FC2ブログ

2020-02

« 1234567891011121314151617181920212223242526272829»
entry_header

房総鴨川の海

 房総半島の先端に近い東方向に鴨川という市があります。そこはシャンソン歌手の加藤登紀子さんが住み(今はどうか分かりませんが)比較的文化的な雰囲気が育ち易いような気がしております。私は住んだことはありませんが、昔から親近感を感じている街です。
 特に鴨川シーワールドは知られており、何回も遊びに行っております。シャチが人と一体になるショ―は人気があります。私は勿論人並みにシャチのショーも大好きです。ですが一番興味を覚えるのは、川の生い立ちから始まる水族館です。山の渓流から流れ落ちる僅かな水が、徐々に下流へと流れて行き、平野を下り海に至るのです。
 その流れに沿って泳ぐ魚や貝など、環境に合った海の生き物を見ることが出来ます。なかなかゆっくりと見られませんから、行く度にそれは必ず見て来ます。
 鴨川の海岸線はなだらかな湾曲になっております。青島の仲間の一人は戦後鴨川に引き揚げて来ました。
 仙台高専の教授をしておりましたが、定年になって鴨川に戻り、そこで暮らしております。
 父親は青島中学の教師でしたので、引き揚げてからも教師として地元では知られた方でした。県立長狭高校の校長もされた方です。
 この仲間ペンネームは村崎深樹 詩人・画伯・音楽家と言って良いのでしょうか。国文学の教師でしたから、詩人としては昔から知っておりました。
 定年後からだと思いますが、画に音楽に励み、画展に出品したり、また懇親会にはバイオリンを提げて来ます。
 バイオリンは自己流、曲も自作「~~組曲」などと挨拶して弾きます。
 先日ハガキのセットを製作し、送って下さいました。芸術家と言う方は何時も何かに夢を感じ、そして何らかの形で表現したくなるのでしょうね。暫らく会う機会はないと思いますが、お目に掛かった時にはバクのようなお話をお聞きしたいものです。

      鴨川の海流に乗って  人魚1

      人魚2  人魚3

 鴨川で有名なのは、亀田総合病院でしょう。いろいろな医療関係のランキングでは必ず上位に座っております。
 1977年 この年の夏は冷夏で殆んど夏日の無いようなお天気が続いておりました。
 その年 8月2日突然母が亀田病院に入院 そして8月23日旅立ちました。 今でしたら医療過誤で問題になってもおかしくない手術でした。亀田病院には展望台にレストランがあります。眺望も良く水平線は丸く見えます。母の看護には弟夫婦、妹たち、母の妹たち、交代で詰めておりました。
 レストランで一人食事を取りながら海を眺めておりますと、空気が重く感じられます。うす鼠色に広がる海、太陽はどこかに隠れて仕舞ったような空
 鴨川は娘たちや孫と一緒に出掛けた、太陽の日差しが輝く空と海 反対に澱んだ寒々とした海 どちらも印象深く思い出します。
entry_header

COMMENT

こんにちは。

そうでしたか。
母上様は亀田病院でみまかられたのでしたか。どのような風景も、その折々の心情で明るくも映り、暗くも映るものなんですね。
うちは家内が介護のケア・マネジャーを務めている関係で、鴨川といえど遠出ができなくなりました。あのような稲毛の海が精いっぱいの楽しみです。あと、畑で野菜を栽培することでしょうか。
しかし村崎先生のような、偉大な才能が津津浦浦にいらっしゃる。知れば知るほど非才の能書き、恥ずかしく思います。

鴨川は今人気があります

NANTEI さん   仰る通りですね。NANTEI さんの流れるような文章に美しさを感じます。画も字も同じではありませんか。
村崎さんは可なり個性的です。その生きざまは誰にでも出来るものではありません。
悠々迫らずの世界に浸っております。

ご冥福を。。。

こんばんは。
大変な8月をお過ごしになられていたのですね。
お母上のご冥福をお祈り致します。
皆さんに見守られての旅立ち、安心して逝くことができたのではないでしょうか、と思います。

台風の影響か、まだ不順な天気が続いています。ご自愛の上、お元気にお過ごしになられますように。

夏休みで良かったです

yokoblueplanet さん  有難うございます。
母は女丈夫と言っても良い女性でした。今でしたら政治家にしたい位です。
病状はベテランの医師であれば即判断出来た筈の症状だったそうですが、検査が何日も続き、手遅れでした。
夏休みで子どもや孫そして自分の妹たちに会うことが出来ました。

こんばんは。
鴨川行きのL特級の列車は当時亀田号と呼ばれてました。東京からも患者さんがかなりオペのために行きました。
ヘリポートやオペ室の設備は絶賛されましたね。一時手広くやりすぎて亀田一族の影は無くなったと聞いておりましたがどうなんでしょうか。千葉は私にとっても懐かしいところです。

良く分かりません

あかちんさん   ようこそ  そうですか。病院の規模が大きくなったからでしょうか、地元の知り合いの言葉ですが、先生が直ぐ変るという話しを聞きました。
小児科は有名なようです。ヘリで全国から運ばれて来ると聞いております。

鴨川シーワールドは幼い頃から何度となく訪れて思い出深い場所で、イルカに触らせてもらったり、シャチのお陰でずぶ濡れになったり楽しい事ばかり思い出します。妹は亀田の看護学校を卒業して看護職に就きました。何かと思い出す鴨川です。

楽しいですね

はぢめさん   お久しぶりです。シャチには驚かされますね。ジャンプが重量級でお腹にドスンと響くようですし、泳ぎも早くて良くぞ馴らしたものよと思います。
妹さんは鴨川に詳しいでしょう。
鴨川には友人が何人もおります。

村崎さんのこと

村崎さんの事、正体がわかりました。羊会の時バヨリンを引いて曲を聞かせてくれた人ですね。自己流で引いていたとは知りませんでした。会員には帰国後いろいろな面で優れた人もいましたから・・・・次回お会いするのが楽しみになってきました。

分かりましたか

桜島さん   そうですよ。間違いありません。いろいろな方がおりまがそれも個性的です。女流画家の○○さんはそう上手でもないシャンソンの伴奏を八大さんにさせたりね。80歳でもフラダンスの特訓にハワイに行ったりする人もおります。このブログをソウルの金さんに読んで貰いたいです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1358-0729afcb

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog