2013-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

今日の話題  賞味期限

 何時の頃からでしょうか。加工食品に賞味期限という字が印刷されて来ました。また消費期限と言う印字を見ることもあります。
 最近気になることは、開封後出来るだけ早めにと言う言葉です。
 一体早めってどれ位なんでしょうね。
 農林水産省の食品の期限というページを見て見ました。ところがこれでも同じ様な表現ですね。
 この消費期限と賞味期限とで迷わない方もいられると思います。家族が多い、好きな物は直ぐに食べて仕舞うと言う場合には気にならないかも知れませんね。
 老人二人の食事では一回で食べ切れる物は殆んどありません。加工食品も自家製の物が多いですがね、
 結局自分の判断ね大丈夫と思う間は食べております。

 友人に送っております物ですがね。例えばラベルですね。楽しみの様ですが私は真剣なんです。皆さんご自分で判断されていると思いますよ。

        ちりめんラベル

 ところでお婆さんは既に世の中では賞味期限?が過ぎています。人間にも賞味期限ってあるらしいですね。
 例えば、サラリーマン 芸能人 等など仕事も出来て、注目もされ人気もあり、また老後になっても社会貢献も出来る、自力で色々なことが出来ているという期間でしょうか。
 でその賞味期限の最たる人がおりますね。
 代議士ですよ。落選したら唯の人って言うじゃないですか。今日の新聞を見てそうかと感じましたね。

       朝食11月30日

 徳州会の献金の数ですね。これを受けた人はまだ賞味期限があると言うことでしょうね。受けていない人は徳州会から消費期限切れか、まだ袋に入っていないかではないでしょうか。
 
 お婆さんは時々考えますよ。例えば猪瀬知事の借用書の件で折り目がないと盛んに言われておりますが、返送されて来た封筒はA4だったと言い出しそうな気がしますね。この知事はこれから賞味期限が発生すると思われたのではないでしょうかね。5000万円てそんな気がしますよ。
 何故か信用出来ない事柄が多すぎますよ。
 ところが憤慨しても痩せないんですよ。毎食残り物をたべるからかしら。
entry_header

今日の話題 家にはない物

 いま時 世間を見廻しますと数え切れない多くの物がありますね。自分の家だけでもどれ程物があるのか、想像出来ません。単純に仕分けて見ようとしましても、項目を幾つ立てれば足りるのでしょうか。それすら出来ません。
 趣味のチャイナドレスのことでさえ、数え切れないのではと思いますね。
 でもチョッと書いて見ましょう。
 
 自分の着る旗袍 (新しい物 古い物 袖なし 袖付き 単衣 袷 ロングドレス風 普通丈の物 上着 アンサンブル コート 綿入れ べスト ~~~~)
 書籍は 中国発行の旗袍関連図書 数えられない 
 付属品 ボタン類 装飾用テープ 様々なテープ類 
 収集品 いろいろ 
 生地  いろいろ
 道具  いろいろ

 もう本当にどうしましょって言う感じですね。全てをリストとして書きだしたら膨大になることでしょう。

 さて今日の話は家には無くお役に立ちそうな温熱袋?と物干しです。

          温熱袋
  
 これは電子レンジで温めて使うことが出来る温熱袋です。使っている方の話によりますと、鍼灸の治療を受ける際にこの温かい袋をお腹の上に載せているのだそうです。
 で使い道は寝る時に湯たんぽのようにして使うことも出来るそうです。安心して使うことが出来ますね。

 もう一つの物干しです。

         物干し   

 これは室内用の物干しの写真です。お聞きしましたら近くのスーパーで安く買える物だそうです。安定感があり、立派な物です。これは単に物干しに使っているだけではないのです。 
 この物干しを使い、室内歩行器としても使っています。こう言うことができるのですね。
 高齢者の方が外に出ることが出来なくても、運動の為に部屋の中でもこれを自分で押して歩くと言うのです。
 運動にもなりますし、幅広い方を使い、横にも押すことが出来るそうで、なお安定感がありますね。
 
entry_header

日本人ではない

 1944年4月 私は千葉県の女学校に入学しました。戦争は敗戦の色濃くなっていた頃です。
 今の中学1年生ですね。42年に日本に帰国し将来の夢を胸に頑張っていました。
 
 入学式後の最初の登校日 同じ町からの生徒で隊列を組み、校門へと向かっていました。
 校舎の窓から大勢の女子生徒がこちらを眺めています。段々校門に近づきました「◎◎町の◎相子心臓」と大きな声が聞こえます。私を名指しの声です。心臓と言う大きな声は私の心を突き刺しました。忘れもしません。
 
 そして一学期の通知表を貰いました。そこには私の態度が悪いと言う評価になっており、担任は私に気の毒そうに告げました。「級長にはさせられません」と言うのです。
 私は驚きました。そして思い出すのはあの登校初日の言葉です。上級生がうわさを流していたのですね。
 何時の間にか、中国から帰国した生意気な生徒だということが広がっていたのです。
 作業も農業の授業も一所懸命やっておりましたし、思い当る節はありません。
 
 そして暫らく経ち国語の授業です。先生は枕草子を教えると言うことで、先ず先生が最初から声を出して読み始めました。

 「春は曙(あけぼの)。やうやう白くなりゆく山際(やまぎわ)、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢(ほたる)飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。

 秋は夕暮(ゆうぐれ)。夕日のさして山端(やまぎわ)いと近くなりたるに、烏(からす)の寝所(ねどころ)へ行くとて、三つ四つ二つなど、飛び行くさへあはれなり。まして雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入(ひい)りはてて、風の音(おと)、蟲の音(ね)など。(いとあはれなり。)」

 
 ここで先生は「春が好きな人」と仰います。私は手を上げました。次に先生は「秋が好きな人」と手を上げさせました。教室全部を見渡せた訳ではありませんが、春が好きだと手を上げた生徒はごく少なかったのではないかと思います。
 ところが先生は私の方を向いて「あなたは日本人じゃない。日本人は秋が好きなんです」と仰るではないですか。傷つきましたね。この先生の苛めは更にありました。両親も傍に居ない。私は弱い女の子この辛さは何処にも助けが求められませんでした。
 若しも日本が勝っていたら、私はどうなっていたでしょう。態度が悪く、日本人じゃない。これでは進学どころか、行動も監視されるようになっていたかも知れませんね。
 
      昨日と今日の朝食 とても意味ある内容です。

      朝食11月27日  朝食11月28日

 その先生 私が大学に入学し一年ほど経ちました頃手紙を送って来ました。その手紙は私を驚かせました。
 「あなたの演説が素晴らしいと甥から知らせて来ました。頑張って下さい」と言う内容です。
 私は一度も人前で演説も、弁論活動もしたことはありませんでした。


entry_header

烙餅(ローピン)試作

 中国語の老師のお姉さまが来日しています。北京の方ですから小麦粉料理がお得意のようです。
 日本人がご飯を炊くように、連日色々と小麦粉で何かを作られているようです。
 今回頂いたのは烙餅と言うパンと言うかパイと言うか、小麦粉を薄く伸ばして重ねて焼いてあるものです。

             ろうびん

 薄塩の味で、伸ばした皮が何枚も重なっておりますから、剥がしながら色々と包み、挟み食べました。
 小学生の頃 中国青島の中国人の店に買いに行き、焼き立てを買って来た物と良く似ています。
 買いに行った店の物は四角で財布を畳んだようになっており、その畳んだ端が開いていましてね。その開いている所に、色々な具を挟んで食べるのです。中国人は豚の茹で内臓や、生葱等を挟んでいましたが、家ではソーセージが多かったですね。
 土で出来たような窯 ピザを焼くような窯ですね。その中に入れて焼くのです。とても美味しいのですが、中国の方に聞きましても、今までそれを知っている方にお会いしていません。ですから名前が分かりません。青島だけの物かも知れません。
 そこでこの頂いた物に真似をし、作って見ました。作り方は簡単でしたが、小麦粉を練った所に急用が入り、寝かす時間が長すぎました。でも試作して見ないと駄目ですから、作って見ました。
 
 薄力粉250gに水150ccと塩少々加えて良く練りました。半分に分けて面棒で薄く伸ばし伸ばした表面に油を塗ります。
 油を塗りましたら、塗った面を内側にして端から巻いて行きます。巻き終わりましたら、切り分けて面棒で平らに伸ばして、切り口の所を弱く付けます。
 それから油を引かないフライパンで両面を弱火で焼きます。

     ろうぴん1  ろうぴん2

 全部で6枚できました。端は軽く押さえてありましたので、簡単に開けました。ですが問題が幾つかあり、今回は失敗です。ま~初めてですからね。再度作って見る心算です。
entry_header

今日の話題  思い出せない

 新しいスマホの契約に無知な私は余分な金額を払うようになっていました。
 で何時もの助っ人の若い男性に指南をして頂き、午前11時にドコモショップに行きました。
 今回は割合スムーズにこと足り、バス停に行きました。昨夜からの風雨が嘘のような良い陽気です。
 小春日和と言うよりは、秋天らしい爽やかな空気です。
 バスを待つ間 南向きに座れるベンチに座っておりました。
 隣に私に近いような老婦人が座りました。
 
 「良いお天気ですね」と声を掛けて来ました。「そうですね。昨夜と大違いですね」と自然に話が始まりました。
 「お元気そうですね」その方 「元気には見えますが、歳なりですよ」と私
 「昭和一桁ですか」その方  「そうです」と私
 「私もそうです」とその方  「じゃー同じですね」と私
 「空襲に遭いましてね」とその方 「東京ですか。3月10日ですか」と私
 「いいえ次ですよ」とその方  「じゃ~5月のですか」と私

 あれ この話の流れは前にあったような気がして来ました。ご婦人は「戦時中はいろいろ大変でしたね」と仰います。確か前もバス停から始まったような気がします。
 それが家に戻りましても、どうしてもハッキリと思いだせません。でもあの方だったと思うのです。
 以前はお会いして言葉も交わせば、顔も姿も印象に残っていました。最近はそれが駄目なんですね。

 で話は変りますが、溜まりに溜まった手紙や資料の整理をしました。そこに出て来たイージースモーカーのパンフレット
 パンフレットを見ますと魅力ですし、これは一つやって見ようとなりました。
 早速アマゾンで見ましたら、この商品は2012年2月17日に注文されていますと出て来ました。
 そうでしょね。だからパンフレットがあるのですから。
 それから探しまくりました。狭い家ですから探す場所も限られています。ですが未だに見つけ出せずにおります。
 今日のご婦人も絶対以前にお目に掛かっている方だと思うのです。
 ホントに困ったものです。

         スモーカー1  スモーカー2

 この写真を見ますと綺麗にスモークされた物が出ていましょ。作って見たいのも分かって頂けるかしら。
 アマゾンの過去の注文内容を調べて見ましたら、チップも頼んでいるのです。
 仮にですよ。仮に何方かに差し上げたのでしたら、パンフレットも一緒に差し上げてある筈です。
 参りましたよ。
entry_header

心温まる演奏会

 長くチャイナドレスを習いにお見えになっていた国定さんのご主人 国定 正さん 
 下記のような楽しい集いを開催されました。
  
 「国定歌謡サークル」歌の集い
  「懐メロ、唱歌」を、皆様と唄いましょう
    (ハーモニカ、カラオケ伴奏)
                   
 
 丁度妹も遊びに来ましたので、二人で伺いました。
 国定さんはご主人の会を盛り上げたいと思われたのでしょうね。声を掛けて下さいました。
 仲良しご夫婦です。今年の4月20日に国定さんご夫妻の紹介を致しましたが、ご主人はボランティア精神旺盛な方です。
 昨日の会ですが、国定さんの歌謡サークル会員の方を中心にプログラムが構成されておりました。
 
 開会の挨拶で舞台に立たれた国定さん 背が高くスッキリとしております。会社を一年半前にお辞めになり、その後歌謡教室を立ち上げ、歌を通じ社会貢献に努めていらっしゃいます。

 手賀沼湖畔のアビスタホールは小さなホールです。50名?位でしょうか。中は中高年の方で一杯でした。
 
 第一部は歌謡教室の方が壇上に上がり、日頃の精進の歌を披露されました。国定さんは一人一人に励ます言葉をお掛けになっておりました。声を出すことが健康に良いですよと説明をされます。まだ未熟な方も一所懸命に声を出しておりました。
 第二部は皆様と唄う懐メロと言うことで、会場に流れるメロディーに合わせ、スクリーンに映された歌詞を見ながら唄いました。時々国定さんはハーモニカを吹き、またご自分も唄われ、とても楽しげです。

        国定さん

 会場の両側の席の前の方に電動車いす方がお見えになっておりました。
 国定さんは唄いながら、その方に手を振られて有難う、頑張って下さいと伝えるかのように優しい笑顔をなさいます。ほのぼのとしましたね。
entry_header

木谷先生の便り

 10月20日に明治大学ホームカミングデ―は駿河台校舎で開催されました。
 私は卒業60年と言うことで招待を受けていましたが、体調のことを考えて、出掛けるのを取り止めました。
 それに先立ち政経学部の木谷光宏先生と当日お会いする約束をし、久々のお喋りと近況を知って頂こうと愉しみして待ちました。欠席の連絡に先生はとても残念に思って下さいました。
 丁度先生がドイツ、スイス、オーストリアにお出掛けになると伺っておりましたので、そのことをお聞き出来なく、何時かと思っておりました。
 先だって頂いた先生のお便りを拝見し、とても良い旅をなさったな~と感じております。
 折角のことですし、以下に記し私の記念に残して置きたいと思っております。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「オーストリア(ウイーン・ザルツブルグ・インスブルック)、
ドイツ(フランクフルト)でのブランディングのマーケティング調査から帰国しました。
まだ時差ボケが残っている状態です。ウイーンは気温が5度前後と寒かったです。
ウイーン大学周辺の教会の裏手に精神分析学者のフロイトの記念館もありました。

            ウィン大学

 明治大学の学生時代に受講した「県民性」の研究で著名な祖父江孝男先生(文化人類学者・故人)
 アラスカのエスキモー研究で有名な蒲生正男先生(社会人類学・故人)の恩師である岡正雄先生(民族学者・故人)が留学されておられたウイーン大学を訪れました。アカデミックな雰囲気が漂っていました。
 岡正雄先生はシュミット教授のもとで学び、1933年にウイーン大学から博士号を授与されています。その当時、岡先生が博士論文を執筆されるのに良く通っておられたお気に入りのカフェ・モーツアルトでランチに肉が柔らかくサイズが大きいカツレツを頂きました。ボリュームもあり、とても美味しかったです。

             カフェモーツアルト

 ベルサイユ宮殿を模倣して建てられたというシェーンブルン宮殿は世界遺産でもあり、部屋数が1441室、日本庭園もあり、庭なども広く荘厳でした。


    シェーンブルン宮殿1  シェーンブルーン宮殿2

 格式の高いザッハホテルの緑の色彩の間でフルコースの夕食をし、デザートにザッハトルテが出ました。とてもコクがあり美味しかったです。

            ザッハトルテ


 余談になりますが、ヒットラーは画家になる為にウイーン美術アカデミーの入学試験を二度受けたが、不合格になっています。
 ウイーン在住のころは、惨めな生活を送り、画家になる夢を断念してドイツに転居。合格していれば芸術家になっていて第2次大戦は起きなかったのかもしれません。歴史とは皮肉なものですね。

 ザルツブルグではモーツアルトの住んでいた家を見たり、世界最古のレストラン(803年創業)でランチをし、
映画「サウンドオブミュージック」のロケで「エーデルワイス」を歌った劇場を見たり、夜には眼下に街を一望できる古城での城塞クラッシックコンサートに出かけたりしました。

 インスブルックの「チロルの夕べ」では、本場のチターの演奏を聴きました。
 霞が関ビルの33階で持永さん、中島先生とご一緒に、内藤さんのチター演奏を聞いて以来のことです。懐かしくもあり、とても感慨深いものがありました。
 地元のジュニアの選手が練習していたスキーのジャンプ台からインスブルックの町並みやアルプスの山並みを一望して、2300mのアルプスに登山したりと、かなりハードで楽しい研究旅行でした。」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 木谷先生は明治大学スキ―部の部長をなさっており、これから季節になりますので、忙しさも一段となることでしょう。私は駿河台に暫らく行っておりませんでしたので、先生は何時でもご案内しますよ。お出掛けお待ちしていますと仰って下さっています。優しく礼儀正しさは学生時代と全く変わっておりません。



entry_header

今日の話題  お腹が膨らみました

 腹膨るると言いますが、もの言わぬと心中の怒りが溜まりますね。
 昨日から話題の続いている東京都知事のお金の問題 お腹が膨れますよ。

            朝食11月23日

 記者会見での言葉は何だったのでしょうかね。論旨迷走 言語不明瞭 内容不可解 困りましたね。
 見るも聞くも腹膨るるばかり。これってたまたまでしょうかね。
 この猪瀬都知事明治大学大学院で学んだと言うことです。何故明治に見えたか、人にお聞きしたのですが、政治学の橋川文三先生の指導を受けたいと言うことだったそうです。
 橋川先生はお亡くなりになっていますが、この会見の様子を眺めましたら、何と仰ったかしら。
 橋川先生は凄いのですよ。きっと罵倒されたと思いますね。 
 また猪瀬都知事も以前は評論活動もされていた方ですから、ご自分が評論なさったら、どう表現されるのでしょうかね。大変興味のある所です。

 昼に中国語の老師から餃子を頂きました。北京からお姉さまがお見えになっておりますので、お姉さまが作られたそうです。中の餡は豚肉と白菜が主ですね。餃子の王道ですね。

    餃子1  餃子2

 餃子の数を数えましたら26個なんです。これを二人で全部食べて仕舞いました。喜んでいるのにお腹が膨れて仕舞いました。餃子の付けタレにひしお麹を使ってみましたがとても良いのですよ。
 ひしお麹にお酢を垂らして一気に食べてしまいました。変った物に余り積極的でない夫も美味しいとこれを使っていました。

 
entry_header

塩麹漬

 先日ひしお麹を頂きましたが、塩麹も頂きました。
 この塩麹は麦を使ってあります。麦は丸麦でした。
 時間を掛けてじっくりと作った物ですね。麹はひしお麹の店の麦麹です。
 塩麹を使い、青身の魚を漬けて食べたり、またお肉を漬けて焼いたり出来ると言うのです。
 この季節中々青身魚が少ないですね。鯖は沢山出回っておりますが、鯖嫌いな夫に食べて貰う訳には行きませんので、何にしようかな~と魚屋を覗きましたら、割合形の良い鯵が並んでいました。
 そこで教えて頂いた順序に従い、鯵の塩麹漬を作って見ました。

 作り方 1 鯵は三枚に下ろし、身の中心にある骨を骨抜きで丁寧に抜きます。
        そして今回は皮を剥ぎました。剥がなくても良いのかも知れません。
      2 鯵に出来るだけ少なく塩を振ります。(塩加減は私の考え)
      3 鯵から水分が出て来たら水を切り、周りを拭きます。
      4 鯵をキッチンペーパーで包みます。
      5 キッチンペーパの上から塩麹をまぶしつけます。
      6 ほぼ一日経ちましたら、鯵を取り出し、好きなように切って食べます。

          塩麹漬け魚

 これは昨夜に二人で片身づつ食べました。身は引き締まり、塩気もありますから、そのまま肴にしました。
 鯵はねっとりとした身になっております。
 
 発酵食品は健康に良いと聞いてはおりますが、色々とありますね。市販の塩麹は麦ではなく米で作られた物が普通だそうです。市販の物は数回使ったことがありますが、此方の方がさっぱりとした感じです。
 
entry_header

今日の話題  権利とお金を守りたい

 最近社会でもおかしいことが次々表面に浮かびあがり、世間の話題になっております。
 先日書道の話になりました。知り合いの女性は長年書道を習っていたそうです。先生は高齢な女性だそうですが、年齢からしてそれなりのレベルの方のようです。
 ある時 話をした方は書展に出す作品の練習に励んでいたそうです。出展近くなりましたら、先生から添削をしてあげますから、見せて下さいと言われ、自分の書いた書を持って行ったそうです。
 そうしましたら、先生は自分とまるで違う字へと直して下さったそうです。でそれを出展しました。
 何と「特選」となって驚いたそうです。そこでその方は「これは私の字じゃない」と心の中で抵抗の声を発し、そして以後先生の下を離れたそうです。
 昨日の新聞はそれに近い話です。

       朝食11月20日

 知人は矢張りお金が問題だと話しておりました。この先生は特に多額の物を要求はしてなかったようですが、それでもそれなりのことはしなければならないようです。

 話は今日の新聞です
 一面を見ますと、大きな問題が見えます。今国会はどうなっているのでしょうかね。議会の委員会の様子を見ますと、委員はどこに座っているの?と眺めて仕舞います。答弁をする大臣の自信なげな回答
 今や国民不在の国家へと変身中ではないかと思って仕舞います。
 大きいことは自分らに任せろ。国民は知る必要なんてないんだよ。と言うのですかね。
 選挙制度の改革もせず、身も切らず。歳費と地位が魅力なんでしょうかね。

       朝食11月21日

 一党独裁の兆しを感じてしまいます。多くの国民が選んだ政権ですが、選挙制度は違憲と言うことであろうと、選挙事態は無効とされていませんので、悠々と政策を進めて行くのでしょうね。
entry_header

ネオジウム磁石

 珍しい物大好き 新しい物は見て見たい そんな私の心を良く知っていますのが助っ人の若い男性(毎度ご免なさい)
 私は時々と言いますか殆んど毎日チョッとでも仕事場に顔を出します。
 「これなんだとおもいます」「ええ分かりませんよ。何ですか」
 四角の鼠色の金属らしき物を見せて下さいました。その四角の物にハサミを近づけましたら、ハサミは飛びつくようにその鼠色の物体に張りつきました。
 「興味がございましたらどうぞ」「ええ良いのですか。頂いても」
 「どうぞもう一つ上げましょう」と言うことになりました。

    磁石1  磁石2

 磁気が凄いのです。その頂いた物を左手の手のひらと手の甲の両側に付けて見ました。そうしましたら両側から磁気が働くのでしょうか、痛いのです。で直ぐにそれは止しました。この四角の物体はネオジウム磁石若しくはネオジム磁石と言う強い磁石だそうです。
 ただ欠け易いそうで、直ぐに少し欠けました。その欠けた物を別の袋に入れまして、小さな欠片の下に大きな方を提げて見ました。強いですよ。小さなのが大きなものをぶら下げるのです。

             磁石5

 頂き家に戻りました。そこにチビ孫が来ましたので、これまた見たがりですから、見せました。それは面白いですよ。色々な物に付けて見ています。これは持ち出され事故にでもなったら大変とお返しすることにしました。
 それをバックに入れたまま忘れていました。
 ある日郵貯に行き、通帳で振り込みをしようとしました。何回入れても通帳は戻って来ます。振り込みも出来ず、機能が駄目になっています。
 ふとバックを触るとあの磁石があるのじゃないですか。これだと思い係の方に申し出ました。
 それは間違いなくこの磁石の所為でした。通帳の磁気が飛んでしまっていたのです。
 係の方はとても丁寧に回復の手続きをして下さり、通帳も新しい物になりました。
entry_header

今日の話題 落してはいけません

 今日の朝刊に福島原発4号機の「核燃料取り出し開始」と出ています。
 もう気になっておりますから、これからのニュースにも気をつけていなければと思います。

  河北新報 ニュース配信 11月19日
◎許されぬ「想定外」

 【解説】福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しが始まった。汚染水問題や予期せぬ停電などで「見通しが甘い」と批判を浴びてきた東京電力は、今回の取り出しを「廃炉工程が順調に進んでいる」とアピールできる数少ない機会ととらえ、当面の大きな目標に位置付けてきた。
 作業で懸念されるのは、燃料輸送容器の落下だ。プールのある建屋5階から落ちると燃料が破損する恐れがある。容器が壊れれば、大気中への放射性物質拡散という極めて深刻な事態となる。
 東電は容器の落下以外に、プールの冷却停止や水の漏えい、大地震、火災、容器運搬中のトレーラーの事故など、さまざまなトラブルを想定して対策を講じ、それぞれのケースごとに対応を決めている。だが、トラブルが同時多発したらどう対処するのか。東電は「そんなことは起こるはずがない」という。
 通常の原発の燃料取り扱いクレーンは、取り出す燃料の上部まで自動で移動するが、今回は作業員が目視で行う。さらに作業員は全面マスクを着用しており、視界が狭くなる。通常と違う作業環境で人為的ミスが起きないとは言えない。
 2年8カ月前の事故は最悪の事態がいくつも重なって起きた。来年末まで続く作業の計画に抜かりがないか、東電には慎重に確認することが求められる。もう「想定外だった」では済まされない。

        朝食11月19日

 昨日昼時 下のスーパーの前で久し振りに知り合いの方とお会いしました。大連の女学校に通っていた時、日本が負けたので引き揚げて来た方です。中国語の話等しておりましたが、買った物が重く、傍のベンチに下ろして話しておりますと、突然荷物が傾き、ベンチから品物が袋ごと落ちて仕舞いました。
 卵のパックの内無事だったのは2個 後8個は殻に皹が入り、2個は全く使えません。
 落とした卵は出来るだけ早く消化したいと思いましたら、NANTEIさんのブログで見ました鮭の出汁巻きを思い出し、今朝のメインにしました。味つけの塩分は鮭の物だけです。

        塩鮭出汁巻き

 昨日は昼にすき焼きの残り汁を使い、煮込みうどんに卵を落としました。今朝は3個使いましたので、後2切れ残っております。落とすといけませんね。これからは荷物を置いたら、荷物のどこかに手を掛けてお喋りをしましょう。
entry_header

今日の雑談

 昨日は新しいプリンターに換えたのですが、自分では出来ませんから何時もの助っ人の若い男性に設定して頂きました。
 表示が自動的に出て来ますし、試し刷りの写真も綺麗に出て来ました。
 スキャンも早く出来ますし、プリントの早さも今までの略半分の時間しか掛かりません。
 それでスキャンして見たのが「特注の貯金箱」です。

        生田ゼミ広告

 50年もお付き合いしています、明治のOBの生田保夫先生のゼミのOB,OGの方たちが大学への募金をしようと考えた貯金箱です。これ一缶5万円溜まるそうです。溜まりましたら寄付しようと言うことです。
 人間は溜まると惜しくなり、考えが変るかも知れないと言うことで、一つは大学に、一つは家族のために、一つは自分へのためにと。こう言うことだそうです。この缶ですが蓋が開くようになっており、何回も使えると言う物で、明大マートに特注した物だそうです。

      午前 珍しいお芋を頂きました。

        吉浜芋

 送って下さったのはPaganiniさんです。毎日のようにブログを見て下さり、コメントを頂きます。
 この吉浜芋と言うのは川越の農家のかたが作られた物だそうです。Paganiniさんは美味しそうに煮ております。大変美味しいお芋だそうです。インカレッドときたあかりはご実家から送られて来たのを同梱して下さいました。有難うございます。

 此方はまた良く見に来て下さる方のお料理の真似です。この会社でもうちでも料理♪というブログのお料理は内容も毎日バラエティーに富み、色彩も素晴らしいお料理が並んでいます。
 作り方も分かり易く、中高齢者の方にも取り入れやすいものばかりです。

       大根1

 偶にはチョッと時間をとり、変ったもので、食べられる物をと煮て見ました。大根の形抜きは楽ですが人参は硬くて、作り方は今一つ工夫が要りました。
entry_header

本日の話題 ひしお麹

 先だってひしお麹味噌を頂きました。初めて知り、また初めて目にしました。
 日本で古くからある麹味噌と関係の深い醸成された物ですね。
 大変健康に良いと仰って、詳しく説明もして下さいました。
 金山寺味噌にも似ていますし、また普通のナメ味噌にも色も形もそっくりです。
 
 調べて見ましたら、多くのことがネット上で見ることが出来ます。詳しくて見易いのは右ののようでした。
 
 頂いたひしお麹味噌は切り昆布が入っていました。 毎日自分の指を綺麗に洗い、水を拭き取ったその指で混ぜ混ぜして下さいと言うことです。その効用はお聞きした時は良く分かったような気がしましたが、今思いだそうとしましたら良く分からないようでもあります。とに角頂いて見ました。
 ほんの僅かで足りるのです。一昨日は豚ロースの薄切りを油少々で焼き、このひしお麹を付けて頂きました。 
 味も良く、いけますね。焼き魚等にも良いそうです。ご飯に載せるのが一番と仰いますが、それはチョッと横に置きましょう。
 
 今朝の食卓にも載せました。減塩生活ですから、極々少量を付けて頂きました。

    ひしお麹  朝食11月16日

 私はキュウリの良い物が手に入りましたら、この味噌を付けて食べたいな~と思っております。

PS  備前長船名刀味噌本舗は右のでご覧になって下さい。そこで「ひしおの麹」が出ています。

 
entry_header

鍋の朝の新聞

 毎朝新聞のトップタイトルに目をやります。とても気になることもありますね。
 最近どう言う訳か福島のことは一面になることが少なくなっていますね。
 私は放って置けない気分で良く眺めております。
 多くの方も気にしていると思いますね。だってこれからの日本の進む道に関係があるからですよ。

     朝食11月9日  朝食11月13日

 ネットでは色々な意見も出ていますし、福島の様子も知りますね。放射能のことはとても気になります。
 愚図愚図していて良い筈はないと思うのですがね。何が何だか分からないのよなんて歌の文句をほざいても始まりませんがね。安心安全って言いますがね。ホントでしょうかね。ホントではないと思って仕舞うのですよ。
entry_header

1050円のカット

 もう随分長くパーマとは縁が無く過ごしております。美容院は一旦決めると長く利用します。
 所が3年ほど前 歩いて5,6分の所にカット専門の店が開店しました。
 その店はたった一人で仕事をしております。火曜日が定休日ですから、この辺の美容院と同じです。ですから美容院なんでしょう。 
 元々カットだけに美容院に行っておりましたので、試しに行って見ました。
 早くて時間も20分位で済みます。と言うことで今はその店を利用しております。

        カット店

 街の美容院に男性も行きますね。それも若い男性です。ところがこの美容院 老若男女どの世代もと言う程色々な方が行っております。子どもから老人までですよ。特に中高年の男性が多いのです。女性ではOLらしき方は見えませんね。それが普通の美容院と大きく違うと言うことでしょうか。
 日曜日や夕方は男の子が多いようです。
 私は自然のウエーヴがありますので、カットだけで済みますから、ここに行くので充分です。
 
 面白いのはこの美容院の男性です。(年齢不詳です)ラーメンが好きらしく、最初の頃ラーメン店を掲載している週刊誌が一杯置いてありました。
 「ラーメンがお好きなんですか」とお聞きしました。それからラーメン談義ですよ。他のお客さんがいなかったこともあって、~~屋系はどうとか~~家系はどうとか説明して呉れるのです。麺はどうとか、野菜はどうとか本当に詳しいのです。
 そして明日は休みと言う日は思い切りニンニクの効いたラーメンを食べると言うのです。バイクで通勤しているそうで、帰りはラーメン屋に寄ることが多いと言います。それでこれは独身だな~と感じましたね。その後どう言う訳か、ラーメンの週刊誌は置いてなく、男性のヘヤスタイルの本が何冊も並んでいます。ということは若い男性もお客さんになっているのかしら?
entry_header

自家製が安心

 食のブログではありませんが、高齢になり(もう前から老人だよと夫に言われておりますが)話題は食にまつわることが多くなって来ております。
 食生活の面で若い時には思ってもいなかったことが次々現れて来ます。
 
 例えば 固い物は食べられなくなる
      箸でつまんだ心算がつまんでいない
      柔らかく煮た物が良くなる
      熱い物や冷たい物が苦手になる
      繊維質の物が歯間に挟まる
      水分が気管に入ってせき込む
      酸っぱい物や辛い物は苦手になる
      食べる量が少なくなる

 最近は減塩ですね。これは可なり順調ですよ。薄味に慣れて来ております。先日新聞の代わりに写した醤油注しは良いですね。噴霧器から出てくる量は一回にほんの僅かです。お鮨にも種の上から一吹き掛ければ済みますね。

              アマゾン醤油さし

     カツオ握り190円  バチ赤み握り400円

     バチ切り落とし握り298円  自家製イクラ丼500円

 イクラ丼のご飯は酢飯ではなく、普通のご飯です。酢飯は塩分がありますから、イクラの醤油漬けは今はこのようにしております。
 話は少し変わりますが、私は鮨の種の上に、下ろし生姜や細ネギ、またモミジおろし、時にはレモン等を載せると言うの嫌いなんです。以前にも書いたことがあるのですが、醤油を付けるのに困るのです。
 種に付けるには上に載せてある物が落ちて仕舞い、落とすまいとするにはご飯に醤油を付けることになりましょ。娘は種の上から掛けると言うのです。多分これは掛け過ぎると思いますね。
  この噴霧出来る醤油注しの小型の物が出来れば、回転すし店で役に立つのではないかと思っております。
 「当店は血圧を上げない工夫をしています」なんて言いましてね。お客はシュシュと上から醤油を掛けてね。
 どうでしょうか。(でも持って行かれて仕舞うかしら。そしたらお勘定の時に使った醤油注しを返して支払いを済ます)こう考えると楽しいこと。
 チビ孫はこのシュシュをやりたくてね。先だっても何回も試すんですよ。
 
 魚屋の小父さんが休んでいまして、どうも魚に変化がありません。ですがマグロ特にバチマグロは多く並んでいます。それも刺身だけではなく、さくに切った物やチョッとした塊でも出ています。塊は安く値段が付けられています。お買い得なんですね。
 たまたまお付きあいさせて頂いております、徳島のちゅんごさんがバチマグロの塊を捌き、その扱い方を書いておりました。とても参考になりました。ご覧になりたいと思われましたら右の赤いをクリックしてご覧になって下さい。
entry_header

偽装は続く~よどこまでも~

 食品の偽装問題は一件落着なんて物ではありませんね。
 ま~偉い方が頭を下げてお詫びをする風景が良く見られますね。身体を90度に曲げてね。
 あの方達はおじぎをしている数秒の間 何を思っているのでしょうね。
 「悪かった。申し訳ない」と本当に思っているのか「何でばれたのか?」「ちくられたかな?」とか思うことはないのかしら。
 儲けたい儲けたいが一番の原因でしょ。昨日は灘の富久娘酒造が純米酒に醸造アルコールを混ぜていたそうで、38銘柄一升瓶に換算して25万本だそうですよ。それも相当前からのことらしいですね。
 こうなりますと人の舌はどうなっているのでしょうか。多くの方は味を選別する舌を持っていないと言うことでしょうか。多分私も駄目だと思いますよ。

      朝食11月7日

 この朝食ですが、鮭は生に塩を振り4日ほど置いたものです。ヒジキは千葉の勝山の物 人参は千葉県産、一緒に合わせた竹輪は紀文製 卵とじの茄子は我孫子産 卵は忘れました。トマトは北海道産、キュウリの佃煮は自家製 左は有明海の海茸の粕漬け 右の漬け物は山形の青菜で頂き物(これは添加物が少しありました)味噌汁は素姓の分かっている味噌を使っております。
 実はこのような食卓は高価な物ではありません。賑やかに見えますが、無駄なく消化します。
 ただこのような内容は育ち盛りのお子さんがいる家庭では厳しいと思いますね。
 食の問題はこれから重要な課題として私たちが考えなくてはならないことだと思います。

 先月から始まった食品偽装問題で、食材などでの動きに変化が起きているそうです。真面目に仕入れて調理していた個人店は大手の買い物に押されて苦労をされているようです。
 お節に入れるイセエビやタイは高騰しているそうです。
 大体お節に収まっているイセエビ 家族の誰が食べるのでしょうか。お客さんは手を出さないと思うのですよ。
 私は手を出しませんね。睨み鯛というただお客さんに見せるだけの鯛の話もありますね。
entry_header

福一は気になります

 今日は新聞はお休みです。朝食を写すかどうか考えましたが、最近我が家の食卓に上る減塩対策醤油さしを新聞に換えて写しました。

        朝食11月11日

 奥の方にある容器はマムチさんのお話からアマゾンで探したものです。上の丸い所を押しますと、醤油が噴霧器のように、醤油を吹き出します。その量は極僅かです。ソイミスターと言い 1980円で買いました。
 

 11日と言う日が来ますと思い出します。ただ忘れていると言うことではありませんよ。
 あの3月11日は日本の大人から子供までを恐怖に陥れました。その後震災と福島第一原発の齎した被害と復興には目が離せません。
 除染問題も今日のニュースでは与党が政府に国費投入を申し入れ、総理も「対応を加速化して取り組む」と言う回答をしたと出ておりました。
 除染は進んでいるのでしょうか。色々と知りますと、中々問題があるようですね。
 福島は東京から遠いですなんてオリンピック誘致のプレゼンテーションで話した方もおりますが、そう言う問題ではありませんでしょ。
 未だに多くの問題を抱えている方がたの心情は如何ばかりかと、心が痛みます。
 
 ブロ友と申しあげるにはおこがましいのですが、そのブロ友のNANTEIさんが今日はタイトル「原発詠」で多くの詩を掲載しております。是非ご覧になって下さいませ。

 私が最近気なっていた一つの記事ですが、それは11月3日の新聞で見たものです。

     朝食11月3日  11月3日朝日朝刊

 この自民党の石破幹事長の発言です。これはあることへの前触れではないかと思えてなりません。
 どのような形で現れて来るのか、とても気になります。
entry_header

スマホの買い換え

 あの3月11日の地震の後 今言う所のガラケ―からスマホに変えました。 
 ガラケ―は予定表用に持っています。生徒さんからの電話を受ける時、予定を見て返事をしますからね。
 所がスマホの耐用年数なのか、何かの不都合なのか、この数カ月充電が忙しく、毎日2回もします。また画面の明るさにムラが出始めました。明るくなったり、うす暗くなったりします。
 何時もお世話になっている若い男性 強調しますよ。若い男性です。私の助っ人です。
 最初はどうしようか、ああしようかと相談しておりましたが、もう買い換えるってことにしました。
 何しろ助っ人なしで換えに行くので、どういう物にするか、どういう契約にするか、良くレクチャーをして頂き換えに行きました。

           スマホ1

 換えて来ました。驚いたことに買い換えに物凄く時間が掛かったのです。夫も一緒に付いて来て呉れましたが、本人は携帯を持っていませんから、傍に控えていると言った感じです。
 私とて知らないことだらけですから、係の人も随分大変だったと思います。助っ人の書いて下さったアンチョコを見ては返事をします。全部で3時間近く掛かりました。

      スマホ2  スマホ3

 今日は助っ人の方に待ち受け画面の整理をして頂き、スッキリと綺麗にして頂きました。ラインも設定して頂き、これで元のように、メールのやり取りも、カメラも使えるようになりました。
 助っ人の方曰く「ご自分で取り換えて来れて良かったですね」と褒めて下さいました。彼は一緒に行って上げましょうかと仰って下さっていたのです。アンチョコよりは無駄も有ったようで、そこは今後処理して下さると仰って頂きました。
entry_header

可愛いトマト

 トマト好きの私 トマトが冷蔵庫から姿を消していますと、何かしら忘れものがあるような気分になります。
 昔貧乏だった時、また貧乏話で済みません。その頃は母が畑を借りて野菜を育てていました。夏はキュウリ、ナウ、それにトマトなどですね。紫蘇は畑の隅にあっても威張って広がっています。新鮮な紫蘇の香りは大好きで鼻に張って置きたい位です。
 トマトは育てるのが難しいとか。赤みが掛かって来ますと食べたくなります。夏の強い日差しを受けたトマト
 手に取ると皮から温かい感触が伝わって来ます。お腹が空いていますと、冷やすのが待てずに齧ります。
 美味しいことは美味しいのですが、締まりません。冷蔵庫はありませんから井戸水を汲み、桶に浮かべて冷やします。う~んと唸るほどトマト って香りが口いっぱいに広がります。あの自然の香りは何処に行けば味わえるのでしょうか。
 トマトを買うのは楽しみの一つでです。福一の原発問題以来、産地もよく眺めて買うようにしております。
 火曜日に近く?でもないか。チョと車でないと無理な高島屋の出店のような所に買い物に行きます。
 そこは食品だけですが、通路も広く買い易いのです。
 野菜も買いますが、珍しい調味料や、地方の変わった物なども手に取り、納得気が向けば買って来ます。
 運転する長女の好きなトマトが今回もありました。「北海道トマト キャロット」と言う表示です。
 夕方でもあり、お天気も良くなかった所為か、売り子さんは早く売って仕舞いたい様子。
 丸いケースに詰められていたトマト それ一つだけは?と聞きましたら400円だと言います。
 娘は先に買っていましたから「3ケースだと600円だよ」と言います。それでは3ケース買いますよね。
 ね。は人もそうだと言うこと?私の強調です。

      トマト1  トマト2
 
 右のケースに入っているのがミニトマト・キャロットと言うのです。北海道だけで栽培しているのではないようです。私の知らない所で流行っているのかも知れませんよ。
 この高島屋での売り場は常設ではないんですよ。ですが売り子さんはトマトと一緒にあちこち回っているようです。扱う物がトマトだけと言うお店ですね。今度会いましたらまた買いたいな~と思っております。
entry_header

大きなナツメとキクラゲ(棗と木耳)

 初めて目にした大きな棗 それと一緒に綺麗な木耳を頂きました。
 木耳は使い道が色々とあり、食べ方も自己流ですが、大凡分かっております。両方とも北京からのお土産です。
 
      なつめと木耳

 今回頂いた棗は中国ウイグル自治区産の高級品で、北京でも高価な物だそうです。
 棗は栄養豊富な食品だと聞いております。鉄分も多いとか。漢方薬にも使われており、棗は一日三粒食べると歳を取らないなどとも言われているようです。
 私の食べた棗を使った料理で特に印象に残っているのは、中国語の授業の時に老師が炊いて下さった臘月のお粥ですね。12月のお粥ですね。健康食です。それと八宝飯の中に入っていたのも思い出します。

     蝋月の粥

 頂いた棗は王老師の棗の三倍ほどの大きさです。一体これをどうやって食べたら良いのか教えて頂きました。
 先ずお湯で煮出し、そのお湯を飲みます。お湯を飲み終わりましたら、棗を蜂蜜に漬けこみ、食べ易い柔らかさにし、その棗を夜寝る前に食べると楽に入睡出来るそうです。勿論棗のスープは身体に良い物だそうです。
 木耳と棗の組み合わせも身体に良いとも言われていますから、合わせた料理を考えて見ましょう。
entry_header

言い訳が嘘と聞こえる

 先月末頃から有名なホテル等の食品偽装問題が次々に出て来ております。
 昨日は東京も東京 そのど真ん中の日本橋 その日本橋高島屋での偽装問題が分かり、このところ続いていますように社長のお詫びの姿がテレビで映されておりました。 
 どこの社長も記者会見で色々と仰います。一番は決して偽装ではないと言うことを強調しております。
 これは今までにどこの社長も仰っていますから、驚きません。
 驚くのは、これを多くの方が信じて呉れると言う前提で話す社長ですね。
 こう言うことをバッカじゃないのと言うのでしょうね。心の中では信じて貰えていないと分かっている筈。
 
 今それぞれの業界では引き締めの会合等の開かれているようです。既に辞意を表明している社長もおりますね。

 これは一口で言えばやりそうな手口に思えてなりません。売り上げを伸ばす方法 知恵のある方が考える方法の一つではないでしょうかね。誰かが考えなければする筈はないと思うのです。

       朝食11月6日

 高島屋の説明でえぇ?と首を傾げたのは「フォション」ブランドの車エビのテリーヌが車エビではなくブラックタイガーを使っていたと言うことです。それも日本の業者が作り、フォションの承認を得て納品していたと言うのですね。世界に知られたフォションの名を汚したことになりましょ。高島屋さん良いのですか。
 テリーヌの写真がテレビに出た時、あれ?これは見たことがあるわと高島屋の2014年のおせち料理のパンフレットをめくって見ました。そしたらありましたよ。

       お節

 左の容器の右下 これが問題のテリーヌですよ。エビの姿が分かりませんから普通では気が付きませんね。
 レシピに車エビと書いてあったが色々試作した結果ブラックタイガー良いということで作りましたが、表示はレシピのままにしておりましたと説明しておりました。
 高島屋に入っているテナントでの偽装も出ていましたね。

 何と言い訳をしようとも話はモヤモヤしていて、決して偽装ではありませんと言う証明にはなりませんね。
 業界は苦しいのかも知れませんね。だからと言って嘘を嘘と言わずに世間に納得して貰おうとはね。

 そこに見えるのは何とか安い物を高い物に見せかけ、料金を高くしようと言う魂胆でしょ。

 近所の高島屋に週一回ほど娘に連れて行って貰います。野菜などは産地は表示されいますから良いですね。これは今は法律で決っているので、必ず分かります。ただ加工してある物はアレルギーに関する表示はありますが、全て絶対に間違いないという物はないですね。ですから業者を信じるか、また目の前で煮炊きしているのを見てかで買って来ます。焼き鳥専門の店は鶏の銘柄までは分かりませんが、国産だと言うことが分かります。
 困った状況になって来ましたね。
entry_header

何で来たのですか

 後期高齢者と言いますが、二人で高貴高齢者なんて言いましてね。日々お互いの失敗を上げつらい喜んでいます。
 その通りなんですがね。失敗は日々絶え間なく起きるのですよ。
 よくあるのは薬の数が合わなくなって仕舞うこと。どうして余るのか、足りなくなるのか不思議なんです。
 食事の際に胸に掛けるタオルのエプロン いつの間にかこぼれた物がぶら下がっていたりします。
 スーパーで財布からお金を取り出すのに、指先はスムーズに動かず、時間が掛かり、後ろに並んでいる人に迷惑を掛けるのは毎日。
 二人で一人前と言って過ごしております。

 その夫が人間ドックで診察を受けることになりました。なりましたと言うものの、受けることを勧めたのは私。
 老人ですから、何処か悪いのは普通でしょうね。ですが夫はかねがね私が言っております通り、病気のお大尽です。
 心房細動、狭心症、ぜん息、逆流性食道炎、肝硬変、等など
 毎日あれこれ言いますので、前々から大きな病院で確り身体全体を診て貰うと良いんじゃない。人間ドックに入ってみたらと、言っておりました。中々決心がつきませんから、ネットであちこち調べ、ここにしたらと決めました。
 妻依存症ではありませんか。そんなことないと言うでしょう。ですが積極的に病院を決めたのは私ですので、一緒に付いて行くことにしました。
 今朝は8時にバスに乗り、久し振りに一緒に電車に座りました。
 病院に着きましたが、予約をしてありますから、面倒なことはありません。検査は3階です。エレベーターがありますと言われて、エレベーターで3階に行きました。夫は早速院内着に着換えて来ました。
 時々呼ばれて待合室から出て行きます。そして戻り、また呼ばれて行きと繰り返します。
 待ち合い室では、雑誌や家と違う新聞に目を通して待ちました。眠くて堪りません。時々うとうとしたようです。
 検査は予想外に早く済みました。夫のような高齢者は一人もおりませんでした。
 
 結果 人間ドックに来るレベルではありません。と言うことです。
    人間ドックと言うのは健康な人が悪い所がないかどうか
    チェックする為の物だそうです。
    夫のように病気の大家は掛かり付けの医師に診て頂きなさい。
    という結論でした。
         
     
        6年前
 
 夫は自分で思っていたよりは肺活量が多かったと言うことです。ですが普通の人の半分だそうです。
 ですから、今後肺の空気の吸い込みが少なくなったら、酸素を取り込むチューブを付ける必要があると言われ、
 そう言うことになったら要介護の認定を取ると保険が利きますよと教えて下さったそうです。クワバラクワバラですね。
 風邪を引かないように気を付けることが大事です。
 
 脳の方は問題はないと言われたそうですから、安心しました。
entry_header

秋刀魚を食べる

 秋刀魚は秋の大衆魚として日本人の食卓に上ります。秋刀魚と聞くと頭に浮かぶのは「目黒の秋刀魚」ですね。
 「落語の目黒の秋刀魚」は面白くまた為になる話も多く、勉強になりました。左の赤字でご覧になって頂けます。
 興味がございましたらチョッと立ち寄って下さい。
 秋刀魚は房州物が最高だと思っている私 ですが今は房総半島に下りて来るより先に北の方で漁が盛んです。
 房州秋刀魚は尾の方へと色が金色に輝き、太っていて見るからに美味しさを感じます。
 田舎では11月(旧暦10月20日)のえびす講の頃が一番の食べ頃でした。何十年もこの房州物にお目に掛かっておりません。魚屋の話ではあることはあるそうですがとても値が張り、仕入れられないそうです。
 誰が食べているのでしょうね。食べたいですね。

 ま~そうは言いましても今は鮮度の良い秋刀魚が安く買えます。流通事情もよくなっていますし、競争もありますからね。
 秋刀魚の開きも、丸干しも大好きです。戦後の食料難の時、そして貧乏だった時 秋に沢山の秋刀魚を仕入れて自家製糠漬けを作り、冬から春への蛋白源にしたものです。冷蔵庫も家庭になかった時代ですから、塩干物は保存食として食卓によくのったものです。糠漬けの秋刀魚は脂の少ないが適しております。

 最近は減塩のために干物も余り焼きません。ですが秋刀魚もうの花漬けはどうしても作りたいのです。
 今年も何回か作りました。 作り方は→でご覧になって下さい。基本は全く変えておりません。

        秋刀魚卯の花合え

 昨年のうの花和えを作った時、柚子は冷凍で間に合いましたが、今年は足りなくなり買って来ました。柚子は皮を刻み冷凍して置き、早い時期のに使います。今は新物が出ていますから、綺麗な柚子の色が冴えますね。上のお皿のは前に写したものです。

 足が痛くなり、台所に長く立つのが辛かった時、そして未だ秋刀魚が取れ始めで、値段も安くなかった時、一尾100円ででていました。こう言う時は駄目ですね。買わずにいられません。これは生姜煮にしまして、人に上げたり、娘に食べて貰ったりしました。作ることに喜びがあるのです。

        秋刀魚生姜煮

 今日もホテルなどでの偽装問題テレビで取り上げられていましたね。私はシャレた物は作れませんが、自分で納得した材料で作っています。
 
entry_header

天然のスッポン

 富山の瀬戸さん 私がブログを立ちあげて間もなく交流が始まりました。
 食に対する真摯な姿に尊敬の念を抱き、厚かましくお付き合いをさせて頂いております。
 
 先ごろ スッポンを釣りに出かけられていました。その釣り揚げたスッポンを頂戴しました。大きな冷凍にした塊 一回に全部を頂くには二人の食には多すぎると思いましてね。半解凍して分け半分は再冷凍し、次回の楽しみにしております。

    昨夜 スッポン鍋にして頂きました。

    すっぽん1  すっぽん2

    すっぽん3  すっぽん4

 本当に間違いのない天然のスッポンは初めて口にしました。元気が出て来そうです。富山のお店には行くことは出来ませんが、こうして居ながらにして頂くことに感謝を致しております。

      瀬戸さん有難うございます。 
 
 余談 昔食べたスッポンは天然物かどうか知りませんが、美味しかったですね。 

 昔 お呼ばれで京都で食べたのが 大市という老舗のスッポンです。幕末の頃の刀の傷跡がある店内は入って行きますと暗く驚きましたが、奥へと案内されまして個室に座りますと、昔の家に呼ばれたような感じでしたね。チョッとお行儀よくしていましたが、鍋を囲み始めますとその美味しさに皆大騒ぎ。最後の雑炊のお焦げまで、すっかりお腹に収めました。
 その晩 ホテルで余りの身体の火照りに参ったことでした。
 
 村上スッポンは台東区役所に勤務していた友人と一緒に行きました。その時以外に手ごろな値段だと分かりました。
 その後青島羊会の幹事会で雑炊を頂きました。男性は生き血を頂いたりしましたね。
 (生き血は養殖ものが良いそうです)
 丁度冬でしたが食べ終わり外に出ましたら、寒さを感じません。凄いですね。
 
 村上スッポンは場所も良いし、これからの季節 良いお店だと思います。
entry_header

12月1日を覚えて下さい

 明治大学校友会我孫子地域支部・柏地域支部主催 協力流山地域支部での明大マンドリン演奏会が柏市民文化会館大ホールで開催されます。
 12月1日(日)ですよ。覚えて置いて頂けると嬉しいです。

        マンクラちらし

 チケットは私の手元にもありますが、下記の所でも取り扱っております。
 お近くの場所でお求め頂ければと思います。
 お知り合いの校友会地域支部の関係者でも大丈夫ですよ。

 浅野書店    (柏駅東口スカイプラザ地下1階)
 柏高島屋友の会 (柏駅西口)
 伊藤楽器    (柏駅西口)
 レスコットハウス (柏駅東口)
 福祉ショップぽぽら(我孫子けやきプラザ1階)
 弥生軒      (我孫子駅売店)
 ブックエースあびこショッピングプラザ店(3階)
 東京事務機    (湖北駅南口)
 紀伊国屋書店   (流山おおたかも森S・C)
 

 国立競技場がオリンピックを前に取り壊されます。多くの明大生やOBが足を運んだ場所です。
 冬はラグビーでした。明早戦でフォワードの組む塊から湯気が立ち熱気が伝わって来ました。
 思い出しますよ。明早戦が12月1日 14:00にキックオフです。

        ラグビーポスター

 ポスターの中心に北島先生と岡野先生のお顔が見えます。北島先生にはとても良くして頂きました。
 私が入学した頃は皆貧乏でした。ラグビー部の部員が紺と白の縞のマフラーをコートの下に付けていましてね。
 色物のコート等先ず着る学生はいません。男女とも黒です。その中ですからマフラーは目立ちましたね。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog