2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

お使い大好き

 今年の春節(中国での大きな行事)は23日 中国では22日の夜から23日へと掛けて人々は故郷で過ごすのが習慣となっているようです。ようですと言うのは実際に帰った人の話は聞いたことがないからです。ですが毎年この時期大衆の移動のニュースが流れますね。大都市の駅で大きな荷物を持ち列車を待つ人の姿をTVが伝えております。

 昔々 また昔が出ますがお許しください。
 中国の正月の前には市場には日本と同じく正月用品が沢山出廻ります。私の家から比較的近くに若鶴市場と言う名の市場がありました。日本名が付いていますから、お客は日本人が多かったのかも知れません。
 
 因みに1940年の資料に依りますと当時の青島の人口は53万人余 内日本人の戸数は7732戸人口は28.683人となっております。我が家もその中の一軒でもあり、家族はその日本人に含まれておりました。日本人小学校は5校ありました。私は3年生です。お使い大好きな少女でした。

 母は料理作りが好きですが、材料を買いに行くのはどちらかと言えば私の役目でした。家の使用人をお供に私は買い出しに行きます。何だか責任があるようで、子どもなりに緊張しましたが、楽しさも一杯でした。行く先は若鶴市場です。市場では食料品店が主だったと記憶しております。関西や九州の方が多かったせいか、蒲鉾や竹輪などは西日本風でした。(これは戦後小田原などと比べ分かったことですが)
 買い物の中で一番好きなのは寄せ鍋の材料を買う時です。組み合わせをいろいろと考えて買って来ます。母が褒めて呉れますと、また次は何を組み合わせたら良いかな~と考えたものです。
 日本の正月に合わせた品揃えの時はそれなりの品物が並びますが、所謂旧正月(今の春節・陰暦正月)には中国人に合わせて品物が並びます。
 子ども心に強く残っているのは豚の頭を店の一番高い所に飾っているのです。全店ではありませんが、精肉店とは限りません。
 先だってノリーダヨさんのブログで沖縄での正月用の品物が見られました。そこに豚の頭があるのです。大発見のような気分になりました。画像をお借りしましたのでご覧ください。

          ノリーダヨさんのブタ

 沖縄は中国の食文化が強く影響しているのでしょうね。豚肉を良く食べるのですね。中国で肉と言いますと豚肉のことです。でこの豚の頭ですが、青島で見た頭はほっぺに丸く赤い色が描かれており、頬紅のように見えました。
 子どもの頃の印象って強く心に刻みこまれているものですね。
entry_header

COMMENT

私もかなり色々な物を食べましたが、まだ豚の頭は食べた事がないですよ、尻尾・耳・豚足・鼻は食べましたが頭はどうやって食べるんですかね
まさか丸焼きで分け切って食べる?

食べて見たいです

EGUTI YOUSUKE さん   私も食べたことはありません。宴会で50センチ程の丸焼きが出たことがありますから、切って食べるのかも知れませんね。耳や豚足は食べますよ。足は冷凍のがありますので、料理も直ぐ出来ますし、コラーゲン補充には直ぐ用が足りますね。

ありがとう

わたしのブログまで紹介いただきありがとうございます。

お陰さまです

ノリーダヨ さん   沖縄に行く人は大勢いますが、何と言いましても現地の方の発信する記事や写真は素晴らしく、心が和みます。有難うございました。

若鶴市場

「若鶴市場」懐かしい市場の名前です。
青島神社の近くにあったのでよく母と一緒に買い物に出かけたところです。入口近くに渡辺洋服店があって私たち兄弟の洋服を作ってもらった事もありました。第一小学校近くに住んでいた日本人の殆の方々は利用されていた市場だと思いますよ。今はもうその付近は再開発さているようですので痕跡もないでしょうね。

そうでしょうね

桜島さん   懐かしいですよね。日本の乾物屋などもあり、日本人に買いやすい市場でした。
肉屋でソーセージを買って帰ると良い香りに鼻クンクンでした。
洋服屋さんは知りませんですが、私は母が作っていました。

すごいですね。

肉食文化というのは。
日本もいつのまにか雑食になってきて、
このような光景は驚かなくなったようですね。

しかし相子さんは多様な文化に接してこられたのですね。視野が広いのはそのような土台があってのことなのでしょう。その上にさらなる向学心、ただただ頭が下がります。

いろいろ見ました

NANTEIさん   ようこそ 
私は日本から中国へ行きました時と帰国した時と二度のカルチャーショックを受けました。それだけに強烈な印象が強いのだと思います。
今では全く見られない枝肉の下げられた肉屋で、部位を指差して買うなんて経験は先ず子どもには出来ないことと思います。お使いをさせた両親に感謝しております。

沖縄の市場には豚の頭が並んで売っていますが、
この写真だと、笑いながら踊っているようですね
でも、これ、どうやって食べるんでしょうか・・・

どうやってか知りません

kyoro さん   ようこぞ  私もどのように食べるのか知りませんが、ノリ―ダヨさんに伺えば分かるのではと思いますが、まだ伺っておりません。気になりますよね。

こんにちわ^^

この豚の頭なんですが
大阪の鶴橋にコリアンタウンがあるのですが、そこで見たことがあります。
お祝い事のときに使うようでした。
おいしい豚足を売っているお店のお母さんがゆっていました^^
でも、こんなに飾る前のものなので
非常に怖かったのを憶えています。
中国と韓国の文化はにてるのかなとおもいました^^

相子さんも左マウスなんですね!
私もそうなんです。(もちろん右利き)
会社で数字の入力をすることが多い経理の人に教わったんです^^
左で扱うと操作がスムーズなことが解り、がんばって早5年ほど経ちました。
今では自宅でも左マウスです^^
マウスに関しては両利きですね。

昔 中華街の店先によく小ブタや頭、鶏のチャーシュウ、腸詰め等が下がっていました。
子供頃は怖かったです。
今なら、美味しそう♪(笑

ブタの頭は、カシラと言ってよく串うちで売っているのがそうですよ。
コメカミの部分が柔らかくて上質です。
他の脂の多いところは酢味噌で提供する店がありますが、これは中華料理ではありませんね。
f(^_^;

お正月の飾りでしたが

BOO子さん    ようこそ  むき出しで頭が出ていましたらきっと気味悪く思うでしょうね。
東京上野に昔韓国食材の店があり、ショーケースに鼻ばかりが何十と積んであった時は近寄りたくなかったですね。でも頭はなかたですよ。
中国と韓国とは似ている物があるのでしょうね。

何だか凄い

いその爺さん   へぇ~!そうですか。頭って串ざしでと言いますと焼き鳥風でしょうか。
茹でて酢味噌と言うのは若しかしたら沖縄料理?
中国では内臓を茹でて笊に入れ、街頭で売っていました。要るだけ切って量り、売っておりましたけれど、頭は見たことがなかったですね。

私が大学を出て仕事を始めたころに
食品機械のメンテナンスで食肉工場へ出入していました。
初めは昼ご飯を食べられないほどの衝撃でした。

直になれましたけど…

えぇ? 直ぐ馴れたんですか

ちゅんご さん  今晩は だってそれって部位だけではないんでしょ。一頭丸ごと処理するんでしょ。逃げ出したかったでしょうね。
私は枝肉のぶら下がったのは平気です。

昔、長崎に出張した時にラーメン屋で豚の頭蓋骨でダシをとっているのお店がありまして、すごく印象的でした。
ちょっと気持ち悪かったけど、凄く美味しかったです。

豚大好きです。

栄養価も高い豚肉

ゴルッテリア さん  頭蓋骨だって言う事が分かるんですか。何だか怖い感じがしますね。それだけに美味しかった印象が強いでしょうね。
私は子どもの時からデブとか小ブタとか良く言われました。
豚好きって言って頂き有難うございます。

こんばんわ~♪

たまに横浜の中華街で見かけます!!
それが子供の時だったら
怖かったと思いますが
慣れって怖いです(笑)
豚肉を使った料理が食べたくなりました!!

何でも平気そうですが

マムチ さん   今晩は 中華街ですか。このところ随分行っておりません。
マムチさんは何でも食べられそうですね。
矢張り子どもでしたら恐ろしいでしょうね。
豚肉は中華の定番材料ですものね。食べて栄養をつけて下さい。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1453-84dcb2f8

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog