FC2ブログ

2020-01

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

我が家風ブリ大根

 食材で大根はデンと構えております。食べ方も数え切れません。これから美味しくなって来ますね。
 「高齢になって」が枕詞になって仕舞いますが、大根の食べ方と言いますか調理方法も変ってきております。
 朝食には大根おろしが良く並びます。以前は朝食にも炒めた物を作ったりもしましたが、今は味噌汁に入れたり、浅漬にしたりです。大きく切った大根はおでんの定番ですね。
 葉は佃煮にしていますが、これは余り作らなくなっております。葉付き大根が店頭に余り並んでおりませんし、買いましても使い切れません。それも理由の一つです。
 
 最近は全てがあっさり方向になりながらも、濃い味の佃煮も常備菜として良く作ります。

 大根の煮方に変化が起きております。大根を煮ますと時間が経つにつれて味が濃くなり、また匂いも強くなって来ます。そこでこのところ皮むきで大根を削り、竹輪やガンモドキ、また油揚げなどと一緒に煮ております。
 鰤アラもわざわざ「ブリ大根用」とラベルが貼られて店頭に並んでおりますが、パックの量が多すぎます。そこでワラサの切り身を少し買い、それを使ってブリ大根にします。
 ワラサはブリよりは矢張り脂がのっておりませんから、あっさりとしております。昔でしたら物足りなかったかも知れません。
 ワラサを煮る大きさに切り焼きます。
 鍋に調味料と出汁を入れて先ず大根を皮むきで削り鍋に落として行きます。煮立って来ましたらワラサを一緒に煮ます。大根に味が付いたら大根だけを引き揚げ、ワラサは残りの煮汁で更に煮詰めて火を止めます。

         削り大根とワラサ

 これでも多すぎますが、それは老人夫婦なくなるまで何回でも食卓に並べ、食べ切ります。
entry_header

COMMENT

鰤大根ならぬワラサ大根とは素敵です。
鰤のような脂の無いところが、逆にあっさりと美味しそうです。
鰤のコラーゲン過多は時々辛くなります。

大根を削りアッサリと煮るのも美味しそうですね。
ワラサと合わせて雑味のない上品なお味と推察いたします。
次回に真似させて下さいね。(笑

さっぱりです

いその爺さん ブリ大根はコクがありますし、普通はもっと味が濃いのですが、これはあっさりしております。
削り大根は冷めても大根特有の匂いがありません。
お試しして見て下さい。タンパク質の物はブリ以外でもある物を使っております。

大根は丁度いい味具合で食べたいですね。
おでんのときは味が染込む寸前でタッパーに取り出しておきます。
食べるときに他の具と合せて火を通します。

削った大根はすぐ食べたいときに便利でしょうね。
母に伝えておきます!

お母様によろしく

ちゅんごさん   お早うございます。
おでん屋さんは具を一番美味しい時を見計らって順に入れていますよね。
特に大根は他の具に匂いが移りますから、大事なところでしょうね。
この煮方は急ぐ時には直ぐに煮えますから、簡単なものです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1393-b907085c

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog