2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

一票の格差

 政治が身近なことだと感じることが屡あります。
 政治家を選ぶ選挙の度に納得行かない気持ちを持っています。
 特に小選挙区制が施行された後は尚強く感じておりました。
 今回一票の格差是正を求めていた裁判で違憲と言う判決、また先の12月の衆議員選挙の無効と言う判決もありました。

    朝食3月26日  朝食3月27日

 元々私は小選挙区制に疑問があり、国の政治が真の国民の声を反映出来ているのかと思っております。
 今回の全国の高裁での判決は違憲と言う判決です。

 自分の票はどれ位なのかと調べて見ました。
 私の住む選挙区では衆議院議員選挙では0.52票 参議院議員選挙では0.29票です。
 ここで自分の票数を見ることが出来ます。
 どう言う考えであっても一票の内容を知って置くことは大事なことではないかとお婆さんは思うのです。
entry_header

COMMENT

選挙

相子様
おはよう御座います。

一票の格差については論議が盛んに行われ違憲判決まで出ましたね。
でもこれは本当に真面目に政治を考えている人の話で選挙に無関心、
投票にも行ったことがないという人も多数います。このような人達
をなんとか選挙にいかせることの方が重要なことだと思われます。
選挙権獲得のために内乱まで起こし沢山の方々が亡くなっている国
まであるのに選挙に行かないのは違憲以下の問題外です。

愛新覚羅

安穏と過ごして

aishinkakura さん  お早うございます
日本は緊張感を持たなくても過ごせるような感じで生きている人も多いと思いますね。
政治が生活と関連しているとは思わずに暮らしている人も多いと思います。
選管が声を張り上げても投票に行かない人は切羽詰まってから、気がつくかも知れません。

同感です
現職の議員では改定出来ないですから、第3者委員会見たいのものを作って改定しなければ駄目ですよ
政党交付金も現在のような事をしてるのに必要なのって
気にもなりますよ
各業種の代表のような議員はねえ~
理想を言えばきりがないですがもう少しなんとかならんかな

一票の格差は違憲だと解っていても、選挙が出来てしまう政治家の倫理観と、違憲としながらも、選挙は有効とする裁判所が多いという論理、 全く納得が行きません。 
小選挙区、比例代表も納得できません。 小選挙区で落選しても比例で当選するって、まるで、国民を無視しすぎています。 しかも比例で当選した人は簡単に党を裏切って離党してしまうこの仕組みは変です。 (怒)

もう全くと言いたいです

EGUTI YOUSUKE さん  今晩は
本当に何とかして~と怒鳴りたくなります。
改革が難しいからと逃げていられる時代ではなくなっていますね。
苦しい時代だからこそ皆が政治の質を問い始めています。
国政と利益誘導型の違いを国民も考えることが必要になっていますね。

早く改革をすべきです

ゴルッテリアさんv-269今晩は
やりましょうとお互いが声を合わせて解散し、そして誰の所為かなどと言いあっていることに呆れて仕舞います。
仰る通り、小選挙区で落選して比例で出るなんて国民をばかにしておりますよ。

こんいちは。
国民主権といいますが
これでは本当の国民主権はくるのかと思います。
私は今後世代間の格差をどうするかを考えないといけないと思います。
高齢者の票が多ければその票に迎合して人数の少ない若者にしわよせがいくからです。私は若者ではないけれども国の発展を考えるにはしっかりとした国家感で未来を描けないといけないと思います。

将来への国家観

あかちんさん  お早うございます
昨夜のNHKBS歴史館で天明の飢饉を取り挙げていましたが、白河藩主松平定信の政治によって白河では餓死者は一人もなかったと言う内容でした。
それは民が栄えなければ城は栄ないと言う政治理念のとも言える覚悟でした。
果して今政治家にそのような信念を持ち政治家になっている人がいましょうか。
藩主と言う背景があってこそ出来た言うことも出て来ましたが、基本的には民の繁栄が大事です。
万民の為の政治を目指す。日本では将来このように考える政治へと向かって欲しいです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1739-147d20a4

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog