2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

差しいれのワンタン

 中国書法の先生は8階 私は4階 風雨に関係なく稽古に行くことができます。
 老師は中年の女性ですが、キビキビとしております。北京からお母様を呼ばれており、お母様は95歳?位でしょうか。何時も何かしら活字に目を通しております。老師の説明に因りますとお母様には漢詩の書き取も時々させているそうです。常に頭に刺激を与えていることが大事だと言う事のようです。
 お母様は私が伺うととても嬉しそうにします。優しい顔をしており、寒い日はお腹に電気行火を抱えており、可愛いのです。
 稽古が終わりお暇する時には立ち上がろうとなさいます。そして私に向かって「再見」と大きな声で挨拶をされます。
 
 先日 朝から目まいで稽古に行けませんでした。
 お昼になりましたらワンタンが届きました。ワンタンは中国語では餛飩と書きます。
 父はラーメンを打つのが趣味でしたが、ワンタンはどうも今一つ。何しろラーメンを打った時それを使いますから皮が厚いのです。我が家の娘たちの評価は低く、どうもそれが共通の話題になって仕舞っています。「お爺ちゃんのワンタンは皮が厚い」と

 老師のお母様は私の具合が悪いと聞きますと、餃子やワンタンを作って上げなさいと言うらしいのです。
 先だってもそうでした。優しいのです。

        ワンタン

 このワンタンはどこか違います。皮ですが市販のワンタン皮のようにフワ~としているのではなく、力があるのです。そしてスープ みじん切りのザーサイが入っているのです。塩加減はこれで決めているように感じました。
 後日お会いしました時その皮の作り方をお聞きしました。
 ご自分で作られると言うことです。
 餃子の皮を作る要領で作るのだそうですが、先ず餃子の時より大きめに皮を作り、それを切り分けて更に薄く伸ばし、具の餡を包むのだそうです。成る程と納得しました。程良い厚みです。
 父に教えて上げたいですが、ま~既にあちらに行っていますから無理ですね。
 私は餃子の皮作りが出来るので多分これは出来るだろうと思っております。ただ何時になりますかです。
entry_header

COMMENT

ラーメン作りもギョウザの皮も作るの大好きです。 でもお父様と一緒で、どうしても厚い皮になってしまい、家族の評価はいまいちです。 (笑
薄くするのって、結構大変ですよね。 
なんか、やりたくなってきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皮の力が関係

ゴルッテリア さん   先生の皮は滑らかで上手です。私は強力粉と薄力粉と半々で作っていましたが、先生は強力粉4に対し薄力粉6位のようです。それと寝かせる時間が長いようです。

有難うございます

鍵コメさん  ご心配有難うございます。出来るだけそうして参ります。

薄力粉

いつも酢晴らしい、情報をありがとうございます。
 
なるほど、薄力粉の割合が多いのですね。 それと寝かせる時間ですね。 納得です。

ちょっと、思うところがあって、ギョウザの皮は薄力粉の方が良いと思っていた所なんです。  楽しくなってきました。 試して見ます。 

試してみて下さい

ゴルッテリア さん  そうでしたか。市販の餃子に皮は全体は平らですから、矢張り自分で作った方が本物になります。
寝かす時間は先生の所から頂く時間から逆算しますと、恐らく2時間余りだと思います。
NHKの中国語の先生もご自宅から練ってお持ちになり、それが美味しかったです。

ワンタンって日本語ですと“雲呑”とかきますよね。
これを中華街のご老人は
「ワンタンは雲を呑むくらいフワッとして滑らかなのがよい。 だから茹でる寸前に包むんだよ。」
と仰っておりました、作り置きは厳禁だそうですね。(笑

滑らかなワンタン、食べたくなってきました。

こちらには餃子の皮など売っていませんので、2度ほど作りました。でもやっぱりぼてっという感じになってしまい、最近は作るのを躊躇っていましたが、4対6で作ってみます。ありがとうございました。

雲吞を召し上がって

いその爺さん  お早うございます
ワンタンの日本語表示は将にその状態を表していますね。当て字でも面白いですね。
餛飩と似て読むと「雲吞」は「ウンドン」でしょうか。
フワフワ感が良いですよね。

手作りでどうぞ

daniel mama さん   ようこそ
私のブログ 2011年8月22日に書いた水餃子では薄力粉2対強力粉1となっています。参考にして下さい。

素敵なお母様ですね。思いやりがとても嬉しいです。それにしてもほんとうに美味しいものによく出会いますね。それが持永さんの「運」でもあるのでしょうね。
このような心の通いあうお付き合いはなによりも大切ですね。

有難いことです

ofujiさん  今日は!
とても嬉しいですよ。お母様は大連の日本人女学校を卒業されています。日本語は忘れてしまったと仰いますが、とても優雅な感じがします。良い方と知り合いになれて良かったです。

もしや…

あい子先生。その、大連の女学校の名前は何と?亡くなった祖母の同窓かも分かりません…

弥生高女です

はぢめさん  お話によりますと大連弥生高女だとお聞きしております。当時中国の方が日本の女学校に入ると言うのは大変珍しいことですね。次回確認して見ます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1476-e4470ed9

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog