2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

自家製鮨シリーズ 第14回  と関心事

 暑い暑いと言いながらも今日は立秋 涼しくなるのは未だ先のことでしょう。用事があり外に出ますと蝉の声が耳に入って来ます。
 引き籠っている訳ではありませんが、何かと世の中の風景に疎くなって来ます。
 ニュースを見る他はテレビも限られた番組になっています。ま~今は五輪のことは見ますが、そう多くの時間をとってはいません。老人はどうも持続力が衰えてきますね。
 最近少し体重が増えて来ました。鮨シリーズの影響ではないかと思っております。夫が全部は無理だと言いますと、勿体ないので私のお腹が処分します。
 今回はチョッと冒険をして見ました。湯ぶりのキン目を買い、見た目を楽しもうと手まりずしを作りました。 
 可愛く小さくは難しいですよ。

     金目手まり  まいわし握り

              魚吹き寄せ

     いさぎ・みょうが  うなぎ棒ずし

 キン目はチョッと奮発しましたが、鰯はニ尾で100円 魚屋の店頭で鰯の鮨が並んでいました。売り場に鰯が出ていません。「小父さん 鰯は出さないの」「今はまだ出さないよ」「何時出すのよ」「決めてないよ」「それなら売ってよ」と強引に売って貰いました。
 鰻の棒ずしは再挑戦して見ましたが、また大きくて夫の口でも大きく開けなければなりません。一ヶ月一回位で挑戦して見たいな~と思うのですがね。100円の鰯を知りますとね~。勿体ないですよね。

 昨日は広島に原爆が投下されて67年「原爆の日」の式典が広島市の平和記念公園で平和記念式が挙行されました。式典の様子は多くの方がテレビでご覧になっていたでしょう。私も勿論見ておりました。
 式典会場は暑いようです。それでも皆さんの多くは喪服で参列しております。
 この一年間で原爆による死亡が確認された方は5729人 その方々の名前を掲載した名簿は原爆死没者慰霊碑に収めれました。

     広島1  広島2

               広島3

 私が一緒に一時同室で暮らした、広島出身の下級生はあの日体調が悪く、女学校を休んでいたそうです。ですがクラスの多くの生徒は被爆し、亡くなったそうです。段々原爆を知る人も少なくなって行きます。風化させてはいけませんね。原爆と原発は多くのことを考えさせます。
 私の家からそう遠くない中学校では今除染作業が進んでいるそうです。チビ孫の通う小学校の除染は済みました。
 知人の連絡によりますと、我孫子の自宅の放射能が高く、家族と新潟県に移住しているそうです。
 我孫子市の放射能対策室発行の放射能対策ニュース4号は8月1日に配布されました。家庭でできる簡単な除染方法を紹介しますとあります。住民として関心を持っている方が多い筈です。私の関心事でもあります。

 南亭さんの昨日のブログを紹介致します。右のからお入り下さい。
 とても考えさせられる内容です。

 東京新聞の筆洗は下記のことを掲載しております。

 『昭和天皇の側近だった徳川義寛(よしひろ)侍従は、敗戦前の七月二十八日の日記に歌を書き留めていた。<降伏の条件なるものと黙殺との相つぐ報道に破局を思ふ>。この日の朝、新聞はポツダム宣言の厳しい内容を伝えていた▼日本領土の占領や完全な武装解除、即刻の無条件降伏…。受け入れなければ徹底的に破壊する、という条件だ。政府の反応は鈍い。破局は避けられないと、徳川さんは直感したのだろう(菅野匡夫(すがのまさお)著『短歌で読む昭和感情史』)▼人類初の原子爆弾が広島に投下されたのは九日後。鈴木貫太郎首相が「黙殺する」と発言したことが、投下の引き金になったと信じている人は今も多いが事実は違う▼当時のトルーマン米大統領からの原爆投下の命令は、ポツダム宣言の前にすでに実施部隊に届いていた。十万人以上の民衆を無差別に虐殺した原爆には“免罪符”が必要だったのだろう▼広島できのう開かれた平和記念式典に、トルーマン元大統領の孫クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(55)の姿があった。「祖父の決定は今ここで判断できない」と評価は避けながら、被爆者のメッセージを米国で広げたい、と語った▼本土決戦を回避し、結果的には数百万人の命を救ったという「神話」は根強い。原爆使用を決断した政治家は一人だけだ。その近親者が被爆者の声を届けようとする姿に一筋の光明を見る。』

 私はこのポツダム宣言を掲載し空から播かれた伝単を拾って読みました。8月15日正午の放送で「ポツダム宣言受諾」という言葉を耳にした瞬間「日本は負けたんだ」と分かりました。
 私の母は日本が復興し、豊かになって来ても「あい子負けるって言う事はこんなではないんだよ。何時か本当の負けたと言う事が来る筈だよ」と良く口にしておりました。私はそれは何かと何時も母の言葉を思いながら過ごして来ました。

 
entry_header

COMMENT

今晩は。

東京新聞「筆洗」の記事以下の文章に、
とても打たれました。
そしてお母様が何故「本当に負けたということが来る筈だよ」とおっしゃったのか、きっと「アメリカは、そうそう甘い条件で独立国にはしてくれないよ。」と言いたかったのかもしれませんね。見通していらっしゃたのでしょう。
そんなお母様があっての、相子さんでもあるような気がします。すみません勝手な思い込みの話で。

今日も、私のつたない記事を紹介していただき、ただただ感謝です。
本当に、ありがとうございました。




肝が据わっておりました

NANTEIさん  今晩は
母はとても肝の据わった人間でした。引き揚げの途中、知り合いの困った日本人の家族を「日本人だから見て上げよう」と父に言い、面倒を見たと言うのです。
その時父に「知り合いだと思うと恩を着せたくなるから、日本人だからと思いましょ」と言ったそうです。その言葉を聞いた私は母のような人間に近付きたいと思いました。
NANTEIさんの6日の記事は考えさせられこと多く、皆さんに読んで頂きたかったのです。有難うございました。

こんばんわ~♪

自家製鮨シリーズ、どれも美味しそうです♪
特に金目の手まり寿司は
まん丸一口サイズで、見た目も可愛いですね!!

治療が終わったら、私も作ってみたいです^^

ラップが強い味方

マムチさん 今晩は
昔は布巾でと教えられましたが、今はラップを使いますから、簡単ですし、後始末も楽です。マムチさんはどういうのをお作りになるのか楽しみです。

相変わらずおいしそうですね。
お皿を変えましたか?とてもすっきりと見えます。2匹100円の鰯が高級魚にみえてしまいます。

先日も被爆者の話を聞きました。「むごい」という言葉しかでてきません。でも戦争な無くならず、原子力の怖さにも無頓着。
私は今、世間の色々に拘らなくなりました。
その日、1回でも多く声をたてて笑いたいそれだけです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは、 鰯は安くて、しかも美味しいので、大好きです。 ただ自分でやる時は、ちょっと心配なので、酢で〆てます。 相子さんは刺身でいっちゃいますか?

原発忘れてはいけないです。 私の叔父は広島で被爆して、命は助かったものの、一生働けない体となってしまいましたので、その怖さは、何度となく聞いてきました。  

笑いも大切

ofuji さんv-67今日は
そうお皿は少し変えて見ました。探せばまだいろいろと出て来ると思います。シリーズがどれ位続けられますかしら。今までのは中身は全部組み合わせや魚が違うんですよ。楽しいです。
原発は嫌です。とに角これだけの犠牲を払ってもまだ再稼働をさせようと言うのですからね。
笑いも大切ですよ。笑って下さいね。

鰯は便利

ゴルッテリア さんv-269ようこそ
鰯は酢〆もします。今回は魚屋でも生を使っていました野で、同じく生で握りました。
鰯は団子にも出来ますし、揚げても美味しく、惣菜としては本当に便利ですね。

叔父様は犠牲者ですね。皆さんに恐ろしさを知って欲しいです。

原爆か さすがに親米の私でも考えますよ。当時の状況からするともう日本の戦争の負けは決まっていましたもんね、酷すぎますよ 原爆投下は無差別殺人ですよ
これが戦争ってもんですか 白人至上主義って言われてもしょうがない でも有色人種も人間ですよ
過ちは繰り返しませんは米国が言わなければならない言葉ですよ 特攻の過ちは繰り返しませんなら理解できますが この時期は私 人間不信になりますよ

悲しいことです

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
そうですよ。米国はどうしても落としたかったと思われていますよ。

原爆が投下される前に私たちは凄い爆弾が出来たそうだ、それも小さな物らしいと噂をききました。
何らかの情報はあったのでしょうね。それは日本のではなく米国の原爆でした。
一所懸命に生きていた無辜の民は、日本人と言うだけで犠牲になって仕舞ったんです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1593-368f1bd7

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog