2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

相子的魯肉

 台湾で食べられている魯肉飯と言う食べ物があります。台湾ではごく普通の食べ物らしく、台湾旅行で食べて来る方も多いようです。作り方はいろいろとあるようですし、また店それぞれの売りの味もあるようです。
 台湾には何回か行きましたが食べたことが無く、実際の味は知りません。
 知人と話をしていて豚の角煮のことから少し違う「ル―ロー」という豚の煮方を教えて頂いた。ル―ローは魯肉と分かり、調べて見ましたが、難しそうです。
 暑い日が続いた8月半ばからこの魯肉作りを始めました。台湾で食べて来た方にお聞きしたり、台北の友人の奥さまのレシピを教えて頂いたりして、昨日は3回目の魯肉を作って見ました。
 前2回は肉の大きさや、作り方も定まらず、美味しいことは美味しのですが、老人向きには今一つです。
 3回目で何とか気にいった相子風味の魯肉を作ることが出来ました。美味しいですよ~~~。
 台湾ではご飯に掛けるようですが、相子風味のは総菜もしくは酒肴と言えそうです。

     ルーロー1  ルーロー2

 相子的魯肉のレシピ 
 
 材料  豚三枚肉  600g
     醤油    100cc
     氷砂糖   100g
     水     250cc
     紹興酒   250cc
     塩     小さじ 1
     ニンニク  皮つきのまま 4,5片

 作り方 
    1 先ず三枚肉を長さ5センチ、幅1センチ5ミリ位に切る。
    2 大きな鍋にお湯を沸かし、切った肉を入れて臭みを取り、
      鍋から取り出します。水分を充分に切ります。 
    3 フライパンに油少々入れて熱くなったら
      皮つきのままのニンニクを入れて良~く炒める。
      色が焦げて来ますと良い香りがして来ます。
    4 そのフライパンに茹でた肉を入れて、良~く炒めます。
      これも香りが出て来るまで確りと炒めます。
    5 圧力鍋に炒めた肉とニンニクを入れる。
      そこに調味料・水・紹興酒を加える。
    6 加熱しますね。
      煮え始めましたら少し火を弱めて20分 火を止めて20分 
      出来上がりました。上の左の物です。
    7 鍋に軽く茹でた鶏卵を入れて一緒に煮込みました。
      これは自己流です。
      右は盛り付けたものです。

 前の経験から 
    最初は肉の大きさが分からず厚過ぎたようです。
    それと圧力鍋ではなく、弱火で煮込みました。 
    出来立ては良かったのですが、冷めると硬くなって仕舞います。
    2回目は炒めて調味料などを入れて少し煮込み、
    それから圧力釜で煮込みました。
    これも自分では面白くありません。

     筍・こんにゃく煮  豚バラ肉と卵

 左の煮物は1回目の時、肉を取り出し筍と蒟蒻を煮込みました。右のは2回目のです。
 この煮汁は取り置き、次回の時に加えると一層味が良くなると思いました。台湾では調味料を継ぎ足しながら作る店も多いようですし、中にはその長さを売りにしている店もあるようです。
entry_header

COMMENT

台湾に行くと食べますねルーロ-ハン(漢字に変換できないのですみません) 美味しいので好きですよ
中国では食べた事が無いですね
日本ではチャ-シュ-丼ってのが近いかな

でも相子さんは凄いもんですね、チャイナドレスの専門家だけじゃなくてこれは中華料理の専門家にもなれそうですよ 近所ならば酒もってお邪魔したいですよ

チョッと遠いですね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
私は食べたことがありませんが、多分醤油が違いますから、その辺は気になります。
中国でも台湾料理店では食べられると思いますよ。
中国の東坡肉と言われる、角煮に似たものはもっと柔らかいし、シッポクの角煮もまた違いますね。
両方とも高級料理ですよね。
これは庶民の味と言うことでしょう。
最近は家にいますので、食に関する物がどうも多くなって来ております。

流石、相子流魯肉を完成させたのですね!!
3回もチャレンジする所が、相子さんの根性を感じます。
台湾で3回食べましたが、みんな違う味でしたので、魯肉の正解は、美味ければ正解だと思います。

良かった

彦次郎さん   あなたの台湾旅行もとても参考になりましたよ。有難うございました。
この皮つきのニンニクが良い味の決め手かも知れません。
今度他の料理にも応用して見たいと思っております。

おいしそうですね。気に入るまで何度でも挑戦するところが本当に凄いと思います。
私の作るものはあまりおいしくありません。
それで食べる前に「わおいしー」と声をあげます。少しおいしくなる気がします。
いつまでも料理下手はそのせいかもしれません。

楽しいですよ

ofuji さんv-67今晩は
自分で言うのもおかしいですが美味しかったですよ。
余りニンニクの好きでない夫も凄く気に入り、何回でも食べております。
お料理は雑念が何処かに行ってしまい、集中できるのが良いですよ。

魯肉って字からすると、魚を想像しちゃいますね。 煮込むという意味だったのですね。 台湾に行ったときには、屋台や食堂みたいなところには何度も行きましたが、魯肉って食べたか記憶がありません。 なんせ、漢字だけで想像して頼んでいただけでした。

何処かで食べてみて

ゴルッテリア さんv-269今日は
それは残念でしたね。最近は台湾料理のお店もあると思いますから、そこで食べられると思います。ご飯に掛けてあるそうです。
これは自家製ですが、とても美味しくて時々作りたくなるでしょう。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1618-c252e5f0

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog