2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

しのべ

 昨日の午後妹が姪と一緒に来ました。
 妹は元気者です。千葉市に住んでいますが、毎月何回も房州と行き来しています。
 
 姪は公務員ですが、有給が取れたと一緒に来ました。姪とは久しぶりです。
 あの3月11日の日は職場で子どもたちを背負い、胸に抱き避難をし、頑張りました。

 チビ孫の優勝を喜んで呉れましたよ。「家の家系ではないわね」と私たちと同様に思っていたようです。

 房総半島に行きますと、竹林が良く目に付きます。竹の秋と言いますね。この季節葉が枯れているのも良く見られます。
 南の方では有名な房州うちわの産地があります。団扇の柄が丸いのです。あの竹は女竹と言う竹を使うのだそうです。

 妹の家の周りには通称しのべという竹が沢山生えているそうです。筍は掘りたてが美味しいと、それを沢山持って来て呉れました。
 父方の祖父の家の裏にも生えておりましたが、そう沢山は出て来ませんでした。数回味噌汁で食べるだけでしたね。
 昨日はこれだけ剥くのは大変だったと思います。保存は生のまま冷凍出来ると言うので、夕食後切り分けました。

      筍1  筍2

 元の固い部分を切り捨て、煮物用と、メンマにする細切りとに切り分けました。
 取り出し易いように分けて包装し、冷凍庫に収めました。

 メンマもどきですが、茹で筍を細切りにして、炒めると結構美味しく食べられます。この細切りはこれから楽しみです。

 
entry_header

COMMENT

しのべ、以前一度いただいた事あります。
仰る通り剥くのがタイヘンだったのを思い出しました(笑)

大変ですよね

まときち さん  今日は
そうでしょうね。妹も年に一回だからと言っておりました。
これは家の分だけですから、もっと剥いたでしょう。

相子さま^^

おはようございます^^

うちの実家でも、細い柔らかな筍を食べます。
先の柔らかいところが大好き^^
美味しいですね。。。

めんま・・・美味しそうですね~^^
作った事がありませんので、記事アップされるのを楽しみにしておりますね♪

素敵な一日を・・・v-238

しのべでは初めてです

Paganini さん  お早うございます
このような筍は孟宗竹と違い野趣があって美味しですね。
メンマは茹で筍を縦切りにして、鶏油と言うので炒め、醤油で薄く味付けします。
しのべは茹でなくて済むので、そのまま炒めて味付けるだけで出来ると思います。

こんにちは(^^

お、姫竹ですね♪
地元・北海道にいた頃はよく食べましたよ(^^
身欠きニシンと一緒に煮物にしたものが、僕は大好きでした♪
細切り、かき揚げなんかにしても美味しそうですね(^^

いろいろと試してみたい

あひる課長さん  今日は
北海道でも出るんですね。
キンピラも出来そうですね。
みがきニシンは高級品ですよ。さぞ美味しかったでしょう。

房総うちわ、素敵ですね。最近はプラスチックの柄に広告の印刷された物しか目にしていないように思います。細い竹の柄に、綺麗な絵の描かれた物は大切に何年も使いたい気持になりますね。

良いでしょ

ofujisan さん   今日は
この団扇は長く使えましたから、房州の普通の家ではこれを使っていましたよ。
柄は手に当りも柔らかく良いです。
今のプラスチックのは情緒がないですね。

しのべって竹ですか 始めて聞いた名前ですよ
篠笛作る竹と同じかな
根曲がり竹よりは筍が大きそうだからたぶんこの辺で呼ぶ篠竹かな

賄で出ませんか

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
そうです。言い方が違うのですね。
この呼び方をする地方は結構あるようです。

こんにちは。

私のほうが、知らないことばかりで・・・

女竹、しのべ竹、初めて聞く呼び方ですし、房州うちわの材料となっていること、
恥ずかしながら今知った次第です。

生のまま冷凍できるのですか?!
聞いておけばよかったです。。。

相子さんの作るメンマ、さぞ本格的かと期待大です。
半面、いいかげんなメンマをお見せして、
ほんとうに恥ずかしいことでした!

大したことないです

NANTEIさん   今晩は
房州うちわは持ち易くて好きな団扇です。
館山の人はうちわと言えば、これしか知りませんでした。
私のメンマは炒めるのに鶏油を使うって事だけが普通と違うんだと思います。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1804-ad39c3f1

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog