2014-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

心尽くしの頂き物

 親しい友人は4月に83歳に 私は5月に83歳 共に足腰の不調に悩まされております。
 彼女は昔から才覚のある女性で、人々のお役に立つことの多い生活をして来ました。
 心遣いは超の字が付くほどと言って良いでしょう。
 歌舞演劇にも詳しく、私の知らない世界のこともさりげなく教えて呉れます。
 その彼女から何と下着が送られて来ました。

       10枚のショーツ

 「あなた下着は綿でしょ。これは真ん中が厚みがあり、乾きにくいけれど良いと思ってね」と言うことです。
 どうも高級な物のようです。
 下着を贈るって言うことは心底よく私を分かって呉れている証拠でしょう。有難く頂き使わせて頂きます。
 彼女の説明によりますとこれを贈っている方は高齢の方が多いようで、入院用に何枚かを仕舞っていると話しているそうです。
 確かにそれは大事なことですね。
 彼女の友人で矢張り高齢な女性 身辺整理をと不必要と思われるものを処分
 そして都心のマンションに移住 その後は下着も2枚づつと決めて、本当のシンプル生活をしていたそうです。
 処が昨年体調を崩して入院 身寄りのない彼女をこの私の友人がお世話をしたようです。
 でその際の話ですが、物事には限度ってものがあるじゃないのと言うことを話したことでした。
 高齢になりますと、色々と心がけなければならないことがありますね。

 で話はちょっと逸れますが、この友人 美味しい物は全国区と私が言う程 上質なものを知っております。
 今日は6月30日 京都の方々は水無月という外郎の上に小豆の載ったお菓子を食べる習わしだそうです。
 30年ほど前 彼女と京都に行きました。京都の街の至る処に水無月ありますと言う字が見えます。
 それは何だろうとなりました。その時彼女も分からず、見えた字に「済みません。そこで下ろして下さいませんか」と
 タクシーから降りて店内に入って行きました。そこで初めて水無月というのがお菓子だと知りました。
 でお店の人が「今日でお終いなんですよ」と話されましたから、それは6月30日だったのですね。
entry_header

ターメリック炒飯

 食に対する姿勢に強い意志を持つ。その方のブログは参考になります。
 富山に住む瀬戸さんです。
 私はブログを書き始めて間もなくから瀬戸さんと交流をさせて頂いております。リンクにも入れて有ります。

 季節の山菜とりや釣り、また山歩きでの経験等を拝見しますと私の知らないことばかりです。 
 時々はメールで質問 教えて頂きます。
 今回ターメリックを使い炒飯を作ってみました。基本は瀬戸さんのレシピです。

 人は腹を立てながら作ると塩辛く作ると聞いたことがあります。減塩と低カロリーを目指す私
 穏やかな気分で調理台に立ちたいものです。

 用意する物
 
 ターメリックパウダー  小さじ山もり1杯
 ご飯            150g
 ベーコン          細かく切って大さじ3杯ほど
 ニンニク          一かけらの半分をミジン切りに
 セロリーの葉       手で掴んでほぼ一杯 細かく切って置く
 卵             1個
 鶏油            大さじ山盛り1杯

 作り方

 中華鍋を熱します。次に鶏油を入れます。
 そこに直ぐにニンニク・ベーコンを入れて炒めます。
 ニンニク・ベーコンを炒めたら鍋の脇に寄せて中心を空けます。
 そこにターメリックを入れたらその上に卵を落とします。
 白身の周りが少し黄色くなりましたら、卵を潰します。
 卵の上にご飯を加えて手早く炒めます。塩・胡椒で味を調えます。
 よしと思ったらセロリーの葉を加え、一回ししたら出来上がり。

        ターメリックライス

 味の基本は炒飯ですが、ターメリックとセロリーを使ったことで、カレーの風味を感じる変った味で中々良いですよ。
 作り方は簡単です。ただ作る時間を考えますと、材料はすべて調理する前に揃えて置くと良いと思います。
 塩・胡椒もですよ。
 ターメリックは以前ターメリックライスを炊いたことがあります。ターメリックは薬用にも良いそうです。
entry_header

松本サリン事件

 1994年6月27日の深夜 松本市で起きたサリン事件
 昨日は20年を迎え、まだまだ決着のつかないオウムの一連の事件を考えますと堪りませんね。
 
 地下鉄サリン事件の起きた日 その日私は霞が関に出掛けることになっておりました。夫は出掛けておりましたので、自分の出掛ける支度をしながらテレビを眺めていますと、何か異常事態が地下鉄で起きた様子。
 千代田線を止めてJRで新橋まで行きました。そこから歩き霞が関に行きまたが、周辺の上空には報道機関のヘリコプターが何機も飛んでいます。異様な状況の中で事件を知りました。
 
 地下鉄サリン事件に先立ちオウムの起こした事件が松本サリン事件です。

 私の仲良し70年間付き合って来た伊藤俊子さん 彼女は昨日は松本で亡くなった方のお墓に詣でたことでしょう。
 亡くなった方のお母さまはネット上で癒えぬ心を訴えております。
 友人は亡くなった青年の親御さんの仲人をされたのです。
 若い青年はオウムと言う教団に殺されたのです。
 サリンを使った無差別テロに多くの方がどれ程の苦しみを味わっているのか。
 言葉にもならないほどの悔しさ。そして腹立たしさを覚えます。

       カサブランカ

 昨日は中国語のレッスンでした。机の上のカサブランカ 甥ごさんからの老師のお母さまへのプレゼントだそうです。
 松本で亡くなった息子さんは母の日の花もプレゼント出来ず、また母子はお互いに声を掛けることが出来ません。
  

続きを読む ▽

entry_header

旬の魚

 食べ物に旬という言葉を当てはめますね。野菜や魚 それと山野で育つ物などですね。
 肉類にもあるのかも知れませんが、普通は余り聞くことはありませんね。鹿や猪等のジビエなんて殆んど関係ない私。
 魚は一番旬を感じる食べ物です。

 梅雨時はマイワシが美味しいですね。先日イワシを酢飯に載せて食べました。

            鰯丼298円+税金

 昨日のこと 魚屋さんの店頭に形の良いいさきが並んでいます。塩焼きも良いし、刺身も良いしと思いましたが鮨種も良いな~とチョッと考え、お兄さんの顔が見えたので、「これ三枚におろして下さいませんか」と聞きました。
 「大丈夫ですよ。しますよ」 「炙りにしようと思うのだけれど」
 「良いじゃないですか。それじゃ鱗を綺麗に引いて下ろしますよ。いさきは皮が美味しいですからね」 「じゃ~お願ね」

 夕方先ずいさきを炙りました。そしてちゅんごさんの鰹の炙りの方法で炙り、冷やし、それを冷蔵庫に仕舞いました。
 矢張り握りにする事にしました。二尾ですから12貫出来ました。

     いさぎ炙り  いさぎ握り498円+税金

 ちゅんごさんは氷をラップで包みそれで冷やすとありましたが、丁度大きな保冷剤がありましたので、それを使って冷やしました。左の写真です。
 直ぐに冷えましたよ。そして冷蔵庫に保管。夕食の握りにしました。
 長女が出来たところに丁度来ました。魚大好きですから「ちょっと摘まんだら」と勧めました。
 長女は、いくつか摘まみ「うん 美味しいよ」と言って帰って行きました。
 炙っている時夫は「炙りって言えば炙り?」と言いますので、もうからかってと、フンとしたことです。
 
 先だって妹が来た時から夕食の内容を替えようとしたのですが、夫はご飯ものがチョッとでも欲しいと言いますので、矢張りお鮨を作ることにしました。ですが私は種だけで済ませています。夜には米粒は食べないようにしました。
 で今朝計った体重はあの日から1.5㌔減っておりました。今後どうなりましょうか。
entry_header

弟を見舞う

 弟は私から6歳下 日本が戦争に足を出し始めた年に生まれました。
 生来ひ弱でしたが、両親の努力の甲斐もあって成人しました。昔の言い方ですと虚弱児童ですね。
 終戦の時には北京 引き揚げて来ました。 
 引き揚げてきてから転入した学校で始めはいじめにも遭ったようですが、それは大きな影響はなかったような気がします。
 
 先ごろ雨上がりの後迂闊にも濡れた草の上で転倒 転ぶ時に肩から落ちたようで、肩の複雑骨折
 先週手術を受けています。
 昨日は長女が連れて行って呉れると言いまして、見舞いに出掛けました。
 午前中の16号線は比較的車は少なかったのですが、途切れ途切れに強い雨が降って来ました。
 房総半島を久しぶりに南下して行きました。
 高速道路も空いていましたが、矢張り強い雨は降って来ます。
 金谷で高速を出て、昔の道路を行きました。久しぶりの海岸線の道路 東京湾は凪ています。
 三浦半島の姿にも懐かしさを覚えました。
 
 途中で昼食を摂り、病院に着きました。病院までの道路は私の記憶では道路の左右が田んぼだった筈です。
 今は商店も並んでいますし、昔日の面影は何処にもありません。

      病院ロビー

 この病院に弟はこの半年の程の間に2回も入院するはめになったのです。何と言いましても若い心算でいては駄目なんですね。本人も自覚したようです。
 義妹と直ぐ下の妹が待っており、病気が病気ですので、悲壮感はありません。賑やかにお喋りをして、帰宅しました。
 病院を出る頃、千葉県北部にも大雨の警報が出ておりましたが、ほんの僅かな雨で済みました。
 ニュースを見ましたら、大きな被害を受けていた街もあり、驚いて仕舞いました。

続きを読む ▽

entry_header

何だか卑しい

 国民の一人として と言っても良いかしら。ちょっと言わせて下さいね。
 世の中不思議な方がいるものですね。
 数日前には知らない、おかしい、恥ずべきこと、~~と言っていたようです。
 それが突然実は私ですだって おかしいこと それも立派な肩書のある方

      朝食6月24日

 これってこれからも続くのでしょうかね。もう不思議でなりません。
 庇う人もおかしいですね。
 街頭インタビューを見ていました。「本音と建前の違いを上手に出来なかったのですね」だって
 市でも都でも議員の名刺を持つ人は本音を言ってはいないのが当たり前なんでしょうかね。
 それを上手だと言う人 いや~もうビックリですよ。

 天声人語を見てみましょう。
 
「露骨な行為をまぢかで目撃したことがある。15年以上前、ある自民党国会議員の地元事務所で取材していると、ベテランの男性秘書が若い女性スタッフのからだにさわった。筆者のような部外者も含め、何人もがいる場で、である▼女性は「それはセクハラですよ」と大声で怒った。ベテランは謝るでもない。女性は矛をおさめたが、こちらはびっくりした。セクハラが流行語大賞の金賞になってもう10年近くたっていたころだ▼言葉のセクハラも絶えない。「集団レイプする人は元気があるからいい」とか「女性は産む機械」とか、過去のおぞましい女性差別発言の主は自民党に属していた。この党の体質の一面というべきだろうか▼こんどは東京都議会である。晩婚化対策を質問で取り上げたみんなの党の塩村文夏(あやか)議員が「自分が早く結婚した方がいい」などとヤジを浴びた。自民党の鈴木章浩議員がきのう、自分のヤジだったと認め、謝罪した。報道陣の取材に繰り返し否定したあげくの醜態だ。情けない▼macho(マッチョ)という英語が、日本でもいつしか普通に使われている。手元の国語辞典によれば、男っぽい男という意味のほかに、男らしさを誇って女性を軽んじる男、という意味もある。ヤジを飛ばした面々はきっとマッチョ志向だったのだろう▼そういう政治家はなぜか外交面でも強面(こわもて)に出たがる人が少なくないようだ。まじめな政策論としてなら対外強硬論もありうるが、女性を蔑視して恥じない政治家には居場所はない。」

でもその人 いる心算なんですね。後援会の方々うんざりではないでしょうか。
entry_header

ツチクジラ

 日本の捕鯨は歴史が長く、今も捕鯨は続けられております。
 沿岸捕鯨のシーズンがやって来ました。
 昨日は千葉県南房総市の和田漁港に2頭水揚げがあったそうです。
 以前もアップしましたが、ツチクジラのタレは大好きです。

     クジラのタレ

 昨日水揚げされた鯨は明日の午前8時から解体されるそうです。
 私は見たことがないのですよ。
entry_header

夕食を替えよう

 最近徐々に体重が増えて来ております。増えてと言いましても僅かなんですが、その僅かがどうも足に負担を掛けているように感じるのです。
 足の甲の厚みが気になっていますし、靴を穿く時に窮屈な感じがするのです。
 昨日妹が遊びに来まして、健康のことに話が集中しました。弟が先週滑って肩から落ちて複雑骨折をし、手術をしたこともあり、お互い健康に注意しましょうとなり、食生活を考えようとなりました。
 先ず鮨ですね。その回数を減らすことにしました。
 野菜を多く、蛋白質を増やす。それで行きましょうと決めました。
 頑張ってみましょう。
 それで今フォルダーに入っているお鮨をアップしておきます。

    タイ・バチ・つぶ貝握り500円+税金  ピらぴら本マグロ握り580円+税金

    トビ叩き丼380円+税金  甘エビ・バチ・カンパチ握り500円+税金

 夕食の内容を替えるのですからどうなりますか。低カロリー、高蛋白と言うことですね。難しいですね。
 極端はいけませんでしょ。気を付けながら行きましょう。
entry_header

終活ということ

 最近就活とか婚活とかと言う言葉を耳にします。
 就活はメディアで盛んに取り上げられますから、前から知っておりました。
 また結婚を目指す人の婚活も大分耳に入って来ております。
 葬祭場の案内が来ました。
 その案内状に終活と言う言葉を目にし、おやここでもかとそんな感じになりました。
 
 夫婦とも80歳を過ぎていますので、色々なことを考えます。
 自分たちの亡きあと その後の娘たちへの配慮 最後を迎える準備などなど
 そこでその終活に行き、参考にしようと考えたのです。
 今日の午前 会場に二人で行きました。予想外に集まった人の多さに驚きました。

        終活1  終活2

   終活3  終活4

 会場は道路から見ますと、入口が狭く余り大きな斎場ではなさそうに見えましたが、ま~ま~大きいといえる規模の会場でした。
 質問も自由にできますし、会場の設定もされており、雰囲気も知ることも出来ました。
 葬儀の知識の紹介 試食もできました。一番良かったことは「エンディングノート」を頂いたことです。
 このノートは事前に考えて置くべきこと、その時に及んだ時の対処法など、必要なことを詳しく書き込むことが出来るようになっています。
 多分私たち夫婦が一番知りたかったことだと思いますね。出掛けて良かったです。
 

 
entry_header

聞き苦しき言葉

 このところ政治に携わる人の言葉に、その人の品性を疑わざるを得ないことがいくつか報道されております。
 言葉は一旦出ると吸い込むことは出来ませんね。
 ま~夫に不愉快な思いを抱かせるような言葉を吐けば、言った私も自分の言葉に後悔と不愉快さを抱えます。
 
 「最後は金目でしょ」 それを言われたら「金目?そうじゃないよ。元通りにして欲しいのよ」と言い返したくなりますわ。
 「早く結婚したほうがいいじゃないか」「産めないのか」そう言う言葉を吐く人には「ふざけんじゃねーよ」「てめえ何様だよ」って言い返したくなりますわ。
 今日は私も品性に欠けますが、多くの人の代表として議会という場に臨む人間は心が卑しくてはいけませんね。
 人々の代弁者であるという意識、己に托された使命感を何処かに置き忘れているような言葉。
 傲慢ではありませんか。これを正すには世論の圧力と監視が必要だと思いますね。
 
       朝食6月20日

 職業人として生きた時間が長かった私 女性であることで様々な壁にぶつかりました。嫌みの言葉も本人は何気なく言っているのだと思いますが、それは決して好ましいものではありません。
 私は我慢をしませんでした。
 
entry_header

昭和偉人伝 出光佐三

 雑談とするにはそぐわないのですが、昨夜のテレビで放映された「昭和偉人伝 出光佐三
 話題の人であることは若い時から耳にしておりましたが、詳しく知ったのは昨夜のことでした。
 
 実に立派な偉大な一人の日本人 再度見たいと思い検索しましたらユーチューブでそれを見ることができます。

 上の赤字からご覧になって下さい。昨夜はとても感慨深く目を凝らして見続けました。
 映像は4部に別れていますので、少しずつでも見られると思います。
 
 千葉からビワが届きました。千葉県は全国2位のビワ生産地です。
 私が子どもの頃は今のような大きなビワは目にしませんでした.
  ビワ栽培農家の努力に負うところでしょう。

       2014年枇杷

 ビワはこのような一粒づつの物が普通ですが、祖父の家の庭のビワは房なりの小粒のものでした。
 よく画材になるビワですね。田舎では普通の家庭で良く見られるビワです。
 熟すと甘味も強く、丸い果実に齧り付き、一所懸命に食べたものです。
 良く初物を食べると75日長生きすると言われますが、今時は年中初物を食べる時代になっておりますね。
 初物もですが、初物でなくても頂き物は嬉しい物ですね。私は素直に嬉しく思い、感謝の心で頂いております。
entry_header

茹で鶏と塩ラーメン

 鶏油を作るのに小柳さんに行きました。
 元気者のお店の方々と久しぶりにお会いしました。ほのぼのとします。
 小柳さんの朝引きの鶏肉は味があります。この日はモモ2枚を買って来ました。
 
 茹で鶏を作る心算ですから、夕食後に始めました。手順は何時もの通りです。
 骨付きではありませんので、茹で時間は25分にしました。茹で鶏の作り方はここからご覧になって下さい。

       茹で鶏

 茹で鶏の食べ方は何時も変わらず。今回は付けタレには中華風のタレとちゅんごさんお薦めの山椒醤油で頂きました。
 山椒醤油はさっぱりとしていまして、とても美味しく、また何かに付けてと思っております。

 偶には塩ラーメンでもと作りました。
 塩ラーメンは市販のものですが、上に載せるモヤシに少し手を掛けました。
 
 モヤシの処理  
 モヤシ1袋のひげと根を取り綺麗にします。
 モヤシを洗い水を切って置きます。
 お湯を沸かします。
 中華鍋を熱し、油少々を入れます。
 そこにモヤシを入れて素早く炒めます。
 モヤシの色がかすかに変わって来ましたら、熱湯をひたひたに注ぎます。
 そこに直ぐ塩・姜酒を入れて沸騰したら笊にとり、水を切って置きます。
 〈今回はモヤシを網で掬い、その熱湯の中に莢を入れて茹で、取り出して置きました)

       塩ラーメン

 麺に付いて来ているスープの素を丼ぶりに入れます。その時に鶏油を僅か入れます。
 麺が茹だりそうになりましたら、丼ぶりに熱湯を注ぎます。
 麺を丼ぶりによそい具を載せます。出来上がり。

 姜酒(ジャンチュウ)は生姜の搾り汁と日本酒を合わせたものです。搾り汁1:酒2
 このモヤシの処理をするだけで、モヤシの臭みもなく、シャキシャキ感も良く簡単で美味しくなります。
 興味がございましたらお試しください。
 
entry_header

代用食

 毎日此方にコメントを入れて下さるEGUTIさん  
 信州は松本にお住まいです。趣味は写真のように感じております。
 写す対象は信州の山々、鳥や花々 植物や風景など。そして愛犬。で素敵は写真を拝見します。
 独身の方でご近所だと思うのですが、たんぽぽさんと言うレストランで夕食の賄いをして貰っているようで、家族的な愛情籠った食事をしております。
 写真は趣味ですから思わずお借りします~~となります。
 今回はジャガイモの花です。

       ジャガの花 EGUTIさん

 日本人の主食は米ですね。そのお米の問題は時代に何時も振りまわされております。
 食糧管理制度と言う法律で食のありようが決められております。
 食糧管理は早くからの制度だったようですが、一般の消費者には今や死語のような物ですね。
 TPP問題でも話題になっており、将来の日本の米穀問題はどうなって行くのでしょうね。

 その食管と縮めて言いますが、戦後の食糧難でどれだけのことがあったのか。
 戦争末期にはお米の代わりに配給されたのが、麦や小麦粉は上等。薩摩芋やジャガイモ等
 各家庭はそれを量を増やし、何とか三食にしておりました。
 ジャガイモは荒れ地でも作れるので、玉ねぎと一緒に荒れ地を借りて開墾。そこで収穫をしました。
 
 ある時、勤労奉仕で農家に手伝いに行きました。鎌や鍬など持ったこともないような女学生ですから、勤労奉仕とは言っても足手まといだったのかも知れませんね。その農家で昼食に出されたジャガイモ忘れもしません。
 小さな小さなピンポン玉のような大きさの茹でジャガです。
entry_header

チャイナドレスは素敵だ 86

 私の処で旗袍を勉強しようと言う方には出来るだけ時間を合わせるようにしています。
 ですから忙しい方には無理なく来て頂けるように、調整します。
 NHKの時にはお出でになれなかった方でも、その気になれば挑戦出来ます。

 今日の午後は暑かったですね。下のスーパーの野菜が安いと都内から見える生徒さんは先に蚕豆を買って来ました。
 「これ見て 先生 安いでしょ」って嬉しそうです。明日は都合で外出が出来ないそうで、これを食べましょうと言うことのようでした。 「お魚屋も魅力がありますね。クーラーボックスを持って来たいです」と関心を示しておりました。
 「先生 チーユって便利そうですね」と興味を示しております。

 今日は長袖の三枚目の仮縫いでした。
 「先生 これ凄く地味だと思うのですが。大丈夫ですか」
 「地味は良いですよ。アクセサリーが活きますし、アクセサリーで着回しは出来ますよ」
 「じゃー大丈夫ですか」
 「派手なものより気軽に着られるから良いのよ。これを着て歩いてご覧なさい。すれ違う人があれ?って表情をすると思うわよ」
 「そうなんです。今までも着ていますとね。友達等から“これオーダー?手製?”なんて聞かれます」
 「そうでしょ。多分これには白いネックレースが合うわよ。大げさでなくてね、高いものでなくて良いのよ。普段に着るのにはね」
 「先生 アームホールを直しましたでしょ。着安くて楽ですね」
 「とても良くなったでしょ」
 「分かりました。何枚か作って行くと身体に合うと言うことを実感しています」
 「それは良かったですね。基本で確りと自分の体型を掴むとね。それなりに上手になりますよ」
 
 今回は腕が動かし易いようになりました。肩も良く合っています。地味でも良いでしょ。

      長そで仮縫い1  長そで仮縫い2

 話題の豊富な方です。色々と知らない世界のことを耳にします。彼女の関心事は女性問題も一つ。その話題の中では普通では知りえない難しいことが一杯です。
 旗袍のことでも熱心に調べておりまして、私の知らなかった情報も教えて下さいます。
entry_header

料理の友は?

 毎日毎日鉄板~のじゃないですが、三食食べるためには、その材料を準備するのも色々ですね。
 大体数日ほどは考えながら材料を準備します。
 茹でたり、塩漬けにしたり、捌いたり、煮込んだりとちまちまとやっております。
 
 特に中華料理には鶏油を作って置きます。鶏油はプロの方はチーユと言っているようです。
 そのチーユですが、鶏油と言う鶏の部位で作ります。(具体的には知りません)
 先だって冷凍して置いてあったので作りました。それは日が経ち過ぎていたせいか、出来上がりが気にくいません。
 そこで新しい物を使い作りました。
 作り方は以前レシピで掲載しましたので、作り方に興味がございましたら赤字からご覧になって下さい。

     鶏油1  鶏油2

 このチーユを使いまして炒飯や焼きそば、また中華料理のベースに使いますと味が引き立ちます。
 タンメン等にはとても良いですよ。
 
 私が鶏油を買うお店は我孫子駅の南口から直ぐの小柳商店さんです。
 とても良心的なお店で、PC上で我孫子一の良いお店だとも評価されていますよ。

entry_header

矢張りお鮨にしましょう

 今日は何かと用事がありましたが、午後は生徒さんが見えて楽しい時間が持てました。
 段々難しい物へと進みますが、それなりに楽しみも喜びも大きくなって来ますね。
 雑談も時々挟みますが、何と言いましても旗袍についての話題が多く出ますね。
 夕方から用で外出 急いで夕食を済ませた所です。
 
 昨日今日と天気が予想外に良く、気温も高く、気分は壮快です。
 で今日のアップはお鮨ということにしました。済みません。

     カンパチ・粒貝・バチ握り500円+税金  ヒラマサ握り398円+税金

     ヒラメ縁側・赤エビ握り798円+税金  鯵握り298円+税金

 夫から最近ブログに食べ物が多いねと言われました。
 それはそうですよ。何しろ出掛けませんし、世間の様子からも遠のいています。
 ニュースもテレビや新聞、またネットで読むことはしますが、どうしても断片的なことに過ぎません。
 このところ政府の様子に不可解さが付きまといます。
 そしてとても不安な感じを抱いております。
entry_header

山百合

 今日の新聞で千葉県は勝浦の景勝地 理想郷でヤマユリを守れという字を見ました。
 読んでみますと勝浦で激減しているヤマユリを守ろうという運動を立ち上げた方が、理想郷に集まって頂き、ヤマユリを見て貰おうと言うことなのですね。

      山百合

 ヤマユリは日本原種の花だそうです。開花期は7月と言うことです。

 私が少女だった頃 千葉の白浜の女性は実に働き者でした。
 ヤマユリが咲く頃 その頃は磯での忙しい時期と重なります。
 逞しい女性たちの姿とヤマユリとが重なります。
 今は房総地方は花卉栽培で有名ですが、昔はそう手広くは作られておりませんでした。
 その時代 ヤマユリの出荷は現金収入の大事なことでした。
 町は北側に山を背負っています。その山の南側の斜面にヤマユリが咲いています。
 そのヤマユリを採りに行くのは早朝です。数人一緒に出かけます。
 背負い子に切ったユリを括りつけて帰宅します。
 その花を納屋に置き、朝食を済ませてから、浜に潜りに行きます。
 春に始まる天草採りから、この頃にはアワビやサザエ獲りになっています。
 昼食を挟み午前・午後と2回海に入って獲物を取り、仲買いに渡して帰宅します。 
 帰宅しますと納屋に置いてあるヤマユリから露が消えております。そのヤマユリの一輪ずつを薄紙でそっと包みます。
 そしてヤマユリは束ねられて出荷所に運ばれます。それをトラックが集めて東京の市場に翌朝卸して来ます。
 今はこのように山に採りに行くことはないでしょうね。新聞から色々と思いだしました。 
entry_header

特注の貯金缶

 この春流通経済大学を定年退職された生田保夫先生
 明大でもゼミを担当しておりました。聞くところによりますと、今のゼミは1年生からだとか。
 ご自分の定年などから勘案されて、明治のゼミは少し前にお止になっておりました。

 明大でのゼミではどれ位の人数の方がいたのでしょうか。
 生田先生は明大大好き 私は勝手に明大応援団のメンバーだと秘かに思っております。
 
 生田ゼミ員の方々は卒業後も先生の薫陶を受けたいるようです。
 ゼミのOB・OG会では懇親会の前に必ず講義があるようです。
 
 生田ゼミの方々は特注の貯金缶を持っております。(とお聞きしているのです)
 3つの缶の一つは明大のため 一つは家族ため もう一つは自分のため

 一缶には100円硬貨で5万円入れることが出来るそうです。その一缶分は大学への寄付に
 家族や自分のためと言うのがとても良いアイデアですね。

     生田ゼミ1  生田ゼミ2

 これを作るのは随分大変だったようです。他にない物ですし、少数注文ですからね。
 右の写真をご覧になるとお分かりになると思いますが、上は蓋になっているのですね。何回でも使えますね。
 ゼミの方々は大学へ そして自分へ 更に家族へと 自然に貯めることが出来ますね。
entry_header

南関そーめん

 ブログのお仲間が糖質オフで頑張っております。
 私も体重を落とせばきっと昔の旗袍も着ることが出来ると思うのです。
 が駄目なんですね。
 昼食には麺類やパンなど それに夜は殆んどお鮨を少々食べます。

 この数年は前川さんという製麺所からそーめんを送って頂いて居ましたが、今回は熊本の南関そうめんを取り寄せました。
 このそーめんはあかちんさんにお願し、はものという所謂規格外の物なのです。
 どのようなそーめんかは下の赤字 綾田製麺所をご覧になって下さい。
 製法は今は国内でも先ず他では作られていないという完全手作りです。
 「綾田製麺所」と言う製麺所のそーめんです。

     そーめん2  そーめん1

 箱にそーめんの束が無造作に入れられております。早速茹でました。 
 一袋 200gありました。今までそーめんを茹でる時には二人で250g それが少し多めですので、この一袋は丁度良いと思いました。
 ところが茹でますと量が予想外の多さになっています。食べ切れませんでした。
 私の推測ですが、徹底的に乾燥されたものだからではないかと思いました。
entry_header

耐乏生活時代

 先日眺めた大好き神田のHP そこで見られる神田小川町周辺の古い写真 
 それぞれに思いや懐かしさを抱き、何回も眺めました。
 
 昭和24年頃の富士見坂という写真は強く心を捉え、当時の街並みや生活に思いを寄せています。

      富士見坂

 この写真は靖国通りから明大前通りへと抜ける道です。
 真ん中の三角形のビルは説明によりますと、大阪銀行神田支店だったそうです。銀行には縁のなかった私は全くその名前は知りません。その後働くようになった頃は住友銀行神田支店でした。そのご三井住友となったようですが、今はすっかり姿が変わっております。
 ご覧頂けるとお分かりになりましょうが、黒い煙が立ち昇っております。冬でしょうね。
 昭和24年頃 大学では暖房設備はあるものの未だ稼働しておりませんでした。
 因みに暖房は28年の冬から使われるようになりました。
 教室は長机と長椅子の部屋もあり、オーバーを着たまま授業を受けました。その冷たさの中、コートを着ずに毅然と教壇に立つ教授もおられ、未だにその身体の震える姿が目に浮かびます。

 写真に都電のレールが見えます。神保町は他の都電との交差点になっておりました。都電は停留所が路上にありましたが、それが事故に繋がったと言う話は耳に届いておりませんでした。朝夕の混雑時には電車の入り口の外まで人がはみ出るようにぶら下がっております。
 
 この写真は三省堂の方向から撮影されています。三省堂の南側はすずらん通りですね。
 当時にすずらん通りには冨山房等の出版社や文房堂などがあり思い出に浮かんできます。
 文房堂は今も画材の専門店としてありますね。

 戦後の生活は貧富の差はあったでしょうが、学生の生活にはそう言うことが強く現れず、誰もが貧乏のような生活・様子でした。食料難でもありましたので、学食も直ぐに品切れ。そこでクラスの仲間は連れだって、すずらん通りの揚げ物屋に行きます。
 コロッケやフライを皿に載せて貰い、大衆食堂のような長机・長椅子に座り持参のご飯だけの弁当を広げ、買ったコロッケ等にソースを掛けて食事をします。 以前に書いたことがありますが、この昼食場所は情報収集の場でもありました。
 ランチョンが路上で売っていたメンチコロッケは高くて偶にしか買えませんでした。

 貧しさは着るものも不自由そのもの。服地がクラスに数枚配給になります。その切符を持って学生服を買います。
 学生服が一張羅というクラスメートの服は汚れと埃で光っていましたね。
 コーヒー店は都内でも数が知れていたようですね。都内の学生の行く店は誰も知っているような感じでした。
 15円か20円のコーヒーでも滅多に飲めませんでしたね。物価に比べ高いのです。
 クラスコンパは会費300円位 ビールが出ますと皆が歓声を上げたものです。
 文具も大切に使いましたね。パーカー等の高級万年筆を持つ学生は羨望の眼差しを感じていたと思いますね。
 普通学生は黒い手提げ鞄を持ちますが、それが無い学生は風呂敷に包むこともあり、ブックバンドで通した人もおりました。
 当時のことを思い出しますと、今の豊かな生活にまた違った感慨を覚えるものです。
entry_header

何時でもお鮨は美味しい

 今年の梅雨の激しさはどうでしょう。
 全国からニュースが伝わってきますね。
 ところが梅雨は無いと言われている北海道 これは驚きの暑さ猛暑に驚かされています。
 雨は降らなければ降らないでこれまた心配の種 
 瑞穂の国 日本ではありますが、最近の天候には何故って、思いが浮かんで来ます。
 
 下のスーパーで同世代の方とお会いしますが、元気でいるには美味しい物を食べ、楽しいお話をしましょうよと。
 今日も冷房に冷々しながら立ち話をして来ました。

 お鮨も相変わらずですが、最近はお兄さんと言葉を交わす量が増えて来ております。
 私の好みが分かって来て下さっている感じがします。

          今日のお鮨です。

    いさき握り398円+税金  バチ中トロ握り199円+税金

    カンパチ・バチ・粒貝握り500円+税金  赤エビ・みる貝握り678円+税金

    生バチ中トロ丼500円+税金  鯛・バチ生・カンパチ500円+税金

 赤エビの殻や頭はみそ汁にします。いさぎはレモン醤油でさっぱりと頂きました。
 ご飯がおいしいのが欠点だと有名の栄養学の先生が仰っていましたが、確かにご飯は美味しくjて飽きませんね。

続きを読む ▽

entry_header

神輿を担ぐ

 今日 明治大学から広報6月号が届きました。
 内容が豊富で昔と様変わりしている大学に驚いております。
 その中に大学の町内と言って良いでしょうか、大学の東にある太田姫稲荷神社の祭礼に学生が神輿を担いだと言う記事が載っていました。

     神輿

 学生支援部という部署が企画と言いますか、学生に呼び掛けて実行したようです。地域との繋がりは余り機会のない学生にとってはとても良い経験となったことでしょう。

 30年ほど前、大学の西側にある錦華公園で学生は7,8人 何やら神輿らしい物を担ぎ、公園内を歩いております。
 その姿が余りにおかしく強く印象に残っております。
 「せや せや せや せや」と歩足も小さく、声も小さく 「こらー もっと大きい声で元気に担げ」と怒鳴りたい衝動にかられました。
 太田姫稲荷神社の祭典は5月11日に行われたようです。
 このことについて調べてみましたら「大好き神田」というHPに辿りつきました。
 ご覧になって下さい。
 このHPの中で町会案内と言う物をみることができます。でその中で「歴史写真館」というところがあります。
 そこをクリックして頂くと、懐かしい街の様子や、学園紛争激しかった時の様子なども見ることが出ます。

続きを読む ▽

entry_header

実験 味噌焼きそば

 ソース焼きそばに続き醤油焼きそばを作りました。
 EGUTIさんから次は味噌だねと言われましたので、これは作ってみなければと今日の昼食に作ってみました。
 作り方の基本は醤油焼きそばと同じです。参考にご覧になって下さい。

 材料    
    蒸し麺  肉と野菜 調味料の味噌を出汁で溶きいて置く。
    今回は鶏肉モモ  
    野菜は キャベツ・ピーマン・人参・木耳・ぶなしめじ・長ネギ
 作り方
  1 肉を細く切って置く。
  2 野菜も細く切って置く。キャベツとピーマンは一緒に分けて置く。
    他の野菜は別にして置く。
    ネギはまたそれだけ別にして置く。
  3 蒸し麺の湯通しをする。
  4 キャベツ・ピーマン以外の野菜を茹でて置く。ネギは生のまま置いて置く。
  5 中華鍋を強火で熱し、油を入れて先ず肉を炒める。
    そこに茹でた野菜と麺を加えて炒める。
  6 麺と具が混ざったら塩・胡椒・うま味調味料を振り入れる。
    塩を入れ過ぎないように。
  7 仕上がって来たら、味噌を入れ混ぜて炒める。
  8 最後に細く切った長ネギを入れたら直ぐに火を止めて出来上がり。
 
       味噌焼きそば

 信州系味噌に柚子味噌を足して作りましたので、胡麻油を掛けませんでした。柚子の香りを活かしたいと思ったのですが、これはどうってことがなく、普通に味噌だけにして胡麻油を振り入れた方が良かったように思いました。

続きを読む ▽

entry_header

麻雀話

 4月から月2回の麻雀に付き合うことになりました。
 友人からの誘いですが、3人は私より高齢な方です。私は最年少と言うことですが、20年以上も卓を囲んだことがありませんから、どうなるかと思っておりました。
 教えて下さるのは高齢の男性 その方が体調を崩されていると言うことで、指導者無しが2回続きました。
 今週の火曜日です。4人で始めましたが、どうもテンポが遅すぎます。
 じっと我慢と忍耐の時間が過ぎて行きます。どうしてかと言う事が段々呑み込めて来ました。
 恐らく麻雀をしましょうとなった時 その最初に教えて頂いたのが、牌を並べると言うことだけではなかったのではと、感じたのです。
 麻雀のゲームは牌を13枚手元に持ち、3枚の牌が4組、二枚が一組で上がることが出来るのですが、14枚目で上がると言うことを知っているだけの様子。
 麻雀の約束事が分からないようで、どうして良いのか迷う時間が長いのですね。

 一人の方が「私は駄目なのでアジサイの方に行こうかと思うのですが」と仰るのです。
 アジサイと言いますのは、マンションの高齢者の会の名前です。そのアジサイで麻雀を習いたいと言う方が沢山出て来てグループが出来たようなのです。
 で「どうしてなの」とお聞きしました。「あちらには全く出来ない人のグループがあるそうなので」と言う理由です。
 私の友人が「初めての方ばかりの所では大変だから、ここで鍛えられた方がいいわよ。大丈夫よ」と止めました。
 で続けることになりました。
 私もですが、点数を数える人がいません。適当にこれ位で良いかしらとか、大丈夫よねとか言いながら終えて来ました。

        麻雀

 どうも落ち着きません。基本を何とか教えて上げたいな~と思うのです。言葉で説明をしましても、中々覚えているのも大変だろうと思いますし、ゲームを楽しく続けるには少しは進歩して欲しいと思うのです。
 ですがその私がもっと知らなければと先だって買いました麻雀の本を持ち、パソコンで麻雀をやって見ております。
 PCでの一人でゲームをするわけですが、上がりの度にその結果が文字で出て来ます。
 そこで私も勉強になります。約束事の名前とその価値と言いますか、麻雀言葉で翻と言いますが、その翻が分かるのです。
 で次回には大きな字で基本の基の字位のことを書いて行き、差し上げようと思っているのです。
 少々お節介のようでもありますが、今のままではきっと辛く思うことが多くなると思うのですね。
 楽しくなければ続けられませんね。

 話は我孫子市のことですが、高齢者の要支援と言うのでしょうか。そう言う方々の生活支援の一つに麻雀を勧めることがあるそうなんですね。
 今我孫子駅周辺の麻雀屋さんには申し込み者が多く、待機の人が多いのだそうです。ですが市の方からの勧めで申し込みますと直に習うことが出来るそうです。
 麻雀の3人は運動を勧められて火曜の午前は運動を済ませてからお見えになるのだと知りました。
 

続きを読む ▽

entry_header

実験  醤油焼きそば

 中華の生麺を買いに行こうと思いながら、まだ足が向かずにおります。
 下のスーパーで蒸し麺を買い、家庭での焼きそば そう醤油焼きそばを作ってみました。

 材料  
      中華蒸し麺 肉や野菜いろいろ
 作り方 
      1 具材の肉や野菜を細く切る 
        野菜はキャベツ・ピーマン・筍・椎茸・人参など
      2 蒸し麺を軽く湯通しする。
        お湯に入れた時直ぐに触らず、少し時間をおいてから箸で解す。
        全体にほぐれたら笊にあげて置く。
      3 熱湯に塩・酒・油・うま味調味料を加える。
        そこでキャベツ・ピーマン以外の野菜を軽く茹でる。
      4 中華鍋を強火で熱し、油をいれ肉を炒める。
        肉の色が変わったらそこにキャベツ・ピーマンを加え炒める。
        直ぐに茹でた野菜と茹でた麺を入れて強火で炒める。
        塩・胡椒・うま味調味料を振り入れ、醤油を加えて良く炒める。
        最後に胡麻油を少し掛ける。
        出来上がり。

       醤油焼きそば

 麺を茹でてから直ぐに炒め、時間が経っていませんから、熱々の焼きそばが出来ました。
 食べる時にラー油を掛けても良いですよ。
 肉は豚肉を使いましたが、家にある牛でも鶏でも良いでしょう。
entry_header

弁当を買う

 今日の午前は二女と柏市花野井のセレクションと言うスーパーに買い物に行きました。
 この数カ月前に知ったスーパーです。
 先ごろ長女と行きました北辰という魚屋の少し東へと寄った所にあります。
 そのセレクションの近くにはスーパーが何軒もあり、凌ぎを削っているような地区です。
 野菜の産地は近県のもありますが、可なり広くから仕入れ並べております。
 長女のお気に入りの一軒です。
 柏公設市場もありますが、魚も可なり良い物を置いてあり、精肉は極上はありませんが、惣菜用として買うには可なり良い物が並んでいます。
 真空パックのシジミは私のお気に入りです。今日は一袋150円 一回のみそ汁に充分な量です。
 シジミは夫の肝臓のために、良く買っておりますが、活きは可なり高く何時も使う訳には行きません。
 パックのシジミは買い置きしていますと、味噌汁の具がない時にも重宝します。
 保存食用の品物を買ったりし、最後に昼食のためにお弁当を買うことにしました。
 色々と並んでおります。
 私は鯖の塩焼き弁当を買いました。

      鯖塩焼き弁当329円+税金

 私は鯖が好きですが、夫は駄目です。昔食べ過ぎたと言うことらしいのですが、とに角食べません。
 それで私も食べずにおります。偶に味噌煮を一切れ買うことがあります。
 今日は夫には炒飯弁当にし、私は塩サバの入っている弁当にしました。
 これが安くて驚きました。329円+税金ですよ。鯖以外の惣菜の形は如何にも小さく少ないのですが、10品目あります。
 鯖が美味しくて自然に箸が進みましたが、流石ご飯はチョトと、3分の1程食べるだけになって仕舞いました。
 久しぶりの鯖 美味しかったです。

続きを読む ▽

entry_header

皆高齢になった

 ブログで皆さま方から案じて頂いていました、ソウルの金さんから昨夜電話が入りました。
 先だっての手紙を読み、直ぐに電話を入れて下さったのです。
 歯の治療と奥さまの白内障の手術が重なり、羊会のことに気が回らなかったと言うことでした。
 高齢は隠せず一所懸命に話している様子でした。
 そうは言うものの私も見事な後期高齢者です。その高齢者と親しい高齢者からプレゼントが届きました。

      佐賀のお菓子

 夫の父親は佐賀から出て来ました。夫は小学生の時に転校し疎開した経験があります。友人はその話を知っており、日本橋高島屋で九州展が開催されると、出掛けて求めて送って下さるのです。
 彼女は突然腰が痛くなると言うのです。そこで出かけるのも大変なようです。電話では他の友人の状況を教えて下さいますが、健康に問題がないと言う方は先ずいないと言っても良いでしょうね。

 下のスーパーで会う方も高齢者の方が多いのですが、挨拶から始まり最後まで医者や病気の話で終わることも良くあります。
 病院や医師のことも詳しく、その評価はとても参考になります。右と左に別れるような極端なことはありませんね。
 大体の方は同じように思われているのです。
 流石に高齢になったな~と思う方 何時も誰かと立ち話を長々としていた方も、滅多に見かけなくなっています。
 一人暮らしの方は売り場で偶然お会いしますと、食事作りが大変だと話しております。 

 今日の夕方は内科での診察日でした。私は健康診断の検査を受けましたが、身長が3㎝低くなっていました。
 先生は明らかに大きな声で話されます。老人の多い病院ですから、先生も大きな声で話すのは慣れている様子。
 私との会話は待合室の夫にも良く聞こえるようです。嘘はつけませんね。
 

続きを読む ▽

entry_header

実験 焼きそば

 中華料理店の焼きそばは美味しくても自分でとなると簡単には行きません。
 自家製のソース焼きそばは所謂本流の物ではないと調べてみました。
 生麺を蒸して作ると美味しく出来ると言うのですね。
 偶然近所のスーパーで中華生麺を見つけました。もう麺を買った途端美味しく出来るとワクワクして帰宅
 翌日の昼に作ってみました。
 
       先ず生麺を蒸しました。

       焼きそば1

 蒸す時間は15分ほど。どうもこれはって言う気がしました。蒸しあげましたら、麺が固まっているようです。
 そこで、油を少し振りかけて麺を解しました。

       焼きそば2

 具は豚肉の細切り、エビ、野菜色々 豚肉とエビは下味をつけて軽く油通しをしました。
 中華鍋を空のまま熱し、そこにネギ油を入れ、麺を入れて焼き始めました。どうも硬そうです。
 スープを100ccほど入れ蓋をして、蒸らす様にし、そこに切って置いた野菜と豚肉とエビを合わせて炒めました。
 最後にウスターソースと醤油少々振りいれ仕上げました。

      焼きそば3

 これは美味しいのですよ。麺が硬いのを我慢すればね。こうなりますと娘に笑われましょうが焼きそばシリーズで何回か実験してみなくちゃね。
 生麺だけではなく、蒸し麺でも作って見ようと思っています。

続きを読む ▽

entry_header

塩トマトを頂く

 熊本市でカーショップを開いているあかちんさん かながね様々な情報を発信している方です。
 医療関係のことに詳しく、心身の健康に良い、環境に良いという生活を目指す方への協力を惜しまず、その志を強く持っている方です。
 地元の生産者の方のプロデュースにも力を注ぎ、協力を惜しみません。米作りの方へもそうです。
 ブログで塩トマトの話を書いておりました。初めは何処かで聞いたことのある話だわと思った程度でした。
 それがとても良いトマトだと知り、トマト好きの私の心を捉えていました。
 ですが果たして手に入るものかどうかわ漠然としておりました。
 その塩トマトが沢山送られて来ました。

    熊本トマト  熊本桃

 塩トマトは収穫の時期があるそうです。今回は召し上がって下さいと贈って下さったのです。
 桃も一緒に届きました。ハウス物だそうですが、ええ?この時期にってびっくりしました。
 
 トマトは娘と一緒に頂きました。味に濃さが出ており、香りが昔を思い出せて呉れます。
 実に美味しいトマトです。
 
 あかちんさんは気に入りましたら、注文して下さいねと仰って下さいました。有難いです。
 
 塩トマトや安全な食品へ関心をお持ちになった方は直接あかちんさんのブログへコメントでお問い合わせてくださいね。

続きを読む ▽

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog