2015-01

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

ちょっと待て

 随分長く使っていた炊飯器の様子がおかしいのです。
 時間を表示しているところが00 00と点滅しているだけになって仕舞いました。

 「ね~炊飯器が変なんだけれど」 「買い換えれば」
 「でも買い換えるって言ったって」 「簡単じゃないか。アマゾンでも、ネットスーパーでも買えるだろ」
 「そうね。でも試しに駄目かどうか少し炊いて見ようかしら」 「やってみたら」
 「ご飯がなくなってから慌てるといけないしね」 
 ということで昼食用に黒豆ご飯を炊いて見ました。お米は2カップです。

      黒豆ご飯

 ご飯は何時も一回にお米5カップを炊きます。それを小分けして冷凍して置きます。
 ですから2カップでも何回も食べることが出来ます。
 炊飯器に研いだお米2カップ 水加減は普通に 炒り黒豆は20グラム
 塩小さじ1 お酒 少々を入れます。
 炊き上がりました。何も問題なく炊けました。良かった。

 

entry_header

雪が降り

 昨夜から気温が下がり、今日は雪が降り、気温は0度から2度と言う冷たい日でした。
 中国語のレッスンでしたが、老師は私の身体を気遣い、我が家に来て下さいました。

 こう寒いと昔のことを思い出します。
 日本に帰国し編入したのは暖かい千葉県の南端の小学校でした。
 暖かいと言いましても、西風も吹きますし、偶には霜もおります。
 暖房設備はありません。それは当時の学校では普通のことだったと思います。

 校舎は木造ですし、校舎内では靴は履きません。子どもたちは足袋で下駄という姿で登校します。
 足袋は履いていても下駄ではなく、わら草履の子どももおりました。
 中には足袋も履いていない子どももおりました。寒い日はお弁当も冷たくなっております。

  クラスの子どもたちの中には足の踵のアカギレで辛そうな子どももおりました。シモヤケで膨れた手の子どももおりました。

            教室

 この教室は宮城県登米市にある旧登米高等尋常小学校校舎の中にあるものです。

 昔の校舎はこのような教室が普通でした。登米の学校にはストーブがありますね。それでも寒かったと思います。
 千葉の子どもたちはオーバーを着ている子どもは極一部の子どもに過ぎず、綿入れの袢纏を着て通学と言うのが普通でした。遠い部落からも歩きです。今はバスを使うようです。
 寒い日は運動場に出て身体を動かす遊びをします。縄跳びは良くしましたね。

 女学校の入学試験の日は珍しく雪が降りました。溶け始めた道を先生と試験場に行ったことを思い出します。

entry_header

真鱈の真子を買う

 冬の空は晴れますと実に綺麗です。最近余りニュースになっておりませんが、中国北京の空気はどうなんでしょう。

 昨日は二女と一緒に茨城県守谷にあるジョイフル本田に買い物に行きました。
 家庭用品を買い、同じ敷地にあるジャパンミートと言う食品専門のスーパーに入って行きました。

 野菜も、肉も兎に角種類が豊富 それに安い 買いたいのですが、二人の食を考えますと、簡単に買って来るわけには行きません。
 魚売り場に行きましたら、真鱈の真子が出ております。この冬初めての真子です。
 
         ジョイフルホンダ魚屋

 売り場の男性はテキパキと魚をさばき、威勢よく見えます。魚屋はこうでなくてはいけません。
 下のスーパーの新しい魚屋のおじさん。何だかもさもさとしていて、はっきりとしません。
 困ったことに切り身が多いのですね。真子は絶対に並ばないと思います。
 で真子を買いました。調べて見ますたら、毎年この時期に買っているのですね。
 2013年もそうでした。煮方も同じです。

entry_header

お助けさん

 先日我孫子までお越しくださったご夫妻 久しぶりでしたので、楽しく過ごしました。
 その時 ご主人様から 「パソコンのトラブルはどうされていますか」と聞かれました。
 「私は近くの若い方に見て頂いています」と説明をしました。 
 「それは良いですね。私は電器店と契約しており、トラブルが起きた時は来て頂いていますよ」とのことでした。

 今日はそのトラブルが起きて仕舞いました。
 昼間二女と出掛け、帰宅後パソコンに向かいました。調べ物があり、そのホルダーを見ようとしましたら、ないのです。
 おかしいな~とあちこち探しましたが見つかりません。
 そこで助っ人さんの所に行きSOSですよ。 早速見に来て下さいました。実際に失くなっているかどうかを見て下さり、矢張り見つからないと分かり、復元して下さることになりました。
 時間がかかると言うことで、私のパソコンは助っ人さんの所に預けました。
 「時間がかかると思いますから、どうぞお食事もなさっていて下さい」と仰って持って行かれました。

 そして無事復活させて下さり、お持ち下さいました。ホッとしました。助かりました。

         朝食1月28日

 画像は話と直接関係はありません。強いて言えば今日と言うことだけが同じです。

entry_header

頂き物

 中国語の老師は北京出身です。中国では北の方の方は麺類など小麦粉で作った物を良く食べます。
 青島でも良く食べたものです。
 老師はお母様のために麺を良く打ちます。一回の量は4、5人分位の物を作られているようです。
 そこで我が家におすそ分けが届きます。

    手打ち麺  うどん盛り

 左はその麺です。打ちたてです。右が茹でたものです。どこかの謳い文句ではないですが、打ちたて茹でたてを頂きます。此の麺は腰が強く、とても滑らかな口当たりです。
 小麦粉は薄力粉で打つそうです。
 美味しくてとても気に入っています。温かい汁で食べることもありますが、もりのように食べることもあります。
 何回か頂いておりますが、有り難く頂戴しております。

 老師から中国の動画や画像を送って下さることがあります。
 先日は鳥を中心にした画像でした。 内容は「あなたは誰」と言うものです。時間がございましたらご覧になって下さい。

 
entry_header

茄子の皮

 昔は野菜にも旬があり、季節の香りがハッキリとしておりました。
 今は誰もがご存知のように時期に関係なく多くの野菜が出回っております。
 トマト・胡瓜・茄子などは年中店頭に並んでおります。
 茄子は良く買います。
 茄子の味噌汁や茄子炒め、天ぷらや卵とじ等 味噌汁や卵とじは皮を剥きます。
 剥いた皮は細かく切り、炒めて佃煮のようにして食べます。大好きな一品です。

      茄子皮生  茄子皮佃煮

 皮は数回分をためて置きます。2㌢四方程の大きさに切ります。
 フライパンに油を少々入れます。油が熱したら皮を炒めます。
 色が変わって来ましたら、醤油少々と日本酒を入れて炒め、水分を飛ばし、味の素をほんの一振り。
 仕上げに刻み唐辛子を加えて火を止めます。
 醤油を入れ過ぎないことがコツかも知れません。歯応えも良いですよ。

 味の素は滅多に使いませんが、此の時は使います。鶏油が合わないような感じなのです。

entry_header

双葉山と白鵬

 昨日明治大学校友会我孫子地域支部の方から色々な資料を頂きました。
 その中に大きな一枚の写真が入っておりました。
 その写真は支部の大分出身の方が彼に下さった「生誕百年記念 双葉山図録(宇佐市民図書館編)」に掲載されていた「明治大学選手に稽古をつける双葉山」と言うものです。

      明大生に稽古の双葉山

 「双葉山は偉い」と前にアップしましたが、本当に立派な方でした。
 今年の初場所の優勝は「白鵬」の頭上に輝きましたね。
 少し前マナーが悪いと感じていましたが、今場所では改まったように見えました。

 今日の朝日の天声人語をここにお借りします。

『相撲通の作家、故宮本徳蔵(とくぞう)さんは、1985年の著書『力士漂泊』で「強さ」の極致とは何かと問うた。69連勝の双葉山はどんな敵に対しても〈泰然自若として些少(さしょう)の動揺をも示さず〉に勝った。相手の方が自滅していくような印象すら受けたと書いている▼その双葉山のDVDを見て研究したという白鵬が、33回目の優勝を果たした。69連勝への先年の挑戦は阻まれたが、今回は「角界の父」と慕った大鵬の記録を久々に塗り替える偉業だ。テレビ画面の大鵬をどきどきしながら応援した世代としては、誠に感慨深い▼白鵬は、双葉山の「泰然自若」を自分も実践しようとしていると語っている。土俵上の所作一つ一つをゆっくりとする。闘志が顔に出ないと言われるのも、何ものにも動じない心を目ざしているからだ、と。なるほど今場所の姿も実に悠然としている▼今の境地に達するまでの苦労はいかばかりだったか。デビュー直後の序ノ口時代、負け越しを経験し、泣いたという。後に横綱に昇進するような力士なら普通はすんなり行くところで自分はつまずいた、と振り返っている▼言葉や文化の壁もあったろう。しかし、冒頭に引いた宮本さんは、〈チカラビト〉すなわち力士は本来モンゴルで生まれたとする。「国技」の背後にユーラシアの広大な時空を見るべし、と。その出身力士の今日の隆盛は、後に宮本さんも積極的に評価したように時の勢いというべきだろう▼大業は成った。この上はどこまで記録を伸ばすかだ。』

 双葉山の名前が見えます。偶然ですが立派な方だと言うことが良く分かります。

entry_header

豚バラ軟骨柚子風味

 冷凍室にあるものを使って一品でも作れば良いな~と考えたら豚バラ軟骨がありました。
 これにま~あるものを使い煮ようと決めましたが、あるはずの物がありません。
 仕方なく柚子皮の乾燥し保存してあるものを使いました。

         豚バラ軟骨

 圧力鍋に調味料と酒、軟骨を入れて圧力を20分 圧力が抜けたらゆず皮の干した物を入れて煮つめます。
 
 今日は昼間妹が来ることになっていましたので、昨夜にネットスーパーで昼食の物を注文

 今夜はその残り物と豚バラ軟骨で済ませます。簡単でしょ。

entry_header

カニの炊き込み

 この数日大腿部の痛みで、何となく買い物に行くのが面倒です。あるものを使ってと簡単な食事にしております。
 昨日の昼は解凍したズワイガニの炊き込みご飯にしました。
 あのリーゼントのお兄さんが働いていた魚屋さんが急に撤退。そこで正月用に仕入れておいたカニを安く並べて処分セールです。11月30日最後の日にズワイとタラバの冷凍を買って置きました。どちらも1000円でした。

     1000円のズワイ  づわい炊き込み

 椅子に坐ったまま掻きだしたカニの身を全部使い炊き込みご飯にしました。
 お米は3カップ  出汁を入れ、酒少々 醤油は私の基準より少なめ(カニの塩を勘案し) 味醂少々
 久しぶりに3カップです。何時もの通りの5カップと間違い、出汁を入れてから気が付き、急いで2カップ分を取り出しました。
 炊き上がりを摘んで見ましたら、少し柔らか目です。それでも時間が経つ内にいい加減になりました。
 美味しかったですよ。
 二人では3カップでも多いですから、長女にメール 夕方取りに来て貰いました。
 それでも残りは二人の今朝のご飯になりました。

 話は大腿部の痛みですが、痛む場所と痛み具合から調べて見ましたら、どうも「大腿外側皮神経痛」と言うものに似ています。と言うよりそっくりです。次回先生にお話して見ようと思っております。痛みは食事では治りません。

entry_header

長いタイトルの本

 昨日我孫子に住む「世界の人形館」館主の高やすはるさんから二冊目の本を頂きました。
 近々上梓されるとは知っておりましたが、今度の本のタイトルを見て驚きました。
 「272の國と地域を制覇した 77歳のワールド・トラベラーはたった1人で紛争地を旅した!」と言うのです。
 長いたって、こんなに長いのはそうそうないのではと思いますね。
 ですがこう書くことで、内容を強く印象付けるという良い面もあるかも知れません。

 
                
                高さん新刊書

 この新著はアマゾンでも紹介されており、求めることが出来ます。
 我孫子ではアビコショッピングプラザ「ブックエース」で25日から発売されます。
 未だ手にとってから24時間も経っておりませんが、はじめの言葉を読みますと、高さんは出来れば議員や首長など政治家の諸先生方に読んで頂きたいと書かれております。

 折しもこの数日 イスラム國での邦人拘束のニュースが大きく取り上げられております。
 息を凝らし見つめるという言葉が当てはまるような事件です。

     朝食1月21日  朝食1月22日

 内容が高度過ぎて私ごとき凡人には想像もつきません。どのように解決になることでしょう。
entry_header

簡単料理

 こう寒い日が続きますと,大腿部の痛みが強く、買い物に行くのも億劫な気分になります。
 食事はパス出来ませんから、簡単な炒めものにしました。

          豚・メンマ・木耳

 メンマと木耳それに豚肉を合わせて炒めたものです。木耳は充分に戻します。かなり大きくなります。
 香りを出す葱も生姜も細く千切りにしました。
 豚肉はロースを一枚 メンマ・木耳と合わせた細きりにしました。 パプリカは残り物を同じうように細切り
 中華鍋を熱し、鶏油を入れてから豚肉を炒め、色が変わって来ましたら他の材料を全部一緒に入れて炒めます。
 炒め具合を見て仕上げ直前に醤油を掛けて火を止めて出来上がりです。

 
entry_header

葱花児

 中国語の老師宅に老師のお兄様がお見えになって作られたという餅 平らなパイのような物です。
 それを頂きました。

        葱花児

 葱を細かく切ってパイシートのような中に入っています。これが実に素朴で美味しいのです。
 塩加減も焼き具合も申し分ない物です。
 今日の午前は中国語のレッスンでした。老師にこの餅(ビン)はどう言うものですかと伺いました。
 それは葱花児と言うものだと教えて下さいました。序に作り方も教えて頂きました。
 お兄様は北京の大学で教鞭をとられていたそうですが、定年退職されてから、時々来日されています。
 とても責任感の強い方で、ご家族を守るという意識がお強いようです。
 お料理も上手と伺っています。
 NHKで教えて頂いていた王老師もお料理が上手でした。優秀な方はなにをやっても熟すのですね。

 私が中国語を習っているのを不思議に思う方もありまして、疑問の言葉に答えるのは中々難しいことです。
 聞かれる方の立場で、疑問の内容が違うのですね。
 「もう使わないでしょうに」と言うのが一番多いですね。
 答えは何かと言えば新しことを知る喜びかしら。
 
entry_header

渡辺はま子さんのこと

 今日の朝日夕刊のトップ記事は戦犯救った奇跡の歌姫
 渡辺はま子さんのモンテンルパの刑務所訪問で戦犯として抑留されていた方が無罪になったという事柄を舞台で演じることが決まったと言う内容です。
 「奇跡の歌姫 渡辺はま子」 再演
 場所は横浜ランドマークホール 今月24日~31日  
 問い合わせの電話 045-661-0623 平日10時から17時

 話は両親の引き揚げの時です。両親は北京から引き揚げて来ました。日本人はどういう形かは知りませんが、団を組みまとまって行動をしていたそうです。
 帰国の船を待つ天津で大勢の方が待機していたそうです。その場所に渡辺はま子さんが待機していたのですね。
 その時 渡辺はま子さんは集結している日本人の方を慰問し歌で皆さんを励まして下さっていたそうです。
 モンテンルパの訪問もそう言った渡辺さんの志の高さを感じますね。

 ここで渡辺はま子さんの蘇州夜曲をお聞き下さい。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 寒さが続いておりますが、今日は比較的気温が高かったですね。
 チビ孫のペットは物凄い勢いで成長して来ております。
 9月生まれで家に来た時は6グラムだたのが今や100グラム超 驚きます。つい先頃50グラム余と聞いておりましたから。

 最近はコオロギだけではなく小松菜も食べ、小さく切った林檎も食べます。林檎の大きさは3㍉位の厚さで、1円硬貨程の大きさです。
 何処で探して来たのか、ランドセルを背負わせたりしております。

        ランドセル

 こうして見ますと何となく可愛くなります。夕飯が済むと懐に抱いて見せに来ます。


 
entry_header

蒸し牡蠣燻製のアヒージョ

 富山の瀬戸さんから燻製牡蠣のオリーブオイル漬けを頂きました。
 レモンを掛けて頂きました。美味しくて、これは真似をして作ってみたいな~と思いました。

      オリーブオイル漬け牡蠣

 先日の北辰での買い物 何点か買いましたが、蒸し牡蠣が出ておりました。そうだこれだっと買って来ました。

       牡蠣燻製

 イジースモーカーで燻製にしました。チップは5グラム 燻しは5分 保温15分  です。
 燻す前には水分を良く拭き取り、更に1時間ほど網に載せて乾かしました。

       牡蠣アヒージョ

 今回は玉ねぎを使って見ました。それは先日娘達とファミレスに行きました時、食べて見たアヒージョに玉ねぎが使われていたからです。

       ファミレスのアヒージョ

 外で食べたことがありませんでしたから、試しに食べて見たのです。
 塩気がとても強くて、味見をした程度で娘に渡しました。
 娘に言わせますと元々塩気の強い物で、パンと合わせて食べるからだと言われました。
 で家では塩は自分の口に合う程で仕上げました。
 燻製の香りの程よさ。美味しかったですね。 
entry_header

あれから20年

 数日前から阪神・淡路大震災関連記事が新聞に掲載され、テレビでも様々な形で報道されております。
 あの日の朝早く夫を送り出し、私はテレビを見ておりました。地震発生のニュースが流れて来ました。  
 初めの頃の報道では大きな被害を感じるような内容ではありませんでした。 
 それが時間が経つに従いその地震の凄まじさを知ることになりました。
 良く訪問します方のブログに「震災翌日の報道」という動画が出ておりました。
 眺めてみますと只事ではなかったことと改めて知る動画でした。

         震災被害

 夕刊に被害内容が出ております。多くの方の命が奪われております。被害は甚大です。

 数年前に行きました神戸は震災の跡を全く感じませんでた。明るい綺麗な風景です。

         神戸風景

 小学校の友人が西宮に住んでおりました。青島で同じ通学路を使っており、朝は別でしたが帰りは良く一緒にしたものです。
 震災後年賀状の住所が変わっておりました。ですが被災されたとは思ってもおりませんでした。
 10年程前だったと思います。ある日突然その友人から電話を頂きました。
 「相子さん 私は仮設住宅に住んでいるの。健康を害し起きられなくなっているの。あなたに会いたいの」と言う言葉が聞こえて来ました。小学校5年生の時別れ、それ以来初めての会話でした。
 昨夜その話を夫に話しました。10年前だったら行けたのになと言われますと、どうしてあの時西宮に行かなかったのかと言う思いが胸をよぎります。辛い悲しいことです。
entry_header

牡蠣の一品と知人夫妻のこと

  昨日は情報通りの、雨になって仕舞いました。特に夕方からは強烈な降り。
 竜巻注意報も出たのです。
 午前は娘二人と一緒に買い物 北辰に行きましたら、目移りがします。

        北辰1月15日

 アヒージョを作ろうと牡蠣を買いました。ちょっと多いかなと思いましたが、パックを開けて見ましたら、とても立派です。
 そこで簡単にオリーブオイルで焼いて食べました。

        牡蠣オイル焼き

 これは珍しく食べきりました。塩・胡椒だけで味付け  焼きを強くします。少々焦げたのが好きです。

 今日の昼食は久しぶりに知人夫妻と一緒に致しました。
 ご主人様とはオパール・ネットワークでの会合で一緒のお役をしておりました。
 奥様は重篤な病を乗り越え、奇跡とも言えるほどの回復をされたのです。
 最近のお二人の日常生活をお聞きしまして、何と素晴らしいお二人かと感動しました。

 どんな風かと言いますと
 自宅の庭や目の前の畑で無農薬の野菜を作っています。
 毎朝はその野菜を何種類も合わせて沢山サラダを作り召し上がる。
 奥様は週3回はデーサービスとリハビリで施設で昼食を頂く。
 週4回はお二人で外食。それも出来るだけ外の空気に触れ、歩行訓練にもなるからと言うことです。
 買い物は二人でスーパーに行き、歩く練習を兼ねて売り場を廻る。
 スーパーも大きなスーパーに行くようにしている。
 ご主人様は家事を殆どこなしている。食事の支度・掃除・洗濯などです。野菜作りもご主人様のお役。
 奥様は食器を運ぶお役をしている。
 奥様は以前から描いていましたが、画を描き、美術展にも出品している。
 最近では170号と言う大作を出品された。
 奥様の作品の額縁などはご主人様が制作される。
 ご主人様はボランティアもされている。
 奥様は主婦業は廃止 これをご主人様がニコニコなさりながら私に話されます。
 歩行の不自由な奥様を支えて優しく言葉をお掛けになるご主人様。
 
 考えること多き昼食となりました。
entry_header

今日の一品と雑談

 少し前に沢山のメンマと一緒に豆鼓を頂きましたので、豆鼓を使い麻婆豆腐を作りました。
 豆鼓は豚肉を使った料理に一番合うそうです。
 老師に餃子や包子などにも入れても良いですかとお聞きしましたら、それは良くないようでした。

 我が家の麻婆豆腐には木綿豆腐を使います。二人ですから豆腐一丁と豚ひき肉100グラムで充分です。
 ニンニクは入れません。作り方は極普通です。

         麻婆豆腐
 
 豆鼓は細かく切ってひき肉を炒める時に一緒に炒めます。豆板醤は小さじ一杯程度。
 豆鼓を入れたのでコクが出て美味しくなりました。

  今年の年賀状に近況を伝えて下さった方 同世代の方の様子に驚き、また我が身を思えば然もありなんという気持ちになりました。何人もの方が骨折をされ、回復も中々の様子。杖を使っている方も少なくありません。
 僅かな段差が大きな怪我に繋がった友人に電話をしました。声が大きいので気力は充分ある様子。
 ところが、傷はとても酷く、治療の大変なことだった話しておりました。
 話しの中で知ったのですが、施設に入りますと怪我をさせないようにと車椅子から立ち上がり、椅子から離れるとセンサーが知らせるそうで、係りの方が直ぐ見えて車椅子に戻すと言うのですね。ですからドンドン歩けなくなるのだそうです。
 
 この歳になりますと便りのないのが元気な証拠なんて言えません。来る筈の年賀状の名前が見えないと心配が募ります。
 喪中はがきを頂いた方の姿には色々と思いが重なります。大学の同期の方や同窓の方のことには大学に連絡します。
 何十年も大学に連絡をしていましたが、事務所の方もすっかり変わり、私の名前を言えば通じるようには行きません。
 そう言う歳になっているのです。
 
entry_header

今日の一品と雑談

 何かと言えば薄味にと言われます。で概ね自宅での食事は薄味にと心掛けております。
 ところが薄味だけとなりますと何か物足りなく感じることもあります。
 ですから朝食の時には食べなくて佃煮や嗜好品を並べておリます。

 濃い味の物は時々作りますね。国産の牛すじの良いのが出ていました。
 そこでコンニャクとゴボウを一緒に圧力鍋で煮込みました。

        コンニャク・ゴボウ・牛すじ

 先ず牛すじを茹でこぼし、鍋に調味料と牛すじを入れて圧力を20分
 それからコンニャク・ゴボウを加え、再度圧力で10分 蓋を開けて乾燥した柚子皮を入れて煮込みます。
 柚子の香りが効いて美味しく出来ました。一回に食べる分量は少しです。

  Yahoo!のニュースで知ったのですが、13日に女優の魚住純子さんが亡くなったそうです。81歳とは意外でした。
 もっとお若いのではと思っていました。 
 昔母と極親しい方が両国でお座敷マージャン屋を開いていたのです。そのご主人の姪御さんが魚住純子さんと言う名で女優になったと聞きましたが、特に関心はありませんでした。記憶に残っているのは、映画の封切りの時 劇場挨拶と言うのがあったのですね。確かにそう言うこともありました。
 でその劇場挨拶のために、そのおばさまは花束を持ち、劇場に駆けつけると言うのですね。
 大変だな~と思ったことでした。古~い話です。
entry_header

南関あげ

 「南関あげ」という油揚げの乾燥したような物を頂きました。
 熊本の名産だと初めて知りました。
 贈って下さったのは熊本の「あかちん」さん 無洗米をお願いしていますが、何時も珍しい物をおまけですと同梱して下さいます。
 今日はこの南関あげを入れたうどんをお昼に頂きました。

     南関あげ  南関あげ入りうどん

 昼食は麺類が多いですね。偶にパン 更に偶にご飯物 変化に乏しいものです。
 それでも何とか変化を付けてと思いますが、夫は外食を好みませんから、相子食堂は休めません。
 今日はこれで助かりました。
entry_header

今日の雑談

 高齢になりますと目に衰えが出て来るのは当たり前でしょうから、仕方がない事ですが、気分は面白くないです。
 ルーペは色々と買いました。それぞれ用途に依って使い分けておりました。
 でもどうも歳を取りましてからは調子が合いません。そこで大きな書見用のルーペを買いました。

              大きなルーペで

               こうして読むのですね。
 これ以外のことですが困ることは見る対象が変わると焦点が直ぐに定まらないと言うことですね。
 例えばテレビから新聞に 新聞からPCに PCから本へ 目がその度にもわ~として仕舞うのです。
 私は近視と老眼と一緒の眼鏡を掛けていますが、活字を読む時、PCに向かう時は老眼鏡を使います。
 バッグには手帳サイズの薄いルーペを入れてあり、買い物の時の内容を確認したい時はそれを使います。

 この辺は毎日晴天続きです。この時期に作って置きたかったのはこれです。

     天日干し  お焦げ干し上がり

 これは中国四川料理のお焦げ(グオ・パ)用に作っている物です。右は前に作ったものです。
 左は今朝干したものです。市販の物もありますが、中々買いに行けません。そこで自家製の出番です。
 冬の晴れた日が絶好ですね。
entry_header

勉強しました

 時々お会いする生田先生と話し出しますと、時間がいつの間にか過ぎて行きます。  
 今日もそうでした。何しろ勝手に明大応援の二人ですから、明大の今から話が始まります。

 私は聞き手の方です。先生はご自分の専門分野から見ての日本の現状分析
 今回もとても勉強になりました。

 昼食は何時もの通り、先生は和風の定食 私はクラブハウスサンドイッチ
 
         サンドイッチ
 
 話の速度ははやく内容が詰まっています。面白く為になります。

 前回お会いした時に話題になった 今回話しに出た それを先生の知識で評論 熱が入ります。

 今回もラスト・バタリオンのことも出ました。最後の帰還兵の話の主人公は所謂残置諜者と言う立場の人だと教えて頂きました。それと関連し中野学校という特殊な陸軍の学校のことも出ました。

 私には興味津々と言う言葉が一番合っているような4時間でした。
entry_header

メジロ

 天気が定まり、空が将に紺碧という印象を与えるようになりました。
 ですが北陸や東北、そして北海道等では寒気が襲いテレビに映る風景に驚かされております。

 今日は良く晴れております。気温も11度と出ておりますが、家の中は暖房なしでも過ごせております。

        1月10日晴れ

 冬と言いましても暖かい南房総では間もなく花摘みの季節がやって来ます。
 毎年のことながら、乾燥し風が冷たく感じますと、田舎での風景が浮かんで来ます。

 母方の祖父母の家の軒先に吊るされていたメジロ箱。細い竹を周りに組み立てた籠です。
 その籠には柿の切った物が入れられていることもありました。餌は小さなすり鉢で擂るのです。
 メジロは目白と書くように目の白さが目立ちます。

        いその爺さんのめじろ

 ブログで鳥を良く載せていらっしゃるいその爺さんから写真をお借りしました。

 数年前でしたがテレビでメジロの鳴き合わせに付いての放映がありました。

 私にとってはメジロと麦踏みは重なります。今でも大麦は栽培されてはいるのでしょうが、麦踏みはこの時期にやっていたと言う記憶があるのです。
 麦畑に霜がおり、その麦を踏む足の感触も思い出します。わら草履を履き、左右の足を交互に動かし、畝の上を横にと進んで行きます。少し伸びた麦を倒すように踏んで行くのです。
 農家ではありませんでしたが、食料を確保するためにこうしたこともやっていたのです。
entry_header

ニュースで思い出した

 この数日マクドナルドの問題で色々と報道されておりますね。
 マクドナルドが銀座三越の店舗を使い、日本での一号店を開いたのが1971年とか。
 そのマクドナルドを日本に導入したのは確か藤田商店と言う会社だったと思います。
 その藤田商店に就職した同期生がおりました。私のクラスではありませんから、知ってはいましたが、友人ではありませんでした。
 その彼がクラスメートが経営する会社にマクドナルドで使うプラスチック製品を納入しないかと言って来たのだそうです。
 で申し込まれた彼は他のクラスメートに相談したそうです。
 後日の話ですが、その時 聞いたこともない 食べたこともない。訳の分からないことだと言うので断ったと言うのです。
 飲み会の時 そのクラスの方が同席 皆で惜しいことをしたねとなったことです。
 
 話は変わり、昔昔 私と妹・弟と新宿のアスターで食事をしました。
 私の頼んだ五目ソバに洗い用のブラシのヒゲが入っていたのです。で店員に言いまして作り替えて貰いました。
 熱々の代わりのソバのドンブリを持って来た若い女性
 何と緊張したのか私のスカートの上にドンブリを落として仕舞ったのです。
 熱いスープが私のスカート全体に広がり、熱いのと同時にどうしようと頭が混乱しました。
 店長らしき人が出てきまして平謝り でもう食事どころではありません。
 洗濯代を下さいましたので、其れを受け取りタクシーで帰りました。

 今日は鰻の日 病院の帰りに夫に奢って貰いました。
 夕食は簡単に済ませようと朝作った煮物をリメーク
 ヒジキと人参それに揚げの白和えです。

       白和え

 後も残り物 そんなもんです。食が細くなり食卓の上に全部新しい物が載る日はないですね。

entry_header

今日の雑談

 1550円のカット専門の美容室に行くのも一仕事です。
 前回からそう日が経っていませんが、どうも前髪が鬱陶しく感じます。
 昨日は早くにと出掛けました。受付は9時半からです。私が到着したのは9時25分頃
 既にお店の前のベンチに待つ人8名 私は9番目です。

        開店前

 美容師さんの指定が出来るとチビ孫が言います。「ばーばお店のカードを見せてご覧」と私のカードを見て「この人にしな」と言いますので、昨日はその方を指名しました。前回昔話をした方です。孫の指名でと言いましたら、孫のことを良く知っており、映像も見たと話しておりました。前回同様椅子に坐ったままお勘定を済ますことが出来ました。

 午後は横須賀から生徒さんが来ました。前日車を運転し、お姉さまの家まで来たそうで、帰りも一旦お姉さまの家に戻り帰宅すると話しておりました。猫を飼っているそうで、家を長くは空けて置けないそうです。そうでしょうね。

 数日前から左腿に痛みが走り、どうもいけません。ですが一番強く痛む場所にホカロンを貼りますと痛みが大分和らぎます。何回か貼りましたら、何だか皮膚が熱くなって痛むような気がし、貼るのを止めました。低温やけどにでもなるといけませんね。
 今日の夕方 友人とスーパーの中で会いまして、その話をしましたら、彼女の周りにもこの寒さで私と同じような痛みが起きている方が多いと話しておりました。
 と言うことはこの所の寒さの所為かもしれませんね。今は便利ですね。ホカロンなんて言う物がありますからね。

 随分昔のことですが、暖を取るのには湯たんぽが良く使われましたね。それと塩です。塩を鍋で炒り熱くします。それを包みお腹などに当てたりもしたのです。昔の知恵は使わなくても知って置くと急場に役立つかも知れません。
entry_header

昆布締め鯛 三点

 一階のスーパーの新しい魚屋 品揃えは普通と言っても良いのかしら。
 安いことは安いのですが、安定した品揃えで冒険はしないようです。
 切り身や刺身用の柵 塩干物もイワシや鯵や鮭等大衆魚と言われるような物が中心です。
 前の魚屋と比べて特に特徴はありません。
 鯛は三枚卸で良く出ています。高齢者が多い地域ですから、案外白身が売れるのかも知れませんね。

 先日その一枚を買いました。いその爺さんが再度煽っていますので、昆布締めの白和えを作ろうと思ったのです。
 先ず全部を昆布締めにして見ましたら、どうも多すぎます。
 昆布締めは締めたら全部昆布から剥がし最初は直ぐに使い、残りはタッパーに入れて冷蔵庫に保存しました。
 
       最初は棒鮨にして見ました。

       昆布締め鯛棒鮨

 これは切り方が大きすぎました。鯛に合わせたのですが、8切れにすれば良かったです。
 夫が口にした途端「旨い」と言うではないですか。良かったです。

       二点目は白和えです。

       昆布締め鯛白和え
 
 魚を使う白和えは作ったことがなかったのですが、いその爺さんに見せなければと作って見ました。
 予想以上に美味しく出来ました。長女に「ちょっと味見して」と出しましたら「うん 美味しい。美味しい」と言います。

     三点目はカルパッチョです。

      昆布締め鯛カルパッチョ

 また食事時に長女が来ました。食卓を見て「それで足りるの?」と言います。

 「これね鯛の片身で三回に作ったのよ。だから少ないでしょ」と説明 娘は納得して帰って行きました。

entry_header

今日の雑談

 チビ孫は3月に小学校を卒業します。今日は親とディズニーランドに出掛けました。
 天候は悪く、夕方には雨になっているはず。風は冷たく入園者はどうしているのかしらと気になります。
 私はディズニーランドの運営にとても疑問を感じております。
 多くの方が高い入場料を払っているのに、天候の都合で様々なイベントが中止になることです。
 それは承知で来ているのだからと言う方もおります。ですが私はどうしても良しとは思えないのです。
 
    ところで朝鮮人参の花を煎じて見ました。

       人参の花

 ご覧になって下さい。花が開き小さな小さな菊のように見えます。これは花18粒を水400㍉で煎じました。
 沸騰してから5分  冷まして飲みました。味は野生らしい味です。やや苦く決して美味しくはありません。
 昔漢方薬を煎じたことがあるのですが、初めは美味しくなく、飲むのに苦労をしました。
 その時は長期に飲むことになって、止めはしませんでしたが、段々美味しく感じるようになりました。
 先生は薬草学の大家の伊澤凡人先生です。味が甘く感じるようになったと申し上げましたら、それは身体に合い、薬が効いて来たのだよとおっしゃいます。そこで頑張って飲み続けて病気から開放されました。
 そう言いう経験がありますから、不味くても続けて見たいと思っています。

 昼食後長女と北辰に魚を買いに行きました。買うということもありますが、眺めて楽しむということも目的です。

       1月6日北辰

 お店に入って行きましたら、店員さんがおめでとうござますと言いまして、いい感じです。
 未だ入荷が少ないのか、行くのが遅かったのか、思った程品物がありません。
 娘は鰆を下ろして貰い、今日はムニエルにするようです。
 私は明太子と赤エビを買い、ちょっと残念な気分です。次はもう少し早めに行かなければと思ったことです。
entry_header

珍しいもの

 今日の日中は良く晴れ、用達にも楽な日でした。
 知人と会いましたが、健康に良いと言う朝鮮人参の花の干した物を頂きました。初めて目にしました。

           朝鮮人参の花

 これを煎じて飲むと良いそうです。大きな棗があると話しましたら、一緒に煎じると味も良くなり、効能も良くなると言うことです。
 大きな棗はとても大きいのです。上の花と同じ器に入れて撮しました。

            大きな棗

 大きさが違うでしょ。 この棗はこのまま食べても良く、煮て食べるのも良いそうです。
entry_header

メンマラーメン

 物心付いた時からラーメンが好きで食べたのですが、その頃は支那そばと言っておりました。
 千葉の館山市は北条という町と館山と言う町が合併した名称です。那古町と船形町も一緒になりました。
 その北条に戦前魏さんという中国の方が支那そば屋を営んでいました。
 その支那そばに胡椒を沢山振り入れて食べるのが好きでした。
 記憶の中で支那竹が美味しくて、支那そばと支那竹は切り離せません。

 50年程前 神田淡路町の蕎麦屋「まつや」の東隣に五十番というラーメン屋がありました。
 当時ラーメンは30円位でしたが、この店は40円はしたと思います。麺の質が良くて、他の店と違っておりました。
 その五十番に支那竹ラーメンがあったのです。普通のラーメンよりは10円位高ったように覚えております。
 支那竹だけが上に載っているのです。スープもシンプルな味で、凝ったものではありません。
 ところがその店は数年で万惣の地下に移って仕舞いました。メニューも変わり、支那竹ラーメンが無くなって仕舞いました。
 本当に残念でした。
 
 台湾に行きました時、新竹市の土産屋で支那竹が沢山並んでいましので、何袋か買って来ました。
 名前からして支那竹の産地かしらと思っていました。
 偶々横浜の方から支那竹を沢山頂きましたので、調べて見ましたら、嘉義市が産地のようです。
 台北に住む友人の出身地は嘉義市で、ご両親は今も嘉義市に住まわれています。

 等など書きましたが、今日の昼はメンマラーメンにしました。

     メンマ塩出し  メンマラーメン

 メンマは台湾で買った物も、アメ横で買った物も、こんな幅広い物ではありません。初めて見ました。
 このメンマは塩漬けですから、先ず塩出しからします。
 塩は完全に出して仕舞うといけないと思います。塩出ししたメンマは細く切り茹でます。そして油で炒めて味を付けます。
 私は鶏油で炒め、醤油で味付けをします。味は薄めが良いように思います。
 
 今日は満足満足です。沢山メンマを載せたラーメン。美味しかったです。

entry_header

今日の雑談

 お天気は晴天に恵まれ、暖かい日中でしたが、朝は気温も低く、寝起きに直ぐ暖房を入れました。
 我孫子駅前の東武ストアーに行こうと外に出ましたら、風の冷たいこと。
 バスで駅まで行き、買い物を済ませて帰宅。
 
 1月3日は箱根駅伝の2日目 応援は明治大学と中央学院大学です。
 順位はともあれどちらも勝たせたいですね。

 結果は明治は4位 中央学院は8位 来年へのシード権を得ることが出来ました。

 外を見ましたら、ベランダから中央学院大学が見えます。校内では喜びの声が上がっていましょうね。

         夕日を浴びる中央学院大学

 明治の最近の写真はありませんでしたが、上の赤字の中でご覧になって下さい。2012年のものです。

 バスで駅まで行き、買い物を済ませてバスで帰る。これは良いですね。沢山は持てませんが、持てる程度の買い物はこうしましょう。
 帰りのバスを待つのに15分ほどありましたので、停留所の横のベンチに坐っておりました。
 目の前を50がらみの男性が通って行きます。何気なく後ろ姿に目を向けますと、少し離れた所の草むらの前に立ち、けしからん行動をするのです。
 「もしもし貴方様 そんなことは軽犯罪法に触れますよ」とは言いませんでしたが、実に不愉快なオッサンです。

         行儀の悪い人

 私睨めちゃいましたよ。絶対私が怒っていると分かった筈です。
 バスが来ましたら、こちらへと来るのです。そしてバスに乗って来たのです。何も言わずに良かったわ。
 コンビニもあるのですから、お借りすればいいのにね。
entry_header

塩漬けバラ肉

 中国では肉と言えば豚肉ですね。皆さまご存知のように猪肉と書きます。
 豚肉の三枚肉はバラ肉と言われますが、中国では硬五花肉と言うようです。
 そのバラ肉は赤身のもも肉やロースよりも日常の食事には多く使われるようです。
 餃子の中身ももも肉よりはバラ肉の方が美味しく感じます。

 先頃老師に教えて頂いた塩漬けバラ肉を作って見ました。

 材料は豚バラの長い物一本 それに2~3㌢幅に切込みを入れます。
 切込みを入れたバラ肉に 塩・花椒・砂糖・酒・ネギと生姜のミジン切りを全体に摺り込み、2~3日深さのある容器に入れて冷蔵庫に仕舞います。

           仕込み

 この後は肉の端をヒモで縛り、風通しの良い場所にぶら下げて置きます。日が当たらないように、また雨も掛からないように注意して干します。数日すると肉全体が乾いています。

           干したばら肉

 これを幾つかに切り分けて、深い器に入れて蒸し器で蒸すのです。今回は25分蒸しました。

   蒸したばら肉  切ったばら肉

 蒸し上がったバラ肉を切って食べます。 初めて作りましたが、出来具合はま~ま~と言ったところでしょう。

 食べ方としては前菜とか白米のご飯に合うと思います。勿論酒肴にも良いですね。

 今回は12月28日~30日が仕込み 12月30日~1月2日 干して今日の午前に蒸しました。

 今日は書き初めの日です。老師に伺いましたら中国では書き初めの習慣はないそうです。
 私は書き初めならぬ料理作り初めとなりました。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog