2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

被爆68年となる

 1945年8月9日 広島に続き長崎市に米軍機による原子爆弾が投下されました。
 あの時 佐賀市に疎開していた夫は中学1年生 遠い長崎の方向にあの雲を見たと言っております。
 被害は甚大で今日の平和祈念式典に新たに記帳された被爆者も合わせて、既に16万2083名の方が犠牲に成られております。

         平和祈念像

 式典での長崎市長の述べた言葉には深~い重みを感じます。最近の日本の様子は気になって仕方がありません。
 平和をどのように持ち続けるか、大きな試練が待ち構えているような気がします。

 長崎の浦上天主堂 そこに私は2003年にようやく行くことが出来ました。赤字をクリックしてご覧になって下さい。

 原爆による被爆者は長崎、広島を合わせると膨大な人数になります。
 あの3月11日の原発事故による被爆者はどう数えられているのでしょう。

 「平和のはな」という画像が2013年8月5日から8月16日の間 見ることが出来ます。
 赤字から入ってご覧ください。
 
entry_header

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有難うございます

22:04 の鍵コメさん  お早うございます
同感でございます。

どうなるのでしょう

06:42 の鍵コメさん  お早うございます
とても大きな問題ですね。辛い辛いとばかりでは行きませんね。

こんにちは。

長崎市長のメッセージは、
本当に素晴らしいと思いました。
原発の早期停止も訴え、
逆行するような政府の態度を、
強く批判していました。
これが正しい日本国民の考えだと、
心を打たれました。
それに対する首相の言葉の、
なんと通り一遍なこと。
核廃絶の署名を棄権した訳には言及せず
核廃絶を目指すなどと空々しい限り。
その陰で着々と集団的自衛権の
法整備を無理矢理通そうとしています。
御用学者を起用してまで。
怒りがつのるばかりの広島、
そして長崎の式典でした。

「平和の花」開いてみました。
こころからの言葉だと心を打たれました。

ありがとうございます。

敗戦記念日は4月?

4月に沖縄に米軍が上陸しました。日本軍はもう全滅覚悟。この時点で降伏すべきでした。原爆はまだ完成寸前だったはず。戦争指導者は何の情報もなかった。原発開発者は効果を試して見たかったのでしょう。

広島・長崎を忘れずに

NANTEIさん  今日は
この数日、戦中、戦後の問題がテレビで取り上げられていますが、日本は今大きな変換期に進んでいるように感じます。
それが真に国民の望む方向かどうかが問われて行くことでしょう。大いに関心を持って行くべきです。ねじれが無くなったからと、何をしても良いと言う訳ではありません。
総理の挨拶、市長の誓いの言葉とにスタンスの違いを感じます。
非核三原則を守ると言うことでは同じですが、今進んでいる国の方向には何故?が付きまといます。

虚しい時間の浪費

いさむちゃん    今日は
一昨夜 沖縄戦の事をテレビで見ていました。ノンフィクションでしたが、あの時の沖縄の知事の苦悩に満ちた姿。戦況は圧倒的な米軍の攻撃。それに対しての日本軍の姿の醜さ。本当に悔しさが募ります。
軍部は国民を多く犠牲にしましたね。国家と言う名の本に。

ルール無い戦いが戦争ですから私も言われましたが人道上の戦争なんてないんですよ
なんとしても戦乱に巻き込まれてはいけない、巻き込まれた場合はなんとしても勝たなければならないって事を
この大戦で各国が学んだ事でしょう、新しい兵器を作ればそれを試したくなるのが人間の常ですから日本なんて本当に島国で恰好の試験場だったんですね
そして敗戦のどさくさに紛れてのロシアの侵攻 これも忘れてはならない事実ですよ 負ければ人間なんてこんなもんですよ で上の話が出るんですよ
これからは文明がからんだ宗教絡みの戦いを危惧してます

忘れられません

EGUTI YOUSUKE さん   今日は
仰る通り戦が始まればルールなどはないですよ。負けた姿は惨めですね。
日本は島国ですし、資源もありません。技術力や外交力を発揮し、戦いに巻き込まれないようにして行くべきで、国は争いの種を撒かないようにしてもらいたいです。最近は何となく嫌な空気が漂っていますね。とても気になります。
ロシヤの進攻は日本に大きな犠牲を齎しました。満州に攻め込んできたロシヤ兵の話は酷いものですね。

どこに向かいたいのでしょう?

日本の先導者は? 政府と官僚の考えが日本国の考えではないのに・・・ しかもあらゆる手で情報を操作しテレビと新聞しか見ない人達をごまかしています。

政治に感心を持たせぬよう。中途半端に豊かになった物だから目先に幸せだけで満足してしまい、おかしな歪んだ事に感心を持たなくなってしまった様な気がします。苦しんでいる人に手を差し伸べる事の出来る日本人。そんな日本人に同胞が苦しんでいる事すら知らせません。政治のねじれが直りましたが、国民と政治とは益々ねじれています。注意して見守りたいですね。

では、では、ありがとうございました。

恐ろしいです

YOUのつぶやきです!さん   今日は
そうです。この議場でのねじれが直ったと言いましても先の選挙の投票率から見ましても、決して好ましい物ではありません。
一気に方を付けたいような姿勢も見えています。
長い間 政治が生活と結びついていると言う認識を持たずに過ごして来た人が多く、今日になって未だ知ろうとしない人も多くおります。
福島の問題は深刻さを増しております。分からせたくない、見させたくない。
そんな国の姿勢に拍手を送れますか。

こんばんは。
そろそろ国として教科書に記載して教育として行えるように色々なことを総括しないとなりませんね。
戦後をずるずる引きずるだけではいかんと思います。

どう考えるかですね

あかちんさん  今晩は
それには何を教え、何を省くか、検討しなければなりませんでしょうね。
戦争の事実を置き去りにしてはならないと思います。

「平和のはな」、見せていただきました。静かに心にしみました。いま3回開いてみましたが、まだ何回も見せていただきたいです。
ほとんどの「人」がこのような思いでいるのでしょうが何故いつまでも続いているのかしら?
地図には国境があるが宇宙から見た地球には国境はなかったということをおもいだしています。

良い文ですね

ofujisan さん   今晩は
私も何回も開けています。はだしのゲンも見ていませんでしたので、見ています。
利益や権力を欲する人に、読んで欲しいです。

相子さん、こんにちは
今までは核兵器の廃絶だけを願ってきましたが、
3.11の原発事故以降、原発も、命を、生活を未来を奪った兵器、原爆と同じような気がしてならないのです。
原発再稼働を認めながらのこの記念式典が今まではとは違って、空しくさえ思えました
唯一の被爆国の我が国が核廃絶の署名を棄権・・・そんな首相の言葉は白々しく感じますね

”平和のはな”開いてみました
原爆投下の兵士たちの記録も見ました
原爆投下クル―が一カ月後に長崎を訪れ
調査した時の記録だそうですね
”原爆がいち早く平和をもたらしたことに満足している”と言う兵士の言葉、信じられません!
今までも何度か目にした兵士の記録の中では、
投下後のヒロシマ、長崎の壊滅状態を見て確か”大変なことをしてしまったと思った”・・・という言葉を聞いたと思うのですが、構成によってこんなに違うのですね

言葉が現す

Hulaさん さん  今晩は
原爆を受けた広島の市長も長崎の市長も立派な覚悟を述べられていますね。それに比較しますと総理大臣の言葉には国民へのメッセージが今一つ弱く感じられました。この違いに意味があるのでしょうね。
平和のはな とても心に滲みます。
長崎に原爆を投下したクル―の言葉には、日本人とは違っていて当り前だと思いました。ですがその惨状には驚きを覚えたと言っておりまして、決して二度と落としたくないと言う言葉は真実だろうと思います。
以前広島に飛んできたクル―の方が、精神を病んでいると言う話を聞いたことがあります。クル―の中には葛藤で苦しんだ方もいたことでしょう。
福島原発の問題が深刻ですね。私はこれが片付かないのに再稼働とは絶対嫌ですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1832-196fdafd

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog