2015-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

茹で鶏と雑談

 鶏モモの新鮮なものは何枚か買い茹で鶏にしたり、味噌漬けにしたり、色々な味を楽しみます。
 先日は茹で鶏のモモ一枚で三人分のお皿が出来ました。

       鶏腿茹で

 昔は中華風のタレを作り、全体に掛けて食べたものです。 すり胡麻に醤油、砂糖、それに茹で鶏の茹で汁を加え、生姜・長ネギの微塵切りを入れ、ラー油を加えたりしました。
 それが今は各自で好きな調味料を掛けて食べます。特に夫はラー油が駄目なんですね。逆流性食道炎ですから、刺激に敏感に反応するのです。
 食べ物にも高齢化がやって来ます。

 下のスーパーの惣菜売り場がリニューアルし、急場に一品買うことがあります。
 その一品も出来るだけ少ないもの、小さな物を選びます。
 食生活は出来るでけ手製にと思っていますが、時々何となく動きたくなく、気が付くと夕方という日があります。
 そういう日は慌てて下に買いに行きます。

       スーパー入り口

 最近男性の高齢者の方の買い物姿が増えております。時に顔見知りの方が見えます。奥様の体調が悪いようです。
 何となく気になります。だからと言って何かして差し上げるとは出来ませんがね。
 
 スーパーに行きますと、◯◯さんが骨折で入院されているなどと、思いもかけないことをお聞きしたりします。
 それでも昔より知った方と会うことが少なくなっています。 ここも高齢化が進んでおります。

entry_header

アサリと羊羹

 数日前 二女と一緒に買い物に行き、そこで少し大きめのアサリを見つけました。
 先頃アサリの炊き込みをしましたらとても美味しく出来ましたので、また剥き身を作ろうとしました。

       アサリ砂出し

 丁度月齢は15日頃です。月夜の貝やエビやカニなどは身が痩せていると言われており、エビやカニでは経験がありましたが、貝ではありませんでした。
 貝を剥き初めましたら、貝の大きさに比べ、心持ち小さいのです。フト頭をよぎりましたのが、月です。そうだ月夜だと気がついたのです。で止めて小分けして冷凍にしました。剥いたアサリは翌朝の味噌汁に入れました。
 アサリの冷凍は便利です。
 味噌汁の具を買い忘れた時には、直ぐに間に合います。冷凍のまま使えます。

 先日 友人から長野県下諏訪の新鶴と言うお店の塩羊羹を頂きました。

       塩羊羹

 ヤマト便で届いたのですが、前日の友人の電話
 「あなたに荷物を送ろうと思っていたら、塩羊羹が届くと分かったのよ。それで届くのを待って一緒に入れたわ。たった一本だけれど食べてね。冷蔵庫には絶対入れないでね」と言うことなんですね。
 この羊羹実に品の良い味なんですね。特に硬さが老人に良いです。
 虎屋のも頂くと嬉しいのですが、確りとした練は食べるのに力が要りますね。

 羊羹って何だか自分では積極的に買うことはありませんでしが、最近は米屋で良く買ってきます。
 ケーキは全く買いません。老人の舌ってこうなんですね。

entry_header

ソイを煮る

 風邪が治り、食欲も随分出て来ました。それも風邪の前よりも食べる量が多いのです。
 反対にワインを飲みたいと思わなくなっています。不思議な現象です。25日にビールをコップ半分飲んだのが最近の記録です。
 
 今日は長女が北辰に連れて行って呉れました。一ヶ月振り位でしょうか。
 今年は秋刀魚が良くないですね。下では干物が並んでいません。
 北辰でも秋刀魚はやや大振りではありますが、例年と比べますと形が良くなく、手が出ません。
 ヒラメの小型の物や鱸の小さいものが目に付きましたが、ソイが新鮮そうで、一尾340円です。
 これは煮魚にと二尾買って来ました。

        ソイ煮付け

 長女が食べたいと言っていましたので、一尾は長女に食べさせるつもりです。
 夕方来たのですが、忙しいらしく直ぐに帰って仕舞いました。明日食べに来ることでしょう。

 ソイは小形の物は偶に見ますが、これほど大きいのは滅多に出ていません。
 流石に専門店です。

 
entry_header

久し振りのお喋り

 明大大好き。勝手に明大を応援する二人 生田先生と私 久し振りに近所のデニーズで昼食を取りながらお喋り。
 何時もながら食べるものは先生は和食の定食 私はアメリカンクラブハウスサンド
 何だか今日のサンドは前と変わった見たい。

         10月28日のサンド

 食事をしながら最近の話題を色々と話します。学者と言いますか研究者は引き出しが多いので、話題は次々と展開して行きます。
 経済専門の方ですから、難しい言葉も出てきます。それの説明も丁寧にして下さいます。
 
 先週の土曜日(24日)アド街ック天国と言う番組で「御茶ノ水」が取り上げらました。それも私が25日に御茶ノ水に行きましたので話して楽しみました。
 「ミロ」の娘さんも高齢になったわねとか、あの店で麻生先生は街の情報を聞いていたそうだとか、小母さんが大物だったとか。
 御茶ノ水の話も面白かったですが、ノーベル賞の話は面白かったです。
 先生持論の200億円も集めればそれなりの成果を出せるということなんですね。日本には大勢の研究者がいるのでと言うことです。
 カミオカンデの話 何故カミオカンデが日本でしか出来ないかと言うことですが、あのガラスなんですね。
 日本でしか作れないと言うのです。

 おもしろかったのはお金のことを知らないとケチだと言うことなんです。出すべきものを出さずしてはお金は来ないと言う話です。
 色々なケースを取り上げて説明をして下さいました。

 生田先生のゼミ 先生は定年になられ、自由人ですが、ゼミ出身の方とは絆が強いようです。

entry_header

魚の漬け焼きと雑談

 魚好きな私 どう言う訳かお鮨は良いのですが、刺し身は余り食べたくなっております。
 その代わりと言いますか、野菜の煮物は飽きずに食べられます。
 多分これは老人の舌と言うことでしょう。言いたくはないのですがね。
 
 刺し身は夕食に出しますが残ることが多くなって来ております。そこで残りは醤油と味醂を掛けて置き、翌朝若しくは翌日の夕食の一品にします。

         サーモンと鮪つけ焼き

 これはサーモンと鮪です。盛り合わせの刺し身 どう言うことか大抵サーモンが一緒となっています。
 サーモンの生はどうもって言う感じですが、漬け焼きにしますと美味しく食べられます。
 鮪より良いような感じですね。アブラが乗っているせいかも知れません。
 鮪はトロではありませんから、身が締まって味も良くなかったです。


 今日は長女の娘 要するに我が家の孫ですが、誕生日です。
 二女の娘を可愛がり、その可愛がっている孫の誕生日24日には二人でディズニーシーに遊びに行って来ました。
 たいそう混んでいたそうです。
 長女の娘は数年前までは嵐の公演に良く行きました。その券を手に入れるのは大事でした。
 ある時期にはカレーのルーを沢山買い、その箱のシールを指定の用紙に貼り、母親は勿論、私達夫婦も一緒に貼ったり集めたり協力したものです。電話で申し込む時は二女も協力。三軒で電話を掛けまくりました。
 それがすっかり忘れて仕舞ったかのように嵐のアも言いません。

         国立競技場座席

 これは嵐の東京公演の時、座席を見るために取り込んであったものです。
 孫が懐かしむかも知れませので、載せて置きます。私の思い出かも知れません。

entry_header

書の稽古

 月一回の中国書の稽古ですが、中々上達しません。
 当たり前です。老師に一週間に一回でも書くと良いですがとお言葉を頂きながら少しもその通りにしておりません。
 流石に老師もこれは駄目だと思われたのかも知れません。
 今日は斉白石の話になりました。斉白石は弛まずじっくりと描き続け世に認められたと言うのです。
 学海無涯(学問には限りがない)とおっしゃり、止めないで続けることが大事だと励まして下さいました。

      書1  書2

 今日は添削をしながら字のことに付いて色々と基本になることを話されました。
 これは初めてではありません。何回もお聞きしているのです。
 字の意味を汲み取り、それを表現すること。左右上下のバランスを考えて書くこと。中心を外さないこと。
 
 私が小学校で習った習字は半紙を縦長に置き、右から下へと書いて行きました。
 老師の教え方は半紙を横長に置きます。そして左上から右横へと上の段を書きます。
 上の段が書き終わりますと、左下から右下へと書きます。手や腕の汚れを気にしないで済みます。

entry_header

良い会でした

 故中野渡信行先生の生誕百年の会に呼んで頂きました。
 思えば先生がお亡くなりになって33年半が過ぎました。
 今日の会は中野渡ゼミ出身者の集りでした。
 会場は駿河台校舎のアカデミーコモンの2階です。
 私はゼミ出身ではありませんが、長く学生相談室で先生とご一緒していたことで、お声を掛けて頂きました。
 発起人4名の方は良く存じあげている方です。
 駿河台には久し振りでした。街は休日にも関わらず、若者の街らしい雰囲気と活気を感じました。

 ゼミ出身者は1期生から29期生まで922名になるそうです。今日は3期生から29期生までの方150名もお見えになって、中野渡先生を偲び、ゼミ員の懇親の場となったことです。
 発起人の方々に挨拶 呼んで頂いたお礼を申し上げました。
 弟子として大学で教鞭を取られている木谷光宏先生とは相談室時代の方と一緒にお会いしており、気を使って下さいます。
 木谷ゼミの女子学生のお手伝いは気持ちが良かったです。
 参会者は親世代と言って良いでしょうね。

     御茶ノ水5  御茶ノ水9

     御茶ノ水10  御茶ノ水11

     御茶ノ水21  御茶ノ水22

 会は発起人を代表して木谷先生のご挨拶 そして来賓の百瀬恵夫名誉教授のご挨拶と献杯のご発声
 懇親会は和やかに進みました。
 私は時々立ち上がり、知った方に挨拶 思い切って出掛けて良かったです。
 記念写真は全員一度には撮れませんので、何期か一緒に撮りました。
 一番少ない方の組には百瀬先生や来賓として呼んで頂いた女性2人
 最後は校歌で〆 明大の集りは必ず校歌が〆になります。良い校歌ですからね。

 中野渡先生のことは過去記事でご覧になって下さい。その1 その2 です。
 
entry_header

ビリでも楽しかった

 明治大学校友会我孫子地域支部で初めて麻雀大会を開催すると言うので、8月の納涼会の時に申し込んで置きました。
 案内が来ましたらビルの3階だと言うので、幹事さんにエレベーターがあるかどうかをお聞きしますと、あると言うので正式に申し込みました。
 ところが風邪で参っており、困ったな~と思っておりました。それでも何とか回復して気分も大丈夫になり、出掛けて来ました。
 麻雀大会と言うものは初めてです。
 会場は健康マージャンと何処かに書いてあったような気がしますが、聞いていた高齢者の方が行くというお店のようです。

 麻雀牌を自分で掻き回すのではなく、自動なんですね。初めての経験です。
 牌を真ん中の穴に落とすんです。すると今度は揃えられた牌が迫り上がって来るのです。
 二組がテーブルに入れてあるようで、牌の色は二色。
 交互に上がって来るのです。
 点棒を入れる場所が凄いのです。センサーが付いていて持ち点が分かるのです。
 何だかキョロキョロしましたよ。

 それは先週の土曜日でしたが、今日写真が届きました。

         麻雀1

 これは剣道部OBの橋本武雄さんという方が作って下さったのです。
 
 ゲームは半荘ずつ4回 半荘ごとにメンバーが変わります。
 幹事さんは集計をし、用紙に点を書き込み、貼ります。貼りだした点は何だか計算があるようで、簡単な数字ではないのですね。

 昼食はお店のオニギリと味噌汁、それに漬物 オニギリは一つしか食べられませんでした。それでも持ち堪えましたよ
 途中で一人の支部の方がお菓子を差し入れに来て下さいました。
 
 結果ですが私はビリ ビリでも楽しかったですよ。初めての経験ですからね。
 次回は正月だそうですから、またビリになっても良いですから、参加をしたいと思っております。

entry_header

安くて美味しい

 食べ物の味は価格と一致しないことは良くあります。
 自分が感じる味覚ですから、それは基準にはなりませんが、高い値段の物でもこりゃなんじゃいと言う物も偶にはあります。
 
 今日は安くて美味しいものをご紹介します。
 これは知る人ぞ知るという物でしょう。
 ただこれが下のスーパーにあったことが驚きでした。
 鶏の肩小肉です。一羽の鶏から30㌘しか取れないという部位です。

      鶏肩小肉1  鶏肩小肉2

 ラベルに書いてありますが、本当に美味しい鶏肉でした。1パック 300㌘ですから鶏10羽分ですね。
 値段をご覧になって下さい。老人二人には一回で食べきれません。
 二晩メインにして食べました。

      鶏肩小肉3  鶏肩小肉4

 左は香ソルトを振り焼きました。   右はいしり(イカ醤油)に2時間ほど漬け込み焼きました。
 どちらも油は使っておりません。  とても美味しくて見つけたらまた買おうと思っております。

 主婦コンプレックスの持ち主の私 こう言う時は少し気分が良くなります。安くて美味しい何よりです。

entry_header

栗きんとんを頂く

 毎年 10月になると伊那の寿やから栗きんとんが届きます。
 お店から直行です。生物ですから矢張りそれだけに美味しいですね。

        寿や栗きんとん

 送って下さる方は中国服の仲間です。1975年9月 初めて顔を合わせました。以来長くお付き合いをしております。
 年齢は私より少し上です。
 とても元気で、一人暮らしを続けております。家は二世帯住宅ですが、ご子息家族とは生活は完全に別にしております。
 早速お礼の電話をしました。

 「毎年こうして頂き、とても嬉しいです。また送って下さいって言う訳ではないのですが、これが届くと元気だな~と思うのよ」
 
 「これだって何処でも買えるのだけれど、お店から直接の方が良いと思ってね
 
 「孫がとても喜んでね。有難いわ」
 
 「私ね。中国服を習ったお陰でどれだけ良かったか。それも土曜日を選んだことね。他の曜日だったら皆さんと会えなかったと思うの」 
 
 「色々とあったわね」
 
 「お陰で今こうして楽しかったことを思い出していると、幸せだな~と思っているのよ。中国服を習わなかったら今どう言う自分になっていたのかと思うと、本当にあの土曜日を選んだことが正解だったと思っているのよ。彼方此方連れて行って貰ったりして、東京のことも知ったりね。そうでなかったら何も知らずに終わっていたと思うのよ

 こうして毎年会話が弾みます。台湾にも中国にも一緒に行きました。
 知り合ってこんなに喜んで下さるとはこちらも嬉しく、感謝をしております。

entry_header

油揚げ

 毎日煮物を食べます。ある日の朝何かを煮るとしますね。すると大体3回から4回位食卓に載ります。
 煮物は根菜類が一番多いですね。根菜類は時間が経っても味が大きく変わりません。
 葉物は煮汁を吸い込み過ぎて不味くなります。ですから葉物を煮ると出来るだけ一回で食べ切るようにしています。
 煮物は出汁と醤油、砂糖かみりんですね。塩味の物は作りません。
 一緒に合わせるのは殆ど油揚げです。
 偶に竹輪などの練り物、その他は鶏肉か豚こまです。牛は牛蒡と合います。

      今日は揚げと一緒に煮た物を並べて置きます。

     隠元と揚げ煮  茄子と揚げ煮

     水煮筍と揚げ煮物  大根と揚げの煮物

 何故油揚げを良く使うかと言いますのは、安いと言う事。何時でも買えると言う事。野菜と調和が良いと言う事でしょうか。
 安心して使えます。

entry_header

大棗と健康話

 中国語の老師から新疆ウイグルの大棗を頂きました。
 先頃北京からお姉様がお土産にとお持ちになって来て下さった物です。
 棗は大きさにより呼び方が違うようです。
 小さな棗は酸棗、普通の大きさの物を紅棗、それと新疆ウイグルで生産されている棗は大棗と呼ばれているようです。
 北京でも高級品のようです。

        大棗

 先週の月曜日は発熱のために休ませて頂きました。老師はとてもご心配下さっていました。
 棗はそのまま食べても良いのですが、煮て食べるのも良いそうです。そこで試しに数粒砂糖を入れたお湯で煮ました。
 そして仕上げに蜂蜜を入れて艶を出しました。

        大棗甘煮

 果実は皮が少々固くて飲むのを止めましたが、味は変わり甘納豆の様な感じです。皮の固いのを除けば美味しくて食べやすいです。

 昨日午前 老師がお見えになり、棗を間に健康話になりました。授業は教科書を使うことより、所謂四方山話になります。
 これが楽しいのですね。
 昨日は棗の効用などから、唐朝時代の有名な薬王と呼ばれた「孫思藐」と言う方の話になりました。
 孫思藐は医師として能力に長け、その名声に時の皇帝から召し抱えたいと呼び出しがあったそうです。
 ですが孫思藐は仕官を断るのに頭を悩ましたそうです。皇帝一人のために仕官をすることにどうしても自分が納得出来なかったようで、なんと答えて仕官を断ったかですね。この話しの中心ですね。
 孫思藐は植物などを研究し、私達が言う所の漢方医=中国では中医ですね
 皇帝の住む環境は塀に囲まれ灌木林がなく、研究が出来ないので、と断ったのだそうです。
 皇帝はそれを理解して呉れ、仕官をせずに済んだそうです。
 その後長く人々のために薬草を調合し、多くの人の役に立ち101歳まで命永らえたそうです。

entry_header

干物二点と青島の仲間

 魚大好き。魚は朝でも昼でも夜でも良いのです。ただ昔のように生を食べたいとは余り思わなくなって来ました。
 先日富山の瀬戸さんからカマスのみりん干しと秋刀魚の開きを頂きました。
 味噌と蜂蜜をお願いしますと、必ず何かを一緒に送って下さるのです。

     カマスみりん干し  秋刀魚干物

    左はカマスのみりん干しです。  右は秋刀魚の開きです。どちらも朝食の一品として付けました。
 
 今年はどう言う訳か、秋刀魚の開きの入荷が狂っているのか、下のスーパーで毎日並んでいる訳ではないのです。
 また出ているのを見ますと、今一つって言う感じなんですね。
 (サンマ漁の問題は中国絡みなんです.ニュースで解説を見ました)
 美味しい秋刀魚の干物が食べたいな~って夫に話していたところなんです。それが大きく塩加減も丁度いい物です。
 それに脂ののり具合が良いのです。嬉しかったですよ。
 夫は東京育ちでみりん干しは子どもの時から好きだったようです。このカマスのみりん干し、ちょっとしつこさがあるみりん干しと違い、良い味です。 


 話はアナログからデジタルへの問題です。
 中国青島の仲間たちの会は来年で閉めると言うことになりました。解散とは言っておりません。
 連絡者を置き、何かあれば連絡を頂けるようです。
 で最後の懇親会に手元にあるテープを会場で流し、ブログを見て下さっている方にCDにして差し上げたいな~と考えたのです。

              歌え青島

 問題は簡単には行きません。マンションのアーケードにある家電店に行き、テープをCDに入れられますかとお聞きしましたら、難しいし、家では機械もないし出来ませんと気の毒そうに言われました。
 そこで何時もの助っ人さんに相談 この作業をして下さる所を見つけて下さいました。
 今日の昼 お会いしましたら、ユーパックを一枚買って来て下さいと言うのです。
 そしてテープを直ぐに送って下さったのです。何時手元に来るのか、楽しみです。
 このテープはA面もB面も中村八大さんがご自宅で録音して下さったのです。
 ラベルは画家の安永弘子さんが作って下さった物です。

 
entry_header

今日の昼食と雑談

 熱が出なくなって大分日が経ちました。気怠い何とも言えない感じも抜けて、食事も美味しく感じるようになって来ました。
 食卓も数日前と比べて見ますと、食事らしいお膳になっています。
 
      今日の昼はラーメンにしました。

       スーパースプラウトラーメン

 ラーメンの上にブロッコリースーパースプラウトを沢山載せて食べました。
 モヤシなどを載せた時のようなシャキシャキ感があり、美味しかったです。

 このブロッコリースーパースプラウトは下のスーパーでは出ておりません。
 一昨日娘達とよそのスーパーに行きましたので、買って来ました。
 このスプラウトの効能は凄いようです。上の赤字から入ってご覧になって下さい。
 覗きますと下の方によくある質問という所があります。
 是非そこをご覧になって下さい。

 先だってブログで紹介しました生涯健康脳についてのことです。
 そのことを勉強会で取り上げた記事を見つけました。また書評も見つけました。
 幾らかでも健康寿命を長くするかは自己管理が大切です。
 食生活もその一つですね。それと矢張り運動なんです。そして脳の最高の栄養素は「知的好奇心」だと言うことです。
 この本では知的好奇心は見たい!聞きたい!知りたい!行きたい!やりたい!など、さまざまなことに興味関心を持ち、いつもワクワクときめいている状態は脳にとても良いのですと書かれています。
 何だかえらく嬉しくなって仕舞いました。そうだこれで行こう。です。

entry_header

食用菊を頂く

 先日延命菊と言う食用菊を沢山頂きました。
 秋になると偶に買うことはありますが、パックに一列並んで収まった物です。
 それが頂いた菊は沢山です。

     食用菊  食用菊2

 菊だけではなく、戴き物が沢山目の前にありますと、何となく嬉しく心が豊かになります。
 物のない時代を過ごしたことがある所為でしょうか。友人もそう言います。
 
 これだけありますと、とても一挙には食べきれません。
 普通にお酢を入れた熱湯でさっと茹で、水で冷やし、水気を良く絞り、小分けし平らに伸ばして、冷凍にしてあります。

     菊とじゅんさい  菊ともずく

 量はたっぷりあるのに、盛り付けは何となく酒肴のような感じになって仕舞います。
 パックの菊を買いますと、どうしても小ぶりの器に盛りつけるのですね。そのくせが出てしまいます。
 左は蓴菜と一緒に盛り付けました。  右はモズクと一緒に盛り付けました。
 どちらも三杯酢を掛けて頂きました。すっきりとした気分になります。

entry_header

高さんの新刊

 昨日は夫とペインクリニック内科の受診に行きました。
 我が家からの道筋に高さんのマンションがあります。
 高さんは世界の人形館をプライベートミュージアムとして人々に開放されております。
 高康治さんは今やペンネームを「高やすはる」とし、別名旅の達人「ワールド・トラベラー」とも称しております。
 
 世界の人形館はマンションの12階 そこからは筑波山も良く見ることが出来ます。

           高さん宅からの風景

 高さんのお宅を訪問しました。新刊のことをお聞きしました。それは将にワールド・トラベラーならではの著書です。

           高さん 素顔にイスラム

 著書名は素顔のイスラム です。イスラムに関する学術書や見聞記、またルポなど色々とありますが、高さんのこの著書の凄いことは長くイスラムの国々に滞在。その経験を踏まえて実際のイスラム圏の人々の生活・政治・経済はもとより、事実を知る人でなければ分からない様々な角度から解説しております。
 堅苦しいものではなく、興味のある事柄が詰まっています。

              目次を掲載して置きましょう。

        目次2目次1

 著書の写真・データーなど全て高さんご自身のお手元にあるものをお使いになっているそうです。
 表紙のアラビヤ文字は高さんのお名前だそうです。
 
 中々難しいイスラムのことをこの著書で多くの方に知って欲しいという言う高さんの願いは並々ならぬことです。

 高さんの世界の人形館は私のリンクに入れてあります。そこからブログにも入って行くことも出来ます。
 ぜひご覧になって下さい。

entry_header

今日の一品とラグビーのこと

 買い物を娘に頼んだりしてはいても、段々ある物が無くなって来ました。
 熱も下りましたので、朝食の煮物に何をしたら良いかしらと、見回し玉葱と車麩の卵とじを作りました。

      玉葱と車麸の卵とじ

 出汁に砂糖と醤油を入れて、玉葱半分、小ぶりの車麩4枚 卵2個
 車麩は富山の瀬戸さんが親子丼を作るときに使っており、この方法は理にかなっているわと真似をしました。
 汁がお麩に吸い込まれて取りやすくなりました。
 これは簡単に卵丼の時に良いですね。このままご飯に載せれば良いのですから。

 テレビのことですが、普段はスポーツは夫のチャンネル権に合わせて見ており、何となく野球やサッカーなどのファンに驚いております。立ったまま跳ねてそれも立て続けに跳ねているようですね。
 でその他にこのところラグビーの試合と言いますかワールドカップ2015年の大会に日本の選手が大活躍したことで、ラグビーの試合も見ました。
 五郎丸さんと言う方が大活躍。それで子どもたちの練習風景なども出て来ます。
 その子どもたちが五郎丸さんのルーティンを真似する姿の可愛いこと。
 街中でも色々な方にルーティンのポーズをして貰い、それが流れますが、子どもたちの可愛い腰付きには大人や女性はとても敵いません。

 昔ラグビーのことを和田政雄先生に色々と教えて頂き、また北島忠治先生には良くして頂きました。
 ラグビーも一時人気が落ちて、秩父宮ラグビー場のスタンド席の専用パスが売られた時代もありましたが、これで大いに盛り上がることでしょうね。
 昔のことを此処でちょっと覗いて下さい。
 私の知る明大のジャージーを見て頂けます。

 五郎丸さんの画像をDelightな世界さんからお借りしました。

      五郎丸

 ネットで沢山画像はありましたが、子どもたちの姿を見ますと、これがとても真似しやすいように感じました。
 私のブログは子どもは見ていないか。マ良いでしょ。

entry_header

朝食は作るのですが

 風邪がかくも大変なものかを実感しているこの頃です。
 万病のもとと言われる言葉は特に高齢者に当て嵌められますね。84歳ですから何処から見ても高齢者です。
 普段は高齢だとは分かっていますが、何か特にそれを何かと関連付けて考えずにおりました。
 先ず下痢から始まったのですが、風邪と言う意識はありませんでした。
 料理も作っていました。
 それが熱が出るようになりますと、作ることは出来るのですが、何だかおかしいのです。
 普段は作る物に先ず興味が湧きます。それがどうも的はずれなような感覚です。
 食卓に並べましても食べようっと気持ちが強く出ません。それでも何とか少し口に入れました。
 
 段々食べたいとか、食べられるとか言う状態に狂いが出てきました。そうなりますと動きたく無くなって来ました。

 仕方なく長女にメールをして夕食を買ってきて貰ったり、二女に差し入れて貰ったり、ネットスーパーで取り寄せたりしました。
 夫も下のスーパーに買いに行って呉れました。

 今日は少し回復して来ました。熱は先週の病院で頂いた薬のこともあるからでしょう。全く出ません。
 それでももう少し気力が回復して欲しいですね。

     朝食10月6日  朝食10月7日

 左の朝食10月6日の朝刊は大村智先生のノーベル生理学・医学賞の受賞を伝えております。
 右の朝食10月7日の朝刊は梶田隆章先生のノーベル物理学賞の受賞を伝えております。

entry_header

初めての柿

 熊本のあかちんさんから頂いた柿 初めて目にしました。

        大秋柿


 太秋柿と言う種類の甘柿です。調べて見ましたら、とても美味しいと評価を受けている柿だそうです。
 柿好きな長女の娘が大喜び。
 私は冷えるといけませので、ちょっと味見 わ~美味しい。治りましたら食べるぞ~と思っております。

 可愛い動物のYouTubeってほのぼのとします。
 この数日何だか気分が今一つ、何となく億劫にしています。これを見ましたらとても楽しく気分が癒やされました。ご覧になって下さい。

entry_header

チャイナドレスは素敵だ 107

 チャイナドレスの特徴と言えそうなこと 一つは身頃がシンプルだということ。
 一つは身頃にアクセントともなる、縁取りと紐ボタンです。
 縁取りは豪華なものからシンプルなもの、また一重だけではなく二重にも三重にもなっていたりするものもあります。

 欧風の衣服に慣れて来た人にはシンプルなものが好まれます。

       ストライプ縁取り

 これは普段着としても外出着としても大いに利用出来るものです。
 縁取りの布は身頃と同じ物を使っています。根気のいる仕事です。
 
entry_header

昨日のこと

 昨日の午後 柏そうごうの14階に台北の林偉烈さんが会いに来て下さいました。
 林さんと仲良しだった島田さんの夫人も駆けつけて来てくださいました。
 
 6月に三人でお会いしてますので、改めて近況をお伝えすることよりも、林さんの現在の仕事のことが中心になりました。
 林さんは6日に57歳になっています。社会人としては円熟の時期に入っていると言えましょう。
 ご家族はお元気です。奥様は台湾政府の公務員として仕事を続けられています。

     10月7日筑波山  10月7日手賀沼

  筑波山は晴れ上がっている遠くに姿を見せていました。 手賀沼は5時近くに水を美しく見せてくれます。

     10月7日富士山  10月7日夕暮れ

 この桃源ではこの時期から初冬に向けて風景はとても美しく感じます。
 特に大きな赤い太陽の落日は何回でもみたい風景です。
 太陽が西に姿を消しますと遠く富士山が見えます。これも丁度時間が合えばですね。

 林さんは台北にお帰りになりますと、ご親戚の方々をカンボジアにお連れするそうです。
 カンボジアでは台北の50年ほど前の風景に出会えると言うことです。カンボジアの役人の話は面白かったです。
 カンボジアの報告は後日送って下さると言うことでした。
 話は尽きませんが、6時に柏駅でお別れしました。

 話は変わり私は昨日の午前にかかりつけの病院に行きました。
 どうしてかと言いますと、ブログに書いたお腹の調子から始まって、どうも調子が狂っています。
 下痢は正露丸で直ぐに治りました。ところがそれから数日後 夕方になると発熱をします。
 それも葛根湯を飲み、翌朝には熱も下がるのです。
 で熱は持続はしません。兎に角葛根湯で下がるのです。
 ただ熱の出る原因が見当が付きません。
 午後柏に行くのに熱がでては困りますので、診て頂きました。
 症状を時系列に書き留めて持ってゆきました。先生は説明をおききになり、「これは風邪です」と即断
 「下痢もそうなんですか」 「そうですね。薬を出しますから飲んで下さい」となりました。

 その日は2時間ほど掛かりました。何時もは夕方に行きますので、久し振りの長時間待ちました。

 薬の説明を読みましたら、アルコールが駄目なんですね。仕方なく柏でも飲みませんでした。

entry_header

お灸

 今日は何もせずに休もうかと思いましたが、数分で出来そうなので写真を二枚載せて置きます。
 
 何十年も時々右親指に痛みが起きます。
 
         その時お灸を据えます。

         お灸1

         お灸2

     一人で写真を撮すのって難しいですね。 
     お灸を据えたところ、微かに赤く見えます。
     これは直に消えます。今日はこれだけでご免なさい。  お休みなさい。


entry_header

牛そぼろ山椒

 久し振りに牛のそぼろ山椒を作りました。最近エスパの肉売り場には滅多に行きません。
 ネットスーパを利用すことが多くなっています。

       牛そぼろ山椒煮

       作り方は此処でご覧ください。

 黒毛和牛のひき肉ですが。脂が多すぎても少なくても美味しくないのです。
 これはお返し用と夫用の物です。
 お返しにする方は味の好みは私に似ております。とてもこのそぼろ山椒がお好きで、食事の最後にちょっとご飯に載せて食べると落ち着くと言うのです。
 夫は前はお返しだと分かっていますから、自分の口には滅多に入れませんでした。
 それがどういう風の吹き回しなのか、今やあれば必ず毎食食べます。 
 私の不在の時 これがあれば何もなくても良いよと言います。
 兎に角これで外出がしやすくなるとは有難いです。

 友人の所には明日午前に届きます。電話が来ます。来たら最低30分は過ぎて行きます。
 そんな訳で、午前の予定を入れないようにしております。

entry_header

卵とじと雑談

 健康で過ごしたいと思うのですね。基本は食事・運動・睡眠 これは大昔から言われていました。
 運動がどうも出来ません。腰や大腿部の痛みもあることで動作も緩慢です。
 そんな中で食事はま~ま~と言ったところでしょうか。
 
 朝食は3食の中で一番バランスに気をつけています。寒くなって来ましたので、温かい卵とじなど如何でしょう。

      豆腐卵とじ  白茄子を卵で

      左はお豆腐の卵とじです。   右は白茄子の卵とじです。
 どちらも卵は二個使います。出汁は常時とって保存してありますから、面倒ではありません。

 最近とても気になると言いますか、関心があるものがあるのです。自分の高齢化もあるせいでしょうか。
            
            バスの車椅子の装着のことです。

               新しいバス

 このバスは地元の坂東バスです。先日乗りましたら新しくとても綺麗なのですね。車いす用の場所が三箇所あります。

 でこれに関心を持つかどうかは自分の好奇心でもあるかも知れません。
 私の乗車時間は10分も無い位です。車椅子のお客さまが見えたら、どういう手順で装置し、お乗せするのかです。
 気になり、調べて見ました。バス会社の説明では車いす用のスペースがあると言う表示はあるのですね。
 装置に誰が関わるのか、どういう手順で車椅子のお客さんをお乗せするのか、分かりません。各社が大体同じです。
 
 なにもあなたがそんなことを心配することはないと言われそうです。ですが少しでも知っているならばいざと言う時に役に立つと思うのですね。

 戦時中の救急用具の使い方。これは時々役に立ちます。台所での簡単な止血方法などは一番役に立っています。

 ある時田舎のバスが若い女性を轢いて仕舞ったのです。脹脛は大きく割れて筋肉と言いますか、白し脂肪も見えます。 
 その時乗客は数人です。夏の県道は人も歩いていません。
 咄嗟に私は三角布と止血棒と止血石を救急袋から取り出し、応急措置をしました。今の中学1年生の時でした。
 バスは其の女性を載せて町に戻りました。私はバスから降りて自宅に戻りました。

 こう言う経験が何時も胸をよぎります。運転手さんと介護の方だけで出来ない場合。そういった時のための知識は知っていたほうが良い筈。バス会社の案内に工夫が欲しいと思っております。

entry_header

枸杞の実入りハトムギ粥と雑談

 先日老師と話しをしておりましたら、ハトムギ粥に枸杞の実があれば入れると良いと教えて頂きました。

         枸杞入りハトムギ粥

 今日の昼 整体の先生とお喋りをしました。先頃私がお腹を壊して困ったと話しました。
 「正露丸を飲みなさい」と即言葉がでました。
 「飲みましたよ。直ぐとまりました」と言いますと先生は「下痢が止まっても中は治っていないのです。続けて2週間は飲んで下さい」
 「そうなんですか。それで少し何だか変だったのですね」
 「そうでしょ。飲んで下さいよ」 
 先生から枸杞の実を沢山頂き家に戻りました。

 一昨日の夕方 どうも熱がありそうな感じなんです。何となく動きたくないのです。
 夫に「熱がありそう」と言いますと、体温計を何本も出して来ました。
 孫たち用に買った物。古い物。どれも反応しません。
 慌てて長女に買って来てとメール 一方助っ人さんに「体温計お持ちですか」と電話をしました。
 「今は持っていませんが、どうかなさいましたか」 「熱がありそうなんですが」と言いました。
 「お役に立てなくて済みません」と言うことです。
 それが助っ人さんは知り合いの高齢者の方の家に借りに行かれ、届けて下さったのです。
 
 一方長女が買ってきてくれた体温計 家にあったものと全く同じもの。 
 夫が説明書を読みましたら、家のはスイッチを入れずに、脇に当てていたのです。
 も~何てことですよ。
 結局37度8分 夕食の支度はしたくなく、じっとしておりました。滅多にないことです。
 夫があるものをテーブルに並べて食事を済ませました。
 私は食欲なし。葛根湯を飲み寝ました。どうも風邪だったようです。
 翌朝には熱も下りホッとしたことです。

entry_header

チャイナドレスは素敵だ 106

 秋が深まって参りました。このところ中国事情の所為か、或いは関心が持たれなくなたのか、チャイナドレスを着た人は滅多に目に付きません。
 好きで着る人は奥の深さに嵌まります。段々あれこれ作って見たくなます。

 先日生徒さんが秋らしい色彩の生地で仮縫いにお見えになりました。
 ベテランの生徒さんは自宅で裁断を済ませてお見えに来る事が多いですね。
 ご自分の体型を良く分かっておりますから、直す所は多くありません。

       秋物旗袍

 これは袖丈を少し短くし、袖口を少し細くしました。他は胸のカーブをシャープにし、着丈を直しました。全体に良く合っております。

       秋物旗袍裾始末

 ベテランですから直しも直ぐに出来ます。布がほつれ易そうに見えますから、裾のヘムの端にバイヤステープで包み纏るようにしました。
 時間は正味2時間ですから、私の目の前で出来るだけやって帰って頂きます。

entry_header

記念になります

 二女の娘は4日の大会に向けて猛練習をしているようです。
 小さい時から、身体を動かすのが大好きで、特に人まねのパフォーマンスは私達を驚かせ、楽しませて呉れました。
 志村けんの真似 キム・ヨナの真似、もう皆さんにお見せしたい位です。
 そう言う資質が生きているのでしょうか。ダブルダッチに打ち込んでいます。
 今日は我孫子市の広報と読売新聞の地域版で紹介されました。


       えりか我孫子広報  えりか読売

 特に言うべきことはありませんが、出来る内、希望がある内 頑張れる内 一所懸命過ごして欲しいと思っております。
 家族に喜びと期待を持たせて呉れた、この子が元気で病気にならないようにと願っております。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog