2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

唐詩三百首 子ども版

 中国語を習っていますとしばしば漢詩が出て来ます。
 中国で書籍を買おうとしますとなかなか書店が見つかりません。特に同学へのお土産に「人民日報」を欲しいと思っても街で売られているのは何だか話題がおかしい物が多く、人民日報は置いてありません。買うことが出来るのは組織でないと駄目らしいのです。仕方なく老師の見せて下さる海外版を時々眺める程度です。
 青島に行きますと必ず「書城」所謂新華書店に行きます。
 店舗は広く、以前は全く見られなかった健康本や料理本それにファッション誌などが大きな売り場を取っています。肥満や糖尿病に関する本には驚かされます。
 私は主に中国服に関係のある本を探します。日本でもPCで「書虫」と言うサイトで取りよせたりもしております。
 チョッと目を彼方此方に配りますと思わぬ本に出会います。前回買って来たのは子ども用の「唐詩三百首」です。

              唐詩

     春暁  白帝城

 1944年女学校に入学して接した漢文の授業 最初の漢文が左の「春暁」です。春は眠いな~と感心した程度で詩の持つ深みなど理解しようともしませんでした。教師の何だか自分に酔っているような気分を感じ、専門の人はこうなんだと、そんなことを覚えております。東洋史の先生も只管喋りまくっていました。生徒が理解しようがしまいが勝手にという風で、差し詰め今でしたらクレームを付けられるかも知れませんね。
 「白帝城」は中国語の教室で出会いました。同学の一人は旧制中学で漢文を確りと勉強しておりますので、何かにつけて漢詩の素養が生きて来ます。

 この本を開き大きな声で読みますと何だかとても気分が良くなります。先々週老師が一首詠まれた時、抑揚の効いた力強いものでした。これは併音が付いておりますから、とても読みやすくなります。今は幼児並みに素直に読み、下部の説明を読むことでチョッと知識も増えるかも知れません。CDも付いております。

 
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1419-5080edc6

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog