2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

春巻きと餃子

 ブログのカテゴリーを見ましたら食品・料理が一番多く驚きました。食いしん坊?意地汚い婆さん?
 ま~それはどうでも良いことですが、世界中で国民が普通に食べていられる国としては日本もその一つです。その食生活の中で、自分の考えで食品を選べると言うのは有難いと思うべきでしょう。

 我が家の食事のメインは朝夜とも日本料理になります。自家製鮨シリーズなんて書いておりますが、頂き物がありますと、また違う味を楽しめます。これは嬉しいことですね。
 お土産は箸休めになるような物が多いのですが、産直の物を頂きますと、何より新鮮、そして珍しい。とてもワクワクします。

 昼食は麺類が多くなっています。時々書の先生から差し入れがあります。
 先日は春巻きを頂きました。8階から出来立てをお持ちになり、熱々のが届きます。同居されているお母様が味に厳しいそうです。

       春巻き

 食べ物のブログで良く見る言葉 旨しとか完食とかありますね。確かに美味しです。この春巻きには数をこなした方の技が出ています。皮の微妙な軽さ 具の調和 中国人らしくと言いましょうか、実に美味しかったですね。
 口に入れるとアフ(熱い)アフ(熱い)と直ぐに口を閉めて噛めません。熱い熱いと声を出しながらやっと落ち着き食べることが出来ました。
 春巻きの餡ですが、干しシイタケを戻したもの、春雨、少しのニラ、豚ひき肉などが入っています。老師の説明によりますと、肉は事前に炒めて置くのがコツだそうです。そうしますと、揚げる時の温度を低くし、ゆっくりと揚げることが出来るそうです。

 餃子は昨日の昼に頂きました。前回と同じく隠元の餃子です。老師はこの季節のニラは美味しくないので、あまり使わないとのことです。

      夏の餃子

 先日ラーパイサイの話をしたからでしょうか。白菜の中国の漬け物も一緒に頂きました。
 夏は辛さが体を刺激すのでしょうね。汗が出ます。

 四川料理の辛さは凄い物もありますが、程良い辛さは夏向きですね。このところチョッと四川料理をと言う気軽に行けるお店がありません。きっと探せばあるのでしょうね。
entry_header

COMMENT

四川料理ってどうしてあんなに辛いのでしょうね
口から火を吹きますよ、水飲んでもどうにも辛いんだから参りましたよ
この時期青こしょうの中辛を良くもらうのですがあれなんか辛いと言っても水飲めば収まりますのでいいんですよ
この位の辛さなら食欲が出ていいのですが口から火を吹くような辛さじゃ料理が分らないですよ

辛くないのを食べましょう

EGUTI YOUSUKE さん  ようこそ
私も四川料理は大好きです。でも四川料理が全部辛いわけではないんですよ。麻辣と言う痺れと辛いとが一緒になると凄いのです。
確かに麻婆豆腐などは店によっては激辛のもありますね。
四川料理の本場は成都と言われていますが、かの地は盆地で湿気が強く、暑い時には発汗作用を促す為に、唐辛子を沢山食べるんだそうです。漢方的な考えがあるようです。
私は神田四川飯店で四川の家庭料理をほぼ10年習いましたが、辛いものは10分の1も無いくらいでしたね。
良くご存知の所謂「お焦げ」鍋巴などは全く辛くありません。
広東料理がどちらかと言えば甘いので、四川料理が流行っているようですね。
若い人などは韓国のキムチの激辛を好むようですが、味ってほどほどが美味しいのでないかしら。

画像で見ても綺麗な春巻ですね!
皮の具合が美しいです。
こんなに美味しそうなのは
料理屋さんでもあまりないかも知れませんね。

同感です

ちゅんごさん  今日は
私もそう思います。大都会ならまだしも、普通の街の中華料理店でもこのように綺麗な皮には先ず会えません。
先生は餃子の茹でる時もお皿を変えて出す位ですから、舌が肥えていると思います。

こんにちわ~♪

写真を見ても
春巻きのパリパリっとした皮が
とても美味しそうです♪
口に入れてアフ(熱い)アフ(熱い)したいです!!
中に入っている餡も最高ですね♪

そうでしょ

マムチさんv-269 今晩は
美味しそうでしょ。パリッとした皮は口がアワアワとなり歯がかみ合わない位でした。
中身の味も申し分ありませんでした。

相子さん、こんばんは

最近揚げものをお料理するのが嫌じゃなくなりました
ならば春巻きも作ってみようかしら
丁度春雨を少し余分に準備したものがありますe-446

お勧めしますよ

Hulaさん お早うございます
自宅で作ると即食べられますから、絶対美味しい筈です。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1603-dd25e872

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog