2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

油茲らしい

 老人二人の食事となりますと、食べる量が知れております。分量には注意しているのですが、どうも頭が上手く回りません。一番は煮物です。ついつい多く作って仕舞います。
 煮物は朝に作るのが普通です。そしてそれを夕食にも食べます。3回以上となりますと、流石に味が落ちます。
 それでも何とか消化しようと頑張ります。
 根菜類だけの煮物の時は、天ぷらにして食べたりします。
 精進料理はあちこちでも食べたことはありますが、この煮物を揚げたのは普茶料理だと思い出しました。
 今まで普茶料理は東京台東区の鷲神社の近くのと京都宇治の白雲庵に行ったことがあるだけです。
 調べて見ましたらこの揚げ物は「油茲」と言う名前だと分かりました。
 
         油茲

 今まではこれを何と言うか考えたことが無く、美味しいな~と食べておりました。
 梵や白雲庵の油茲を見ますと、いろいろな物を揚げております。これを参考にしてまた揚げて見ようと思っております。
 今回は牛蒡、蓮根、人参、蒟蒻です。筍はありません。我孫子の筍は出荷停止です。今年は筍を食べるとすればパックの物を食べることになりそうです。九州や関西からの物は掘りたてではありませんから、買う気分にはなりません。原発や放射能問題は一体何時解決するのでしょう。
entry_header

COMMENT

私は相子さんより、ずいぶん若い世代だと自負していますが(すみません・笑)。
脂、油には用心深くなっています。
特に連れあいは介護の資格と、栄養士の資格を持っていますので、煩いことうるさいこと・・・(笑。
ところでここには名だたるグルメの方がいらっしゃるのに、放射能汚染の食についてはご意見を控えておられるようです。
政府、東電を批判するのはけっこうですが、食文化を担っておられる自負をお持ちの方々には、たとえばタンポポが汚染土壌を改良する力を持っているとか、植物オゾンがヨウ素、セシウム等を洗浄できるということぐらいは、関心を持ってほしいなあと、嫌われジジイを覚悟でコメントしました。
毒であろうがなんであろうが、味わうのが食通だ!と言われれば言葉無し。ですが・・・
なぜなら相子さんのブログは、とても影響力を持っているからと、常々思っているからです。すみません、無粋な話で。

注意しています

NANTEI さん  今晩わ
我が家も歳と共に油脂は注意しております。揚げ物は時々食べますが、沢山は食べません。
NANTEIさんは介護士と栄養士を両翼に揃えたような食生活なんですね。それだけでなく、ご自分でも食についてはご意見をお持ちだとは存じ上げております。
原発問題が起きる前は栄養の問題は一部の人の関心事だったかも知っれません。ですが、今や全国規模で多くの方が関心を持ち、心していることと思います。拙ブログは左程影響力を持っているとは思えませんが、何かのお役に立てれば嬉しく思います。それがブログ公開のあり方だと思うからです。

相子さん今朝のニュ-スで鳩ポッポがイランの捏造だとか騒いでいましたが、利用されるに決まってるじゃないですか、馬鹿もここまでやれば本当に宇宙人ですよ
原発・放射能問題も安全と安心がごちゃごちゃでお話になりませんよ もう少し整理した論議が出来ないもんかと思いますね まあ現総理じゃ望むすべも無いですが
どうするかを本気で考えなければいけないときですよ

民主党に呆れています

EGUTI YOUSUKE さん お早うございます
そうですね。今朝私も読みました。鳩山さんはどうも問題児のような気がします。腹案があるなんて言う人ですからね。でもまたこれを評価する人もあるようですがね。
確かに原発問題はもっと納得できる方向に持って行って欲しいです。舵をどう切るか、切ったらその方向に進むとどうなるのかと言うことを大きく論じて欲しいと思っています。
知り合いの男性の一部は原発反対でも、ではどうするのかと反論をする方もありますが、それは舵を切ってから英知を結集して考えることだと思います。個人がどうすればいいかはとても難しいことです。余りに大きなことです。私は命を一番にと思っております。

鎌倉に御気に入りの精進料理屋がありました。
もどき料理が美味しかったのですが、近年少し形態が変わってしまい、お刺身が出るようになり残念でなりません。
精進料理も時代と共に変わってしまうのでしょうか??

世界遺産登録を待っている様なので、是非とも此の辺りにも日が当たってくれると嬉しいです。

精進料理は健康食

いその爺 さん  伝統を守るって努力が要るのでしょう。経済的効果を考えるとどうしても変えなければと言うことになるのかも知れませんね。
私は鎌倉では檑亭に集まりがあり偶に行きます。料理はま~ま~ですが、自然を生かしながら手入れをしている良い庭が気にいっております。そうそう鉢の木に一度行ったことがありましたね。あそこは確か精進料理ですよね。
日本の精進料理は材料が良く分かりますが、中国の上海で食べて精進料理は全て中華料理と同じように肉は肉のようにみえ味もまた肉の味を感じるのです。
そうですね日本の食文化も世界遺産の登録を待っておりますね。何が日本料理なのでしょうか。お米料理でしょうかね。
娘がシドニーに住んでいた時、現地の方は日本人に招待されますと、寿司と天ぷらが出るものだと思っていたそうです。

根菜の煮物は種類をたくさん入れるから
ちょっとずつでもたくさんの量になってしまいますね。
晋茶料理は勉強になりました。

筍のことは残念です。
4月から基準が厳しくなり、ある程度の覚悟はしていましたが
これだけ広範囲に出荷できないとは思ってませんでした。

自社でも筍や干し椎茸を原料にしていますので
商品の放射能検査はかかせません。
遠地ですが、厳しい負担になっています。

残念です

ちゅんご さん  今晩わ
根菜類ですが、この時期例年ですと筍が入ります。今年は仕方がないです。
食品に対してユーザーの関心が高くなり、メーカーは大変ですね。
普茶料理ですが、内容は精進、セットの方法は卓袱と。そんな感じがします。
普茶料理は宇治の黄檗山万福寺でも食べられると聞いております。
白雲庵は万福寺の門前です。徳島からは近いです。

煮物を揚げる料理って始めて知りました。
普茶料理って言う名前も聞いた事がありません。
色々と料理法があるもんですね

放射能問題も経済の大量借金問題も大変な状況
問題を作って反省しない自民党、基本的に考えが
違う人間が集まって纏まらない民主党

ここは橋本さんのような多少強引さもあって
経済も考えられる人が必要だと僕は思ってしまいます。

こんな状態は困ります

メタボ夫婦さん  今晩わ
普茶料理店は数少ないと思います。煮物を揚げるのは簡単で、美味しいですよ。
政治の世界にはつくづくうんざりして仕舞います。でも関係ないと、あっちを向いて仕舞ってはいけませんね。困りました。
政党の制度疲労でしょうか。独裁も困りますし、頼りない政治家集団も困ります。国民が困り果てているのに、何でしょう。

知りませんでした

残りの煮物を揚げ食べては、いましたが・・

故郷には卓袱料理があり、家族で卓を囲んだことが何度かあります。

普茶料理と名まえが付いていたのですね。
「知る」ってことは嬉しい事で一つ勉強した気分です。

そうですよね

mazico さん  お早うございます
何時も心を込めたmazicoさんの夕餉に感心して拝見し、勉強させて頂いております。
この油茲は無駄が無く、美味しいですよね。私は蒟蒻がとても気に入っています。
知るって嬉しいことですね。

筍は残念です。 
私の回りの人間を見てますと、反応は様々で全く気にもしない人が沢山いてびっくりすることがあります。  小さい子供にも平気で食べさせようとする姿は見たくないです。

今年も来年もかも

ゴルッテリア さん  お早うございます
多分大人の方は気にしないと言う方が多いという感じがします。ですが影響のことが未だ分からないと言うことで、自己責任で食べると言うことでしょうね。
国は厳しくして置くことで、責任回避にもなりましょ。そんなことの土壌は原発だと思います。
出荷して生計を立てている方はお気の毒です。これは今年だけに留まらず長く続くかも知れませんね。
我が家は孫の為に出来るだけ危険は避けるようにしております。

美味しかったです。こんなにすてきな名前がついていたのですね。普通の天ぷらよりもずっとおいしいとおもいました。
これを思いついた方に拍手をおくりたいです。

良かった

ofujiさん  今日わ
美味しく食べて頂き良かったです。元は中国から伝来したものですが、こうして日常に私たちが食べられると言うのは嬉しいですね。
多分昔は一部の人が知っていたものかも知れませんね。

のもの

お二人でくらしておられると、煮ものは確かつくるのが大変です。うちも四人家族だったころは、長男がバカバカ食べてくれたので、よくはけたんですが、最近は長男が抜けたので、余ってしまいます。こればかりは冷凍にしても、まずそうですものね。

一人暮らしの大阪の父は、週三回、介護の方に夕飯を作ってもらっていますが、そのおばさんが御自分の家で造った煮ものを持ってこられています。(本当は、反則なんでしょうが、ありがたいことです)

毎回作り過ぎになります

kincyanさん  お早うございます
煮物はそれぞれの出す味と香りで美味しくなりますね。ですから材料が少ないと美味しくないんです。偶には刻んで混ぜご飯にしたり、何とか食べ切るようにしています。
ヘルパーさんの好意は有難いですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1508-5ad38e20

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog