2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

鯖話し

 鯵や鰯 そして鯖などの青魚は好きです。夫は鯵は普通には食べられますが、鰯は出来れば避けたい方です。
 鯖 これは駄目です。
 若い時に手術を受けて入院生活を経験しており、その時に出て来た鯖がトラウマになっているのでしょう。
 多分調理も余り上手ではなかったのではと思います。
 鯖の美味しさを知らないと言って良いような気がしています。ですが無理強いは良くありませんから、夫には出しません。

         金華鯖醤油干し

 これはアリオ柏のマルタカ鮮魚店で買って来た「金華鯖の醤油漬け」です。
 2枚で398円です。金華鯖にしては小ぶりですし、安すぎます。ですがあの店では不当表示をしているとは思えないのです。
 私の知る範囲ではきちんと表示がされていると思っております。

 一人で一尾は食べ切れません。半分食べて後は冷凍にし、一尾は二女の家で食べて貰いました。

 房総半島の先端の方に千倉と言う町があります。
 現在は南房総市の一部ですね。
 その千倉には港が幾つかあります。一番大きなのが千倉港です。
 千倉港からは秋になると秋刀魚船や鯖船が出漁します。
 鯖船は遠くには行かず、房総半島の沖に釣りに行きます。
 暗い夜 沖の漁火は鯖船の灯りです。何艘も並ぶとその漁火の輝きが綺麗なんです。

 昔は鯖を干して鯖節を作ったものです。今はどうでしょうか。鯖の削り節は蕎麦汁に使われますね。
 我が家でも自家製で作ったものです。

 千倉の鯖を何とか市場に売り出したいと言う千倉に住む県会議員がおりました。
 父と親しい、その議員は鯖の燻製を手掛けたのです。その鯖の燻製を当時の伊勢丹に売り込みたいと、父が私の所に連れて来ました。
 丁度青島羊会の仲間が地下の食品売り場の責任者だったのです。彼は丁寧に対応して下さいました。
 結果は無理だとなりました。
 詳しいことは覚えていませんが、他の燻製品と比べ価値が劣ると言うことだったと思います。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog