2017-02

« 12345678910111213141516171819202122232425262728»
entry_header

私的明大昔話  27

 この数日西日本や日本海方面での降雪が凄く、車の立ち往生や列車の遅れなどがニュースで報じられております。
 私が学生相談室の仕事を始めた、最初の冬。
 どの部屋も隙間だらけで、その冷え込みは酷いものでした。
 和泉校舎事務室が用意して呉れた石油ストーブは安物です。灯油はタンクに入れて逆さにして、火を付けます。
 それは相談する部屋に置き、朝から点火しませんと、午後の相談時間までに温まりません。
 
 事務室コーナーになる部屋には達磨ストーブが置かれ、私が出勤する時には現業の方が火をつけて置いて呉れています。
 温かくなってはいますが、この部屋は北向きですから、隙間風は入って来ます。
 達磨ストーブは石炭をくべます。時々石炭をくべながら仕事をします。

         img_1.jpg

 画像はネットからお借りしました。こんなのが部屋の中で赤い火を見せています。
 上に何かを置くことも出来ます。
 火のある所には人がよって来ます。
 相談員の先生方は最初の数年は学生部委員の兼務で、手当は出ません。
 手当はなくても相談室の存在こそ大事だと一所懸命にその運営に取り組んでいました。
 私の一人勤務が大変だろうと、先生方は授業の無い時などに相談室に顔を出して下さいます。
 そこにストーブが鎮座していますでしょ。誰となく自然にこのストーブで何か温めたり、作ったりして見たくなりますね。
 そこで時々鍋を乗せて鍋ものを作り、食べたりしたものです。
 時間は夕方からですね。私の勤務時間も終わってからです。先生方は杯を傾けながらも相談室を良くするために議論をしたものです。寒い日が続くとあの時作った物や、鍋を持ってうろうろした先生の姿などを思い出します。
 このノミニケーションは時に相談員以外の先生方をゲストに迎えて開催されたものです。
 それは相談と言うことへの理解をして頂く役割にもなったことでした。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog