FC2ブログ

2018-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

舩底信雄さんを偲ぶ

 越谷に住まわれていた明大OBの舩底信雄さんと出会ったのは65年前。随分昔ですね。
 私は社会人になり立て。舩底さんは学生さんでした。
 ブログで「学苑会雄弁部」のことを書いてありました。
 そこに舩底さんのご長男からご逝去のお知らせが入って来ました。グーグルで検索して辿り付いたのだそうです。

 6月24日 早朝に永眠。 84歳10か月とのことです。

 舩底さんは時々電話を下さり先ず「先生お元気ですか」と大きな声で仰るのです。長話はしませんが気に掛けて下さり、またご自分の近況も伝えて下さり、お蔭で当時の方々の様子も知ることが出来ておりました。
 このところ電話がないな~と気なっておりました。体調を崩されていたのですね。

 2008年には我孫子にお見えになって下さいました。「その時は」それはそれは感激しましたね。

        学苑会雄弁部974

 その時の写真ですが、右が舩底さんです。左は玉井宏夫さん(故人)
 左から二人目は皿島正治さん、中心は伊藤琴遊さん
 伊藤琴遊さんは舩底さんと一緒の学苑会雄弁部で活躍した方です。故宝井馬琴師匠に師事 現在は色々な所に呼ばれて講談を語っております。校友会柏地域支部の佐々木利夫さんは馬琴師匠の下で伊藤さんとは兄弟弟子です。
 伊藤さんに連絡をし、舩底さんのことを偲び色々と話しました。また伊藤さんの話の中に出て来た方にも繋がりの共通する方が多く、色々と思い出しました。
 伊藤さんとも久しぶりでしたが、伊藤さんも高齢ですから、お互い健康で過ごしましょうと電話を切りました。
 
entry_header

580円の握り

 三合の酢飯 最後の分は今日の特売の刺身を使って握りにしました。
 冷蔵して置いた酢飯 昼間に冷蔵庫から出して置き、夕方軽くレンジで温め、ドライヤーで冷ましました。
 刺身は12切れ 二人では足りなそうでしたので、卵焼きを作り二貫握りました。

         580円の握り

 他に食べる物がありますので、結局食べ切れず、頑張ったのですがとうとうご飯だけ一つ残して仕舞いました。
 3合の酢飯って何だか価値がありそうな気がしています。

entry_header

みすず飴

 長野県上田市出身の親しい方から「みすゞ飴」とイチゴジャムを頂きました。
 昨日の夕方帰宅した私 電話に出ましたら、「これからみすゞ飴をお届けします」と言う言葉に「仕舞った」と思ったのです。
 先だって久しぶりにお会いした時、「昔頂いたみすゞ飴ね。戦後の甘い物のない時に食べた時の嬉しかったこと」と話しの流れの中で喋ったのです。
 そのことで直ぐ取りよせ、お持ち下さったのだと気が付いたのです。
 迂闊な事でした。

         みすゞ飴

 戦後の日本の食料難はそれは厳しいものでした。毎日ひもじい思いをしていた人も多かったと思います。
 我が家も大変でした。お菓子など滅多に口に入りません。
 昭和23年に上京 夏休み後から大学の女子寮で過ごしておりました。
 その女子寮にいたのが2年上に高野寿美さん1年下に中沢さん。お二人共上田市の方でした。
 どちらかの方からかみすゞ飴を頂いたのですね。その飴の美味しかったこと。
 
 自然の力を感じる甘さです。忘れられない味です。

 中沢さんはお兄様が印刷所をなさっていると聞いておりましたので、今日検索しましたらあるのですよ。
 中沢さんはどうなさっていましょうか。高野さんはお亡くなりになって、上田に眠っていられるとお聞きしております。
 今日は色々と思い出しております。

entry_header

良い時間

 長い付き合いの友人二人 チャイナドレス同好の友
 今日の12時に柏で落ち合いました。何時もの通りの店に行きましたが、混んでいます。
 水曜日だし、並んでいる方を見回しますと、給料日とは縁のなさそうな年齢の方が殆どです。
 込んでいるのが何だか不思議に見えましたよ。
 
 食事をとりながら、そして食後のティータイムも熱心にお喋りが続きました。
 話題は色々と出ましたね。
 最近の世相・政治家の言動・学校教育の大切さ・長寿社会の齎している様々な問題・健康で過ごす方法・身近な生活の中での問題点・親族との付き合い・これからの自分のありたい姿等々。
 今は新しい社会への転換期に入って来ているのではないかと。
 とても有意義な話題で楽しく過ごして来ました。

          6月27日藤江さん

 福島に住む友人は綿の素敵なチャイナカラーの上着を着てお見えになりました。
 自然の中でも工夫を重ねて楽しく過ごしている姿は何時も変わらず、素晴らしいと思っております。
 都内からお見えになった方 ご両親の亡くなられた家に毎月草とりや、掃除に山梨まで出掛けているそうです。
 過疎地の様子もお聞き出来ました。実際に経験されている方の話は勉強になります。

 こうしてまた次回もお喋りをするのでしょう。

entry_header

煮物と葉タバコのこと

 煮物は多く作り過ぎます。中々コントロールが上手く出来ません。
 煮る時には多少の工夫と言いますか、変化を付けて見ます。

         筍・人参・隠元・昆布・豚

 これは切り方を揃えてあります。細長ですね。
 全部をコロコロは余りないですね。輪切りや乱切りは良くしますよ。
 
 昨夜NHKテレビで鶴瓶の家族に乾杯と言うのを見ていました。鶴瓶さんて厚着ですね。
 何だか何時も重ね着に見えます。
 
 昨日の行き先は宮崎県国富町でした。
 その訪ねた家の畑を見て驚きました。葉タバコを育てているのです。
 私は葉タバコの生産は日本では終わっていたのだと思っていたからですね。
 調べましたら、全国でも可成り多くの市町村で栽培されているのだと知りました。
 国富町には葉タバコ農家があるのです。45経営体 作付け面積は96haと出ています。

 私が女学生の頃 戦争が終わってからでしたね。町の農家で葉タバコの栽培をする家がありました。
 今は分かりませんが、当時葉タバコの栽培は大蔵省専売局の管轄でした。
 農家の方の話によりますと、植え付けから収穫、乾燥、出荷までの行程はとても大変だと聞いておりました。
 煙草の葉は枚数が管理されており、検査が何回かあると言うのですね。
 煙草の葉は枯れても捨てては駄目。葉が横流しをされてはいけないと言うことでしょうかね。
 とても厳しい管理で、苦労も可成りだったようです。
 その煙草畑は何時の間にか見られなくなっていたのです。
 昨日は可憐な薄ピンクの花を思い出しました。

entry_header

細やかなイベント

 マンション一階の隣の別棟に小さなスーパーがあります。
 食品専門ですが、商品は全体に安く、特に火曜日は翌日の休みを前に夕方からは格安商品が並びます。
 
 最近買い物難民が都市部でも増えていると言うことも聞きますが、此処があることでとても助かります。
 広告は週2回配布されて来ます。
 昨日のチラシで今日の午後 「オスマン・サンコンさん」がお見えになり、一日店長をなさると知りました。

 娘たちと買い物から帰り一緒に昼食を済ませたら、3時を少し過ぎていました。
 3時から店内でサンコンさんとジャンケンが出来ると気が付きました。
 折角の機会ですからと急ぎ行って見ました。奥の方を眺めましたら、列が見えます。高齢者が多いですね。
 そこに並び握手。そしてジャンケン。私は勝ち、二女は負け。

            サンコン

 随分小柄な方で、二女と並んでほぼ同じ背丈。私も二女も一緒に写真を撮りましたが、これは記念にして置きましょう。

entry_header

ささずし

 お米3合のすし飯は意外に分量があります。
 ベジートのすしを作ったのですが、後2回分の酢飯があるのですね。
 そこで昨夜はささずしの押したのを作って見ました。

       ささずし2

 前に作った時も言いましたように、本物を知りません。そこで押すのはどうしたら良いかしらと考えました。
 押しずし用の木枠はあるのですが、一台は押しずし6個用です。もう一台は大きく高い所に仕舞ってあるのですね。
 そこで酢飯に具を載せたら笹の葉を十文字にし、すしを包みます。それを確りとラップで包みました。
 一つ一つ包んだら、手のひらで強く押しました。
 具は冷蔵庫にある物を並べ、色合わせをしながら載せました。
 作ってから考えたのですが、具さえあれば簡単に作ることが出来ますし、家庭料理に良いなと思いましたね。
 特に椎茸の甘煮は常備していますから、意を強くしましたよ。

entry_header

ベジートの鮨と沖縄慰霊の日

 鯛の握りを作る時、序でにまたベジートを使って見ようとお米は3合炊き、お酢を振って置きました。
 ベジートを一枚使い巻きずしにしてみました。

        ベジート鮨

 初めてのことですから、上手く行くとは思っていませんでした。それでも何とかお皿へと乗せ食べることが出来ました。
 具はすし飯・ロメインレタス・卵焼き・サーモンタタキ・紅ショウガ・割けるチーズです。
 醤油とマヨネーズを混ぜて付けて食べました。とても美味しくてベジートは未だありますからまた作って見たいですね。
 自分でモダン鮨って言いたいですよ。

 今日は沖縄慰霊の日ですね。 この日が来ると思いは「ひめゆり学徒隊」のことに行きます。
 この日だけではありません。良くと言いますか、何かあれば思いますよ。
 私と同じ世代ですし、艦砲射撃の恐ろしさも経験しておりますからね。
 私が艦砲射撃を受けたのは数10分です。それでもあの凄まじい砲弾の炸裂音は生涯忘れることはないと思います。
 町ではこの砲撃で即死した方もおりました。
 
 ひめゆり学徒隊の方々は軍に参加してから長く米軍の砲弾の下を潜って働いていたのです。
 
        ひめゆり記念

 2006年 沖縄に行き、その時資料館に行きましたが、私はず~と切なく涙が止まらず回って来ました。

entry_header

タカマルでの買い物

 昨日は夫と長女と一緒に買い物と用足しに出掛けました。
 夫は先ごろ頼んであった眼鏡が出来ていると連烙があり、それを受け取りに行くので、丁度良く一緒に車に乗りました。
 頼みに行きました時、検査とフレームを合わせたりで、随分時間が掛かりましたが、どうも今一つらしいです。
 眼鏡を受け取り、そのままアリオ柏に行きました。
 長女と私は先ずタカマル鮮魚店ですよ。

             タカマル6月21日

 夫は近くの椅子に座り待っています。昨日はそう込んでいませんでしたね。
 長女はイサギを3尾 ムニエルにするために三枚に下ろして貰い、皮も剥いで貰いました。
 私は北海道の水ダコの茹でがありましたので、それと近海の真鯛の小さなさくを買いました。
 真鯛の値段ですが税込み842円です。
 それとアサリ、二女の娘の弁当用にタラコ。 眺めているだけでも楽しいです。
 
 そして昨日の夕食はタコの軟らか煮と鯛の握りです。そして二女からの差し入れの煮物、後は残り物。

     鯛握り  タコの柔らか煮

 握りは二人で食べるのに最後の三貫は譲り合い。そこで夫が二貫 私が一貫 
 食べるのも仕事のようになって来ております。

entry_header

牛しぐれ煮を作る

 少し前までは牛そぼろ山椒が好きだった夫 リメークした牛しぐれ煮が気に入ったのか、宗旨替えのようにこれは良いと言っており、以来時々作っています。
 下のスーパーは水曜日が休みですので、火曜日の夕方になりますと、品物を安くします。
 丁度しぐれ煮が切れそうでしたので、夕方買いに行って来ました。

      牛1  牛2

 鶏肉は売り切れていましたが、今回は牛肉を3パック買いました。全部で税込み1465円です。
 ピラピラ肉ですが、更に細かく切ったのが右のパックです。
 これを 醤油・砂糖・出汁・酒で煮ます。刻み生姜は沢山入れます。
 煮る時の灰汁は良く取ります。コツはありません。

              牛3

 私が外出する時も、これがあると特に心配する必要はありません。
 夫はご飯をチンしてこれを掛けて食べます。私が何処で何を食べようと関係ありません。
 便利な一品です。

entry_header

試して見る

 去る日 都内に住む友人から我孫子のイトーヨーカドーで売られてるとテレビで見たのでと、情報を知らせて来ました。
 ではそれを買って送って差し上げようと買いに行きました。
 
 野菜と寒天で出来た「ベジート」と言う板海苔のような薄いシートです。
 序に自家用にと買って来てありました。
 
 このシートを使う時、先ず霧吹きで水分を掛けると言うのです。
 霧吹きはどこかにあった筈だと探して見ましたが、見つかりません。そこで作るのをほっときました。
 長女がキッチンペーパーを濡らしてそれでやって見たらと言うのですね。
 これは良いだろうと作って見ました。

       べジシート

 初めてのことですので、上手く出来ません。シートは未だありますから、また試して見ようと思っています。

 中に入れたのはロメインレタス・スイスチャード・人参・割けるチーズ・サーモンタタキです。
 食べる時マヨネーズを付けて食べて見ました。美味しかったです。夫も美味しいじゃないかと言って呉れました。

 スイスチャードは昨日高島屋フードメゾンで買って来ました。これも初めてです。

       スイスチャード

  この茎の綺麗な色を包んだら良いだろうなと思ったのです。

entry_header

今日の朝食

 朝食は毎日同じようなものです。トマト・ヒシオが出て来ます。
 味噌汁は豆腐にもみ海苔が多く、合間に野菜やアサリ・シジミなどですね。
 アサリもシジミも安い時に買い、小分けし冷凍して置きます。

 先日タカマル鮮魚店で「ヒラマサ」が900円と安く出ておりました。
 何にしても良いと思い、三枚に下ろして貰いました。
 4半分を刺身にする心算が、残り物で食事が出来そうなので止めて、西京漬けにしました。
 一尾を8切れにし、その一切れを半分づつで今日の朝に食べました。

       朝食6月19日

     一番下のお皿のがヒラマサですよ。
   流石に小さいですね。でもこれで充分なんです。
 
entry_header

亜麻仁油のこと

 新聞の広告で見た本 今はAmazonに頼むと直ぐに来ますね。
 それに脳に良い物として亜麻仁油が良いと出ていました。
 早速亜麻仁油を買って来ました。

          老けない身体

 老けない体と言いますが、特に若返りたいとは思いませんし、若く見せたいとも思いません。
 普通で良いのです。
 唯元気で居たいとは思います。
 そんなことで亜麻仁油を味噌汁等に生のまま入れています。

       アマニ味噌汁

 亜麻仁油のことが少し前、テレビで取り上げられていました。
 テレビで取り上げると直ぐお店からその商品が姿を消していますね。
 そこで長女に連絡し、買って来て欲しいと説明をしました。
 娘からの連絡で、スーパーの棚は既に空っぽだと返事がありました。凄いですね。
 
 先日買って来た亜麻仁油の箱を見せましたら、これだったのねと手に取って見ていました。

entry_header

明治大学校友会千葉県西部支部総会

 今日は明治大学校友会千葉県西部支部 第15回総会が開催されました。
 私は迂闊にも日にちを間違い、家で家族とお喋りをしておりました。
 我孫子地域支部の猪瀬さんからの電話で今日だと分かり、会場の柏ハート柏迎賓館に駆けつけました。
 総会はほぼ半ばまで終わっており、総会会場にそっと座りました。

             西部支部1

 今日の出席者は来賓を含めて135名程。議事もスームズに進んだようで、大学からは学務担当常勤理事の鈴木利大様
 校友会からは監査委員の松本穣様がお見えになりました。
 お二方からは大学の様子の紹介がありましたが、耳の遠い私には上手く聞き取れません。
 大体話の流れであのことらしいなとか、そうだあのことだわと。分かった心算でお聞きしていました。
 
 総会の後、全員での記念写真撮影がありましたが、これまたグズグズしていて並ぶことが出来ませんでした。
 
 それから懇親会 会場4階で地域支部ごとのテーブルに座り、歓談をして過ごしました。

    西部支部2  西部支部3

 懇親会では久しぶりの方に挨拶に伺い、お互い元気を喜び合いました。
 会は司会者の上手な進行で進みました。今日のアトラクションは應援團・チアリーディングの学生です。

    西部支部4  西部支部5

 女子学生の溌剌とした演技・吹奏楽の力強い演奏 自然に気分も若返って来ますよ。側で一緒に体を動かし、ノリノリの方もいましたよ。

 そしてスクラムを組んで校歌。今日は3番まで歌いましたよ。

    西部支部6  西部支部7

 校歌斉唱の指揮をとった柏地域支部の石原敏和さんから三三七の拍手の説明を受け、全員でこの拍手をしました。
 偶然この拍手のことは昨日のブログに応援団出身の寺門孝彦さんがコメントで教えて下さいました。
 三三七拍手は明大応援団初代団長の相馬基先輩の考案したもので「嵐の拍手」として残っているのですと。
 こういうことですね。先日テレビで紹介されたそうです。
 今朝も再放送されていたそうです。
 私は初めて目にし、一緒に拍手を仕舞したよ。とても良い経験でした。

             西部支部応援

 石原さんは中野高校の応援団に入っていたそうです。格好良かったですね。爽やかな動きで皆さんをそこに引き込んで下さいました。拍手する参加者も楽しそうです。

 懇親会の外では明大グッズの販売もありましたよ。

            西部支部グッズ

 来年の全国大会は千葉県で開催されます。今日はその会を盛り上げる決起集会のような感じでもありましたよ。

              西部ポスター

 千葉県支部長の強いメッセージに心を揺さぶられましたね。多くの校友が全国から参加される会です。
 日本の大学で長く校友大会を全国で開催しているのは明治大学だけだと聞いております。

 今日の学務担当常勤理事が話されていた、留学生との学生寮とはこのことだと思います。
 手元に資料がありましたので、掲載して置きましょう。

              明大2

 校歌を歌う時、隣で肩を組んで下さったお嬢さん。背も高く実に爽やかです。若い人と会えるって良いですね。

 今回の担当は我孫子地域支部でした。支部の皆さま何もお手伝いもせず遅刻までした婆さんをお許し下さい。

entry_header

変わった餃子

 久しぶりに餃子を作りました。皮は市販の皮です。
 イタリアンパセリがありましたので、これを使ってみようと思ったのですね。

     イタリアンパセリ1  イタリアンパセリ2

 餃子の具 今回の具は普通の豚挽き肉です。脂身がなく赤身だけですと美味しくないです。
 豚肉に、茹で白菜のみじん切り。其処にネギと生姜のみじん切りを加えます。
 調味料として塩、胡椒、清酒、鶏油、オイスターソースを加えて良く混ぜます。
 最後にイタリアンパセリを加え、かき混ぜて皮で包みます。そして焼きました。

 思っていたより食べ易く、夫も美味しいと食べました。
 中国の餃子の具は多様です。偶には冒険をしてみるのも良いですね。

entry_header

しのべ竹と雑談

 妹が一昨日の夕方 しのべ竹を沢山持って来て呉れました。
 羊会の懇親会に出ていた時、連絡があり、私もその頃には家に戻っているからと、返事をして置きました。
 妹の家ではこれから梅もぎで忙しくなるそうです。毎年のことですが、頂くと嬉しいものですね。
 パソコンのことで、気がせき落ち着かない時間が過ぎて行きました。
 折角少しでも早くと持って来て呉れたのに、ぐずぐずしていて調理するのが遅くなって仕舞ったのです。
 皮を剥いたしのべは小さい物と大きい物とに分けられていました。
 そこで小さい方はメンマ風に炒め煮にしました。
 大きい方は切り分け茹でて冷凍にしました。

      しのべ2  しのべ1

 しのべ竹は独特な苦みと歯ごたえがありますが、季節には食べたくなります。

 一昨日の東京行きの所為か、右大腿部から脛へと筋肉が張っているようで、動くにも痛みを感じ、ぎこちなく動いていました。
 日中雨量が多かったかしら、どうも痛むのですね。
 そこでマッサージと鍼灸をして頂きに行きました。
 毎回同じ説明になりますが、先生は千葉県鴨川の方です。
 他の患者さんがいない時には治療を受けながら雑談もします。
 「吉野家の牛丼は食べたことがなかったのですか」ブログを読まれているのですね。
 「そうなんです」 「吉野家以外では食べたことはあるのですか」 
 「いいえ。牛丼は食べたことがないのですよ」 そう牛丼は先だってのが初めてなんですね。

 昔学食で肉丼と言うのがありました。多分昭和25年位からあったのではと思いますね。
 ようやくお米が出回るようになった頃ですね。学食のカツカレーと言うのもありましたが、カツカレーは食べたことがなかったですね。
 肉丼ですが、細切れのような肉は豚でもないし、ましてや牛ではないですね。何だか決めつけられないのです。夫は馬肉ではと言っております。
 肉とじゃが芋を醤油味で纏め、餡かけのようにして、丼に入れてあるのですね。多分50円位ではなかったかと思います。
 
 この妹が青島病院で生まれた日。母の妹が私たちの面倒を見ておりました。その日の夕食はすき焼きでした。
 何故覚えているかと言いますと、食べようとした時停電になったのです。若い20代の叔母は灯りをどうするか分からず、仕方なく暗闇の中で鍋から取って食べたのです。

entry_header

楽しい集まり

 既に正式には終わった会なんですが、完全に止めてしまって会えないなんて嫌だと言うことで、集まれる方だけは集まりましょうと、声を掛けて下さる方が、今年も呼び掛けて下さいました。
 昨日の午後 新橋の新橋亭で青島羊会の会がありました。
 昨年より人数が減り、18名 出て来られると言うだけでも元気なんですね。
 
     お料理は中華ですよ。

     羊会1  羊会1の2

 皆さん食べるよりはお喋りですよ。
 何しろ高齢ですから耳の聞こえの悪い方が揃っています。
 お互い顔を寄せ合い、聞こえる方に耳を向けております。
 昔話も出ますが、昨日は健康話が多かったですね。それと毎回お見えになっていた方々の消息をお聞きし、歳だなと感じましたね。
 会の途中で皆さんで「青島行進曲」や「青島小唄」を歌いましたよ。YouTubeをスマホで曲を出しましてね。
 お聞きになりたい方は曲の赤字をクリックして下さい。青島行進曲は変更になっていましたYouTube青島行進曲動画で検索して頂くと出て参ります。
 皆さん耳も遠いし、声も低音になっていますが、誰もが知っている歌ですから、盛り上がりましたよ。

 毎回バイオリンを下げて来る石井さんの弾く曲にも合わせて歌いましたよ。
 彼が前日練習したと言うみかんの花咲く丘や夏の思い出などです。

             羊会2

 石井浩さんは千葉の鴨川に住んでおります。8月には油彩の個展を地元で開くそうです。
 菅野和子さんは近々発売される著書を皆さんにと贈って下さいました。

 松戸で鎌倉彫りを教えている塩路広さんから力作の素敵な物をそれぞれ頂きました。

 記念写真は皆勤賞の権藤蔚さんがカメラを担いで福岡からお見えになり、写して下しました。

             羊会3

 こうして楽しく過ごすことが出来るのも宮崎豊茂さんはじめ世話人のお蔭です。

 蛇足ですが、昨日帰宅後からパソコンのことで困っていました。
 引っ越しされた助っ人さんにSOS 今日の午後来宅して下さり解決しました。
 婆さんはこれですよ。

  変更された青島行進曲 ここに入れて見ますのでお試しになって見て下さい。

entry_header

椎茸

 干し椎茸を頂くと先ず日に当てます。
 それから保存します。大きな椎茸は厚みもあり、美味しくて、頂くと何故か嬉しくなります。
 大きな椎茸を自分で買うのは偶にです。
 普段は国産のですがやや小ぶりの物です。
 それも必ず干してから使っています。

     椎茸大分  椎茸甘煮

 大きな椎茸は戻してから、切って冷凍にしたりしますが、煮てから冷凍することもします。
 冷凍って便利ですね。

entry_header

イタリアンパセリを食べる

 マンションの4階に住む私 毎週木曜日に"同じ棟の1階で出来たレタスなどを買いに行きます。
 産直も産直 売り場まで距離で50mくらいかしら。
 先日はイタリアンパセリが出荷されていましたので、試しに買って見ました。
 和食中心の我が家ですから、食べる機会が殆どありません。スープなども滅多に作りませんからね。
 
 そこで一応レシピを検索しました。さっと茹でてなんて言うのもありますが、折角洗わずに生で食べられますから、簡単な一品にしました。

       イタリアンパセリ

 夫が食べるかどうかとチョッと見ていましたら、全部食べています。
 生野菜は好きではないと常々言っておりましたが、最近はこの産直のレタスは食べるようになったのです。
 食べて呉れると助かりますよ。

entry_header

朝食と昔話

 朝食は大事だと思って過ごして来ました。それが何か変化が起きています。
 何故かと言いますと、食べられる量が少なくなって来ているのです。
 ペインクリニック内科の先生は食べられないよりは濃い味の物でも食べられれば良いですよと先頃仰って下さいましたがね。
 暫く前までは食べる量に余り気を使うことがなかったのですね。
 気を使うのは薄味とか、赤・緑・黒・茶とか。
 タンパク質を添えるとか。そのようなレベルではありましたが、残り物が増えて来ているのに気が付きました。
 老化でしょうかね。

      朝食6月7日  朝食6月8日

       左は6月7日のです。      右は6月8日のです。

      朝食6月9日  朝食6月10日

       左は6月9日のです。      右は6月10日のです。

 残り物が増えて来てますから、何も作らなくても一日位は問題はないのです。
 ところが作るのが好きな面もありますから、何か作っており、そして出したり入れたりの日が続きます。
 ~~の連鎖とも言えましょうかね。時々何となく面倒な気ののらない日もありますが、冷蔵庫を開ければ何とかなります。

 一昨日のことです。BSジャパン 昭和は輝いていた SP 懐かしい映画音楽・歌謡と言うテレビを見ておりました。
 青い山脈と言う映画の主題歌が流れ、俳優の画像が出て来ました。 
 龍崎一郎が出たのです。そこで思い出したのですよ。
 龍崎一郎が出演した「今ひとたびの」と言う映画です。
 千葉県南端の白浜町にロケ班がやって来ました。
 この映画のロケに来た高峰三枝子は今はなくなった岩目館と言う旅館に泊まっていました。
 どうしてもそばで見たくて、岩目館のお婆さんに頼み、お帳場に座りロケに出掛ける姿を眺めたのです。
 その美しさ。スターってこんなに綺麗なんだと感心しましたね。
 灯台の近くでロケがありました。町の人は灯台の近くに駆けつけました。私も一回行きました。
 何回も同じことを繰りかえすので大変な事だなとも思ったことですね。
 龍崎一郎は地元の人間ですから、半纏を羽織り県道を歩いて行く姿が目に入りました。
 このロケで女学生の役をした女優が着た白いセーラー服は友人が貸した物です。生地が上等だと分かりましたね。
 その友人が昨日丁度電話をして来ました。
 まずテレビの説明とそこから私が思い出したことを話し「ね~覚えている?あの時の白いセーラー服って東洋英和のではなかった」と聞きましたら「そうよ間違いないわよ」と言うことで、それから話が盛り上がりましたよ。
 共通の話題にこの歳でも一所懸命になれると言うことは嬉しいですね。

entry_header

出汁のこと

 一日の始まりは朝食にあり。とまでは言い切ることは出来ませんが、朝食は大事なことだと思っております。
 我が家の朝食作りには出汁が絶対必要なんです。
 昔から出汁は削り節と昆布で取っております。
 一回に1500cc位の分量です。そして煮物や味噌汁に使い、時には麺類の汁にも使います。

        昆布と削り節

 出汁の材料は御徒町の星野商店から取り寄せています。もう40年以上の付き合いですから、電話で用が済みます。
 星野さんの主任と言いますか、責任者の方も代替わりをしていますが、親切に応対して下さいます。
 交通費も掛かりませんし、時間も要りませんから、助かります。
 長い付き合いで出来たお互いの信頼感は大切にして行きたいものです。

entry_header

コハダとマコガレイ

 タカマル鮮魚店に行くと、色々と目移りをして、つい買い過ぎて仕舞います。
 コハダは滅多に出ていませんから、直ぐに気が付きました。
 10尾で税抜き360円 これは酢締めにしました。

        こはだ〆2

 マコガレイは5枚で税抜き736円 これは煮ました。

        マコカレイ

 夕食にこのカレイを目の前に見た夫 「なんで頭が右なの」と聞きます。
 「頭左ヒラメ 右カレイ て言うのよ。自分に向かって背が向うに、腹が手前になるようにね」
 「何時も頭は左って言っているだろ。だからさ」
 「そうなのよ。でもねヒラメもカレイも皮の黒い方が表で、白い方が裏なのよ。ほらね」と裏を見せました。

 魚は骨があるから嫌だよと言う夫。それでもコハダもカレイも美味しいと食べて呉れました。

entry_header

牛丼

 今日は娘たちと買い物に行き、帰りに吉野家で牛丼を買って来ました。
 店の前に着き、車から降りる時 二女から「普通のことなんだからね。へ~とかほ~とか絶対言わないでね」と釘を刺されました。
 店内に入りましたら、想像していたより静か。清潔。広さもあります。
 注文をする時、初めてですから普通の牛丼にしました。夫の分も同じ。
 二人はそれぞれ頼みました。帰宅ご皆で一緒にたべました。

     牛丼1  牛丼2

 頼んだ牛丼の牛肉は長女が気を使い頼んだ普通より多め ご飯は普通。食べ切れません。ご飯半分と言うのがあると良いですね。
 味は想像していたよりは薄味。汁は少なく少し頼りない感じです。

 店内で待つ間にそこにあったパンフレットを眺めましたら、冷凍した持ち帰り出来たり、通販や宅配で買えるものでした。

 何回もほ~とかへ~とか言いそうになり、二女に気が付かれないよう何回も口元を手で押さえて仕舞いました。

 最初娘たちに信じて貰えられませんでしtが、吉野家の牛丼初体験でした。
 味噌ラーメンも日高屋で体験しました。未だ未体験の物があるでしょう。
 分かったらまた二人に連れて行って貰いたいものです。

entry_header

知らなかった番組

 随分前のことになりますが、都内に住む友人から千葉テレビを見て欲しいと連絡がありました。
 千葉テレビも偶には見ますが、それまでは歌番組のようなものは見たことがありませんでした。
 ザ・カラオケトライアルと言うのですね。都内では見ることが出来ません。
 友人と私との共通の故人となられている友人のご長男が出演すると言うのです。
 
     千葉テレビ  千葉テレビ1

 都内の友人には写真を送ってありますが、故人と知り合いの方でもご覧になっていない方もあるのではと気になっていましたので遅ればせですが、画像をアップ致します。
 亡き友人はとても素敵な方で、生涯クリスチャンとして過ごされました。
 突然死で友人と私は葬儀に駆けつけ最後の別れをすることが出来ました。

entry_header

鰊蕎麦と義歯のこと

 外食に行くことが減って来ております。近所のラーメン屋にも滅多に行くこともありません。
 近所に日本蕎麦屋がないのがとても残念です。自分で作る蕎麦は蕎麦屋の物にはどう頑張ってもとても及びません。
 それでも偶には蕎麦が食べたくなります。先日買って来て置いた鰊の甘露煮で鰊蕎麦を作りました。

        ニシン蕎麦ミョウガタケ

 美味しいことは美味しいのですが、チョッと高い茹で蕎麦を使いましたのに、蕎麦屋のとは大違い。
 鰊も大きすぎます。薬味のミョウガタケも細かくし過ぎ。
 前も後悔したのですよ。自宅で食べる蕎麦は乾麺を茹で、もり蕎麦で食べるのが良いですよ。
 
 近所に蕎麦屋出来たら良いな~と何時も思うのですが、地域を眺めるととても商売には難しそう。
 
 神田のまつやか藪に行きたいな~と時々思っては我慢しています。

 先だって義歯の修理をして頂いたのですが、今度はその義歯の金属の細い所が折れて仕舞いました。
 先生に診て頂きましたら、再度作って下さると仰るのです。
 そこで型を取って頂きに行きました。「先生 何時か失くしたと言った入れ歯ですがね。出て来たのですよ。でも何となく重くてね。こればかり使っていたのです」と打ち明けて話しました。
 「えっ出て来たの。じゃ持って来てごらん」と。そこで新しい義歯の出来上がる日に、失くしたと言った物を持って行きました。
 先生は よ~く調べ、何回も口の中に入れては直して下さいました。
 「どう!大丈夫?」と入れたり外したりし、確認なさいます。両方を確りと調整して下さいました。
 2時間掛かりましたよ。先生に感謝。
 「先生!義歯のスペアを持っている人少ないでしょうね」と言いますと「そうだね。少ないだろうね」と仰って笑っていました。
 自分でもおかしく思いましたね。

entry_header

みりん干しと雑談

 魚は骨があるから嫌だよと言う夫 生まれたのは東京杉並区。私の田舎と違い、刺身は魚屋が器に盛り付けて配達して来たそうです。
 ですから姑は魚を捌く何て出来ません。そんな子どもの時に食べたみりん干しは食べ易かったと言うのですね。
 そこでみりん干しを買って来ました。

     鰯みりん干し  秋刀魚みりん干し

 左は鰯ですね。右は秋刀魚です。みりん干しは軽く焼かないと直ぐに焦げて仕舞います。
 このみりん干しも軽く火を通したのですが、直ぐに硬くなって仕舞いました。 
 若い時でしたら、問題なく簡単に食べられましたが、今日日はダメですね。
 勿体ないので私は何回も食べました。顎の運動は脳に良いからとか自分に言い聞かせてね。
 美味しいのですが草臥れます。

 今日は1928年張作霖爆殺事件が起きた日です。
 張作霖爆殺事件のことは、随分昔伊達宗義氏の講演に行きました時、色々とお聞きしました。

 その講演でお聞きしたことを改めて思い出しております。
 張作霖が北京から奉天に戻る時 爆殺計画をしていた関係者は列車がのろのろと動き、途中で停まったりし、実行する時が決められず困ったそうなんですね。
 実際に事件が起きた時、列車に同乗していた張作霖の第五夫人の様子ですが、夫人は張作霖を抱きかかえ、あたかも生きている人に声を掛けるよな仕草で「あなた大丈夫ですよ」と言っているかのよう。そのまま一緒に屋敷に行って仕舞ったそうです。
 それから誰もそこに寄せ付けず、事件実行者は生死の様子が分からず、相当後になってから死亡を確認できたと言うのです。
 
 伊達宗義氏は現在97歳 私は奥様との交流は今も続いております。
 友人が青島の伊達家の写真をLINEで送って下さった時、プリントしてお送りしましたら、宗義氏はとても喜んで下さいました。

entry_header

ささずし

 初めてささずしを作りました。
 熊笹は友人が送って下さったのですが、ささずしは食べたこともなく、実際に見たこともありませんでした。
 ネットで作り方や画像で色々と見て見当を付けて作って見ました。

      ささずし

 作り方を見ますと、押して作るのもありますが、今日は具を上に載せるだけのを作りました。
 笹は笹船を作る時のように軸の方を切って窪みを作って見ました。

 長女には自分で好きなように具を載せて貰いました。
 長女は最初はイメージが湧かず考えていましたが、PCで画像を見せたら分かり真剣に載せています。
 桜デンブはどうしたのと聞かれました。
 一昨日 二女が高島屋フードメゾンに行くと言うので、ささずしのために一緒に行き買って来た物です。

 食べて見て分かったことは、素朴な具で甘い物がこのおすしには合っているようですね。
 ご飯は3合炊きましたので、残りは冷凍。
 後日時間のある時押して作って見ようと思っています。

 夫も美味しいと食べて呉れました。変わった物や、初めての物には慎重な人ですが、これは良かったようです。

entry_header

娘たちのサポート

 長女と二女と一緒に会えるのは週の内3日 個別に会えるのはほぼ毎日
 長女は私が歩きたいだろうと時間の取れる時には私の行きたいスーパーに連れて行って呉れます。
 二女は布団干し等に来てくれます。ゴミ出しは二女。忘れずに該当日の朝 持って行って呉れます。
 助かります。
 3人でスーパーに行く時は面白いですよ。二人はそれぞれ個性がありますから、それに沿って回ります。
 
 今日は二女と下のスーパーで会いました。
 荷物を持って呉ましたが、私の歩くのに合わせて歩いていたら荷物が重く感じると言うのです。
 歩く時間が長いので、重く感じるのだと発見したようです。
 早く歩けないと大変だね。と驚いておりました。 
 そしてもう揚げ物は止めなと言います。事故になると大変だからと言うのですね。
 天ぷらは好きですから、時々アリオ柏の満天丼で買って来ます。 
 ところがこの店 6月末に閉店すると言うのですね。仕方がないですね。
 
 二女は時々天ぷらを揚げています。変わった物を揚げると試食用よと持って来て呉れます。

        あぁね天ぷら

 今の二女は娘のお弁当作りに色々と考えているようです。孫は食べ盛り。それに偏食。大変ですね。

 長女の娘も週4回弁当を持って行くそうですが、これは少食ですから、またそれなりの工夫が要るようです。

 3人でスーパーに行く時は気分も良く楽しんで来ます。それぞれの生活の様子が良く分かります。

entry_header

目玉焼きと雑談

 ペインクリニック内科の先生は、転ばないようにと毎回仰います。
 それと毎日卵を一個食べましょうとも良く仰います。
 と言うことで、毎日卵を食べています。朝食に食べることが多いですね。
 卵焼きの時もありますし、卵とじの時もあります。大体は目玉焼きですね。目玉焼きと言いましても卵は一個です。
 それが黄身が二個のが出来たのです。

       黄身二つ

 大きな卵でしたが、二個も黄身のあるのが続き、ありゃて思いまして写しました。
 珍しくてなりません。長年見たことがなかったのです。これって本当に目玉焼きですね。
 昔の人は何か変わっていると悪い方へと話を持って行きます。黄身が二つの卵を食べるとどうのこうのと言ったものです。

 先日のペインクリニックの内科でのことですが、骨密度の話の後に、一つ質問をしました。
 「最近食事が進まない時、辛い物で食べるのですが、塩分が多いと良くありませんでしょ」と気になっていることをお聞きしました。
 先生は「食べられないことの方が問題で、それで食べられるのであれば、悪いことではないですよ。大丈夫」と仰って下さいました。
 娘たちが呆れるほど二人とも食が細くなって来ております。好きな物でも沢山は食べられません。
 少しでも多く食べようとしますと自然に味の濃い物に箸が出ます。
 考えて見ますと、姑が80歳頃 ご飯は小さなお茶碗に半分。おかずも少し、細かく切った沢庵が少し。そんなものでしたね。
 それと比べますと多いのです。動くことも私の方は多いですから、その分位多いと言うことかも知れませんね。

 それでも塩分は注意しなければと思っております。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog