2015-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

春告魚

 今日は午後に長女が都内に出掛けるというので、早々と北辰に連れて行った呉れました。
 お客さんも未だ少なく、慌てて見ることもなく、ゆっくりと眺めることが出来ました。
 外出も限られている私のストレス解消の場でもあります。長女は長女で好きな物を眺めております。
 鰤の塊も気をそそられますが、持て余すと思い断念
 サメガレイも出ております。食べたばっかりですしね。これもパス
 良い鯖が出ています。如何にも美味しそうです。これは夫が食べませんのでパス

     北辰のしろうお  北辰の刺し身

     北辰の刺し身小盛り  北辰の鮨

       私が選んだのはこれです。鱗が輝いています。

              北辰のニシン

 「済みません。鱗を引いて腸だけ出して下さいませんか」と頼みました。
 店員さんが「鱗が見えなくなっちゃうよ」と言うのです。先日「何で何時も写真を撮るんだね」と聞かれました。
 「ブログに載せて紹介もしているのよ」と言ったことを覚えていたのでしょうね。
 「もう撮してあるから」と言いました。「それじゃ良いね」と包んで呉れました。

 春告魚と言うのが良いじゃないですか。今夜は塩焼きにしました。
 とても美味しかったです。夫は半分 私は一尾分を食べました。

             ニシン塩焼き

 鰊は滅多に買いませんが、好きです。ニシン蕎麦は好きですし、身欠きにしんの甘露煮も大好きです。
 昆布巻きも美味しいですね。ですが生はともかく、わたくしには鰊の調理は難しいのです。

entry_header

アミの佃煮

 アミの佃煮を作って見ました。
 アミの佃煮は戦後間もない1948年(昭和23年)に初めて口にしました。
 上京して母の妹の所に下宿 食糧難の時代です。お米は配給制度で自由に買えない時代です。
 白いご飯は銀シャリと言われるほど貴重な物です。
 
 叔母は私のためにお弁当を作って呉れます。そのお弁当のご飯の上に載せてあったアミの佃煮
 それが美味しくなく、アミの佃煮は不味い物の一つとしてインプットされておりました。
 それも今日まで。 ですから買ったこともなく見向きもしませんでした。

 それが下の魚屋で淡いピンクの色をしたアミの干したものが並んでいるのです。
 アミの佃煮は濃い茶色です。今までも見たことがあったのかもしれませんが、こんな綺麗な色なのだったら佃煮に作って見ようと思ったことです。

      アミの佃煮  アミ佃煮2

 これが美味しいのです。そこで先程小分けして冷凍にしました。

 材料
 乾燥アミエビ      150グラム  宮城県産 
                        着色102号 106号使用 298円
 うすくち生しょうゆ   100cc
 みりん          100cc
 酒            50cc
 砂糖     大さじ    3
 出汁           100cc
 実山椒           少々

 焦がさないように中火でゆっくり煮て仕上げました。夫も摘んで「美味しいじゃないか」と言います。
 夫も自炊時代にアミの佃煮は食べたと言うのですね。ですが結婚以来食べていませんでした。

 この色素を使った綺麗なアミはお好み焼きにでも使うのでしょうか。宿題ですね。

entry_header

蓮根料理とマグロご飯

 毎日蓮根を少しでも食べるようにと蓮根を前に考えます。
 時には寝ている時、早朝目がさめた時。考えるのも頭の体操だと、プラス思考で行きましょうと自分に言い聞かせています。
 毎日作る訳でもないのですよ。沢山作れば何回でも食べられます。

    蓮根4  蓮根5海老・菜花

 左は鶏手羽先と煮て、仕上げに干し柚子皮を加えた物です。鶏の手羽先は味を濃厚にするためで、殆ど食べません。
 右は蓮根・菜花・海老のかき揚げです。衣に塩少々加えて揚げ、そのまま食べます。天つゆは使いません。

    蓮根6きんぴら  蓮根8天ぷら・海老天

 左は極普通のキンピラです。炒める時には鶏油を使います。味付けは作りおきのカエシを使っています。
 右は蓮根とグリーンピースを合わせた物と海老です。これも衣に塩を少々入れて揚げました。

 昨日は妹が来ましたので、久し振りにマグロご飯を炊きました。作り方は簡単です。

    マグロご飯1  マグロご飯2

 炊飯器でお米を3カップ マグロの切り落としのような安い物を200グラムほど。マグロは380円
 これが3人で食べ切れません。半分は持って帰って貰いました。
 これだけでは無愛想ですね。そこで木須肉のような物を作り、菜花のお浸しを添えました。

             木須肉

 これはちょっと失敗しました。味に深みを出そうと紅油を少し入れたのです。美味しいのは良かったのですが、色が悪くなって仕舞いました。ま~妹だから良いかってな物です。

entry_header

チャイナドレスは素敵だ 99

 チャイナドレスを着たいと言う方は少なくありません。ですが多くの方が着たいと思うようなチャイナドレスは簡単には見つかりません。
 先日突然電話で「そちらはチャイナドレスを作るところですか」と聞かれました。「いいえ教えるところです」と答えましたら直ぐに電話が切れました。ちょっと話をお聞きしたかったと思っております。
 なにかアドバイス出来る事があればお教えしたかったと思っております。

 何時も話しております通り、私のところでお教えするチャイナドレスは街の中で自然に溶けこんで着られる物です。
豪華な物も作らないわけではありませんが、日常着として着て頂くことを目標にしております。
 

 基本としましては材料の斡旋は致しません。ですから生徒さんがご自分で選んた生地を使って作ります。
 どういう生地が良いのかは相談もし、アドバイスもします。
 ですが生地を見ますと買いたくなるのは生徒さんの共通な行動です。私もそうでした。
 習い始めてからは横浜や六本木、銀座や新宿と生地を探して徘徊したものです。
 当時は神田も生地屋が軒並みにありました。地のし屋も何軒かありましたから、買った生地は直ぐに地のしが出来ました。
 最近は生地屋も減っておりますから、生地探しも大変だと思いますね。それだけに唯一枚だけのドレスになるとも言えましょう。

     ニット仮縫い1  ニット仮縫い2

 これは収縮のある生地です。とても難しい素材です。ですがご本人はとても気に入っているのです。
 裁断する時は生地の動きを押さえるために糸で抑えてから始めました。
 ご自分が選んだ生地は失敗することは滅多にありません。この生地はトロンとした面を生かし、身頃の縦のダーツを取らずに優しいラインに致しました。

      これはシンプルなオーソドックスなチャイナドレスです。

             ウール仮縫い

 上の方のも下の方のも仮縫い状態です。仮縫いが済みますと出来たような気分になります。気分が爽快になるようです。
 嬉しそうな顔に接しますと、此方も嬉しくなります。

entry_header

お勧めを買う

 昨日生徒さんが帰られた後、北辰に出かけました。長女のいる日でないと駄目なんです。
 出かける前に別棟に住む友人に「若しお鮨が残っていたら買って来ましょうか」とお聞きしてありました。
 北辰は6時に閉店しますから、急がなければなりません。
 店内に入りますと、先ず丸の魚が並んでいる前に立ちました。桶の中にみる貝と小さなアワビが見えます。
 長女に「ほらほらみる貝にアワビが付いているよ」と声を掛けますと娘はお鮨のパックを幾つも抱えて此方に来ます。
 「貝を見ている場合ではないでしょ。お鮨が無くなって仕舞うわよ。頼まれているのでしょ」と言います。
 そうだそれを真っ先にしなければならなかったのです。ドンドン無くなって行きます。
 兎に角お鮨を確保しました。それからまた桶を覗きます。「写真撮らせて頂いて良いですか」とお願い。
 
                 アワビ・本ミル貝

 これですよ。携帯を忘れた私は娘に撮して貰い、送って貰いました。岡山産ということですが、安く感じましたので、手を出したくなりました。ところが店員さんが「これはお勧め。ナメタカレイより美味しいですよ」と指さしているのはサメガレイと言うカレイです。
 鮫肌でザラザラした皮のカレイだと言うのです。初めて知りました。
 2週間ほど前クリガニというカニを薦められたのに、パスしたのがとても残念に思ったこともあり、切り身二枚を買いました。

     さめがれい  サメガレイ一切

 最近覚えた煮魚の煮方で牛蒡を敷き煮ました。店員さんが言うとおり美味しいのです。縁側も大きくて驚きました。
 長女は一旦自宅に戻り、家事を済ませて再度来ました。孫が帰宅を知らせると駅に迎えにゆくのですが、それまで我が家でお喋り。魚好きですから、一枚残して置きました。何だか申し訳無さそうに箸を運んでいました。
 「良いわよ。食べちゃって」と言いましたら、「美味しい。本当に美味しいね」と平らげました。
 お勧めは出来るだけパスしないほうが良いですね。わざわざ買いに行くのですからね。

 お鮨ですが、友人の家に届けに行きました。半額で凡そ税込みで400円です。「電話が来ないので諦めていたわよ」と喜んでおりました。携帯を忘れたのは私です。 
 我が家も半額のお鮨を買って来ました。 半額で690円です。

               690円鮨
 
 珍しく煮蛤が見えます。これは私 です。真鯛はバランで隠れていますが、綺麗な鯛でしたよ。 
 私は夕食にはご飯を食べませんが、こう言う日は箸が出て仕舞いますね。卵とイカも食べました。

 専門店は良いですね。来週も連れて行って貰えると良いな~。楽しみですからね。

entry_header

まごついた買い物

 従弟がオーナーシェフのレストラン 浅草ストロバヤが柏高島屋に月2回 並べる品物は昨日で終了
 何とか買いに行きたいと時々思っていたのですが、やっと昨日買いに出掛けることが出来ました。
 人の話によりますと、数量が決まっているので、時には買えないこともあると言うので、10時10分ほど前に入口に行きました。
 ま~驚きました。入り口前に50人ほどの方が既に待っております。
 開店と同時にその中の多くの方が地下へと足を進めております。これは大変だと思いましたら、それは千葉の焼きたて海苔を買う方です。広告にあったのでしょうね。

 私はストロバヤの品物が並ぶという場所に行きました。品物は未だ到着してなく、暫く待つということになりました。
 店員さんが「お取り置きいたしますか」と言って下さったので、お願いすることにしました。
 私が携帯を持っているのに気がついて「携帯にご連絡致しましょうか」と言ってくださったのそうして頂くことにしました。
 「それでは番号をお教え下さいませ」 と それが困っちゃいました。覚えていないのです。
 仕方なく夫に電話を入れました。「これこれ云々なので携帯の番号を教えて、でも店内が騒々しくて聞き取れないので、店員さんと代わって貰いますから、話して」と店員さんに代わって頂き、番号が分かりました。
 難聴が困りましたね。店内の騒々しさで聞き取れないのです。

 到着時間が分りませんから、暫くカートを押しながら眺めて周りました。
 興味は魚ですね。撮らせて下さいねと一枚パチリ

          高島屋魚売り場

 流石に色々と並んでいます。どれも下では見られない物ばかりです。
 干物コーナーで加減の良い秋刀魚の丸干しを一本買いました。店員さんが三本の方がお徳ですがと薦めて呉れましたが、一本だけにしました。 
 電話が鳴り、品物が届いたと分かり、直ぐに売場に行き受け取りました。

         ストロバヤ持ち帰り

 帰り道何だか買い物をする予定だったことを考えましたら、パジャマを買うつもりだたのです。
 それにしましても携帯の番号を覚えていなかったことで、店員さんにご迷惑をお掛けして仕舞いましtた。
 
entry_header

今日の一品と雑談

 蓮根の歯ざわりを生かしてサラダ風の一皿を作りました。
 蓮根は薄く切り酢を入れて茹でます。皮が赤く中は白い大根(紅化粧)を薄く切り、その両方を重ねてマヨネーズを添えて食べました。 
 サクサクとした感じが思いの外良かったですよ。

        蓮根3

 夫の喘息の症状が少し収まって来ましたが、治っている訳ではありませんから、出来るだけ蓮根は食べて貰いたいと思っております。これはPCのレシピで見たのではないのです。で気分よくして食べました。

 話は老人話です。それは足の爪切りです。
 どういう訳かこの数年足の爪を切るのが難しいのです。特に親指の爪の端です。
 爪の表情も変わって来ています。親指の爪の両端は食い込んで来てきました。
 それが先頃のように爪を病院で切るはめになったりするのです。
 腰を下ろして切ろうとしますと、お腹が太くて腰が曲がらず、手が足の方まで遠くになって仕舞います。
 それに身体が後ろに倒れたりしてうんざりします。爪を誰かに切って貰うという程の歳でもないようですから、苦労をしておりました。
 今朝シャワーを済ませてさ~切りましょうと明るい場所に行きましたら、PCのテーブルの下にあるブロックに目が行きました。
 これに坐ったら楽かもと腰を下ろして見ました。

        ブロック

 正解でした。椅子に座るほど高低差がなく、身体を伸ばすのも楽です。良かったです。

 このブロックですが私の座るテーブルの下に置いてあります。食卓の下とPCのテーブルの下にです。
 これはとても良いのですよ。冬も夏もそれなりに良いのです。今風に言えば身体に優しい優れものです。

entry_header

今日の一品とチビ孫の話しの続き

 徳島のちゅんごさんが海老とセロリー入の餃子を作っておりました。
 海老を入れると言うのが美味しそうです。
 今日の昼に作って見ました。

    海老餃子1  海老餃子2

 何時も水餃子ですので、焼きも良いなと市販の皮を使い作りました。
 中身は豚ひき肉と海老、それにセロリーです。普通に生姜・葱のミジン切りを一緒に混ぜます。
 海老は皮を剥き小指の先ほどの大きさくらいに切ります。セロリーの葉はたっぷり刻み入れます。
 調味料は塩・胡椒・酒とごま油を入れます。
 全部をよく混ぜて包み焼きます。
 これはとても美味しかったです。また作りたくなっています。

 チビ孫は今朝から母親と長女母娘と一緒にディズニーランドに出かけております。
 最近は車で行かず電車で行くようにしているようです。今夜はホテルに泊まリます。
 一昨日の結果が良かったので、心も開放され、さぞ四人で楽しんでいることでしょう。

 夕方二女から連絡がありました。ロディーの電気を消しに行ってと言うのです。明日朝になったらスイッチを押して灯りを付けてと言うのです。赤外線は四六時中付けて置き、普通の電灯は夜は消すのですね。 
 消しに行きましたが、これを預かるとなると良く教えて貰わなければなりませんね。

 夕食を始めようとすると、YouTubeで見ることが出来るとメールで送られてきました。
 一昨日のファイナルステージです。これです。ご覧になって頂ければと思います。
 詳しいストーリーは分りませんが、レストランの風景です。最初に左に出て来るのがチビ孫です。
 赤い帽子にエプロン姿です。これが二女の苦心の作です。エプロンは途中で見えなくなり、最後はまた前に出ます。
 早変わりのようなものです。何回も試作しました。親も頑張りませんと駄目ですね。
 母娘共に頑張りました。


 
entry_header

今日の一品とチビ孫の話

 長女が私の画像を見て、ハンペンに葱を載せて、醤油を垂らし、とろけるチーズを掛けて焼くと美味しいよと言いました。
 チーズも買ってありましたので、作って見ました。
 ハンペンは一枚で二人分 安上がりです。

       ハンペン・小女子

 チーズと醤油と良く合うのです。これは簡単で時々作って仕舞いそう。

 昨日チビ孫はダブルダッチコンテトの日本大会に出かけておりました。前日は予選でしたから2日間出かけていたのです。
 昨日帰宅したらチビ孫のトカゲのロディーがどうも具合が悪いと気がついたようです。
 爬虫類を診てくれる病院は松戸まで行かなければならないのです。相当悪い様子らしく、予約を直ぐに入れ、今日診てもらいに行きました。

         ロディー

 これは前の写真ですが、今は体長35センチ位はあるようです。不機嫌な時や、怒っている時は頬を膨らませると言うのです。昨夜は相当不調だったようです。
 病院で診て頂いたらカルシュウム不足だと言う診断で、何か治療を受けたのでしょうか、元気になったそうです。
 二女が先程やって来ました。世界大会に行く時は預かってねと言うのです。どうしましょ。何かあったらどうしましょ。
 長女は預からないと思うのです。
 
 チビ孫はダブルダッチの世界大会への出場権を昨日獲得しました。ジュニアとして出場できるのは今回しかありません。
 今回のコンテストにジュニアは24チームがエントリーしていたそうです。予選で3位と聞いておりましたので、昨日はどうなるかと思っておりましたら、応援に行っていた長女から優勝が決定したら直ぐにメールで知らして来ました。
 チビ孫はパフォーマンス 同じチームのスピードも優勝しました。チームはクラブジャンプモンスターに所属する「皆跳」です。
 一昨年は優勝したのですが、昨年は二位。世界大会への出場は出来ませんでした。
 メールを見た途端ホットしました。応援に行けませんのに自然に身体が固まっていたのでしょう。
 嬉しかったですね。

 一昨年のパフォーマンスのことに付いてのブログはここでご覧になって頂けます。
 昨年のユーチューブはここから入って頂き、下へと行きますとジュニア二位となってパフォーマンスが出ております。
 ご覧になって頂けると嬉しいです。
 一昨年と昨年との差が良く分かります。今年のはどう演技出来たのでしょうか。
 今回のユーチューブは未だ出て来ておりません。早く見たいです。
 
entry_header

今日の一品と雑談

 蓮根は歯応えが特徴のある根菜ですね。根菜類は牛蒡も人参も大好きです。
 イモ類もまた好きです。兎に角嫌いな物がない私は食生活の面ではそう困ることが無いですね。
 蓮根は一日一回は夫に食べて貰いたいと思っております。
 今日の一品は蓮根その二です。

        蓮根2

 これはかなり薄味です。減塩と同時進行の食ですから、出汁が大事な役割をします。

 この数日友人から電話があり、また近況報告の手紙を頂いたりしました。

 その内容ですが、どれも健康問題です。この数年の間に転倒したり、脳梗塞を病んだり、また癌で手術を受けたりと言うことです。
 その経緯ですが、それぞれ多くの苦労をしたということが分かりました。
 ですが話す言葉の勢いと声の高低で推測出来ることもあります。 
 毎日の生活が声と結びつきます。
 病んでも積極的に前向きに過ごしている方と、何かと不運を嘆いている方の違いです。
 声をこれほど意識したことはこの数日です。
 勿論普通の電話でも、話し方で誠意のある声と、お座なりの声の違いは分かりますが、体調はそれ以上のことを伝えて呉れます。

entry_header

がっかりのパエリア

 先日北辰でムール貝を買って来ました。ネットに入っておりましたが大きさを良く見ていなかったのです。
 出して見ましたら物凄く大きいのです。
 買ったのはパエリアを作ろうと言うことで、他の魚を食べる都合もあって、小分けして冷凍にして置きました。柏高島屋の地下でも貝専門のコーナーがあるのですが、高いのです。
 パエリアは「Kohさん」が作られていたと言うこともあったのですね。

     パエリア  パエリア素

 おおたかの森S・Cにあるタカシマヤフードメゾンでパエリアの素を買ってありました。この右側のですね。
 久し振りにパエリアの鍋を持ち出しました。パエリアということは元々この鍋のことだそうですね。
 まず大きなムール貝を加熱。お湯に入れて口が開くのを待ちました。
 余りに大きいので、冷凍のままでは無理だと思ったからです。
 それが中々口を開けて呉れません。開いた結果がこの貧相なムール貝の姿です。
 それでも鍋に出たスープは一緒に使いました。作り方は普通です。
 お焦げも丁度よく味は良かったですが、もうもうと言う気分でした。情けないですよ。

 このパエリアの素は一合のお米に大スプーン一杯の割合で、五杯分です。
 今回は二杯使いましたから、未だ作れます。サフランが高いので、これで間に合わせました。

 前に作った時はとても良く出来ました。物には適当な大きさとか重さとかがあるものですね。
 再挑戦しなければ。

entry_header

サリン事件とひじき

 地下鉄サリン事件が起きてから20年が経ちました。長かったと思う人、短かかったと思う人、それぞれに強い思いを感じていることだと思います。
 あの日私は霞ヶ関に行きました。ビルの上空は新聞社のヘリと思われるヘリがぶつかりそうに飛んでいました。
 酷い事件でした。当日の聖路加病院へ救急で運ばれた方は640人。聖路加病院の録画は事件の生々しさを伝えておりました。
 その前に発生した松本サリン事件 これはとても強く印象に残っています。これは赤字でご覧になって下さい。

 昨日女学校の友人からヒジキが送られて来ると分かりました。房総のヒジキは有名です。
 最近は人気が高くなり業者が買い取りに競っているそうです。

          ヒジキ煮物

 このヒジキを送って下さる友人は松本サリン事件で亡くなった若い男性の両親の仲人を務めた方です。
 話は上の赤字でご覧になって下さい。

entry_header

蓮根

 蓮根を食べると喘息に効能があると言うので、これは是非作って行こうと思っています。
 昨日から作り始めました。チョッと考えてみますと、料理法を知っているのはさほどありません。
 そこでネットで調べて見ますと、膨大な数のレシピが出て来ました。
 夫は蓮根は好きだから食べると言います。私は偏食ではありませんが、夫はやや偏食。それに薬との関係で食べては駄目な物も何種類かあります。
 好きでない物を口にすることは食べる方にも、作る方にもストレスになるかも知れませんね。
 その点ネットを見て安心しました。

        蓮根1

 これは蓮根を摺り下ろし、鶏卵を混ぜ塩で味付け、フライパンに油を引いて焼いた物です。
 これが蓮根1と記録として置きましょう。

 蓮根はインドから来た物で、孔は普通は8個だそうです。子どもの頃何個かと数えては同じだと不思議に思ったことです。
 産地が近いので、比較的安い物が出回っていますから、使い易い物ですね。

entry_header

どちらでも良い

 昨日 長女が北辰に連れて行くと言いまして、午前11時に出かけました。
 私に元気が出るようにと気に掛けて呉れているのです。
 開店が8時30分です。 日曜日に行ったばかりですので、少し買って来ました。
 先頃 午後4時ころでしたが皮はぎの刺し身が半値でした。
 昨日は早い時間でしたので、良い物が並んでいます。
 店員さんが声を掛けて来ました。
 「先日の小女子の天ぷら美味しかったわ」と言いましたら「作り方が上手だから」と言います。
 「鯵の開き美味しかたわ」と言いますと「焼き方が上手だから」と言うのです。
 お客を喜ばせるのですね。商売上手です。
 「今日はこれがお勧めですよ」と薦めて呉れたのは黒ムツです。

      黒ムツ  黒ムツ二尾

 鯵も形の良いのが魅力でした。一旦鯵をと思ったのですが、黒ムツ二尾1000円は買わずとは行きません。
 瀬戸さんの魚の煮方を知ったので、煮魚になる魚が欲しかったのです。
 この黒ムツは30センチ弱です。今日の夕食に煮ました。美味しかったですね。大きいので二人で一尾。
 魚好きな長女に一尾残して置きました。

 早く行きますと良い物が手に入りますね。閉店近いと良い物が安く買えますね。
 どちらにしても良いですよ。

entry_header

色の多い食事

 老人食の色は茶色が目立ちます。とは言えこれは作る人の好みが反映するのかも知れません。
 最近は緑や赤、黄色などが増えて来ています。

      朝食3月17日  人参ドレッシング

 トマトは朝食の一品に必ず出します。トマトは好きですが、この数年大小様々なトマトが出て来ております。

                三色のトマト

 トマトの大きさは好みもありましうが、私は上の大きさ位のか好きです。味が良いのです。
 夫の喘息のために蓮根が良いようだと知りました。咳止めに良いと知っておりましたが、これが効くのであれば明日から調理しましょう。
 さすれば茶色がまた増えて来るでしょうね。上のドレッシングは熊本のあかちんさんから頂きました。
 元気が出そうなドレッシングですね。赤い色は活性化するのでしょうか。何とか効くと良いなと期待しています。

entry_header

友人の退院と猫の話し

 2月4日に左膝関節の手術を受けた友人が今月10日に退院出来ました。
 入院したのが1月下旬で、退院までほぼ一ヶ月掛かると話しておりました。
 手術後一ヶ月とは行きませんでした。入院中はメールで話しておりました。
 添付の写真は二人の共通のものを送っておりました。
 初めは好きな食べ物を送りました。これは反省しております。
 病院食は何処も同じでしょうか。塩分が控えてありますね。彼女はお醤油が少し欲しいと返事が来ました。
 それから、トカゲの写真などに替えて送りました。
 10日の夜 電話が掛かって来ました。退院出来たわよと元気な声を聞き安心しました。
 彼女の好きな牛そぼろ山椒を作り送りました。

        牛そぼろ山椒

 入院した病院は都内では下町の大病院です。管理が厳しいようで、ネットで見ましたら、見舞いは家族だけに限定。
 それも用が済んだら直ぐに帰るようにと書かれております。夫が長女に一緒に行って貰いなさいと言いましたが、家族でないので、失礼をしていました。
 手術は大分大変だったようです。入院している方は下町と言うことで、気取らない雰囲気だったそうです。

 話しの中で初めて聞く話しが出て来ました。猫に噛まれたことで手術を受けたと言う方のことです。
 その女性は飼い猫が行方不明になり、野良猫を連れた来て飼っていたそうです。その猫に噛まれ急いで病院に来たそうです。前から糖尿病で通院していたそうです。そして直ぐに切開し噛まれた周辺の治療をしたそうです。
 
 生徒さんの一人は猫を飼っています。でその話を聞きましたので、これこれ云々と言いましたら、さすがに良く知っておりました。
 爬虫類の研究者で有名な方が、猫にかまれ敗血症で亡くなったと話して呉れました。
 そこで猫に噛まれ無いようにしないといけませんね。愛猫の甘え噛みに要注意と言うものを見つけました。
 参考に貼って置きますね。
 猫の好きな方は多いようで猫の本や猫グッズのお店も沢山ありますね。
 直ぐ下の妹も子どもの頃から好きです。

entry_header

北辰は楽しい

 今日は長女が北辰に連れて行って呉れました。
 長女も魚大好き女です。
 午後は生徒さんが見えるので、午前中に買い物を済ませて帰って来ました。


     北辰鯵開き  北辰貝類

     北辰黒瀬ぶり  北辰生コウナゴ

 店内に入り、魚を眺めておりますと、どれもこれも買いたくなります。目が欲しくても買うのは無理です。
 入り口にいる店員さんは私のことを覚えて下さっているようです。
 「今日はこれが良いですよ。この時期一時の物ですからね。天ぷらが良いね」と小女子を勧めて呉れました。
 私は今まで買ったことがなく、下のスーパーでも見たことがありませんでした。
 一パック買いました。

               コウナゴ天ぷら

 夕食に大葉入りの天ぷらを揚げました。岩塩を少し振り、レモンを絞って食べました。
 サクサクとした歯応え 美味しかったです。全部揚げるには多すぎますので、半分は釜揚げにしました。
 明日の朝食に食べましょう。
 今日は鯵開き、香味炙りブリ、ムール貝を買いました。ムール貝は冷凍に、鯵開きも冷凍に、ブリは握りにしました。

               炙りブリ

 夕食はこの二品(1000円程)と残り物で済みました。安くて美味し物。それも好きな物。良いでしょ。

entry_header

昨日の話

 昨日の朝 どうも夫は起きたくない様子 喘息の症状が出ております。
 私は何時もの通り8時に朝食を済ませ、起きるのを待っておりました。
 9時過ぎに起きて来ましたが、食欲は余りないようです。
 起きて来ない間に喘息に関することを検索し、その中で大根おろしの汁に蜂蜜を混ぜて飲むと良いとでておりました。
 普段朝夕2回 田七人参の粉末と蜂蜜を合わせて飲んでおりましたが、田七人参を暫く止めて大根汁にして見ようと考えました。
 昨日朝からそれを用意し、飲んで貰いました。蜂蜜は瀬戸さんから送って頂いております。

         田七人参

 一昨日来た生徒さんから胸の呼吸法を教えて頂いたので、それも実践するように話しました。どうもそれは始めたようです。
 老人にには健康が最大の課題です。

 10時に中国語の老師がお見えになりました。老師と話しておりますと、何となく元気になります。
 昨日は大きな大きな干し棗を頂きました。これを茹でて食べると良く眠れると言うのです。また睡魔が襲うと言うのです。
 昨夜試しに食べて見ました。普段でも大体9時ころ睡魔に襲われますので、効果は分りませんが、夫に起こされるまで椅子に坐ったまま眠って仕舞いました。

 11時半に二女が柏のユザワヤに行くと言うので、一緒に出かけました。いつの間にか丸井の中に移転しております。
 チャイナドレスに必要なテープがあり、購入して来ました。
 午後1時半に帰宅 夫と二女と昼食。

 昨日昼に瀬戸さんからお願いした味噌と蜂蜜と一緒にニシンの醤油漬けが同梱で届きました。
 新鮮なニシンが手に入ったと言うことで下さったのです。早速夕食にと焼きました。

         ニシン醤油漬け

 ニシンの皮が光っています。皮と言うより肌と言いたいですね。身は軟らかくとても美味しく頂きました。
 夕食前に大根おろしをたっぷり摺り下ろし、汁を少し取りよけて蜂蜜を混ぜて夫に飲んで貰いました。
 出来るだけ元気で過ごしたいと思うのがこの頃の二人の話題です。

entry_header

実験ミルサー

 徳島のちゅんごさんがミルサーで出汁用の粉末を作っていました。
 私も作って見たいとネットで買いました。出汁を取ると昆布が沢山出ます。鰹の削り節も出ます。
 昆布は煮物などで再利用したりしますが、食べ切れません。両方を合わせて粉末にすれば一挙両得ではありませんか。

      ミルサー  ミルサーで出汁の素

 左はミルサーです。右は昆布と削り節を粉にして合わせたものです。
 娘にも上げたいと作って見ました。 これは作り方は簡単です。
 
 でも説明書はやっと見ました。理解するまでは簡単ではありません。情けないこと。
 
 問題は使用量と合わせる場合は割合ですね。
 今回は見た目には等量です。味噌汁の場合は上澄みに昆布が浮き上がって来ます。
 すまし汁や煮物の種類によっては普通の出汁の方が良いかも知れません。
 お好み焼きに入れるとか、焼きそばに使うとか、またフリカケを作るのには良いのではと思っております。
 色々と考えるのも楽しみです。実験で食べ過ぎそう

entry_header

水蛸のしゃぶしゃぶ

 富山の瀬戸さんから先月水蛸を頂戴しました。早速刺し身で頂きました。初めての経験です。
 二パックの水蛸の内一パックはしゃぶしゃぶ用にとなっておりました。
 冷凍をして置きましたが、食べるのに二人では多くて食べ切れません。
 長女母娘が食べると言いますので、夕食に向けて解凍しました。

     水蛸1  水蛸2

 解凍してから良く見てみますと、とても沢山あります。四人でも多いくらいです。
 夕方娘から電話が入り、一緒に食べるのは無理だと言うのです。先に食べて置いてとなったのです。
 で娘に白菜を貰おうと思っていましたが、それがなし。であるものを切り、二人で食べられる量を準備しました。

     水蛸4  水蛸3

 これで良いのですが、始める前に一騒ぎ。コンロをだして、ガスボンべを探したのですが、見当たりません。
 前日にでも出して置けば良かったのですが、泥縄です。私が少々不機嫌になって来ました。夫も何となく困った表情をしております。
 下のスーパーに卓上コンロがあったような気がしましたので、急いで見にゆきました。ですがボンベはありません。
 「あれ?若しかしたらバーナーで使ったのがあるかも」と戻って来ました、あるのですよ。新しいのも一緒に置いてありました。全くですよ。
 そしてやっとと思いましたら、今度はバーナーの差し込みが間違っていて、点火が上手く行きません。
 あの地震以来初めて出したのです。使い方を忘れいたのです。しょうがない老人二人です。

 しゃぶしゃぶのタレには瀬戸さんのメールにあったようにポン酢にモミジオロシで頂きました。
 さっぱりとして美味しかったです。
 先程娘が来ましたので、持ち帰った水蛸の感想を聞きました。美味しくてぺろっと食べて仕舞ったよという返事です。
 瀬戸さんには珍しいものを頂くことが多く、何時も美味しく感謝をしております。

entry_header

あれから4年

 東日本大震災から4年が経ちました。
 この災害のもたらした被災地の方々への物心両面への打撃。
 語り継いでも語り継ぎきれない多くの事柄に胸が痛みます。
 それを伝える画像も記事のニュースも切なくなります。

        飯館村

 これは昨年飯舘村に行かれた方が写した写真です。
 大きな袋が積み上がられています。一包が2噸近い重さだそうです。中身は除染した廃棄物だそうです。
 この堤のように見える袋が飯舘村のあちこちにあるのだそうです。
 一体これが片付くのは何時になることでしょう。

        朝食3月11日

 新聞には関連記事で溢れています。復興未だまだ進んでいない様子。避難民は23万人と書かれています。
 様々な問題が山積しているのですね。地元の方々のもどかしい気持ちは如何ばかりかと思わずにいられません。

entry_header

70年前のこの日

 あの3月11日を前にして、この数日は東関東大震災のことをテレビは報道しております。
 それと並行して70年前の東京大空襲のことも紹介しております。
 この日が来る度に私の頭に浮かぶのは夜中に眺めた遠くの東京の空です。
 昨年も書きました。
 この日の事だけではなく時々東京へ向かうB29の編隊の爆音が耳に蘇って来ます。
 轟音と言って良いでしょう。
 東京大空襲の後からはB29は高度が低くなり、昼間には東京湾を北上する編隊は帯のように並んで北へと向かいます。
 そして艦載機による襲撃は毎日のようにやって来ました。
 空襲が激しくなる前、女学校では道路から校門までの敷地の両側に防空壕を作りました。いざと言う時にはそこにクラス毎に座り込み避難します。
 防空壕を作るために学校から材木を運びに行きます。松の生木の丸太を二人で一本担ぎ、学校まで戻って来ました。

 辛いことでもありましたが、命を守るためには頑張ってゆかねばなりませんでした。

 様々な記録がありますね。何点か取り上げて置きます。昨年の中にもありますので、ご覧になって下さい。
 
 東京大空襲   昭和毎日  空襲の記録 

          焼け跡

 東京大空襲では一夜にして東京の下町は廃墟のような姿に変わり果てました。

entry_header

久し振りの映画

 今日は一日中肌寒くハッキリとしないお天気でしたが、長女が連れて行って呉れると言うので映画を見に行きました。
 タイトルは「妻への家路」です。
 長女と私は12時からこの映画を見ましたが、孫は同じところで別の映画を見ました。
 映画を見終わり、3人で遅い昼食を済ませて帰宅。

            妻への家路

 映画は傑作という評価を得ているようです。簡単には説明出来ませんので、ニュースファッションに描かれているのでご覧になって下さい。
 
 原題は「帰来」 監督 チャン・イーモウ 
           出演 チャオ・ダオミン  コン・リー  チャン・ホエウェン

entry_header

同じような物

 食事のことを考えるのは頭の体操だと思いはしても、中々変わった珍しいものは作れませんね。
 残り物を消化しないといけません。
 先日アスパラを使いましたが、半分残っていました。でそれを使いまた同じような物を作りました。

        ハンペン

 アスパラを敷き上にハンペンを切って載せます。マヨネーズにゆず味噌を少々混ぜてその上から掛けます。
 オーブンで焼き、出来上がったらドライパセリを振りかけます。パセリは自家製です。

 昼はもずくが残っていましたので、もずく入りのラーメンを食べました。
 スープは出来るだけ飲まないようにします。オキナワモズクは太くて良いです。
 支那竹は戴き物を自分で炒めて作った物です。味は薄めです。

        もずく載せラーメン

 ラーメンは市販の物を使っています。老師の打った麺は美味しいのですが、頂いてありませんでした。

 そして朝です。朝食は毎日ほぼ同じですね。今日は鯵の開きを焼きました。夫は片身だけ食べました。
 北辰の開きは新鮮ですので、買って来ましたら直ぐに冷凍にして置きます。

        朝食3月8日

 きんぴら牛蒡も細く切ります。若い時と違い、細く切らないと噛むのが大変なのです。
 ですから細かく切る、軟らかく煮る、刺激の強いものは避ける。それが今の食生活でしょう。

entry_header

女子大生アイドル

 今日明治大学から広報が送られてきました。
 今年の入学志願者は9年連続10万人を超えたそうです。先日ネットで見ました時今年のトップは昨年と同じ近畿大学と出ておりました。明治は二番目となっていました。
 今回の広報で知ったのですが、女子大生アイドル日本一決定戦なるものが開催されたと言うのです。
 吃驚しましたね。

       UNIDOL.jpg

 その決定戦で明大の「Copia」がグランプリに輝いたと言うのです。
 私も流石に年齢を感じましたね。年齢の隔たりだけではなく、時代の変化ですね。
 
 ですが知ったので、もう少しどういうものかを知りたいと調べて見ました。
 Web上で紹介されているのがあるのです。
 これは何時まで見られるのか分りませんが、この赤字からご覧になって下さい。

 昔の明治の女子部の学生の写真があります。1948年のものです。
 女子部は正式には明治女子専門学校と言います。

       女子部角帽194

 この年 学校は4月の入学式後直ぐに休講となりました。食糧難のために6月から授業が始まりました。
 ですから夏ですね。アイドルとは全く違う姿です。参考のために載せて置きます。
 感想はどうでしょうか。

entry_header

偶然

 今日の昼 所要があり柏まで出掛けました。用が済み帰宅する途中我孫子駅改札口で何やら書類を袋に仕舞っている方が目に入りました。
 「生田先生?」と声をお掛けしました。 「ま~持永先生」と驚かれたのです。
 時々お会いし勉強させて頂く生田先生でした。吃驚しました。

 昨日夕方明治大学学生相談室の事務長さんから電話を頂いていたのです。
 そのことを生田先生に報告をし、ご了解を頂かなければと思っていたからです。

 「どうしてこちらに」とお聞きしたら「確定申告をしに行きました」と仰るのです。
 「ここで降りるのですか」 「そうです。エスパに車を置いてありますから、そこで買い物をしてから帰ります。ご一緒に出ましょう」となり改札を出ました。
 「丁度ご報告をしなければと思っていた事があるのです」 「それではどこかでお茶でもしましょうか」
 「そこのモスバーガーはどうでしょうか」 「あるのですか」
 「そうですよ。我孫子はチョッとお茶と言うところが南口のドトール位しかないのですよ。北口ではここだけですね」
 
 私はモスバーガーのハンバーガーは2回ほど買って帰ったことがありますが、店内で食べたことがありません。
 先生はハンバーガーを召し上がりました。私は柏で食事を済ませていましたし、コーヒーも飲んだ後でしたので、烏龍茶にして頂きました。ハンバーガーが来ましたので、写させて頂きました。

        モスバーガー

 生田先生と坐ってはチョッとがチョッとと言うことにはなりません。何時ものように話題が色々と出て来ます。
 勿論私からの報告は最初に済み、今年の志願者数のこと。昔の学生相談室のこと。ブログ本の話や、健康法に付いても話が出ました。
 チョッとは約1時間半 私はモスバーガーを出て失礼し、東武ストアーで買い物を済ませバスで帰宅。
 まさかお会いするとは思ってもいませんでした。

 
entry_header

昨日の話しの続き

 今日は病院のハシゴ 先ず10時30分に眼科、それを済ませてからペインクリニック内科
 夫が白内障の手術を受けるために、事前の検査を受ける日でした。受診に一緒に付いて行きました。
 私が先だって予約を入れてありました日 予約してあっても実際に検査をするまでに大分時間が掛かりました。
 そこで10時5分頃に病院に到着 それでも待合室は人で一杯です。 
 座席は直ぐに空きましたので、そこに坐って待ちました。
 患者は殆ど高齢者 それも8割方は女性です。そう言うことで待合室は静かです。

 夫は検査で瞳孔を開いた所為か、目の前が良く見えないようです。

 娘に迎えを頼んでありました。11時50分に病院の近くに来るようになっております。次の病院は12時の予約です。

 夫の診察が終わり、ビルの外へ出て、打ち合わせてあった場所に行きましたのが丁度娘が到着したところでした。

 直ぐに次の病院に直行 予約時間に間に合いました。

 ペインクリニック内科は二人共診て頂いております。診察室には二人一緒に入ります。
 
 そこで夫が最近のことを説明し昨日の受診のことも申し上げました。
 先生曰く 「人は60歳を通過する時に健康に変化が起き、70歳の時も起きます。80歳過ぎているのですから丈夫で健康面ではエリートですよ」と説明をなさいました。
 
 昨日から夫の様子に変化が起きています。医師の言葉がきっと良かったことでしょう。

 昨夜は牡蠣とアスパラのオーロラソースのグラタン風を作りました。

          牡蠣とアスパラオーロラソース

 昨年から食器の後片付けをしていた夫 数日前からチョッと休んで貰っていました。
 それが昨日はこの料理を気に入り、食器を洗うと言うのです。良いことですから任せました。

 ※ 牡蠣は軽く湯ぶり 皿にアスパラを敷き、牡蠣を乗せます。その上にトマトケチャップ・マヨネーズ・ソースを混ぜ合わせて掛けます。その上に溶けるチーズを乗せて焼きます。簡単で美味しく出来ました。

entry_header

新しいテーマ

 この数日 夫の体調がおかしく、それが何を差すのかが分りません。
 元々心臓も悪く、喘息もありますから、「あれかしら。それともあれかしら」と言いながら時間が過ぎて行きました。
 若しや血圧が関係しているのではと計って見ましたら、高いのです。
 数ヶ月前に血圧が下がり、薬が要らなくなっていました。
 それでもこう高いのは良くないと、早速昨夜から減塩を始めました。
 今までも薄味にと調理をしておりましたが、一段と減らそうと言うことですね。

 私に新しいテーマが与えれたと言うことではないかと思いました。

        舌平目

 舌平目が二枚で400円です。これをムニエルにしました。薄塩でオリーブオイルのみで作りました。
 減塩バターもありますが、出来るだけ身体に良い方法で作ろうと思ったことです。
 薄味でしたがレモンで補います。焼きも確りと焼きました。焦げも味を助けます。
 付け合せの野菜は塩を一摘み入れたスープでゆでただけ。全体にムニエルもどきと言うのでしょう。

 夫は今日の午後診察を受けに行きました。次回の健康検査を前倒しにして調べて下さいました。
 特に問題は無いようで、薬が変わりました。診察の際先生から塩分を控えるようにと言われたそうです。
 これは相子食堂の新しいテーマです。
 新しいことが起きたということ。私の気分に合っています。減塩をどのように進めて行くのか。
 減塩でも美味しくと言うことですね。何でしょうね。この私張り切っていますよ。

 今朝も減塩です。昨日の野菜も残してあります。煮物も薄味にしました。 こんな物です。

       朝食3月4日

 これからはより一層身体に良い物を作らなければと思っております。
 頭の体操は自分にも良いことだと思えば苦にならないでしょうね。本当かしら。

entry_header

鯵って凄い

 鯵を二尾買って来ました。今までは生で刺し身にしたり、タタキにしたり、煮たり焼いたり、偶にフライなんていうこともありますが、先日テレビで鯵のりゅうきゅうと言うのを見ました。
 このりゅうきゅうと言うのは大分県の郷土料理のようです。
 呼び方の由来に沖縄から伝わったということも出ておりました。

        鯵りゅうきゅう

 鯵を三枚に下し、皮を引き、小骨を丁寧に抜き取ります。それを細かく刻み、酒・醤油・味醂を掛けます。
 一緒に生姜の摺り下ろしと小ネギを加え、いりゴマも合わせて、混ぜあわせ暫く冷蔵庫で冷やします。
 食べる直前に冷蔵庫から出して盛り付ければ出来上がり。 誠に簡単です。

 で鯵って一体どういう形や味に仕立てられているのかしらと[あじ]料理レシピ一覧を見ました。
 あることあること、これを一品ずつこなしても相当なお料理が出来ます。
 更にこれの応用や組み合わせを考えればどれほどになるのでしょうか。鯵は庶民の味方ですね。

続きを読む ▽

entry_header

キンメ鯛

 昨日北辰の店頭で見たキンメの立派なこと。一尾買いたいな~と思ったのですが、他のものも買いたいので、グッと堪えて片身を買いました。
 昨日の夜 頭と粗は味噌汁にしました。 先に焼きます。それから汁に仕立てます。美味しいですよ。

       キンメお椀

 今日は煮付けにしました。これは富山の瀬戸さんの煮魚を見習い煮て見ました。
 とても美味しかったです。

       キンメの煮付け

 私は今まで醤油・砂糖・酒と水で煮て、その煮汁に出汁を足してゴボウを煮ました。
 それがゴボウまで味が違うのですよ。夫もとても気に入りました。
 見習うと言うことでこうも美味しく食べることが出来るのだと感心しました。これからはこれで行きましょう。
 瀬戸さん有難うございました。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog