2015-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

刺し身の残りと魚屋の札

 高齢者の食生活は昔と随分変わって来ております。特に最近はタンパク質 肉や魚も食べるようにと言われております。
 大豆製品も食べますが、夫は納豆は薬の関係で食べません。
 私は自分が魚好きですので、毎日何かしらの形で魚を食べております。
 夫は魚よりは肉ですね。で公平にそして栄養と言うことで、夕食は肉と魚を交互に使うようにしております。
 肉は火を通しますから、残り物はそれなりにリメイクし、翌日の昼に食べるようにします。
 刺し身は残しても味は落ちますので、寝る前に醤油と味醂を注ぎ、翌朝に焼いて食べます。

     鰹生姜焼き  鰤つけ焼き

 左ですが、鰹の刺し身に醤油・味醂と摺り生姜を合わせて漬けた物です。 
 右は鰤の刺し身に醤油・味醂を合わせて漬けた物です。
 醤油の微かな焦げは朝の空腹を刺激し、美味しさを感じご飯に合います。

 今日の夕方下の魚屋に行きました。
 秋刀魚が目玉だったのか売り切れております。
 秋刀魚のケースの横に目立つような札が出ておりました。

              魚屋のタカナシ

 この札を見ますと「タカナシ」と名前が書かれております。このタカナシさんがあの魚料理に詳しそうな方なのかどうかが分かりません。今度店頭に出ていましたら「タカナシさん」って声を掛けて見ようかしら。
 あの下を向いて声を出していた方とは違うと思うのですよ。あの小父さんは全く見なくなりましたからね。

entry_header

しば漬けと雑談

  毎日のように訪問してくださり、またコメントも寄せて下さるpaganiniさん
 ブログは早朝にアップされているようで、感心しております。
 先ごろ自家製のしば漬けを紹介なっさっておりました。そこで私も作って見ました。

      しば漬け自家製  しば漬け1

 先ず最初 左のです。胡瓜・茄子・みょうがを切り、梅酢に漬けました。どうも今一つと言う感じです。
 そこで初めに軽く塩を振り、重石を掛けて半日置き、それを絞り梅酢と味醂を半々に合わせて漬け込みました。
 右の物です。色は赤紫蘇色にはなっておりませんが、風味も味も良くなりました。
 ですがもう少し研究することが要りようです。食べ終わったら再度作って見ようと思っています。

 先日夫の頼んだメガネ 予定の日には受け取れず、今日の昼に受け取りに行きました。
 どんな顔になるのかと思っていましたら、枠は前のをそのまま使うことになっていたのだそうです。
 色々と枠を見せて頂いておりましたから、てっきり新しいのに決めたと思い込んでいました。
 メガネを受け取り、近くのはなぜんと言う和食店で昼食を食べました。
 本来鮨店の店ですが、夫は天ざるそば 私はニシンそばと鮪と穴子の握りを1貫ずつ。

      花ぜんにしんそば  鮨2貫

 夫は食べ終わると「家で美味しいのを食べているから、矢張り店のより家の方が良いな」ですって。
 上手ですよ。煽てに弱い私 心を読まれています。

entry_header

香りの良い薬味

 薬味は毎日何かしらで使っております。
 味噌汁に落とす吸口 刺し身のツマ 天ぷらや麺類に使うねぎや生姜 ま~色々とありますね。
 柑橘類もこの時期スダチも良いですね。
 夏から秋に掛けてみょうがや紫蘇なども沢山使います。

 先だって富山の瀬戸さんがみょうが飯とみょうが蕎麦というタイトルで如何にも香り良さそうな薬味を作っておりました。
 早速昨日の昼に刻んで作り素麺に入れて食べました。瀬戸さんは蕎麦に入れていましたので、蕎麦は別の日に食べようと思っております。
 とても美味しく、身体まで元気になって来るような感じです。

             茗荷と青しそ薬味

 我が家ご飯は毎日は炊きません。今朝は炊く日でしたのでご飯でも食べてみました。

    茗荷・紫蘇・鯖の薬味  茗荷・紫蘇ご飯

 左のお皿はみょうがと青しその薬味と細切り生姜、それと塩さばの干物に煎りゴマです。
 右はお茶碗に載せた薬味です。これを混ぜながら食べました。う~んって自分で香りを一杯吸い込みました。

 瀬戸さんはみょうがと紫蘇を細く切って水に放し、それをガーゼや晒し木綿でブンッと振ると言うことを強調されております。
 私が使ったのは、手元にある漉し袋です。これは使い道が色々あり、一枚作って置きますと便利です。

              晒の袋

 漉し袋は手ぬぐいで作っても良いですが、の方が見やすくて良いと思います。
 晒を手ぬぐいの長さ位に切ります。それを二つ折にします。
 折った晒の両縁を1センチほど二枚合わせて折ります。その1センチの真ん中を木綿糸で縫います。
 それだけで出来ます。上の写真をご覧ください。
 使い方ですが、折り目のある方を表にして、水を切るものを入れます。そして振ります。薬味の水が綺麗に切れます。
 使った袋は裏返して洗い、また表を出して干します。良く干して仕舞います。

entry_header

牛すね

 一階のスーパーのお陰で風雨にも関わらず買い物にゆくことが出来ます。
 魚屋の品物が少しずつ変わって来ております。声を出さない小父さんは最近姿を見せません。
 私の行く時間帯にいないのかどうかは分かりません。少し前に見えなくなっていた魚に詳しい小父さんがまた姿を見せています。 
 何だか訳が分からず、不思議です。
 
 魚屋の北側は精肉店です。毎日特売品が出ます。
 特売品も残ると半額になっております。数日前牛すね肉が半値になっており、それが国産牛ですので3パック1500円で買って来ました。肉の塊がとても具合の良い大きさです。

 先ず全部一回圧力鍋で煮ました。肉の周囲をバターで焼き、鍋に入れて水を注ぎ、10分加圧。
 減圧したら灰汁を取り除き、再度加圧 30分 とても柔らかくなっています。
 一回で食べるのには多すぎますので、2回に分けて食べました。

     牛すねシチュー  牛すねポトフ

 一日目はシチューにしました。 続けて食べるのは胃に重いので、一日置き昨日はポトフにして食べました。
 長女が来ましたので、ポトフ食べる?って聞きましたら、食べるよっと自分で鍋からよそって来ました。
  
 「バターを使っているね。良い香りがするよ」と言います。
 私は自分で作っていながら、最近は鈍感になって来ております。
 ですが段々安く良い物に関心が移り、自分で凄く買い物上手になってきたな~って自己満足しております。

entry_header

酢モツ

 博多名物だと言う酢モツ 逸見さんのブログで初めて知りました。
 とても美味しそうですが、材料が良くないと駄目でしょうね。
 そのうち小柳さんに行った時に買って呉れば出来るだろうと考えておりました。
 
 昨日カットの時間までカートを押しながら、エスパの食品売り場を30分ほど眺め回りました。
 鶏肉コーナーに綺麗な新鮮そうな鶏皮と砂肝のパックが出ています。
 カットを済ませ、売り場に直行その皮と砂肝を買って来ました。

       酢もつ2

 材料をそのまま熱湯で茹でます。それを水に取り洗います。
 細かく切り、ポン酢を掛けて混ぜます。今日はレモン汁も入れました。
 器によそい小ネギを散らして出来上がり。酒肴に合いますね。

 夕方家に来た長女に「鶏皮や砂肝にポン酢を掛けたのよ」と鉢を見せましたら「酢モツね。どこかで食べたことがあるよ」
 「じゃちょっと摘んでみて」と勧めました。箸をとり口に入れた娘「美味しい。上等!」と言って呉れました。

 食に保守的な夫も美味しいと抵抗なく食べて呉れました。
 これは簡単で皮だけでも良いようです。
 良い皮があれば直ぐに出来ますね。
 
entry_header

予想外でした

 近所の大型スーパーと言えばイトーヨーカドー我孫子店なんですが、多くの方がエスパと言います。
 以前はイトーヨーカドーグループになっていたと思いますがエスパと言う店舗でしたので、そのほうが親近感があるのでしょうか。
 我孫子にはもう一店あるのですが、それは南口店と言うのですね。元はそこがイトーヨーカドーだったので、人と話す時エスパの方が分かり易いのです。
 そのエスパの一階に髪のカット専門の店があります。
 受付が9時半 開店が10時 ですから9時半前に店頭に行きたいのです。
 歩くには歩道橋を渡るのが辛いので、バスで近くまで行き、それから店内に行きます。
 
 昨日から明日は雨だからカットに行こうと決めており、朝食後支度をして出掛けました。
 受付順になりますが、その日の担当者の数に合わせておおよその時間が分かります。
 今まで2回転目になったことは何回もありますが、今日は4回転目です。
 帰るつもりはありませんが、待つのも時間が長いですね。
 売り場を一周りして、早々と店内に入り、雑誌に目を通しておりました。
 順番が来ました。担当は女性の方です。

 「今日は空いているかと思って来たのですが、びっくりしましたよ」
 「雨の日は混むんですよ」 人の思うことは同じなんだ。
 彼女は続けて「夏休みの土、日は空いているのですよ。それと暑い日は混むのです」 分かる感じです。
 これは覚えて置きましょうね。

 「お客様 髪が多いですね。それに確りとした髪ですよ。少し短くしましょうか」
 「そうですか、。じゃそうしてください」  ちょっと良い気分 単純です。

 「昔ね。パーマを掛けた時、電気コードが伸びて来て髪の上でクリップで挟むのよ」 老人です。直ぐ言いたくなります。
 「資料で見たことはあるのですが、初めて聞きました」 そうでしょうね。世代が違いますよ。
 「そうですか。あれって重いのですよ」 「ええ?重いのですか」
 「上から線がぶら下がって来るでしょ。重く感じるのですよ」
 「勉強になりました」 これで済ませば良いのにね。
 「母がパーマを掛けるときはどういう方法かは知らないのですが、炭を持って行ったのですよ」 一緒に行ったことがあるのです。
 「戦時中はねパーマネントは止めましょうなんてスローガンがあったのよ。そんなこと聞いたことないでしょ」 ちょっと知ってほしいな~ってね。
 「聞いたことないですね」 「そうでしょ」

         昔の電気パーマ

 上の写真はWeb上でお借りしました。これをご覧になるとお分かりになると思いますが、いくら上で吊っているとは言え、重く感じますよ。
 初めてパーマを掛けたのは新宿三越の美容室でした。確か4,5百円だったと思います。高かったですね。
 月の生活費が3000円位の頃ですからね。

    色がないので今日の朝食を載せて置きます。

      朝食8月26日

 月曜日の新聞に1945年8月15日(負けた日) に10歳以上だった人は現在人口比で8%だそうです。
 これは80歳以上の人と言うことですね。
 こういうことを知りますと古いことは機会があれば話さなければねと思う私です。

entry_header

鯒のカルパッチョ

 今日の午後、久し振りに北辰に行きました。明日がお休みと言うからでしょうか、早々と値下げをしております。
 それと台風の影響で海が荒れているのか、何時もより魅力に乏しい店内でした。
 ストックするための塩干物を少し買い、後は今夜のために鯒の刺し身を一パック買いました。
 鯒は税込みで537円 半額でした。

          鯒のカルパッチョ

 既に刺し身に切ってありましたので、お皿に盛り付け、塩胡椒を振り、レモン汁とオリーブオイルを掛けて終わり。
 楽ですね。
 前にも書きましたが、歳の所為か魚は生より、火を通したものか、カルパッチョのように風味付けした物が食べ易くなっております。
 は夏の魚ですね。活きの良い時には洗いにもしますが、洗いはとても美味しいです。
 海辺の街でもありませんし、高級な物を買うほど贅沢は出来ません。
 此れ位ですと気軽に食べられますね。今日は良い物が手に入りました。

entry_header

今日の一品と雑談

 暑い日が続いており、夕方一階のスーパーに行きますと、久し振りの方にお会いしたり、良い情報を耳にしたりします。
 数日前元気者のお友達が買い物をしておりました。
 「今日は 今夜のお料理はお決まりですか」と聞いてきました。
 「何にしようかと考え中なのよ」
 「私いまお豆腐を買うことにして持って来たの。冷凍すると高野豆腐のような煮物が出来ますよ。今日のような特売の日に買って作るのですよ」と言います。
 「どうやって作るのですか」とお聞きし、教えて頂きましたので、私も豆腐を買いました。
 
       豆腐冷凍

 彼女の説明によりますと、豆腐は絹こし それをパックのまま冷凍 数日置いてから自然解凍
 解凍した豆腐の周りの水を捨てて、適当な大きさに切り、たっぷりの煮汁でゆっくりと煮ると良いとのことでした。
 実際に作って見ましたら、食べやすいのです。高野豆腐のような柔らかい歯応えです。
 豆腐も時々煮ますよ。ですがこれは中々良いです。
 老人向きと言っても良いかしら。彼女は高野豆腐は買わないそうです。この方法で作って食べているからだそうです。

 ネットで見ましたら、結構冷凍すると言うことは知られているようです。
 情報はある時突然知ることって多いですね。この豆腐の冷凍もお友達とお会いしたからですね。

 矢張り夕方 スーパーの前で同窓の女性の方とバッタリ 彼女は別棟にお住まいです。
 滅多にお会いしませんので、ベンチにj腰を下ろし、ちょっとお喋り
 私が「モスバーガーに行ったのよ。あれって食べるのに大口を開けないと駄目。
 バーガーを食べるってアメリカ文化ね」と夫と食べた様子を話しました。
 彼女「私はセントラルに行った時モスに寄って食べるわよ。私は切って貰うのよ」と言うのですね。
 良いことを聞きしました。今度店内で食べる時は切って貰いましょう。
 地元の方との交流は生活の上でも大いに役に立ちますね。 

entry_header

炊き込みご飯と孫のダブルダッチ

 昨日妹が来ましたので、昼にベビーホタテの佃煮を炊きこみご飯にしました。
 既に濃い味になっていますので、醤油は普通の炊き込みの時の半分 それに日本酒少々
 出汁を規定の量まで注ぎ、スイッチオン
 簡単に出来ました。

     ベビーホタテ佃煮炊き込み  ベビーホタテ佃煮ご飯

 鮨飯は普段炊く時に多く炊き、それに酢を切り小分けして冷凍して置きますが、炊き込みご飯は二人だけの時は先ず炊きません。
 人数が多い時に炊くのです。昨日のもそんな訳で炊きました。これは予想以上に美味しく出来ました。

 妹が来ましたので、孫のパリでのダブルダッチのYouTubeを見て貰いました。
 
 今月20日に孫は我孫子市長さんにお目に掛かりに母親と行きました。
 世界選手権出場と言うことで、市から母娘で助成金を頂戴しました。そのことへのお礼と結果報告をして来たのです。
 その訪問のことが8月21日に早速我孫子市役所のホームページに掲載されました。
 孫は確りとした言葉で話しており、普段の甘えん坊と大違い。
 下の方にYouTubeの紹介があり、でパリでの演技を見ることが出来ます。
 チームの子どもたちは一所懸命演技をしております。
 もし興味がございましたらご覧になって下さいませ。
 
 これは「まちの話題」と言うページです。市役所の広報の外部ページです。
 アーカイブになっておりますから、次の記事が載せられますと下へと下りて行きます。

 頑張った孫の姿 爺婆は何回も眺めております。

entry_header

新蓮

 蓮根は身近な食材です。
 この辺には主に茨城県の物が流通しております。
 昔は皮を綺麗に漂白し色を抜いた物も出回っておりましたが、最近は白色に晒したものは先ず目にしません。
 初夏になると可愛い小さな蓮根が店頭に並びます。
 僅か10センチほとの長さで直径5センチほどの物など、それでも売れるのでしょうか、パックに収まって出ています。
 必要に応じているのかも知れませんね。
 段々丸い大きな物が出回って来ました。 
 蓮根は夫の喉にも良いし、私も好きですから、朝食の一品に良く作ります。
 一回作りますと最低3回は食べますね。 

 昔はキンピラには唐辛子を入れましたが、今は刺激に弱くなり、入れません。
 高齢になるに従い刺激物は喉に良くないですね。
 食事の内容に少しずつ変化が起きています。
               
                最近の蓮根料理です。

     蓮根26胡麻和え  蓮根29キンピラ

     左は蓮根の胡麻和えです。    右は蓮根のキンピラです。 
 
     蓮根27新バス・隠元・鶏皮  蓮根28新バス・隠元・人参・ごbぴ

     左は蓮根・隠元・鶏皮の煮物です。  右は蓮根・隠元・人参・牛蒡の煮たものです。

 蓮根を縦に切ったものは歯応えが良く、とても食べ易いと言うことをごく最近覚えました。
 天ぷらなどにも良いですよ。

entry_header

新秋刀魚と雑談

 私が詰まらないと言っていたのが聞こえたのかしら。
 下の魚屋に新秋刀魚が並び初めました。一昨日夕方買い物に行きましたら、刺し身にした新秋刀魚が300円になっていました。
 刺し身って程よい大きさがあると私は思っているのです。ちょっと刺し身にしては細かいので丼にしました。
 すし飯は冷凍してありますから簡単です。解凍して秋刀魚丼にしました。

      新秋刀魚丼300円

 私は5分の1程食べましたが、久し振りの自家製のお鮨でした。
 秋刀魚情報はとても気になります。形が良くなり安くなれば卯の花漬けを作りますからね。
 房州秋刀魚は夢 尾の方が褐色に近いような色になっている脂の乗った秋刀魚は手に入りません。

 今日の午後 定期の内科受診の日でした。今週はこれで三病院に行きました。
 若い時、いやついこの間までは?このように病院と仲良しになるとは思いもしませんでした。
 夫は先月 後期高齢者健康診査を受けました。その結果は今日の受診の際に説明があったのです。
 夫の説明によりますと、栄養のバランスがとても良いと言うことだったそうです。
 「お陰さまで」と言います。
 「相子食堂の効果かしら」 良かったです。
 結果が評価されたと思い、これからも夫の嫌いなものは出さずに作って行きましょう。ご機嫌な今日の私です。


entry_header

連続3日外食

 夫との外食は普通は4週間に1回 夫の奢りの鰻
 今日はペインクリニック内科での診察日 これが4週ぶりなのです。
 夫は背中や胸の痛み  私は腰と大腿部の痛み 夫も私も症状は膠着化しているようで、大きく改善はされてはいません。
 ですが痛みを和らげるための薬を頂きます。
 先生は生活上の注意を必ず話されます。今日も気温の変化に注意し、水分補給を切らさいないようにとおっしゃいました。
 私の難聴をご存知ですから、身体を近づけ大きな声でおっしゃいます。待合室まで聞こえるようです。
 
 昨日はラーメン 一昨日はハンバーガーでしょ。
 ですから、今日のお昼は?と夫に聞きましたら「鰻だろ」と言うことで、何時もの通り西周に行きましたら何と臨時休業
 仕方がないので傍の宇田川と言ううなぎ屋に行きました。
 初めての店です。我孫子に住んで38年 本当に初めてです。
 中は西周と違い客席は沢山あります。平日なのでしょうか、そう混んではいませんでした。


      うだ川鰻

 食べ物ってかなり主観的な面がありますが、味への感覚は習慣性も大いに関係があるように思っています。
 子どもの時から鰻は濃い目の味が好きでした。その面では西周の味の方が濃いと感じましたね。

 夫と一緒に連続3回も外食するなんて何十年振りでしょうか。若い時には良くありましたが、結婚後では思い出せません。
 
entry_header

夫の眼鏡とラーメン

 昨日眼鏡を作ることが出来なかった夫 昨日から明日行くぞと言っておりました。
 じゃ私も一緒に出掛け、ラーメンを食べるわと言って置きました。

 昼時のラーメン屋は混むだろうと時間を見計らい、12時半に家を出てバスに乗り、我孫子駅まで行き、それから駅近くのメガネ屋
 メガネストアーに処方箋を持ち行きました。
 確りとした女性の店員さんが対応して下さり、細かく相談に乗って下さいました。

    眼鏡枠選び  眼鏡選び

 遠近両用と老眼用と二本のメガネを作るのに、レンズを決めたり、メガネの枠を決めたり、スモークを決めたり、全部終わったのが午後2時  受け取りは26日 夫の顔はどう見えるでしょうか。想像が付きません。

 それからまた駅の方に戻り、北口から南口へと行き、南口エスカレーター下の日高屋に行きました。
 昼時を過ぎていましたので空いております。
 何を食べるかって?それは決まっておりました。ラーメンですが、頼んだのはチャーシューラーメンです。

             チャーシューラーメン

 夫と4年ほど前御徒町近くの日高屋で食べたことがあり、その後この日高屋で一回ラーメンを食べたのですが、チャーシューラーメンは初めてでした。
 思っていたよりチャーシューが柔らかく、数も多く感心しながら食べました。
 チャーシューって言っても本当のチャーシューではないですね。でもこれだけ柔らかくするのは特別な方法があるのでしょうね。

entry_header

眼科検診とハンバーガー

 偶然夫と同じ日に眼科検診の予約 それが今日の午前でした。
 私が夫より一時間先ですが一緒に出掛けました。今日は余り混んでいません。
 私が先に眼圧や視力の検査を受け、瞳孔を開く薬を目に入れられました。夫は直ぐに呼ばれて検査室に行きました。
 ソファーに座り、居眠りをしていましたら、看護士さんが傍に見え「ご主人様と終わりを合わせますか」とお聞きします。
 「そうして下さい」と返事をしました。それからが長いこと。中々診察になりません。
 ようやく呼ばれて夫が先、次は私と先生の診察を受けました。凡そ2時間半が過ぎていました。

 今日の受診の後は私は我孫子駅南口にある日高屋と言うラーメン屋でラーメンを食べるつもりでした。
 ところが夫も瞳孔を広げられていたのです。
 二人共視界がぼやけています。でラーメンは諦め、近くのモスバーガーでハンバーガーを食べることにしました。
 中に入って行き、どれにするのかを決めなければなりません。夫は初めてですがリッチモスチーズと言うのに決めました。
 私は何回か買ったことがありますが、それがどれかが分かりません。グズグズしていましたら、後ろに3人程男性が待っております。
    それで慌てて夫と同じ物に決めました。

      モスバーガー

 向かい合わせに座りました。横のテーブルに中年の女性3人が座っております。その声の大きいいこと。
 私の左側になっていましたので、私には話題は分かりません。でも音声がビンビン入って来ます。
 夫も席の片方に身体を移動させました。
 大きな声で話す人 話題に気をつけることも声を低くすることにも気を付けるべきですね。
 ローカルですから話題によっては良くないことにもなるかも知れませんね。

 二人は目の前がかすみ、杖を頼りによたよたしながら帰宅しました。目の前がはっきりするまで結構時間が掛かりましたね。
 
 夫は今日は検査だけで終わり、眼鏡を作れるのではと期待していたのですが、処方箋は頂いたものの、瞳孔が開いていますので無理だと分かり、ちょっとがっかりしたようで、明日作りに行くと言います。

entry_header

胡瓜と雑談

 胡瓜は四季いつでも出回っております。夏の代表的な野菜だと言う事を知らない子どもいることでしょうね。
 何でもそうですが新鮮でないと美味しくないと言いますか、何となく歯応えも今一つと言う感じですね。
 形の悪いひね胡瓜が安く並んでいますと胡瓜の佃煮を作ります。
 これは福神漬のようにカレーの時に出します。一回に10本ほど使い作りますから、冷凍し保存します。

       胡瓜の簡単漬け

 胡瓜の漬物は色々とありますが、ぬか漬けが美味しいですね。これは簡単に塩を振り、塩昆布と青しそを少し混ぜ、上にホタテ貝柱の粉を掛けただけの物です。簡単で美味しいですよ。

 戦後の食糧事情の悪かった話は多くの方が語っておりますね。本当に酷いものでした。
 1948年4月 都内はまだ焼け跡に南瓜が植えられていたものです。
 1948年秋に大学の女子寮に入りました。寮と言いましても長屋状態ですね。各自自炊なんです。
 その頃は皆が貧乏と言っても言いような時代です。
 夏の料理は胡瓜・胡瓜・胡瓜・胡瓜・胡瓜と言っても言いような生活でしたね。
 
 話は変わりますが、魚屋に魚の分かるように見えていた小父さん どう言うことなのか、もう全く見えません。
 その小父さんの代わりと言いますか、若い男性が一所懸命に働いております。
 品物は切り身や冷凍物のオンパレード。もう何だか詰まらなくて。若しかしたら私の億劫な気分はこのことに反応していたのかもしれません。
 午後長女から「何処かに買い物行きますか」と電話が入りました。
 「行く、行く。何処でも良いわ。連れて行って」と頼み出掛けました。
 オオタカの森のタカシマヤフードメゾンに行きました。
 お盆も済んだせいでしょうか、店内は空いております。
 久し振りでしたので、ゆっくり眺め、触り、持ったり下ろしたり、楽しんで来ました。
 
entry_header

朝食と食事会

 随分前のことですが、一日に30品目の食品を取るのが良いと、良く言われておりました。
 30品目って難しいことではありません。和食中心の我が家 朝食だけでも15品目になりそうです。

    朝食8月13日  朝食8月14日

           左は8月13日  右は8月14日

    朝食8月15日  朝食8月16日

            左は8月15日  右は8月16日

 他に味噌汁ですが、中には実が2、3種類。味噌と実で3、4品になります。
 
 中国語の老師は食生活をとても重要視されております。話しの中で食事のことや食品のこと、食品の汚染のことなど話題になります。私に下さる木耳や棗などの品質に問題はないと仰るのです。国営の処で買うようにしているそうです。
 日本から旅行に行きましたら、食品は国営の商店で買うのが良いようです。
 中国でも昔と違い洋風化の食生活が増えているようです。

 話は変わり昨日の夕食 娘たちと近くのジョリーパスタと言うイタリアンレストランに行きました。
 毎年此の頃皆で食事をするのですが、私が高齢になったために家でなく外に行くことにしました。
 二女の娘の意見が優先されます。
 店舗はかなり混んでおりました。私達二人はイタリアンの物には知識がありませんから、すべてお任せ。
 殆ど二女が仕切ってくれたようなものでした。
 食事の時は必ずタオルで作ったエプロンを掛けていますので、ないと何となく落ち着きません。
 二女がエプロンはありますかと頼んで呉れました。

             エプロン姿

 向かいの席に二人の孫が座っております。何となく可笑しがって見ております。笑われても掛けていて良かったですよ。
 食事が進むに連れてエプロンにシミが見えて来ました。助かりましたね。

entry_header

あの日は晴れ

 70年前の今日 日本は連合国の示したポツダム宣言を受諾し、国民は天皇自らの放送によりそのことを知りました。
 正午前はアメリカ艦載機が飛んでいました。
 正午の玉音放送を終わって気が付きますと、すべての音が消え、真空の中に入っているようでした。
 空は紺碧に晴れ渡り、雲一つなく、強い印象を抱いたものです。

          霞ヶ関ビル35階

 戦火で焼け野原のようになっていた東京 今は隙間のない程のビルで埋められております。

 今日は終日様々な角度からこの日を迎えた人々を紹介し、出来事を繰り返し見せて呉れました。

entry_header

ご飯物2点と雑談

 ベビーホタテの佃煮を美食家の友人に送ったところ、甚く喜ばれ褒められたので、材料が安いのでまた何か作って見たくなりました。
 EGUTIさんが炊き込みご飯にして見ようとコメントに書いて下さり、またNANTEIさんがバターを使われると仰っていましたので、バター風味のベビーホタテの炊き込みご飯を炊きました。ピラフと言う手もありましたがね。
 味付けは何時もの和風 それにバターを落として炊きました。冒険かなと思いましたよ。

     ホタテご飯  ホタテチャーハン

 味は薄めにしたのですが、バターも無塩だったもので、予想より薄い味付けになって仕舞いました。
 味はとても良いのですが、食べる時にちょっと濃い味の物が欲しいようになりました。左のお茶碗によそった物です。

 残りはこのご飯を使いリメイク、チャーハンにして今日の昼食にしました。枸杞の実を沢山頂いてありましたので、薬膳気取りで一緒に炒めて食べました。右のお皿です。美味しかったです。

 このところどうも気分がさっぱりしません。何もやりたくないと言う程ではないのですが、何となく億劫さが出て来るのです。
 間違いも多くなり、探しものも増えています。夫と二人で一人前のような生活ですね。
 朝食は8時にはテーブルの上に完全に整っています。 
 起床は6時から7時の間 食後の片付けは夫の役割。
 食事が済むとPCの前に座り、コメントに返信を書き込み、ブロ友さんを訪問。ですからうつ状ではないのです。
 
 最近読書の量がガタ落ちなんですね。特にハードなものは一冊読むのに一ヶ月以上もかかったりするのです。
 仕方がないかと思いながらも何となく気分が重いのです。
 
entry_header

我が家の鯵煮付け

 鯵は一年中出回っております。鮮度が良ければ生でも美味しいですね。
 飛び切り新鮮な鯵には海辺ではないので先ず買うことは無理です。
 と言うようなことで煮ることが多いです。煮方は我が家風のものです。

        鯵と牛蒡

 魚好きな私 高齢になるに従い生より火を通した物へとシフトしております。
 焼く、揚げるなどが増えており、フライや天ぷら、ムニエルなどカロリーが高くなりますので、間隔を取って作ります。

 煮魚の煮汁には出汁を足して、牛蒡を煮ます。それも最近は牛蒡が固く感じるのですね。里芋や馬鈴薯に替えて見ようと思っています。

 今日初めて知ったのですが、料理レシピ集にこの鯵の煮方が載っているのです。
 投稿をした覚えもありませんので、見て見ました。ず~と下の方に出ています。
 もしご覧になって頂けるようでしたら、Goodにクリックして下さいませ。本当にびっくりしました。

PS レシピ集に投稿した形跡があるような言葉があります。すっかり忘れていましたが、自分で投稿したのでしょう。
   お恥ずかしい。ボの字になって来たのではと、心配して仕舞いました。

entry_header

ワンタンとマムチさんのお料理本

 今日は午前10時に我孫子駅近くに用で出掛けました。用人が中々お見えにならず、駅北口の階段下にある石段に座って待ちました。
 特別な目的なしで、通る人眺めるのって興味をそそりますね。
 夏の昼近くと言うこともありましょうが、タオルを首に巻いている中年の男性が結構おります。杖を持つ方も多く、それは女性の方が多いです。犬を連れて女性を見送りに来た男性。犬が女性の後に付いて行きたがり、言うことを聞かず困っておりました。
 生後未だ間もないと思われる赤ちゃんを抱えている若いお母さんが何人かみえました。
 赤ちゃんをタオルで確り包んでいます。赤ちゃんは汗疹をかきそう。
 風は少し吹いていましたが、用人が何かの手違いかお見えにならず、熱中症に罹らないように帰宅しました。

 4時頃老師から電話を頂き、夕方ワンタンを下さると言うことです。暑いせいか何となく買い物に行く気が起きず、時間が過ぎて行きました。丁度そんな時でしたので遠慮なく頂きますと返事をしました。

        ワンタン

    ワンタンの中身は豚ひき肉と木耳です。
   木耳はビタミンDの宝庫と言われております。
      30個 二人で充分でした。

 
 お料理のブログで有名なマムチさん 随分長くブログで仲良しになっております。
 ご主人は館山の方です。
 そのマムチさん ミュージシャンです。私はブログで知り合っても長くミュージシャンだとは知りませんでした。
 そのマムチさん 最近お料理の本を主婦の友社から出されました。

          下町の台所

 タイトルはマムチの下町の台所   マムチさんは向島にお住まいの江戸っ子 明るく気さくな素敵な女性です。
 内容ですが、イラストを巧みに使い、眺めるだけでも楽しめます。
 気取らない内容 作りたくなるお料理 アイデアタップリな日常菜 かしこまった物ではありません。
 書店で是非お手にとって見てください。

entry_header

納涼会

 校友会我孫子地域支部の納涼会(昼ですので暑いです)
 地元の老舗鈴木屋で昨日午後集りました。勿論部屋は冷房されています。
 参加者は27名内女性は4名 私は卒業年度では一番上。多分年齢も一番上。
 高齢を自慢?にしては駄目ですね。いけませんね。
 皆さんに優しくして頂きました。

 司会は副幹事長の辻長一郎さん  会が始まりますといきなり私にマイクが回ってきました。近況報告ですね。
 納涼会ですから堅い話は出ませんが、支部長から運動部の色々な事の報告と応援への協力のお願い。
 顧問の今泉健一さんからはオリンピック2回出場の経験からのお話。
 副支部長の犬竹昭さんからこの9月23日に開催されます、マンクラのチケット販売の説明。
 
         写真は順不同で掲載致します。

      支部長挨拶  今泉さんバスケの話
 
 左立てるは関俊雄支部長  右立てるは今泉さん背が高いでしょ。これでもオリンピックでは低いのだそうです。

     大竹さんマンクラ報告  鈴木屋食事

 左マイク持つ方が犬竹さんです。右はお料理の一部です。他にもありましたよ。

    校歌左  校歌右

 最後は校歌で締めです。リーダーは常任幹事の橋本武雄さん 後ろ姿です。私は終始座椅子に座ったままでした。

                おまけの写真
 
             司会者と一緒に

 前左 常任幹事の小松弘道さん マンションの別棟に住まわれ、何時も私に気を使って下さり、保護者のような存在です。
 後ろは司会の辻さん 右前は~~

entry_header

長崎に原爆投下

 WW2が終わり、70年と言う時間が過ぎてきました。
 戦争の齎した様々な犠牲、苦しみ、困難、それを克服しようと藻掻き努力。人々は多くのj事を克服して来ました。
 70年前の今日 広島に次ぎ長崎に米軍による原爆が投下されました。
 佐賀市の中学1年生だった夫はあの雲を遠くに眺めたと言うことです。

 今日のテレビは特別に時間をとり、式典の様子や当時を振り返る人々の姿、被曝者の体験談などを写しております。
 長崎の城山小学校は爆心地から500㍍程に立っていた校舎は爆風で大きく崩壊したそうです。
 当時としては立派なコンクリートの校舎だったそうです。

     原爆投下後児童1400  原爆奉安者数

     投下時刻1  投下時刻2

     平和公園1  平和公園2

        上の画像は6チャンネルからお借りしました。

 当時の長崎市民は24万人 原爆による死者は7400人にもなたそうです。
 国は被害は然程ではないような発表、被害は調査中と新聞に発表されております。
 
 何時もならず浦上天主堂がテレビに姿を表しますと、私は必ずクラスメートだった浦上さんのことに思いを馳せます。
 浦上天主堂も爆心地に近く、今日もその姿を見せてくれました。

entry_header

今日の一品と高さんの新著

 最近下のスーパーの魚屋でベビーホタテの蒸したものが出ています。
 平らなパック一枚が300円弱 これは食べたいような、食べたくないような、複雑な心境です。
 先ず食べたことがない。旨味がありそうに見えない。噛んだら歯に挟まって食後の後が面倒になりそう。
 それでもなにかを作って見たく、二枚買って来ました。
 色々と考えた結果 刻み昆布と合わっせて佃煮にしてみました。

       ベビーホタテと切り昆布の佃煮

 これは大正解 珍しい物に消極的な夫が摘んで「うまい」と言って呉れました。
 作り方は至ってシンプル 醤油・砂糖・酒・出汁 アクをよく取り、弱火でじっくり煮ます。
 最後は強火にして、水分を飛ばし確り味が付くように仕上げます。

 数日前 郵便受けにお付き合いをしています、世界の人形館の高さんからご著書が届いておりました。

         高さんの本

 ワールド・トラベラー高さんの実践的は内容です。旅を楽しむことを基本として、旅にはトラブルもあり、トラブルは避ける知恵も大事。トラブルが起きる事情や起きる内容。起きた時の解決法など。
 イラスト入りで活字も大きく読み易く感じました。
 高さんは目下奥様の健康上の問題で、ご苦労をなさっておりますが、人形館を守って頑張っていらっしゃいます。
 まだ軽くしか目を通してありませんが、季節は旅の盛んな時期です。読み物としても面白いもので、私もこれを読み見聞を広めたいと思っております。
 世界の人形館のHPはリンクしてあります。そこからブログにも跳ぶことも出来ます。
 ブログは時々のニュース性や問題浮上のことなどを取り上げております。ご覧になって下さい。

entry_header

一所懸命

 世界大会で疲れて帰ってきたろうと思っていた孫ですが、次の日には祭りのイベントに出演を頼まれ出掛けておりました。
 一昨日ロディーを連れて我が家に来ました。ロディーは脱皮を始めたようで、少しまだ残っている皮を手で取ってやっております。
 脱皮をするとは飼うまでは知りませんでした。もう何回も脱皮をしたようです。

 パリでの演技は、帰国した日に早速YouTubeで見ることが出来ましたが、ダブルダッチ協会のFacebookで沢山画像を見ることが出来ると分りました。

 その中に孫達の画像を見つけました。そこで取り込み眺めております。

      皆跳1  皆跳2

 Facebookはどんどん先へと進んで行きましょうから、取り込んで置けば孫は此処で止まっていて呉れます。
 良い記念になります。
 3月の渋谷公会堂でのパフォーマンスはこのようなものです。これを見ますと、あのパリでのパフォーマンスは3月からの練習の成果を強く感じました。

entry_header

今日という日

 今朝からテレビで色々な番組を見ておりました。
 普段は余り見ませんが、矢張り広島に原爆が投下された日として心がそのことに向けられていました。
 
         激動近代史885

 友人の武藤さんが書かれた新聞記事に見る 激動近代史
 広島に原爆が投じられた記事は8月8日の朝日新聞のものです。
 色々と当時の様子は今日一日に随分放映されました。
 とても重い日です。決して二度とあってはならないことと、誰もが言っております。
 そうあるべきです。

entry_header

霞ヶ関ビルに行く

 今日も気温が高く、都心の霞ヶ関辺りの気温は36度位だったようです。
 明日も36度だと言う予想 堪りませんね。
 午前11時半に友人たちと霞ヶ関ビル35階の東海倶楽部で落ち合いました。
 何時もの通り、先ず総理官邸や議事堂に上からご挨拶。 確りとやって下さいよってね。歴代総理に言っております。

     総理官邸8月5日  夏空

     ビルの東の空は夏空が広がっています。
    今日はランチバイキングを一緒にと言うことです。

 私は秋に夫と一緒に東海倶楽部に行くことになっていますので、そのために階段を出来だけ使わずに行きたいと思い、今日はその実験を兼ねた方法で行きました。
 非常に順調に上手く出来、11時20分に到着出来ました。
 今日は席が混むとお聞きしておりました。先ずお子さんとお母さんのグループ。父親の職場を見学した後の食事に見えたそうです。そして男性を中心とした40名の団体 ほかはグループが彼方此方に見えます。
 この場所で1600円は安いですね。

             子どもが一杯

 私達もそれぞれお料理をとりにゆき頂きました。会場は涼しく良いのですが、外気の暑さを考え、アルコールはパス。

     バイキング一回目  スイカ

 沢山は食べられません。それはどの方もそうでした。
 ランチタイムは午後2時まで。そこでレストランけやきに場所を移し、そこで話しの続きに興じました。

     白桃のアイス  地下鉄路線図

 レストランでは季節物の白桃のアイスクリームを頂きました。それぞれの生活振りや健康話は何時もの通り。
 地下鉄路線図をしょっちゅう眺めているという人、如何に合理的に地下鉄を利用できるかと、考えるのだそうです。
 このことはとても良い話だったと思っております。

 今日のバイキングでの美味しかった物 全員一致したのは小粒の馬鈴薯。美味しかったですね。 
 馬鈴薯の種類がいいのかしらと、興味津々でした。

entry_header

カキ氷が食べたいな~

 この暑さは何でしょうね。ブログでもまた外で人に会いましても異常と言う言葉が飛び交います。
 連日34度とか出て来ますと、どうしましょうとなります。
 家で水を飲み、時々塩を舐めて、熱中症に罹らないように注意して過ごしております。
 
 先ごろ夫がズボンを買いたいと言うので、近所のスーパーに行きました。用を済ませた夫にフードコートで待って貰いました。
 私も買い物を済ませ、夫の傍に行き、座っておりました。
 長女が銀だこからカキ氷を買って来て呉れました。

        かき氷

 これは220円ですよ。量は多くはありませんが、長い間食べていなかったので、凄く美味しく感じました。
 それからですよ。カキ氷が食べたくてなりません。
 先だって人と会うので近所のデニーズに行きましたら、氷があるのですね。ですが大仰な感じに見えて仕舞うのです。
 私が食べたいカキ氷は白蜜に抹茶と小豆のか、ミルクにイチゴシロップを掛けたものですね。
 基本は下に白蜜です。
 氷は手がきが良いのですが、そんなことは言っても無駄。皆無でしょうね。

        かき氷鉋

 右の鉋で削ったカキ氷は氷が歯で噛めるような粗削りの氷です。左の手回しのは鉋で削っ物よりはず~っと細かく削られた氷です。この削り器も今は先ず見られませんでしょうね。
 勿論今は電動でしょうから削るのは楽になっていましょう。

 カキ氷は何処にでもあるでしょうし、行けば食べることが出来るのですがね。こう暑いと食べにも行けません。
 
 娘に食べたいね~と言いますと、連れて行って上げるわよと言って呉れます。
 その内連れて行って貰おうと思いながらも食べたいな~と思うこの頃です。

entry_header

旗袍あれこれ

 チャイナドレスは和製英語ですが、一般的にはこれで旗袍のイメージが出来るようです。
 私は日本人に合う、日本の風景に違和感なく落ち着いていることが出来る物をと教えています。
 立ち襟はマンダリンカラーなどとも呼ばれたりします。その立ち襟と同じようにチャイナドレスの特徴と思われている紐ボタン。
 紐ボタンはチャイナドレスだけの物ではありませんね。ダッフルコートなどに付けられるボタンもそうですね。
 古代から紐ボタンは世界で作られ使われております。
 チャイナドレスの紐ボタンは非常に技巧的と言っても良いでしょう。
 チャイナドレスに付ける紐ボタンは辛抱と格闘です。

           紐ボタンを作る

 紐ボタンは先ず布地に糊をはり、それを正バイヤスに切って、細く纏ったり、紐の山になる部分に針金を入れたりして、形を作って行きます。細かく緊張する作業です。 
 作り方はテキストで覚えて頂きます。形は数多くあります。出来ると楽しくまた嬉しく感じます。

 先日柏にある麗澤大学の金丸良子教授から連絡を頂き、久し振りに校舎に行きました。
 連絡と言いますが、内容は教授の研究室に中国から留学している学生に話をして欲しいと言うことでした。
 その女子学生ですが、昨年ブリジストン美術館で見たチャイナドレスの画をみて、チャイナドレスに関心が起きて、論文製作に取り掛かっているそうです。
 彼女が注目した画とは安井曾太郎の金蓉です。これは昔切手にもなった画です。

       チャイナドレス1  チャイナドレス2

 研究室に伺いjましたら、このパンフが置かれております。私も見に行っておりますから、知っております
 金丸教授とは面識がありましたので、教授が気が付かれたのか、学生が見つけたのか、日本人がチャイナドレスを教えているということで、私とチャイナドレスとの係わり合いや、習い始めた動機などを聞きたいということでした。
 私は15年前に中央学院大学オープンカレッジの紀要に書いたレポートのコピーを持って行きました。
 話はチャイナドレスのこともですが、金丸教授の研究分野の話もお聞き出来ました。
 ほぼ2時間半 出来る範囲、知る範囲 私に分かることを話して帰って来ました。
 日本で縫製を教える人は他にはないとも言われております。ですが私は研究者でもなく、縫製の職人でもありません。
 どちらの立場の方から見ても半端ではないかと思うのですが、研究に役立つことであればと思っております。


             安井曽太郎金蓉

    これが関心を持たせ,研究の切っ掛けになった画金蓉です。

entry_header

紅鮭ご飯

 先日切り分け、冷凍して置いた紅鮭を昨日の朝食用に焼きました。
 何時もですとまた何日間も食べることになるのですが、今日の昼食用に身をほぐして炊き込みにしました。

     紅鮭と山椒1  紅鮭と山椒2

 紅鮭は薄塩となっていますので、醤油は少し控えめにしました。酒を加えて出汁を容量まで入れ炊きました。
 実山椒は炊きあがったら直ぐに炊飯器の蓋を開けて中に入れ、直ぐ蓋を閉めて5分 
 全体を軽く混ぜて容器によそいます。
 味はとても良かったですが、実山椒が多すぎましたね。今度は少し控えて炊きましょう。

entry_header

マンションの防災棟集会

 我孫子ビレジ一号棟住民の防災集会が今日の午後1時から一号棟2階のサロンで開催されました。
 主催者は 防災対策連絡協議会  協賛は管理組合・自治会です。
 いつの間にか高齢者が増えて来ています。サロンには1時近くにはほぼ皆さんが集りました。

 内容は ◯管理組合・自治会役員紹介
       ◯防災対策協議会について
       ◯9月6日(日)開催の防災訓練について
       ◯懇親会

 防災について協議会の今井さんから詳しく要点が述べられます。
 我孫子ビレジの住民の高齢者率は我孫子市の平均と比べ高いそうです。
我孫子市全体で65歳以上の高齢者は27.7%
我孫子ビレジの住民では43.9%となっているそうです。
 防災の大きな問題は人命に係ることですね。今井さんは災害発生時の人命の安全確認の重要性を強く訴えております。
 マンションで出来ている防災ボランティアの役目、また支援を受ける方の様々なケース等も詳しく話されております。
 災害発生の時 長期に避難するという状況はこのマンションでは想定されていなく、むしろ我孫子市の方では避難民を受け入れて欲しいとも言われているとも話され、そういった事態にも住民同士の連帯と住人の自助が必要で、それには今日のような場で顔をあわせ、常時から連帯の心を持つことが良いことだと強調されました。
 9月6日の防災訓練には安全確認もされます。またこの日のイベントも考えているそうです。

       1号棟集会

 一通り防災のことの話が済み。懇親会となりました。多くの方のお顔は存じておりましたが、初めてお目に掛かる方も数人いられました。
 私は途中で用があり、退席して来ましたが、矢張りこのような会合には出てゆくべきですね。

 今日の話しの中で我孫子市が大きな災害を想定している地震 場所は茨城県谷原だと聞き、知識がなかったので驚きました。
 調べて見ました。これです。我孫子ビレジで考えられる災害の最たるものは地震だと言うことですね。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog