2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

薩摩藷

 昔太平洋戦争が終わりに近づいていた頃。私は日本に戻り田舎の小学校に転入しました。
 昼食はお弁当を持て行きましたが、クラスの中には蒸した薩摩芋を持って来る子どももいました。
 それでも未だ食糧難の波は押し寄せていませんでした。
 秋になりますと家の周りの落ち葉を集めて燃やします。その燃やす落ち葉の中に薩摩藷を入れます。この大きさが難しいんですよ。大きすぎるとなかなか焼けず、落ち葉焚きは終わって仕舞います。
 小さすぎると、直ぐ焼けますが端は焦げて固くなって炭化して仕舞います。丁度良い大きさの藷があると嬉しかったものです。
 その翌年(昭和18年)食糧自給なのか理由は分かりませんが、校庭に藷畑を作り、農林100号?とか言った増産型の藷を植え、秋には取り入れ、それを5年生、6年生で刻み、干して乾燥藷を作ったのです。
 そろそろ風も冷たくなり、校庭を西風が吹き始めておりました。
 生徒は家から包丁とまな板を持ち、学校に行きます。
 洗った薩摩藷は莚に座った生徒の前に積まれています。生徒は先生の号令で藷を切り始めます。
 まず1センチ5ミリほどの厚さの輪切りに切ります。それをまた拍子切りにして、校庭に広げられた筵の上に広げて乾燥させます。
 蒸して作る今の乾し藷とは違います。1日近い時間を筵の上に座り、只管藷を切ったのです。
 その行き先は知りません。

 住居の一階の小さなスーパー。食品が主体です。8月末に焼き藷の販売が始まりました。早いですね。

         焼き藷

 今日はあの3月11日から1年6カ月が経ちました。福島の薩摩藷は放射能が検出されたと言う情報もあります。誰もが安心して食べたいものですね。
 
 昔 薩摩藷は秋からのお八つの代表です。竈に据えられた釜にふかし藷が並んでいます。田舎の普通の家で藷はそうして子どもの帰りを待っていました。
 やがてそんな自由に食べられるときは直ぐに終わり、お米の変りに配給される主食となって来ました。
 非農家の家では、ご飯は藷にコメ粒が付いたような食事となって来ました。
 大学の女子寮は自炊でしたが、寮の管理人室の前に薩摩藷が10本ほど分けられて置いてあります。
 各自それを自分の部屋に持ち帰り、工夫して食べました。ケーキ?そんなものは贅沢ですよ。お金があればですが、みな口にすることは、先ずありませんでした。

 小学生の頃薩摩藷は青木昆陽が千葉県に広めたと言われており、私もそう思っておりました。ところが諸説あるようですね。
 何れにしましても、薩摩藷は戦後は貴重な食品でした。
entry_header

COMMENT

こんばんは。

ここにお邪魔すると、背筋がぴしりとします。
剣道の面を着けたような緊張感があります。戦前生まれでありながら、だらしない自分を恥じます。
藷、薯が戦後の私たちの腹を満たしていたこと、いつしか忘れていました。
相子さんにはいつもそれでいいのかと、問いかけられているようです。

それにしても今日のお考えには、驚かされました。S国が何故そうなったのかを、勉強しようと思っていた矢先でしたから・・・。

話は戻りますが、私の戦後は馬鈴薯の記憶しかありませんでした。イモにはそれぞれの境遇によって、薯、藷、芋の違いがあるみたいですね。

お恥ずかしい

NANTEI さん お早うございます
何を仰いますか。こちらこそ何時も感動して伺っております。
歳をとって来たせいか、また外に出掛けないせいか、越し方を思う事多くなっております。夢はなかなか語れませんが、経験は何とか思い出して記すことができます。
そんなことです。どうぞまたお見えになってください。

生涯でもっとも記憶に残る食べ物かもしれません。それでともかく一家全員が生き延びることが出来たのですから。
九州ではカライモと言っていました。それが食べられるようになったのは、戦後引き揚げて2年目ぐらいからでしょうか。それまではイモもなくて、食べられる物なら何でも、草でもドングリでも食べていましたから。
配給になった時は嬉しかった。味のない水っぽい農林百号でもご馳走でしたねぇ。

何でも食べられるようになった今でも、週に1回は買っています。もっぱら整腸剤として。なんだか私の生涯の友のような気がする有難い食べ物です。

さつまいも、私の時代でも落ち葉を燃やしては焼き芋にしていましたが、なかなか火が通らないと記憶してます。 当時はごちそうでした。  それにしても、放射能はやっかいですね。 福島だけでなく、茨城や、千葉のさつま芋からでているとか? 色んな情報があります。 なにを信じていいのか? 早く安心してたべるようになって欲しいです。

庶民の味方

直 さん  今日は
薩摩藷は戦後の食糧難時代を経験した人にとっては忘れられない物ですよね。
上京する列車の中でも弁当代わりに持った物です。
いろいろと工夫をして食べましたよ。
それも書きましょう。お待ちください。共通の思い出かも知れません。

安心して食べたいです

ゴルッテリアさんv-269今日は
焼き芋は美味しくてね。昔は冬になりますと都会には出稼ぎの焼き芋屋のリヤカーや三輪車など見えたものです。
今では何処でもこの焼き機が使われておりますね。
産地は表示されていますよ。一応検査は受けているのでしょうが、気にする人も多いと思います。

こんにちは(^^

焼き芋と言えば、学校帰りの道で食べた事を思い出します。
北海道では焼き芋が高くて、1本で800円くらいだったでしょうか。
友達と二人で分け合って食べたものでしたよ。

今は何不自由なく食料が手に入る事、もっと考えなくてはいけませんね。
TV番組等で「食べ放題で何kg食べられるか?」等、見ていると「人間は何の為に命を食べるのか?」不思議に思ってしまいます。

子供に伝えたいです

貴重なお話をありがとうございました!
中国からこのたび帰国して、87歳の祖母宅に
訪問し、子供たちが軍歌CDを聴いて「露営の
歌」をすっかり覚え、インターネットで繰り返
し聴いています。当時の鉄砲を撃っている映像
などが一緒に出るので、戦争のことをいつも
聞かれます。子供達にも、サツマイモのエピソード
話したいです。
食べられることがどんなに大事で素晴らしいのか、
わかってこそ、食べ物の放射能汚染の話も切実に
感じますよね。今、恐ろしいほど食べ物に無関心で、
放射能に限らずとんでもない物をたくさん口にして
います。日々、子供と一緒に考えて改善して行き
たいです。

こんにちは

100号いも 日本国民を飢えから救ったいもですね。
私は、沖縄で「芋の会」に参加しています、今でも会員で沖100号いもを育て、
芋の会の総会の日(5月6日)に試食会を開いています(笑)
その時の私のブログ記事です。 お時間が開くときにでもご覧ください!
http://noriislow.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

丁寧に食べたいです

あひる課長さん  今日は
北海道はそんなに高かったのですか。お腹が空いていると匂いが堪りませんね。
飽食の時代なんて言葉が使われましたが、マスコミが騒ぐだけではないかと思って仕舞いますよ。
世界では未だ食べられない人びとが沢山いますものね。

ようこそ

elioさん  お帰りなさい。
青島で食材の仕事に携わり、ご苦労もあったことでしょう。
お子様方と食に付いて話をされると言うのはとても良いことですね。

教えて頂きました

ノリーダヨさん  ようこそ
沖縄100号という藷があるのですね。
薩摩藷はいろいろ工夫して食べましたが、スープは作らなかったですね。
飢饉を救った甘藷に感謝しなければなりませんね。

食べ物に際立って苦労をしたことのない世代なので、
戦中戦後の食糧難のお話しをうかがう度に、
食べ物を粗末にしているあれやこれやに危機感を抱いています。

賞味期限切れで廃棄される弁当や惣菜の多いこと…
消費者の知恵を骨抜きにしてしまう様々な悪法。
もっと生活の基本を真剣に話し合う場が必要ですね。

本物を食べたい

ちゅんごさん  今日は
美味し物も食べたいと思いますので、時には無駄なお金を使います。ですが基本は良い食生活をしようと考えて過ごしております。
昔の辛かったことを思い出し、少し参考になることがあれば、老人のお役ではないかと思うのです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1614-0a715e92

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog