2017-12

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

忙しいような忙しくないような

 今日は大晦日 ご訪問頂いている皆さま有難うございました。
 来年もまたお見えになって下さいませ。老婆は励みになります。
 私も訪問させて頂きますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
 
 今日は多くの方が大忙しで動いているでしょうね。
 孫たち二人は早くからディズニーランドに出掛けております。LINEで様子を知らせて来ました。
 雪が舞い、顔が凍りそうだと言うのですね。この冬 東京での初雪だそうです。昨年よりは37日遅く、平年より3日早いのだそうです。
 二人は大晦日の昼に行くのが恒例になっております。仲良く出掛ける様子は嬉しいものです。
 
 我が家二人は一日何かすることがありそうで、なさそうでと歌の文句のような老人の姿です。
 煮物を作り、掃除を済ませ、妹にメールをし、友人から掛かって来た電話でお喋りしたり。普段と変わらない時間が過ぎて行きます。
 特に変わったこともせず、新しいものも出しもせず。今日から明日へとそして来年。きっと同じに過ぎて行くことでしょう。
 転ばないように、風邪を引かないようにと過ごして参りましょう。

 先日EGUTIさんの愛犬愛ちゃんの姿を見ていましたら、とても気に入りましたのでこちらにお連れしました。

         裃の愛ちゃん

 冬は寒いので何時も何かしら着ているのですね。着る物はま~沢山持っていますよ。アーガイルのなんて素敵ですよ。
 これは裃のようです。姿が良いでしょ。
 顔が真直ぐ前を向き、意思の強そうな表情なんですね。おでこも良いですね。来年は戌年 愛ちゃんの姿は楽しみです。
 人でもこういう姿勢の方は好感が持てますね。

 今日の昼前愛ちゃんのお父さんEGUTIさんから信州の手打ちの生蕎麦が届きました。
 グタグタしていた私 細切りの綺麗な蕎麦。有難く美味しく頂きました。

entry_header

朝食と煮物と雑談

 この何年か夫も私も風邪を引きません。
 人混みに行かないと言うこともあるでしょうし、冷えに用心をしていることもあると思います。
 それと食生活ですね。いい加減な日もありますが、朝食はコンスタントに和食 
 一応バランス良くと思っています。

     朝食12月27日  朝食12月28日

      左は12月27日のです。    右は12月28日のです。

     朝食12月29日  朝食12月30日
 
      左は12月29日のです。    右は12月30日のです。

 一日の中で品数が多いのが朝食ですね。夜はって言いますと先ず残り物+肉か魚ですね。
 夫は偏食ですが、それなりの物を用意してバランスをとるように作ります。

 お正月用の煮物を三軒分一緒に作ります。作るのは明日の午前ですね。
 二女の夫は椎茸が嫌いなんですね。ですが立派な冬菇椎茸の頂き物はその婿殿から良く貰うのです。
 椎茸の煮物は他の物と一緒に煮ますと、匂いが全体にうつりますから、別に煮て盛り付けで調整します。

 今日は椎茸を煮ました。椎茸は天日に干して仕舞って置きます。
 戻した椎茸の軸を切り落とします。

             椎茸1

 これは婿殿からの物ではありません。市販の国産の物です。切り下ろした軸 これを食べようとネットで調べておりました。
 パソコンに向かって検索しておりますと、どこからともなく椎茸を煮ている匂いがして来ます。
 へー!何だか凄い。匂って来るなんて。あり得ないことですよ
 はっと気が付き、台所の方に目をやりました。ガス台の上に茶色の煮汁が見えるのですよ。
 そして鍋 調べる前に煮始めていたのです。参りました。未だ煮詰まっていませんでしたので、直ぐに弱火にして煮上げました。

             椎茸2

 美味しく煮えましたよ。焦げなくて良かったです。行動は「ながら」はいけませんね。気を付けなければね。

 昨日野菜を送った友人から電話がありました。少し前にこのマンション産直のレタスを送ってあったのですね。
 「相子さん 今日は! 大変失礼を致しました。今日段ボールの整理をしていたら梨が入っていたのよ。気が付かななったのでご免なさい」
 「ええそうでしたか。それはそれは」アレおかしいな。梨は最近食べたような気もするけれど、箱に入れた記憶が浮かんで来ないけれど。
 何だか曖昧な返事をして受話器を置きました。
 友人の友人から電話があったので、事の成り行きを説明しました。そのことを友人が梨の話の友人に話したそうですね。
 結果はですね。電話をくださった梨の彼女 「じゃ誰からだったのかしら。沢山入っていたし、食べたら美味しかったのよ」と言っていたのだそうです。
 梨の電話の彼女 85歳 もう一人の友人と私は86歳 椎茸の匂いの話もしましてね。
 困ったことですね。こういうことが増えて来るのでしょうか。
 最後に来年も笑いで頑張りましょうと電話で年末の挨拶をしました。

entry_header

簡単昼食

 昼食は簡単にしようと思えば簡単なんですね。
 ラーメンなども良いですよ。買い置きのラーメンがあれば昼に出掛けなくても済みます。
 
        簡単ラーメン

 今日は頂き物の日光金谷ホテルのパンがありましたので、フレンチトーストにしました。

        フレンチトースト

 このお皿は一人分で4分の一斤ですよ。後はウィンナーソーセージ3本と飲み物です。
 如何にも軽いですね。でも満腹よりは良いように感じております。

entry_header

魚が好きなので

 お肉も良く食べるようにしておりますが、矢張り魚が良いですね。
 肉料理は難しくてね。魚はま~ま~かしら。
 昨日は珍しい「カサゴ」の竜田揚げを作りました。

          カサゴ竜田揚げ

 これが下のスーパーの魚屋に出ていたのですよ。今まで欲しい魚がないないとぼやいていたのにですよ。
 店じまいになろうという時にですよ。メバルもそうでしたし、それも安くね。
 本当は骨付きでゆっくり唐揚げにしたいところですが、実際は食べ切れませんでしょう。
 竜田揚げでも美味しかったですよ。

 一昨日はアリオの中のイトーヨーカ堂の魚売り場で「クロムツ」を買って来ました。
 一尾が30cmほど。大きな平鍋でもそのままでは入りきれません。
 仕方なく半分に切り煮ました。

          黒ムツ

 これは一尾を二人で食べ、後の二尾はお返しにするために見栄え良く一尾づつを合わせて姿にしてパックに収め冷凍にしました。
 あちこちと出歩けられませんから、親しい方へのお返しは出来るだけ手づくりの物をと思っております。

entry_header

歳末あれこれ

 マンションの一階続きのスーパー 31日に閉店するというので、店内全体が広く感じます。
 雑貨のような物は殆ど無くなっております。
 商品も野菜と肉、それに魚と正月用品は並んでいますが、空いているスペースが増えています。
 調味料や缶詰などの棚は空間が多くなっています。
 便利で助かっていたのですが、1月からはどうなりましょうか。高齢者の多いこの地域、買い物に困る方もいると思います。
 コンビニもやや遠くですから、歩行困難な方は特に不便を感じると思います。

 年賀状もほぼ25日に出すことが出来ましたが、残りが数枚ですので今日は買い足して来ました。
 毎年年賀状は助っ人さんがパソコン上に作った物を直ぐに使えるようにして下さっております。
 ですから足し枚も直ぐにプリント出来ます。

 その助っ人さんですが、今日でこの地域での仕事をお止めになります。
 毎日のようにそこに行き、ご挨拶をしていましたが、ご都合ともなれば仕方がありません。

           高井さん

 店内に入りチョッと座って何かと質問をします。私がブログをこのように長く続けられたのは、助っ人さんが傍に居て下さったからです。
 初めてお会いし、パソコンのことでお世話になって10年 よちよち歩きの私を将に手とり足とり教えて下さったのです。
 東日本大震災のあったあの日、地震が収まったら直ぐに我が家に駆けつけて下さいました。有難いことです。
 自分がいなくなったらどうしますかと、それも心配して下さり、とりあえず目の前に迫っていることの準備もして頂きました。
 これからは何かあればLINEで連絡させて頂くことにしました。
 今日の昼 挨拶に伺い、今までのお礼を申し上げることが出来ました。
 寂しくなりますが忘れられない出会いの一人です。

entry_header

鰤の竜田揚げと雑談

 季節は寒ですね。寒ならではの美味しい魚がありますが、鰤もその一つですね。
 下の魚屋で美味しそうな鰤の小さな「さく」が並んでいました。
 丁度二人前の刺身に良さそうで、400円程は安いので買って来たのです。
 ところが残り物が沢山あり、どうしようかと考えたのですが、思い切って刺身は止め。次回に回すことにしました。
 刺身よりは厚切りにして、醤油・味醂で漬け込み、次の日の夕食に竜田揚げにして食べました。

         鰤竜田揚げ

 魚は余り歓迎しない夫も美味しいと何切れも食べて呉れました。レモンを絞り、レタスと一緒に食べました。
 食べ易くて美味しかったですよ。それでも食べ切れませんで、それはそれで私が引き受けます。
 翌日も食べて満足しました。

 この数日気象情報に依りますと北や日本海方面では寒気が厳しく、積雪も凄いようです。
 この辺では晴が続いており、洗濯物も良く乾きます。
 そう言うことですから、野菜を干したりします。白菜もチョッと干してから薄塩で簡単な漬け物にします。
 大根も切って干し、中国の黒酢と蜂蜜を合わせた物に漬け込みました。老師の話によりますと、中国の100歳以上の高齢者が多くいる街の人の食事を調査をしたら、全員が大根を干して黒酢に漬け込み毎食食べていたと分かったそうです。
 元々大根のハリハリ漬けが好きだったので、それではと黒酢に漬けて食べています。この笊の大根の量は半本分です。

         陳皮と干し大根

 先だって鴨川に住む方から沢山ミカンが送られて来ました。中国語の時老師に少し差しあげあましたら、ミカンの皮を干してそれを細かくして、小さな袋に入れ枕のように寝る時に首の所に当てると安眠が出来ると教えて頂きました。
 ミカンの皮の干した物は陳皮と言われ薬功があると聞いておりますから、とに角干して見ようと干しています。

 昔々中国青島に小偸児市場(ショートールイチバ)と言う場所がありました。
 町の何処だったか思い出しても場所が分かりません。見たがり屋の私はそこに父と何回か行きました。
 地べたに簡単な敷物を敷いて、色々な物が並べられています。言うなればガラクタですね。
 それらは盗んで来た物だと言うのです。そこにミカンの皮が売られていたのです。
 ミカンの皮が何故?って思っていました。今になってそれが陳皮と重なり事情が分かったのですよ。

entry_header

孫からプレゼント

 上の孫は社会人2年生
 真面目に通っていますが、忙しいようでも自由に何かと楽しんでおります。
 若いと言うことは老人とは大違いですね。 
 毎日地味な食生活をする私たちと違い、お洒落なお店にも友人と良く行っているようです。
 時々そう言うところの料理を聞きますと、月とスッポンとまでは言いませんが、違うのですね。

 最近はケーキも色々と試しているようです。美味しいからと言って立派なケーキを持って来てくれました。

        ラデュレケーキ

 夫はチョコレートのケーキを、私と孫は凝った方のを食べました。私には一気に食べ切れません。
 上の方だけ食べて半分残して仕舞いました。
 
 このケーキはフランスで有名な「ラデュレ」と言うお店の物なんですね。
 
 テーブルに載せて眺めていましたら、そこに現れた二女「ア!ラデュレのだ。パリで行ったよ」と言うのでビックリしました。
 二女は下の孫のダブルダッチの世界大会出場に付いてパリに行ったのですね。
 とても忙しい時間のなかった旅だったと言っておりましたが、こう言う所にも行っていたのです。
 
entry_header

チャイナドレスは素敵だ 132

 今年最後の生徒さん 都内に住んでおります。
 会社での異動や体調などのこともあり、暫くお見えになれなかったのですが、今日は久しぶりにお見えになりました。
 仮縫いの済んでいる物や、縫い掛けの物などを持ってお見えになり、一気に色々と済ませました。

       12月24日チャイナ

 縁取りも綺麗に出来ております。ペンダントが曲がって写して仕舞いましたが、良くお似合いでした。

 和裁も洋裁も経験がある方ですから、自宅で出来ることは先に進みたいと言うことで、これからの進め方や、注意すべきことなどを説明しました。

       12月24日チャイナ2

 特に体形の変わった時の補正の方法や、手持ちのドレスの直しかた。
 体形の一部に問題がある時の始末方法などですね。
 また直ぐにお見えになれませんから、ノートに細かく書き込んで頂きました。

entry_header

餅つき

 年末恒例の自治会とマンションの商店との共催の餅つき大会(可愛い大会)
 今日の昼間開催されました。
 力もないし、お手伝いも出来ませんがご近所さんとお会い出来ますから、出掛けました。
 20棟あるこのマンションですが、此処は1号棟の一階なんですよ。アーケードになっておりますし、我が家はエレベーターで降りて行けば良いだけです。
 下に行きましたら既にお餅が出来て皆さんが食べていました。私も頂こうと思いましたが、直ぐにつきたての軟らかいのが出来ると言うのでそれを待ちました。

     12月23日1  12月23日1-2

 皆さんが餅つきの様子を眺めていますよ。 出来上ると早速頂きに行きます。

     12月23日2  12月23日3

 可愛い臼と杵がもう用事は済んだようで、綺麗になって置かれています。

              12月23日4

 私も頂きましたよ。つきたての軟らかいお餅 良いですね。チョッと飲み込むのに気を付けましてね。

              12月23日5

 このお餅と一緒にレタスが添えられていましょ。このレタスは餅つきの場所の横で生産されているレタスなんですよ。
 産直も産直 数メートルしか離れていない場所からなんです。

 葱醤油大根の味に良く合い、とても美味しく頂きました。

 中高年の方が協力しており、1号棟の男性方も何人か目に付きました。自治会長の姿を目で追うと忙し気に歩き回っておりました。
 
 このマンションで何かと活躍なさっていた故人(友人のご主人様)のご子息は毎年この餅つきのためにマンションにお見えになります。
 二男の方がお見えになることが多いのですが、今年はご長男がお見えになり、手返しをなさっておりました。

entry_header

冬至ですね

 今日は曇りでしたが、矢張り風は冷たく自然に首をすくめて歩いていました。
 ヒートショックが怖くて不必要な外出はしない様にしています。
 中央公園も冬枯れそのものです。

             12月22日中央公園

 今日は冬至と言うことで南瓜を食べて柚子湯に入る。そんな風習が伝わっていますね。

    江戸崎カボチャ煮  カボチャ煮

 老人には南瓜は食べ易く、ビタミンも取れて良いですよ。良く食べています。
 左は江戸崎カボチャです。右は国産北海道の南瓜です。

 南瓜の話は何時も?時々夫と話しますよ。
 貧しかった戦後の食生活のことですね。話は良く合いますよ。

 柚子湯ですが、今は柚子の生産も増えていますから、柚子はこの日とばかりに店頭に出ていました。

 昔実家のある千葉県では柚子は生り物として家にあることはありましたが、数個生るだけです。
 町では柚子湯にするほど出回ってはおりませんでした。
 代わりと言いますか、この時期使うのは橙でしたね。
 橙を半分に横切りにして湯船に浮かべたものでした。

entry_header

ランチバイキング

 田舎の女学校の仲間と夏と冬は東海大学校友会館でのランチバイキングを楽しみ、そして思いきりお喋りをすることにしておりました。
 寄る年波には勝てずと言いますか、体調不良者や癌の手術をした方もあり、この冬は断念するしかありませんでした。
 ですが仲良しの一人が会いましょうと言うことで、今日は妹と長女を連れて行き、一緒に時間を過ごして来ました。
 お天気は良く、私も楽に歩くことが出来ました。

 ランチはブフェですから自由にお皿に盛り付けます。
 私は2回持って来て美味しく食べました。

      東海1  東海2

 上のご飯は同じもの。二皿ではありませんよ。他にワイン2杯 それとプチケーキを3個 良く食べました。
 
 そしてお喋りをする内に時間が来ました。ホールの中にはもう人はまばら。

              東海3

 妹も長女も友人も良く食べましたよ。ランチを済ませてレストランケヤキに席を移し、そこでまたまた良くお喋り。
 レストランではコーヒーとシャーベットを食べ、本当に良くお腹に入ったもです。

              東海4

  四人が会うのは内藤敏子さんの演奏会以来でしたから、良く喋りましたよ。
 話は尽きませんが、それでも4時半にはお別れして帰宅しました。

entry_header

トマトらーめんとは

 今日は10月にお会いした時に話に出ました、明治大学の木谷光宏先生から袋が届きました。
 中に二個のカップラーメンと言って良いのかしら、即席らーめんの大きめなカップが入っておりました。
 
        トマトラーメン

 この「トマトらーめん」を企画したのは明治大学政経学部の木谷光宏ゼミナール/Colorsと言うグループなのですね。
 その木谷ゼミナールのグループと渡辺製麺の産学連携で共同開発されたのだそうです。

 丁度お昼時に受け取りましたので、早速頂きました。
 上のシールの裏面に作り方が書かれております。その通りに作りましたよ。

        トマトラーメン2

 右のは特製スープを掛けたところです。左は掛ける直前ですね。
 スープにはトマトが濃縮されて入っています。
 麺はノンフライですから、さっぱりとしておりますが、塩加減も強くなく身体に良いと思いましたね。
 美味しく頂きました。
 木谷先生!ゼミの皆さんも頑張って下さ~い。有難うございました。

entry_header

初めての貝

 二女は今日明日にしか年内は一緒に買い物に行けないと言います。
 明日は長女は仕事ですから今日しかありません。そこで3人で出掛けました。
 どこに行くかは、二人に決めて貰いました。
 私の好きなタカマル鮮魚店のあるアリオ柏に連れて行って呉れました。

     タカマル1  タカマル貝

 12月ですから、正月の準備に合わせた色々な品物が出ております。
 欲しい物を何点か買い、今夜の肴にヤツシロガイと言う貝を3個買い、身を出して貰いました。
 上の右の写真にその貝が出ています。刺身に食べられると聞きましたが、初めての物ですから、調べて見ました。
 刺身でも良いようですが、タタキ風にすると良いようです。
 そこで一個は刺身にし、二個は細かく叩き酢味噌と葱を混ぜました。

              貝刺身

 生のヤツシロガイは生のツブ貝の食感にそっくりです。少し硬いですがね。
 刺身もタタキも美味しく食べました。
 貝類は好きですが、アワビはとても買えません。
 買えないのですが出てもおりません。
 アワビは実家では傷貝を買って食べたものです。海女が取る時傷をつけたものですね。
 仲買人から売って貰うのです。傷貝も夏のお盆の頃は、海女も自家用に持ち帰りますから、その時期には買えません。
 貝類の磯の香りは何時も昔を思い出させて呉れます。

entry_header

女性はお喋りが好き

 今日はこの数日の寒さが僅か緩み、風もなくお出かけ日和でした。
 霞ヶ関ビル35階の東海大学校友会館に出掛けて来ました。
 初めてだと言う方をご案内。千代田線を利用。
 出来るだけ分かり易いように行きました。(これは実は自分に一番楽な方法なんですよ)

 何時もの通り国会議事堂にご挨拶。議員さんはそれぞれ地元でしょうか。

        12月18日議事堂

 食事をとりながらお喋り。そしてティータイムにまでお喋りは続き、4時半に腰を上げて帰宅しました。
 
 冬の晴れた日でもないと見られないような、美しいビルの東側。昔は房総半島も遠く視界に入っていましたが、今は東京湾が少し見られるほど。
 ビルはますます増えています。

        12月18日夕暮れ

 我孫子は良いですよ。始発で座って都心に出られますからね。お喋りの中で何度も我孫子賛歌が出て来ました。

entry_header

なばなの胡麻和え

 南房総産の「なばな」が出ています。なばなの出荷量は千葉県は南房総地区が日本一のようです。
 確りと纏められて紙の帯で巻かれています。
 なばなはやや苦みがありますが、なばなは春の野菜と言われておりますね。苦みは春らしいですね。
 昔から春は苦みのある野菜や山菜などを食べなさいと言われています。→理由はこちらでご覧ください。
 これから暫くはどんどん市場に出て来ます。

        なばな胡麻和え

 辛子醤油和えなども良く知られた食べ方だと思いますが、私は胡麻和えにすることが多いですね。

 なばなは茹でる前に、まず容器に水を入れて、そこになばなの帯を外したら、茎を下僅かを切り捨て、それを立てて容器に入れます。倒れないようにね。
 その上に新聞紙のような物でも良いですが、何かで光を遮蔽し、暫く置きます。
 するとなばな全体がしゃっきとして瑞々しくなります。水揚げですね。
 それを茹でます。一手間かけると良いと思います。

entry_header

今日の昼雑炊と雑談

 昨夜の鍋に出汁を足して味を調え雑炊にしました。
 何時もですと卵でとじるのですが朝食に卵焼きを付けたので、目先を変えて作りました。

         12月16日昼食

 鍋の残りですから野菜や肉だんごなどが入っています。
 出来上ったら直ぐにレタス(我孫子ビレジ産)と焼津直送の焼きもみ海苔を散らして火を止めました。美味しかったですよ。

 水曜日に体操に行きましたが、どうも腰を捻ったようで、痛みが出て来ました。
 夕方鍼灸治療を受けに行きましたら、腰の痛みの部分に熱を持っていると分りました。
 先生のアドバイス。一日15分ほど保冷剤などで、3、4日冷やすようにと仰いました。
 チョッと良いなと思うと直ぐにストレッチなどしたくなるのは、セーブしないといけませんね。

 今日は随分昔のことですが、日本橋にあった白木屋が火事になったと言う日なんですね。
 白木屋って言いましても知っている人は高齢者だと思いますよ。
 長女が小さい頃、白木屋の屋上の遊園地で遊ばせたことがありましたがね。
 この火事の話では女性が犠牲になったのはパンツを履いていなかったからだと、良く耳にしておりました。
 ネットで見ますとどうも違うようです

 女性の下履きは今はショーツと言うのが普通だと思いますが、昔はズロースと言っていましたね。それからパンツとも言うようになりましたね。
 姑は股割れパンツ言う、股下の割れたのを履いていました。和服に合っていたのですね。
 下着にも変遷がありますね。

entry_header

寒いですね

 このところ気温の低い日が続いております。
 昨日病院で気温の変化に注意するようにと教えて頂いたこともあり、今日は郵便局に振り込みに行っただけ。
 一日中家の中で過ごしておりました。
 
 朝日新聞の朝刊に金閣寺にもうっすらと雪が雪化粧が見られたと写真が掲載されていました。

         金閣寺雪

 新聞に掲載された写真を取り込みますととても大きく見ることが出来ます。
 老人は寒さに弱いです。確りガードして行きましょう。

entry_header

病院に行ったり、鶏屋に行ったり

 4週間目に行くペインクリニック内科 今日は娘たちも一緒に付いて行けることになリ11時55分に出発
 12時丁度受付に到着
 何時もの通り、二人一緒に診察室に呼ばれました。夫は何時もの通り、胸や背中、それと首や足首の触診を受けました。
 特別な問題はなく私と交代。
 先日家の中で物置状態になっている部屋に入った私。その部屋の余りの冷たさに身体が突然痛くなり、特に腿の皮膚の痛さに自分がどうにかなって仕舞うのかと、何か身に危険が及んでいるような恐怖感を覚えました。
 そのことを先生に話し、こう言うことは何でしょうかと伺いました。
 先生は身体の細胞と温度の関係を詳しく説明して下さり、意味が分かり安心しました。
 先生からは温度差に気を付けるようにとアドバイスを頂きました。

 病院から次に小柳さんに向かいました。二女が一緒に店内に行って呉れました。
 小柳さんは我孫子で有名な鶏専門店です。
 私が何時も鶏脂を分けて頂くお店です。
 今日も快く分けて頂きました。小柳さんは鶏以外にも乾物など並べています。
 鶏脂は好意で無料で下さいます。それこそ何をお持ちすれば良いのか、悩むところです。
 小柳さんは私の作った烏賊塩辛をとても喜んで下さいます。ところが今年は烏賊の良い物が手に入らず、作れませんでした。
 そこで次に気に入って下った、山形の冨貴豆をお持ちしました。喜んで下さり良かったです。

 何時もは鰻の日なんですが、二女が鰻より他の物が良いようですから、はな膳に行きました。
 私は前回お鮨で失敗したので、今日は天丼の小と日本ソバの小のセットにしました。

         12月14日昼食

 これが食べ切れません。天丼は美味しかったのですが残念でした。
 
 その後二女は自分の家に帰り、夫と私は家で、あれこれ。
 長女は家に戻り、家事を何かと済ませ、それから私と一緒に買い物。私は運動のためカートを押して歩き回りました。
 最近買い物に行くのを面倒に感じております。今日の買い物は食料品です。
 特に変わったものを作らなければ、これで数日は持ちます。
 今日も寒い日でした。雪の中で過ごしている方は不自由をなさっておりましょう。

entry_header

さつま芋話

 昨日おまけに貰ったさつま芋 さてどうしようかと考えたのですが、いい知恵が浮かびません。
 そこでとに角蒸して置こうと、今朝全部を蒸しました。

        おまけ芋蒸かし

 蒸し器は大きいので一度で蒸すことが出来ました。
 軟らかい味は老人向きですね。
 多分焼き芋にすれば味に深みも出て良いのかも知れません。

 一遍にこんなに沢山蒸したのは、70年振り位ではないでしょうか。
 戦後我が家では家族が増えましたから、さつま芋を炊き込んだ芋飯だったり、蒸かしたのをそのまま食べたりしましたね。
 竃に蒸かしたさつま芋の入ったお釜が掛けられていましたのですが、その時の量は可成り多くお釜一杯と言う感じでしたよ。

 多くの方が記録していますが、戦後の食糧難はそれはそれは酷いものでした。
 お米の配給は滞りがち。それも充分ではありません。お米の代わりにさつま芋も配給されて来ました。時には小麦粉だったり、砂糖だったりしましたよ。
 配給は無料ではありませんよ。払うのですよ。今の方はタダだと思う方もあるようですがね。
 
 さつま芋は昭和24年(1949年)頃も未だ配給になっていましたね。
 大学の女子寮でもさつま芋を配給で貰いました。寮生活は自炊ですよ。
 当時移動証明と言っておりましたが、今の住民票のようなものですね。
 親元を離れて暮らす者は住む場所の役所に移動証明が出されていないと、お米の配給が受けられません。
 お米は管理人室に受け取りに行きますが、さつま芋は管理人が、それを廊下に一人分づつ並べて置いていましたね。
 それを各自取りに行き色々工夫をして食べたものです。

 チョッと話が変わりますが、今日は体操の日でした。50名程の参加者でしたね。
 体操が終わって外に出ましたら急に強い寒さを感じましたね。寒気が押し寄せて来ているのでしょうか。
 もう買い物もしたくなく急いで家に戻って来ました。

entry_header

焼き芋を買いに行く

 猛烈な寒波が来ているとニュースは伝えております。
 ここ我孫子は今日も引き続き良いお天気です。中央公園は益々その冬枯れの姿を見せております。

      12月12日中央公園  大根干し (2)

 朝早く大根を切り、陽に当てました。大根は健康食ですから、出来るだけ食べるようにしております。
 陽に当てた大根は黒酢に漬けこみ、食べる心算です。

 一通り朝の用事が済み、二女とおおたかの森にある焼き芋屋に出掛けました。
 先日行った劉の前を通り、江戸川大学の近くのその店に着きました。
 焼き芋を二女がお返しに送りたいと言うのですね。
 今は何処でも何でもありますからお礼やお返しの品選びは難しいですね。
 二女は冷凍のをその店舗から直接送って貰うようにしました。
 私は今日の昼食用のを買っただけです。お昼はこれと「ちゃんぽんですかい」とリンゴですよ。

      芋店2  芋店1

 開店一周記念だそうで、支払いが済み、品物を受け取りますと、袋をどうぞと渡して呉れました。
 その袋に商品には出来ない芋を詰め放題だと言うことなんですね。
 商品に出来ないと言いましても、形が小さいとか長いとか、要するに規格に合わないと言うことでしょうね。
 二女も自家用のを買いましたから、二人で確りと選んで袋に詰めました。
 詰め放題と言うことは余り経験がありませんが楽しかったですね。

               おまけ芋

 帰宅して広げて見ましたら、25本位ありました。突然芋大尽になりました。

entry_header

今日の一品と神社の話

 下のスーパーの魚屋で珍しくメバルが出ていました。形は小ぶりですが、安いし老人の煮魚にはま~良いではないかと、買って来ました。後2cmも大きかったら此処には入荷してなかったかも。
 鱗を綺麗に落とし、腸を出しましたら殆ど痛んでおりません。
 何時ものように甘辛で煮付けました。煮汁に出汁を足して牛蒡を煮ました。
 我が家の定番です。

     メバル  メバル煮汁

 何だか牛蒡が立派に見えますね。煮魚の煮汁で煮る牛蒡は美味しいですよ。

 この数日深川の富岡八幡宮のニュースが色々と出て来ておりますね。
 私の実家のある田舎の神社ですが、部落に一社づつありました。村の鎮守様ですね。
 町は九部落ですが、神主の居た神社は確か一社だったような記憶です。
 戦後は祭りも盛んで、部落では神輿も出ましたし、何となく色々な行事がありましたね。
 今回の事件で思い出したのでが、神主は一体どこから来ていたのでしょうかね。
 聞いてみたいです。

  近くの下立松原神社とか安房神社には神官がおりますし、知られた神社ですからそれなりに立派です。
 それと比べますと町のは本当に小さな神社です。
 
 母方の実家のある部落の神社は熊野神社でした。祖父が仕事で旅に出る時には必ず朝参りをして出発をしたものです。
 私が幼い時 祖父は一度新造船を作ったのですが、その時若い男衆が万祝を着て熊野神社に参拝したのを記憶しております。
 
 話は友人の神官のことですが、彼女は苗場神社普明神社という二社の宮司をされています。
 偶にお会いしますが、氏子の少ない神社ですから、お話しを聞くたびにご苦労をなさっているご様子です。
 最近は高齢でもあり、権宮司さんが色々となさっているようです。
 是非とお声も掛けて頂いたこともありますが、上宮への登りをお聞きしますと、とても無理だと考え、参拝しておりません。
 ホームページで様子をしり、矢張り無理だったと思っております。

entry_header

今日の一品と民間療法のこと

 大根が美味しくなるとおでんが食べたくなります。
 先日劉での食事の後 おおたかの森S・Cに寄り、タカシマヤフードメゾンで練り物のパックのを買って来ました。
 おでんは材料を控えめにしないと困って仕舞うのですね。二人ですからそれ用の鍋に合う程度でないと駄目なんですね。
 それでも大根は半本使いました。

        おでん・大根入り

 昨日は鍼灸治療を受けに行くことになっていましたので、行く前に大体煮込み出来上っていました。
 一旦火を止めますと、味が馴染み良いですね。
 夕方6時に帰宅。夕食で食べ切れませんでしたから、今夜も食べます。

 鍼灸の先生と色々なことをお喋りしました。昨日は民間療法のあれこれ私が一方的に話して来たような感じでした。
 前回湯たんぽと言いますか、身体を温めると言うことを話したのですね。
 でその続きと言った話から始まりました。話は彼方此方飛びますから、此処で整理して書いて置きます。
 私が言う民間療法とは身の回りにある物を使って、治療をすると言うものですね。気功のようなものではありません。
 大体は両親が実行していたものですね。昔は我が家だけではなく、健康保険がありませんでしたから、田舎では直ぐに病院に行かず、先ず何かで出来ないかと考えたのです。

 焼き塩 これは冷えに良いのですね。お腹が冷えて困った時、塩を鍋で焼いて、厚い綿の袋などで包み、お腹に当てるのです。
 コンニャク これも冷えに良いですね。熱湯で良く茹でて、矢張り布で包みお腹に当てるのです。
 キハダ (マグロではありません)これは粉末を塩水で練って、フランネルのような柔らかい布やガーゼなどに練り付けて、打ち身の時にその場所に貼って治すのです。
 アロエ アロエは火傷に良いですよ。皮を剥いて中身を摺り下ろし、火傷をしたところに塗るのです。これは大火傷の時ではなく、軽い火傷の時ですね。 またアロエは胃腸が不調の時に摺り下ろして飲みますね。
 げんのしょうこ これは夏に刈り取って日影干して、それを土瓶で煎じて胃腸の具合の悪い時に飲みます。
 つわぶきの葉を揉み、傷口に貼った記憶がありますね。
 冬になると、真綿を首に巻いている子どもの姿が良く見られましたね。これは風邪ひきの時ですね。喉を冷やさないようにしたのでしょう。私は巻いたことはないですがね。
 ドクダミはお茶にするようですが、我が家では飲みませんでしたね。

entry_header

豚汁と変な昼食

 元気で過ごしたいと思うのですが、時々面倒くさくなって何かを端折ります。
 元気も草臥れて来るのでしょうかね。それでも時々頑張って見たりするのです。
 昨日の夕食には久しぶりに豚汁を作りました。
 豚汁には里芋が良いですね。さつま芋を入れるのは薩摩汁って言うのかしら。いやそうではないようですね。
 矢張り里芋を使っているようです。言い方が違うだけで、どちらも惣菜向きの汁ものですね。

         豚汁

 沢山作りますから今朝の味噌汁としても食べました。

 今日の昼 これは見事ないい加減。変な食事です。昼食を何にしようかと下のスーパーに行きましたら、安納芋の焼き上がったのが出ていました。
 夫のために(便秘症)買って来ました。それからと考えたら頂き物のメロンとカップ麺を思い出しました。
 そこでそれを唯並べただけ。

         変な食事2

 カップ麺は殆ど買うことはないのですが、友人が小腹の空いたとき良いわよと沢山送って下さったのです。
 今日は「そばですかい」と言うのですが、他に「ちゃんぽんですかい」「らーめんですかい」と言うのが送られて来ました。
 どうも「うどんですかい」と言うのもあるようですね。
  JALが機内で乗客が汁物を欲しいと言う時のために作った物だそうです。
 何時もそそかしい私 娘たちが来た時「ANAですかい」と言うのが来ているわよと言いましたら即間違いって笑われて仕舞いました。

entry_header

餃子を頂く

 今日の午前は中国書法(日本では書道ですね)の日でした。
 月に一回です。毎回泥縄で練習をして置き、老師にお見せします。
 老師は必ず上手になったと褒めて下さり、私は何時もいささか恥ずかしく思って仕舞いますよ。
 習い始めは友人が楷書を習いたいと言うことで始まったのです。そこは私 友人として一緒にとなったのです。
 ところが友人は体調を崩してお出でになれなくなって仕舞いました。そこで私一人になっています。
 中国語と同じで個人レッスンです。
 個人レッスンとなりますと、話題は書とは関係なく、色々と出て来ます。
 最近の中国事情などですね。
 中国では若い夫婦は子どもを親に見て貰うのが普通なんですね。これは私も聞いております。
 ところが、親が息子に良かれと孫の面倒を見たり、家事を手伝ったりしているのに、息子の連れ合いがプライバシーを理由に親を家に入れたくないと言うケースもあると言うのですね。
 一人っ子政策や経済問題など絡み中々難しい問題のようです。

 時間が終わりになる頃、老師は帰宅して直ぐに餃子を作って持って来て下さると仰るのですね。
 北京から見えているお兄様は皮は上手なんだけれど、包むのが下手だから、それを老師がなさると言うことなんですね。
 お兄様が皮の準備をされているので、1時にはお持ちになって来て下さると一旦お帰りになりました。

 お待ちしていましたら沢山お持ちになってお見えになりました。

      餃子生  餃子茹で

 頂いたらすぐ茹でられるように大鍋にお湯を沸かしてお持ちしておりました。
 今日の中身(餡児)は豚肉・エビ・韮です。美味しく頂きましたが、食べ切れませんでした。

entry_header

今日の昼食は豊四季の劉

 かねがね行きたいと思っていた中華の麺が中心のお店に長女と行って来ました。
 豊四季にある劉です。何回も「この方」のブログで拝見し、何回かお薦め頂いておりました。

 今日は夫の定期検査の日でしたので、夫は昼食抜き。そして長女の休み。
 滅多にない機会です。そこで話は直ぐにまとまり、行ったと言うことです。

         劉の麺

 私は酸辣湯麺ですね。長女は黒ゴマ担々麺です。味も良くどちらも丁寧な作りです。
 店内は清潔で気に入りました。

 お店に入って行き先ず「自転車に乗る方が良くお見えになるお店ですか」とお聞きしました。
 そのようなお話ですのでテーブルに付きました。
 どれを食べようかと長女と相談。注文をしてから私「中国の方ですか」と女性(店主の夫人)の方に声を掛けました。
 「そうです。夫は日本人ですが」と言うのではないですか。
 そこですぐ「中国はどちらで?」とお聞きしました。「遼寧省です」とのこと。
 私は「瀋陽に行ったことがありますよ」と中国語で言いました。
 それから話は弾みましてね。色々と話題も出て来ましてね。
 店を出て来ましたら、車の所まで見送りに来て下さいました。
 私も嬉しかったですが、ご夫人も大層喜んで下さり、とても楽しく過ごして来ました。機会があればまた行きたいですね。

entry_header

すき昆布の煮物と雑談

 頂き物のすき昆布を今朝煮ました。すき昆布は茹でて加工した物ですからとても使い易いです。

      すき昆布  すき昆布煮物

 この袋の一枚ですが、広げますとA3位大きいのです。今日は四分の一だけ使いました。
 人参と揚げを入れて、出汁は何時もの物 味は薄めに煮ました。とても食べ易くて美味しかったです。

 年齢からして硬い物から噛み易い物にシフトして来ております。
 お肉も軟らかいのが良いのですが、何時も値段との相談。一人100gでも多いのですがね。主婦しています。

 私は時々何やらおかしな行動をしてしまいます。老化現象の一つかなとも思いますが、性格もあるようです。

 デジカメを使っていますが、それをパソコンに取り込む訳ですね。
 毎日取り込んでいますから、手順は良く分かっております。
 ところが 一昨日パソコンに繋ぎ何時ものようにマウスを動かしたのですが、このフォルダーはカラですと出るのです。
 なんで?何時もの通りやっているのに。
 コードを外し、カメラを見ましたら画像はありませんってね。
 カラになっているのですよ。
 それから慌てて画像はどこ?ってパソコンを彼方此方触りました。どうしても分かりません。
 「困っちゃったわ。明日助っ人さんに調べて貰わないと駄目」って夫に言って騒いでいたのです。
 仕方がないから画像のある物を使ってブログをアップしようと、どれを使おうかなって写真を調べたのです。
 そしたら何とそこに消え失せたと探し回った写真がタイトルまで付けて並んでいるのですよ。
 取り込んであることをすっかり忘れて操作をしていたのですね。
 助っ人さんに笑われるところでしたよ。分って良かった。


 今日も良いお天気でした。中央公園は木の葉も落ちてますます広く見えます。

             12月6日中央公園

 朝のうちに足の日向ぼっこですよ。昼間 部屋の中は暖房なしで大丈夫でした。

entry_header

今日の中央公園と中国黒酢

 昼の気温はそう冷たく感じませんでした。
 郵便局に振り込みに行く時 空気も澄んでいますので中央公園から老師の家のベランダも見えます。
 
           12月5日中央公園

 郵便局はマンションの地続きの別棟にあります。郵便局の隣は行政サービスセンターですよ。道を挟んで向かい側は消防署です。
 郵便局と同じ棟にスーパーがあるのです。便利でしょ。

 最近 私は中国の黒酢を良く使っています。中華物を食べる時などですね。
 中華料理のお店に行きましてもテーブルに黒酢が置いてあれば使いますね。
 中国の黒酢には何種類かあるようですが、街で普通見かけるのは「鎮江香酢」ですね。
 私の好きな黒酢は「山西老陳酢」ですね。
 ここでの酢と言うのは実際は酉偏に昔と言う字なんですよ。

 近所のスーパーや柏の高島屋でもこの山西老陳酢は並んでおりません。

 Amazonで調べて見ましたら一種類だけありましたので取り寄せました。
 最近偶然見つけた近所の輸入品専門店でもあると分かりました。
 送料が要りませんから、次からはそこで買うことにします。

             山西省の黒酢

 老師にこの酢のことを話しましたら、とても健康に良い酢だと仰るのですね。毎日蜂蜜と合わせて水で薄めて飲むことを勧められました。
 山西省の方は何にもこの黒酢を掛けるとか。

 今日の昼作った焼きそばにも掛けて食べましたよ。餃子にも良いですよ。

entry_header

緑の野菜とセーターのこと

 毎日食べる食品は出来るだけ種類を多く摂りたいと思っております。
 ま~20品目は摂ってはいると思いますね。ですが緑色の野菜は茶色より少ないように思っております。
 出来るだけ摂りたいと思いますが、葉物は歯間に挟まりやすいのです。老人は困るのです。

     隠元柚子味噌  春菊胡麻和え

    左は隠元の柚子味噌掛けです。  右は春菊の胡麻和えです。

 これらも朝食に先ず載せます。それからテーブルと冷蔵庫を行ったり来たり。数回掛けて食べ終わります。

 昨日妹が来ましたが、私のブログを見て「セーターを買うのに苦労をしているのね」と言いまして、姪が調べて呉れたと言うリストを持って来て呉れました。
 今日の午前は中国語でしたので、午後長女の運転で夫と一緒にアリオに連れて行って貰いました。

 アリオにある無印良品と言う店ですね。長女はあそこのはどちらかと言えば細いのだけれどと言いながら店に連れて行って呉れました。初めて入る店です。
 姪の調べて呉れたセーターは直ぐに見つかりました。

              無印セーター

 大きさが凄いでしょ。XLですよ。黒とグレーのを買いました。ローズ色のも欲しかったのですが大きなものはなく買えませんでした。

 10数年前知人の女性と池袋の芸術劇場に京劇を見に行きました。
 その時一緒にお見えになった方が無印良品の社長でした。
 観劇のあと食事をとりながらお喋りをしておりました。その時無印良品は西武系だと分かりました。
 私が友人が西武にいたと話しましたら、その社長は「僕が西武に入った時最初に配属されたのがその方の部署でした」と言うのでびっくりしました。
 友人は西武で三島由紀夫の制服を担当した西部博之さんでした。世の中狭いですよ。悪いことをしてはいけませんね。

entry_header

朝食とおにぎり

 世のなか 生き方も生活様式も色々と変わってきておりますね。それにつれて食生活も変化して来ております。
 私が子ども頃 朝食にパンを食べるなんてとてもモダンな洒落た家のことでした。
 映画で見ると古い時代にトーストにコーヒーと出て来るとインテリだわと思ったものです。
 今は更に変わって朝食はパン・そば・お粥・サプリメントと何でもありですね。

 ですが我が家は和食一本やりです。毎日ご飯に味噌汁 代り映えしませんが気分は落ちつきます。

      朝食11月30日  朝食12月1日

       左は11月30日のです。  右は12月1日のです。

      朝食12月2日  朝食12月3日

      左は12月2日のです。     右は12月2日のです。

 味噌汁は発酵食品ですから、身体のために良いと思っております。老人になりますと軟らかい物が良くなります。
 それには煮物が良く合っています。ご飯は良く噛むようにしています。

 今日は下から二番目の妹が遊びに来ました。昼食は先日のレストランからの出前弁当です。
 話は色々出ますが、今日はおにぎりの話が出ました。
 二女におにぎりのことで笑われていますが、妹の話によりますと、おにぎりは買う物だと言うのが今は普通のことなんだそうです。
 おにぎりを手で握ったのは嫌だと言う人も多いそうです。街で売られているおにぎりには油が加えられていると言う話も出ました。
 手に水も付けずに握るのは無理なのように、機械でも同じこと。そこで手に水を付けるのと同じ理屈で油だと言うのですね。
 どうもこのことは知られた話のようです。

              鰹節握り

 これは先日鰹節を削り、それを使って握ったおにぎりです。美味しかったですよ。
 私は鮭か梅干し位が自分のおにぎりですね。

 焼き海苔で巻くのは絶対ではありません。海苔も良い海苔は少なくなっていますしね。美味しいおにぎりには焼きたての海苔が一番ですが、それは望んでも無理になっています。
 唯の板海苔は探すのも難しくなっていますね。毎朝食べるのは焼き海苔ですよ。

entry_header

今日の一品と色々なこと

 真鱈の真子が店頭に出て来ました。パックに生のが入っていますが、興味のない方にはグロテスクに見えるかも知れません。
 今年は大きな物には未だ会っておりません。
 ですが長女も私も好きですから、早速煮付けました。

        真子煮つけ

 煮る時は調味料と水 それに酒を加えて煮立てます。煮汁が良く泡立って来たらカットした真子を静かに入れます。
 再度煮立って来たら灰汁取りシートを被せ、弱火で煮込みます。

 今日はお天気も良く、朝のうちに靴下を脱ぎ足を陽に当て気分よく日向ぼっこをしました。

        日向の足

 午後は鍼灸治療を受けに行くことになっておりましたら、ご近所の方からお声が掛かり、治療の前にお邪魔しました。
 随分前になりますが、取手文化会館で「くるみ割り人形」の舞台で一緒に並んだ方です。
 その時の写真が用意されていまして、懐かしさもありお互い若い時の話で盛り上がりました。
 
        近さん宅

 お茶を頂き、鍼灸の予約時間ギリギリまでお喋り。楽しかったですね。
 手作りの物を色々頂きましたが、時間になって仕舞いましたので、後でお持ちしますわと言われ、治療の終わる時に持って来て下さいました。
 彼女も鍼灸治療を受けていますから、お出でになった時、舞台の写真を先生にお見せしました。
 彼女も私も若い姿です。ロングドレスを着ましてね。事務の方も素敵!って言って下さいました。
 写真は見て頂きたいのですが、了解を頂いておりませんので、今日は×です。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog