2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

房州枇杷

 千葉県は面積が大きな県です。房総半島と言いますが、南の方は昔は房州と呼ばれ、何かと房州物は高く評価されています。アワビ然り、秋刀魚然り、蚕豆然り、団扇しかり。最近は人の口に上りませんが房州枇杷もその一つです。お鮨なども有名ですが、加工してない海産物、農産物は本場ものが幅を利かせますね。

 1944年(昭和19年)4月 千葉県は館山の女学校に入学しました。その時クラスに富浦町南無谷から入学して来た方がおりました。
 入学して間もない6月でしたね。制服が白になっていたような気がしますから。彼女が「家に枇杷を食べに来ない?」と声を掛けて下さいました。
 日本に帰って来てから、祖父母ではどこにも連れて行って貰えませんので、喜んで行きました。
 彼女の家の枇杷山は広く、二人は好きなように木を選び、登り、新聞紙の袋を被った枇杷をもぎ取り、食べました。その美味しさは格別でしたね。もぎたてですからね。沢山口にし、お土産も両手で持てるだけ頂き、帰宅しました。私の耳は枇杷ときけば南無谷~と聞こえます。
 6月は房州の枇杷の出荷期です。千葉県のHPには皇室に献上するという紹介があります。以下のゴジックは今年の記事です。

 全国的な名声を誇る房州びわ。初夏の訪れとともに本格的な出荷が始まりました。
 房州の特産品として栽培の歴史は古く、250年以上前にさかのぼります。
 また、房州びわは、明治42年以来、皇室へ献上が続けられており、本年も、びわ生産者で組織する房州枇杷組合 連合会が、出荷最盛期の6月15日(水曜日)に皇室への献上を行い、旬の味を御賞味いただく予定です。
.
 1.献上の歴史

 本県におけるびわの栽培は、宝暦元年(1751年)に始められたといわれており、およそ250年の歴史を有しています。
 皇室への献上は、明治42年(1909年)6月20日に安房郡富浦町南無谷(なむや) (現南房総市富浦町南無谷)木村兼吉(きむらかねきち)によって始められ、以来、第二次世界大戦中の一時期を除き今日まで続けられ、今年で102周年を迎えます。(献上98回目。中断4回)
今年は、6月14日(火曜日)に選果式を行い、翌15日(水曜日)に皇室へ献上し、旬の味を御賞味いただくとともに、本県産びわの名声を高めることとしております。


 今年も6月17日に我が家にも枇杷が届きました。枇杷は新鮮さが一番です。冷やし過ぎないようにして頂きます。

         房州びわ

 JR房総西線で富浦の辺りに列車が通過する時、線路の傍の小高い枇杷山が見えて来ます。季節によりますが、袋を被せられた枇杷が葉の間から見られます。昔は新聞紙でしたが、今はどう言うような栽培法なんでしょうね。
 高齢になりますと良く見た風景も段々風化して来ております。こう言う頂き物が届きますと、とても嬉しく有難く感慨一入となりますね。
entry_header

COMMENT

房州びわですか!

高価なものですね@@。

家内はこの時期になると、
毎年溜息をついております。

私は聞こえないふりをしてます(笑。

なんでもその一箱で4000円以上とか。
羨ましいかぎりです。

頂くから食べられるのです

NANTEI さん   今日は
済みません。私は毎年房州の方からの貰いもので口します。自分では買いません。
4000円もするのですか。この辺では是より小ぶりのが1200円位ですよ。でも買いませんけれど。

こんにちは。

さすが! キレイに揃った枇杷えすねぇ v-220v-17

肌が綺麗です

ボス。さん   今晩は
新しいので、皮に産毛が生えているような柔らかい感じがします。

この辺でも枇杷は育つのですが、この様な実にはならないですね
又枇杷って食べた後実を土に中に埋めておきますと結構発芽するんですよ 木は大きくなるんです実がね・・・

EGUTIさんちの庭で生えますか

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
木が生えても実は駄目ですか。
枇杷って産地が限られているようですね。
長崎の茂木枇杷が有名ですが、この辺に来ますと、もう日が経っていますので、肌の水分が少なくなっていますね。買ったことはありませんがね。

丸々とした立派な枇杷ですね。
甘いんだろうなぁ~

我が家も長崎から茂木の枇杷を送ってくれるので、
スーパーでは買いません。

新鮮さが大事

ちゅんごさん  お早うございます
茂木枇杷も有名ですね。チョッと細めの優しい形ですね。
お宅もスーパーでは買いませんか。そうでしょうね。

誰も食べない!

こんにちは。
カリフォルニアには琵琶の木が植えられているお庭が結構あるのですが、実を食べるヒトはほとんどいないのです!
モッタイナイ、と思うのですが、肥料などあげていないので,実自体は果肉部分が少なくあまり食べ甲斐がありません。ちょっと残念な状況です。
東洋から来たものでここの気候に合っている柿の木も多いです,庭に。良く実がなりますよ。20年位前からは,日本の梨が果樹園で栽培されてマーケットに出るようになってます。

目を引かないんですかね

yokoblueplanet さん  今日は
それは勿体ないですね。枇杷って施肥をしなくても、完熟すると甘いと思うのですけれどね。
カリフォルニアは果物が豊富でしょうから、関心を持たれないんでしょうかね。
柿はカキと呼ぶと聞いたことがありますが、どうですか。

Persimmon

こんにちは。
ほとんどの場合,柿は「パースィモン」ですが、日本の富有柿などは、FUYUとして出ています。ハチヤもローマ字でそのままだったと。
梨では20世紀がそのまま "20th Century" です。

お返事恐縮です

yokoblueplanetさん   今日は
そうですか。有難うございます。
そう言えば日本ではゴルフのクラブでヘッドのところがパーシモンが良いなどと聞きますね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1802-a4031c1a

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog