FC2ブログ

2018-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

懐かしい学校 その4

 中國青島の旧日本人小学校の様子はかって在学したことのある人にとっては忘れられぬ存在だと思います。
 第一、第二、第三は市内。少し離れた所に四方、滄口と五校ありました。
 私の在f学した第一日本小学校の校庭の広さは「その3」で紹介しましたが、校舎は重厚な作りの立派な建物でした。
 教師は日本から派遣されて来ていたようですが、立派な先生ばかりと言っても良いでしょう。
 教育のレベルも高く、当時東京が100とすると青島は105などと言う言葉も耳にしておりました。

 教室は靴のまま入って行きます。日本の小学校で教室には下足ではダメでしたから、私は何か外国に行ったような気分になったものです。
 校舎には暖房設備が施されており、教室の中では冬でも寒さを感じることはありませんでした、
 スチームの上にお弁当を載せて置き、温かいお弁当を食べることが出来ました。
 お弁当を持って来てない生徒は正面入り口に近い所に設けられたパン売り場でパンを買っていました。
 その場所では時々運動靴の販売もされたのです。

 校舎に囲まれた中庭では朝礼が行われたものです。その中庭には生徒が日射で倒れないようにと、アカシヤが植えられ、夏は日陰になっておりました。
 
 昭和15年 紀元2600年と言うことで日本では様々な祝賀行事がありました。
 そのことからでしょうか。校庭に立派な遊具が設置されました。

        
         昭和15年運動具

 私はこの校庭方向から帰宅するのですが、毎日のように此処でランドセルを放りだして遊んだものでした。

 中村校長先生は、日本人社会に信頼されていたのでしょう。
 この遊具の設置の内容までは知りませんが、日本人社会も寄付をされたのだと思います。
 
 この昭和15年に校内放送の設備も出来ました。お昼になりますと音楽が流れたり、生徒の朗読の声が聞こえたりしました。
 先進的な学校と言えましょう。

スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。