FC2ブログ

2020-02

« 1234567891011121314151617181920212223242526272829»
entry_header

夏休みの宿題

 子どもの頃 夏休みの宿題は出来るだけ簡単なものを出して欲しいと願ったのは私だけだったのでしょうか。
 中でも日記は嫌でしたね。当時確か絵日記はなかったと思いますが、日記は夏休み最後に一遍に書くにしても天気だけは何かに記して置かなければなりません。
 今日のように夏休みの宿題のための気象情報などはありませんから、とに角内容は創作でもお天気は自分で記して置きました。
 宿題の中では自由研究のような、何でも良いから何か作ったり、書いたりした物を提出しました。
 小学校3年から5年までの夏 私は毎年昆虫採集に励み、標本を作り提出しておりました。
 青島日本第一小学校の設備は冷房こそありませんでしたが、スチーム暖房で冬も気持ちよく授業を受けることが出来ました。設備は前にも書きましたが、授業の教室以外にもいろいろな部屋がありました。
 先生方が自由な研究も出来るように配慮されていたのでしょうか。教師の質は高く、戦後多くの先生方が大学教授になっております。
 私は今のクラブ活動のような、課外活動のようなグループに入り、昆虫採集や植物採集にのめり込んでおりました。
 特に夏休みは忙しく、毎週一回は必ず第一公園(現在の中山公園)での集まりに出掛けておりました。
 公園の入り口でバスから降り、先生の待つ場所まで行きます。人数は極少なく、5,6人程だったような気がしております。
 先生の注意を受けて、昼食を挟み自由に採集をします。
 道具は前日の夜 準備をして置きます。網、アルコール瓶、三角に折ったハトロン紙、注射器とアルコール等‥
 今でも思い出すのは、アルコール瓶です。父がキューピーマヨネズの空き瓶に下げ紐を付けて呉れた物です。その瓶の中にアルコールを湿した脱脂綿を敷きます。それは子どもに合った大きさで、空き瓶利用でしたが、チョッと自慢げに肩に掛けて出掛けたものです。

          トンボ

 先日マンションの廊下で偶然見たトンボ 指を差し出しましたらすっと止まりました。そうだトンボはそう獲らなかったなーと思い出しました。孫は素手で獲りますが私は素手で捕まえたことはありません。

 昆虫採集で捕まえた蝶は学校の理科室で先生と一緒に展翅板で形を整え、ガラス箱に綺麗に並べて提出します。
 蜂は網で捕まえますと、アルコール注射をして、それをアルコール瓶に入れて持ち帰ります。それは理科室で先生が処理して下さいます。

 戦後青島には四回行きましたが、あの公園の中には入っておりません。車で門の前を通っただけです。
 子どもの頃の公園の様子は記憶に中に確りと刻まれております。花壇に咲く大輪の百日花。真っ赤なサルビヤ。池の中の黒い菱。芝生の様子。奥の方にすすむアカシヤの並木。スケートをした凍った池。桜も咲きましたが、今は春になりますと大勢の人が花見に見えているそうです。
entry_header

COMMENT

相子さんは昆虫採集をよくされたとのこと、
蜂まで捕られたのですか!
すごいですね、刺されたりしませんでしたか。
私は昆虫採集は一度もしなかったと思います。
こんなに本格的な標本作りを先生が指導して下さったら、楽しくできたのでしょうね

絵日記は嫌いではありませんでしたね。
父が大判のカレンダーほどある大きな絵日記帳をいつも用意してくれましたので、
絵もかなりしっかり描いたと思います。
学芸会でその日記帳を小道具として使ったことがあります。
それほど大きかったので(*^_^*)
今は手作りの作品にしても、
宿題用のキットが売られているようですね。

楽しかったです

Hulaさん 好きでもありましたが、何と言いましても先生方が優秀だったと言うことが大きかったと思います。蜂は網で捕まえますと、網を折るようにして土に降ろします。そこで網の上からアルコール注射をして出します。
昆虫採集も、植物採集もそれからいろいろなことに役立ちました。
今の学校の実態は知りませんが、どうも基礎教育より、応用を追い掛ける嫌いがあるように感じます。基礎が無い上の応用は本物にならないと思うのです。
孫たちはキットは使いません。

第一公園(中山公園)

青島の小学校時代、遠足や又家族友人達と春・夏・秋とよく弁当を下げて行ったところです。遠足ではあい子さんも一緒でしたね。桜の並木が美しいところでした。広さはどれ位あったのでしょうか・・・とにかく広く子供心にも美しい公園だったと思っていました。私も定年後、青島には3回訪問しましたが、不思議に近くのホテルに宿泊していたのに中山公園に行っておりません。思い出いっぱい詰まっていたのに・・・今でも残念に思っております。足立くんのブログ写真で一部拝見したのみです。

本当にね

桜島さん   第一公園には学校でも毎年何回も行きましたが、何時も街の中を歩いて行き、往復もこれまた楽しかったですね。

もう、夏休み終わったんですね。 小さい子供がいないと夏休みの感覚もなくなります。  私があまり虫が好きでないのが、似たのか、うちの子供たちはあまり昆虫採集しなかったような気がします。 もう今の子供はしないのかと思ったらそうでもないんですね。 

それにしても、トカゲにコオロギを食べさすとは、、、子供にとっては良い勉強になりますね。 (笑

夏も終わりですね

ゴルッテリア さん  この辺は高齢者が多く、普段は子どもの声が聞こえません。夏は祭りもあり、子どもが朝から公園に寄っても来ますが、もう静かになっています。
コミュニティーって3世代がいるのが良いのでしょうね。
孫は季節ものも一時的に飼うのです。カブトムシ、ザリガニ、セミ、カタツムリ等持って帰ります。親は根気よく面倒を見たおります。

皆さんは本当にキチンとしていらっしゃる。私の夏休みの想い出は、遊びほうけて毎年、残り数日に押し迫り、もう宿題は絶対に出来ないと観念したことです。
始業式の後の教室で、先生に怒られるのを今か今かと待っている時間の辛さです。それがトラウマになったのでしょうか。
会社に入ったら、大学時代の試験で何も勉強していなかった夢、定年退職しても、仕事の締め切りに絶対に間に合わない恐怖の悪夢に悩まされました。
いまやっとそういう夢から解放され、安眠しています。

何とかなるのです

直大さん  子どもって大体そんな夏休みでしょう。あなたは新聞社で活躍して頑張りましたでしょ。
私はチョッと欲張りだったのだと思います。それに日本から行き、カルチャーショックが大きくて、何とかみんなに追いつかなければと言う気持ちで一杯でしたから。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1357-a3a1a2e8

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog