2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

チャイナドレスは素敵だ 67

 NHKの講座を止めてから、新人が3人増えました。長く作っている生徒と合わせて9名になりました。
 生徒の都合を最優先にしておりますから、午後の外出は殆んどありません。足も具合が悪いので、自宅に来て頂けると言うのは、とても有難いことです。

 前にも話題として時々出ています兎を飼っている生徒ですが、その兔が最近白内障に罹ったそうです。生き物ですから病気にもなりましょうが、あの赤い目が白内障とは想像がつきません。
 
 話は本題に戻り、つい最近お見えになった生徒です。四ッ谷の方に住まわれているそうです。ご本人は1920年、30年代のチャイナドレスが着たくて、かなり彼方此方探したそうです。そして私に辿りついたと言うのです。
 どうすれば良いですかと言うことですが、まず私のブログに鍵コメでメールアドレスを入れて下さいと伝えました。それから数回のやり取りのあと、見えました。
 最初は裏なし、袖無のワンピースのチャイナドレスから入って行き、徐々に難しい物へと進んで行きます。
 彼女は直ぐにでも希望のチャイナドレスを作りたいようでしたが、矢張り何と言いましても基本が出来ていなければそう簡単には行きません。
 そのことを話して早速直断ちのチャイナドレスの裁断に取り掛かりました。何となくそれらし形が見え始めますと、嬉しそうにしております。

 ご本人の希望を良く聞くと言うのも大事ですから、アルバムにある今までの生徒さんの作品なども見て頂きました。おおよそ彼女のイメージしているチャイナドレスが分かりました。
 以前にも遠くから見えた生徒さんにも同じ様な方がおりました。
 1920年~30年~40年と言う時期は上海でのチャイナドレスが流行の先端を行くものでした。

        清朝崩壊後

 この宮沢りえの着る旗袍は満州族の支配する清朝から中華民国へと移った初期のころの蘇州を舞台にした映画の中で着られたものです。
 ですから恐らくこの時代のチャイナドレスをいろいろと見ていたのでしょう。話している内に出て来る業者のHPやオーダーの出来るところは殆んど私も知っておりましたから、話は良く合いました。
 私の教える旗袍(チーパオ・チャイナドレス)は必ず宿題があります。宿題を済ませて来ませんと先に進めません。昨年NHK千葉放送での出演後、少し補足をして紹介しております。 興味がございましたら覗いて下さい。赤字の補足をクリックして頂くとご覧になれます。
entry_header

COMMENT

1920-30年ってどんなだったのだろう? 想像はつかないけど、その頃の中国って華やかだったのですね。  宮沢りえのチャイニーズドレス、男の私でも良いなと思うくらいだから、憧れる人も多いも理解できます。

混沌とした街

ゴルッテリアさん   今日は! 
1920年代から30年代に掛けての上海は東洋で最も華やかで商業都市として活力に溢れていたようです。多くの方が当時の上海を舞台にして活躍しております。
政治家、作家、経済人、芸能人、地下組織の人などなど。人口は100万と言われています。
チャイナドレスは封建的な清朝から解放された女性方が次々にスタイルを変え、女性が社会的にも進出、自己表現を発揮していた時代です。
魔都と言われ繁栄と退廃の裏社会の姿を知るのも当時の上海です。

本当に素敵な映画でした。
素晴らしいドレスがいっぱいでした。細かなところまでオシャレがゆきとどいていると言う感じでした。                 今から習いはじめて、思っているものが出来あがった時の感激を想像できますね。
私もせっかく習ったのですから作らないともったいない、もう一度かっこよく着てみたくなりました。

ゴージャス

ofuji さん   寒いですね。この映画で着られた旗袍は香港サザビーで競売され、僅かな時間で売り切れたと聞きました。特に知識層の旗袍はモダンで垢ぬけていますよね。でもまた素朴なシンプルな旗袍は親近感が持てますね。私の希望は皆さんが街着として着て欲しのです。
ぜひあなたも作って着て下さいね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん  わざわざ有難うございます。考えて見ます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1470-3e4b156c

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog