2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

冷やし中華と健康話

 段々冷たい物が苦手になって来ています。身体は冷やさないようにと、冷たい飲み物は極力避けています。
 それでも気温も上がって来ますと、ソーメンや冷やし中華などを時々作ります。
 夫は冷やし中華が好きなんですね。 昨日は冷やし中華にしました。
 そばは市販の物ですが、見たところ麺が良さそうでしたので、これを使いました。

         冷やし中華

 トッピングは鶏ムネ肉の柔らかに煮た物がありましたので、それに胡瓜。上にホタテ貝柱の粉末を掛けたのですが、それだけではさびしいのでクコの実と青シソを散らしました。それだけのシンプル中華です。夫は紫蘇抜きです。
 トッピングに卵の薄焼きや蒲鉾なども良く載せてありますが、私は大体焼き豚と胡瓜、それとワカメが多いですね。
 偶に茹でモヤシを使うこともありますが、もやしは味が馴染まないような気がするので余り使いません。

 先日老師から立夏の日に書かれた健康についての資料が送られて来ました。元は財経早餐と言うホームページからのもののようです。
 今年の立夏は5月5日だったのですね。
 その資料ですが、「今日は立夏!天気はこれから暑くなって来ます。身体を洗う時、このところを良く洗うと、寿命が長くなりますよ」と言うのですね。
 資料によりますと、多くの人は身体や脚を洗う時、普通は見える所を洗っていますね。例えば頭、背中、手足、胸やお腹ですね。
 実は私たちの身体には幾つかの特殊な場所があるのだそうです。洗う時そこを良く洗えば寿命もより長くなると言うことですね。
 「今日はチョッとあなたに紹介をしましょう」と以下のような場所が書かれています。

 一つは80歳とは思えない中国の医師はその場所を生涯さすって洗っているのだそうです。
 資料によりますと、洗う場所の一番は足の裏の湧泉穴と言う場所です。
 それと二つ目は腋の下を良く洗うことですね。
 三つ目はふくらはぎを下から上へと摩るのです。四つ目は耳の上の方のへこんでいる所を揉みさするのです。
 そして五つ目ですが、夜寝る前には熱いお湯に足を付けて指先を良く揉みほぐすのですね。
 
 以上のような事なんですが、この洗う、さする、と言うことの効能は健康維持には良いことが一杯だと書かれています。
 効能は多くまた全体が長いので、上の赤字からご覧になって頂くと、順に漢字で効能を表す字が出ております。
 
 湧泉穴はとても重要なツボなんですね。ここは腎臓にも良いそうです。
 前に老師の仰る気から腎臓のことを載せたのですが、この資料でも此処こそ大事だ示しているようです。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog