2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

新学年始まり

 日本の学校制度では4月から新学年が始まりますね。昔は入学式は4月1日に決っていたと思います。
 最近はどうでしょうか。
 チビ孫の通う小学校は県下一のマンモス校とか。卒業式も卒業生を5年生だけで送ったと言うことです。
 何だか寂しいですね。学校行事の中でも記念に残る行事だと思うのですがね。
 昨日の街の風景では入学式に出掛けたらしい、親子連れを見かけませんでした。

 私は1938年(昭和13年)に房総半島の南、今は館山市の北条小学校に入学しました。
 幼稚園に3年10ヶ月も通った後ですから、集団生活への不安などは全く無かったような気がしております。
 入学式の日 校庭で国旗掲揚があり、私はもう一人の子どもと一緒に国旗掲揚の紐を引きました。
 その学校には今は甥の子どもが通っています。

 教室は木造でしたね。多分今は立派な建物になっていることでしょう。
 最近は子どもの入学につき物のランドセルは秋には売りだされますね。私の子どもの時にはランドセルの子どももいましたが、肩に掛ける鞄の子どももおりました。
 小学校に入るとなると学用品を用意しますね。
 印象に残っているのは、石盤です。
 国語の時間は最初から暫らくは石盤と言う板に字を書き、書いては拭き消し、書いては拭き消しということになっていました。石盤に石筆という蝋石を細く削り鉛筆状にした筆記具で字を書きます。石筆は硬くてね字が綺麗には書けないのです。

      石盤

 この石盤にカタカナで字を書きます。日本は未だ貧乏だったのですね。紙を使わずに練習をしたのが数カ月ありました。今は平仮名からですが、私の時はカタカナから始めたのです。
 この小学校には一学期だけ在学し、その後転校をしましたが、女学校でこの小学校の同級生と再会しました。
entry_header

COMMENT

9月入学(?)

あい子さん
懐かしいですね、小学校入学の想い出!
小生の場合は、国民学校2年の時に終戦を迎えました。
その前に、米軍空襲を恐れて学童疎開するため、
大阪の国民学校から徳島の学校へ転校しました。
しかし、転校後直ぐに空襲に遭いました。
想い出が皆無に小学校入学でした。
これからはグローバル化の時代、大学はもちろん、
将来は小学校の9月入学もあり得るのでしょうか?

知りませんでした

相子様
おはよう御座います。

私も結構年配者になってきましたが石磐は知りませんでした。
私は団塊の世代で東京の小学校ではそうでもありませんでした
が埼玉県草加市の中学は1クラス60人、で15クラス、つまり
同学年は900人もいました。
日本中このような状況だったでしょうから文房具屋も商売に
なったでしょう。今はあまり文房具屋をみなくなりました。

愛新覚羅

おはようございます。 入学式の季節ですね。 
昔は平仮名より先にカタカナを習うというのに、驚きました。 昨日たまたま古本屋で古い書籍を見ていたのですが、カタカナが多くて読んでも意味がほとんど解りませんでした。 時代で言葉も変わったということなのでしょうか? 

相子さん、おはようございます
昨夜お伺いさせていただきましたが、
昨夜は遅かったので、記事だけ遡って拝見させていただきました
お伺いしたいな~と思いながら、凹んでいた時期でしてなかなかお訪ねできませんでした
穏やかに、一定のリズムを保って素敵にお過ごしになっていらっしゃる相子さんの生き方に、
この度あらため感銘を受けました
ありがとうございました
またお尋ねさせていただきます

難しい問題

ワールド・トラベラー(高) さん  お早うございます
グローバル化と言うことで、大学での9月入学は検討されているようですが、なかなか難しい問題があるようで、進捗していない感じですね。
小学校までの移行は難しいでしょうね。大きな転換ですし社会の構造にも関係するのではないかと、私は思って仕舞います。

知っている人は滅多にいませんでしょ

aishinkakuraさん  お早うございます
ご存じない方が普通だと思います。
75年も前のことでですからね。
草加は都市化と人口流入で大規模校になっていたのでしょう。
娘の通った高砂小学校は、増設が続き、大変でした。

分かりませんか

ゴルッテリアさんv-269お早うございます
カタカナは昔の公文書では使われていました。憲法をはじめ法律は漢字とカタカナでした。
今は平仮名になっているのが普通ですね。
私の世代では旧仮名、旧漢字を知っております。ですから中国語の簡体字と違う繁体字は中国の普通の人よりは分かります。

ようこそ

Hulaさん  お久しぶりです
いろいろと愉しんでいられるご様子.。
凹むことは誰でもありますよ。時間を待ち楽しく過ごされて下さい。
ぜひまたお越しください。

こんにちは。

最近では入学式も日にちがまちまちになりましたね。
毎年桜の季節は市川真間川の桜を愛でるのですが、どういうわけか小学校の入学式に遭遇していました。桜の下で記念写真を撮る多くの家族の姿。それを撮るのも楽しみでした。
今年は異常な早咲きでタイミングを失してしまいましたが、入学式と桜は関東より南ではなくてはならない光景でしょうね。
私は小学校の入学式については、殆んど記憶にないのです。他分それは両親がすでに他界していた所為もあるのかなあ、と思っていますがともかく小学校での記憶が少なすぎるというのが不思議です。

館山の小学校に甥御さんのお子さんが?
それはまた感慨もひとしおのことと思います。

石盤、珍しいですね!

石盤でご勉強!うぇー、古い話ですね!何時頃の話かな~、何?81歳のおばあさん?え!私と同級生…。
その後、あい子さんは頭脳優秀でブログその他でも大活躍。どうも失礼申し上げました。

そうですよね4/1が入学式でしたよ
田舎ではまだ幼稚園に通う子供が少なくて小学校入学が始めての集団生活って子供多かったですよ
ですから母親が毎日送ってきて泣きじゃくる子供を学校において帰って行くのを子供が追いかけてたの鮮明に覚えてますよ。まあ山の中の子供でしたが 後2年生の頃かな市町村合併が有りましてクラスメ-トと別れたこともね

卒業生を5年生だけで送るなんて考えられないですよ時代なんですかね
石盤は知らなかったですよ また良くとって有りますね
最初の国語の教科書はなんだったか思い出せないですよ

お孫さんが通う学校がマンモスといことは、街は賑やかなんでしょうね

我が島は、子供が通ってる時はマンモスでしたが今は半分になってます。
しかも、世の中に危険な事が多いので学校も扉が付いて、一般の人が入れ
ないようになりました。
ちょっと寂しいような気がします。

石版って全く見た事も、聞いた事も無かったですよ
そんな時代を経て、今なんですね

学校より好きな何か

NANTEI さん  今日は
桜と入学式は南の方では関係が深いですね。記念写真も桜の下でと言うのが多いですね。今年は意外でしたね。
NANTEIさんの頃は戦後の混乱期では無かったのでは?
それとも夢中になることがあったのでは?

同学です

いさむちゃん   今日は
75年位前ですよ。そうです81歳です。あなたも生まれていたはず。
青島の学校はモダンですから、使わなかったのかも知れませんね。

国語教科書はサイタ サイタ サクラガサイタ です

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
北条小学校では泣く子はいませんでしたね。入学式に女の先生は袴を付けた先生もいましたよ。
石盤は宮城県の旧登米高等尋常小学校を見学した時に写して来たのです。

増えたり減ったりです

メタボ夫婦さん  今日は
以前はここも新開地でしたから、30年前は子どもも沢山いました。それが減って来たのですが、新たに駅周辺にマンションが建ち、それでまた子どもが急増し、マンモス校になったのです。ですから特に賑やかになった訳ではないのです。
此方も門の開閉は厳しく管理されていますよ。何だかさびしく感じますね。

相子さんこんにちわ^^

平仮名はなかったとゆうことですか?
それとも最後に習ったのですか?
気になります。

お寿司のフォルダすごいです!
整理整頓がお上手そうです。
すごい!ほんとぜんぶ素敵なお寿司!
寿司ネタの盛り合わせとかあったら最高ですねー

カタカナは重要です

BOO子さん  今日は
平仮名も勿論ありました。学校では先ずカタカナから習い、次に平仮名それから漢字となります。ですから平仮名を習い始めますと漢字が入って来ます。
今は外来語にカタカナを使いますが、本来は日本の国語なんです。
日本ではカタカナで外来語と分かりますが、中国ではカタカナが無く全部漢字に直しますから、これは大変です。

お鮨の盛り合わせが出来ると本当に良いです。来客の時にでも握れば良いのですがね。

石盤ときいて思い出すのは赤毛のアンがギルバートの頭をたたき石盤をわってしまったということ。でもどのようなものかは今はじめて知りました。
カタカナにはあまり馴染みがありません。うるおいのない文字ですね。それに比べて平仮名のなんて綺麗なこと。縦に少し崩して書かれた文字の美しい流れに惚れ惚れします。
悪筆の私はいつも憧れます。

百聞は一見に如かず

ofujisanさん  今晩は
石盤を初めて目にしたとはそれは良かったです。化石のような存在ですね。
確かにカタカナは硬く見えますし、平仮名は崩して書くととても綺麗に見えます。
私も美しく書きたいですが、難しいですね。

先日はありがとうございました。

おはようございます。
先日は動画の情報をありがとうございました。
当時の官邸側の動きも東電側の動きも100%公開されていないので、推測の部分がまだありますが、しかし初動判断の遅れが大事を招いてしまったことは間違いないと思います。
私は3月10日に日本を発って、こちらに到着して間もなく日本の大事件を知りました。当初から専門家はメルトダウンを警戒して、軍がホウ酸を日本へ運ぶ準備をしていると云う報道が流れていましたが、それも途中で立ち消え。爆発が起きた日までの経過を記録を基に知りたく思いますが、政府側の会議記録は無いと云う話ですね。
石盤の事は小説や歴史の中で見聞きするだけ、まだ本物は見たことがありません。紙を使うよりずっとエコですが、教室で漢字の練習などに使う改善版石盤のようなものがあると切り倒される山の木も減るので一考の価値有りかもですね。

小学校の入学式を覚えているなんてすごいですね。

ガーナの地方では、ノートを買えなくて石版ではないですが、小さい黒板を使っているところもあるそうです。
それよりも、嵐などで校舎が壊れて教室が無く、木の下で勉強していて、暑さや雨で子供達が危険にさらされているというニュースを今日やっていました。石油が出て、経済は発展しているらしいのですが、まだまだ貧しい国です。

情報はいろいろですね

yokoblueplanet さん  お早うございます
私もあの対談を聞いて初期始動の遅れが重大な結果に繋がったと思いましたが、ある程度は言わない部分があるだろうと思いました。
毛筆で漢字を書くのに、水板と言うのを使ったこともあります。筆に水を含ませて書きますと、字が浮き出ます。それが自然に消えて、また書きます。今もあるようですよ。

覚えることが少なかったでは

daniel mama さん  お早うございます
小さい黒板ですか。これも良いですが、
貧しさは難しい問題を抱えて大変ですね。
子どもの頃のことは割合覚えているのですが、年齢が高まるに連れて不思議に覚えていないことが多いのですね。

こんにちわ~♪

もう東京・下町には
マンモス校の学校はあまり見なくなりました!!
私の時代にくらべ
半分位のクラスに減ったようです。。
やはり子供達が年々減っているので仕方ないですが・・

>GABAN味付塩コショー 燻製風味ですが・・
小さなスーパーでは手に入りにくいようで
比較的イトーヨーカドーには、置いてある確率が高いようです!!

こんにちは。
いつもお元気で、日々心豊かに暮らしていらっしゃるご様子で、
感心しながら最近の記事を読ませていただきました。

少子化の一方で、お孫さんが通う学校のようなマンモス校もあるのですね。
最も最近はどんどん統合されているので、
残った小学校は人数が多くなっているのでしょうか。
卒業生はやはり全校生徒で送り出したいですね。

相子さんが通われた小学校の話。
うちの両親もこうして勉強してきたんだろうなと思いながら読みました。
今や小学生も携帯を持ち、調べ物はパソコンで行う時代。
本当に時代は変わったなとつくづく思います。
そうそう、私が小学校の頃は、ガリ版で手書きの新聞やお知らせなどを
一枚一枚刷っていましたよ。なんだか懐かしいな。

それでも子どもはやがて減って行きます

マムチさん  今日は
都心には子どもが少なくなって、新宿でも廃校になった学校もあるようですが、東京圏の市では増えている所が多いようですね。
塩胡椒のこと有難うございます。

謄写版懐かしいです

おばんですさん  今日は
そうですね。統廃合などいろいろと起きますね。
今は小学生から、PCに馴染み、全てが隔世の感がありますね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1743-d5ed4a62

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog