2017-02

« 12345678910111213141516171819202122232425262728»
entry_header

バレンタインデーだと言うのに

 昨日スーパーに行きましたら、チョコレート売り場には色々な綺麗なチョコレートが並んでいます。
 明日になったらどうするのかしらと、他人事ながらチョッと気になりました。

 バレンタインデーにチョコレートを上げる。誰に?何だか上げるのも色々と考える必要があるようですね。
 我が家では夫が偶に孫から貰うことがありますが、私は夫に一度も上げたことはありません。
 お互い余りそう言ったことに拘りがありませんから、今日もただそういう日だな~と言うだけですね。
 無風流とも言えますね。でもチョコレートは美味しいし、食べるのは好きですよ。

       チョコセット

   これは夫が随分前に上の孫から貰った物です。

 話しは変わり、女学生の頃 女学校の教師は男女の交際を歓迎しておりませんし、むしろ禁止するような姿勢でした。
 チョコレートを異性に上げるなんて夢のようなことですね。勿論チョコレートなんてありませんでしたよ。

 昭和19年4月に入学しましたが、毎日が楽しいばかりとは言えません。勤労奉仕もありましたし、防空壕作りもありました。
 
 そんな時ですガ、学校では団行と言う名の行事がありました。
 全校生徒で行軍のように遠くまで歩いて行くのです。その中で特に記憶に強く残っているのは、「安房神社」と言うお宮に「武運長久」を祈りに行ったことです。
 とても暑い日でした。
 学校から南へと向かい歩きます。峠が一か所あります。切り通しと言われ、そこに行きますと、爽やかな風が吹き通り、休憩します。 
 道路一杯に皆で座り、汗をぬぐい一息つき、また歩きます。
 
    この方のブログでその切り通しを見つけました。

        切り通しR410

 とても不思議なことなんですが、この神社のある部落から学校に通って来る生徒もいるのですし、歩いて1時間もあれば家に帰られる生徒もいるのですが、お参りが済むとまた全員学校に戻るのです。
 私も山の中を通って行けば2時間位で帰られたと思うのですね。
 それがまた3時間ほど歩いて学校に戻るのです。
 そして私はバスで帰宅するのです。
 当時バスは1時間近く乗りましたからね。
 訳の分からないことが沢山ありましたね。全体主義と言うのでしょうか。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog