2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

長城と北京ダック

 中国北京に観光で行きますと、故宮や天壇、天安門などの他に必ず行くのは万里の長城でしょう。
 あの煉瓦は普通の煉瓦よりは大きく、製法も違っているのだそうです。土に水を混ぜたのではなく、土にお米や粟などのお粥のような澱粉質を加えて糊で確りと固まらせてあるのだそうです。
 その万里の長城には普通は八達嶺を目指して行きます。ここは混むんですよ。ゲートの前は人波で溢れております。
 ゲートから登り右に行きますと右側に一基の塔があります。そこに書かれているのが有名な言葉です。
 「不到長城非好漢」これは毛沢東が書かれたと聞きました。意味は元々は「長城に行かなければ好漢でない。初志を貫かない者は立派な人間ではない」という諺だそうです。

       万里長城

 男子たるもの一生の内に万里の長城に行くべきだとも言われてもいました。最近はこの言葉に続く言葉が出て来ております。
 「不吃烤鴨真遺憾」と言うのだそうです。北京ダックを食べないのは残念なこと」と言う意味でしょうか。

        北京ダック

 この好漢と北京ダックの言葉を一緒にして、北京に行きましたら欠かせないことだと言うことの喩えになっているそうです。
 万里の長城は常に賑わっているようですね。長城の石道路は多くの人が歩きますからツルツルで怖いです。高齢者は脇の鎖に確り掴まりましょう。ハイ!私は北京に行ったことがあります。長城にも登りましたし、北京ダックも食べて来ました。

  不到長城非好漢、不吃烤鴨真遺憾

entry_header

COMMENT

成都からちょっと怖いチベット航空に乗って、杭州、東陽市に行き、びっくりして帰って来たところです。そこには実物大の天安門と明・清の大宮殿が幾つも延々と、、、。天安門前の広場まであるんです。
その中の最初の宮殿に登っただけで階段200段あまりを上下して膝がいうことをきかなくなりました。だからあとは見ずじまい。

大金持ちの不動産屋がつくったもので「東洋のハリウッド」といわれているそうです。中国の時代劇にはよく使われているとのこと。なにしろスケールがでかい。
東陽市にそういう昔の宮殿・自然を真似た施設を四つも造っています。中国人の観光客もけっこう多かった。このお勢いなら万里の長城だって新しく造りかねないですねぇ。

驚きです

直大さん  お早うございます
杭州は例のマッサージですか。
東陽市のことは驚きですね。中国には大金持ちが沢山いると聞きますが、これは凄いですね。
ロケ用としては上海にチャン・イーモの作った映画村がありますが、スケールが違いますよ。
お疲れさまでした。

北京ダックも万里の長城へも行きましたが、ちょっとだけ悔いが残ってます。
万里の長城へ行く前にたっぷりとビールを飲んでしまい、ゲートをくぐったら、すぐにトイレに行きたくなり、慌ててしましました。 中にはトイレはないそうで、あっという間に出てきてしまいました。 なんか、立派な人間になれなかった理由が解りました。

成る程

ゴルッテリア さん  それは残念でしたね。
北京から高速でしたか。なおいけませんでしたね。長城にはトイレは無いんですよね。登る前に行っておくべきでしたね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1502-eb2dfc2d

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog