2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

東京空襲に遭う

 毎週月曜日は整体を受けに行きます。
 24日の帰り、暑かったですね。バス停に数人の方が立っています。
 私の後ろに立った女性(A)が私(B)に話し掛けて来ました。

 A 暑いですね。最近は暑くなっていません?
 
 B そうですね。昔は東京もこんなに暑くは無かったような気がしますね。
 
 A 奥さま東京に住んでいたのですか
 
 B ええ 戦後間もなくからですよ
 
 A 私ね 空襲に遭ったのですよ。あの東京大空襲よ。
 
 B 知っていますよ。3月10日のね。
 
 A あれは下町でしたでしでしょ。その次の5月のですよ。焼け出されて新宿御苑に4日位野宿しましてね。
  父が大八車を探して来てね、弟と私を載せてね、川崎まで引っ張って行きましたのよ。
  多分父は40歳台だったと思うの、偉いな~と思うのよ。
  もう戦争の話を聞いて呉れる人がいなくてね。でも話をしないといけないと思っているのですよ。
 
 B 3月の空襲の時 私は100㌔先から東京を眺めたのですがね。大きな火の塊が見え、火の粉まで見えるような感じでしたよ。それから艦砲射撃も受けましてね。その射撃の凄まじさはバリバリと破片が落ちて来るのですよ。恐ろしくてね。P51の艦載機に狙われて命拾いをしたり、色々とありますよ。
 
 A もうあの戦争を経験した人は少なくなっていましょ。
 
 B 昨日の都議選は自民が圧勝しましたね。投票率が低かったのでね。
 
 A そうなんですね。私は選挙には必ず行きますよ。今日は奥さまにお会い出来て良かったわ。

 私が下車するまで二人の会話は忙しく色々と交錯しました。ご婦人も誰かに経験を話したかったのだと思いますね。
 また街で会いましたらきっと声を掛けて下さると思っています。思いは同じですね。

        朝食6月24日

 あの大空襲の夜 東京の方を見ますと、空に大きな大きな火の山が見えます。
 100㌔も離れているのに、空に火の粉が飛び散っているように見えるのです。
 10日の深夜に空襲があり、その日の夕方 館山の駅に到着した列車から次々に降りて来た人々の姿は忘れられません。火を潜り、灰を被り、顔や手足は煤けています。皆さん防空頭巾を肩に背負い、疲れ果てた様子に見えます。
 
entry_header

COMMENT

憎らしい戦争。

同じような怖い思い出があったのですね。私は青島にいて知りませんでしたが、国内は空襲で大変でしたね。沖縄もひどい目にあっているのに、戦争指導者は天皇のことしか考えていなかったのかと、不思議に思います。

良いことなし

いさむちゃん  今日は
戦争は何も良いことはないですね。
国民は国のため、天皇のためと言われてそれに従っていました。
不思議に思うのですが、様々な標語です。
一億玉砕なんて、国民が全部居なくなって、天皇だけが残るって言う話になりますわね。
負けを転戦なんて良い言葉ですね。
忘れないですよ。あの戦争のことはね。

ボクのご近所にも戦争の経験者の方がまだいてくれてます。
ご近所の集会などでしか顔を合わさないですが、ボクはいつも戦争時ん話を聞かせていただいてます。
友人の祖父は海軍で戦艦の沈没に合いながらも生き残り、自費出版で「逆巻く怒涛を乗り越えて」と言う本を作りました。
その本は身近な方の迫りくる恐怖と、病気や飢えなど詳細に書かれてました。

戦争は無い方がいい。
でも戦争で何があったかをしっかりしておきたいと考えてます。

ありがとう。

こんにちは。
貴重はお話をありがとうございます。
昔恩師が,大八車の話をしていました。空襲から逃れるためにご主人が学生の手も借りて、大八車を引いて避難したそうです。
軍産複合体は10年も経てば「商品」の棚卸しをしなければならないので、定期的に戦争を起こす必要があるのですよね。理由は何とでもつけられるでしょうし、その悪例はしっかり目の前に出されています。愛国心を悪用して人殺しをさせる、恐ろしい悪があるものです。

戦争は無残です

まときち さん  今日は
実戦を体験した人は本当に少なくなっています。
多くの人がどれほど苦しみ、命を落としたか、敵味方合わせて膨大な人数になります。
世界の国では色々な紛争が起こっていますが、国内問題でも大変ですよね。
世界が平和であって欲しいです。

恐ろしいです

yokoblueplanet さん  今日は
昔から軍需産業のために戦争を起こすとか、言われておりましたね。
そう言う事態にならないように国民も考えなければなりませんね。
国を動かすのは政治家に託している国民なんですが、それが偏って仕舞っていますね。
託している国民が置き去りにされていませんかしら。
都議選では行くまでもない。果は分かっているし。と、どうでも良いと言う姿がTVでも流されました。

こんばんは。

その空襲の日、母は中国にいたそうです。
空襲の事を知った時、渋谷にいる家族の事を考えて、何日も眠れなかったと。。。

渋谷の家は、焼けずに残ったんですが、町内の方は何人も亡くなったと。。

戦争の事、震災の事、、、
忘れてはいけないです v-237

こんばんは。
戦争をしてはだめですね。
そのための努力はたくさんしないといけないと思います。今度の選挙、投票するところがないと言う方多いですよね。でも投票する人を育てるくらいの気位がないとへんな方向に進んでしまうかも知れません。
お米のご依頼ありがとうございます。
梅雨の晴れ間を見て送らせていただきます。

心配だったでしょうね

ボス。さん  今晩は
5月の空襲は新宿や渋谷、池袋などを焼いたのですね。
その頃私の両親は中国にいました。空襲で逃げる時、この先どうなるかと不安で成りませんでした。
戦後の東京の街は焼け野原のようでしたよ。こう言うことは皆に知って欲しいことです。

関心を持って欲しいです

あかちんさん  今晩は
投票に行かなかった理由ですが、テレビの街頭インタビューで、どうせ結果が分かっているからとか、入れたい政党がないからとか、消極的な態度の方が結構いるのです。
人任せでも問題なく、大丈夫だと、誰も保証していないんですよね。

相子さま^^
おはようございます^^

戦争はあってはいけませんね。。。
何も良い事をもたらしません。

悲しみだけが残ります。。。

目を向けて行きましょう

Paganiniさん   お早うございます
戦争は駄目です。もし起こればその悲惨さは想像を絶することになりましょう。
庶民は望んではいません。

空襲

相子様
おはよう御座います。

貴重なお話をありがとう御座います。
こうやってブログに残すのもいいですね。
ひろく皆様に読んで戴けますので。
空襲は大都会だけかと思っていたら地方でも
あったようですね。
なぜそうなる前にやめられなかったのか
悔やまれます。

愛新覚羅

数限りなくです

aishinkakura さん   今日は
空襲は大都会だけではなく、全国至る所が被害を受けています。
B29による空襲だけではなく、空母から飛び立つ戦闘機も7月頃は毎日飛んで来ました。
と言うことは日本の周辺に空母を含む船団が来ていたと言うことです。
敵が上陸して来たら、竹槍で向かうとか、地雷を背負い戦車に飛びこむなんて、教師に言われていたのですよ。
昨夜の八重の桜のように、武器の違いが歴然としていたのです。

水戸も日立も

再度こんにちは。
水戸のカトリック教会の神父さまのお話ですが、終戦間近に水戸も日立も空襲と艦砲射撃で焼け野原になり、水戸はカトリック教会だけが残っていたそうです。
今の様子からは想像するのが難しいですが、できれば、機会ある毎に戦争の記憶を語って頂けると嬉しいです。
伯父は19歳で徴兵されて、戦地の内実が内地に知れると困ると云う事で兵士は転戦,転戦を繰り返させられたとの事でした。伯父は中国から南方へ送られ、最後は司令部がサッサと逃げた後、他の兵士とインパールに置き去りにされたそうです。地元の方々が助けて下さったそうで,無事帰国し、戦後、助けて下さった方々やその子孫との交流が続いていました。
司令部に関する話は,まるで今の原発政策の話を聞いているように行き当たりばったり、無責任極まりない内容が多いです。そんな指導部のために多くが餓死した学徒出陣の若者たち、神風、特攻などと云われて命を奪われた若者たち、そんな日本に逆戻りしてはいけないのですが、有権者がきちんと投票してくれないと、組織票に押し切られてしまいます。
理想の候補者がいなければ、出きるだけそれに近い候補者,或は反対意見を述べている候補者に投票するなど方法はあります。棄権が一番いけません。一人一人の有権者にその一票の大切さを実感して欲しいと思います。

国民は国の基です

yokoblueplanetさん
下のアドレスは、私が艦砲射撃を受けた夜の話です。

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/blog-entry-345.html

この体験は水戸や日立が艦砲射撃を受けた翌日のことです。

私は昭和17年秋 帰国するのですが、制海権も、制空権も既に日本の手を離れていました。玄界灘の水は黒く、ここで潜水艦に攻撃されたら、命は助からないと思いました。
中国大陸では軍の綱紀も緩んでいたと思いますよ。隊から捨てられた兵士の悲惨な話は今は聞かれなくなっていますが、特にインパール作戦での敗走の道は凄惨を極め、聞くだに気の毒です。
戦争末期に命を落とした人の数は、大変なものですし、特に沖縄の民間人の犠牲を忘れてはいけませんね。

YOKOさんの読み通りですよ、確かに兵器も期限が有りますからね 軍需産業体は確かに怖い 有れば軍は使っても見たくなりますよ
東京大空襲も一説に寄ればB29が大量発注したのが軍に納入されて使い道がなかったからやったってくらいの話も有りますからね、冗談じゃないですよ
どうしても異常時はこのような事がおうおうに起こること有りますね この暴走をどうやれば止まるかですよ
勝ち戦の時こそ人間性が現れますよ

困りますよ

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
兵器の製造は儲かるんでしょうね。特に国が軍需産業と踏み出せば、確実に収益をあげることが出来るんでしょうからね。
嫌ですね。

「戦争は絶対に嫌だ」「戦争で良いことは絶対に何もない」等などずーっと誰もが言い続けているのに何故なくならないのでしょう。
平和に暮らしている国でも兵器は作っていたり。人間はなんと愚かなのだろうとしみじみおもいなす。

悲しいことです

ofujisan さん  今日は
本当に世界では戦がたえませんね。
価値観の違いはなかなか溝を埋められないようで、人は平和が望みですのに、苦しむことが多く、情けないです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1806-b331d84a

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog