2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

やっと手に入れた本

 今日のお天気 台風も過ぎ去り晩秋の美しい空が広がっていました。
 定点観測のような中央公園ですが、秋の色が広がっています。

         10月31日中央公園

 これは4階からのものですが、7階や10階から眺めますと遠くスカイツリーも見えるとか。

 買い物に行くのは、専ら食料品ですから、他の物は良くAmazonで買います。
 早いものでは翌日に届きます。
 本は良いですね。古い本でも新刊のような綺麗なものが定価より安く買うことも出来ます。

 長年探していた本が今日買うことが出来ました。欲しいと思ってから色々と検索していましたが、見つかっても品切れとか入荷予定なしで、半ば諦めておりました。
 それが今日何となく駄目元でも良いと検索しました。
 何と7冊も出て来たのです。驚きました。中古品ですが買うことが出来ました。嬉しいですね。

            精進料理表紙

              この本です。
 
 同じ出版社の本は大分前に買うことが出来ました。それは下の本です。

            精進豆腐

 この2冊があってもお料理が上手になることとは別です。参考にして作らずって言うのでしょうか。
 でも何だかとても満足感があります。

entry_header

朝食と昔話

 今日は最近の朝食をアップします。変わり映えしませんが、出来るだけバランス良くと思って作っています。
 
    朝食10月27日  朝食10月28日

     左は10月27日のです。     右は10月28日のです。

    朝食10月29日  朝食10月30日

     左は10月29日のです。     右は10月30日のです

 昔々中国山東省に駐留していた日本軍が南方に派遣されて行きました。その兵隊の居た所は坊子と言う所です。
 私はその坊子の兵営に行ったことがあるのですね。それはとても特異な経験です。此処からご覧ください。

 私が出会った方は長く生きたからだけではないような気がします。今までに出会った方には世間に知られた方もおりますが、偶然に出会った方もおります。また自分の環境から出会った方もおります。
 今日は病院に行きましたが、待ち時間が長くそこにあった週刊誌を開きました。
 老眼鏡なしですからチョッと苦労でしたがね。
 五木寛之と言う作家の方が、思い出は長生きの秘訣と言うような記事を書いておりました。
 その中で懐かしい喫茶店が色々と出ています。中野の名曲喫茶クラシックの様子は特に詳しく書かれておりますし、当時のコーヒーの値段なども出ております。ラーメンやウィスキーの値段も出ておりましたね。とても懐かしく読んで来ました。
 そこで私も偶には思い出も良いなと思ったことです。
 
entry_header

おでん

 おでんは好きですが、作るとどうしても多くて何回も食べることになります。
 長女の所でもそうだと言っております。

        おでん

 おでん種を買って来て、大根と昆布を足して作ったのですが、3回食べることになりました。

 高齢者が増えているご近所ですが、良く出る言葉は「コンビニがあると良いわね」ですね。
 一人暮らしの方は特にそう感じていられるようです。
 コンビニのおでんは好きな物だけを買うことが出来るそうです。
 便利ですよね。買いたくなるでしょうね。
 
 我が家から一番近くのコンビニは多分500m位ではないかと思うのですがね。それでも歩くのは大変です。
 
 我が家では今のところおでんは家で作っています。

entry_header

プリンと雑談

 下の孫がモロゾフのプリンが好きだと言うので、買って来ました。
 序に自分たちの分も買って来ました。久し振りです。我孫子では売っていませんからね。

       モロゾフプリン

 一回で食べるには多すぎますが、美味しいので食べて仕舞いました。器がガラスですから幾つも買うと重いですね。
 だからと言ってプラスチックではモロゾフとして値打ちを下げることになるのでしょうかね。最も昔は陶器の器で作ったものです。

 母が作って呉れたのは中国青島の時でした。家の斜め前に日本の陸軍の将校の宿舎があり、そこの専属の調理人から習ったのかもしれません。練り切りも作って呉れました。練り切りはヘラで模様を付けるのが楽しかったですね。
 母は元々料理は上手でしたが、その兵隊から、色々と教えて貰っていました。鶏の丸焼きなども時々焼いて呉れましたね。
 兵隊は将校が出掛けて仕舞うと用はないのです。夕食まで時間がありますから、良く我が家に来ておりました。

 戦後引き揚げて来てからは貧乏でしたし、忙しかったこともあり一度も作って貰った記憶がありません。

 昭和18年 父の実家の離れに知り合いに頼まれた東京から二人の姉妹が来ておりました。
 そのお姉さんは昔今で言うところの準ミスと言う方で美人でした。顔だちも品があり、姿は勿論素敵です。
 日本からサンフランシスコへ出雲の火を届ける親善使節として行かれた時の写真は振袖姿で、記憶に残っております。
 そのお姉さんがある時プリンを作って下さったのです。嬉しかったですね。
 その時結婚されていたことは知ってはおりましたが、ご主人は戦地に行っていると聞いておりました。
 お二人は19年の暮れに館山に引っ越して行きました。米軍が上陸するなんて話がありましたからでしょうか。

 そして戦争が終わって暫くたったある日 私は都内でお姉さんとご主人にお会いしたのです。
 その時、私は初めてインパール作戦を意識したのです。
 ご主人はインパールから帰還されたのです。
 そのご主人の姿に驚きました。想像もしなかった老いた男性です。過酷な戦いがそうさせたのでしょう。

entry_header

満蒙開拓平和記念館

 今日の朝日新聞朝刊に掲載された一文
 
       朝日10月27日朝刊


 私はこの満蒙開拓平和記念館のことは知りませんでした。

 満蒙開拓団のことは今までもある程度は知っていた心算でした。
 ところがこの記事を目にし、調べて見ましたら、様々なことに改めて驚きと怒りを覚えております。
 
entry_header

久し振りの塩豚

 段々魚より肉を食べることが増えています。
 ペインクリニック内科の先生は受診に行くたびに「毎日卵を一つは食べて下さい」と仰います。
 卵は食べますが、量で言えば肉の方が多いですね。
 最近よく聞く話に老人も肉を食べましょうと言うことですね。

 先日買い物に行きましたら国産肩ロースの良い塊が安く出ていました。二塊で1000円です。
 久し振りに塩豚にしました。 塩豚は何時も作り方は同じです。関心がございましたら赤字からご覧になって下さいませ。

 今回は出来上って見ましたら、思っていたより脂身が多かったです。

             塩豚塊

   冷蔵保存し、色々と使います。一昨日と今日の昼は麺に載せました。未だありますよ。

    塩豚ラーメン  塩豚うどん

 退院した友人にも少し送りましたらとても喜んで下さいました。
 彼女には切ったら数秒レンジで温めてねと伝えました。脂が少し軟らかくなり、食べ易く美味しくなりますからね。

entry_header

蕪の煮物と雑談

 綺麗な蕪が出ていたので買って来て、煮ました。
 蕪の煮物って意外に難しいのです。味もですが硬さですね。
 チョッとしたことで煮すぎて仕舞ったり、また煮が足りなかったりします。

       蕪煮物

 これはとても良い具合に煮えました。味も丁度良く美味しいのですね。ところが葉は兎も角茎が歯に挟まりダメなんです。
 高齢って色々と起きます。

 歩かないと足が弱り良くないと分かってはいても、積極的に歩きません。
 そこで娘たちが買い物に行く時には特に買う物がなくても出来るだけ一緒に連れて行って貰います。
 カートを押して歩きます。杖をカートに上手に載せるので娘に感心されます。

 今日は雨でもありまた気温が随分下がって来ました。二女が流山おおたかの森S・C店に行くと言うので一緒に行きました。
 そこにはイトーヨーカ堂が入っています。我孫子のヨーカ堂より品物が豊富、出店しているお店の品物も珍しくきょろきょろします。
 二女は「リニューアルしたって彼方此方に書いてあるでしょ」と言います。
 「ええ?リニューアルって」と私は聞き返しました。
 二女は「店内にあんなに沢山貼ってあるでしょ。見てご覧。あっちにもこっちにもあるでしょ。気が付かないの?」と言います。
 「気が付かないけれど」と言いますと「どうして気が付かないの」と言うのです。
 どうもこうもないのです。気が付かないのです。二女曰く「お店の人可哀想。こんなに一所懸命に出しているのにね」と。
 帰宅後その話になりました。
 「やっぱりばーばはおかしいよ。普通の人は気が付くと思うのにね。ボケても分からないのではと心配しちゃうわよ」と言って呉れました。

  夫は確かに変わってはいるけれど、変ではないよと言って呉れています。

entry_header

チャイナドレスは素敵だ 130

 今日は一番長く勉強している生徒さんがお見えになりました。
 特に変わった物を作っている訳ではありませんから、手を動かしながらあれこれお喋りをしました。
 
 時間の最後はコサージ作りです。家に咲く花をお持ちになりますから、私も臨機応変に対応して教えます。

        コサージ10月

 今日の花は痛みやすいものでしたが、基本の勉強のために仕上げてお帰りになりました。
 次回のコサージはクリスマスバージョンにしようと思いますから、それに似合う材料を考えお持ちくださいと伝えて置きました。

 今日は130回のアップですから私が提供したドレスを着て歌って下さっている「フォレスタの旧バージョン蘇州夜曲」をお聞き下さいませ。 
 コサージもヘヤオーナメントも一緒にお作りしました。一人一人違います。

entry_header

思い出のお料理

 2004年10月16日 この日はお天気も良く、私は自分がセットしたツアーで中国北京の万里の長城へと向かいました。
 八達嶺では現地ガイドの案内で裏口?から長城に登りました。
 私はバスの駐車場から歩いて行きたかったのですが、ガイドは裏口とも言える場所までバスを寄せて仕舞いました。
 秋は果物が並ぶのですよ。本当に残念でした。 
 八達嶺から北京のホテルに戻り、チャイナドレスに着替えて食事に行く予定になっていました。
 このツアーは「チャイナドレスを訪ねて」と言うツアーですが、参加者は私の生徒さんと友人で全部で11人です。
 ホテルに戻る時間がなくなり、仕方なくそのまま人民大会堂に向かいました。
 
 人民大会堂の二階には幾つかの小部屋があり、私達は落ち着いた部屋に案内されました。

           人民1

 食事は特に豪華な物ではありませんが、洗練された味の良いものでした。
 一皿づつゆっくりと運ばれて来ます。一品のお皿が終わりになる頃合いをみて、次のお料理が運ばれて来ます。
 順序はコースですから順番がありました。ですがハッキリと覚えていません。
 全部ではありませんが、懐かしい思い出のお皿を並べましょう。

   人民2  人民3

   人民4  人民5

   人民6  人民7

 この時の紹興酒の美味しかったこと。ボトル一本800円です。欲しかったのですが、此処だけでの物だと言うことで分けて頂けませんでした。
 食事が終わり、人民大会堂の玄関に出て来ましたらライトが当てられているのですよ。
 一世一代のチャイナドレスでそこに立つ姿はなく、普通の旅の姿でした。

entry_header

鮭の西京漬けと雑談

 ロシア産紅鮭を西京漬けにしました。時々失敗と言いますか僅かな手間を端折ると駄目ですね。
 これは塩も薄くして漬け込みました。
 朝食に一切れ焼きましたが、味も良く皮が美味しかったですね。

       ロシア紅サケ西京漬

 最近食事の量が少なくなって来ています。ご飯の量が少しになっていますから、お惣菜も出来るだけ少なく作っております。
 それでも残って行きます。
 煮物は煮た時に一部を冷凍にして置き、友人に送ります。その友人今膝関節の手術を受け入院しているのですが、明日は退院する予定でした。それが台風の影響で24日になったと電話がありました。
 
 超大型台風21号が近づいて来ております。鹿児島の友人からメールが来ました。台風は鹿児島を逸れて行きましたが、そちらが心配ですよ。気を付けて下さいねと気遣いのメールでした。
 
 この台風の影響で千葉県の君津市や南房総市で避難勧告が出て来ました。
 実家の方ですから、詳しい情報を見て見ましたら、避難所や避難所の位置の高さも出ておりました。
 実家のある場所の避難所は菩提寺になっています。
 すぐ下の一人暮らしの妹の家の方は農協になっていました。
 調べてみて何となく安心と言いますか、場所が確認できて良かったです。

entry_header

マージャンを楽しむ

 明治大学校友会我孫子地域支部のマージャン大会が開催されました。
 柏支部・流山支部の方も参加され、対抗戦となりました。
 参加者は20名 女性は何時もの通り一人。
 幹事さんがルールを色々と説明なさいますが、耳の聞こえない私は始まれば何方かが教えて下さるだろうとのんきに構えておりました。
 結果は予想通り。最低は誰かがなる訳ですから、今回も私が引き受けました。 
 負けても面白いですね。

        マージャン

 今日は一日中冷たい雨が降り続き、杖をつきながら傘を差すので、気を付けて歩きました。
 皆さん優しくして下さり、昔話しも出来、励まされました。と言う訳で次回も参加したいと思っております。

entry_header

旗袍あれこれ

 13年前の秋 私は生徒さんや友人などを誘い「チャイナドレスを訪ねて」と言うツアーで北京から上海まで出掛けて来ました。
 タイトルの通り北京でも上海でもチャイナドレスの専門店や生地屋等を回って来ました。
 上海ではチャンイーモーが映画を撮るために作った大きなセット 映画村に行きました。
 そこは1920年代の上海の街です。上海を舞台にした映画で良く目にする建物が見られます。
 何故そこに行ったのかと言いますと、そこにチャイナドレスの資料館があると知ったからです。

 上海の現地ガイドはそのことを知らなかったのです。そして彼は「今後恐らく来ることはないでしょう」と話しておりました。
 今は知る人ぞ知るでツアーに組み込まれてもいるようです。
 チャイナドレスの資料館ですが、軍人の衣装や、少数民族の衣装も展示されていました。

            上海映画村

 これは映画村のセットです。レールが敷かれていますね。映写機を載せるからでしょう。
 
          上海3

     これはチャイナドレスの紹介をしているものです。

   上海襟1  上海襟2

 展示されているチャイナドレスは年代別に見ることが出来ます。ただ技術的には特に価値があるような物ではありません。
 映画にチャイナドレスを登場させるのですから、考証的に確りとしていることが重要だと思いますね。

 13年前の私 現地ガイドと並んでいます。これは10月21日です。
         数えて見ましたら73歳です。

           2004年10月21日上海

 この時訪問した場所は皆さんが知っている所も勿論行きましたが、私が選んだ場所や食事も組み込みました。
 参加者にとても喜ばれた旅になりました。

entry_header

期日前投票

  衆議院議員選挙は22日ですが、投票所の小学校の講堂が遠くに感じるようになっています。
 以前は少し手前の保育園でしたし、未だ杖を使っておりませんでしたから投票のことは気にしていませんでした。
 
 この数日お天気も良くなく、昨日は晴れたものの、今日は雨模様。台風が近づいているそうです。
 朝は冷え込み、起きてすぐ30分ほど暖房を入れました。選挙はお天気が悪くなりそうです。
 
 昨日の生徒さんが期日前投票を済ませていると話しておりました。
 その様子を彼女は「投票所の雰囲気は表現すれば春の暖かみ、何時も行く投票所は秋の冷たさのような違いを感じました」と話しておりました。

 今日はペインクリニック内科の受診日でしたので、長女に運転を頼み二女もいましたので一緒に出掛けました。
 病院を出て市役所に向かいました。期日前投票をするためです。二女も一緒に投票をすることにしました。
 長女は娘と日曜日に投票するそうで車の中で待っておりました。
 投票は生徒さんが話していたように良い感じでした。初めてのことでしたが、待つこともなくスムーズに済ませて来ました。

        10月3日国会

 歩くのが大変で投票に行くのを悩むなんて考えたことはありませんでした。投票が楽に出来て良かったです。

entry_header

チャイナドレスは素敵だ 129

 生徒さんも色々と忙しく、次々と縫うと言うことも減って来ております。
 既に沢山縫い持っておりますから、ゆっくりと丁寧に縫っております。

     襟  襟2

 これは男性用のを応用して作っております。ゆったりと着られますから、中高年の方に良いと思いますね。
 勿論若い方は若い方なりの生地を選んで作るときっと個性的だと注目されると思いますね。

 今日は襟の所を再度見ました。この方は慎重ですから少しでもためらいがありますと持って来ます。
 質問は直ぐに終わりましたので、ゆっくりお話しが出来ました。
 
 手元にある専門書をお見せしまして、その本の特徴や、それを手に入れた時のエピソードも話しました。
 また同じ本の台湾での物と文化服装学園で翻訳出版されたものの違いを説明しました。
 中々時間がないとこういうことまで話せません。
 私自身もこのような時間があると改めて気付くこともありますね。

 夫は「よく今も教えていられるね」と言います。そう言われますとそれは一体何故かと自問しますね。
 恐らくテキストを作ったことがそうさせているような気がしております。
 人に教えると決めた時、テキストは絶対必要だど、根を詰めて作りました。
 日本では直裁ちのチャイナドレスのテキストはありませんでした。
 恐らく今もないと思います。
 作りはしましたが、それを見極めるために、テキストを持ち香港の職人の所に行き、見て貰いました。
 そして彼らが同じ方法で作っていると分かり、安心し今もそれを基本にして教えております。

 新しい生徒さんは受けておりませんが、現在席のある生徒さんは時間がある時に来て頂くことにしております。

entry_header

今日の一品と郵便局の話

 手羽先を時々圧力鍋で煮ます。手羽先は安く、それに圧力鍋で煮ますと身離れが良く、食べ易いのです。
 良く牛蒡と昆布を入れて煮ます。時にはクコの実を入れたりします。
 味は醤油味ですね。残り汁は勿体ないので出汁を足してじゃが芋を煮ました。

           手羽先汁ジャガ

 これが美味しくて何回も食べました。長女が来た時「食べて見て」と言いましたら「手羽先の煮たのを使ったの?」と聞きます。
 「そう どうしてわかるの?」 「だってクコの実と昆布が入っているじゃないの」とばれました。

 今日は貯蓄の日だそうです。毎日何かの日ですね。時々驚きますよ。
 私の子どもの頃郵便局に行くのは切手を買いに行くか、家に電話がないので遠くに電話を掛ける時でした。
 中国にいた時の家の電話はダイヤル式でしたが、日本の電話は交換台で繋ぐものでした。
 郵便局で東京に電話をするのを申し込みますと早くても1時間。時には何時間も待つときもありました。
 家の傍の郵便局は特定郵便局と言われ、家族経営のようなものでした。
 郵便貯金は今の銀行口座のような使い方ではなく、もっぱら貯金(お金を貯める)ためのものでしたね。
 郵便局に預金の口座を持つなんて知らなかったです。
 今は郵貯の口座では窓口に行かずATMで用が足りますね。
 随分前に知人の方の郵貯の通帳を見せて頂きました。
 再度になりますが掲載致します。

      通帳1  通帳2

 彼女の仕事はガイドさんです。能力が高く素晴らしい方です。
 全国を回っておりますから、土地土地の郵便局に行き入金をするのだそうです。
 そうしますと上のようなスタンプが通帳に押して貰えると言うのですね。時にはお客様のも一緒に持って行き、スタンプを押して貰っていたそうです。
 郵政民営化に伴い、このような記帳は無くなったそうです。
 組織も仕事も合理化され、こういったような温かみのある事が少なくなっています。時代ですね。

entry_header

柏でマンクラ演奏会

 明治大学校友会柏地域支部と我孫子地域支部主催のマンドリン演奏会が11月11日に開催されます。
 流山地域支部も協力しております。

     マンクラパンフ  マンクラパンフ2

 今回は9回目になります。毎回多くの方にご来場頂き、我孫子地域支部の一員として感謝を致しております。
 今回も是非お越し下さり一所懸命に演奏する学生への応援をお願い申し上げます。

 チケットの販売所はお手数をお掛けしますが、画像を大きくしてご覧になって下さいませ。

 明治大学マンドリン倶楽部の演奏する「丘を越えて」を載せて置きます。
 赤字をクリックされますとお聞きになれます。

entry_header

今日のお昼と好きな料理本

 取り寄せた讃岐細切りうどん 消費期限が今月18日になっています。
 未だ少しありますから、今日も昼に食べました。
 
          細うどん15日

     天ぷらもありませんから竹輪を切って載せました。

 手元に色々な料理本があります。古いものも新しいものも含め数えたことはありませんが、可成りありますね。基本となるものもあります。
 読み物としても眺める物としても好きな一冊は安藤百福さんの「麺ロードを行く」です。

       麺ロード767  安藤さんの本表紙

       左は表紙です。   右は本のカバーを広げたものです。

  安藤さんの麺1 安藤さんの麺2

 中を開けると中国各地の麺料理が出て来ます。麺の紹介やその地域の文化や歴史なども知ることが出来ます。
 私は時々眺め、かの地に思いを馳せております。

entry_header

洋食弁当をとる

 今日は妹が来るので、お昼は何にしようかと色々と考えていましたが、どうもこれと言う物が頭に浮かびません。
 何時もお鮨になることが多いのですが、偶には何か変わった物をと思いながら、結局楽な出前を頼むことにしました。

       弁当1050円

 近所のレストランの洋食弁当です。午後1時にとお願いしてありましたら、丁度その時間に玄関に届きました。
 ご飯も温かく、総菜もそれなりに温かくなっておりました。
 随分細かい物も気を遣っているように感じましたね。
 滅多にないことですが、面倒な時には出前で済ませても良いですね。

entry_header

マコモの天ぷらとさつま芋

 マコモが油と相性が良いと瀬戸さんの手紙にもありましたが、EGUTIさんも天ぷらがお好きだと仰っていました。
 実際にてんぷらは美味しかったですね。

      マコモ天ぷら

 もっと沢山揚げたのですが、写真に写すだけを盛り付けました。

 今日は10月13日 さつま芋の日だそうです。さつま芋は育ち盛りの頃、どれほど食べたことでしょう。
 ある時期は毎日毎日主食にもお八つにも、さつま芋でしたね。
 女学校の寄宿舎でもさつま芋がご飯として出て来ました。
 戦時中や戦後さつま芋を作るために何処の家でも一所懸命になっていました。
 都内の焼野原でも至るところさつま芋が植えられていました。
 上京した昭和23年でもお米の代わりにさつま芋が配給された時もありました。
 和泉校舎の校庭の西にも芋畑がありました。駿河台校舎の今はアカデミーコモンと言われている所にも植えられていました。
 部室で誰かが手に入れて来たバターを塗って食べたさつま芋が懐かしいですね。
 部員は今二人になって仕舞っています。
 
 下のスーパーではもう焼き芋が売られています。
 美味しい安納芋が柔らかく食べ易いです。未だ出ておりませんが、出て来ますと偶に買って食べます。

 女学校のおかっぽうの時さつま芋の茶巾絞りを作りました。女学校は洒落ているなと感心をしたことを思い出しております。

entry_header

労われる

 珍しくほぼ半日程娘たちと一緒に過ごしました。
 昼頃から先ず3人で柏のロピアに食品を買いに行きました。このところ買い出しに行っておりませんでしたから、それなりの量になりました。
 二人が品物をさっさと保冷バックやレジ袋に入れて呉れます。
 車に乗る時や降りる時には足元に気を付けるようにと、あれこれと注意をして呉れます。特に段差があると必ず気を付けてと注意を促します。
 買い物を済ませて帰ろうとしましたら二女が野菜をたっぷり食べに行きたいと言うのですね。
 最近野菜不足を感じているようです。
 そこで家にいる夫に連絡し、4人でお昼は外でとなりました。
 そこで決めたのがブロンコビリーと言うお店です。
 何回か行っておりますから、大体食べる物は見当が付きます。
 二女の希望はサラダバーですね。夫を除き3人はサラダバーとお肉料理を頼みました。
 夫は好きなステーキにしましたが、私はハンバーグにしました。
 そのハンバーグですが、サラダバーの野菜や別に頼んだ牡蠣二個を食べたので半分しか食べられません。
 若い時のように頑張れません。
       
    サラダ・スープ  ハンバーグ

 行ったことがあるのに、私たちはどうも要領が悪く、組み合わせにまごまごして仕舞います。
 娘たちがあれこれ夫と私に希望を聞いて呉れます。
 娘たちの説明でやっと注文が決まりました。
 4人でのテーブルですが、夫と私は奥に向かい合い座ります。娘たちは外側に座って色々と気を遣って呉れます。
 サラダを取に行ったり、デザートを運んで来て呉れたり、良くやって呉れます。
 毎日は無理ですが、こういう日があると嬉しいですね。

entry_header

体操に行ったり、病院に行ったり

 毎月第二水曜日の午後1時半からこの建物の2階にあるコミュニティーホールで体操の指導を受けに行きます。
 私が知ったのは昨年ですから、新参者かも知れません。
 主催者は我孫子市北地区社会福祉協議会です。

         サロンきた

 今日の参加者は60名程でしょうか。男性が少し増えているように見えました。
 体操はゆったりゆったり、無理しない様に身体を動します。

       体操

 私の身体はギシギシします。先日不覚なことをしておりますから、気を付けて無理をしないように過ごして来ました。
 体操の後のお茶会は失礼し帰宅。

 夫と一緒に定期的な内科の受診に行きました。この病院は高齢者が多いのですが、午後は比較的患者が少なく、直に診て頂けます。
 今日はインフルエンザの予防注射を受けて来ました。夫も私も大きな問題はなく、何時もの薬を貰って帰宅しました。

 帰宅しましたら、夫のパソコンに問題発生。急いでLINEで助っとさんに連絡来て頂きました。
 私のパソコンのこともチョッと見て頂きました。助っ人さんが帰宅してなくて良かったです。

entry_header

マコモを頂いた

 富山の瀬戸さんとのお付き合いも随分長く成りました。
 毎年実山椒を送って下さいます。
 私は瀬戸さんの所の味噌がとても気に入っており、何時も送って頂いております。
 今回は味噌と一緒にマコモが入っておりました。とても嬉しいプレゼントです。
 私は初めて手に取り、そして口にしました。
 友人がお風呂に入れて体調回復に努めていると、随分昔お聞きしたことがありましたので、食べることが出来るとは知りませんでした。

      マコモ1  マコモその1

 左は瀬戸さんが送って下さったままの物です。私が知らない食材だと言うことをご存知ですから、皮と言いますか葉と言いますか付いたままのと剥いた物と、また切った根元のが分かるように揃えて下さっています。
 右はその真似をして皮を削った物です。
 
 昨日は中国語のレッスンで老師がお見えになりました。とても珍しいので一本差し上げました。
 中国料理の食材として良く使われているそうで、来日以来初めて目にしたととても喜んで下さいました。
 マコモは中国では南方の物だそうで、北京では高価なものだと仰っておりました。
 料理の上手なお兄様がお見えになっていますから、きっと美味しく召しあがったことでしょう。

 瀬戸さんはマコモの食べ方や切り方も絵入りのペーパーも入れて下さったので、この数日参考にして次のような物を作りました。

      マコモ2  マコモ3

    左は中華の八宝菜のような物です。 右はキンピラです。

      マコモ4  マコモ5

       左は焼きそばです。       左はけんちん汁です。

 食感は筍に似ています。瀬戸さんはパスタにも良いですと記されていました。
 ネットで見ますと天ぷらも美味しいそうです。まだ残っていますから大事に利用しようと思っております。
 
 新しもの大好き婆さんはこの数日興奮しております。
 
 富山の瀬戸さんのブログはリンクしてありますから、興味がございましたら是非ご覧になって下さい。
 食に対する姿勢に私はとても感服し信頼しております。

entry_header

牛肉そぼろ山椒

 毎月2回ほど牛肉のそぼろ山椒を作ります。
 一回に500g 味は醤油味です。作り方はここでご覧ください。
 
       黒毛和牛そぼろ

 これは作る時にとても神経を使う物です。
 この山椒は富山の瀬戸さんから頂いた物です。良い色でしょ。
 夫はこれが大好きで、毎朝ティースプーン1、2杯程ご飯に掛けて食べます。
 私は切らさないように作っております。
 これがあれば夫の食事のことを心配せずに外出できるのです。
 彼は「これさえあれば俺の食事はどうして呉れるのだよ。と言わないで済むだろう」と良い夫を演じております。

entry_header

じゃが芋と足袋のこと

 若い時と変わった食の内容ですが、根菜類を軟らかくして食べることが増えています。ホウレン草や小松菜は筋が歯間に挟まりますから、柔らかく茹でて食べますよ。
 ジャガ芋は常備してありますから、三日に上げず食べています。

     肉じゃが10月5日  蒸かしジャガ

      左は肉じゃがです。     右はただ蒸して塩胡椒を振っただけです。

 じゃが芋は南米が発生の地だそうですが、ビタミンCが多いと聞いております。
 サラダでも食べますよ。味噌汁にもします。多様な食べ方があり、良い食材だと思っております。

 今日は足袋の日だそうです。足袋のことを知り少し気分が和らいでいます。

 足袋の歴史を見ますとコハゼが未だなかった時は紐を付けて履いていたそうです。何となく嬉しくなりますよ。
 戦時中のことですが、物資不足で靴下が買えなくなり女学校では良く足袋を作って履いておりました。
 コハゼがなく紐を付けて履いていたのです。
 足袋を作ると言っても大変なんですよ。先ず型紙を借ります。そして底にする厚い生地を探します。
 帯の芯地が良いですね。手縫いですがつま先の部分が難しかったですね。
 靴下がなくなり、運動靴も配給になり、通学には下駄に足袋ですよ。それに木口の手提げ袋です。

              色足袋

 これは私が60代から70代頃まで履いていた色足袋です。この足袋を履き、藁草履で街の中を歩き回っておりました。
 そして母が特注して呉れた背負い籠を背負いましてね。
 今日は懐かしくいろいろと思い出しております。

entry_header

自家製鮭の粕漬け

 紅鮭の粕漬けを作りました。
 以前ロシア産の紅鮭の薄塩になっていたので作りましたら意外に塩が強かったのです。
 美味しさは今一つと言う感じでした。
 今回は生のを買って来て、先ず極々薄塩で身をしめてから粕漬けにしました。
 粕は胡瓜の粕もみを作るのに買った物です。良い粕ですね。

     紅鮭粕漬け

 良い香りがしてとても美味しく出来ました。
 味噌漬けや粕漬けなどは焦げ易いので、レンジで少し熱します。
 それから焼きます。
 この一切れで2回は食べますね。とに角最近は何を作っても多く、意識して少し控えなければと思っております。
 
entry_header

鈴木石花さんからの便り

 桐生に住む鈴木石花さんから久しぶりの手紙を頂きました。
 お元気で毎日変わらずお過ごしの様子を伝えて下さいました。偶に私のブログも見て下さっているとのことです。
 ご主人様共々85歳になられ、桐生のマンションに住まわれております。
 同じ桐生のご自宅の石花庵には毎週行かれて空気を入れ変え、水撒き等されているとのことです。
 また月一回は俳句の会に都内までお出かけになっているそうです。ご立派です。
 前から参加されている芦野宏さん亡きあとも渋川シャンソン館にも毎月通っているそうです。
 今は俳句とシャンソンだけに絞った生活をなさっているとのことでした。
 手紙に添えられた写真は昨年のクリスマスで「ロマンス」を歌った時の物です。
 一緒に並んでいる方は芦野宏さんの専属伴奏をなさってた方です。

          石花さん写真

 輝いています。精神力強い方です。久し振りに石花さんから送って頂いた写真を探しました。
 10年前の写真ですが、気力の漲っている姿です。

            民子さん07年473
 
 シャンソンの発表会に着て頂いた写真も懐かしく眺めて見ました。その写真は石花さんのホームページ「潮音社」の潮騒からご覧頂けます。それは石花さんのことをアップした私のブログに飛びます。是非ご覧になって下さい。
 俳句の崇禅寺投句箱の夏には青島羊会の菅野和子さんの句も取り上げられています。

entry_header

茄子の煮物と雑談

 昔と違い多くの野菜は四季何時でも店頭に並びます。胡瓜などは旬が何時かも分からない位良い物が出回っています。
 我が家の朝食に必ずトマトが出ていますが、これとてそうですね。
 秋茄子は~~に食わすなと言われる通り美味しい時期ですね。今は毎日のように食べます。
 大抵煮物ですね。昔は天ぷらも良く揚げましたが最近は殆ど揚げません。

         茄子細切り煮

 夫が皮が固いと良く言います。そこで皮を茄子だと分かるように残して剥きます。
 これは一本の茄子を縦に四つ割りに切った物です。
 箸で摘まみ易く、口に入れやすく気に入っている切り方です。

 テレビは特に次々見る訳ではありませんが、見るのはま~報道番組や歴史物、ドキュメンタリー物、昔の歌謡番組などですね。
 娯楽と言いますか賑やかなものは余り見ません。
 今日夕方ネットに出ていた番組の紹介 テレビ東京の明日ですが『あの人の通帳を見てみたい!』
 これには驚きです。何と品のないものなんでしょう。実際は明日ですから分かりませんが、絶対見たくないタイトルです。

entry_header

今日の昼食と発泡スチロールブロックの話

 今朝はこの数年なかった寝過ごし。夫に声を掛かられて起きたら8時を過ぎていました。
 慌てて残り物を並べて朝食。写真を撮るなど出来ませんでした。
 そしてお昼。

       10月4日の昼食

 何となく買い物に行くのが億劫になり、お気に入りの細うどんです。昨日ご近所さんから頂いた豚の角煮を載せました。
 頂いたのが6個ですが、昨夜2個食べ、今夜も二個です。老人の食は細いですね。軟らかく美味しです。

 今日のガッテン!と言うテレビを見ていましたら、血圧が上がる原因の色々が出て来ました。
 その一つですが、足が冷えると良くないと言うのですね。
 私の足元をご覧ください。

       足元
 
 これは足が短いので、テーブルの下に置いてある発砲スチロールのブロックなんですよ。
 これが足を保護してくれるのです。冬の寒さも関係なく、夏は夏で暑くなく、とても楽なんです。
 今日のテレビを見て嬉しくなっています。

entry_header

4時間時を楽しむ

 久し振りに明治大学学生相談室でご一緒した方とお会いして来ました。
 先ず何時もの通り霞ヶ関ビル35階から国会議事堂と総理官邸にご挨拶。

             10月3日国会

     今日の東京は曇りから晴、のち薄曇りでした。

 午後1時から食事をとりながら皆さんとお喋り。中島公子先生・木谷光宏先生・辻祥子先生・島田栄子さんそれと私。

 話題は多岐にわたり、感心したり、驚いたり、色々な問題に興味が尽きませんでした。

    お料理は何時もの通りレディースランチ。

     10月3日スープとサラダ  10月3日メイン

    レストランケヤキから見た東 行く度にビルが増えています。

             10月3日東

      そしてデザートとティータイムで食べたマロンアイス。

     19月3日デザート  10月3日マロンアイス

 気が付けば5時 ビックリして解散しました。次回は来年春です。

 今日はレディースランチのメニューを書いて頂いたので、メモして置きます。

 牛蒡のスープ カモロースト(ハンガリー) 目鯛のポアレ レアチーズケーキです。
 サラダ・パン・コーヒーも付いていますよ。

entry_header

生産者はご近所さん

 親しく交流させて頂いている方の関係する企業で見事な野菜を作り上げ、その野菜が初めて私共の前にお披露目と言いますか販売されるようになりました。マンション1号棟の二階で29日午前11時からでした。
 以前にその野菜のことはアップしましたが、その時は頂いた物でした。
 今回は販売時間が短く急いで娘たちと買いに行きました。長女は野菜に拘りがありますから、絶対食べたいと思っていたようです。

 野菜は3種類  清浄野菜です。最新の技術で生産された物です。

      新野菜1  新野菜3

 三種とも買って来ました。これはどうしたら美味しいかと考えたのですが、生が一番美味しそうです。
 そこでそこを生かして食べました。

     ロメインレタスと牛  ロメインレタスラーメン

 牛肉を焼いてこの野菜ロメインレタスの上に載せて一緒に食べました。このレタスは初めてでした。
 茎の部分までも美味しく食べられます。
 今日の昼にはラーメンにこのレタスを切って載せました。野菜ラーメン気分です。
 さっぱりとしていて食べ易かったです。
 今回は初めての販売でしたが、今後は若しかしたら定期的に売られるかも知れません。
 栄養価が高く、清潔で洗わずそのまま食べられるというのは有難いですね。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog