2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

年賀状あれこれ

 年賀状を出すと言うことは生活の中で小さなイベントとと言って良いような気がします。
 若い時 と言いましても30歳頃は年賀状の交換をするという間柄の方はごく少なく、2日もあれば書き終わることが出来ました。
 それが段々数が増えて来ますと、簡単には行きません。毛筆で書くのは大変になって来ました。何時頃でしょうか。プリントごっこと言う簡単な印刷方法で年賀葉書を作ること出来るようになり、夜中部屋中にプリントした年賀状を並べて乾かすと言うこともしました。
 筆ペンと言う助っ人が現れ、以来何十年も宛名は手書きでした。自分で書くと言うのはとても良いことでした。
 年賀状の挨拶は印刷に頼むようになりましても、宛名を書く時は受け取る方の一人一人を思い出しながら書きます。人それぞれに歴史があり、人知れず悩んでいる人、病で苦労をしている人、成功している人、時には思い出すたびに可笑しくなって仕舞う人などいろいろです。
 年賀状には何だか思い入れのような物があります。ですから宛名の手書きは5年前位までしておりました。
 今は印刷です。印刷は早くできます。そして綺麗です。
 ところが勝手なもので、頂く年賀状が手書きだととても嬉しくなるのです。
 高齢な方の枯れたような字 若い方の丸い字 きっぱりとしたその人らしい勢いのある字。実に様々な字があります。宛名を見ただけで直ぐに送り主が分かります。でもそれも年々少なくなっています。皆さん私と同じ様に印刷へと切り替えて来ております。私は出来れば手書きにしたいと思いはしますが、根気が無くなり、プリントに頼っています。
 年賀状のことでとても印象に残っていることがあります。ある時ドイツ語を教えて頂いた菅藤高徳先生の年賀状書きのお手伝いに行きました。宛名を書き進むうちに思わぬ人の名前を見たのです。その方は1年生の時同じクラスでしたが他学部に転部をした方でした。
 その転部した彼が卒業時に信条の問題でとても苦労をされたと言う話を聞いていたのです。驚きました。先生はすっと師弟の交流をされていたのです。
 何だかオカシイと言うよりは心変わりかしらと言う年賀状もありました。前に今年を最後にし失礼しますと言う年賀状を頂いたのに、今年はとても内容のあるものを送って下さった方もありました。

 お年玉付き年賀葉書は1949年に発行されたそうですが、記憶ではもっと遅かったように思っておりました。
 今年の発売枚数は36億6577万6000枚だそうです。我が家は300枚までなりました。現役時代は倍程出しておりました。お年玉の切手シートは確率通りに当たっていましたが、今年は今までになく少なく2枚。
 最高で郵便セットと言うのを一回貰ったことがありました。

       年賀の字

 また一年皆さんの元気を願い、私どもも気をつけて過ごして行こうと思っております。
entry_header

COMMENT

こんにちは

本当に最近、年賀状はみなさん、印刷ですね。
我が家は未だに版画・・・今の文明には取り残されている感じですが、少し意地になって続けています。

こんにちは。

年賀状には「人」が出ますよね(^^
子どもの写真を自分でプリントしてあったり、ボールペンで殴り書きだったり、宛名もまた然り。面白いものです。
僕は毎年数枚しか出さないので、手書きで宛名を書きますけど、300枚以上の年賀状!!
そうなると、やっぱり手書きと言うのも大変な作業ですもんね。

ちなみに子どもの頃は、、、「全国各地のお雑煮レシピ」をイラストを添えて一枚一枚描いていた記憶があります(笑

風邪ひかぬようにお気をつけて(^^
今年もまた、皆が元気でありますように。

出来ればしたい

kyoroさん  個性が出せて良いですね。昔はとてもユーモアに富んだ個性的なものもありました。一家全員の近況を並べていた方は今や二人になってしまいということで、チョッと切ない気分になる一枚もありました。

大変でも楽しい

あひる課長さん  そうなんです。本当に相手を偲び一枚一枚書き、また頂いたのも一枚づつ読むのも楽しみなんですね。
雑煮のイラストを描くなんてお子さんの時から才能を発揮していたのですね。
以前600枚時代は宛名書きに10日位はかかりました。
勤めていた時上司から1時間100枚の宛名書きをと言われ早書きの訓練をしましたので、書くのは早いのです。

こんにちは

お寒いですね
埼玉での会話に花が咲いたこと・・
国民の我々も行く末をこれだけ案じて居るのに政治家の皆さんしっかり頼みますよ・・
また
先日チャイナドレスの(NHK)話を聞かせてもらい若々しいお声の方ですね
と夫と共に聞き入っておりました。

有り難うございました。

時に虚しさを感じます

mazicoさん   ようこそ こちらも寒くなっています。被災地は大変でしょうね。政治家の勉強不足や認識の欠如などが目立ち、適材と言う言葉が虚しく感じられます。
放送聞いて下さり有難うございました。意味のない矢張りが多く、言葉使いを反省しております。

こんにちわ~♪

年賀状は送る数が、年々少なくなってきています。
それにしても相子さま、300枚とは凄過ぎます!!
600枚時代の頃もあったようで
これは相子さまの人望の厚さなのでしょう^^

今はプリントで何でも出来てしまいますが
私はサツマイモや消しゴムでハンコを作るのが好きでした(笑)

PCのメールなどが発達し、年賀状は減ってきちゃうのかと思ったら、発売枚数は減ってないのですね。 日本人の文化ですから、どんなに通信などが発達しても根強く残っていくのでしょうね。  なんか、ちょっとホッとしました。

歳をとり減っています

マムチさん   年賀状の数は多分55歳頃が一番多かったと思います。勤めを辞めてから徐々に減って来ました。昨年は400枚でしたから来年は200枚位かも知れません。減るのも寂しいですよ。
薩摩芋はやりましたが消しゴムはやったことはありませんね。

予想外ですね

ゴルッテリアさん   若い方では携帯デコメやPCでカードを送ったりなどしているかも知れませんね。
私の回りでは葉書派が多いと思います。
本当に凝ったのには驚きます。

私はお客様や取引先へも必ず手書で書いています。
筆ペンを使うことも普段の生活ではあまりないので、
年に一度ぐらいは練習と思って書いてますが、
その程度では上手になりませんね。

私も事業していた頃は会社用とは別に個人で300枚は書いていました。
近況や想いをはがき全面びっしり400から600字くらいの文章で。

今は妻と二人で写真中心に200枚限定にしています。
私のお付き合いの許容範囲はこの枚数が限度になりました。
年々少なくなっていくようです。

良いこと

ちゅんご さん   手書きは心がこもっていますね。私もそのようにしたいと思っていますが、駄目ですね。
ですが改めて来年からと考えても無理のようです。せめて一言でも添え書きをしたいと思います。

有難うございます

nebaneba さん  写真の寒中見舞いを頂き恐縮に存じます。とても個性的で嬉しく拝見致しました。
ご夫婦で同じ趣味って良いですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1460-8f7ec78d

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog