FC2ブログ

2015-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

戦後70年の絆

  親しくさせて頂いている元明大教授の中島公子先生からメールを頂きました。

 『4月24、25、26日の3日間、秋田へ行ってきます。
 70年前、女学校1年と2年の生徒に教師109名が、農業動員ということで、担任の先生の郷里である秋田の農村に疎開しました。
 私は1年生でした。戦後この村との交流がつづき、109本の桜の木を植樹してその絆を記念してきました。
 いまは由利本荘市というのですが、今回、桜の時期に、70周年の記念行事をしてくれることになりました。
 そのなかで、京子が『「小さいおうち」とその時代』という題で講演をしたり、皆が泊った大蔵寺というお寺で、この70年間になくなった関係者を供養する法要が行われたりすることになっています。』

 先生が秋田に疎開したことは前々からお聞きしておりました。それでこのお出かけはどうだったかしらとお聞きしました。
 すると下記のような様子だったと分かりました。

 『由利本荘市でのイベントのこと、京子のところへ来た由利本荘市教育委員会からの新聞記事つきメールを、そのまま転送させていただきます。
 京子の講演は600人の高校生を含む1100人席の大ホールほぼ満席の大盛況で、昭和5年から20年までの日本の庶民生活の移り変わりを映像を交えてたどる内容でしたが、世相を反映した過去の歩みに関心が集まりました。すでに専修大学、鹿児島大学などで講演して好評だったものです。
 また翌日の疎開地での「平和の集い」のイベントには地元の小学生が参加して、グループに分かれて座談会を行ない、そこでも子供達がお婆さんたちの話に熱心に耳を傾けてくれ、70年も経った時点で、このようによい企画を実現してくださった地元の方々に感謝のほかありませんでした。
なお、京子の昨年作『かたづの!』(集英社)が、一昨日二つの賞を受賞しました。

①河合隼雄物語賞      朝日デジタル版
②歴史時代作家クラブ賞  
 この小説は、日本に唯一人実在した女大名を題材にしたもので、昨年末TBSの「王様のブランチ」で年間大賞を受賞したものです。』

 と言うようなことで新聞の切り抜きをしました。新聞は縮小版で見難いので、貼りあわせました。
 是非クリックし大きくしてご覧になって下さい。

     読売  河北新報

     秋田魁1  秋田魁2

 疎開した秋田県由利本荘市石沢地区という所 先生が疎開した時は由利郡石沢村だったのです。

 この疎開に関連した記事をネットで見つけました。 これは「石澤 絆の茂里」と題する一遍です。疎開した松田道子さんと言う方のものです。
 もう一つは秋田県立本庄高校東京同窓会のHPに掲載されたものです。これも「石沢絆の茂里」を画像入で紹介しております。 
  この中で公子先生のお名前も出ておりました。

 戦後70年 様々なことが問題になっております。私も戦後の歩みを反芻する日々が続いております。

スポンサーサイト



side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog