すると言うイベント会場に出掛けることになりました。
 二女とチビ孫は先に出発 長女と私は時間に間に合うように出掛けました。会場は取手競輪場だと言うのです。
 見当がつきませんね。どんな催事なのかね。
 会場に着きましたら、イルミネーションの趣向を凝らした自転車が紹介され、見物客の前を走ります。
 どの自転車が良いかと言う投票も行われました。
 初めて見る奇抜な光景です。それぞれの自転車を飾るイルミネーションは手作りらしいのです。今朝調べて見ましたら「取手蛍輪」と言う祭りだったようです。
 チビ孫達は自転車の投票後 DIANAと皆跳のダブルダッチの紹介です。パフォーマンスはとても良かったですよ。ここも風が強くチビ孫達の演技が終わった後直ぐに帰宅しました。それでも自宅に戻ったのは9時40分
 それから食事を済ませたと言う、忙しい一日でした。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog