FC2ブログ

2018-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

今日の一品と酒屋の閉店

 夫は魚がそう好きではありません。一尾物の煮た物などは、出来れば照り焼きのような物にして欲しい位です。
 それでも刺身は食べます。但し変わった物はダメですね。
 一昨日はホタテの刺身。昨日はカツオの刺身でした。どちらも軟らかいです。

        495円鰹

 これは税無しで495円です。お惣菜にするには良いですね。何時ものようにこれも食べ切れませんでした。

 夕食にアルコールを少し口にします。清酒・焼酎・ワインなどですね。ビールは飲みません。
 
 一階の酒屋さんは今日で閉店します。もう片付けも殆ど終わっているのではないでしょうか。
 ここで時々清酒を買っていました。それと料理用のお酒です。料理酒は買いません。普通の清酒の安いのを買っていました。
 
 長くここで馴染み。店員さんも働き者でしたね。店内に商品をどうして上手に入れるのかがとても気になることでした。

     ビッグボス  ビッグボス横から

     ビッグボス最後の日  ビッグボス酒樽

 午後スーパーに買い物に行く時、思い出の一齣として風景を写して来ました。
 パートの方が最後の日を済ませてお帰りになるところでした。そこで記念に店の前に立つ、彼女の写真も写しました。
 後でプリントして差しあげますからねと言いましたら、とても喜んで颯爽と帰って行きました。
 
entry_header

豚肉2品と雑談

 老人も蛋白質の肉を食べるようにと言われますね。肉の中でも特に豚肉が良いと聞いています。
 最近は家で揚げ物をしません。豚カツは好きですが食べたい時はお店で買って来ます。
 一枚あれば十分ですから、一枚買うのが普通です。それでも大きいと食べ切れないこともあります。

 下のスーパーでは肉は極上のを求めなければ、安く買えます。極上の物は売っていませんですからね。
 ピラピラ肉は食べ易く良く食べます。ブロックの良いものは煮豚にしたり、塩豚にしたりします。
 ロースや肩ロースの味噌漬けも自家製です。勿論添加物無しですよ。

     豚薄切りゴマダレ  煮豚2

 先日テレビで徳川慶喜は大政奉還後 鹿児島から豚肉を取り寄せて食べていたと紹介されていました。 
 
 私が中国青島に住んでいた時、母の言いつけで肉を買いに行くことが良くありました。
 前に書いたことがありますが、近所の中国人の肉屋では店頭に枝肉と言う豚一頭を半分に切り割った物がぶら下がっております。確か部位に関係なく値段は何処も同じだったと記憶しております。
 母が今日の料理は~~だと言いますと、それにあった部位を手で差し買って来たものです。

 日本に帰国してからは肉は殆ど口にしたことがありませんでした。お肉を時々食べるようになったのは昭和26年頃からだったと思いますね。 食べ物の恨みは強いと言われますね。戦時中の食生活のことを思いますと、それはそれは酷く、恨みとか悔しいとか、情けないとか、言葉では言い表せられません。強いて言えば諦めでしょうね。

 昭和20年になり、東京大空襲などがあり、7月18日には夜中に米軍の艦砲射撃で恐ろしい経験をしました。砲弾の破片が身体に当たっていたら今はなかったでしょうね。砲弾の破片って物凄く重いのですよ。
 空襲が酷くなりますと、毎日着たまま寝ます。空襲ともなれば、飛び起きて防空壕に飛び込まなければなりません。
 日本の大本営は真面な情報を国民に知らせません。艦砲射撃の敵艦は潜水艦だと知らされました。これは全くの嘘で、実際は巡洋艦4艘、駆逐艦3艘だったのですよ。日本は米軍に包囲されていたと言うことでしょう。
 
 毎日の天気予報はありません。一昨日の気象情報のように刻刻と国民に知らせることはありません。
 天気予報と言うものは敵に知らせてはならないからと言う理由だとかで知らされませんでした。
 酷いものですよ。

entry_header

夏祭り

 このマンションの入居が始まったのは1977年の8月からでした。
 当時このマンションの管理は日本一と言われたものです。
 今も管理は素晴らしいと思っております。
 管理組合も出来、自治会も発足 以来住民はこのマンションの生活に馴染み、住民の交流も様々な形で続けられております。
 今年の夏祭りは40回目となりました。
 台風12号の影響で昨日の行事は全て中止。
 今日は予定通り催行されました。
 二女は友人と一緒に模擬店を開店 一所懸命に動き回っておりました。

     祭り2  祭り1

 子どもたちに輪投げをして貰うと言うことで、昼から準備をしました。
 
 夕方になり、私は覗きに行きました。何時もの定点観測する中央公園は賑やかに見えます。

     祭り3  祭り4

 会場に行きましたら、二女たちの店の前は小さなお子さんが集まり楽しく用意した玉掬いをしております。
 輪投げは順番待ちの子どもが並んでおり、ビックリしました。
 
 夏祭りのメイン会場では踊の環が出来て沢山の方が踊っております。

    祭り5  祭り6

 このマンションの夏祭りは安全な場所でもあり、自治会はじめボランティアの方々が気配りしておりますから、我孫子中の小学生が来ているのではないかと、言いたくなるほど子どもたちが動き回っております。
 模擬店では沢山の方が並んでいます。特に焼き鳥の店は長蛇の列です。

 私は人混みの中で杖をつきながら、よたよた歩いておりました。
 姿を見つけた長女に危ないよと心配され、怪我をしてはなりませんので、早々に戻って来ました。

entry_header

麻婆豆腐とあれこれ

 暑くて買い物にも行きたくない気分ですが、台風12号が近づいているので、昨日の夕方少し野菜などを買いに行って来ました。
 昨日は娘たちは来ないと分っていましたので、自分のカートを持ち、重い物も買って来ました。
 夕食は何時も残り物と何か一品作った物ですね。
 暫く食べていなかった「麻婆豆腐」を作りました。

        麻婆豆腐擬き

 木綿豆腐一丁ですが、食べ切れません。辛くないのですよ。昔は辛くないと物足りない感じでしたが、老化は辛さにも耐えられなくなり、辛いと喉が刺激されてダメなんです。
 麻婆さんのあばたと言われたブツブツの形はチャンとしています。
 あばたとは今は余り聞きませんが、天然痘=疱瘡と言う疫病に掛かると顔に残る後遺症なんですね。
 今は天然痘=疱瘡は日本では発生していませんね。女学校に入りましたら当時の法定伝染病の一つだと教えられました。
 私の子どもの頃は偶にあばたのある方を見かけたことがありました。
 昔は種痘と言うものを子ども腕に打ち、免疫力を付けたものです。
 小学校の教科書にジェンナーと言う医師が自分の子どもに種痘を打つ話が載っていました。
 私は母が洋服を着る時は腕を出すからと、腕の内側に打って貰って呉れました。
 普通は腕の外側に打ったのですね。
 打ったと言いましてもメスで✖のように幾つか切り込むのです。それが化膿して痣になるのが普通でした。
 
 話が変わり、台風12号のことですね。進路が今までになかったような台風だと言うことで、逐次情報が入って来ます。
 弟や妹の住む町にも避難勧告が出ています。
 弟の家の前は海が広がっていますから、怒涛が押し寄せているかも知れません。
 妹に様子を聞きましたら、何時もの台風の時と同じようだと分かりました。避難所は役場だそうです。
 妹は若し避難するにことになったらとても自分では行けないでしょう。弟夫婦が頼りですね。
 歩くのも難儀をしている妹。とても心配です。
 我孫子も午後は猛烈な降りでした。今後の進路と規模がどうなって行くのでしょう。気になります。
 進路に関西も入っています。先ごろも大きな災害を受けていますからとても心配です。

entry_header

若さ

 先ごろの連休を利用し、上の孫はベトナムのダナンに友だちと二人で行って来ました。
 ダナンは昔から聞いたことのある地名です。
 ですが詳しいことは知らなかったですね。
 それが孫のことから今はリゾートとして有名になって来ているのだと知りました。
 LINEは矢張り便利ですね。孫の到着の連絡や何を食べているかとか知ることが出来ます。

 沢山写真が送られて来ましたので、掲載して見ます。
 ホテルは如何にも南国らしい部屋です。教会は聞いたところではピンクの教会と言われているとか。

       萌子1  萌子7

      ホテルではゆったりと楽しんだようです。
       
      萌子2  萌子21

      果物も沢山見て、そしてパッションフルーツを一番食べたそうです。

       萌子3  萌子4

       萌子16  萌子19

 街の中での食事も美味しかったようです。ピザは日本人経営のお店で食べたのだそうです。
 日本人も多く進出いているのでしょうか。

       萌子5  萌子20

 街の中も散策したのでしょう。花が南の国らしい色をしています。
 静かな風景も良いですね。

       萌子14  萌子13

 孫はバイクの多さに驚いたようです。ホテルの中と街の中では雰囲気が全く違うようです。
 ホテルは清潔ですが、街はそうではないようです。

       萌子8  萌子22

 ダナンに近いホイアンに行ったようです。ランタンのような物はホイアンの特徴らしいです。

       萌子18  萌子24
 
     私が興味を持ちそうな画像も送って呉れました。

       萌子9  萌子10

 無事に帰って来ますとホットします。楽しんで来たようで良かったです。
 お土産に蓮花のお茶です。未だ飲んでいませんが想像が付きません。

entry_header

何?これ

 暑さが続きうんざりしています。外出は殆どしませんから日焼けはしていません。
 母が生きていた時 私のお化粧をした顔を見て「拭きたての黒板だね」と言ったのです。
 ですからそもそも日焼けは関係ない肌なんですね。地黒なんです。 
 上の孫が小さい時「ばーばの顔は普通の所が何処もないね。シミやほくろでしょ」
 「あ! あった普通の所。耳」と言って呉れました。
 
 そんな色黒の私 今日はペインクリニック内科の受診日でした。
 12時が予約時間。11時50分に車で出掛けることになっていました。
 それがどう言うことか、部屋から出掛けようとしましたら、何だか普通に歩けないのです。
 眩暈ではないし、ふらつき倒れそうでもないのですね。それでも駐車場に行き、病院に到着。
 受付の方に「お水を下さい。何だかフラフラするのですよ」と言いましたら、麦茶と飴を一つ下さいました。
 直ぐに飴を口に入れ、夫と一緒に診察室に入りました。夫の診察が終わり、私の番になりました。
 先生は何時もの通り血圧を測り、聴診器をあてました。
 先生が「何だかふらつくとか」と仰るのですね。受付の方が報告したのですね。
 そこで私はかくかくしかじかと説明しました。先生は「熱を測りましょう」と熱を測りましたが平熱です。
 すると今度は「血糖値を調べて見ましょう」と言うことで、血糖値を調べそして「今92ですが、飴を食べたからで、来た時は70位だったと思いますね。これはお腹が空いているからです。食事をすれば回復しますよ」となりました。

 この先生の受診日は鰻の日なんですね。夫の奢りです。今日は二女に鰻は嫌と言われ、お鮨とソバのある店に行きました。
 そこで私は今まで頼んだこともない物を頼みました。

        7月26日昼

 三人が「食べられるの? 大丈夫? お腹が痛くならない?」と心配して呉れました。
 それは不思議ではないのですよ。普段の食事の量が少ないことを知っているからです。
 ところが先生の言葉が効いたのでしょうか。ローストビーフとデザート以外は全部食べられたのです。
 きっと普段ももっと食べられるのかも知れません。何だか期待しちゃいます。

entry_header

昼食と二人の油断

 段々食事も簡単な方へと進んで来ています。以前のようにチョッと凝って見ようかなが後退しています。
 それでも三食は食べていますよ。
 バナナも食べていますし、季節らしい物も食べています。
      最近の昼食はこんな物です。

     7月22日昼冷やしうどん  7月23日昼
 
     左は7月22日の物です。    右は7月23日の物です。

     7月24日昼  7月25日昼

     左は7月24日の物です。    右は7月25日の物です。

 高齢になると思いもしなかったことが起きます。先日のこと。私は浴室で椅子に座ってお湯を出し始めました。
 周りに目をやりましたら、汚れに気が付いたのです。そこで腰を浮かせてそこに手を伸ばして洗ったのです。
 さ~これからと腰を下ろしたのですが、勘が悪かったのですね。
 腰の半分が椅子に乗っていなかったのです。ハット思った時はお尻が椅子から後ろへと滑って仕舞ったのです。
 滑った弾みであおむけにひっくり返って仕舞たのです。亀がひっくり返り、甲羅を下に手足をバタバタさせているような状況ですね。
 手を伸ばしても浴槽の縁にも届きません。一所懸命身体を動かし、何とかしようと動きやっと体勢を戻すことが出来ました。
 疲れました。
 それから数日後。夫が浴室からフラフラになり出て来ました。
 「身体全体が震えているんだよ」と不安そうに椅子に座り込んで仕舞いました。暫くしてやっと震えが止み、息遣いも普通になりました。脈は普通に打っています。
 夫に様子を詳しく聞きましたことからこれは熱中症だと気が付きました。
 夫は肺炎男と私が言うほど、風邪に弱いのです。そこで浴室を何時も温かくしお湯も熱くしているようです。
 その日は気温も高く、浴室の温度も高かったと思います。
 夫は最後に温度を上げてシャワーで身体にお湯を掛けたそうです。そしてその瞬間震えが起きたらしいです。
 浴室で倒れなくて良かったです。 
 そこで浴室での動きをどうするかを二人で話し合いました。お互い助け合わなければなりませんからね。

entry_header

じゃが芋炒め

 じゃが芋を沢山頂いたので色々と作り食べています。
 じゃが芋は好きですし、栄養もありますから、切らすことはないですね。
 私の一番簡単な食べ方はレンジで蒸し、バターを付けて食べるか、ヒシオを塗って食べるかですね。

       ジャガとパブリカ炒め

 これはじゃが芋を細く切り、先日の残りのパブリカと胡瓜の青い所を合わせて炒めました。
 使ったじゃが芋は二個です。
 細切りにしたじゃが芋は水に離し、でんぷんを落とします。
 それを水切りし、熱湯で軽く茹でます。茹で過ぎないように気を付けます。
 後はパブリカと胡瓜の皮の近い所を切って一緒に炒めます。
 胡瓜でなくピーマンも良いですが、ピーマンは夫がダメ。他の物をそのために買いに行くのも面倒なので、ある物を使いました。
 味付けは醤油・砂糖・酢です。それに鶏ガラスープの素を入れて薄味になっています。
  質素な惣菜ですね。

entry_header

鰹の角煮

 この暑さ続きで買い物にも行きたくない気分です。
 下のスーパーに行き、カートで歩き回りますが、物を買って来る気が起きません。
 暑い中 荷物も持ちたくない位です。数日娘がどちらも来ませんでした。
 冷蔵庫も空間が増えて来ています。
 今日の昼 仕事が休みの長女が買い物に連れて行って呉れました。
 私の行きたいスーパーは分かっておりますから、乗ると直ぐにそこへと向かって走りました。
 タカマル鮮魚店の店頭ではマグロの解体ショーをやっておりました。
 マグロも良いけれど私はケースを眺めるのが好きです。そこで良いものがあれば買います。
 
      1080円鰹

 今日は鰹を一尾、金目一尾。それとアサリ三パック、茹でさざえ四個です。
 鰹は一尾1080円です。これは安いですよ。即決めました。
 金目も型が大きくて安いのです。アサリは冷凍がなくなっていますから冷凍用に買いました。
 サザエは私の夜の肴です。金目は今夜のおかずです。
 
 鰹は角煮にしました。流石に沢山出来ました。これは自分でも食べますが、お礼用ですね。

      1080円の鰹2

 昼食後居眠りをして仕舞いそうですから、眠気の来ないうちにと作りました。
 夫が一切れ摘まみ「うん美味いよ」と言いますので、私も一切れ摘まみました。
 とても美味しく出来ました。安くて美味しい。これって大好き。私のスローガン見たいですよ。

entry_header

鯨の干物

 久し振りに鯨の干物を焼きました。
 一口に干物と言いますと、見たことの無い方はどれ程の物かと見当がつかず、想像も出来ないかも知れません。
 南房総の和田町に日本の沿岸捕鯨の基地があります。
 そこで捕れるクジラは主にツチ鯨です。このツチ鯨の干物はタレと言います。
 年間捕獲量が定められております。WW2から暫くは同じような基地が白浜町の乙浜と言う港にもありました。

 鯨が港に上がると町の人は生の鯨を買いに行き、それを切り分けて塩を振り、網の上に並べて干します。
 昔は安く食べられましたが、今は可成り高く、簡単には買えません。買えませんというより簡単に手にも入りません。

      鯨1  鯨2

 この干物は塩味の物です。最近は味付けの物が出回り、昔からの塩味だけの物は久しぶりでした。
 右は袋の中から出て来た一枚のタレです。小さくそして薄くて私の目には貧相に見えます。
 40年程前には上野御徒町の吉池では2,3枚重ねたのが藁で縛られて並んでいました。
 タレは軽く火であぶり小さくして食べます。酒肴には持って来いです。

        鯨タレ

 子どもの頃 小学生の時ですね。お弁当のおかずに焼いたタレを割き新聞紙に包み持って来る子どももおりました。
 タレは塩が強いのを焼きますと、塩がタレの上に吹き出ています。
 そう言う時は焼いたタレを割き、器に入れて熱いお湯を差します。暫くしますと塩が抜け、食べ易くなります。
 塩鮭もそうでしたね。塩鮭は塩辛く今のような薄味の物はなかったですね。
 今は全てが薄味になっていたり、添加物が入っていたりで、昔ながらの味が減って来ておりますね。

entry_header

安い料理

 鶏モモ肉が一枚308円 その20%引き 今日は牛蒡と煮る心算でした。
 朝食には他の物がありましたので、煮ずに置きました。
 夕方パックを出して見ましたら、消費期限が今日になっておりました。
 茹で鶏にしようかと思ったのですが、中華も良いかしらと胡瓜と炒めました。

       鶏腿と胡瓜

 鶏腿は皮を剥ぎ、小さく切り、酒と塩を少々加え、片栗粉をまぶし、良く混ぜてから一旦茹でました。
 胡瓜は一本 赤いのはパブリカ四分の一  
 葱と生姜のみじん切りで最初に香を出し、炒めましたが、油は自家製の鶏油を使いました。
 味は砂糖・醤油が基本です。
 酒を加えて出汁を少し足し、オイスターソースを最後に少々。仕上げは水溶き片栗粉で纏めました。

 300円足らずで一品。 これまた自画自賛ですよ。

entry_header

鰻のこと

 今日は夏の土用入りと言うことで、どのスーパーのチラシにも鰻 うなぎ 鰻 もう鰻オンパレードです。
 今日は土用鰻の日 と言ってもね。そう簡単には行きません。
 
 子どもの頃は鰻そのものよりは甘い汁の掛かったご飯が好きでした。 
 父が鰻釣に凝っていまして、幼稚園に行っていた頃から夏の夕方鰻釣に連れて行かれました。
 釣ると言いましても、棹を持ち鰻がかかるのを待つのではないのです。
 一本の釣り糸の先が何本にも分かれている物なんですね。その釣り針にミミズを確りと付けるのです。
 ミミズは長いですから、針の先から糸の方へと指でミミズを伸ばして付けます。
 全部の針にミミズを付けて水中に下ろします。何本かの釣り竿の糸を全部沈めて家に戻ります。
 ミミズを捕るのは私の役目でしたよ。捕まえるってとても大変なんです。
 翌日の朝 父は見に行きます。時どき鰻がかかっていたのですね。
 鰻は開いてかば焼きにするのではなく、割いて煮ていただけですね。
 ですからあの良い匂いはなかったですね。

 偶に通る親戚の鰻屋の店頭のかば焼きの匂いはとても美味しそうでしたね。その店の前には当時水槽と言いますか、鰻を生かしている池がありました。今はなくなっていますね。
 この店のかば焼きのお重の上等な物は鰻が二段になっているのです。
 今行きますと入り口には今日の鰻はどこそこのですと書かれています。

 今日のスーパーでも鰻のかば焼きや折りが並んでいましたが、見た限りでは全部中国産でした。
 そして肉屋の豚のケースには土用豚の日 牛のケースには土用牛の日と張り出されていました。面白いですね。

   食べた気分で前に食べた物を載せて置きましょう。

       鰻重

 スーパーでかば焼きのタレが小さなケースに入れられ売っています。
 鰻が食べたいなと思う時、それを鯵などに衣をつけてフライパンで焼き、タレをまぶして食べます。
 安上がりなかば焼き擬きです。

entry_header

バナナの昼食と夫の検査のこと

 昼食には麺類が多く、ローテーションが決まって仕舞います。
 先だってバナナが血管に良いと言われましたので、バナナも食べることにしました。
 朝食べるのが良いそうですが、朝は矢張り味噌汁でご飯が良いですから、昼に時々食べるようにしました。

      7月13日昼食  7月15日昼食

 こんな物ですがお腹には具合いは良いようです。これに夫は野菜ジュースや乳製品の飲み物を取ります。
 私は熱い日本茶です。コーヒーは飲みません。
 4時頃に軽く和菓子をチョッと食べたり、プリンを食べたりしますが、これもうっかり多めに食べて仕舞いますと折角の夕食が食べられません。
 何だか良いようなつまらないような気もしますが、ま良いかと過ごしています。

 先だって夫が掛かり付けの先生に喉の奥が前から気になってと話しました。
 先生は話をお聞きになってから紹介状を書いて下さいました。
 今日は紹介された病院に出掛けました。長女が送って上げましょうかと言いましたが、頂いた地図をみますと、駅から歩いて10分位ですね。
 そこでバスと電車を乗り継ぎ病院に行きました。気温は既に35度ですよ。失敗しました。送って貰った方が良かったですね。
 受付けて頂いたのが9時半 それから診察・検査を終えるまで長く掛かりました。
 夫の検査は最後になったようで、説明をお聞きする時には他に患者は一人もおりません。
 会計を済ませたら午後2時半ですよ。夫は流石に疲れてしまい、身体に応えたようです。
 結果は問題がないと分かり良かったです。
 検査の方法も進化しているのですね。多分今日の検査内容を見ますと、昔でしたら何日も通ったのではと思いました。
 
 余りの暑さにもう歩いて帰るのは無理だと、受付の方にタクシーの手配をして頂き帰宅しました。
 夫は朝食抜きでしたから、帰宅後早速うどんを食べました。元々体力がありませんから、今まだベットに横になっております。
 夕食は夫が食べたくなったら並べましょう。

entry_header

お喋り4時間

 昨日の集まりにお仲間と言っては何か申し訳ないような感じがします。
 明治大学学生相談室は発足時から教職員一体という考え方で運営されていました。
 1959年から既にそれは59年が過ぎています。
 現在の学生相談室は大学の中での位置づけも確りとしておりますが、私が関わった時代は位置付けはあるようなないような、可成り曖昧な部分があり、それだけに関係者の結束は固く、こうして交流の続いている方もいるのです。
 昨日は政経学部の木谷光宏先生、それに農学部でフランス語を教えていられた中島公子先生。
 それと相談室でインターカーを務めていた島田栄子さん。そして私。
 長いお付合いですから、考え方もお互いの家族のことも良く分かっております。
 話題は色々出て参りますが、彼方此方に飛びます。
 高齢者の問題、介護の問題。
 時事問題やこの時代に見られる様々な現象。政治はどうなっているかとか。中国との関係はどうなって行くのかとか。
 時代の要請で組織が大きくなって来ると新しい専門家が中途採用で増え、その組織全体の運営が如何に難しいかとか。
 話題は際限がありません。
 特に時間を取ったのは、高齢者の老いて行く時の周囲の対処の仕方ですね。
 中島先生のご主人の介護の体験はとても参考になりました。特に老いても認知症になっても、人それぞれがプライドを持ちつ過ごしていると言うことです。その人を理解することの重要さ。周囲の方のサポートの大切さ。色々と出ました。
 
 昼食は毎回レディースランチです。今回頂いた中で印象に残ったのはビーツの冷たいスープでした。

         スープビーツ

 食事はゆっくりと進みました。ランチタイムからティータイムへ変わりましたので、シャーベットやアイスクリームなどをお願いし、それからまたお喋りは続きました。
 木谷先生は来年定年を迎えられると言うことです。最後の1年とても頑張っていられます。
 そうこうしているうちにレストランの中は私たちだけになっていました。
 5時を過ぎて驚き、解散して来ました。

entry_header

霞ヶ関ビルに行く

 久しぶりに明大学生相談室でご一緒した先生や職員の方とお会いしました。
 午後1時に35階のレストランに集まることになっていました。
 暑さのせいか電車の中で居眠りをして仕舞い、気が付いた所は赤坂でした。
 急いで我孫子行きの電車に乗り込み、やっと時間に間に合いました。
 地下鉄霞ヶ関駅から地上に出ましたら、猛烈な暑さ。
 財務省や文科省前はうんざりするような高温です。
 語ること多しの何時ものお仲間。
 私は今日も議事堂にご挨拶。 先生方確りやっていますか。

         7月17日議事堂

 今日の空は薄曇り。暑さの所為でしょう。
 日差しが西から差してきて、東京湾方向のビルも西日に輝き始めています。時間も経ちました。
 気温は下がっているようには思えません。5時過ぎの駅は人で一杯です。
 何とか帰宅しました。 詳しくは明日に。

 PS  曇りと思っていた空は晴れていたのですね。
     部屋の冷房で窓が曇っていたのだのではと気が付きました。

entry_header

冷やし中華と色々なこと

 昼食にも少し季節感がありますね。ソーメンやもり蕎麦なども良いですが、冷たい中華そばも好きですから時々食べますよ。
 市販の生中華の物です。上に載せる物は決まっておりませんが、胡瓜は大体載せますね。
              最近のはこんな物です。

     冷やし中華  冷やし中華2

 海苔は焼きもみ海苔がありますので、それをたっぷり掛けました。先だって海苔が健康に良いと言われましたからね。

 関西を襲った雨は止みましたが、被害を知ると同時に色々なことを知りました。
 様々な問題を色々な角度から多くの方がネットで指摘していますね。
 毎日気になっております。
 
 そんなことを思いながら、この暑さの中で家の中で出来ることをやっております。
 今日は茗荷と青紫蘇で薬味を作りました。

             紫蘇・茗荷の薬味

 これは使い方が色々と出来とても良いのですよ。麺類の薬味にも勿論良いですが、冷ややっこなどにも良いですね。
 時にはペラペラ肉をさっと茹でたものと一緒に食べるのも良いです。

entry_header

アマダイの西京漬け

 キジハタを買った日 アマダイの小さな物が出ていました。
 大きかったら手が出ません。アマダイの西京漬けは美味しいですが、自分では作ったことがありません。
 作って見たいけれど?と、チョッと考えましたが、思い切って買うことにしました。
 四尾ある内3尾買うことにして三枚に下ろして下さいと頼みました。
 お店の男性が一尾残って仕舞うと売れないから4尾全部買って下さいよと言うのですね。
 買っても良いけれど安くして下さる?と言いますと負けますよと値引きして呉れました。
 形が小さくて、身も軟らかいので丁寧に処理しました。

        アマダイ準備

 塩は軽く降り一晩置き、味噌を塗ったアマダイを一枚づつラップで包み、重ならないように並べ、冷蔵庫に入れて置きました。
 今朝は食べて見ようと味噌を酒で拭き落とし、焼きました。

        アマダイ2

 丁度良く出来ていました。美味しかったです。後は全部冷凍にし、半分はお礼に使うことにしました。

entry_header

ブリも買いました

 タカマル鮮魚店では見たもの欲しさで、お腹と相談なく買って仕舞います。
 石川県産の天然ブリが如何にも美味しそうに見えたのですね。
 長女と気分が合い二人とも買いました。
 大きさは四分の一ですが、税抜き498円です。値段を言いたいのです。安くて良い物だからですよ。
 そこで酢飯がありましたので、握りにしました。

      ブリ握り1  ブリ握り2

 これは左右見て頂くと分かりますが、ブリを切る時に失敗したのです。
 左は並べ方は普通ですが、ブリの血合いが下になっています。
 右は血合いはちゃんと上になっていますが、並べ方がダメです。
 さくから鮨用に切る時は、向きを考えるのですが、今回は迂闊と言いますか、ぼやっとしていたと言いますか、切り方が悪かったです。
 今後の戒めのために載せて置きます。食べる分には大丈夫ですがね。これも二人でやっと食べました。

 ブリは切り落としのような残りがありましたので、味醂と醤油で漬けて置き、今日朝食の一品に付けました。

               ブリ残り

 このブリも朝に食べ切れず、これから夕食に食べます。食が益々細くなって来ています。

entry_header

キジハタ

 タカマル鮮魚店で珍しい魚を買って来ました。
 その一つがキジハタです。一尾税抜きで300円です。三尾ありましたので魚好きな長女にも食べさせられますので丁度良かったです。
 買った時は酒蒸しか中華風の蒸し物にする心算だったのですが、時間がなくなり簡単な煮魚にしました。

        キジハタ1

 魚を煮る時私は砂糖・醤油・酒に水で煮ます。鍋に入れた合わせ煮汁は強火で泡がたったら魚を並べて入れます。
 盛り付けの時に頭が左になるように入れます。
 必ず強火で始めます。暫く経ちましたら少し火を弱めます。鍋の蓋は火を弱めるまでは被せて置きます。
 火を少し弱めたら、鍋の蓋はずらして少し開けます。中で泡立って煮汁が魚に自然に被さってきます。

        キジハタ2

 煮あがりました。調味料も煮る時間も全て適当です。このキジハタの大きさですが一尾が約25cmですよ。
 早速夕食に食べました。

        キジハタ3

 ハタ類は昔から好きですが、滅多に食べられません。
 今夜は美味しく食べましたよ。
 安くて美味しい。私の好きなことです。良いですね。自画自賛しています。

entry_header

夫の釣

 昔々 夫が若い時チョッとばかり釣りに凝っていましてね。
 仲間と三宅島にイシダイ釣りに行くと言うのです。
 イシダイは一回一寸と言う程難しいものらしいです。一回行って一寸ですから大きな物を釣るには相当通わなければなりません。
 エサはイセエビ。コマセはアサリ。準備も大変です。
 だからと言って通えば釣れると言うものではないですね。
 
 今日は長女とタカマル鮮魚店の店頭に立ちましたら、珍しくイシダイが並んでいました。

        7月12日タカマル

 とても魅力がありましたが、他の物も良く、今回はイシダイはパス。
 次回は買って来ようと思っています。一尾あれば二人で刺し身になりますからね。

entry_header

旗袍あれこれ

 突然友人から電話が掛かって来ました。昭和19年から長く付き合っています。
 彼女は昼間は忙しく、長電話は余程のことがない限り掛かって来ません。
 電話は老人になったと言うのですね。
 彼女はかねがね断捨離なんて良く言っており、私を戸惑わせていました。
 着物を整理していたら、私が作って上げた旗袍が出て来たので、それを着た姿を私に見せたいので、写真に撮って貰い、送りますと言うのです。
 送ると言っても面倒になったら送らないかもと言うのです。これは良くないですよ。
 そこで私はそんないい加減な。あなた自分の言葉に責任を持ちなさいよと強く言いました。
 その所為か今日届きました。86歳とは思えない良いスタイルです。その写真を撮って呉れた若い女性はその旗袍を欲しいと言うので上げたわよと言うのです。
 それは良い事ですね。
 多くの女性が一度は着て見たいと言うのが旗袍なんですね。旗袍=チャイナドレスです。

 私も何枚も手元にあります。全く手を通していないものから、一回しか着ていない物。ロングのドレスや豪華に手を掛けた物等々。
 色々とあります。でも着る機会は減っています。

 私も小柄でやや肥り気味の方に差し上げたいと思っております。

          高齢者の旗袍

 これらは私が教えている伝統的な上海仕立ての旗袍です。写真は共同通信が取材して下さった時に写した随分前の物です。
 どれも派手さはありませんが、街着として良いと思っております。

entry_header

最近買った物

 戦争中は米軍の空襲から身を守るために老いも若きも色々と考えたものです。
 昭和19年末頃からは非常用の物を持ち歩きました。
 日々持ち歩く物 一つは救急袋 これには三角巾・包帯・油紙・ヨードチンキ・止血棒と止血石などですね。
 一つは食料です。糒・炒り大豆・塩・氷砂糖や飴などですね。甘い物は配給があればですよ。
 二つのカバンは皮でもなく、手作りの布製です。それを襷掛けにして通学します。
 そして片手に教科書や勉強道具を入れたカバン これも布製の物が多かったですね。
 私はランドセルで通ったために、いじめにも逢いました。
 そんな経験があるせいか、非常時には何が要るかと時々考えますね。
 
 そんな訳で最近買い足した物はこれです。

        非常用トイレ

 家にある物は凝固剤がセットになっていませんでした。唯便器に掛けるだけの物ですね。
 猫を飼っている生徒さんが非常用に猫の排便用のを備蓄していると言うのですね。固まるのが早いそうです。
 そこでそれも良いかなと思いましたが、置く場所がありません。
 生協でセットになった物があるのですね。でこれを少し買いました。

         それとこれですね。

        非常用充電池

 これはスマホ用の充電器です。赤い部分に充電して持ち歩くことが出来ます。
 以前持っていたのは電池式でしたが、どうも駄目そうだなと思っていた所為か、どこかに行って仕舞いました。
 そこで電化店にスマホを持って行き、上の充電器を買って来ました。
 使用書を読みますと、充電したものはスマホに2回補充できるそうです。

 都内へ出かける時には、自分なりの非常用の物をずた袋に入れ、バックと一緒に襷がけにして行きます。

 これらは 何れにしましても使わないで済むことが最善ですね。

entry_header

色々と起きます

 最近食後に必ず鼻水が出て来ます。不思議なんですね。
 ペインクリニック内科の先生に質問をしました。それは~~~、~~~。ですから心配ありません。老化現象です。と言うことで安心しました。
 
 今日は夫の目が充血しているので眼科に行きました。三日ほど前から可成り赤く見えていました。
 診察の結果は毛細管が切れてのもので問題ないと言うことです。投薬で数日で回復するでしょうとのことです。
 滅多に二人で出掛けることはありません。
 そこで昼は帰宅前にどこかで食べることにしました。
 夫は私の好きな所で良いと言いましたが、眼科のある駅前では、食事場所は限られております。
 蕎麦のある店が一軒ありますので、其処に入りました。

 夫はエビ天せいろ。私はチョッと欲張りせいろと握りのセット。

        7月9日はな膳

 食べられる心算でしたが、矢張り無理でした。夫にデザート食べて貰いましたが、握りは二貫残して仕舞いました。
 
entry_header

春菊の胡麻和えとオームのこと

 下のスーパーで春菊が二束100円で並んでいました。
 鍋物にも良いですが、最近は作り過ぎを警戒。茹でてお浸しで食べまた胡麻和えにしました。

       春菊胡麻和え

 年々硬い物や繊維の多い物が食べ難くなっています。それで春菊も小さく切りました。茎の所がないとこれまた美味しさに欠けるような気がするのですね。
 これも何回か食べました。安いからとつい買って仕舞いますね。気持が中々コントロール出来ません。
 そこで自分への戒め。先ず安さに惑わされない。食品や冷蔵庫の管理を確りすること。マンゴーは別
 実行したらきっとつまらなくなりそう。ああ嫌だ作りたくな~いとなりそう。言うは易く行うは難しですね。

 昨日はオウム関連のニュースが次々放映された日でしたね。
 地下鉄サリン事件の日 私は霞ヶ関ビルに行くことになっていました。
 出掛ける前に異常なことが起きたとテレビで知りました。
 そこで地下鉄に乗らず、JRで新橋まで行き、そこから歩いて行きました。
 霞ヶ関周辺の上を報道機関のヘリが飛び交っております。ぶつかりやしないかとハラハラしました。
 直に大きな災害だと分かりました。会っていた友人とも落ち落ち話していられませんでした。
 
 地下鉄サリン事件の前に起きた松本サリン事件ですが、松本で亡くなった方の中の若い男性は私の友人夫妻が媒酌した方のご子息でした。東京から転勤で松本に行って間もなかったのです。
 昨日は友人に何回も電話をしましたが、話し中が長く、何回掛けても話せません。家にいないことが多いのですが昨日は違っていました。
 私は亡くなった方のお母様を心配しておりました。ご子息が亡くなられた後、色々とありましてね。
 今日のニュースでお母様の姿を見ることが出来ました。
 そこで直ぐに友人に電話をしましたら、昨日は矢張り色々とせわしなかったようで、電話も多かったようです。

entry_header

試作の餃子

 前々から作って見たかった餃子 昨日の夕食に作って見ました。
 餃子の餡(中身)の豚肉はひき肉ではなく、庖丁で叩いて細かくしました。
 生エビも切って入れました。餡の中身に今までより工夫をして、凝りました。
 皮の分量も計算して作ったのです。

       翡翠餃子

 これは言うなれば翡翠白玉水餃子と表現したいのですが?名前負けですよ。
 この餃子のイメージはこれです。

       翡翠白菜

 これは台北にある故宮博物院に展示されているものです。
 見に行った時の絵葉書もあったのですが、探しても見つからずお借りしました。

 白菜の上の緑ですが、以前ホウレン草を擂りそれを入れて餃子の皮を作ったことがあったのですね。
 ネットで調べて見ましたら、この緑と白を合わせた餃子はほうれん草の汁を使っているのです。
 家のブレンダーで作って見ようかと思案しておりました。でも億劫です。
 それがタカシマヤフードメゾンにパウダーがあったのです。そこでそのパウダーを使って作って見ました。

 作ったことは作ったのですが、試作品としか言えません。難しいですね。

 長女に試食して貰いましたら、中身はプロの味だけれど、皮は素人だね。と評価して呉れました。
 しつこいお婆さんですから、これから時々作って見ようと思っています。

entry_header

驚きの値段

 下のスーパーで少し前に何で?と言うほど高級なトマトを安く買いましたが、またまた驚きです。
 火曜日の夕方 長女と一緒に買い物に行きました。
 帰ろうと思って辺りを眺めていましたら、店員さんがマンゴーの方に向かっています。様子はどうも値札を貼るようです。
 シールを持っているのですね。これは値下げだと長女に行って見ようと声を掛け、側に直ぐ行きました。
 4個しかないマンゴー。長女が店員さんに食べ頃は何時頃ですかと聞きましたら、今丁度いいと返事ですよ。
 買わずにはいられません。
 国産で宮崎県の物です。大きさも立派です。デニーズでフェアをやっていたマンゴーはこれと比べると貧弱でしたね。

        マンゴーセール

 安くてとても美味しかったのですが、元の値段を覚えていません。大体分っていたのですがね。
 昨日は昼に買い物に行きましたが出ておりませんでした。
 ところが今日の夕方 どうしても必要な物があり、下に行きましたら棚に並んでいます。

        マンゴー時価

 ビックリしました。しかも4個ではないですか。売れたら出すのでしょうか。
 来週の火曜日に若しまた値下げになっていたら絶対買いたいですね。
 
entry_header

二女の差し入れと雑談

 二女から昨日と今日 お八つの差し入れがありました。
 自家製だと安心ですね。二女は簡単に作ることが出来ると言うのですね。プリンは買うのを止めなさいと言います。

      シホンケーキ  プリン

 左は紅茶パウダーを入れたシホンケーキです。右はプリンですね。癖がなくあっさりとしております。

 一昨日二女とアリオに行きました。運動のためにカートを押しながら歩き回りました。勿論タカマルも覗いて見ましたよ。
 小休止で椅子に座っておりますと、周りにたこ焼き屋やシュークリーム屋、焼き鳥屋などがあります。
 自分で好きな物を買い、自由に座って食べることが出来.ます。
 
 二女が「タピオカ入りの~~を飲んでみる?」て聞くので飲んだことがない物ですので、買うことにしました。
 自販機でチケットを買うのですね。細かいお金がなく、5000円札を渡しました。
 5000円札は駄目だと言うことで、二女が1000円札を出しました。
 
 私が「ダメなの?だって大きさが同じなのに?」と言った途端二女に言われて仕舞いました。
 
 「大きさが同じでも駄目なの。なんで知らないの。大きさが同じで良いならドルでも良いの?」
 「1000円札しか見分けられない機能なのよ。とても子育てした人間とは思えないわよ。ジュースなど買ったことないの」

 矢継ぎ早に言われ、私は参って仕舞いました。「だって昔は自販機はなかったからね」と言うのがやっとでした。

entry_header

平政で夕食

 先だってはタカマル鮮魚店で平政を一尾買いましたが、昨日は小ぶりの一さくを買って来ました。
 海が荒れているのか他に魅力のある良い物がなかったので、これだけでお終い。
 昨日は久しぶりにカルバッチョにしました。

       平政カルバッチョ

 二人で食べるのにはこれ位で一杯です。一さくを切って見ましたが多いなと思って少し残して置きました。
 その残りは今日の夕食に握りました。

       平政鮨

 握りは小さいですよ。平政は税込みで734円です。
 夫に「2回で734円よ。安いでしょ」と言いましたら「あんた最近よく値段のことを言うね」と言われたのですよ。
 安く買えると嬉しいじゃないですか。それも良い物ですよ。言いたくなりますよ。

entry_header

朝食と海苔のこと

 朝食は同じようでも少しは違っています。時どき何だか見映えのするお洒落なお膳にしたいなと。とは思うんですがね。
 それは直ぐに忘れて少しは違うと言ってもほぼ同じと言うような物が並びます。

     朝食6月30日  朝食7月1日

      左は6月30日のです。     右は7月1日のです。

     朝食7月2日  朝食7月3日

      左は7月2日のです。      右は7月3日のです。

 夜友人から電話が掛かって来ました。「5チャンネルで海苔のことをやっているから見て」と言うのですね。
 直ぐに5チャンネルに切り替えました。
 「林修の今でしょ」と言う番組ですね。
 それによりますと海苔を食べることがとても良いことだと言うのですね。
 海苔のことが終わりましたらまた友人から電話がありました。
 「ね~あい子さん あなた先見の明があるわよ。凄いわよ」と言うのです。
 別にテレビで示されようなことを意識して食べていたわけではないのですね。
 普通の日であれば朝食の時には必ず食べております。
 我が家で食べる海苔の4分の1位は彼女からの頂きものです。
 丁度昨日送って下さった海苔があったのでね。

              焼き海苔

 彼女との話の続き 「ね~佐賀県の人の海苔の食べ方って凄いわね。ご主人も沢山食べたのでしょうね」
 「それがね。有明海の海苔養殖は戦後かららしいのよ。疎開で佐賀に行った時、お土産の海苔を知らなかったらしいのよ」
 「ええ そうなの。嘘みたい」 「今は全国の四分の一が佐賀県の物らしいけれど、昔は浅草海苔って言うのが当た前だったでしょ」
 「そうだわね。そう言えば東京土産は海苔が多かったわね。家は食べ切れないので送るのでご免ね」
 「飛んでもないわよ。毎朝食べる必需品だからね。遠慮なく頂くわよ。何時でも遠慮なく頂くから、どんどん送って下さい」

 今日はおむすびが出ていましたが、海苔がちょこっとしか付けてありません。
 娘たちにおむすびを持たせるときは全部を海苔で巻いて持たせたものです。
 
 私がやりたくても出来ないこと。普通の板海苔を食べる時に焼くのが一番美味しいと此処で言われてました。

entry_header

今日のランチ

 久しぶりにピアノの先生と先生のお母さま そして娘二人と私 5人でお昼を一緒にとりました。
 場所は若しかしたら穴場かも知れません。
 ホテルサンオーク柏の葉と言うホテルのランチバイキングです。 
 足の便が悪く車がないと行くのが難いかも知れません。
 私は2回目ですが、個室もあり、前回も今回も個室を使うことが出来ました。
 バイキングですからいろいろと食べることが出来ます。
 お客はビジネスホテルなのにビジネスマンらしき人は全く見えません。きっとお仕事でしょうね。
 大人のグループやカップルが数組だけです。
 代金は個室を使っても同じで、2000円は出ません。

          5月2日ホテル2

 お決まりのお料理一品を決め、後はレストランから好きな物を取って来ます。
 先生のお母さまと私は座ったまま。先生と娘二人で取りに行って呉れました。

 ピアノの先生のお嬢さんと上の孫が幼稚園の友達、そして先生と長女は長くお付き合いをしております。
 上の孫と二女、そして私 3人でピアノを教えて頂いていましたが、今は3人とも止めてしまっております。
 
 先生はとても大らかな方で、私のような生徒にスタインウェイを弾かせて教えて下さったのです。
 習い始めの時は普通のピアノでしたが、途中でスタインウェイに変わりました。
 そのピアノに初めて触れた時の驚きと感動は忘れられません。
 先生のお蔭で二胡を習っていた生徒さんとチャイナドレスのパーティーで合奏することが出来ました。

 話は孫の小さな頃のことや、お互いの近況などと、普通の話しが多かったのですが、お母さまが脳梗塞で入院治療を受け、回復なさった話には驚かされました。
 脳梗塞になった時の状況 そして最初の症状が出た時の症状のことは参考になりました。
 
 これは記して置きましょう。
 ○ 最初のこと お母さまが妹さんに電話を掛けた時、妹さんが「どうしたの呂律が回らないよ」と言われたのですがご自分では変だと思わなかったそうです。また電話をしますと「矢張りおかしいから病院に行ったら」と言われ、病院に行き検査を受けたのですが異常がないと診断されたのだそうです。妹さんには「大丈夫だって言わたよ」と伝えたそうです。
 ○ それから一カ月後 朝起きたら右腕がだらりとして力が入らなく、腕も上げられないので、先に検査をした病院に電話をしたそうです。
  そしましたら病院の返事は「直ぐ来て下さい」と言うので普段着のまま家の車で行き、救急の入り口から入り、先生が直ぐ診て下さり、即入院 それから2週間 治療を続け、回復出来たと言うのです。

 最初に現れた症状や、入院の時の様子を細かく教えて頂き、とても参考になりました。

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog